ドラマ 'チング' 日本上陸





























ドラマ ‘友達’の三人の主人公
ドラマ‘チング,俺たちの伝説’の主人公ヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,そしてクァク・ギョンテク監督が8日午後東京お台場のフジTVマルチシアターで開かれた記者会見に参加してポーズを取っている。

ドラマ‘チング,俺たちの伝説’が日本に上陸した。

来る17日BSフジを通じて放送を控えた8日,ドラマの主人公ヒョンビン・キム・ミンジュン・ソ・ドヨン,そしてクァクギョンテク監督が 8日東京お台場のフジTVマルチシアターで開かれた記者会見に参加して作品と撮影秘話などを紹介した。

この席でヒョンビンを含めた主人公たちは“映画‘チング’を見た時憧れたクァクギョンテク監督とともに仕事ができるとは思いもよらなかった。夢のようだ”と口をそろえて言った。

キム・ミンジュンは“釜山は僕が生まれて育った所で過去と現在を共ににする通りに釜山だけの独特の色,強烈さのある所だ。皆さんもそんな独特の力を感じたら嬉しいです”と付け加えた。



引き続き一緒に演じたい俳優にキム・ミンジュンとソ・ドヨンは清純スター蒼井優を選び,クァクギョンテク監督は北野武を出演させたいと言った。

フジTVが韓流話題作を紹介する‘韓流α’の第1弾で‘私の名前はキムサムスン’が来る11日から地上波で放送されることと係わってヒョンビンは“主演したドラマが同時に放送されることは異例的だと聞きました,本当に感謝します。作品を通じて韓国に関心が持たれるよう出発点になったら嬉しいです”と付け加えた。

ドラマ‘チング’日本公式ページ




蒼井優さん私ものすごく好きです!ほわんとしてて可愛らしくて
男性に好かれるタイプですね...^^監督が選びそうです..北野武サン^^

‘チング’BSフジ17日放送開始


ドラマ‘チング,俺たちの伝説’日上陸..17日からBS富士放送
韓国の‘チング’が17日から日本放送の電波に乗る.

ドラマ ‘友達,私たちの伝説’の製作社である真因社フィルム側は 7日“‘チング,俺たちの伝説’が17日から日本フジTVのチャンネル中の一つBSフジを通じて日本で放映される”と明らかにした。

2001年映画‘チング’のドラマ版である‘チング,俺たちの伝説’はクァク・ギョンテク監督が直接演出を引き受けて事前製作ドラマで話題を集めた。国内放送の前にはすでに日本内に版権契約を終えて去年6月から8月までMBCで放送された。

ヒョンビンとキム・ミンジュン,ソ・ドヨンなど主演俳優たちとクァク・ギョンテク監督は日本放映を控え,8日から東京で本格的なドラマ広報に出る計画。

放映社のフジTV側も衛星放送のBSフジでの放映前14日地上波チャンネルを通じて2時間分の‘シング,俺たちの伝説’のスペシャル放送を出すなどドラマを知らせることで積極的に出る予定だ.

真因社フィルム側は“ドラマ企画段階から日本側の投資者がいて版権の売り値をあらかじめできて日本での関心が大きかった作品”と言いながら“日本での放送はクァク・ギョンテク監督の‘ディレクターズバージョン’で放送される”と明らかにした。

‘チング,俺たちの伝説’は映画でチャン・ドンゴン,ユ・オソンソ・テファ,チョン・ウンテクが引き受けた役をヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,イ・シオンなど次世代スターたちが引き受けて話題になった作品。映画と違い女登場人物のキャラクターが強化されてワン・ジヘ,チョン・ユミ,ペ・グリンなどの新人演技者を排出したりした。

歌手フィ韓日文化交流に率先


ヒョンビン‘チング’歌手フィ,日本で幻想の舞台
歌手フィ(パク・ビョンゴン22)が日本デビュー舞台で幻想のライブでファンたちの熱狂させた。

歌手フィが去る12日,13日二日間日本,札幌と東京で開かれた‘2009韓流ミュージックフェスティバル’に参加してチョ・ソンモ,ケイウィル,ティーマックスとともに素敵なライブ公演をリリースした。

フィが歌ったMBC週末ドラマ‘チング’O.S.Tの‘持つことのできない君’が日本言論に連日紹介されて日本ファンたちの要請で‘2009韓流ミュージックフェスティバル’に特別招請され,ドラマ‘チング,俺たちの伝説’また日本地上波の‘フジTV’で下半期に放映予定でありフィに対する関心も高まっている。




日本で全く活動をしなかったけれど空港とホテルなどにフィの名前を書いたプラカードを持ってフィの日程を追いかける日本ファンたちがいて,フィ特有の胸芽鱗ライブ舞台を見て涙を流す日本ファンもいた。 今回の‘2009韓流ミュージックフェスティバル’は韓日両国で多くの愛を受けている実力派歌手らを招いて夢のライブ舞台をリリースした音楽祭りだが収益金全額をアジア貧困層のために使われる温みが感じられる慈善行事なのでより一層意味深い舞台であった。

歌手フィの所属会社は今年の下半期から日本活動を順次伸ばす計画であり,10月末頃韓国でも新しいアルバムを発表して,韓国・日本両国ファンたちにある足跡さらに近付くと明らかにした。

‘2009韓流ミュージックフェスティバル’は韓日両国で多くの愛を受けている実力派韓国歌手らを招いて夢のライブ舞台をリリースする音楽祭りで去る2008年にはフィソン,キム・ボムス,パランが出演して大きな愛を受けたことがある。

ヒョンビンに見えて..チョンユミインタビュー
チョン・ユ“ヒョンビンと初めての演技,酒を一杯飲んで開始(?)”(インタビュー)
MBC週末企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’(以下‘チング’)のチョン・ユミがドラマ序盤劇中ドンスがヒョンビンに見えて苦労した理由を打ち明けた。

チョン・ユミは‘チング’でドンス(ヒョンビン)に対する一途な心で純粋に好きで大切にしてきたウンジ役を担った。 自分の感情に正直で愛表現にも積極的な人物だ。

チョン・ユミは“初めヒョンビン氏と演技するという時とても嬉しかった。

ヒョンビン氏と演技するということ自体も嬉しかったし兄さんがスポットライトを受けるはずだから,そばにいれば付いていけるのではないだろうかと期待もした”と正直に話した。

チョン・ユミがヒョンビンとある作品で本格的な演技をすることになったのは今回が初めてだがデビューの最初CFで会った縁もあったと。

“ヒョンビン氏が‘私の名前はキム・サムスン’に出演する前にCFでパートナーとして会いました。その時一度も話すことはできなかったけど,なじんだ感じがありましたよ。

初めての撮影の時もしかして覚えてくれてるのではないかと期待をしたが覚えてらっしゃらないようで内心さびしかったです。

ところが何日か後に‘もしかしてあの時のあの友人ではないか’と言われてわかったようですよ(笑).”

