タンウェイ韓国スクリーンカムバック


























タンウェイ‘マンチュ[晩秋]’ヒョンビンの恋人として韓国スクリーンの誘惑
映画‘色,桂’のヒロインタンウェイがヒョンビンの恋人として,国内のスクリーンを誘惑する。映画‘色,桂’でヒョンビンと恋人の呼吸を合わせたタンウェイは‘色,桂’以来4年ぶりに韓国の観客たちと会うことになった。

1000対1の競争率を勝ち抜いて巨匠監督のイアンの視線をひきつけたタンウェイはトップ俳優ヤン・ジョウィ(トニー・レウォン)のカリスマに負けない致命的な魅力で全世界をひきつけた。続いてタンウェイは韓国のキムテヨン監督、俳優ヒョンビンと一緒に‘晩秋’を選択した。

去る8日、第15回釜山国際映画祭に出席するため来韓したタンウェイは記者会見で“晩秋”はまだ私の心を躍らせる作品”と話した。続いて“韓国の有名な古典映画をリメイクするということに魅力を感じ、ヒョンビンと一緒に参加する機会を逃したくなかった”と明らかにした。

タンウェイを‘マンチュ’のヒロインとして選択したキムテヨン監督は,シナリオの段階からタンウェイを思い出させて,彼女の写真を机に付けておいたままシナリオを完成させた。キムテヨン監督は“タンウェイの年を召した姿が気になった”とし“30代に入ったタンウェイはいっそう成熟になり、この俳優が上手に年を重ねられたと思った”と評価した。

タンウェイのキムテヨン監督の評価は、最近公開された‘マンチュ’の静止画を使って確認することができる。写真の中のタンウェイは化粧気のない素顔に隠したいときめきと悲しみの小さな震えまで、心の風景を全身で表現している。

一方‘マンチュ’は映画でヒョンビンと映画‘色,桂’のヒロインタンウェイの呼吸が製作段階から話題を集めた。映画は、夫を殺害した後、刑務所に行った女性が7年ぶりに外出を許され、逃亡中の男に偶然出って,米国のシアトルで、3日間繰り広げる時限付きの愛を描く。

今年の釜山国際映画祭ガラ(GALA)プレゼンテーションに招請された‘晩秋’は前売りオープン5秒で完売という記録を立てトロント映画祭で好評を受け、今年下半期の期待作としての面貌を確実にした。11月25日公開予定。

写真=ソウル新聞NTN DB、映画‘晩秋’のスチールイメージ

映画‘晩秋’ポスター公開
今秋最高の期待作‘タンウェイ-ヒョンビン’の‘晩秋’ポスター公開
映画‘晩秋’11月25日の封切りを確定して出発から話題を集めている映画‘晩秋’はカップルのポスターを公開した秋の雰囲気緩慢なポスターを公開した。

第15回釜山国際映画祭の前売オープン5秒で完売という史上最短記録で熱い関心を立証した映画‘晩秋’は‘色,戒’の強烈なヒロインタンウェイの4年ぶりの復帰作。

‘女子高怪談二番目の話’‘家族の誕生’と根っからのファン層を率いたキムテヨン監督の演出、愛したいと思う男の代名詞ヒョンビン出演,撮影,美術,音楽など各分野最高のスタッフ参加など、見逃せない映画に選ばれている。

公開に先立ち、招請されたトロント映画祭と釜山国際映画祭で、期待にふさわしい完売記録はもちろん、映画を見たマスコミと観客の熱い好評で、期待以上の映画であること好奇心を増幅させた。

映画を見た観客たちは“タンウェイの魅力がキムテヨンと会ってより多くを思い出させる映画”“ヒョンビンのセクシーな演技”“映画祭が終わってから最も多くを思い出させる映画”

“吹き出る笑いを持て余さなかった”“熱いながら冷えて、辛いながら暖かくて、悲しくて、面白い映画”など観客たちの好評は、メローの核となる男女俳優の魅力に加え、笑いのコードまで‘晩秋’の多様な楽しさを推察させる。

映画‘色,戒’で運命的愛を全身で抱きしながら全世界に消せない印象を残したタンウェイと世代不問、女性たちからの合意の‘Eat Guy’で親しまれているヒョンビンが作るカップルは、どのような姿なのか関心を集めてている。

ポスターを通すと目に見える彼らの関係は、一般的なメロー映画とは違って見える。‘夫を殺害し収監されてから7年,エナに与えられたたった3日の休暇,誰かに追われているフンと恋に落ちる’はストーリーラインからうかがえるように,タンウェイのエナとヒョンビンのフンはたった一日を一緒に過ごした見知らぬ人と恋に落ちることになる男女。

ポスターは,二人で共に過ごした一日のある瞬間を補足、短い時間の中で変わっていく二人の感情について気になる。

‘色,戒’を通して,少女から妖婦まであらゆる表情を全て入っていることを示してくれたタンウェイは明日刑務所に?帰らなければならないにも今日を愛する女性エナの役を、女性たちに愛を売ることが職業だが、すぐに刑務所に帰らなければならない女性と生まれて初めて真の愛に落ちる男,フンの役割は、ヒョンビンが引き受けた。

