ソ・ドヨン,日本ファンミーティング
ソ・ドヨン,25日1500人日本ファンミーティング“好んでくださって感謝します”
俳優ソ・ドヨンが7月25日日本でファンミーティングを開く。

ソ・ドヨンは25日日本,東京でファンミーティングを通じて,1,500人のファンたちと会う席を用意することになる。 ソ・ドヨンはこの日ファンミーティングで新人歌手ベイジュとともに歌2曲ほどを披露する予定だ。

ソ・ドヨンは去る2006年KBS 2TVドラマ‘春のワルツ’で初恋の痛みを大事に保管したピアニスト ユン・ジェハで日本ファンたちの心をとらえて韓流スターに浮び上がった。

ソ・ドヨンはニュースエンとインタビューで“常にファン方々にはありがたい。 多くの作品をお見せすることもできなかったが‘春のワルツ’のイメージを記憶して好んで下さって感謝するだけだ”として“今回のファンミーティングでは新しい姿をお見せできるようにイベントを準備している”と所感を明らかにした。

ソ・ドヨンは“日本に行くことが公式,非公式日程を合わせればもう11回目だ。 今は顔に見覚えがある方たちもいて,たくさん親近がわく感じだ”“1年ぶりに行くのに今回は軍隊に行った息子が帰ってきた感じで迎えてくれるようだ”と話した。

一方ソ・ドヨンはMBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’(脚本クァク・ギョンテク,ハン・スンウン,キム・ウォンソク/演出クァク・ギョンテク,キム・ウォンソク)でサンテク役を担って,ヒョンビン,キム・ミンジュン,イ・シオンと一緒に4人の友人らの熱くてきらびやかだった友情をお目見えしている。

スターセルカ‘チング’
[スターセルカ]キム・ミンジュン,‘チング’撮影場公開...ボスがいたずらクロギ?



俳優キムミンジュンがMBCTV週末劇“チング,俺たちの伝説(以下“チング”)”で刃が鋭くなったカリスマを誇っている。これまで映画“サラン”とドラマ“タチャ”等を通しては太い演技を見せたキムミンジュンは映画“チング”をリメークドラマ“チング”でイ・ジュンソク役を担って,ヒョンビン・ワン・ジヘなどと呼吸を合わせている。

いい加減な高校生で暴力組織のボスに成長,友情と組織・愛の間で苦悩する“チンジナム”ジュンソクだが,カメラが消えればいたずらキムミンジュンに急変(?)する。子供たちと猫が好きな純粋なこの男.彼がIS日刊スポーツの“スターセルカ”を通じて温かい“友人”撮影現場を公開した。



100%事前製作ドラマ“チング”は去る1月から初回放送直前6月末まで釜山(プサン)で撮影された。
すべてのスタッフと俳優らが釜山で合宿をしながらつらい撮影を継続した。
だが撮影場の雰囲気が和気あいあいで,キムミンジュンの顔にはいつも笑い気がいっぱいだった。
一つおもしろい事は“チング”のシナリオの中の話の展開方向と逆順で撮影が進行されたとのこと。

高校生時期の話が一番最近に撮影された。
俳優らの頭をカットしなければならなかったため。
“丸坊主キムミンジュンvsコプスル頭キム・ミンジュン”の多様な姿に会ってみよう。












[スターセルカ]キムミンジュン-ヒョンビン,ボスの雰囲気結構出るね〜












[スターセルカ]キム・ミンジュン,この年に制服‘恥ずかしいね’








キム・ミンジュン,中毒演技実感


キム・ミンジュン,神懸かりの‘中毒演技’実感できる
MBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’(脚本クァク・ギョンテク,ハン・スンウン,キム・ウォンソク・演出クァク・ギョンテク,キム・ウォンソク)のキム・ミンジュンが神懸かりの麻薬中毒者の演技で周囲の感心をかもし出した。

キム・ミンジュンが演技するジュンソクは来る18日放送される‘チング’7回分でサンゴン(イ・ジェヨン)の絡まりに移って,麻薬中毒者となる。 父(キム・ドンヒョン)を裏切ったサンゴンが連結した遊興店舗で麻薬に接して,中毒者になる。

ジュンソクは疲弊した身体を導いて麻薬を探して,遊興店舗夜道を転々として不良らに袋叩きにされたかと思えば自身を世話するジンスク(ワン・ジヘ)に暴力を振るい暴力的な言動と大声で一貫するなど壊れた麻薬中毒者などの姿を実感できる演技をした。

‘友人,私たちの伝説’演出を引き受けたクァク・ギョンテク監督は“感情や状況が極に達する演技でキム・ミンジュンの演技は光った。 実際に経験することのできない部分を立派に表現してこれを通じて,麻薬や社会の暗い部分に対する警戒心を呼び起こすはずだ”と話した。

これを通じて,ドラマ‘チング’は暴力団や社会の暗い面を美化させるのではなくその弊害に対する警告のメッセージを含んでいる作品であることをもう一度確認させた。

一方ドンス(ヒョンビン),ジュンソク,サンテク(ソ・ドヨン),チュンホ(イ・シオン)四人の男とジンスク(ワン・ジヘ),ソン(ペ・グリン),ウンジ(チョン・ユミ)の成人期が本格的に放送されている‘チング,俺たちの伝説’は毎週土曜日午後10時50分,日曜日午後10時40分に放送される。

ヒョン・ビン制服ファッションで郷愁刺激


‘チング’ヒョンビン,70〜80年代制服ファッションで郷愁刺激
MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’で主人公‘ハン・ドンス’役で出演中のヒョンビンの制服ファッションが過去の思い出の郷愁を刺激している。

劇中ヒョンビンは‘ドンス’の高校生時期から演じて,今は消えた70年代の黒い制服と教練服ファッションをお目見えして,父の世代のかすかな思い出を呼び起こしている。



検定制服の上にはっきり名前の彫られた名札と制服帽は過去の学生時代を思い出させるようにする要素だ。 その上その当時以後消えた教練服は7080世代には思い出のスタイルであり最近の若者たちにはミリタリー復古風ファッションで新しく脚光を浴びていたりもする。

視聴者たちはヒョンビンが今回のドラマで高校生から成人役まで自然に消化し,制服までとてもよく似合うと,チングの中のヒョンビンの制服ファッションが郷愁を刺激するドラマのもう一つの見どころと話す。

また,ヒョンビンは高校生役のために短いヘアースタイルに変身して,大きいな話題を集めてドラマの中だけでなくドラマ製作報告会でも制服を着て登場し,話題を集めたことがある。

実際40〜50代以上の視聴者たちは“ドラマを見て,自身の学生時代を追憶することになる”とドラマの中のヒョンビンの姿と場面に大きく共感している。

ヒョンビン,感性目つき演技好評


ヒョンビン,感性的目つき演技視聴者‘好評’
MBC週末企画ドラマ‘友人,俺たちの伝説(以下チング)’で主人公ハン・ドンス役で熱演中のヒョンビンに対する視聴者たちの好評が続いている。

先週末放送された5,6部でドンス(ヒョンビン)は高等学校を離れて,魚市場で仕事を始めた。 不幸な家族史,不運の学生時代を後にして新しい人生を切り開くことになった。

難しい暮らし向きのせいで好きだったボクシングも,絵もまともにできず夢をあきらめなければならなかったドンスは結局学校を離れ険しい仕事を始めることになる。お父さんに対する傷,お母さんが家族から離れてしまった痛みそして自身の夢を広げることもできない残念な状況までドンスの不幸な運命は見る人にとって弱々しい感情を持つようにさせる。

特に,ドンスで熱演中のヒョンビンの感性的目つき演技がキャラクターにより一層没頭させている。 映画とは別でヒョンビンはドンスの痛みと傷を彼だけの寂しいペーソスでキャラクターの真正性を加えているという評価だ。

ヒョンビンはやはり“ドラマの中での各場面ごとの状況によって,ドンスの目つきや感情を違うように表現した”“これからドラマで見るドンスの変化を見守ってくれ”と明らかにした。

放送後,視聴者たちもヒョンビンの目つき演技に対する称賛一色だ。 “ヒョンビンがドンス役を担って安定した演技を披露している”“ヒョンビンの目つき演技に弱々しさがついて出る。 ドンスのキャラクターにどっぷり浸かった”等の評を上げている。




ヒョンビン-ワン・ジヘ-キム・ミンジュン興味津々三角関係
ドラマ‘チング’が本格的な三角関係で愛情戦線を形成した。
去る放送分でドンス,ジュンソク,ジンスク三人の三角関係が繰り広げられた。

劇中友人だけを過ごしたドンス,ジンスク,ジュンソクの三人が高校卒業をして各自の社会生活開始と共に成人になりながら,お互いに対する心を表現するようになった。

ジュンソクは小学校5学年の時死んだお母さんの遺骨を叔母を通して,日本に送りながら寂しい気持ちでジンスクを訪ねて行き,焼酎一杯を共にしようと提案する。焼酎の杯を傾けたジュンソクはお母さんの遺品の日本人形をジンスクに渡してジンスクは自身を見送ってくれたジュンソクを強く抱きしめた。




引き続きドンスとジンスクの間にも愛が芽生えた。
魚市場で仕事をするようになったドンスは船長の勧誘で出港を悩んでいる間ジュンソクの家を久しぶりに訪ねて,ジンスクが初月給で買ってきた牛肉を夕方一緒に食べることになる。

ドンスが出港をするという事を知ったジンスクは船が離れる前ドンスを訪ねて,ハーモニカを渡しながら“陸地へ一人の物を持っていけば無事に戻れる”といってジンスクの家の電話番号が書かれた手帳を一緒に渡す。

ジンスクの贈り物に感動したドンスは“無事に戻って,電話するよ”といって船に上がった。

ドラマ‘チング’で彼ら三人の関係は映画‘チング’では現れなかったことが視聴者らの気になるものを解消しながら,大きい関心を集めている。

ヒョンビンにまともに殴られました..