ドンスとジンスク(ワン・ジヘ)と三角関係を形成したチョン・ユミはヒョンビンと正面対立するシーンが特に多かった。 チョン・ユミは初め劇中ドンスがヒョンビンに見えて苦労したこともあったと打ち明けた。

“初めて一緒に撮影した場面が酒を飲んでドンスに胸の内を表わす感情シーンでした。 ところがドンスがドンスと見えずにヒョンビンに見えました。目も見られないしぎこちなかったんですよ。 その時監督ニムが隣の席に呼んで酒を一杯飲んでこいといったほどでした。その日は最後までヒョンビンに見えて口を尖らせて撮影を終えました。”

以後俳優らと同じ宿舎で合宿をしヒョンビンとも自然に親しくなったし演技に対する助けもたくさん受けた。

“私は台本に執着するスタイルでしたが‘チング’は現場で即興的に変わるのも多くて適応をするのに無理がたくさんありましたよ。ヒョンビン氏はそんなことに開いていました。ヒョンビン氏を通じて監督ニムのスタイルをよく知ることになってゆとりあるように対処できました。”

チョン・ユミはヒョンビンだけでなく他の俳優らとの呼吸もとても良かったし撮影会場の雰囲気も良かったと自慢をならべた。 また唯一相性がよく合う俳優らもいたと。

“ソンエ(ペ・グリーン)やチュンホ(イ・シオン)はあれこれとよく合いました。ジンスク(ワン・ジヘ)はジュンソク(キム・ミンジュン)と特異なギャグコードがよく合います。サンテク(ソ・ドヨン)は男や女優らでもあまねく無事に過ごしました。 姉さんのようによく面倒みてくれて連絡もたびたびして...私ですか? 私やドンスは二人とも性格がとても静かに話すスタイルなので親しかったです。”

チョン・ユミは“レインボーメンバーらの間で集いも作った。本当に少しの間に会う俳優らでなく長く会える友人らです。 本当の友人二人ができたようだ”と笑った。

ワン・ジヘ落馬しても強い根性
‘チング’ワン・ジヘ,引き続いた落馬事故にも演技情熱‘ほかほか’
俳優ワン・ジヘが引き続いた落馬事故にも強く撮影会場を守って目を引いている。

MBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’でジンスク役を担っているワン・ジヘは去る29日京畿道文山のある乗馬クラブで進行された撮影で馬に乗って馬の苦闘で落ちる事故に遭った。

この場面ではゆっくり馬を追って行くことが主な状況だったが,出演した馬が緊張したためか数回‘苦闘’を打ったあげくワン・ジヘが馬から落ちる事故が二回連続して起きた。

馬が走る状況ではなかったし丈夫でない山道だったが,人の背ほど高さの話などで二回も落ちたのですべてのスタッフらが緊張したがむしろワン・ジヘが“大丈夫”と言って撮影に積極的に参加,皆を安心させたという後日談。

演出を受け持っているクァク・ギョンテク監督は“馬から落ちて,衝撃が少なくなかったことで無線マイク受信機を蹴った席に衝撃が激しかったはずなのに担当するように撮影に臨んでくれて有難くて立派だった”として“新人にふさわしくない根性を持った俳優”とほめた。

一方,ジュンソク(キム・ミンジュン)とドンス(ヒョンビン)の三角関係にサンテク(ソ・ドヨン)までジンスクに対する思いを表現してメローラインに興味を加えている‘チング\\\'は‘男のドラマ’という偏見を払いのけて女性視聴者たちにも大きい関心を受けている。









'チング'ヒョンビン罪囚服着てもスタイル































‘チング’ヒョンビン収監生活悲しく切ない
MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’でドンスに熱演中のヒョンビンの劇中収監生活が視聴者たちの関心を引いている。

暴力組職をお父さんから受け継いだジュンソク(キム・ミンジュン)の代って,監獄へ行くことになる状況で収監生活の悽絶さと自分を面会に来たジンスク(ワン・ジへ)に対する憐愍が濃く染み出てきながら見る人々の同感を導き出している。

去る26日放送された10回ではドンスが初めて監獄生活をしながら,留鳥を働かせる既存収監者(キム・ビョンマン)から身辺の威嚇を受ける姿が描かれ放送後見せた11回予告で自分の命を狙う奴らの戦いに巻き込まれて,独房に収監される姿が登場し,視聴者の残念さを導いた。

こんな過程でヒョンビンの優秀に満ちた眼差しと苛酷な環境で生きるためにもがく姿が交差して“罪囚着を着てもその姿に注目が行く”“ヒョンビンの目つきにすさまじい状況がそのまま溶け込んでいる”という絶賛が続いている。

また収監生活をするドンスを随時面会して心配するチュンホ(イシオン)とソンエ(ペ・グリン)の姿も描かれて,たとえ囚人の身分である友人でも友情を捨てない温かい姿も見せて共感を得た。

このような状況は暴力や暴力組織の美化より登場人物が暴力組織に加担しながら処することになる極限状況と社会の処罰など背を向けなければならない荷がどれだけ多いのかに対する暗示がドラマに含まれて見たら起こる状況。




ドラマの製作社側は“一部では‘チング,俺たちの伝説’に対して‘暴力美化’や‘チンピラ素材’等の曲解された視線でながめる注目がある”としながら“むしろそのような世界の恐ろしさとすさまじさを見せる面がさらに強いから主人公らに対する憐憫ができる”と説明した。

一方,来る8月1日と2日に放送される11,12回でジュンソク樽石は自分の代わりをして監獄暮らしをしている友達同数(ヒョンビンの方)に対するすまない心を抱いてお父さんの組職を受け継いでこれを導く姿を見せる予定だ.

ヒョンビン,キムミンジュン,ソ・ドヨン,ワン・ジヘ,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリン,イ・ジェヨン,キム・ドンヒョン,イム・ソンギュなどが出演して過ぎ去った時期の郷愁を描いているドラマ‘チング,俺たちの伝説’は毎週土曜日と日曜日それぞれ午後10時50分と10時40分に放送される。



キム・ミンジュン,カリスマ演技発揮
キム・ミンジュン,カリスマ演技で視聴者捕らえて
俳優キム・ミンジュンがカリスマ演技をお目見えして週末テレビ劇場で視聴者たちを捕らえている.

MBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説(以下チング)’からジュンソク役で熱演を広げているキム・ミンジュンは劇が進行されるほどジュンソクとしてカリスマを120%発揮している。

特に映画では公開されなかった高校時代のエピソードと追加されたストーリーでキム・ミンジュンは時にはコミカルに,または深刻なカリスマを吹き出して自由自在に演技を駆使しながら視線をひいている。

劇初盤映画‘チング’の中でユ・オソンのカリスマをキム・ミンジュンがどの位再演することができるのかに疑問が傾いたが彼の熱演にこのような疑問は消えたという評価だ。
クァク・ギョンテク監督もやはり“キム・ミンジュンの演技は期待以上だ”と言いながら“強いカリスマはもちろん感情や肉体的状況が達した演技までも立派にやりこなした”と評価した。

一方来る8月1日と2日に放送される‘チング’11,12回でジュンソクは自分の身代わりに監獄暮らしをする友達ドンス(ヒョンビン)に対する申し訳ない気持ちをを抱いてお父さんの組職を受け継いでこれを導いていく姿をお目見えする予定。

チョン・ユミインタビュー
チョン・ユミ“ドラマ·映画縦横無尽...準備された宝石”
(インタビュー)

新人俳優チョン・ユミの目つきは本当に綺麗だ。最近始めた映画撮影のためショートカットにして現われた彼女は明るくて可愛いうえ素晴らしかった。

ドラマ‘チング’に引き続きスター製造期イム・ソンハン作家の新しいドラマ‘手真似’にキャスティングされて映画‘ティファニーで朝を’の主演級役もするチョン・ユミの魅力は果して何だろう。

◆高校先生の一言に‘第2のチェ・ジウ’になる

学生時代チョン・ユミに‘内気’という言葉常に付いて回った。静かで大人しくて大きな反抗を一度もやってみたことのない彼女,高等学生になった後大きな変化が訪れて来た。

“高等学校1学年の時担任の先生が教務室で私を別で呼ばれました。そうしてからは‘演技を一度してみてはどう?’といわれるんです。その時まで私は芸能人になりたいという思いはなく,ただ平凡な子供だったんですよ。

初めはとても驚いたんです。大スターのチェ・ジウ先輩が高等学校同窓ですが,私の受け持ち先生がまさにチェ・ジウ先輩を芸能人にお作りになった方でした。自分も知らずにいた‘浮気心’を調べてくださって私を放送側に導いてくださったのです。あの時から演技学院に通いながら演技者の夢が大きくなりました。”

ちょうど家族がみな一緒に釜山からソウルに移ってチョン・ユミは漢陽大演劇連火科に入学した。ソウルに上京以後企画社や多くの所で契約がほしいほど俳優チョン・ユミの未来は坦坦大路のように見えた。



◆中国ドラマ主演...悪貪欲になって戻る

チョン・ユミは2003年CFでデビューした。以後映画‘シルミド’‘シングルス’に出演し,2004年KBSドラマ‘愛情の条件’そして 2005年映画‘ダンサーの純情’に出演しながらきちんと演技経歴を積んだ。