この二人の演技変身は心臓の片隅を触る強烈で新しいメローの誕生を期待するのに充分なものと見られる。

封切りのニュースやポスター公開で、観客との出会いのカウントダウンが開始された‘晩秋’は11月25日,2010年の一編の強烈なメロー映画で、観客たちの感受性を充実させてくれる予定だ。

ヒョンビン...ワールドスクリーン進撃
チャンドンゴン、チョンウソン、ヒョンビン、ワールドスクリーン進撃
韓国を代表する美男スターチャンドンゴン、チョンウソン、ヒョンビンがワールドスクリーンに進撃する。

純粋な韓国映画ではなく、世界のプロジェクトで作成された世界的な映画で、世界の映画ファンを攻略する。世界の資本と技術力が投入された作品でありながら、東洋的な感情に訴求するというのが共通点だ。


■長兄チャンドンゴン‘ウォリアーズウェイ’で12月ハリウッド進出

ャンドンゴンが主演を務めた映画‘ウォリアーズウェイ’は12月2日、国内で最初に登場した後、一日後の3日に米国で公開される。チャンドンゴンのハリウッド進出作で関心を集めたこの作品は、イ・オリョン元文化部長官の息子であるイ・スンム監督がメガホンを取った。

製作費5000万ドルのうち70%を米国からの支援を受け、‘ロードオブザリング’‘マトリックス’で有名なバリーオズボーンが共同制作に参加した。‘カリブの海賊’のジェフリーラッシュと‘スーパーマンリターンズ’のケイトボスワースが主演を務めるなど、規模が大きい。

この映画の魅力は、東洋の武士を題材にしたウエスタンムービーというユニークな設定である。世界で一番強い戦士(チャンドンゴン)は、唯一残された敵の血縁である赤ん坊を見て心が弱くなる。剣を下に置き、赤ちゃんと一緒に西部の人里離れた村に入り、おてんば娘リン(ケイトボスワース)と恋に落ちる。

残酷な武士から、普通の男に変わりながら村の人を守るため再び剣を抜く。最近公開した8分間の予告編には、チャンドンゴンの華麗な刃の手並みとニュージーランドの自然を背景にした大規模な映像が目を引いた。

欧米の専有物として考慮されるウエスタンムービーに東洋的な情緒を加味したことについて、ハリウッドの観客たちが新鮮だと受け入れるのか、不慣れに受け入れるかが成功に影響を及ぼすものとみられる。




■チョンウソンは、ヤンジャギョンと刃戦い一勝負

チョンウソンはヤンジャギョン(ヤンチュチュン)と‘コムガンホ’と世界に向けて出た。彼が主演を務めた‘ゴムガンホ’は、オ・ウサム(オウィソン)監督がメガホンを取った‘フェイスオフ’‘ミッションインポッシブル2’で共演した、世界的なメーカーのテレンスウィンドウが合流した。

二人は7,80年代の中国映画の全盛期を導いたアクション武侠活劇のブームを再創造するために今回の映画を計画した。

チャンドンゴンの‘ウォリアーズウェイ’がハリウッドの比重が高いなら、チョンウソンが選択した‘ゴムガンホ’は中国と韓国という東洋の力である。“東洋が主流になることから主人公をしたい”という、チョンウソンの意志がうかがえる。

‘ゴムガンホ’はダルマの遺体を置いて、全国の剣士たちが繰り広げる物語を扱う。チョンウソンは、ダルマを狙う暗殺団によって父を殺され、復讐を夢見るチアン役を演じ、また他の剣客ヤンジャギョンと呼吸を合わせた。

おなじみの素材ですが、ベテラン俳優とベテランの演出力が引き立つ。 ジョンウー監督は、前作で披露してきた鳩やサンゴムスをスローモーションより節制された映像を強調した。今月中にアメリカ封切りを控えている。




■ヒョンビン,タンウェイと‘晩秋’リメイク

ヒョンビンも中華圏のスタータンウェイと呼吸を合わせた。二人が選択した作品は‘晩秋’。1966年に公開されたとイマニ監督の同名映画をリメークした。 模範囚で特別休暇に出た女性が逃走中の一人の男に会って繰り広げる時限付きの愛を穏やかに扱った作品。

50余年前の映画をリメイクしながら、変奏した。アメリカのシアトルを背景に、米国内に住んでいる少数民族、韓国の男性と中国女性の愛を述べている。

まず、国内での反応は熱かった。今回の釜山国際映画祭でチケットオープン当日の5秒で全席完売となり‘最短時間売切’という記録を立てるなど、最高の話題作で浮上した。少数民族の物語が、海外で爆発的な東洋人の話だが、西洋人たちも共感できる話になるだろうというのが製作陣の判断である。 判断が正しいかの結論は、観客の持分として残った。