クァク・ミンソク“ヒョンビンにまともに殴られました”
“ヒョンビンにまともに殴られました。”MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’に出演中の演技者クァク・ミンソクがヒョンビンとの激闘シーンで絡まった因縁を公開した。

‘チング,俺たちの伝説’で劇中クァク・ミンソクが引き受けた役割はドンス(ヒョンビン)のお母さん(ィエスジン)を誘惑,家庭を捨てて家出するようにさせた‘クレンナム’で,ドンスの幼い時期が不遇な原因の中の一つを提供する人物だ。

7月11日放送された5回では高校生になったドンスの前にお母さんが帰ってきてクレンナムもやはりドンスのお母さんの周辺を徘徊して結局ドンスに袋叩きにされる状況が演出された。この日放送撮影でクァク・ギョンテク監督はヒョンビンにドンスの怒りを表現するために実感できる腕力を要求したという。

クァク・ミンソクは“一度でOKシーンを選んでみようという考えにまともに殴ってくれと言ったが撮影が続いて見たら実際に当たる状況がかなり長く演出された”として“翌日全身にシップ薬をつけるほど苦労したが撮影がよく終わってうれしい”と明らかにした。

実際この日の撮影では現実感あふれる演技をしてヒョンビンもやはり八等に傷を負い演技後に演技者らがお互いを励ましたという後門だ。

‘モダンボーイ’,‘台風’等の色々な映画に出演したクァク・ミンソクは今春放映されたドラマ‘帰ってきたイルジメ’でハ・リスと愛の心を広げるなど各ドラマと映画で個性強いキャラクターをお目見えした演技者だ。

一方,ドンスとジュンソク(キム・ミンジュン),サンテク(ソ・ドヨン),チュンホ(イ・シオン)等男の友人らとジンスク(ワン・ジヘ),ウンジ(チョン・ユミ),ソンエ(ペ・グリン)等‘レインボー’メンバーらの高校時期が描かれて,明るい雰囲気で切り替えた‘チング,俺たちの伝説’は毎週土曜日(午後10時50分)と日曜日(午後10時40分)に放送されている。

イ・ビョンセ画伯‘チング’描写プレゼント
イ・ビョンセ画伯,ドラマ‘チング...’主人公らキャリーコチョ製作製作
人気漫画家イ・ビョンセ(53)画伯がMBC週末特別企画‘チング,俺たちの伝説’主人公キャリーカチュアをお目見えした。

9日‘友人,俺たちの伝説’製作社関係者によれば普段クァク・ギョンテク監督と懇意にしていたこの画伯は主人公ドンス(ヒョンビン),ジュンソク(キム・ミンジュン),サンテク(ソ・ドヨン),チュンホ(イ・シオン)等男主人公らとジンスク(ワン・ジヘ),ウンジ(チャン・ユミ),ソンエ(ペ・グリン)等‘レインボー’メンバーららの特徴を適切に,描写した。ドラマ放映時期に合わせて,ドラマ製作スタッフにプレゼントした。

登場人物らの特徴を適切に,描写したキャラクター作品は馬鹿正直ながらも,リーダーシップが強いジュンソクの性格や反抗期あり,しっとりとした瞳を持ったジュンソク,自尊心の強いジンスクなどの個性らをよく反映したという反応を得ている。

クァク・ギョンテク監督は“去る撮影期間中釜山を訪問したイ・ビョンセ画伯がドラマのために何かをするという意思を明らかにして,キャラクター製作を提案した”としながら“ドラマの成功を応援する意味で受けた贈り物でとても感謝する”と明らかにした。

イ・ビョンセ画伯は劇中人物のキャラクター作業のためにクァク・ギョンテク監督はもちろんキム・ビョンインプロデューサーなど現場スタッフらの詳しい劇中人物とドラマストーリーに対する説明を傾聴したという後門だ。


クァク・ギョンテク監督インタビュー
クァク・ギョンテク監督“ヒョンビン-キム・ミンジュン,方言に問題はない”
MBCドラマ‘チング,俺たちの伝説’のクァク・ギョンテク監督が二人の主演俳優ヒョンピンとキム・ミンジュンの演技に対して満足感を表わした。

クァク・ギョンテク監督は最近アジア経済新聞と会ってチャン・ドンゴンとユ・オソンが出演した映画‘チング’に比べて,ヒョンビンとキム・ミンジュンが押されるのではないかとの質問に‘やはり初めは同じ考えではなかったのか”と聞き返した。

彼は引き続き“序盤にいくらかたくさん心配にはなった”“ピンやミンジュンが演技する時,これで良かったのだろうか違うほうがよかったのか頭の中がいつも複雑だった。俳優らを立たせておいても初めはチャン・ドンゴンとユ・オソンが見守る感じがした”と話した。

クァク監督はそんな感じが長く続かなかったといった。
10%程撮影を終えて出た後からはむしろその反対現象が現れたという。“まるで映画の中でピンとミンジュン人がいるような感じがするほどでした。視聴者らも同じだと思います。もう少し見ればヒョンビンとキム・ミンジュンがドンスとジュンソクだと感じられるでしょう。私がそうだったように。”

クァク・ギョンテク監督は二人の俳優の方言演技に対しても満足感を表わした。“ミンジュンが本来釜山生まれなので心配はなかったがビンが問題でした。私もやはりどれだけか心配になりました。

どんな方法でいってもなまりに対する話が出てくると思いました。それでピンにも100点ではなく80点でも大丈夫だという考えでしろといいました。”方言演技にはドラマと映画の差もあった。

映画では台詞が短くて,強い抑揚で方言演技をすればイメージも明確に与えられ意味伝達も明らかだがドラマでは彼とは違うために。“映画でチャン・ドンゴンは台詞が短かったんです。2,3行ずつ続く台詞が殆どなかったんです。ところがピンは一番長くて4分ほど独白ナレーションもあります。ピンは本当に努力してがんばりました。

‘あれが方言というのか’という言葉を聞かなければ大丈夫だと思いました。現場で私が聞いてぎこちなければ直したでしょう。私は満足しています。”

彼は今回のインタビューで映画とドラマ製作にあって一ジャンルはもっと大変かという質問に“ドラマははるかに大変だ”“映画に比べて,一編あたり製作費が少ないから時間で解決しなければならない。 それで休み時間寝る時間を減らしながら分量印刷できる”故ドラマ製作の苦衷を吐露した。

視聴率を初めて味わったクァク監督は“初日に放映して視聴率受けてみると翌朝に衝撃受けた。 仕事をするのが嫌だった”“そうしてもみた方々が9:1で称賛が多くて,よく努めた跡が見えるという話が多くて,一日が過ぎて頑張ることができた”と打ち明けた。

クァク監督はまた医者出身のお父さんの話を取り出してシナリオを書けば常にお父さんに先にお見せしたと付け加えた。

一方MBC‘チング,俺たちの伝説’を通じて,主演俳優のヒョンビンとキム・ミンジュンのビッグバンのパフォーマンスがミュージックビデオ形式で電波に乗るだろうという報道が出てきて話題を集めている。

ビッグバン,ミュージックビデオでラップ


ヒョンビンがラップ..キム・ミンジュンはダンス?
‘チング’ヒョンビン-キム・ミンジュン,ビッグバンの歌でダンス隠れた浮気心発揮
俳優ヒョンビンとキム・ミンジュンがドラマを通じて‘芸能浮気心’を思う存分お目見えする。

週末放送されるMBCドラマ‘友人,俺たちの伝説’でグループ ビッグバンの歌に合わせて,これまで隠してきた才能を誇る。

来る11日と12日放送するMBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’(脚本・演出クァク・ギョンテク・以下チング)で彼らはグループ ビッグバンの歌に合わせて,簡単な‘ミュージックビデオ’をとった。

ドラマ進行中約1分30秒程度の分量で視聴者たちにお目見えする映像はドラマ撮影中クァク・ギョンテク監督の提案で俳優らが即席でとった分量だ。

劇中ヒョンビンはビッグバンの‘チング’という曲に合わせて,lip syncをするかと思えばキム・ミンジュンとソ・ドヨン,イ・シオンなど男主人公らはぎこちないが個性がある踊りで歌の興味を上げる。

実際にこの場面らはOSTミュージックビデオの映像でも使われる予定で撮影末に俳優らの参加でなされた撮影だ。

クァク・ギョンテク監督は“実はビッグバンが私たちのドラマのOST作業に参加するという事に心配もした”面で“ドラマと合うのか疑問だったが,今はビッグバンのファンになるほど満足している”と明らかにした。

ビッグバンの‘チング’は劇中のチングと合う軽快な場面らに使われる曲でクァク・ギョンテク監督の演出でミュージックビデオも製作されている。

製作会社の(株)真人社フィルム側は“ドラマOST製作に一緒にしたビッグバンメンバーらに感謝する”“‘ビッグバンの参加は‘チング,俺たちの伝説’この世代を合わせるドラマという点を確認した事’と説明した。

‘チング’ソ・ドヨンインタビュー
ソ・ドヨン,"H.O.T 解体でオーディション行けずに軍隊に行った"(インタビュー)
MBC 週末企画ドラマ \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'チング,俺たちの伝説\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'(以下チング)に \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'厳親\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'がある.まさに義理派エリートチョンサンテク.他の友達と違い大学卒業後新聞記者になってアカデミックな姿を見せるサンテクはハン・ドンス(ヒョンビン),イ・ジュンソク(キム・ミンジュン)とはまた他の魅力で視聴者たちに近付く.