仕事がうまくいくようだったが突然中国ドラマの出演が決まった。2007年中国国営放送CCTVの‘ファイブスターホテル’の主人公でウーメンメン,チャン・ジュンニョンなど中国スター俳優たちと演技するようになった。

“中国に1年半位とどまりながらドラマ撮影をしました。急に決まった事なので準備があまりできませんでした。それに韓国であるスタッフは通訳を含んで二人,マネージャーもいなくて一人で活動したんです。劇中韓国人で出演し,中国語がそれほどしないものと思ったけど行って見れば中国語の台詞が70%もありました。放棄できずに死ぬほど中国語を練習して演技に集中しました。”

あまりにも長期間進行された撮影なので身も心も疲れていったが途中であきらめることができなかった。監督の指示事項を通訳を通じて伝わり受けることが不便で一刻も早く中国語を教わるように日夜で練習した。監督とちょうどすぐ疏通したら感情的な表現も良くなって現地人たちに‘中国人だと思った’と言う言葉を聞くほどに完璧な中国語を駆使するほどになった。

“主人公を演じることはその時が初めてでした。体当たりしながら,演技がもっと上手くなりたいという意志が出てきました。中国ドラマの撮影が終わって帰国してまた演技を始めた時前よりもっと切実にまたがんばるようになりましたよ。”





◆ドラマ‘チング’...また他で開始

2009年チョン・ユミはドラマ‘チング,俺たちの伝説’に会った。途方もない競争率を突き抜けてグループサウンズ‘レインボー’の鍵盤ミンウンジ役を引き受けて去る6ヶ月間‘故郷語’釜山なまりを思う存分使いながら演じた。

ドラマ‘チング’では主人公たちの本格的な成人演技が始まった。絡まって混ざった主人公らのラブラインにチョンユミも一役する。ジンスク(ワンジへ)のみを見つめるドンス(ヒョンビン)を簡単にあきらめないのだ。

“ウンジは高校時代合コンでドンスに初めて会って好み始めます。哀れにも留学に行ってきてもその心をたためませんでした。それで画家になりたがるドンスに物量攻勢をします。アメリカに行って来た以後積極的にダッシュをするのにその結果がどうなるのか見守ってください。”

チョンユミが演じるウンジはこれから80年代ニューヨーカーの粹な姿をお目見えする予定だ。実際アメリカで留学したクァク・ギョンテク監督が特別に衣装にたくさん気を使ったと。

“今まで作品を引き継いでした事がなかったけれど,今回は運が良く‘チング’が終わってドラマと映画を引き続きするようになりました。とても嬉しくて疲れることも気づかないで撮影中です。演技者として何かをしているという気がしてまた多様な役目を経験することができて良いです。映画もたくさん見て本もたくさん読みながらもう少し多様な姿をお見せすることができるように熱心に努力しています。”

新人俳優チョンユミ,綺麗で透明な眼差しが期待と希望できらめく.

チング,第9話三人の友情






































‘チング’ヒョンビン·キム・ミンジュン·イ・シオン,彼らだけの友情
俳優ヒョンビン,ミンジュン,イ・シオンがMBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’の去る放送分で特別な友情ラインを描いて気を引く。

劇中チュンホ(イ・シオン)は話にならない理由で自分を困らせるかと思えばソンエ(ペグリン)とのデートも無にする短期兵ソニムビョンをこらしめるつもりでドンス(ヒョンビン)とジュンソク(キム・ミンジュン)に助けを乞う。

ソニムビョンの気持ちを合わせながら,2次でビールホールを尋ねたチュンホはしばらくお手洗いを行ってくると席を空けて,突然現れたごろつきらの姿に脅威を感じたソニムビョンの前に格好良く現れた。

実はごろつきたちはドンスとジュンソク,ドルコ(イム・ソンギュ)などチュンホの友達でチュンホとあらかじめ組んで,,身動きが出来なくなっているソニムビョンが見るというようにチュンホに丁寧にあいさつをしてチュンホはごろつきたちの頬まで殴ってソニムビョンの前で格好つける。

この場面は視聴者たちに大きな笑いをプレゼントすると同時に高校卒業後成人に入りながらそれぞれ違った生活を送り始めた友人らだが,友情だけは変わりなかったという事実を誇示した。

一方暴力組職に入るようになったドンス,ジュンソクが一緒に合宿訓練を一緒にしてお互いの苦情を話合いするなど暗くなる未来の前でも義理を取りまとめる姿を見せて残念さを買うこともした。

==============================================

このシーンは久しぶりに暖話感あってよかったです^^..
変わってドンスとジュンソク,二人揃って圧巻しますね..

‘チング’補充撮影開始



































事前製作‘チング’補充撮影で最高の完成度成し遂げる
ヒョンビン,キム・ミンジュンなど俳優たち快く撮影臨海

事前製作ドラマで関心を集めているMBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’(脚本:クァク・ギョンテク ハン・スンウン キム・ウォンソク,演出:クァク・ギョンテク キム・ウォンソク)が補充撮影を始める。

ドラマの製作社側は28日“劇の完成度を高めるために今日から補充撮影を始める”と“視聴者たちにもう少し優れたドラマをお見せするため”と明らかにした。

10日内外で進行される補充撮影はすでに撮影された1〜20部展開撮影分に対して完成度を高めてストーリーの連結性を補強するためにソウルと釜山で進行される。

今回の補充撮影はドラマの展開の佳篇集を徹底的に検討した後なされるものだと‘ウェルメイドドラマ’で評価を受けている‘チング’の完成度をもっと高めてくれるものと予想される。

特に映画とは全く違う結末を予告されただけにその結末に至る過程などストーリーの仕組をよりがっちりして視聴者たちの共感を導き出すという意図だ。

演出を引き受けたクァク・ギョンテク監督は“ドラマの完成度を高めるための補充撮影に俳優らが快く応じてくれた”と“高い映像美は勿論,もっと仕組あるストーリーの構成にも助けになる”と明らかにした。

一方映画の中基本ストーリーを骨組みで多様なエピソードらをお目見えしている‘チング,俺たちの伝説’は高い映像米とヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,ワン・ジヘ,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリン,イ・ジェヨン,キム・ドンヒョン,イム・ソンギュなど出演演技者らの好演で注目されている。

イ・シオン-ペ・グリンカップル人気


‘チャンユ’カップルよりもっと人気..‘チング’イ・シオン-ペ・グリン,コミックカップル演技
‘チング,俺たちの伝説’に出演中のイ・シオン-ペ・グリンカップルに対する関心が熱い.

イ・シオンとペ・グリンはMBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’で鏡餠呼吸を誇ってコミックカップル演技をお目見えしている。

劇中ドンス(ヒョンビン)とジュンソク(キム・ミンジュン),サンテク(ソ・ドヨン) など友達の間の義理を守ることに一番先に立つチュンホ役を引き受けたイ・シオンとコミカルながらも明るい性格のペ・グリン(ソンエ)カップルの役目が大きくなっていること.

二人は劇中深刻なこの上ないジュンソクとジンスク(ワン・ジへ),ドンスの三角関係や運動圏学生で苦悶に陥ったサンテク(ソ・ドヨン)闇の世界へ落ち入るジュンソクとドンスのストーリーなど劇中暗い雰囲気を導いて行く主人公たちとは違いいつも肯定的ながらもコミカルな状況を演出している。

チュンホが友人らを動員して,自身を困らせる短期兵先任をこらしめる場面や二人が共に酒を飲んでフィルムが切れたソンエを取りまとめながら,チュンホが‘新郎’を云々する内容が放送されながら,二人のインターネット検索順位が急上昇した。

26日放映後にはインターネットポータルネイトでペ・グリンがSBS‘きらびやかな遺産’のハン・ヒョジュ,イ・スンギなどを追い抜いてリアルタイム検索語順位1位を記録した。だけでなくネイバー演技者検索順位期200段以上上昇するなど数字上に大きい頭角を現わした。

おびただしい競争率をくぐって配役にキャスティングされたイ・シオンとペ・グリンは新人にもかかわらず視聴者たちに大きな笑いを与える演技で人気を積んだ.

