冬のソナタのヨン様を通して,韓国の優秀な大衆文化が知られ始めながら,スター達が大挙日本に進出している。

特にチャン・ドンゴン,イ・ビョンホン,リュ・シウォンなどは韓国だけでなく日本国内でも最高の俳優に脚光を浴びており歌手ではセブン、神話,ピ,東方神起,Kなども日本で順次位置を占めている。 ドラマ、冬のソナタで知られたパク・ヨンハは俳優兼歌手で毎回コンサートチケットが完売し事例を成し遂げながらJ-popアーティストとして人気を享受している。

しかし最近韓国スター達がジャンル問わず日本に進出,一部膨らんだ記事によって君も私も韓流スターと知らされ,本当に日本で人気を得ているスターが誰なのか気がかりなこと。

これにNHKのある外信記者は本紙とのインタビューで「日本で実質的に人気を得ている人はペ・ヨンジュン,イ・ビョンホン,チャン・ドンゴンの三人」と伝えた。 大部分が年配層で爆発的に人気を得ている彼らが真の韓流スター3大天王で強硬に席を守っていると。

関係者は「特にペ・ヨンジュンの新しいドラマ太王使節期に対する関心が韓国よりさらにすごい」として「報道機関に一日にも数百通ずつ太王使節期に関連した問い合わせ電話が殺到しており,冬のソナタ撮影場で太王使節期のセット長をつなぐパッケージ旅行商品もあふれている」と伝えた。

イ・ビョンホンの場合は美しき日々を通じて得た人気を着実に継続しておりチャン・ドンゴンは日本でツーブラザーズという題目で封切られた「Taegukgi」を通じて,映画ファン層を確保した。

歌手の人気順位ではセブンを1位に選び、「ピも人気が高いが日本語が上手でもう少し日本人達になじむように迫ってくるセブンが人気がある」として「神話もグループ歌手としては最も多く知らされて人気を得ている」と伝えた。

BOAに関して「日本の人々はBOAは韓流スターとして見ていない、BOAはJ-pop歌手として愛を受けている」と話し「パク・ヨンハが韓流歌手では代表的であるが冬のソナタを通じて,演技者と知らされたが日本では演技者でない歌手としてまた人気を集めている」と付け加えた。

関係者はまた「最近、大今長(チャングムの誓い)のイ・ヨンエと私の名前はキムサムスンのヒョンビンが人気を集めている」として彼らを新韓流スターに選んだ。

韓流俳優3台天王ペ・ヨンジュン,イ・ビョンホン,チャン・ドンゴンと韓流歌手3台天王セブン,ピ,神話. 順位を付けた関係者は"まだ彼らが1位を守りながら,多くの人気を享受しているが新鮮だった韓国大衆文化が日本で親しくなりながら,新しいスターと多様な作品を要求している」とし、「変わらなければ韓流が下流になる可能性がある」と警告した。