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'チング\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'(シナリオクァク・ギョンテク,ハン・スンウン,キム・ウォンソク,演出クァク・ギョンテク,キム・ウォンソク)でサンテクに熱演中のタレントソ・ドヨンはきれいで爽やかな背に拳ほどの顔を持ったまさにモデルポスの典型だ。

"70~80年代の記者を演技しなければならなく記者出身の知人に助言を求めたんです"と言いながら微笑む彼は確かにサンテクだった.

2001年映画‘チング’の‘ソ・テファ=チョン・サンテク’公式が通じたとすれば2009年ドラマ‘チング’には‘ソ・ドヨン=チョン・サンテク’と計算.“映画の中のサンテギはとても純粋じゃないでしょうか.

ドラマ‘チング’でのサンテクはちょっと違います。成就欲と情熱がはるかに多いですね.友達との友情と成功を置いて葛藤するが結局一敵である成功をあきらめて友情を守るようになります”

クァク・ギョンテク監督が映画とは違いメローライン一層強化したドラマと明らかにしたように劇中ジンスク(ワンジへ)が同時に好きな三人の友達ドンス,ジュンソク,サンテクの愛情競争も見どころだ.ソ・ドヨンはベストカットでジンスクとのキスシーンを選んだ。

“サンテギがジンスギをドブチ(?)シーンがあります.アカデミックなサンテギの果敢な面がのぞけます.19歳(以上観覧可)にふさわしい(笑)”

ふと彼の実際の性格が気になった.‘友達を皆混ぜ合わせたものが僕の姿です.一口で言えというなら一つかかればそればかりするスタイルと言いましょうか”

ソ・ドヨンのデビューはどうだったろうか.彼は芸能界デビューの前面白いエピソード一つを打ち明けた.“軍隊にいる時モデルの仕事をした訓練兵を見て‘僕もできる’と思いました(笑)。冗談で,事は軍に行く前路頭でSMエンターテイメントの名刺をもらいました。歌手をやってみるかどうなのかと言われたんです。



悩んで経験を積もうという思いにオーディションを見に行きました。そうしてSMビルの前に行ったがその日がちょうどH.O.T.解体してたんです。女子高生たちが建物の前に座って喧嘩だと叫んで大騒ぎしてました。関係者が‘申し訳ないが状況がこうなのでだめです’と言って帰って来ました。そして軍隊へ行ったんです”

ユン・ソクホPDのドラマ‘春のワルツ’でクラシックピアニストユン・ジェハ役で多くの日本ファンを従えているソ・ドヨンは“既存と違う新しい姿で彼らに良い贈り物になるようだ”と伝えた.‘チング’は来年初‘チング,愛と友情のくびき’という新しいタイトルで日本で放映される。

“欲心が多かったが年を取って経験も積もりながらあまりにを追求すれば周辺の人々もケガするということを知りました。‘適当にしよう’ではなく余裕がちょっとできました。今も学ぶ過程ですが”

[MBC‘チング,俺たちの伝説’に出演中のタレントソ・ドヨン.写真提供 = GnGプロダクション]

ドラマ‘チング’OST9日発売


チング,俺たちの伝説 OST - 発売日:2009年7月9日

[CD-1]
1.友人-ビッグバン
2.Closer-アレックス
3.The Day -チョン・ドンハ(復活)
4.ただあなただけ-バービーキム
5.歌1 (一つ)-イ・ソラ
6.RUN -ノブレーン
7.涙を消して行って-ホ・ヨンセン(SS501)
8.持てない君-フィ
9.Open Up - Hash
10.Old School Rock -オ・ジョンヒョク
11 Destiny - JUST
12.演劇が終わった後(Drama Version) -イ・ガウン
13.My Way -イ・ダウォン
14.Closer (Acoustic Version) -アレックス
15.演劇が終わった後 -イ・ガウン


2CD7月9日レコード発売予定

100%事前製作のMBC週末特別企画ドラマ"チング,俺たちの伝説"のOSTに参加しました。
(主演ヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,ワン・ジヘ.監督クァク・ギョンテク)

2009年製作されたドラマドラマOST中指折り数えられる高作だとあえて自信を持てます。
数ケ月間の大長征あげくたった今マストリンを終えたCDを手に持ってるので満たされます。

音楽監督は甘い私の都市,オオカミの誘惑,完璧な隣の会い方,私の名前はキムサムスン,コーヒープリンスなどのOSTを製作した"黄色潜水艦"のプロデューサーBRAVEニムと映画猛スピードスキャンダル,マルジュク通り残酷史,追撃者,サンファジョム,シングルスなどに参加されたM&Fのキム・ジュンソクニムが共同で引き受けられ,
オーケストレーションはチェコ,プラハ フィラモニックと作業しました。

2CDで発売になり,歌手らが参加した歌曲らは1枚目CDに総15トラックで収録されます。
私はその中でトラックに参加しました。
クァジクァイのアレックスが歌った二種類バージョンのCloser(2番,Acoustic Version 14番)の作詞,作曲,編曲と
パンクバンドノブレーンと作業したRun(6番)の作曲,編曲,そしてページ出身のイ・ガウンニムが歌った演劇が終わった後(15番)の編曲を引き受けました。

アンダーグラウンドバンド出身である私が初めて参加したメジャーレコードがこんな大作OSTになって,非常に感謝しています。
本当にたくさん学んだ意義ある経験だったしこれからもっと精進しなければならないと決心しました。
(良い(良い機会くれて導いて上げられたBRAVEヒョンに心より感謝申し上げます。)
今回のOSTにはアレックスとノブレーンの他にもビッグバン(TOP+テヤン),イ・ソラ,バービーキム,Just,チョン・ドンハ(復活),ホ・ヨンセン(SS501),フィ,ハッシュなどの歌手方々が参加しました。
今日マスターが出てきて来週初めにオンラインで解けて(すでに二曲は先公開されました),その来週にCDで発売予定です。
ドラマも大作でOSTもよく出てきたと思っているので大いなる関心お願いしますね^^
[製作参加:ユエニム]

‘チング’ジュンソク,チュンホの長髪


‘チング’ キム・ミンジュン-イ・シオン長髪公開
‘恐ろしかったり笑わせたり’
MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’に出演中の俳優キム・ミンジュンとイ・シオンが独特のヘアスタイルを披露した。

劇中友達のリーダージュンソク(キム・ミンジュン)と陽気な友達チュンホ(イ・シオン) 役を引き受けている二人は去る7月4日放送分で1980年代長髪ヘアスタイルを公開した。キム・ミンジュンはドラマのハイライトで放送分前半部から以後麻薬中毒に抜ける場面をあらかじめ見せて,後頭が肩まで下る長髪で視聴者たちの人目を引いた。

このヘアスタイルはキム・ミンジュンが映画‘サラン’で卑劣なごろつき役を引き受けた時にすでに見せた事がある。しかし映画での堂々とした姿と違いドラマの中では薬でやつれ,女に暴力を飛ばす憂鬱な状況を演出するのにヘアスタイルが一役した。

反対に1980年代音楽喫茶DJの姿に変身したイ・シオンの長髪は視聴者たちの笑いを誘発した。劇中チュンホは片思いする女子高生ソンエ(ペ・グリン)の歓心を買うために自分がDJで働く喫茶店に友達を招待して脂っこい台詞を詠じた。

この場面で喫茶店側に自分の身分を大学生だとだますために着用した長髪のかつらはコミカルな設定の真髄で“チュンホの面白い性格をよく代弁した”や“新人らしくないしらじらしい演技が良い”と言う呼応を得ている。

一方‘チング,俺たちの伝説’はドンス(ヒョンビン)とジュンソク,サンテク(ソ・ドヨン),チュンホなど男友達とジンスク(ワン・ジヘ),ウンジ(チョン・ユミ),ソンエなど‘レインボー’メンバーたちの高校時代が描かれながら明るい雰囲気に切り替わって人気を独り占め中だ。

‘チング’ウンジ役チョン・ユミ韓流スター
‘チング’チョン・ユミ,気づけば韓流スター?中国で人気爆発
俳優チョン・ユミが新人ではない韓流スターという事実が一歩遅れて明かされた.