製作社は27日“劇中見えるものだけでなく撮影現場でも二人は活力素になるほどに活逹で肯定的な性格を持った”と“ドラマの明るい側面を見せる軸になっていて期待が大きい”と明らかにした。

‘チング’ドンス,ロマンチックな姿印象的


‘チング...’ドンス,荒いがロマンチックな姿印象的!!
ドラマ‘チング,俺たちの伝説’でドンスは愛するジンスクのためにあらゆるものを捧げる。

26日放送されるMBC 週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’でサンゴン派を瓦解させたヒョンドはヤン議員を尋ねて,彼の陰に入るようになり警察の検挙に協力をしなければならない状況が発生する。

一方,ドンスとジュンソクはチュンホのバカ古誤手を手伝うために友情を誇示して,三人はお酒を飲んで昔の思い出にほほ笑みを浮かべる。

ジュンソク部の突然の病状悪化でドンスは自ら要望して監房に入りその代価で受けとった巨額のお金でジンスクが一生を暮したがっていた家を買って手紙とともにジンスクに伝える。

ドンスは最後にヒョンドに自分が監房に入る事を隠してくれと頼むが,ちょうど警察署へ来た情報の早い記者を通じて‘釜山地域最大暴力組職再建革新派行動隊長ハン・ドンス拘束’という記事が出ることになる。

ドンスは自分のすべての計画が台無しになると困ることを経験する。


ドラマ‘チング’映画‘チング’と‘サラン’


ドラマ‘チング’は映画‘チング’と‘サラン’似た形?
MBC 週末劇‘チング,俺たちの伝説’は映画バージョン‘チング’とクァク・ギョンテク監督のまた別の映画‘サラン’の似た形だ?

去る7月25日放送された週末ドラマ‘チング’9回分は組織暴力団の道に立ち入ったジュンソク(キム・ミンジュン)とドンス(ヒョンビン)のエピソードを盛った.

去る8回分で暴力に巻き込まれ拘置所に入ったドンスはジュンソクと手を握って組職を結成した。引き続きウンギなど若い青年たちを中心に組織員を集めて軍旗を取って合宿訓練をした.

同時にこの日はジンスクに向けたドンスの切ない愛が現われた回だった。ドンスはジンスクに“今まで俺に夢をくれた人は2人いる。そのうちの一人がおまえだ。負担を与えたくないが,ただこの話ができずに何の事が起これば後悔が残るから話す”と自分の感情を返し表現した。

しかし彼らはジンスクの過去の恋人と同時にドンスの懇意な友達ジュンソクを間に置いている。ここにドンスがジュンソクの父が率いる組職暴力団に加わるようになりながらドンスは愛と仕事すべて2人者という限界を持つようになった。

これから彼ら二人の間にできる葛藤と過去の友情がどう描写されるのかその帰趨が注目される。

一方去る2007年封切りした映画‘サラン’もやはり組織暴力団出身の男と初恋の女との純粋で痛々しい愛が描かれた作品。ここにこの日組織暴力団たちの対話中に‘カクン’が登場した。

カクンイは映画‘サラン’でジュ・ジンモが引き受けた役で,当時この映画の中でキム・ミンジュンが引き受けた役と対敵する人物だった。ここに視聴者たちは“ディテールな設定が目立つ.やっぱりクァク・ギョンテク監督の作品だ”“映画‘サラン’でキム・ミンジュンは刃物で突かれて死ぬ。ドラマの中でもジュンソクの運命は同じそうではないか”という反応を見せた。


ヒョンビン“釜山方言反応が気になった”
‘チング...’演技心配吐露
台本テープ聞いて練習

MBC週末企画ドラマ‘友人,私たちの伝説’主人公ヒョンビンが自身の釜山なまりに対する視聴者たちの反応が一番気になったと明らかにした。

この作品で釜山男ドンスを演じたヒョンビンは24日スポーツワールドとのインタビューで“視聴者たちの反応が知りたくて,ドラマ視聴者掲示板をたびたび見る。 それでモザイクと共に方言に対する意見が一番多かった。方言は演じて放送する終始一番気になった部分”と話した。

ソウル出身のヒョンビンは“釜山出身の監督ニムが直接録音してくださった方言の台本テープを真似て映画も見て練習した。それでも問題になる部分は監督ニムが無線機を通じて聞く方言をまた聞いて演じた。大丈夫だというOKサインを受ける時まで繰り返した”と説明した。

ヒョンビンは引き続き“それでもソウル方々と釜山方々の間で僕の方言を置いて変だったり大丈夫だというなどとてもたくさんの言葉があった。僕の方言に対して話が出るのは大丈夫だが,作品自体にスクラッチを与えるかと思って気になった。後で否定的な意見が緩和されたようで今は大丈夫だ”と話した。

キム・ドンヒョン‘チング’でカリスマ
‘花中年’キム・ドンヒョン,ドラマ‘チング’でカリスマ炸裂
芸能プログラムで機転が利く話術で活躍して‘花中’‘芸能年老いて産んだ子’等と呼ばれて人気モール中の中年演技者タレントキム・ドンヒョンがMBC 週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’で芸能とは違うカリスマを吹き出している。

キム・ドンヒョンは‘チング,俺たちの伝説’で1970年代釜山最大の暴力組職を率いる大物だったが沒落するジュンソク(キム・ミンジュン)のお父さん役で登場,口を出さず静かだが強い台詞で劇の一方奮起を作り出している。

劇中で麻薬に抜けたジュンソクを面倒を見るジンスク(ワンジへ)に“お前の人生を捜しなさい”と一言のもとで送り返すかと思えば自分とは違う道に行ってほしかったジュンソクを仕方なく自分の昔の部下に任せて切なさをかもし出した。

時々家くを尋ねるジュンソクの友人らには善良で慈しみ深い姿を見せるけれども部下らに厳格で,ジュンソクを暴力組織の世界から遠ざかるようにしようとする父の姿を見せる時は目つきだけでも強いカリスマを表出してきた。

また実際放送ではモザイク処理されたが庭園を手入れする場面などでは肩となどに派手な入れ墨で登場する場面だけでも組織のボスの雰囲気を漂うのには十分だった。

キム・ドンヒョンは25〜26日放映される9〜10部で中間ボス サンゴン(イ・ジェヨン)の裏切りを経験し,息子のようなドンス(ヒョンビン)と息子ジュンソクさえも組織暴力の世界へ陥る姿を見守りながら,葛藤する演技を見せる予定だ。

ドラマ製作社側は“映画では演技者チュ・ヒョンが引き受けた役で登場シーンが多くはないが相当な比重を持った配役”と言いながら“キム・ドンヒョンの重みのある演技が充分にその役目をいかしてくれている”と評した。

キム・ビョンマン囚人役特別出演


達人キム・ビョンマン‘チング,俺たちの伝説’ヒョンビンライバルにびっくり出演
‘達人’キム・ビョンマンがMBC TV週末特別企画‘チング,俺たちの伝説’(脚本・演出クァク・ギョンテク)にびっくり出演する。

劇中ドンス(ヒョンビン)の監房ライバルで登場して野卑ながらもコミカルな演技をお目見えする。キム・ビョンマンは25日〜26日放映される‘チング,俺たちの伝説’で監房生活の達人を演じる。監房の親分には卑劣なほどに忠誠をつくしながらも,新入囚人には鋭く警戒して脅迫する人物だ。

暴力組織の利害関係に縛られて,収監生活をすることになるドンスを凶器で脅威しながら,葛藤を助長する役を受け持った。
キム・ビョンマンは今年の初め放送されたMBC TV‘総合病院2’で素朴なレジデントで登場して,正劇演技デビュー戦を行ったことがある。

‘チング,俺たちの伝説’でも比重ある配役で出演提案を受けたがスケジュール問題のために考査した。“小さい役でも出演したい”という意思を明らかにし,監房囚人役で特別出演するようになった。

