「連想女+年下美男の組合」人気

緊張感が漂う取り調べ室. 疲れる顔に入ってきた若い刑事ヒョンビンが容疑者に「年齢は?」と尋ねる。 返事の代わりになごやかに微笑を浮かべるキム・ヘス. 刑事,彼女の白くてきっ抗した皮膚にびくっと驚く(「花を上げた男」公園者であるQ10ホワイトTV広告).

「十二才差」のキム・ヘスとヒョンビンの調和

「長くなった姉」らがCFを掌握した。 CF業界が「大人っぽい男+に充ちた女」モデルを模範答案を廃棄したのは既に永くて。 この頃広告の中20代男らの心をとらえるのは視聴者ら見覚えがある程熟した「ヨン・サンニョ」らだ。 「花を上げた男」広告のキム・ヘスはヒョンビンより十二歳年上。

クォン・サンウ(30)をメインモデルで押し出した化粧品ブランド「フェースショップ」は最近彼の相手役で4最年上であるコ・ソヨン(34)を抜擢した。 視聴者ら見てもコ・ソヨンはクォン・サンウより10年頃先にデビューした先輩演技者. 初期相手役だったユンヂンで(23)や奥田エリカ(25)と比較すると破格的なキャスティングだ。 しかしCFではクォン・サンウがコ・ソヨンの頭を撫でるなどどんなカップルと違うところがない恋人の間に描かれる。

なぜまた姉らであろうか。 2004年「先輩は化粧しない顔がさらにきれいです(CJライスデイ)」リュの本格的な「ヨン・サンニョCF」が始まった時だけでも「見慣れない」 「気味が悪い」という否定的反応も少なくなかった。 しかしチョン・ジヒョンの「ラネジ(「君昨日女と行ったよ。 誰なの?」)」キム・テヒの「サイオン アイディア(「ビン、もう姉と呼ぶな」)」等ヨン・サンニョを
「対象」でない「主体」ではつらつと浮上させたCFが相次いで登場しながら,このような「保護感」は「好奇心」で転換された。

さらにフェースショップのキム・ミヨン広報チーム長は「女性モデルが年上だと問題になった時代は過ぎた」として「クォン・サンウ-コ・ソヨン広告に対しても概して「似合う」という反応」と伝えた。

「姉らのCF系統躍進」には年齢を計れないこの頃女性らの容貌が力になった。 あるCF関係者は「30代モデルをキャスティングすれば20代のように綺麗ながら,20代よりさらに高級なイメージを得ることができる」と話した。 彼らが持った強力な購買力とも無関係ではない。 広告会社ウェルコムのイ・サンジン局長は「この頃消費トレンドを率いていく20代後半〜30代初めシングル族らの関心はヨン下南(ハナム)」と話した。

20代だけにきれくて,20代より高級な彼女たち

衣類ブランド「チオダノ」が「チャン・ドンゴン・チョン・ウソン・チョン・ジヒョン」の既存モデル構図を最近「チャン・ドンゴン(34)・イ・ヒョリ(27)・イ・ジュンギ(24)」構図に交替したのも変わったトレンドを反映する。 「兄さんら付いて回る末っ子妹」雰囲気で「兄さんと年下ボロ視線を同時に受ける」微妙な雰囲気で転換されたもよう。 あるCF関係者は「この頃若い層は「強い男・軟弱な女」という明らかな組合より「堂々とした女性・綺麗な男」組合にさらに興味を持つ」と話した。

by move