チョン・ユミはMBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’(シナリオクァク・ギョンテク,ハン・スンウン,キム・ウォンソク/演出クァク・ギョンテク,キム・ウォンソク)に金持ちの令嬢で女子高生グループレインボーメンバーと同時にドンス(ヒョンビン)に片思いするウンジ役で出演している。

チョン・ユミは去る放送で美男先生の結婚の消息を聞いて直接尋ねて涙声で話しながら問い詰め,ドンスを置いてジンスク(ワン・ジへ)を警戒する可愛い女子高生で視聴者たちの笑いをかもし出す。視聴者たちは“とても可愛い”“共感できる状況と台詞が印象深い”と言う反応を見せている。

チョン・ユミはすでに中国からドラマ主演で顔を知らせた新人ではない新人。去る2007年中国国営放送CCTVの‘ファイブスターホテル’(悟性大半店) 主人公でウーメンメン,チャン・ジュンニョン,チョ・フィムンなど中国スター俳優たちと一緒に演技を繰り広げた。

チョン・ユミは‘ファイブスターホテル’で遺産と係わった財産紛争を避けて中国に渡った財閥相続令嬢役を引き受けて男主人公たちの愛情攻勢を受けて中国内で大きい人気を呼んだ.‘ファイブスターホテル’は韓国俳優が出演した中国ドラマながらも韓国に逆輸出されたドラマだ。

一方‘チング,俺たちの伝説’の製作社(株)真人社フィルム側は “国内でも‘大王世宗’などのドラマから主要役で登場するなど活躍があった”と“オーディションを通じてウンジ役によく合うと判断,キャスティングするようになった”と明らかにした。

=======================================

日本の女優さんどなただったか...似ています..^^

映画‘チング’ vs ドラマ‘チング’





Cover Story..
クァク・ギョンテク監督の映画‘チング’は820万観客を動員しながら2001年韓国映画の興行記録を樹立した。
特にある劇場の中で上映館が幾つもあるマルチプレックス上映館が一般化された時期ではない。

一劇場にスクリーンが一つだけである単冠時代に‘チング’は‘19歳以上観覧可’という弱点にもかかわらずチャン・ドンゴン,ユ・オソンなど演技派スターたちと映画内外の数え切れない問題を生んだ。2009年,クァク・ギョンテク監督は映画‘チング’で終えることのできなかった話を持ってブラウン管に戻った。映画‘チング’とドラマ‘チング: 俺たちの伝説’はどんな点が同じでどの点が違うのだろうか。





クァク・キョンテク監督の \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'友達\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\',映画 VS ドラマ

クァク・ギョンテク監督,映画で終える事のできなかった言葉を伝える

ヒョンビンとキム・ミンジュンを全面に立ててソ・ドヨンと新人ワン・ジへ,イ・シヨン,チョン・ユミ,ペ・グリンなどを起用したドラマ‘チング,俺たちの伝説’の最初の仮題は‘チング,その終える事ができなかった話’だった。

映画というジャンル的特性の上根掘り葉掘り観客で説明するよりは感覚的に事件を構成したり,暗示を通した表現が少なくなかったために映画ではできない言葉が少なくなかった,しこれをドラマを通じてするという意志が入れられた。クァク・ギョンテク監督に具体的に映画のどの部分が惜しくドラマを通じてもっと見せたかったのかに対して尋ねた。





Q.どう彼らは‘友達’になったのか

映画で児役分量はただ何人にもならない.ただ友達がとても親しいという事は明らかで,
人が親しくなるきっかけにが現れなかった。

すでに公開されたドラマ1,2回でジュンソクとドンスお互いが恥ずかしく思う部分
(それぞれ組職暴力団の息子ということと葬儀社の息子ということ)を共有してお互いに友情を確かめていく。

また勉強ができるサンテク,ほらがひどいチュンホをジュンソクとドンスが時には助けてまた頼りながら友情を積む過程が幼年期と高校時代の多様なエピソードを通じて公開される。


Q.ドンスはなぜジュンソクに強い劣等感を感じるのか

ジュンソクとドンスは明らかに友情をわかちあう懇意な友人間ではあるが
映画の中で二人の対立も頂点に上がってこれによってドンスは命を失うことさえする。

こんな葛藤の裏面にはジンスクという女がいる。ジュンソクとドンスはジンスクに一目惚れするが友情という名前の下,感情を隠して結局ジンスクはジュンソクと繋がってしまう。

見えない三角関係になるが,ドラマではジンスクを置いて葛藤を経験する二人の男の話に映画でジンスクと慎ましいキスを分けたサンテクもジンスクに恋心を感じる過程を追加した。



映画の中でのジンスク(キム・ボギョン)とドラマの中でのジンスク(ワン・ジへ)


Q.あの時代には笑うことができない社会像が多かった

1970年代と1980年代を横切る時期は韓国社会が先進化される町角にあった時に政治,社会全般に未成熟さが伺える要素が多かった。

当時小学校では家庭環境の調査(‘家にどんな家電製品があるのか’と言う式)や爪清潔検事などが成り立ち,教育の熱が高まり始めながら教師らに対する父兄らの寸志攻勢も本格化された時期だった。また選挙には不法的な贈り物や金の封筒などが少なくなかった,政治家たちが組職暴力団と結託されたり政治的に大学生たちを弾圧する事も数多かった状況だった。

こんな時代的状況らが果敢に省略された映画とは違いドラマの中にはコミカルな要素で位置づけている。例えば国会議員選挙で不法的に回した贈り物をチュンホが引き出して他の地域に売り飛ばしながら‘中継貿易’を搖り動かす場面などがそれだ。


映画とドラマ,同じ点と違う点

映画とドラマの間には共通点と一緒に統差異点も頻繁にできたようだった。それでは映画‘チング’がドラマで変身しながら見せてくれる‘同じ点’と‘違う点’はそれぞれどんなものがあるだろうか。





[同じだ]

1.映像美


映画‘チング’でクァク・ギョンテク監督が見せた個性ある映像美はドラマにそのまま解け込ませた。ファン・ギソク撮影監督など映画‘チング’の主役たちを含めて映画製作スタッフたちが大挙ドラマに投入されたため。

おかげで照明セッティングなど撮影準備作業だけも一般ドラマの撮影準備時間の三,四倍が上がるほど強行軍が続いたがそれだけに画面の質は良くなった。

また撮影された映像に対してはシルバーリテンションという特殊な技法の後処理が成り立ち映画で見せてくれたカラーだが黒白の深い味と荒い感じを持った独特の映像をTVでも見られるようになった。



2.男性美





映画やドラマがすべて逃せない要素がまさに男友達熱い友情。

敵対組職のボスになっても幼い時期から純粋に受け継いできた友情の紐をおかない男たちの姿は彼らの職業が組職暴力団とそして記者,そして平凡な中産層の家長に離れて強調される要素だ。

また友情と愛の間でさ迷う男たちの姿と愛する女のために純粋さを捧げる姿など男性的な香りが一杯だ。


3.個性強いキャラクター

映画‘チング’とドラマ‘チング,俺たちの伝説’には主人公2〜3人を除き顔が大きく知られない演技者たちがたくさん登場する。特に慶尚道出身演技者たちの中で地域で活動した演技者たちが映画‘チング’を通じて全国区スターでアップグレードされたりもした。

映画‘チング’のキム・グァンギやイ・ジェヨン,キ・ジュボンなどが強い個性を誇り以後スター演技者と名前を知らせイ・ジェヨンはドラマ‘チング,俺たちの伝説’でも映画と同じようにサンゴン役を引き受けて活躍する予定。



映画とドラマすべて‘サンゴン’役を引き受けた俳優イ・ジェヨン

また香ばしい方言英語で人目を引いたヤン・ジュンギョン真人社フィルム代表など
映画社内部のスタッフたちのびっくり出演はドラマ‘チング,俺たちの伝説’にもつながる.


[違う]

1.登場人物の追加


ジュンソク(ユ・オソン)とドンス(チャン・ドンゴン)を中心に話が展開された映画‘チング’に比べてドラマ‘チング,俺たちの伝説’の中心人物はその数字が大きく増えた。

特にドラマではサンテク(ソ・ドヨン)とチュンホ(イ・シオン)を含めた男友達とジンスク(ワン・ジへ)とウンジ(チョン・ユミ),ソンエ(ペ・グリン) などグループレインボーのメンバーたちと彼らを取り囲んで起るストーリーが大幅に補強された. サンテクやチュンホも劇中女登場人物たちと愛情ラインを形成し家族たちとの話もたくさん登場する予定だ.



ジョンフン船長                          ソンエ


ウンジ                               クォン記者



2.メローラインの補強

ジュンソク(キム・ミンジュン)とドンス(ヒョンビン)はジンスクを置いて三角関係を形成するなど愛情ラインが補強され,それほどメロー部分も強化された。

甚だしくはその三角関係と別にサンテクまでもジンスクに向けた思いを表現したり,映画でしばらく出てくるキスシーン以後のストーリーに対して気になって思うファンの心を解けるものと見える。

チュンホもソンエとの愛情ラインを形成して可愛い‘ごきぶり一番’のような愛情ラインを形成する。







3.コミカルな要素


ドラマの中心になる1980年代を前後した時代は政治的でも社会的にも笑うことができないエピソードらが少なくなかった時だったほど映画で大きく目立たない喜劇的要素が加味された。

チュンホとソンエが見せる別名‘\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'ローラー場ダンス’やサンテクが高位官僚の家の前に路上放尿をして防犯隊員たちに這うなどのコミカルな要素を結合した時代風刺が少なくない。また物資が今ほど豊かではなかった時代,釜山の密売品市場である国際市場を中心にチュンホ家族らが生きて行く話も笑いを誘発する要素として作用するものと見られる。

映画で暴力と絡まった事件が主に詰められた主人公たちの高校時代も多様な先生たちのキャラクターが登場することはもちろん,女子高生たちとのミーティンなど誰もが経験した高校時代の思い出を思い出させるようにする話でいっぱいだ。

こんな多様な共通点と差異点を通じて‘チング’が単純に暴力組織に陥った友達の話を中心素材にするドラマではなく時代世相を反映して多様なストーリーを持ち見えるほどのドラマで再誕生させることで助けになれるとの期待を受けている。

‘チング’四角メローライン本格展開


‘チング’交錯した四角メローライン本格展開
ドンス・サンテク・ジンスク・ジュンソク4角ラブライン全面浮上“友達の友達を愛した”

MBC 週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’が遅い放映時間帯など弱点を乗り越えて視聴率上昇勢を記録中だ.4日放送されたドラマ‘チング’視聴率はTNS調査機関によれば全国9.8%首都圏10.5%を記録して,6月 28日放送分の 8.6%より1% ポイント以上上昇した。

数字上では少ない幅の上昇だが50分位放映時間が早いSBSの‘きらびやかな遺産’やKBS‘千秋太后’が2〜4%ポイント視聴率下落を記録したと見たら守った成績だ.