ヒョンビン‘最後に良い作品を披露する’
今秋‘シークレットガーデン’と‘晩秋’で事を起こす
昨年8月にドラマ‘チング’以来1年余りの間,長い沈黙を守ってきた俳優のヒョンビンが入隊を控えて,映画やドラマに続々とファンと会う。

ヒョンビンは去る9日タンウェイが主演を務めた映画‘晩秋’が第15回釜山国際映画祭ガラ(GALA)プレゼンテーションに招待され,国内で初公開された。

‘晩秋’は1966年キムスヨン監督の原作をリメークした映画で,シアトルを背景に夫を殺害して刑務所にいた女性が72時間特別休暇に出たが,一人の男に会って愛が芽生えるという内容。

ヒョンビンは昨年11月,映画撮影の二ヶ月前に米国を訪ねてタンウェイと呼吸を合わせた。その結果,ヒョンビンは釜山国際映画祭の記者会見で好評を買った。‘晩秋’は今回の釜山国際映画祭で,前売り切れるほどの観客の関心を集めた。

‘晩秋’を配給するロッテエンターテイメントは,映画の雰囲気に合わせて11月末公開を目標にしている。

ヒョンビンは‘晩秋’の公開に先立ち,11月13日のSBSドラマ‘シークレットガーデン’で視聴者に先に顔を見せる。‘シークレットガーデン’はあまりにも他の二人の男の魂を変えながら起るファンタジーロマンスでヒョンビンとユンサンヒョン、ハジウォンが出演する。

所属事務所の関係者は“ヒョンビンが来年初めに入隊を控えて最後に良い作品を披露するため最善を尽くしている”‘シークレットガーデン’と‘晩秋’の両方を期待してくれ”と言った。

最後にだなんて...なんだか来る日が迫りそうで寂しいばかりの内容に...........(ノ_・。)くすん..

15th[PIFF] 最もホットな映画‘晩秋’



























PIFF最もホットな映画?‘晩秋’猫も杓子もヒョンビンタンウェイ‘晩秋’
今年の釜山国際映画祭の雰囲気に最もホットな映画はヒョンビンタンウェイ主演の‘晩秋’だ.

第15回釜山国際映画祭に招請された映画‘晩秋’(監督キム・テヨン)は、映画ファンたちはもちろん,映画人たちの間でもよく取り上げられる最高の人気作に選ばれた.

‘晩秋’は記者会見が行われた過去8日午前10時と午後1時30分の二回上映された. 午後1時30分上映分は早目に完売され,午前10時は‘晩秋’の人気に主催側が一回の上映分を伸ばした事例だった.

このように映画ファンたちの関心を一身に受けるの人気作に浮上した‘晩秋’その人気は国内外の映画人たちにもつながった。

映画‘ウォリアーズウェイ’広報のため釜山国際映画祭を初めて訪れたハリウッドのプロデューサー,バリーオズボーンは“‘晩秋’を見たいのですが時間がなくて見られなかった”と話した.

また、映画‘シラノエージェンシー’の俳優イ・ミンジョンもやはり200万人突破祝賀パーティーで記者たちと会って,一番見たい映画に‘晩秋’を挙げた.

‘晩秋’を苦労して見た観客たちの間の反応も良い.晩秋の趣と穏やかな感性,タンウェイの演技に対する好評が大半.去る8日午後1時30部品上映後に観客が最後のクレジットが上がる瞬間まで席を守ったという裏話だ.

一方、釜山国際映画祭のガラプレゼンテーション部門に招請された‘晩秋’はイ・マニ監督の原作をリメークした作品だ.夫を殺害した女と男が偶然にシアトルでの出会いと再会を繰り返し,共感が芽生えるにはストーリー展開で,世の中に捨てられた人々のラブストーリーだ.韓国と中国俳優を起用して,米国社会に存在する少数人種の情緒を代弁した.

チャンドンゴン,ヒョンビン海外進出
‘同じ釜の飯兄弟’チャンドンゴン - ヒョンビン似たように他の海外進出

並んで世界に進出する韓流スターチャンドンゴン(38)とヒョンビン(28)が似た形で注目されている.

同じ所属事務所で同じ釜の飯を食べる兄-弟の間柄である彼らは世界舞台で先へ行き後に出る. チャンドンゴンは初のハリウッド進出作である映画‘ウォリアーズウェイ’(イスンム監督12月2日公開)を.

ヒョンビンは韓-米グローバルプロジェクト‘晩秋’(キムテヨン監督11月公開)の封切りを控えている。二人は映画で流暢な英語の実力を誇る チャンドンゴンは,2006年から一貫する英語勉強で鍛えられた実力で相手役ハリウッドスターのケイトボスワースとの自然な呼吸でキスシーンまで無難に消化した.

一方,ヒョンビンは、短期間で集中的な英語の勉強で実力を積んだヒョンビン側は“忙しいスケジュールで英語の勉強をする暇がなかった. 撮影直前に現地で集中的に勉強をしたところ.実力がぐんと増えた”としながら“相手役タンウェイとのコミュニケーションや感性的な部分を交流するのに問題はなかった”と耳打ちした.

