先後輩と恋人が「運命のいたずら」で正面対決

月火テレビ劇場に新しく登場した二「強豪」の特別な縁が話題を集めている。
6日から放送されているKBS 2TV月火ドラマ「春のワルツ」(脚本金ジヨン ファン付けた,演出ユン・ソクホ)と13日初めての放送されるMBC月火ドラマ「君はどの星からきたの」(脚本精油頃,演出票民需)の対決は色々な面で興味深い。

ユン・ソクホPDと票民需PD皆今は離れたが二人は過去KBSで同じ釜の飯を食べた先後輩の間.洗練された映像米と定評があった二つのスターPDの作品は内容だけでなくスタイル面でも注目するに値する。

ユンPDは先週名声に似合うようにオーストリアと南の島の島を背景で美しい映像をお目見えした。 票(チケット)PDはオーストラリア プリジボンで海外撮影を行ってきたし,江原道(カンウォンド)山奥を背景で美しい自然を入れる予定だが「今回のドラマではやぼったい演出を試みる」と明らかにして,どんな対応を成し遂げるのか関心を集める。

最近開かれた「君はどの星からきたの」の記者懇談会で票(チケット)PDはユン・ソクホPDとの対決に対する質問に「上手くされようと電話を差し上げた」としながら「ユン・ソクホPDは自身のスタイルとおり,私は私のスタイルのとおり互いに良い作品を作れば良いと思う」と話した。
また「君はどの星からきたの」の精油頃作家が「春のワルツ」の台本作業に参加して競争作の台本を執筆しているという縁もある。

新人作家らと作業中であるユン・ソクホPDは「自然を背景にした純粋な愛という概念はそのまま維持しながら,新人作家と新人俳優らを通して新鮮さを加味する」と明らかにしたことがある。
一方昨年MBCドラマ「私の名前は金サムスン 」で恋人で登場したダニエル ヘニとチョンリョウォンは各々「春のワルツ」と「君はどの星からきたの」に出演して,競争を繰り広げるようになった。
チョンリョウォンは「「春のワルツ」を見たが画面が本当に素晴らしかった」としながら「ダニエル ヘニの煙が本当に自然で前よりより良くなったようだった」とほめた。

相変らずダニエルヘニーは金ソナ,ヒョンビンなど「私の名前は金サムスン」出演陣らと親しく過ごしているという彼は「ヒョンビン氏に「君はどの星からきたの」を正常放送で見て「春のワルツ」は再放送で見ろといった」という冗談で作品に対する愛情と欲を表わすこともした。

現在月火ドラマは終映を前にしてSBS 「ソ童謡(動揺)」が25%を越える視聴率で独奏(独走)している様相だ。 27日からは「ソ童謡(動揺)」に続き甘雨性,ソン・イェジン主演の「恋愛時対」が放送される予定だ。
「春のワルツ」と「君はどの星からきたの」の対決と共に今後月火ドラマ競争地図がどのように変わるかも注目される。

**********
ダニエルの「冗談」に思わず笑ってしまいました、、、(*^^)

by move