特に19歳以上視聴可等級と放映初期過度なモザイクに対する視聴者たちの賛否論争,午後10時50分という相対的に遅い放映時間帯という弱点を乗り越えたことだから人目を引く。製作社側は“二桁数視聴率記録が易しくないMBC週末企画ドラマの時間帯の特性の上1%という数値も意味が大きい”と“視聴者たちの好評が続いているだけに一貫する上昇の勢いを期待している”と明らかにした。




先週ドンスが運命的な初恋ジンスクを追憶する場面で始まった初回ではすでに取り返しがつかない間となったドンスとジュンソクの最後の対話などが描かれた。

初放送では組職暴力団の話で殺伐で悪どかった‘チング’は主人公たちの1980年代の話に展開して物静かながらも愉快な姿を描いている。ジンスクのお父さんに対する昔の思いを除いて,ジュンソクとドンスたちの学生時代は視聴者たちの思い出を思い浮かぶようにしながら笑みをたたえるようにする.



特にバンド‘レインボー’メンバーたちの学校生活は映画の中にではあまりなかった内容なのでもっと人目を引く。ジンスクとソンエは遅刻して酷い目に会うことを避けるために町内のお兄さんを利用して,パーマ跡を無くすために髪の毛にピンを刺して通う。学校に電気代を出すべきだとお金を受け取るソンエ,好きな先生が結婚するという消息に仇を討つというウンジ,そのお金で事を起こそうという女子高生たちだ。

大人のように服を着てナイトクラブを尋ねたこの女子高生たちは日本人になりすまし,簡単に入って行く。取り締まりの前に身分証を訪ねるウエーターにパスポートがないと通り過ぎようとするが“ノーパスポート,出ていけ”と言われ,退場を要求受ける。

洋食店での団体ミーティングや男DJがある喫茶店の姿が郷愁をかもし出す中で‘チング’のジャンル賞主要場面であるアクションが抜けられない。チュンホの弟チュンギを探しにナイトクラブに入ってきたドンスとジュンソクは喧嘩しているチュンギが危機に陥るのを見て,舞台の上に飛び込んで,彼を救う。問題はその次に.
これが禍根になって,やくざ連中に囲まれる状況が起こる。





成人したドンス,ジュンソク,サンテク,チュンホの姿と共に幼い時,高校時代が時間を行き来する構成で展開した。

ジンスクを間に置いたドンスとサンテクの本格的な三角ラブラインが始まった。 すでに去る放送でジンスクに向かったジュンソクの思いがあらわれたことまで加えれば四角関係だ。

7月5日放送されたMBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’4回ではサンテクがジンスクに向かった心を直接的に表わし始めた。

ジュンソクの家で友人4人とレインボーメンバーらが皆一緒に集まった日,サンテクはジュンソクにジンスクに対する好感を表わしてもしかして付き合ってるのかと尋ね,これにジュンソクはジンスクとサンテクを構成してくれるために席を用意した。




ジュンソクはジンスクにサンテクと一度会ってみろと提案し,ジンスクとサンテクは2人だけの短い時間を送ることになった。 サンテクはジンスクの前でギターを弾き歌を歌ってジンスクはサンテクの純真な魅力におかしな感情を抱いて友人と恋人の間二つのうちで一つを選べといった。 サンテクはジンスクと友人関係を選んだ。

しかしドンスはこれを正しいと思えずジュンソクに不満を表わした。 自分が好むジンスクをサンテクと結びつけようとするジュンソクの行動が気に入らなかった。ドンスはジュンソクに“俺はおまえの使いっ走りか”と問い質して激しい感情を表わし,ドンスの突発的な行動にしかめたジュンソクは“ただ俺たちは気楽に考えよう”と言いはなした。

以後友人たちとレインボーメンバーは皆一緒に渓谷でピクニックに出かけた。 特にチュンホ(イ・シヨン)はこの席でソンエ(ペ・グリン)の愛を得るために命をかけて渓谷の水に飛び込む勇気を見せて目を引いた。



試験成績発表の日,ドンスとジュンソクの半分では試験成績を持って数学教師が学生ずつ呼んで,お父さんの職業を尋ねては子供たちの頬を殴る。ジュンソク. 返事のないジュンソクの頬を殴ってお父さんの職業を尋ねた教師にジュンソクは“ごろつきです”と答える。教師に殴られたジュンソクはカバンをまとめ,教室を出て行き,見ていたドンスもジュンソクの後を追う。

腹立ちまぎれにナイトクラブ‘星の故郷’に行くことになったジュンソクとドンスはサークルの後輩と違った学校生たちと喧嘩にまきこまれることになるが,本当にごろつきらが現れる。

チュ・ミンギ,ドラマ‘友人’に本格的に登場

チュ・ミンギは‘チング…’で友人中1人のチュンホ(イ・シヨン)の弟チュンギ役を担った。 原作映画ではほとんど見られない人物だったが,ドラマでは一層強化されたキャラクターでお目見えする。 先週しばらく顔を見せたチュ・ミンギは4日放送された3回から本格的にストーリーに飛び込んだ。

劇中チュンギはナイトクラブでドンスとジュンソクが仲間割れにまきこまれることになる端緒を提供した。 特にこの場面でチュ・ミンギは2人と敵対する豪快なアクションで視聴者たちに強い印象を残した。




一方この日の放送末に登場した来週の予告で渓谷ピクニックでジンスクとドンスの関係が一層発展する場面が見られて,ドンスとサンテクそしてジンスクと絡まって混ざったラブラインに対する視聴者たちの期待感を増幅させた。



アレックス,SS501,チングOST参加
復古情緒漂う‘チング’OSTに関心集中
‘チング’,アレックス-ビッグバンなど参加したOSTと絶妙の調和
MBCドラマ‘友人,俺たちの伝説’が復古情緒が充満するドラマOSTで関心を引いている。

男性的なアクションで見どころが豊富なだけでなく最近男女主人公の愛物語が始まりながら,連日大いなる関心を得ている。

ジンスクの家へ向かうところを共にするドンス(ヒョンビン)とジュンソク(キム・ミンジュン)の姿が交差路登場する。3回ではジュンソクとジンスク,ドンスの交錯した愛を暗示しながら,ホ・ヨンセン(SS501)の歌が切なさをより増した。

SS501のリ―ドボーカルであるホ・ヨンセンがソロで参加した曲‘涙を消して行って’という主人公の愛と葛藤が始まる感情を表現した曲でホ・ヨンセン(SS501)の訴え力ある美声が劇的な雰囲気を生かした。

ドラマが放送された直後SS501ファンページなどには多くのファンらがこの曲が挿入された場面の映像を上げながら“切なくてきれいな声がドラマによく合う”,“ドラマの場面と一緒に見ればもっと切なさが感じられる”という反応を見せた。

彼らの出逢いからお互いは知らないが交錯するようになる運命らが荒っぽく描かれる高校生時期はアレックスの歌がその雰囲気を描き出す。

主人公らの感情が交錯するようになる友人とジンスク,ソンエ,ウンジの初めてのミーティング場面とジュンソクの家で彼らが集まる場面はお互いが見つめるこれは違うが友人のために,愛のためにお互いの心を隠す切ない感情が表現された。

この場面に感情を没入するようにしてくれた音楽がまさに甘美だが寂しいアレックスの‘closer’.アレックスの甘美な声とオクスティクその他の演奏家が交わって,主人公らの切なさをよりもっとよく表現された。

ドラマ“チング,俺たちの伝説”でアクションとメローほど多くの注目をあびるのが7〜80年代を表現した復古情緒だ。7月4日に放送された3話では洋食店でのミーティングと音楽喫茶DJが登場し,5日放送された4話では主人公らの渓谷水遊び場面が登場した。

特に渓谷場面では復古の雰囲気が充満するオ・ジョンヒョクの‘Old School Rock’が雰囲気をより一層助けた。この曲はクリックビー出身の歌手オ・ジョンヒョクの初OST参加曲で,バラード曲とは違った新しい感じのPunk Rockを試みて,よりもっと注目をあびている。

‘チング’OSTはすでにビッグバンのTOPとテヤン,そしてイ・ソラ,バービーキムなど派手なOSTラインアップで音楽ファンらの大きい関心を集めている。


==============================================

ヨンセン氏の曲やっと出てきました^^
しかしものすごいOSTメンバーですね...
ビックバンに引き続き,SSヨンセン,アレックスまで...
びっくりです...かなり力入ってます..

ドラマ‘チング’,暴力脱いでコミックへ?