一方、側近たちは二人の活発な活動は“安定した心の状態のおかげ”と口をそろえる.

大人だけが知っているメローの世界
‘晩秋’キム・テヨン監督インタビュー
‘晩秋’はキムテヨン監督の初メロー映画だ。米国で出会った韓国人男性と中国人女性が過ごす一日は非常に静かで寂しい。

‘女子高怪談2:2番目の物語’‘家族の誕生7などの前作が繊細に調整されたセリフと演技で組まれたリズムの映画なら‘晩秋’は彼らが置かれた都市と、彼らの顔を静まり見つめる。

‘晩秋’はイ・マニ監督の原作に続いてすでにキム・スヨンの‘晩秋’とキム・ギヨンの‘肉体の約束’で製作された話だ。

キムテヨン監督が原作からとったものと詰め込んだことに対して,そして彼が会ったタンウェイとヒョンビンについて尋ねた。


- ‘晩秋’は初の恋愛映画であり,グローバルなプロジェクトを加え,有名な原作のリメークだ。 負担はなかったのか?
=何にもわからずに始めた。一人の女性が刑務所から出てきた。一人の男に出会った。そして、刑務所に戻った。この3つの文の印象に大きく引かれた。

しかし、肝心のシナリオを書いてみたら負担が生じた。ちょうど私にも面白い旅のような映画になりそうだった。

-キムスヨンの‘晩秋’とキム・ギヨン監督の‘肉体の約束’など,既存の作品との違いだとの悩みが多かっただろう。
むしろどのようにすれば似るのかを心配した。 その脈をどのように続いて行くかがカギだった。全体的な設定上,今の‘晩秋’はその作品とはとても違う映画になるしかないから。

-結果を見た時、全く別の映画として見てもよさそうだ。ただ,ヒョンビンのイメージがイ・マニ監督の俳優ではという意見がある。
=‘休日’のシン・ソンイルのような感じもある。私もそうして古典的な男性像を作ってみようと思った。原作とつながる可能な場面を考えさせるものもある。原作の列車のエピソードがとても良く似た感じで別のエピソードを作成しようと思った。

キムヘジャ先生の‘晩秋’は寝てる人に新聞を覆ってあげるが,この時の優しいお姉さんの感じがある。 ところが、劇中のエナのキャラクター上そういうのは好ましいがぎこちなく見えた。

-タンウェイが演じたエナは感覚がなく見える女性だった。
=周りの人を押し出す女性だったらやった。タンウェイはもっと暖かくなければならなかったり、怒ったりするのではないかと言っているが、私は彼女に人への期待がないことを願った。白いのは、実際のタンウェイが全くそうではないということだった。非常に社交的で明るく、健康な人である。

タンウェイはエナが少しでも力を持つことを望んだ。彼女の願いがあまりにも大きいため、無表情で演技をしても、出てくるようだった。

-ロケーションの地域で、シアトルを選んだ理由は何だったのか。
=雨と霧を撮るために選択した場所だ。 シアトルはコーヒーで有名で、カートコバーンが自殺したところでしょう。6ヶ月にわたっての日差しを照らし,再度6ヶ月間、雨が降るところだ。 実際にハンティングに行った時は天気が良かったためちょっと戸惑っていた。(笑)ところで、他の人の話を聞けば、冬になると自殺率が高くなると言っていた。

-言語の違いを持って作られた会話のシーンが面白かった。
=韓国で上映する時は,タンウェイが中国語で話す場面で字幕をまったく抜いてみるかと言った。 エナの事情が表れる部分ですが、相手のフンや観客までわからないようにしてみたいと思った。

誰が誰を知っているというのが何なのかという質問が話題だったようだ。 相手のすべての過去をすべて知っているとしても関係が深まることはないと思う。

-最初に作成された他の‘晩秋’とは異なり、二人の男女は、情事を共有しない。しかし、心配はしてみたようだ。
=観客たちは背信を感じるようだ。(笑)撮るつもりもあった。 しかし、エナへの積極的な表現自体を消した以上その地点まで推し進めるのが合わないように見えた。 結果的に15歳以上観覧可の映画のようになったが、ある面では30歳以上観覧可になったようでもある。

情事シーンではなく、他の風景に関心がある観客らなら‘晩秋’で、彼らの感情を自分で探そうとする(笑)。

15th[PIFF] ‘晩秋’記者会見
PIFF ‘晩秋’タンウェイ“ヒョンビン氏私に何かおっしゃることはないですか?”
[海雲台(ヘウンデ)釜山8日午後4時,釜山新世界百貨店センタムシティ店文化ホールで開かれた釜山国際映画祭(PIFF)ガラ(GALA)プレゼンテーションの招待作‘晩秋’の公式記者会見でヒョンビンが開幕式のレッドカーペットイベントで,タンウェイを独りでレッドカーペットを歩かせてしまった件について、公式に謝罪をして注目を集めた.

