ユジン-キム・ジョンフン-ユン・ウニェ歌手出身演技者人気全盛
歌手出身演技者達の人気全盛時代が開いた。

ネチズン演芸大賞5月MVP男女俳優部門でキム・ジョンフンとユジンが1位を走りながら,真価を確認した。

10日午後現在総3万4千余名が投票参加した男演技賞部門のキム・ジョンフンは総14,515人(42.5%)の支持率を得て演技デビュー作ドラマ宮の熱い熱気を実感している。 しかし13,756人(40.3%)の支持率を得たチュ・ヒョンジェの追撃もまた荒々しい。

投票締め切り5日を残してキム・ジョンフンとチェ・ヒョンジェの終盤の人気大混戦が予想される。 3位ヒョンビンはチュヒョンジェと大きい格差で1716人5%の支持率で1,168人のソ・トヨンを先んじている。

その他に不良家族のキム・ミョンミン,宮、皇太子チュ・ジフン,王の男イ・ジュンギが10位圏内に進入した。

女性演技賞部門の1位を記録中のユジンは1905人(26%)の支持率で1743人(23.8%)の支持を得ているイ・ヨンアを追い抜いた。

MBC週末ドラマ本物本物好きでの人気上昇で田舎娘役のユジンの人気は当分継続されることと予想される。 グループ BABY VOX出身でドラマ、宮の皇太子妃で熱演,演技申告式を行ったユン・ウネも人気強勢だ。 774人(10.6%)の支持を得てソウル1945の(568人,7.8%)を後にした。

その他にナム・サンミン,ク・ヘソンが5,6位を守る中で,ドクターギャングでカムバックしたハン・ガインが7位に記録された。

終盤の混戦競合が予想されるネチズン演芸大賞5月MVPは来る15日まで進行される。