ドラマ‘チング’,暴力脱いでコミック入った
MBC週末ドラマ‘友人,俺たちの伝説’(以下‘チング’)が明るいストーリー展開を予告した

去る1〜2回放送で刺激的な台詞と過度なモザイク処理で視聴者たちの顰蹙を買ったドラマ‘チング’は当分明るくておもしろいエピソードが続く。

4日放送される‘チング’3回分ではチュンホ(イ・シヨン)の斡旋でドンス(ヒョンビン)とジュンソク(キム・ミンジュン)が女子高グループサウンド‘レインボー’のジンスク(ワン・ジヘ),ウンジ(チョン・ユミ),ソンエ(ペ・グリン)とミーティングをする場面が放送される。

この日放送では主人公らの慎ましいパン屋ミーティング場面をはじめとして,音楽喫茶店,女子高学芸会場面が視聴者たちの郷愁を刺激する予定だ。

またドラマ‘チング’はコミカルな設定のストーリーとキャラクターらが大挙登場して,面白味の要素が一層強調されることを予告した。一方釜山全域で撮影を終えたドラマ‘友人,俺たちの伝説’は毎週土曜日午後10時50分,日曜日10時40分に放送される。

ヒョンビン,キム・ミンジュン筋肉対決?
ヒョンビン-キム・ミンジュン,ドラマ‘チング’で筋肉質ナイスバディ対決
ヒョンビン,キム・ミンジュンなどハンサムスターらがMBCドラマ‘チング,俺たちの伝説’(以下‘チング’)を通じて,素敵なスタイルを誇示した。

ヒョンビンが先週劇中ボクシング試合場面を通じて硬い筋肉質スタイルを公開したのに続き3,4回ではキム・ミンジュンとソ・ドヨンがスタイルを誇る。

特にキム・ミンジュンは芸能界で噂になったスポーツマニアで4日放送には高校時期の友人らと共に行ったキャンプ場で自然に体を露出,硬い筋肉質スタイルと名腹筋で女性視聴者らの注目をひきつける予定だ。

製作会社(株)真人社フィルムのキム・ビョンインプロデューサーは“6ヶ月近く釜山地域で一緒に撮影をしていたら男演技者らの間に体を手入れする雰囲気が醸成された”“演技と運動に没頭する環境が自然にさせた”と撮影裏話を伝えた。

ヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨンなどが出演する‘チング’は映画‘チング’をドラマ化する作品で演出もやはり‘映画’チングのクァク・ギョンテク監督が引き受け,国内ドラマでは初の100%事前製作に放送されている。

















ドラマ'チング'暴力性論議


YTN NEWS
去る2001年観客800万人を呼び集めた映画‘チング’が9年ぶりにドラマに戻りました。
期待の中で放送が始まったが予想通り暴力的な場面のために視聴者らの批判が相次ぎながら
予定された土,日曜日の再放送も取り消しになりました。

[リポート]
男,義理,拳そして郷愁.
観客らは熱狂して,マルチプレックスがなかった時期800万観客動員という大ヒットしました。
そして9年.映画は同じ監督が違う俳優らと共にしながら,20部作ドラマで生まれ変わりました。

[インタビュー:ヒョンビン,ドンス役]
“一番映画のチングとドラマのチングが変わった点はやはり愛という要素が加味されて
一番多い変化を与えなかったと思います。”

メロー的な要素が強調されながら,強い男性美に軟らかさをより増したという説明です。

[インタビュー:ワン・ジヘ,ジンスク役]
“メローラインが追加されたので男たちの間で葛藤を惹起させる役割をしていると思います。”

ここに初めて映画監督が演出したドラマという点が製作段階から関心を集めました。

[インタビュー:クァク・ギョンテク,監督]
“結果が良くなければ私は最初に一番最初というタイトルのために悪口も言われる負担も同時にありました。”

しかし,ドラマが異例的に‘19才観覧可’判定を受けながら,暴力性がまないたに上がりました。
放送初回では喧嘩場面の半分以上がモザイクで処理されて,視聴者らの顰蹙を買ったりもしました。完成度を高めるために100%事前製作されたドラマ‘チング’
視聴率9%で期待に至らない中で,完成度を評価を受ける前に多すぎた暴力性が論議になっています。

チュ・ミンギ‘チング’刑事役出演
チュ・シンス弟チュ・ミンギ‘チング’刑事役出演..
演技力は?

メジャーリーガーチュ・シンス選手の弟チュ・ミンギがMBCドラマ‘友人,俺たちの伝説’に登場して本格申告式を払う。

チュ・ミンギが引き受けた役はドンス(ヒョンビン),ジュンソク(キム・ミンジュン),サンテク(ソ・ドヨン),チュンホ(イ・シヨン)四人の友人中チュンホの弟チュンギ役を担った。 2回で少しの間顔を映したチュンギは4,5日放映編で本格的な活躍を広げることになる。

特にチュンギは4日放送される‘友人,俺たちの伝説’ 3回でナイトクラブでドンスとジュンソクが仲間割れにまきこまれることになる端緒を提供する。

製作会社側は“映画ではほとんど姿が見られなかったチュンギ役がドラマでは重要な役割をする”“高校時期だけでなく成人して刑事役を受け持って,よく姿を見せることになるだろう”と明らかにした。

チュ・ミンギは“マスコミの報道を通じて,兄が僕の演技を応援するのに接した。 互いに特別な言及はなかったが応援する気持ちはわかっている”と伝えた。

一方暴力性論議が包まれる中‘チング’は4日放送分から主人公らの高校時期思い出らを再確認するなど明るい姿を見せる予定だ。

韓流ミュージック フェスティバル2009
韓流ミュージック フェスティバル2009日本で開催
韓・日両国で愛される韓国のトップ歌手と浮び上がる金星歌手が一つの席に集まった音楽祭りが日本で開かれる。

昨年歌手キム・ポムス,フィソン,グループパランを招いて‘韓流ミュージックフェスティバル2008’を成功的に開催したNPO法人韓日本文化交流会は来る9月12日札幌と13日東京で‘韓流ミュージックフェスティバル2009’をまた開く。

今年の行事にはドラマ‘パリの恋人’と‘風の花園’などのOSTにも参加して幅広い人気を得た国内歌手チョ・ソンモをはじめとして,ドラマ‘花より男子’の人気に乗って5月初めての日本単独コンサートまで開いたグループティマックス(T-MAX)

バラード期待の主ケイウィル(K.Will,実名キム・ヒョンス),そして話題作MBCドラマ‘チング,僕たちの伝説’のOSTにバンクの‘持つことができない君’をリメークして,話題を集めた歌手徽などが出演する。

特に,ヒョンビン・キム・ミンジュン・ソ・ドヨンなど韓流スターが総出動したドラマ‘チング,俺たちの伝説’は特別映像が歌と共に初めて日本ファンたちに公開される予定だ。

======================================

あら..もう早くに公開されますね..^^




歌手チョ・ソンモ


グループ,ティマックス


歌手ケイウィル

キム・ミンジュン,釜山でプロ野球始球
‘釜山の男’キム・ミンジュン,釜山でプロ野球始球
釜山出身俳優キム・ミンジュンが3日午後開かれるプロ野球‘ロッテとSK’の競技に先立ち社稷(サジク)球場で始球市に出る。

去る1月から釜山全域で進行されたMBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’の撮影のために釜山に留まってきたキム・ミンジュンは撮影終了後最後の公式活動を‘釜山野球’の中心のロッテ競技の始球で捉えて,ファンたちの関心が集中している。

だが学生時代柔道選手で活動したりもした程に万能スポーツマンのキム・ミンジュンにも野球は少しなじみがうすい種目.

キム・ミンジュンの所属会社側は“前に野球をした経験がなく,撮影時,一緒に出演した俳優,スタッフたちとキャッチボールの練習をした”として“本人は少し心配するようだけどあまりにもに感覚が優れて,特別に問題はないだろう”と明らかにした。

一方‘チング,俺たちの伝説’でキム・ミンジュンは学生時代から友人らの間で強いカリスマで親分役をして暴力組織のボスに成長して,友情と組織の間で葛藤するジュンソク役を受け持った。

来る4日放送分ではジュンソクとドンス(ヒョンビン)の葛藤とサンテク(ソ・ドヨン),ジンスク(ワン・ジヘ)と絡まる愛情ラインが本格的に稼動する予定だ。

ドラマ‘チング’ 2日OST音源公開


ドラマ‘友人’ 2日OST音源公開,ビッグバン-イ・ソラ-バービーキム総出動
MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’OSTにビッグバンのトップとテヤンが参加して,話題を集めたのに続き歌手バービーキム,イ・ソラが参加した音源が2日公開されて関心を集めている。

今回の4回目OST主人公は参加するドラマごとに大人気を集めたバービーキムの‘ただあなただけ’だ。 ドラマ‘銭の戦争’の\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'一年の歳月を変わりなく’,‘タッチャ’の‘reason’に繋いだバービーキムの三回目のOST参加でもある。

映画‘チング’で女主人公のジンスクが歌って,たくさんの愛を受けた歌‘演劇が終わった後’というドラマでもジンスク(ワン・ジヘ)の魅力的な初めての登場と一緒にした。 ドラマに挿入されたこの曲は‘茶母(タモ)’OST‘丹心街’,‘ロマンス’のOST‘別れが来ない’等でドラマほど多くの愛を受けたOSTを歌ったペイジ イ・ガウンの声だ。

去る28日放送された‘チング’でジュンソク(キム・ミンジュン)のお父さんの葬儀場,そして幼い時の回想シーンを引き立って見えるようにしたのは他でもないイ・ソラの寂しい音色だった。 この曲は久しぶりにOSTアルバムに参加した歌手イ・ソラの曲‘歌ひとつ’だ。