今回の釜山国際映画祭では,7日から15日まで67カ国,308本の映画を招待し,海雲台と南浦洞一帯の5つの劇場で上映する予定だ.

開幕作は,香港張芸謀(チャン・イーモウ)監督の映画‘サンザシの恋’閉幕作はチャン・ジュンファン監督と,日本,韓国,タイの3監督が釜山を素材に製作したオムニバス映画‘カメリア’がそれぞれ選定された.

一方、同日の記者会見には主演俳優ヒョンビン、タンウェイをはじめ、キムテヨン監督、イヨングァン執行委員長が出席した。

タンウェイは、元々一緒に出演したヒョンビンと一緒にレッドカーペットイベントに出席する予定だったが,突然のヒョンビンの不参加で一人でレッドカーペットを歩いたこと.

タンウェイは,これについて“元々,ヒョンビン氏が来られないから,‘晩秋’を演出したキム・テヨン監督と一緒にレッドカーペットを歩くことになったが開幕直前に突然,キム・テヨン監督が隠れてしまってどこに行ったのだろうと思いながら一人寂しく歩いていった”とレッドカーペットを一人で歩くことになった理由を公開した.

特に,タンウェイは日本の人気スターの蒼井優が‘雷の木(雷桜)’に一緒に出演した岡田将生と演出者ヒロキリュウイチ監督と一緒に登場し,華やかにレッドカーペットを踏んだ直後に一人でレッドカーペットを踏んでレッドカーペットイベントに出席する関係者とファンを戸惑わせたのかと記者会見で炸裂した彼女の発言により一層関心が集められた.

キムテヨン監督は“本来は汁ウェイとヒョンピンが共にレッド カーペットを歩くことになっていたがビニが突然撮影ができて行けなくなったと言って、私が代行しようと心に決めていたが,開幕式場に到着したが,道が混んで遅く到着し,すでにタンウェイが独りで入っていた”と,やはり申し訳なくてどうすればいいのかわからなかった.




ヒョンビンは元の映画‘晩秋’で呼吸を合わせたタンウェイと一緒にレッドカーペットを歩くはずだったが,ドラマ‘シークレットガーデン’の撮影スケジュールが重なって,やむを得ず参加することができず,タンウェイ独りでレッドカーペットを歩くことになった.

タンウェイは、キム・テヨン監督の証言が出ると,こっそりイタズラな表情を浮かべ“ヒョンビン氏,私におっしゃることはないですか? 昨日は本当に私は悲しかったです”と可愛くすすり泣く姿を見せて記者会見に参加した彼らを笑わせ、世界的なスターらしからぬ可愛さを誇示した.




ヒョンビンは、タンウェイの言葉を聞いてうろたえながら“僕もレッドカーペットが大好きです”と愉快に話を切り出した後で“僕もレッドカーペットを踏みたかったんですが,開会式の日から今日明け方5時まで撮影をし、一睡もする事ができず,記者会見に来ました”と釈明を付け加えたが,すねるように(?)タンウェイは頭を横にいやいやと振った.

“タンウェイには、初の釜山国際映画祭訪問なのに、初めての思い出を一緒にしてあげられなかったことに対し,申し訳ないと思って、もう一度チャンスが来た時に、その時は必ず一緒に歩きます”と公開的にタンウェイへの謝罪をした.

最後に,タンウェイを見つめながら“I’m Sorry”と英語で二人のレッドカーペットの裏話と,二人の心温まる姿を取材陣の笑いを誘った.




キム監督はタンウェイについて“"やめる事が少なく,感情表現をしないように見えますが,実際はとても子供っぽい”と言いながら“映画を撮っているときもタンウェイの溢れるエネルギーをおすのには大変だった”と話した。

キムテヨン監督の‘晩秋’は,韓国映画史の傑作と呼ばれるが,今は原版が消失して探す方法のないイ・マンヒ監督の1966年作‘晩秋’を古典をリメイクした作品,2010年の感性で再解釈した.

中国人女性と韓国人男性が米国という地で偶然に会うこととなる設定で脚色された‘晩秋’は夫を殺害した後,刑務所に行った女性が7年ぶりに外出許可をされた中国人女性(タンウェイ)と,逃走中の韓国系の男(ヒョンビン)に出会い,繰り広げられる同質感を感じさせる2010年の米国,シアトルに舞台を移して描き出した物語.

穏やかな映像美と深みのある物話が逸品という評価を受けている‘晩秋’は,先に釜山国際映画祭で9日(土)午後4時,12日(火)午後5時の二回上映を残している。

釜山国際映画祭が終わった後“晩秋”は映画のタイトルにふさわしく遅い秋に国内で観客たちに訪ねていく予定.




ヒョンビンも監督ニムもタジタジです...笑))

15th[PIFF] タンウェイ“ヒョンビンとまた映画できたら”
[15th PIFF] タンウェイ“ヒョンビンとまた映画できたら”
“ヒョンビンさんが出演されるので‘晩秋’を撮影することに決心しました.”

