‘百万長者の初恋’で康財務経済長官役を担って,熱演しているヒョンビンが‘言葉アートーン2’をおすものと思ったというほど愛のために走ってまた走った理由が公開された。

絶えず走ってまた走る限り男. 一度は運動場を情容赦ない,もう一度は持っていた松葉杖も投げてしまったままギブスをした脚で,後ほどにはすっかり涙まぜこぜになった顔で。

時と場所を分けないで最善を尽くして走るこの男は,まさに映画の中ジェギョンを演技したヒョンビンこれだ。 いったいこの傲慢不そんなジェギョン少年康財務経済長官がなぜ疲れる時までこのように走ってまたダリということだろうか?

その理由であるすなわち,映画の中遺産相続のために転校間田舎学校の体育時間に駆け足をする場面のためだと。 演劇練習をまぬがれるために財経はギブスをしながら仮病を働かせてそのような財ジェギョンの胸算用を識別したウンファンは一度撃って付ける。 結局ティギョクティギョクしてウンファンが倒れたせいでジェギョンはギブスを一戸ウンファンを持ち上げて背負ってまた駆け出したこと。

ヒョンビンはすでに記者会見でも記憶に残る撮影エピソードに走る場面を選んだ。 当時を記憶しながら,彼は"監督様がアングルをあっちこっちたくさん変えられたせいで,走ってまた走らなければならなかった。 ‘言葉アートーン2’をおすものと思った"としてその当時の心情を機転が利くように表現した。 また撮影中間しばらく一息入れながら"走るのは大変でないです。 誰が背負われているからそうであって"として愛きょう混ざった不平を言うこともした。

特に,走ると同時に涙演技もしなければならなかった場面ではずっと感情に没入していなければならなかったために,監督のOKサインが出たのにヒョンビンはたやすく感情を沈めることができなかった。 そのどの時より最善の演技を見せたヒョンビン,それで‘百万長者の初恋’がより一層期待される。


2006年,世の中すべての女らが夢見る美しくてドラマチックなラブストーリーを見せる‘百万長者の初恋’は来年2月9日封切り予定だ。


by move