久しぶりにドラマOSTで参加したイ・ソラの音楽にファンたちは‘予想外の音楽に驚いた’という反応を見せながらも‘二人の主人公ジュンソク(キム・ミンジュン)とドンス(ヒョンビン)の緊張感が高まる場面にイ・ソラ特有の音色がとてもよく似合った’としてうれしさを表わした。

すでにフィの‘持つことができないお前’とビッグバンの‘友人’が各種オンライン音楽サイト順位上位に上がってOSTがドラマほどに話題を集めているなかでこれからドラマの中の主人公ドンス,ジュンソク,ジンスクの電撃ラブラインも関心が集中している。

ドラマ‘チング’3話本格メロー展開


ドラマ‘友人’本格高校メロー展開...80年代思い出次から次へと
MBC週末特別企画ドラマ‘友人,俺たちの伝説’が本格的にメローを展開する。

4日放送される‘友人,俺たちの伝説’3回は4人の友人,ドンス(ヒョンビン)ジュンソク(キム・ミンジュン)サンテク(ソ・ドヨン)チュンホ(イ・シヨン)とグループサウンド レインボージンスク(ワン・ジヘ)ウンジ(チョン・ユミ)ソンエ(ペ・グリン)のメローが本格的に繰り広げられる。

ドンスが運命的な初恋ジンスクを追憶する場面で始めた1回はすでに取り返しがつかない間になったドンスとジュンソクの最後の対話が描かれ映画‘友人’に対する郷愁がそのままドラマに対する期待感につながって,多くの視聴者たちの関心を集めた。



2回はチュンホの主導でグループサウンド レインボーの公演を見に行ったドンス,ジュンソク,サンテクがボーカル ジンスクから目を離すことのできない姿で終わって,3回から展開する高校時代の愛の物語を予告した。

3回ではレインボー公演後また会ったチュンホ,ジュンソク,ドンスとソンエ,ジンスク,ウンジがレストランで向かい合い座って,ミーティングする姿が登場する。 お互いに向かった感情が芽生えた友人らが誰とパートナーになるのか互いに気をもむ姿が荒っぽく描かれて,80年代初め高校時代思い出の中で案内する。

一方‘チング,俺たちの伝説’は映画‘チング’をドラマ化した作品で映画に続きクァク・ギョンテク監督がまた演出を引き受けた。 去る1月釜山で初めての撮影を始め,事前製作後直ぐ繋いで放送される初めての作品だ。

ドラマ‘チング’撮影終了
事前製作ドラマ‘チング’今日(2日)撮影‘終わり’広報活動拍車
MBC特別企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’が7月2日すべての撮影を終わらせる。

20部作で企画された‘チング,俺たちの伝説’は去る6月28日2回が放送された。 完全事前製作ドラマを標ぼうして釜山で撮影している‘チング,俺たちの伝説’は放送開始1週ぶりにすべての撮影を終えることになった。

‘友人,俺たちの伝説’は映画‘友人’を演出したクァク・ギョンテク監督がメガホンを取って,ヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨンなど韓流スターが総出動して,開始前から大きく注目されていた。 だが地上波ドラマ史上初めて19才以上の観覧可判定を受けて行き過ぎたモザイクで論議を起こすこともした。

また‘チング,俺たちの伝説’は華麗なOSTにも話題になっている。 ビッグバントップとテヤンが‘友人’を歌って,イ・ソラが‘歌ひとつ’,バービーキムが‘ただあなただけ’を歌って,新人歌手フィが歌った‘持つことはできないお前’に続きもう一度OST突風を起こすと期待される。

一方‘チング,俺たちの伝説’に出演しているヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,イ・シヨン,ワン・ジヘ,チョン・ユミ,ペ・グリンもドラマ撮影を終えた後画報撮影など押された日程を消化して本格的なドラマ広報に出る計画だ。

===================================

お疲れ様でしたT_T。

‘チング’ドンス役チャン・ドンゴン橋渡
ヒョンビン‘チング’ドンス役チャン・ドンゴンがキャスティング
俳優チャン・ドンゴンがMBC‘チング-俺たちの伝説’に後輩ヒョンビンを直接キャスティングした事実が一歩遅れて明らかになった。

チャン・ドンゴンはMBC週末企画‘チング-俺たちの伝説’(脚本クァク・ギョンテク,ハン・ある勝運・演出クァク・ギョンテク,金ウォンソク)の演出を引き受けたクァク・ギョンテク監督の要請でヒョンビンに出演を提案した。

ある製作関係者は“チャン・ドンゴンの斡旋でクァク・ギョンテク監督とヒョンビンが会う席を用意された。クァク監督がチャン・ドンゴンにヒョンビンのキャスティングをお願いした”と明らかにした。

チャン・ドンゴンは決定を躊躇するヒョンビンにドラマに出演することを積極的に薦めたことが知らされた。チャン・ドンゴンは先月27日1回が放送された後ヒョンビンと電話通話をしながら激励の言葉を伝えた。

この関係者は“クァク監督は共同作業する俳優の指向と性格を重視する。だから懇意なチャン・ドンゴンが推薦するヒョンビンを主演と信じて抜擢した”と話した。

‘友人-俺たちの伝説’は二桁の視聴率で安定した出発を見せた。

イ・ソラ,'チング俺たちの伝説'OST参加
イ・ソラ,‘チング’OSTに参加
歌手イ・ソラ(40)がMBC TVドラマ‘チング,俺たちの伝説’のOSTに参加した。

先月28日放送されたドラマ初めての場面の‘ジュンソク’(キム・ミンジュン)と‘ドンス’(ヒョンビン)の緊張感が高まった対話,ジュンソクのお父さんの葬儀場,幼い時期の回想シーンなどで登場人物の感情を寂しく表現するのにイ・ソラの‘歌ひとつ’が使われた。‘チング,俺たちの伝説’は映画‘チング’をリメークした。

OST製作会社は“イ・ソラがドラマOSTに参加したのはまれなこと”と“二人の主人公の緊張感が高まる場面でイ・ソラ特有の音色がとてもよく合った”と伝えた。

OSTにはフィ(パク・ビョンゴン・22)が’持つことはできないお前’,グループ‘ビッグバン’メンバートップ(22)とテヤン(21)がデュエット‘チング’で参加した。

ヒョンビン‘チング’完璧変身に関心集中
ヒョンビン,ドラマ‘チング’ドンスキャラクターのために格闘技まで習う
先週末初放送されたMBC新週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’ヒョンビンの驚くべき変身に関心が集中している。

俳優ヒョンビンがこれまで見せてきたイメージとは相反した姿で視聴者たちの目を引いた。

去る27日午後初回放送したMBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’でドンス役を担ったヒョンビンは短く切ったヘアースタイルと鋭い目つき,上手な釜山なまりを演技で視聴者たちに強い印象を残した。

特に今回のドラマのためにヒョンビンは撮影が進行される6ヶ月の間K-1格闘技選手をコーチする専門トレーナーとつらい合宿訓練をして硬い筋肉質のスタイルを作った。

これに対してヒョンビンは“単に身体を作るためにだけで運動したわけではなくK-1格闘選手の強い精神力と目つきに似せるためにもっと頑張った”と説明した。

視聴者たちは前作‘彼らが生きる世の中’と比較して,180度変わったヒョンビンに対して“本当にヒョンビンなのか。 同じ人と見るには余りにも違う”,“他の人と勘違いするほどだ”という反応を表わした。

ヒョンビンの確かに変わった姿は徹底した準備と努力で出てきたことでこれから放送でのヒョンビンの変わった演技と姿が注目される。


‘チング’キム・ミンジュン・ソ・ドヨン芸能でも注目

‘義理男’キム・ミンジュンと‘模範生’ソ・ドヨンが芸能番組で隠した浮気心を発散して視聴者たちの大きい関心を引いている。

去る29日放送されたMBC‘ユ・ジェソク,キム・ウォニの遊びにきて’に出演したキム・ミンジュンとソ・ドヨンは真剣ながらも機転の利く話し方を見せて,以後色々な芸能プログラムが先を争って,2人の俳優を交渉しようと努めている。

MBC新しい週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’に出演している2人の俳優はこれまで真剣で静かな劇中イメージを見せてきた。だが‘遊びにきて’の放送では予想外のトーク実力と瞬発力をお目見えして,製作陣を驚かせた。

キム・ミンジュンは“息継ぎの記録を持っている”と鼻に休止を付けたり直接準備した誘導道服を着て出演者などに護身術を教えるなど積極的な姿を見せて,大きい呼応を引き出した。

また運命を別にした後輩演技者イオンに対する胸の痛い裏話を聞かせて,単純に笑って楽しむ水準のトークではないものを見せた。

ソ・ドヨンもやはり水準級のバスケの実力と興味深い理由を紹介するかと思えばソウルから釜山まで自転車旅行をしながら感じたことなど素直に明かして,視聴者たちの共感を引き出すこともした。

‘チング,俺たちの伝説’の製作会社の(株)真人社フィルム側は”‘遊びにきて’の放映以後芸能プログラム交渉が列をなす”"MBC以外の放送会社まで交渉が来ているがドラマの中のキャラクターがあるだけに劇の没入に大きく邪魔にならない線で演技者たちが出演可否を決めるだろう”と明らかにした。

キム・ミンジュンとソ・ドヨンは‘チング,俺たちの伝説’でリーダーシップが強いジュンソク役と義理ある模範生サンテク役を担って,ヒョンビン,ワン・ジヘ,イ・シヨン,チョン・ユミ,ペグリンなど俳優らと共に熱演を広げている。