タンウェイ(写真)が8日,釜山センタムシティ文化ホールで開かれたキム・テヨン監督の映画‘晩秋’の記者懇談会でこの映画に出演することになったきっかけをこのように話して笑った.

とイ・マンヒ監督の映画をリメークした‘晩秋’は中国のタンウェイと我が国のヒョンビンが主人公を引き受けて話題を集めている作品で第15回釜山国際映画祭ガラ(GALA)プレゼンテーションの上映作品に選ばれた.

タンウェイは加えて,この映画を選んだ理由について‘晩秋’を見れば分かるがとても演出が繊細.俳優としての挑戦になる”としながら“何よりも古典的名作であり,俳優としてぜひやってみたい役でもあった”と述べた.

タンウェイはヒョンビンが前日の撮影スケジュールによって一緒にレッドカーペットを踏むことができないことに対して空しさを表わしたりもしたが“次にも韓国映画をする機会があれば,ヒョンビンとまたやりたい”と話した。 その理由については“一度縁を結んだ人たちと続くようにずっと一緒に仕事をすることが好きだから”と話した.

ヒョンビンはタンウェイと呼吸をあわせたことについて“韓国の女優としたときのように作品について深く話ができなかった”と惜しさを現わしながらも“そのためにタンウェイと目つきと行動で表現しようと努力することになり,また映画のように言葉が通じなくも感情が伝えられることを知った”と話した.

‘晩秋’は中国の女性と韓国人が偶然に会って、短い期間共鳴を分けるようにした物語で米国で撮影したタンウェイとヒョンビンは英語で会話をする.

タンウェイはこの日,中国のレポーターが“中国のトップスターより韓国での認知度が高いようだ”と言うと大笑いを噴き出すこともした.彼女は“韓国は外国人みたいに慣れている感じ”と言いながら“韓国語もぜひ学んでみたい”と韓国への親しみを表現したりした.

15th[PIFF] 2010 晩秋期待してください


[PIFF +10]タンウェイ“は,私の心を躍らせる”

霧深い空間。韓国人男性と中国人女性の偶然の出会い.それも見知らぬ街シアトルから.彼らが愛を分かち合う時間,すべてを合わせて72時間.1966年イマニ監督の‘晩秋’で無数に飛び散った落葉も消えて,“見慣れない感じを表現するために”空間的な背景も、韓国から米国に移った。

しかし、二人の男女を囲んだ孤独な空気は、45年という歳月が面目を失うほどに変わりがない.暴力的な夫を殺害して刑務所に入ったエナ(タンウェイ)に残る唯一の血縁は,ただ、亡くなった両親の遺産分割に気をとられていて、フン(ヒョンビン)は,内縁の女の夫に常に追われる状態だ。

居心地の良い家も、頼れる人もいない。 エナがフンにバス代を貸す代わりに、彼の腕時計をもらって始まった3日間の愛は、まさにその孤独な感情から出発する.

二人の関係は,通常の恋愛映画よりも特別に迫ってくるのは,愛するという言葉をむやみに吐きださないためだ。エナは,フンを不意に抱きしめて“私の話を聞いてくれてありがとう”という挨拶を伝えるだけで、フンはエナに会うたびに“君の笑顔を作りたい”という言葉で愛情を表わす.このように孤独な男女のラブストーリーは,2時間にわたってシアトルの荒涼とした姿とオーバーラップされる.

ストーリーと映像美が互いに空回りせず,一つの共通点を共有しているので‘晩秋’が投げるメッセージは脳を経ず,胸に直接伝えられる.さらに出会いの終わりで二人が交わした激情的なディープキスにも愛の感情よりは‘これからまた一人’という不安感がにじみ出るほどだ.

2時間の間、孤独な感情の垂直上昇曲線を経験したいと思う人々に向かって親指を振り上げと思う映画だ.


Q.各自‘晩秋’を見た感想はどうか.
ヒョンビン:今日初めて見ましたが,服を全部脱いでる気がした.
シアトルで監督,タンウェイ氏と過ごした時間も,次々に思い出して.

タンウェイ:とても繊細な作品です.監督に子供のような感性が多くて、とてもファンタジー的な場面がたくさん出てきた.

“秋の情緒と、二人の流れ者の孤独感がぶつかった”





Q.“晩秋”をリメークする決心をした特別な理由があるか
なぜ今この時点で,孤独な愛の話をしたいと思ったのか.

キム・テヨン監督:メロー映画に対する欲求があった. どう作るか頭を転がしていたが,映画“晩秋”を中国の女性と韓国人男性の話で作ってみてはどうかという提案を受けた.

とても突然で見慣れないアイディアだったが,私が悩んでいたメロー映画と脈を一緒にできそうなのでシナリオ作業を始めた. 秋の情緒と二人の流れ者の孤独感がぶつかったという文章がとても格好よかった。 短い時間の間,誰が誰に心を開くということは可能なのか悩みながら,映画を作った。

Q.タンウェイは初めての韓国映画で主演を務めた.
タンウェイ:とても光栄です.初めて提案を受けた際,韓国で有名な古典映画とぜひ一度挑戦したかったのですが.その深い演技を消化できるのかと思い恐怖感もありました. しかし,幸いにも監督がうまく率いてくださって,良い結果が出たようです.今でも“晩秋”のエナを考えると,我慢できないほどのジーンとさが浮かび上がる. いまだに私の心をとても走らせるようにする作品.

