俳優らの「大当たり作症候群」...興行時には荷物

大当たりしたためか…「障害物」なって

大当たりしたおかげで… 「踏み石」三考

視聴率も興行スコアも過猶不及?
大当たりドラマや興行映画が俳優らに時には荷物になったりもして興味深い。
非公式業界用語で「大当たり作症候群」. 演技人生に一度あろうかやめようかと思った高い視聴率や興行成績,インパクト強い作品を経験したペウドゥリグ作品が一つの大きい山になって,今後活動に負担を持つことが少なくない。

「今は抜け出してひもじくて」

ペ・ヨンジュン 「冬の恋歌」強烈韓国人上
三旬が金ソナ ド後続作頭痛
キム・ジョンウンも「パリの恋人」後ひそか

★…「大当たり作症候群」を病んでみた俳優達

昨年「私の名前はキム・サムスン 」神話を演出したキム・ソナはドラマ終映と共に悩みに入った。 過去にはある作品終われば次の作品を負担なしに選んで演技キャリアを続けさせたが国民俳優隊列に上っただけに次期作選定により一層慎重でなければならない。 ヒョンピンやチョンリョウォン、ダニエルヘニーなど他のペウドゥリソクソク次期作を選ぶ間キム・ソナは半年近くからだだけ作った理由だ。

韓流スターヨン様にはグローバル ドラマ「冬のソナタ」を越えなければならない山ならぬ山。
「スキャンダル」と「外出」などをしたのにかかわらず,まだペ・ヨンジュンすれば「冬の恋歌」の樽床とミンヒョンが先に浮び上がる。 来年初放映予定のブロックバスタードラマ「太王使節期」に臨む覚悟が特別にそうだ。
「パリの恋人」のキム・ジョンウン やパク・シニャンもこのような過程を体験したもよう。 キム・ジョンウンはドラマ「ルル姫」と映画「親知らず」が期待ぐらいの成績をおさめるができなくて、パク・シニャンもまた次期作を決めるのに普段より多い期間を持った。
場徐照は「人魚お嬢さん」で似た困難を経験したケース. 転地玄銀「猟奇的な彼女」のイメージを振り切るのに時間が長くかかるようだ。

「王の男」のイ・ジュンギは一日で最高のスターになってしまった状況でこれから球道のイメージがいつまで付いて回るのか悩みが大きくならざるをえない。 ドラマ、マイコルが終わるやいなや蒸らさないで映画「フライ、ダディーフライ」をいちはやく選択したことは一刻もはやくイメージをはらい落としてみようとするチョルリャクチョロムボインダ.
昨年「バラ色人生」と「頑張れクムスン」で成功したカン・ジファンとハン・ヘジン等も次期作を通して、他作を跳び越えたり差別化された演技を見せなければならないスクチェルランは状態.
大当たり作だと見る訳には行かないが作品のインパクトが独自の強かった「不滅の李舜臣」のキム・ミョンミンもまた似た苦悩を持った。 最近次期作でコミックドラマである「不良家族」を選択したことは李舜臣将軍のイメージを完全にはらい落とすための妙策で見られる。
差別化されたシチュエーションコメディ「アンニョン フランチェスカ」の沈恵真も良い例. ヴァンパイアを登場させた独特の所在でマニア市庁層を率いながら。シーズン2まで続いたほど話題を起こして,沈恵真がチームトップ主人公で第2の延期人生を開く決定的分岐点になった。 しかしフランチェスカのイメージがとても強いためなのかドラマ「宮」の序盤演技でフランチェスカがオーバーラップされるという指摘が多くて、精神的苦労をほどほどにした。

この他に「屋根裏部屋の」「天国の階段」「オオカミの誘惑」「パリの恋人」などでスターダムに上がっキム・レウォン、クォン・サンウ、カン・ドンウォン。イ・ドンゴンなどもまだチョンジァグルティオノムルマナン後続作は出すことができなくて新しい作品を選択する時ごとに知らず知らず負担感を感じる姿. キム・レウォンは最近票民需監督のドラマ「君はどの星からきたの」の反応が良くて、帰趨が注目される。

「今は抜け出しました」

「友人」チャン・ドンゴン「太極旗ひるがえりながら」変身成功
イ・ヨンエは「大将(隊長)金」で「…クムジァ氏」チェ・ジウも「天国の階段」相次いだヒット

★…「大当たり作症候群」を克服した俳優達
こうした中いくつかのスター達は他作以上の作品を炸裂させるのに成功、最高の性能に挑戦モデルになっている。
チャン・ドンゴンは映画「チング」を越えることができないかと思って憂慮が少なくなかったがすぐ映画「太極旗ひるがえりながら」でそれ以上を見せた。
国民ドラマ「大将(隊長)金」を作り出したイ・ヨンエもまたしばらく「張クミ イメージ」を(鳴らす,轟く)振り切るのが難しいという声を聞いたが次期作「親切なクムジァさん」の「クムジャイメージ」で破格変身、一気にさっぱりした立場になった。

最も最近では韓石圭が永遠に出世作である「シュリ」の網から抜け出すがすることができないようだったが「淫乱書生」を通じて,かろうじて険山を越えた。
やや「冬の恋歌」のイメージに閉じ込められるところだったチェ・ジウも後続ドラマである「天国の階段」をひきつづき成功させながら、罠ではやく出てくることができた。 日本ドラマ「輪舞曲ロンド」が盛況裡に終映されたのに続き現在は映画「連理枝」の韓日両国封切りを控えるなど自信ある歩みを継続している。

「星は私の胸に」でトレンディーメロー時代を開いたアン・ジェウクは長い間の「沈黙」を破って「呉ピルスン ポンスニョン」で「自由な演技者」になった場合。
最長寿ドラマ「全員日記」に固定(苦情)出演しながら,日用牙とほとんど同一視されるようだった中堅タレントキム・スミは映画「マ波」と「一族の光栄」などでイメージ変身に成功,第2の演技人生をパッと開いた。

しかし新しい作品をより増す時ごとに前より良くなった演技で称賛を受けたいことは別の見方をすればすべての俳優らの終始一貫した願いであるつもり。
そのような意味で見ようとするならさく烈したととても好きなことも低調だととても失望することもないのが演技者という職業の魅力なのかも知らない。

by move