14年ぶりに職員2人で900人余りで急成長
[話題の企業探訪-ソマン化粧品] 花を上げた男で企業花が咲く

[プライム経済]最近あるインターネットショピングモールが調べた質問によればコエンザイム製品に浮び上がるのがヒョンビンという結果が出た。 コエンザイムが化粧品や機能性製品に使われて人気を呼びながら,コエンザイム化粧品と席を占めているのがソマン化粧品のコエンザイムQ10だ。

ソマン化粧品はコエンザイムQ10という自社化粧品モデルでヒョンビンを起用し,ヒョンビンの人気と共にコエンザイムQ10化粧品の認知度も高まったと説明する。 このためにコエンザイムQ10の広告を出すヒョンビンがコエンザイムに出演すれば浮び上がるようになった。

これと共にコエンザイムQ10化粧品の人気モールと共にソマン化粧品の認知度が高まっている。 去る1992年2人のスタッフで始め,今は900人余りのスタッフを持った中企業に成長したソマン化粧品を探した。

◆美容室に美容材料納品する会社で開始
「キム・ヘス ボールタッチが売り切れる事例がありました。 売り場ごとにキムヘス ボールタッチに対する人気が高くて,販売できなくなった時がありました。」

キムヘス ボールタッチはソマン化粧品モデルで活動するキム・ヘスがサイに自身が使う希望化粧品ブランドであるボールタッチを写真と共にあげた製品だ。

利益になったネチズンらは売り場でキムヘス火タッチを探してこのために売り切れる事態まで醸し出すようになった。 現在キムヘス氏は9年の間ソマン化粧品モデルで活動しておりソマン化粧品社外重役にも活動している。

ソマン化粧品関係者は"サッカー選手アン・ジョンファンも8年目モデル活動をしている"として"モデルが希望の顔になるようにする長期化戦略をたてている"と説明した。 ヒョンビン
コエンザイム自任すれば浮び上がる顔になるのがこのような脈絡だ。

ソマン化粧品はカン・ソクチャン社長が弘済洞(ホンヂェドン)で小さい美容材料上で始めた。 美容室に美容材料などを納品してきて1990年代後半から恋慕制とヘアー製品に拡大して,キムスンウをモデルにした1997年化粧品TV広告をしながらソマン化粧品が知らされ始めた。

その当時ソマン化粧品は映画の題名だった花を上げた男ブランド ミョンを使い,現在もこのブランドはソマン化粧品より多く知らされた名前だ。 このように始めたソマン化粧品は平均980億を達成する企業に成長したし,現在はソマン化粧品品目だけでも800個余りに達する。

また化粧品専門売り場ピューティクレジットも国内110ケと海外12ケを所有するようになった。 ソマン化粧品関係者は"美容材料を納品してきた企業が800ケ製品を所有した化粧品会社に成長したことは初心を失わなかったため"のせろといいながら"企業だけ利益を追求しないでスタッフ達が共に利益を追求するという経営理念が成長の基本になったようだ"と説明した。



◆消費者もソマン化粧品の愛情と関心を持つように
こういうソマン化粧品の経営理念はスタッフ達に帰っている。 先に女性達が通いやすい職場で福祉システムが取りそろったということだ。 男女職員比率も50:50で男性軍勤務修了が年俸に認められない年俸体系を持っていながら,徹底した能力別年俸体系をそろえている。

またある化粧品会社らしくスタッフ達が夜勤をするようになれば夜勤手当て外にマッサージ クーポンを支給し,社内に用意されているマッサージ室を利用することができる。 こういう社内の福祉恩恵の他にソマンが打ち出すのは消費者達を徹底したソマン人を作ることだ。

ソマン化粧品を使った顧客を対象に仁川(インチョン)に位置した工場を見学できるプログラムを毎月運営して、ソマン化粧品のカン・ソクチャン社長と共にソマン化粧品を作る全過程を振り返れる機会を持つようにするのだ。

5月だけでも80人余りが申請して,13番の公正見学日程が予定されている。 こういうプログラムを通して,ソマン化粧品を作る過程を消費者の目で直接見てそれによってソマン化粧品に対する関心と愛情を持つようにするのが主要趣旨という説明だ。

◆ビューティクレディット、ソマン化粧品前提品購入可能
ソマン化粧品が気を遣うもう1つはビューティクレディットだ. ビューティクレディットは初めて美人達の遊び場というコンセプトでソマン化粧品のブランドであるタナハンとコエンザイムQ10を取り扱ったが今は売り場で化粧品ワンストップ(One-Stop)ショッピングが可能なようにソマン化粧品の800余製品が取り扱いされる。

新規でオープンされる売り場はワンストップショッピングが可能なようにしていてこれに対する加盟店主義、反応も良いということがソマン化粧品の説明だ。 ソマン化粧品側は"消費者達がある売り場で選択できる幅を広げるのが重要だ"として"ビューティクレディットでソマン化粧品のすべての製品を購入できるようにするのが目標"と説明した。

ソマン化粧品はこのためにビューティクレディット売り場を今年200ケ売り場に拡大する計画であり,ベトナム,ハノイ,日本などの海外進出にも比重をおいていると明らかにした。

ソマン化粧品はこういう成長の勢いに力入道近い将来取引所上場を準備しており上場を準備する証券会社も定めた状態だ