ドラマ‘チング’希望発見した初放送


映画‘チング’がいよいよ再びドラマで生まれた。
8年ぶりに帰ってきた‘チング’,早い展開で視聴者吸入
初回9%ヒョンビン演技変身,注目つかみ成功

870万人観客を動員して韓国映画の興行基準を変えた映画‘チング’が8年ぶりにドラマに戻って順調な出発を見せた。MBC新週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’(以下‘チング’)が早い展開で視聴者たちに初めて初お目見えした。

視聴率調査会社TNSメディアコリアによれば6月27日初放送されたヒョンビン,キム・ミンジュン主演‘チング’は全国基準9%を記録してひとまず視聴者たちの目を引くのに成功した。

27日放送された‘チング’では映画‘チング’のクライマックス場面を早い展開で表現してドラマが果たして映画とどんな差別性を持つようになるのか気になるものをかもし出した。 以後ドラマはドンス(ヒョンビン)とジュンソク(キム・ミンジュン)の幼い時期に戻った。 映画で終えることができなかった話が始まった。

特に映画で見られなかった高校時代ボクシングをするドンスの姿が追加されて新しい見どころを提供した。 高等学校時期の話が強化されて,四人の友人が変化していく過程に対する姿がより一層細部的に描写されるものと見られる。



ヒョンビンは‘チング’第1回でみすぼらしい生活を送っていく葬儀社のお父さんを見て胸が張り裂けそうな苦しさの中で成長するハン・ドンスに扮した。

ハン・ドンスは映画‘チング’でチャン・ドンゴンが演技した役割. チャン・ドンゴンは男の臭いがプンとするハン・ドンス役を演じて顔だけがハンサムな俳優ではない演技力まで整えた俳優で新たに出た。 だから映画‘チング’がドラマ化されるという事実が知らされた瞬間からハン・ドンス役に対する関心は熱かった。

ヒョンビンは‘チング’を通じて,チャン・ドンゴンを跳び越えなければならない。 この事実はヒョンビンもよくわかっている事実だ。それなら果たしてヒョンビンの演技に対する評価はどうだろうか? 視聴者たちの意見はヒョンビンの演技に対して未熟だという評と期待以上という評で交錯している。 もちろん1部序盤部にはヒョンビンの演技で多少異質感が感じられたことは事実だ。

あまりにも私たちに“お前が行け。 ハワイ”という名セリフでなじむ場面だから映画の中でチャン・ドンゴンとユ・オソンを記憶している人々にヒョンビンとキム・ミンジュンは多少見慣れなかったかも知れない。 だがヒョンビンの演技だけ置いて評価するなら悪くなかった。

序盤に多少ぎこちなく感じられた演技はむしろ後半に行くほど自然だった。 その上キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,イ・シヨン,ワン・ジヘまで主演俳優らとキム・ドンヒョン,イ・ジェヨンのような傑出した助演俳優ら,釜山方言を実感できる端役らまで交わって,素敵な調和を成し遂げられた。



映画ですべて見せることが出来ない話を解いていくというドラマ‘チング’の演出者クァク・ギョンテク監督の話のように多様な話が楽しみを与えることができるだろうという期待を植え付けたことだけでもドラマの成功を予感させた。

ただし原作の‘大当たり興行’は視聴者たちの好奇心を提供した他にも映画とドラマの比較によって負担になる展望だ。

ユ・オソン-チャン・ドンゴンラインに比べて,重量感が落ちるキム・ミンジュンとヒョンビンの演技力はドラマが放映終了する時まで人々の噂にのぼらなければならない。 また映画と同じながらも,他の話が絶えず続かないなら気まぐれな視聴者たちはたちまち背を向けることもできる。

初回だけで870万人を動員した映画とドラマを比較すること自体が無理がある。 だがドラマ‘チング’は視聴者たちに‘映画と違うどんな話になるのか’という期待感を植え付けたというのに意味がある。 8年前の映画‘チング’を見た視聴者らの郷愁を呼び起こすのに十分なドラマ‘チング’がこれからどんな方法で視聴者たちの視線を引き付けるのか期待される大きな課題だ。

映画‘チング’のクァク・ギョンテク監督はドラマ演出編を通じて“映画‘チング’が郷愁と友情,ごろつきという三要素を持っていたとすればドラマ‘チング’は愛という調味料を添付した”と明らかにした。

‘チング’が男の映画だったらドラマは男と女をすべて合わせる‘チング’で生まれ変われるか成り行きが注目される。

‘友人’は組織暴力団になったドンスとジュンソクがお互いに対する誤解のために組織を動員して,血はねる戦いを行う場面を放送した。 だがこの場面は地上波放送に合うように刃物や棒のような戦い道具,仲間割れは全部モザイク処理になった。



‘チング’は初めての場面でドンス(ヒョンビン)が家の中でこっそり侵入したスパイを殴る場面からドンスが自身の配下を連れて,相手側を制圧する場面,高校時期のドンスとジュンソク(キム・ミンジュン)が仲間割れをする場面など画面の半分以上がモザイクで処理されて電波に乗った。 これに対して一部視聴者は“19禁判定を付けたのにモザイクまで行き過ぎる”“ドラマを見るのに妨害する”という批判の文を載せた。

もちろん居間でお目見えするドラマが視聴者保護のためにモザイク処理を一点は理解するがあまりの一モザイクによってむしろ視聴を邪魔したことはもちろん,余計気がかりなものを呼び起こしたという点ではむしろ逆効果だった。

この日‘チング’は大人になって互いに違う組織の実力者になった後遠ざかったジュンソクとドンスの現在と互いに男だった二人が友人になる幼い時期,1970年代で回帰して,サンテクとチュンホの友人の厚くなった友情を誇るが小学校の時から友人になっていく過程,高等学校時期,ドンスと初恋チェ・ジンスク(ワン・ジヘ)の初めての出会いが放送された。

この日不同の視聴率1位を守っているSBS‘きらびやかな遺産’が33%で先週35%より多少下落したし,KBS‘千秋太后’もやはり12%で先週(21日)15%に比べて,2%落ちた.これはドラマ‘チング’の影響で,美男ヒョンビンの経た男の姿があらわれて,週末深夜時間帯の行方はもう少し変化がおきるものと見られる。

チングOSTビックバン,テヤントップ参加


‘ビッグバン’トップ-テヤン,ドラマ‘チング’でOST初挑戦
‘ビッグバン’トップ・テヤン新曲‘チング’,ドラマ‘チング’OSTで公開
ビッグバンメンバーテヤンと,トップがMBC週末特別企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’OSTを通じて,新曲を公開する。

成功的な日本メジャーデビュー申告式を払ったグループビッグバンがドラマOSTに初めて挑戦する。
ビッグバンは来る27日から放送されるMBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説(以下チング)’の主題曲を引き受けて,初めてOSTに参加した。

26日ビッグバン所属会社YGエンターテイメントによればトップとテヤンが歌った新曲‘チング’は来る27日夜初放送される‘チング,俺たちの伝説’挿入曲で視聴者に会う。 ‘チング’はトップとテディが作曲を担当し,トップが直接作詞を引き受けた曲だ。

ビッグバンがOSTに参加した主題曲‘チング’は2NE1,ビッグバンの‘ロリポップ’,2NE1の‘ファイアー’(FIRE)を作ったウォンタイムのテディとトップが共同作曲し,若い日の友人との友情と彷徨,悔恨を描いた歌詞はドラマの映像とよく交わったという評価だ。

トップとテヤンは“OSTに参加するのは今回が初めてだ,とてもときめいてドラマの中でどう出てくるのか気になる。 学生時代を考えて楽しく作業に参加した”と所感を伝えた。日本に出国前に録音を終え,26日各種オンライン音楽サイトに公開されて,関心が増幅されている。

このようにビッグバンは自分たちの音楽の他に‘スタイリッシュ’(Stylish),‘ソーフレッシュソークール’(So fresh So cool)等CMソングもヒットさせて,音楽領域を拡張していっている。

一方,日本進出1年余りでメジャー音楽市場をデビューしたビッグバンは7月8日二番目シングル‘カラガラGO’を発表して現地で活発な活動を広げる予定だ。

‘チング,俺たちの伝説’は2001年興行突風を起こした映画‘チング’を原作にした20部作ドラマだ。 ヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,イ・シヨンが懇意な4人のボーイフレンドで呼吸を合わせて,バンドレインボーメンバーらの話が追加された。

前の30件次の30件
TOPSUK2

2021 - January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
|| Article New ||
|| Article Category ||
|| Article Back ||
|| HyunBin Official ||
‖HB Palam site direct.. ‖
▒ HyunBin-Palam*Home
▒ HyunBin-Palam*article Top
▒ HyunBin-Palam*article mobile
▒ Daum HBspace Registration

**リンクについて**
HyunBin-Palamをリンク頂いている
サイト,ブログ管理様へ
リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

http://hyunbin.quu.cc

尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



         border=
    


 

**観覧時でのお願い**

Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
*こちらでの観覧でお願いします
-------------------------------
**Consent when seeing**

All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

Is not possible to see by leading the server down.
*Please see only with HyunBin-Palam.

-------------------------------



 Up '10.11.07

::: シークレットガーデン MV :::






---------------------------------






:: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


:: グッドダウンロードCF 10/12 ::

---------------------------------

HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

size1024×768
HB-Palam..Open 2005.11.21
HB Japan..site management..hyoji








Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.