‘チング,俺たちの伝説’の製作社関係者は“キム・ビョンマン氏の従兄弟が作品のプロデューサーを受け持っているキム・ビョンイン氏だ。キムプロデューサーの取り持ちでクァク・ギョンテク監督とキムビョンマン氏が親密を積むようになった”と伝えた。

キムビョンインプロデューサーは“キムビョンマンがすでに他のドラマで演技に対する検証を受けただけに決定に無理はなかった”と“ただ笑わせるための単発性出演というよりは十分に意味のあるキャラクターを演じた”と説明した。

‘チング’ドンステーマ曲関心集中


‘チング’ヒョンビンテーマ曲‘フィ’‘持つことのできない君関心集中
この映画で見られなかったメローラインが本格的に始まってドラマの主題曲にも大いなる関心があふれている。

映画では見られなかった“友人”のメローラインは女主人公ジンスクを中心にしたジュンソクとドンス,サンテクの話とチュンホとソンエカップルの話がより増してわずかな面白さを増してくれる,ここにドンスとウンジの話がこれからより増して,メローラインをより一層豊かにする予定だ

メローラインから抜け出ることはできない音楽中でも特に関心を集めている曲は“フィ”の“持つことのできない君”は劇中でヒョンビンが演技しているドンスのタイトルでジンスクと成し遂げることのできない愛を切ない感性で表現した曲だ。

すでに先週放映分でジュンソクとジンスクが恋人になって,自身が愛したジンスクが懇意な友人のジュンソクの恋人になるのを見て,海へ離れたドンスとジンスクの離別場面,そしてまた戻ったドンスとジンスクの弱々しい出会い場面で流れ出て,ドンスの感情を切なく表現した。

先公開ですでに目を引いた“フィ”“持てない君”は発売日2ヶ月もないのにも各種オンライン音源チャートで高い順位に占めていて,今回の友人OSTアルバムに1等行進者としても過言ではない,

派手な出演陣と映画のような映像美で多くの話題になっているドラマ“チング”のOSTアルバムは音楽関係者たちから“最近になってみるのが難しかった高い完成度と誠意が見えるレコードだ。 必ず所蔵したいOSTアルバムだ”という評価を聞いている。

ドラマ“チング”OSTレコードは収録曲中ビッグバンのトップ(T.O.P)とテヤンが歌った“チング”,フィの“持つことのできない君”,SS501のホ・ヨンセンの“涙を消して行って”等収録曲らがオンライン音源サイトで‘ダウンロード大当たり’を放って,すでに一回話題になったことがあって去る14日発売されたアルバムはOSTアルバムでは珍しく初版1万5千枚があっという間に販売されて,発売直後再注文が入ってくる気炎を吐いている。

日本韓流雑誌‘韓流ぴあ’チング紹介
韓流雑誌‘韓流ぴあ’夏号発刊..
韓国エンターテイメントの動向を日本に知らせる正常な韓流雑誌‘韓流ぴあ’夏号(通巻19号)が25日日本全域で販売を始める。

今回の号で表紙とカバーインタビューには久しぶりにファンに姿を見せるコスが飾った。

コスは“3月から撮影が始まって6月まで休みなしに撮った。今年は‘春’を感じる暇もなかった”と“最後の作品が2005年だったから,4年ぶりだ。負担より4年という時間の間皆さんに会うことができなかったことが大きかった”と明らかにした.

コスは4年ぶりの復帰作‘白夜行’は6月撮影を終わらせて後半作業中に“久しぶりに演技をするということが大きい助けはならないようだ(笑).むしろ混乱する気持ちだった。撮影が進行されながら慣れたが,またカメラの前に立つこと自体がちょっと大変だった”と撮影所感を伝えた。

また同名原作日本ドラマの主演だった山田孝之に対して“原作と日本ドラマが見たかったが監督ニムと相談して見ないことにした。山田孝之と比較されることはもしかしたら当たり前の事だ。

しかし僕でもなく,山田さんと僕は今まで暮して来た環境や考えが違う。僕は僕が思うヨハネというキャラクターを演技した。だから見る方々は両方を比べて見ればおもしろそうだ。どんな言葉を聞くのか神経は使われる”と打ち明けた.

特集にはヒョンビン,ソ・ドヨン,キム・ミンジュン主演の話題作‘チング’とコ・ヒョンジョン,イ・ヨオン,オム・テウン主演の‘ソンドク女王’チソン,ソン・ユリの‘太陽を飲み込め’が詳しく紹介されて韓国ドラマファンを満足させる予定だ。

記者たちが紹介する注目される新人には男性グループMATEと4MINETが選定され,チェ・スジョン,クォン・サンウ,オ・ジホ,2PM,キム・ガンウ,ファン・ジョンミンなどのインタビューも読者を待っている.

日本メディアコンテンツグループぴあ(PIA) 株式会社がマイデイリーとともに製作する韓流ぴあは2006年3月季刊誌で創刊されて正確で早い韓国エンターテイメントニュースでマニアを確保しているし季刊誌では異例的に5万部販売を記録する驚くべきな成果を見せて2007年隔月刊に転換,たゆまぬ成長勢で現地で多くの関心を受けている,2008年韓国エンターテイメント専門雑誌として頂上の席に立ち上がった.

ぴあ株式会社は日本内戦公演,イベント,映画チケット販売を主観している,出版,公演製作などを一緒にする総合メディアコンテンツグループだ。

マイデイリーは2005年10月ぴあ株式会社と戦略的提携を結んで‘韓流ぴあ’を共同で製作している。‘韓流ぴあ’の韓国内取材はマイデイリーが専担しているしプレミアム写真データベースのフォトデイリーの写真を全面にかけて使って質の高い写真を収録しているという点も韓流ぴあの成長の助けになっている.

マイデイリーはぴあ社と雑誌‘韓流ぴあ’を共同製作する外にも,日本の両大移動通信業社KDDIとNTTを通じて韓国エンターテイメントニュースをモバイルでリアルタイム提供している。

[日本内で発刊される韓流雑誌‘韓流ぴあ’2009年夏号表紙。写真提供 = ぴあ株式会社]

ヒョンビンの顔には凄然さがある
‘チング’クァクギョンテク監督“ヒョンビンは凄然な表情がある”
“ヒョンビンの顔には凄然さがある。”
自身が監督して,2001年開封された映画‘チング’を直接ドラマでリメークしたクァク・ギョンテク監督は原作映画とドラマの俳優らを比較してくれという話にドンス役を担った俳優らの話から取り出した。

友人のジュンソクと違う組織に入って,対立し死を迎えるドンスは映画でチャン・ドンゴン,ドラマではヒョンビンがそれぞれ演技した。


クァク・ギョンテク監督は“映画でドンスは悪役だった”“チャン・ドンゴンを悪漢の顔を作るのに困りきった”と打ち明けた。 ごろつきは特有の悪漢表情をわざわざ作るから顔筋肉も彼に合うように発達するのに代表的な美男俳優に選ばれるチャン・ドンゴンからそのようなイメージを引き出すのが容易ではなかったというのがクァク・ギョンテク監督の説明だ。

クァク・ギョンテク監督は“チャン・ドンゴンの額にシワを作ることさえも苦労だった”と付け加えた。

しかしドラマは映画とは違いドンスの立場で,ドンスがなぜ曲がった道に行くことになったのかに重点を置いて話を解いていく。 当然キャラクターにも変化がある。

クァク・ギョンテク監督は“ドラマのドンスは悪漢の姿があまり必要ない。 怒りを押さえ込む姿,悔恨と苦々しさがなければならなかった”として“ヒョンビンは顔に反抗期があって見る人を残念にさせる凄然な表情もあった。 一緒に酒を飲んでその表情を発見して覚えておけと注文した”と話した。

これと共にクァク・ギョンテク監督は“ヒョンビンはこれまでメロー演技をたくさんやっているがタフでマッチョ的な役割に合うイメージを持っている”と説明した。

クァク・ギョンテク監督はまたジュンソク役を演技した映画のユ・オソン,ドラマのキム・ミンジュンに対しては“ユ・オソンは悪童のようなイメージがあったがキム・ミンジュンは愉快ながらも,典型的な‘背が高く水っぽい’友人”と比較した。

引き続き“キム・ミンジュンがドラマ‘タチャ’に出演する時‘身体の力を少し抜け’と電話をしたことがある。 モデル出身だと見るとやむを得ず身体に力がとても入るようだった‘友人,俺たちの伝説’を撮影しながら行くほどジュンソク同化していった。 しかも釜山語は気楽にする”として“今回の作品がキム・ミンジュンの演技人生に一つの大きなターニングポイントになるだろう”と期待した。

ドンス,ジンスクラブライン愛と友情間


‘チング’ジンスク,ジュンソクと別離の後ドンスとラブライン‘愛と友情間’
ドンス(ヒョンビン)とジンスク(ワンジへ)がお互いに対する友情以上の感情を感じ始めた.

