CYONの記事をまとめて〜〜

LG電子(066570)はプレンラベルシリーズチョコレートフォン(モデル名LG-KV5900,写真)が市場に発表約一週間の間に一日平均500台ずつ売れるなど大人気を集めていると4日明らかにした。

LG電子は名品ファッションブランドの感覚的なイメージを借用,プレミアム シリーズ プレンラベルチョコレートフォンを先週市場に発表したことがある。 LG電子はこれに先立ち先月22日ソウルWホテル ビスタホールでプレンラベルシリーズ初めての製品であるチョコレートフォンを公開するランチショーも持っていた。

LG電子はチョコレートフォンの人気モールこのために先月30日から去る3日まで三成洞(サムソンドン)コエックス,江南(カンナム)駅,胛鴎亭洞(アプクヂョンドン)などでチョコレートフォンロードショーイベントを開催した。 この行事はチョコレートフォンを名品イメージで計画して,展示,ファッションアイコンとしての性格を一度に浮上させた。 また黄金槌でショーケースを破ってチョコレートフォンを持っていくイベントも開かれた。

一方LG電子は今回のロードショーケース期間中ヒョンビン,キム・テヒ,ダニエルヘニーの名前を取った3個のショーケース中どこで携帯電話ベルが鳴るのかを予想して合わせるオンラインイベント(blacklabel.cyon.co.kr)も進行,10人を抽選してチョコレートフォンを贈呈することもした。

チョコレートフォンは14.9mmのスリムな厚さとMP3専用チップを装着,MP3プレーヤーと同じ水準の優れた音質が長所だ。 製品価格は50万ウォン台だ。

チョ・ソンハLG電子MC事業本部常務は"顧客らにプレンラベルシリーズを刻印させられるように感性的で独創的なマーケティング イベントらを持続的に進行すること"と話した。

*****************************

広告を通して,時と場所を区別しないと自慢しながら,全国民の移動通信使用を督励した時期があった。

今はとても当然で古くさく聞こえる声だが,草創期移動通信時代を数を数えたそのスローガンには‘疎通のユートピア’を開くとかそのように作りたいという目標と夢が入っていた。

携帯電話が生活必需品で根をおろした現在,果たして人々はいつどこでもわだかまりなしでコミュニケーションを楽しみながら,ユートピアの甘い実を味わっているだろうか。

競争の温度が高いほど広告の品質も上がるという公式とおり広告界のクリエーティブを先頭に立って,牽引している携帯電話および移動通信CFらが最近過去の青写真とはさぞ他の‘日常の隠れた2インチ’を注目していて注目を捕まえる。

一人で遊ぶことの進水

LGサイアンが新しく出したキム・テヒ,ヒョンビン,ダニエルヘニなど三モデルの‘ソロ’バージョンとSKテレコムの‘現代生活白書’シリーズの一部は移動通信時代の‘アイロニー’をのぞくように誘導する。 彼ら広告を貫いている特徴は‘独り言と孤独’だ。

ダニエルヘニとヒョンビンが次々にキム・テヒの相手役になって,キム・テヒに指で辛い煮魚料理にあって,‘姉と呼ぶな’というびっくり宣言を聞くなど妙な構図を形成した彼ら三人の男女は本格的な愛のトライアングルを始める前一時的にちりぢりに散った。 モデル別に別に製作されたLGサイオンCFで三スターは‘一人で遊ぶ’.

先にキム・テヒは一人で家でごろごろするごろごろするしながら携帯電話をいじりまわしながら対話をする。 携帯電話に‘はやく話してみて’と返事をだだをこねてみたり,‘それではさっと抱いてくれる’と挑発的な愛情のコメントも飛ばす。 キムテヒに携帯電話は恋人のようだ。

鏡を見ながら,外出を準備しているヒョンビンも‘独り言’をずっとならべることは同じだ。

ヒョンビンは携帯電話を自身と同一視しながら,鏡に映った自身に,また携帯電話に話しをかける。 ‘本当にハンサムだ,それでも浮気者はするな,世の中生きるマア大変だ’として可愛い‘ナルシスト’の断面を表わす。

ダニエヘニー,キム・テヒ,ヒョンビンなどとは違って他人らがある空間にある。 しかしその訳詩も一人だけの世界に陥る。

周辺女性らがダニエルヘニの圧倒的であり,エキゾチックな容貌に‘あの鼻筋ちょっと見てみて’などの感嘆の声を突き出すが彼は‘違うようになれば孤独なのよ’と携帯電話とだけ対話する。

サイオンCFは今回も新しい。 モデルの実際の姿と虚構を絶妙に行き来する実感できる設定の下新鮮で自然な演技を抽出やり遂げながら‘チョコレート’と命名された新しい製品の粋を自慢している。

