容貌ならば容貌,財力ならば財力である不足する必要がない二人の男. 雨でヒョンビンが演技したサムシクとジェギョンだ。 2005年最高症候群であるMBC 「私の名前はキム・サムスン」の主役であるサムシクと2006年映画「百万長者の初恋」(監督金テギュン)のジェギョン,時には憎らしくて時には生意気だけれども結局愛しなければならない二人の男がまさにヒョンビンだ。

「私たちの恋愛するふりをしてみますか?」姉である三旬にしらじらしく契約恋愛を提案するジンホン(サムシク)はとても無礼で殴ってあげたいがある瞬間に膝に支えて,涙を流す幼い姿が抱いてあげたくさせる。

だがサムシクはヒジン(チョン・リョウォン)とサムスニ(キム・ソナ)の間で右往左往しながら優柔不断な姿を見せて,見る人々を少なくなく揺さぶった。

しかし「百万長者の初恋」のジェギョンは違う。 ジェギョンは高校生身分でおじいさんから受ける遺産相続条件のために田舎学校で転校に行く。 そこで会ったやぼったくて粋頭ない級長ウンファン(イ・ヨニ)とアウンみなウン争って愛に陥る。 限りなく曲げられた性格のジェギョンは愛に一大勝負する。

17日「百万長者の初恋」製作社によればヒョンビンは「サムシクとジェギョンが似た隈があると思うのか知らない。 しかしその二つは明らかに他の個性を持った人物だ。 ジェギョンを演技しながら,サムシクとは全く違う感じで演技した」と明らかにした。

2005年生意気だが可愛いサムシクを演技したヒョンビンが2006年ロマンチスト再軽易をどのように演技するのか期待を集める。 「百万長者の初恋」は来る2月9日封切る。


by move