ドンスは7月19日放送されたMBC 週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’8回でジンスクが仕事している銀行を尋ねて積金通帳を作った。ドンスのおかげで積金顧客留置実績をあげたジンスクは嬉しい思いでドンスと静かなブドッがに座ってデートではないデートをするようになった。

ジンスクは自分のお父さんを助けてくれたドンスに対するありがたい気持ちでネックレスをプレゼントした。ジンスクのお父さんがベトナム戦に出て村長を助けて受けた珍しい品物だった。友情と言う名前で海の上デートを楽しんだドンスとジンスク。お互い親しい同窓と言うが二人の間にはまた他の微妙な感情が流れていた.



ジンスクはドンスにジュンソク(キム・ミンジュン)と別れたと告白した.ジンスクは“正直ジュンソクが好きだった。でも元々初恋はうまくいかないことだと言っていた。ジュンソクに必要な人は私ではないわ”と打ち明けた。ジュンソクとジンスクがずっとうまくいっていると思っていたドンスはこれ以上言葉を繋げることができなかった。

ジンスクはまじめに浜辺の仕事をしながら,自分の夢を大きくするドンスから組職の仕事をして麻薬中毒者になったジュンソクとはまた別の魅力を感じ始めた。ドンスもずいぶん前からジンスクに対する深い感情を持っていたが友達のジュンソクがいて意欲もでなかった。

しかし,この先のドンスまでジュンソクとともに組職生活を始めてやくざの道に入るようになって後日ジンスクがジュンソクの女になる前まで二人の関係がどんなふうに発展するか視聴者たちのきがかりなものだけを増幅させた。

一方この日放送でジュンソクは麻薬中毒から抜け出すために自分のお父さんが率いる組織で活発な活動を始めた。特に浜辺の仕事しか知らなかったドンスはジュンソクのように組職の世界に入って行くかをおいて右往左往した。


ワン・ジヘインタビュー
ワン・ジヘ“色々な男に会うと冷やかされて”
(インタビュー)

天下の浮気者だ。 MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’のジンスク(ワン・ジヘ)がそうだ。

ジュンソク(キム・ミンジュン)の相手役のようだが,ある瞬間ドンス(ヒョンビン)の恋人のようで,サンテク(ソ・ドヨン)の片思いでもある。

いくらドラマでもなかなか会うこともない浮気者キャラクターではないか。それでも映画‘チング’の不幸なキャラクタージンスクが少しは明るくなった理由はワン・ジヘに会ったためだ。

笑いが魅力的な彼女とインタビューを持った。


#浮気者? 真心をすべてするキャラクターです

“ジンスクがこの男,あの男と会うことに対して良くないと考える視聴者もいるでしょうけれど,瞬間毎真心をすべてするキャラクターであることは明らかです。

ジュンソクに会う時は感情に最善を尽くして,ドンスに会う時も正直にします。

私もやはり感情に忠実で,撮影に臨みました。”

“浮気者ではないのか?”という冗談混ざった質問に心より応じるワン・ジヘだ。

その一方でインタビューずっと作品に対する愛情がグラグラ沸いてあふれるこの8年中古新人は“もうサウナはすべていった”とどうしても内心を表わす。

“サウナが好きで,よく通うけど,浮気者のようなジンスクキャラクターに女性視聴者たちの嫉妬が侮れないと予想しました。 撮影する間にスタッフらも‘ジンスクは恐ろしい女’とからかわれました。 朝にはこの男,夕方にはあの男...ジンスクが会うたびに男出演者などが酒もたくさん飲みます。 個人的には幸運と考えます(笑)”


劇中ジンスクが三人の男の愛を受けるキャラクターなら,現実のワン・ジヘは孤独さに苦闘(?) する25才ソロだ。恋人の親しさやささやきと暖かい手助けが必要な年齢ということを証明でもするように“孤独です。 楽しくて,私をよくめんどう見て,愛のために何でも放棄できる男性,暖かい人に会って,恋愛したいです”とだだこねでないだだこねも働かせてみる。

“幼かった時は心も傷ついて,恋愛逃避したが,今は愛してみたいです。 それでこそ後から誰かが愛するようで”すぐ真心を示す彼女だ。 しかし真心を入れた返事裏面には‘女ではなく,演技者として愛してみたいです’という意中がかくされたようだ。 恐らく彼女が終始作品に対する愛情を速射砲のように吐き出したためであろう。



#映画の中で不幸な人物,ドラマで希望伝えられて

実状映画‘チング’中ジンスクは不幸な人物だった。 ニコニコ笑うワン・ジヘに似合わなそうな人物ではないといっても過言ではないほど不幸な人生を生きたジンスクに活気を呼び込んだことはドラマがあたえるメッセージだ。

“ドラマでもジュンソクが麻薬中毒者になって,とても苦しがるが,自分がすべきことを強くしながら夢をかなえるために努力する姿に描かれます。 銀行の仕事をする時も明るくしようと努力します。”

ワン・ジヘ本人の説明のように映画‘チング’とドラマ‘チング,俺たちの伝説’の最も大きい差別性はジンスク キャラクターにある。 グループ レインボーのボーカル,遊び人女子高生,ジュンソクの同居の女としてジンスクではなく,彼女だけのストーリーを持った人物に描かれたため。

“撮影しながらも‘レインボーがもう少し遊び人でなければならないのではないか?’という意見があったがドラマであるだけに飛行的な要素は抜いて,明るい女子高時代を表現しようとしました。 クァク・ギョンテク監督様も私の笑う顔が見栄えが良いから明るい姿をたくさん見せようといわれましたし”

劇中屈しないジンスクと違い大きな目に女らしい語り口のワン・ジヘが人生が迂余曲折多くのキャラクターを消化するのが容易でなかったという考えがぴかっと聞いた。 しかししっかりしているようでも“実は私の性格がちょっとさっぱりして気さくな面が多いです。 劇中渓谷シーン撮影の時も誰の助けも受けないで山に登る姿を見たスタッフらも‘あの腕白小僧を見て’とたくさんからかわれました”と説明する。



#なぜ女の話はないんでしょう?

8年目中古新人ワン・ジヘは‘チング,俺たちの伝説’を通じて,何を得るという計算がなかった。 主人公といっても過言ではないほど分量の役割を横取りしたにもかかわらずひたすら作品に対する没入だけといえば嘘ではないか。

“このドラマでスターになるという考えはしなかったけれど,多くの方々がすでに‘ジンスギ’で私を記憶して下さることを見れば私たちのドラマがかなり人気があったように(笑). 視聴率が少し低調で気になるけど‘きらびやかな遺産’放映終了後には良くならないでしょうか?”

競争作に対する率直な内心を見せることさえ経ることのないワン・ジヘは‘チング,俺たちの伝説’以後に女を代弁する話に出演してみたいという願いを明らかにする。

“いつになるかわからないけれど女の話をするドラマがあるなら必ず出演したいです。 考えてみれば男たちの友情と仕事,愛を入れた話は多いが,女の話をする作品はなかったようです。 なぜそうなのでしょうか?”