一人で遊ぶ三モデルにチョコレート携帯電話は唯一の友で愛着の対象のように描写されている。 携帯電話が他人と疎通する対象でなくそれ自体が擬人化された何と表現されて‘甘い孤独’の情緒を伝えているという点はこの頃現代人の姿を象徴的に表現したように見られて,濃い後味を残す。

泣かない携帯電話

SKテレコムの‘現代生活白書’シリーズの中で呼応度が高かった方らが携帯電話利用者らの疎通不能と関連したという事実も凝視するに値する。

暇な休日一日中家で一人でぶらぶらする青年にせっかくかかってきた電話がよくこれないというエピソードを入れた‘群衆の中の孤独’方や自身の発信番号を報告受けらない人を最後まで忙しくてことだと勘違いする限り男の話を見せた‘楽天主義者’方は矛盾するようにも時と場所を分けない移動通信とは距離があることであるのに多大な共感を形成した。

私たちの周辺の実在するのを発見して,公共の舞台に次から次へ上げている移動通信関連CFの今日はこのように‘ぱりっと’と‘サプサルム’するように視聴者の感性を食い込んでいる。

************************************

"ヘイ チョコレート,違うようになれば孤独なのよ。" "オ…,赤くなるよ。 そんなに照れれば私とどのようにつきあおうとそうなの。"親しい友人あるいは愛を今はじめようとする恋人の間の対話であろうか? もしかしたらそれでもしなければならないかもしれない。 現代人らに携帯電話はいつもそばに置く,なければ不安な存在になったから。

LG電子サイオンの新製品プレンラベルチョコレート方がお目見えした。

先月末から放映を始めたこの広告は既存ビッグモデル3人の三角関係ラブストーリー(ヒョンビン-キムテヒ-ダニエルヘニ)でこっそり抜け出した。 この広告は携帯電話が持つ感性的イメージを数えて,モデルの魅力を生かした対話の中に自然に表わした。 モデルらは各自チョコレートフォンと話を交わしながら,悩みを打ち明けたり自分だけのケソンを見た.

チョコレートフォンはLG電子が先月ソウル,広壮洞(クァンヂャンドン)Wホテルでサイオン プレンラベルシリーズを紹介しながら,初めてお目見えした製品だ。 プレンラベルシリーズは技術・機能をノモペションとイメージに焦点を合わせた。

LG電子,‘チョコレートフォン’異色イベント開催
LG電子はサイオン(CYON) ‘プレンラベル’シリーズの最初のモデルである‘チョコレートフォン(モデル名:LG-SV590,LG-KV5900,LG-LP5900)’市場に発表を記念弛緩色イベントを開催したと5日明らかにした。
LG電子先月30日から今月3日までソウル三成洞(サムソンドン)コエックス,江南(カンナム)駅,胛鴎亭洞(アプクヂョンドン)などに‘チョコレートフォン’ロードショーケース(Road Showcase)を設置して‘チョコレイトフォン’を展示する異色イベントを進行した。

今回の行事は‘奪い取りたい程ほしい電話’という異色的なコンセプトを土台に感覚的なデザインのブラックラベル‘チョコレートフォン’を時計,ネックレス,ハンドバッグのように自身を引き立って見えるようにしてあげられるファッション アイコンで浮上させるのに重点を置いて進行された。

特に去る3日にはショーケース中に展示された‘チョコレートフォン’でベルが鳴ればショーケースのそばに置かれた黄金槌でショーケースを破って携帯電話を持っていく‘ブレーキ イントゥブラックラベル(Break into Black Label)’イベントを進行した。

‘ブラックラベル(Black Label)’は複雑な機能よりは感覚的で高級なデザインの携帯電話を持ちたい若い消費者たちのために乗った生あるLG電子サイオンの独創的な新概念製品カテゴリーだ。

その最初モデルである‘チョコレートフォン’は市場に発表直後一日開通数が500台余りに達するなど消費者らの大きい関心を引いている。

一方,LG電子は今回のロードショーケース期間中ヒョンビン,キムテヒ,ダニエルヘニの名前を取った3個のショーケース中どこで携帯電話ベルがウール リルジを予想して合わせるオンライン イベントも進行,応募者中総10人を抽選して‘チョコレートフォン’を贈呈した。

LG電子MC事業本部韓国史アップ担当チョ・ソンハ常務は“感覚的で独創的なチョコレートフォンが機能よりはデザインを重要視するトレンド セッターらに大きい呼応を得ている”として“顧客らに異色的な体験を提供できる独創的な感性マーケティングを持続的に進行する計画”と話した。


*******************************
この携帯、欲しいなぁ〜。。
韓国の携帯電話はデザインが斬新というか。。
このチョコレートは普通っぽいですがね。
私はdo@omoなんですが、発売されたばかりのD902は
ちょっとチョコレートに似てませんか?
今もDなので、密かに狙っていたりします(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
まだ、高いからちょっと無理っぽ、、、、(;_q))クスン


by move