「長くその人に対する残像が残って忘れるまでとても気持ちが重かったです。」国民ドラマ「私の名前はキムサムスン」で2005年テレビ劇場をひきつけた人気男ヒョンビンが初恋に対する切ない記憶を話した。 題名からロマンスの雰囲気を漂わせる映画「百万長者の初恋」(監督キムテギュン,制作ポラム映画社)にヒョンビンは26日午後ソウル,三清洞(サムチョンドン)の閑静な昼食時に会った。



ピンクのタートルネック、セーターに綺麗なジャケットをはおるヒョンビンは彼が広告を出す某携帯電話CFのように本当に顔だちがよかった。 雫になったところない耳目口鼻と少し少し親しい語り口,サムスンをひきつけた魅力男と裕福な百万長者の魅力にまた一重のせられるようになるイメージだ。

映画の題名のように遺産相続のために江原道(カンウォンド)田舎高校卒業状に従い,百万長者は純粋で美しい少女に会って,初めて愛を知る。 ハンサム新人俳優らを起用して,スターダムに上げておいた キムテギュン 監督からのラブコールにこれ以上に思う余地がなかったという彼は私の名前はキムサムスンの冷静な財閥2世のイメージが出るかも知れないという心配にもかかわらず,百万長者役を担った。

初恋の震える瞬間,激情,切なさを演技したヒョンビンに初恋の質問は省けない。 すでに何度も受けたせいなのか,初恋の思い出を打ち明けるのにためらいもない。

ただいつ会った人が初恋だったということは今までつきあっていた女性達に誤解や錯覚を与える場合があるので時期は明らかにしないと彼は釘を刺した。

別れた後にそれが愛だと思ったというヒョンビンは一度別れた人とは考え直したり未練をおかない、普段の性格とは違うように初恋した彼女にはしばらく残像が残って悩んだと打ち明けた。




「残像が長く付いて回りました。 忘れられないで忘れようとしても目に見える全てのものと連想して思うようになりました。 忘れるのに長くかかりましたよ。」愛に鈍い男なのか,別れた後に起こった特別な苦痛を感じ、それが愛だったことがわかったという。

「他の人に会っても別れたその人とよく比較をするようになりました。 以前はそうではなかったんですが‥。 長いこと忘れられないで忘れるのが良くならないのを見るので男違ったようです。"普段は結ばれて、決別があれば終わらせていた、はっきりしている性格を持ったヒョンビンにも初恋は長いこと苦痛な気持ちを与えたようだ。」「恋人の間で決して別れようという言葉を言ってはいけない」と力説するヒョンビンが見せる初恋のときめく瞬間は来る2月9日スクリーンで会える。


by move