ワン・ジヘは‘チング,俺たちの伝説’撮影を終わらせた。 100%事前製作ドラマであるところに余裕を持ってインタビューに応じることができた。 浮気者,遊び人...しかし希望を失わないで屈しないジンスク以後ワン・ジヘはどんな姿だろうか。

“ドラマが始めていくらならなかったのではないですか。 まだジンスクで見てくれたらいいですね。 以後次期作が映画になるのか,ドラマがよいかは分かりません。 ただ今までなかったキャラクターを通じて,視聴者と観客らにまた会うことを願います”

ドラマで復活した映画‘チング’が抱いた宝石,ワン・ジヘが色あせることなく長く大きく透明に光るのを期待してみる。

‘チング’ドンス,組織世界に入門


‘チング’ドンス,ジュンソクによって暗い組織世界入門‘苦々しい’
ドンス(ヒョンビン)が結局暗い組織世界に入門した。

7月19日放送されたMBC週末企画ドラマ‘友人,俺たちの伝説’8回でドンスは突然訪ねてきたジュンソク(キム・ミンジュン)と共に酒杯を傾けて久しぶりに懐抱を解いた。 ジュンソクはドンスに自身のお父さんが作った組織が散っているという苦しい心境を打ち明けた。

特にジュンソクはドンスの漁業仕事を妨害している‘新革新派’組織がドンスに決して侮れないチンピラたちだとを強調して何時の間にか自身の組織と一緒にすることを求めた。 ジュンソクは喧嘩も優れて義理や覇気もやはり格別なドンスが自身に大きい助けになることができるだろうと信じた。



翌日ドンスは普段父のように従った船長が予告なく襲撃した‘新革新派’チンピラらによって深いケガにあい降下に怒った。 ドンスは真昼に道の真中でチンピラらを訪ね,強い暴力を行使し結局警察に引きずられて行った。 ドンスは自身を助けるために警察署を訪ねてきたチュンホ(イ・シオン)に自身もチンピラになればどうなんだという言葉を用心深く取り出した。

チュンホは警察署一方で担当刑事にドンスの善処をお願いしているジュンソクを眺めて“一時ジュンソクが自分にもそんな提案をした”と打ち明けた。 チュンホはどうせ代を引き継いで,組織を守るほかはないジュンソクと違いドンスは自ら運命を選択して,そちら側にあえて入らなければならない必要があるのかとドンスを止めた。

以後ドンスは暴行罪で監獄に入ったがジュンソクが助けて被害組織で告訴を取り下げることによって数日目には解放された。 ドンスと対抗した組織‘新革新派’の親分はむしろドンスの覇気を気に入って自身の配下に引き込もうと出た。

一方この日放送末に登場した来週予告ではドンスがジュンソクの組織に合流して,2人者で活動して全く違う人生を生き始める姿が見られて,視聴者たちの心を残念にした。


ソ・ドヨン今はもっと知らせたいです..
ソ・ドヨン‘春のワルツ’から‘チング’まで
2006年KBS 2TV‘春のワルツ’で男主人公ユン・ジェハを演技したソ・ドヨン(28)は当時“本当にピアニストだと思った”という話をたびたび聞いた。

ピアニスト ユン・ジェハのようにソ・ドヨンも実際に性格が艶がなく鋭敏で,同時に芸術的気質が豊富に見えた。 額を覆った多い髪,スマートというより乾いたソ・ドヨンの体格はそのような感じをさらに強調した。

そうしたソ・ドヨンが丸坊主に釜山方言をとても濃く使う‘男’になった。 MBC TV週末特別企画‘友人,俺たちの伝説’のサンテク役を通じてだ。

“濃い男の話がとてもやりたかったです。 ワイルドな姿は俳優なら,誰でも夢見ます。 ‘チング’という作品に会ったのも幸運で,今回のドラマを通じて,撮影監督様から‘アクションしても本当に良い身体’という声を聞いたのも収穫の中の一つです。"

‘チング’のサンテクは組織暴力のジュンソク(キム・ミンジュン)とドンス(ヒョンビン)がかかわった事件のキーを握った人物だ。 主人公の友人中唯一大学に進学した彼は卒業後社会部記者になって,友情と記者倫理の間で悩む。

“高3の時‘チング’を見てとても衝撃を受けました。 僕には‘ビット’以後最高の衝撃で‘あれが真の男だ!’という感じが伝わりました。”

187僂垢襪里砲紡僚70圓離宗Ε疋茱鵑魯皀妊觸仗箸澄

“漠然と芸能界に憧れた”という彼は白馬部隊身柄教育団助教時期モデル出身の訓練兵に入って“僕があの子よりはもっとモデルが上手にできる”という思いで除隊後モデル学院を尋ねた。

“開始はモデルだったが,結局は演技がやりたかったです。 スターは望むことはありませんでした。 ただ演技が上手な俳優になりたかったです。”

だが,初めから演技が上手くできるか。‘海神’の護衛武士を経て‘春のワルツ’のジェハまで彼は台詞がとても少なかった。 演技力が不足したためだ。


“‘海神’時は‘はい,‘アシ’だけしたようです。 (笑),‘春のワルツ’では雰囲気つかむのに台詞がなかったので。 幸い一年恨みながら演技が少しずつは増加しているようです。 演技を100で捉えた時,もう10程度きたでしょうか? 前へ行く道が遠いという事がさらに楽しく期待されます。”




‘冬のソナタ’を作ったユン・ソクホPDとの作業で彼は事実日本でさらに有名だ。 ‘春のワルツ’で日本プロモーションをたくさんしたため。

“‘春のワルツ’が国内では良い成果を出すことができなかったが,日本では反応が良くて,それさえも大きい慰安です。 僕がそのドラマを撮影して左側頬骨が陥没する負傷しました。 その時は本当に世の中が崩れる感じでした。 再び演技ができないと思いました。 20回分ドラマの10回程とった時だったが最後までどう撮影を終えたのかわからないです。 その時の経験が僕を成熟するようにしたようです。 同時に余裕も持つことができることになりましたし”

‘春のワルツ’以後KBS 2TVシチュエーションコメディ‘止められない結婚’で緩む演技を披露した彼は‘チング’を通じて,新しく新たに出るように願う。 実際に彼は今回のドラマを通じて,スポーティーなヘアースタイルが期待以上によく似合うという評価を受けてスタイル変身から成功した。

“普段でもバスによく乗って通って,人を観察することを楽しみます。 演技に役立ちますね。 少し前まで帽子をかぶって出て行けば知られる方もあまりなくて時々‘歌手ではないのか?’と尋ねたりしました。 (笑)今はソ・ドヨンを知らせたいです。"

‘チング’主人公ら本格成人演技始動


ドラマ‘チング...’主人公ら本格成人演技
MBC週末企画ドラマ‘友人,俺たちの伝説’が映画原作で見せてくれたストーリーらの裏話を多様な形式で展開している。主人公らの成人期に入り込みながら可能になったことだ。

最近放送でジュンソク(キムミンジュン)が麻薬に抜けて,人生を浪費する背景とドンス(ヒョンビン)が船に乗りながら,危険に抜けたジンスク(ワンジヘ)のお父さんを救うようになる理由などジンスクと二人の男の愛情ラインに変化の要素が意味あるように登場する。

映画では結果が大きく浮び上がったとすればドラマでは二人の友情以上の競争心理やジンスクに対する不便な心理の理由をそれぞれのストーリーを通して,ドラマスタイルで展開している。

サンテク(ソ・ドヨン)が友人らから離れて,ソウル生活と軍服務をしながら体験する仕事を通して,1980年代当時の世相を反映すると同時に以後全体ストーリーでサンテクの役割を暗示しているのも同じ脈絡.だけでなくチュンホ(イシオン)とソンエ(ペ・グリーン)が恋人関係を維持,発展させるコミカルな姿も比重あるように登場して,やや重い中心ストーリーに活力を与えている。




‘チング’ドンス,ジュンソク,高校卒業後変わった人生‘ほろ苦い’
父が組織暴力団のジュンソクは町内ばたやの道に陥った。 ゲーム場で仕事をしていいかげんに生きたジュンソクはサンゴン(イ・ジェヨン)にそそのかされ,麻薬に手をつけた。 禁断症状を見せてジンスク(ワン・ジヘ)に暴力をふるい,町内ばたやに袋叩きにされを人間のクズの没落を見せた。