キム・テヨン監督:初めからタンウェイ氏の写真を付けてシナリオを書いた. もちろん“色,桂”でとてもパワフルなエネルギーを見せてくれたが“色,桂”後2〜3年という時間の間,そのエネルギーが成熟したら,私たちの映画で会いたいと思った.会うやいなや、この人老けてるなぁと思った.30代に入ったタンウェイがより良い.

Q.互いに国籍が違っているうえに映画では,二人とも母国語でもなく英語をを使う.
言語的な部分で感情表現が大変だったのではないか.

ヒョンビン:どうしても言語や文化が違うと,韓国の女優と作業する時のようにコミュニケーションを深くできなかった.しかし、むしろそんな部分のために目つきや行動で感情をたくさん表現しようと努力した。 たとえ言葉はが通じなくても使っても、感情の伝達が可能であることを示したいと思った.

僕は韓国人,相手は中国の人そして背景は米国である.このようにそれぞれですが,その中に愛という感情が共通的に溶け合っていると思う.もし相手の女優が韓国人だったら違う感じの映画が出てくる.

タンウェイ:今まで経験したメロー演技と大いに違った.たった今ヒョンビン氏が言ったように目,口,手と足まで話をしているということをとても切実にわかった.

------------------------------------------

う〜皆様お久しぶりです..
久しぶりの間に公式の場で,PIFFでのヒョンビンの記事を読みながらじ〜ん...
ソウルのセンパでもそうでしたが,想像以上にとっても痩せました..

いよいよ11月公開の晩秋ですが,釜山に行かれてる方はもうご覧になったかもしれませんね..
とっても楽しみです..^^

‘晩秋’クランクアップ
‘晩秋’クランクアップ
ヒョンビン、タンウェイ主演の‘晩秋’が今月1日にクランクアップした。

この日の撮影シーンは,実際の映画の最後でもあるタンウェイのエピローグシーン。 撮影が終わった後、キムテヨン監督は、2人の俳優のための驚きも用意したという裏話。

1966年に初めて公開された後、複数回リメイクされた‘晩秋’は今回の2010年版ではシアトルを背景に、文化や言語を超えた運命の愛を描く.

キム・ジュンソン‘晩秋’キャスティング
キム・ジュンソン,‘晩秋’タンウェイの初恋男落下点
芸能界‘厳親’キム・ジュンソンがタンウェイの男に映画‘晩秋’(監督キム・テヨン)に顔を出す。

香港ファンドマネージャー出身の異色的な履歴に4ヵ国語に堪能なエリート俳優キム・ジュンソンは最近‘晩秋’出演を確定して撮影を控えている。

映画‘作戦’,‘肩向こう側の恋人’,ドラマ‘ロビイスト’などで顔を知らせたキム・ジュンソンは‘晩秋’でタンウェイが愛した過去の初恋の相手役を引き受けた。

映画関係者は“キム・ジュンソンの引き受けた役はタンウェイが過去に愛した男で短いが強烈な印象を与える”と伝えた.

キム・ジュンソン側の関係者もやはり“最近ニューヨークでタンウェイとミーティングを持った。中国語と英語がすべて可能な適任者を捜した中でキム・ジュンソンが推薦を受けて落点された"と明らかにした。

‘色,係’のタンウェイの初恋の男で出演を決めたキム・ジュンソンは来る7日頃米国で自身の分量を撮影する予定だ。キム・ジュンソンは香港で生まれてアメリカで大学に通い英語はもちろん北京語と広東語など4ヶ国語が堪能で,最近ハリウッドトップスターハリー・ベリー(Halle Berry)の所属社ビンセントチリンチオネアソシエーツ(Vincent Cirrincione Associates)とアメリカ活動に対するマネージメント契約を結んだ。

映画‘晩秋’は韓国とアメリカが共同製作して特別休暇を取って監獄から出た女と誰かに追い回される若い男の偶然な出会いと3日間の愛話を描く。ヒョンビンとタンウェイが主演を引き受けキム・テヨン監督がメガホンを取って現代的感性でリメークする予定。

ヒョンビン映画‘晩秋’クランクイン
ヒョンビン・タンウェイ‘晩秋’12日米シアトルでクランクイン
ヒョンビン,タンウェイ主演の‘晩秋’が去る12日米国,シアトルでクランクインした。

