トップスターヒョンビンが大切な初恋の思い出を率直に明らかにした。

来る2月9日映画「百万長者の初恋」(監督 金テギュン製作ポラム映画会社)を通じて,観客に会うヒョンビンは最近スターニュースとのインタビューを通して,初恋の記憶を想いうかべた。ヒョンビンは「百万長者の初恋」で百万長者おじいさんの遺産を譲り受ける条件で田舎学校で転入して田舎者少女と愛に陥る高校生を演技した。 それならヒョンビンの初恋はどうか。

ヒョンビンは「期間はいつだったのかは明らかにすることができません。 今考えてみれば私には初恋であったのに過ぎ去ってしまってから分かりました」として淡々と打ち明けた。 引き続き「愛した人であったというかける一歩遅れて分かりました。 だが後悔しないです。 会う間には最善を尽くしたので離別した後に後悔がないことのようです」と話した。

現在シングルであるヒョンビンの理想型はどうか。 ネチムギムに尋ねた。 ヒョンビンは「私の仕事を理解してくれる女」と直ちに答えた。 ヒョンビンの恋人ならば誰も「理解」を拒めるだろうか。 理想型のまた他の項目を要求して,ヒョンビンはご飯よく食べる女を選んだ。 ヒョンビンは「ご飯を食べる時食べるどんとマはどんとしながらいいかげんに食べる女はそれほど好きではない」と話した。

by move