Anycollにチョン・ジヒョン出陣 スリムホンでsamsoongCF 再登場
サムソン電子がトップスターチョン・ジヒョンをAnycall広告モデルでいきなり起用, 携帯電話業界に広告大田の砲門を開いた.

チョン・ジヒョンはサムソン電子が最近市場発表した超スリム携帯電話の新しい広告モデルに抜擢して国内代表企業の顔に出る.
厚さ 13.8mmのスリムスライドphone‘スキン’ モデルでジョン・ジヒョンを抜擢したと 7日明らかにした.

三星電子関係者は “スキンは機能主の硬いモデルが付けられたAnycallと違い発売開始段階から ‘スキン’と言うのは芸名が付けられた”と “トップスターチョン・ジヒョンが消費者たちの感性を刺激することができること”と期待を現わした.

これに伴いAnycollはセクシースターイ・ヒョリをはじめとしてクォン・サンウ,エリック,ファンジョンミンなど国内トップスター達を大挙モデルで打ち出すようになった。

広告界で浮動のトップモデル席を守っているチョン・ジヒョンだが今度 CFの持つ意味は特別. まさにジョン・ジヒョンを今の位置を上げたのはサムソン電子CFだから.

去る 1999年出演したサムソン電子プリンター機マイジェット CFで挑発的な踊りをお目見えしたチョン・ジヒョンはその後トップスター隊列に合流し, 今まで熱い人気を得ている. だから今回のCFで第2の全盛期をむかえるかもと関心が高い.

サムソン電子は「チョン・ジヒョンがその間 CFから見えて来たイメージがスリムしながらも粹なサムソンスリムphoneとよく似合うこと"と伝えた後「イ・ヒョリ,ムン・グニョンなど既存の Anycallモデルのイメージにチョン・ジヒョンだけの魅力を補強してシナジー效果を出すこと"とで展望した.

イ・ヒョリ・ムン・グニョン・エリックに引き続きジョン・ジヒョンが三星の携帯電話モデルに加勢することで LG電子とファンテック系列など 3社間広告モデル競争はもっと激しくなる見込みだ.

チョン・ジヒョンが出演する広告は今月中旬Anycallスリム恋人母語ファクトリー(anycall slim & more factory)を通じて電波公開される.

一方チョン・ジヒョンの最近作デージ (ユウィガング監督)は中国封切り初日 200万慰安(韓貨約 2億 3,000万ウォン)の劇場収益をおさめて興行突風を起こしている.

彼女は 4月 24~28日中国を訪問して帰国した後 5月 2,3日二日間にかけて今度広告を撮影した.

LG前者の場合もうキム・テヒ・ヒョンビン・ダニエルヘニーなどトップスターを立てた ‘サイオンアイディア’ 広告キャンペーンにチョコレートフォン ブラックラベル広告が人気を呼びながらサイオンがプレミアムブランドでジャンプしたという評価を受けている.

LG前者の場合もうキム・テヒ・ヒョンビン・ダニエルヘニーなどトップスターを立てた‘CYON idea’広告キャンペーンにチョコレートphoneブラックラベル広告が人気を呼びながらサイオンがプレミアムブランドでジャンプしたという評価を受けている.

ここに‘差別化(It’s differeny)’を先に立たせて新人モデルを起用して話題を集めて来たファンテック系列も最近新しいモデルを起用しながらイメージ変身を急いでいる. ファンテック系列はスカイ CFで ‘石臼踊り’ ダンスで一躍スター級に上がったバックギウングに引き続きツェゾングユンをキュリテル新製品 ‘ジニー’の CFモデルに抜擢した. 既存キュリテルモデルだったカン・ドンウォンとは今月末契約が終わる