映画‘晩秋’関係者は15日マネートゥデイスターニュースと電話通話で“‘晩秋’が長い間の準備期間のあげく去る12日米国,シアトルで初めての撮影を始めた”と話した。

ヒョンビンとタンウェイ主演の‘晩秋’は特別休暇を受けて監獄から出た女と誰かに追われる若い男の偶然な出逢いと3日間の愛の物語を描いた作品だ。

‘家族の誕生’のキムテヨン監督が演出する。
劇中男主人公役を担ったヒョンビンは昨年冬から米国,シアトルに留まりながら,撮影準備に余念がなかった。昨年12月31日にも米国で開いた話を送りながら,撮影準備をした。

特に今回の作品は映画が英語の台詞でなされるという点が目を引く。先立って‘チング.俺たちの伝説’で強い男の姿を見せたとすれば今回は悲しいメローの男で目新しい変身をする展望だ。

一方1966年初めて作られた初めて作られた‘晩秋’は韓国を代表するイ・マンヒ監督の作品で韓国映画会社を輝かせた珠玉のような作品だ。‘晩秋’は1975年キムギヨン監督の‘肉体の約束’と1981年キムスヨン監督の‘晩秋’で2度にかけて,リメークになって,日本でも1972年‘約束’という題名で再誕生した。

ヒョンビン映画‘晩秋’主演抜擢
映画‘晩秋’,ヒョンビン-タン・ウェイ主演に‘確定’
イ・マンヒ監督の代表作‘晩秋’(1966)をリメークするポラムエンターテイメントは‘晩秋’(仮題)の主人公にヒョンビンとタン・ウェイを定めて今月末アメリカでクランクインすると5日明らかにした.

特別休暇を受けて監獄から出た女と誰かに追われる若い男の偶然な出逢いと3日間の愛を描いた映画‘晩秋’の主演にヒョンビンとタン・ウェイが確定された.

映画‘晩秋’は 1966年イ・マンヒ演出,キム・ジホン脚本の話題作ですでに1975年キム・ギヨン監督の‘肉体的約束’と1981年キム・スヨン監督の‘晩秋’で二度にかけてリメークになった事がある.

また日本でも1972年‘約束’という題目でリメークされてその年の日本映画ベスト5に上がったりした韓国映画の代表的な傑作だ.一方‘晩秋’のリメーク小さな今年11月末本格的なアメリカ撮影を始めて2010年封切られる予定だ



チョン・ウソンとヒョンビン,ヤン・ジャギョンとタン・ウェイとそれぞれ口を合わせる

美男俳優チョン・ウソンとヒョンビンがグローバルプロジェクトのために海外に滞留している.

チョン・ウソンは‘コムガンホ’の撮影のために先月27日中国上海に渡って4日初撮影に入った。ヒョンビンは‘晩秋’(仮題)撮影のために先月末出国して現在アメリカ,シアトルで撮影準備中だ。二つの映画皆中国最高の女俳優たちがパートナーなのでアジア各国の関心を集めている.

チョン・ウソンの初海外進出作‘コムガンホ’は‘ミッションインポッシブル供如禿壁大田(レッドクリフ)’などでハリウッドで注目された製作者になったチョン・ウサム監督と彼の長年のパートナーのプロデューサーテレンス・チャンが設立した製作社ライオンラックが製作を引き受けたロマンチック武侠スリラー。

明国を背景に武侠アクションとときめくラブラインが共存する作品だ。チョン・ウサム監督は製作にだけ専念して演出はホラー映画‘シルク’で嘱望される中国の新人監督スチァオピンが引き受けた。関心を集めるチョン・ウソンの相手役である女主人公は香港のアクション俳優ヤン・ジャギョンが引き受けた.‘コムガンホ’は総3ヶ月間,中国大陸と台湾を行き来しながら撮影する予定だ。

ヒョンビンの初海外進出作になる‘晩秋’はイ・マンヒ監督の1966年作‘晩秋’をリメークする作品。特別休暇を受けて監獄から出た女と誰かに追われる若い男の偶然な出逢いと3日間の愛の物語をドラマチックに描いたメロー映画だ。脚本と演出は‘家族の誕生’のキム・テヨン監督,製作はチャン・ドンゴン主演の‘戦死の道’,アン・ソンギ主演の‘ムッゴン’を作ったポラム映画社が引き受けた。

ヒョンビンの相手役を‘色,戒’のタンウェイが引き受けて話題を集めている.‘色,戒’封切り以後中国政府から活動中断措置を受けたタンウェイの 3年ぶりの新作なので全世界的に関心を集める展望だ。ヒョンビンとタンウェイは劇中英語で演技する予定だ。来る11月末撮影を始めて2010年に封切られる予定だ。

韓国とアメリカのグローバルプロジェクトで進行される今回のリメーク作の舞台は韓国ではなくアメリカだ。日本を含めてアジア各国に幾多のファンを従えている韓流スターヒョンビンと‘色,戒’以後世界的な俳優に背伸びしたタンウェイの出会いが映画に対する期待感を高めている.

キム・テヨン監督は“心を閉ざしている,心を閉ざして暮す二人の話をアメリカという開かれた空間で解いて行くのは面白い挑戦”という所感を伝えた.

≪ 前の30件| 次の30件 ≫
TOPSUK2

2019 - November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.