ドンスは貧しいがまともな人生を生きていきつつあった。 ドンスは幼い時好きだった絵を描く夢をかなえたいという欲で金を儲けるために魚船に乗った。 不正を堪えられず,黙黙と自身の人生を誠実に生きていくドンスは行く先にはチンピラになるという事実が残念なほどであった。

4人の友人らの中で唯一勉強ができたサンテクはソウル大生になった。 大学生になったサンテクはデモに参加したり,不条理な社会に対する怒りを表わした。 結局サンテクは裁判官ではなく良心を伝える記者になるという夢を抱き始め,自身の人生を設計し始めた。

チュンホは相変わらずだった。 専門大生になったが防衛で軍に入って暇ができれば予備軍通知書を回すという言い訳でソンエ(ペ・グリン)を訪ねて行き会って,愉快で楽しい姿は相変わらずだった。 またジュンソクとサンテク,いつのまにか疎遠になった二人の友人がまた会うことになり,相変わらず,きっぷのいい笑いをプレゼントした。

もちろんレインボーメンバーも同じこと. ソンエは高等学校卒業後衣料品店で仕事をして,ジンスクは銀行員になった。 家が裕福だったウンジ(チョン・ユミ)はソウルにある女子大に進学して,レインボーメンバーらも大人になった後互いに会えなくなっていた。

ドンスが沿線漁船に乗った船で病気になったジンスクのお父さんを助け,彼を背負って家まで連れていく場面が放送された。ジンスクの父はドンスに“私はお前に一生の借金を残した”とドンスが去った後にはジンスクに“お前たち付き合ってるのか?”と尋ね,今後ドンス-ジンスク-ジュンソクの三角関係を予想させる。これはもちろん映画でにほとんど扱われなかった内容。

映画では結果が大きく浮び上がった反面,ドラマの中では二人の友情以上の競争心理やジンスクに対する不便な心理の理由などをドラマ的スタイルで新しく展開している。

劇中サンテク(ソ・ドヨン)が友人らから離れ,ソウルの生活と軍服務をしながら体験する事もやはりドラマではもう少し比重あるように扱って映画とまた違う思いを与えている。

ジンスクが麻薬中毒になったジュンソクにこれ以上会わないと決心して,ジンスクを間に置いたジュンソクとドンスの愛情の歩みが本格展開し始めた。

製作会社側は“映画‘チング’のストーリーはだいぶ整理されて,強い感じを与えた反面,各事件の因果関係に対する気がかりが誘発するようになった”“ドラマは多様なエピソードらで各回を構成,中心ストーリーを説明すると同時にTVドラマの話展開特性も持つようにした”と説明した。

一方,主人公らの成人期が本格的に展開して硬い映像美がより一層光を放っている‘友人,俺たちの伝説’は毎週土曜日と日曜日それぞれ午後10時50分科10時40分に放送されている。

‘チング’ジュンソク麻薬中毒者に
ジュンソク,サンゴンの絡まりに陥って,薬品中毒者になる!
ジュンソクがサンゴンの絡まりに陥って,薬品中毒者となる。



18日放送されるMBC‘チング,俺たちの伝説’でジンスク(ワン・ジヘ)は遠ざかる船を見ながら手を振ってドンスはジンスクが渡したハーモニカと手帳を手に固く握ったまま陸地から遠ざかる。

卒業後でもソンエ(ペ・グリン)に対する変わらない思いのチュンホ(イ・シオン)は防衛兵になっても衣料品店に就職したソンエに一日が遠いと求愛をする。

1993年冬,サンテク(ソ・ドヨン)先輩らとデモに加担することになって,サンゴンの絡まりに陥ったジュンソク(キム・ミンジュン)は薬品中毒者になって,一日一日をみじめに生活して醜みすぼらしい姿でルームサロンミンヒに薬を得に行きキドらに殴られて新しい決心をすることになる。

一方,人里離れた島に臨時定着したドンス(ヒョンビン)とジョンフン船長一行はパンソク店に集まって,しばらく休息を取るが,一人で外に座って,ジンスクがくれたハーモニカをたどたどしかったドンスは監禁されたジンスクのお父さんを発見することになって差し迫っていた思いに救出しようと近付く。

キム・ミンジュンインタビュー
‘友人’キム・ミンジュン“ユ・オソン負担?正直感じる間なかった”(インタビュー)
800万興行神話を作った映画‘チング’‘チング’は男たちにあって,映画それ以上の意味だった。

それで‘チング’が何と9年という歳月を超えて,ドラマで作られるといった時,チャン・ドンゴンが演技したドンス,ユ・オソンが演技したジュンソクが迷惑をかけるか大きな関心が傾いたのは事実だ。

結局MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’にドンスはヒョンビン,ジュンソクはキム・ミンジュンがキャスティングされた。

原作があるすべての作品のリメークがそうであるようにキム・ミンジュンとヒョンビンはユ・オソンとチャン・ドンゴンの壁を飛び越えるために血の出る努力をしなければならなかった。

特にキム・ミンジュンはユ・オソンが観客らの頭の中に明確に刻印させたジュンソクをぶち壊さなければならなかった。 負担になることもあるが,キム・ミンジュンは正直に感じる間が全くなかったときまり悪いように打ち明けた。

“正直言えば生意気にも感じる間がなかったんです。ドラマは映画よりはるかに多い分量でしょう。 また各シーンごとにとる前にはリハーサルは抜けずしました。

あまりにも量が多くて,キャラクター分析して,理解して,練習してユ・オソン先輩を意識する余裕がなかったです。 自分の演技だけすることに忙しくて,ユ・オソン先輩がどんなキャラクターだったのか振り返る景況もありませんでした”


もちろんキム・ミンジュンも映画‘チング’を数十度回して見た。 それだけうまくやりたかったし,完璧にしたかったため数十度見ながらも全く疲れなかった。 欲多いキム・ミンジュンにあって,映画は模範答案ではなかった。 映画を繰り返し回し見て,ジュンソクという人物に対する正解を探すために努力した。 それならキム・ミンジュンはジュンソクをどのように表現したかったのだろうか?


“ドラマ‘チング,俺たちの伝説’は映画‘チング’とは違います。 もちろん僕もユ・オソン先輩とは違います。 ‘チング’という作品は好きで‘チング,俺たちの伝説’は憲政版ではないですか? ユ・オソンという俳優をオマージュしたのでもないです。 もちろんジュンソクという人物に対する解釈は似ていることもあります。 でも明らかに僕が演技するジュンソクは違います。 自信があります”

キム・ミンジュンはハン監督に聞いた助言を打ち明けた。 キム・ミンジュンがジュンソクに近付く必要もなく,ジュンソクがキム・ミンジュンにくる必要もないということ。 またユ・オソンのジュンソクまでも行く必要なく重力が導く方向のとおり中間地点で会うことが最善だというものだ。 キム・ミンジュンは助言を聞いて負担感をさっと振り払ってしまい自身が考えるジュンソクを思う存分表現していると明らかにした。

“もちろんまだ撮影がすべて終わったわけでなないです。 補充撮影がちょっと残っています。 うん...何というか? 後を磨かなかった気持ち? 旅行も行ってちょっと休みたいがまだ肩で緊張を引き回せません。 でも‘チング,俺たちの伝説’は僕が本当に後悔のない作品です。 人々の前に自信あるように出せるから多くの人に見ていただけたら嬉しいです”

イ・シオンインタビュー
イ・シオン“ヒョンビン-キム・ミンジュン,空のようなスター友人で”(インタビュー)
MBC週末企画ドラマ‘友人,俺たちの伝説’(以下チング)で友人4人衆中1人のチュンホで扮している新人演技者イ・シオン. 1千対1の高い競争力を突き抜けてそうそうたる演技者らと肩を並べる幸運を得た。

イ・シオンはキャスティングされた直後“ヒョンビン氏とキム・ミンジュン氏に迷惑をかけてはいけない。 本当に命をかけてやらなければならないと考えた”と打ち明けた。

ヒョンビンとキム・ミンジュン,彼がすることに演技する俳優らは最高のスターだった。

釜山でオールロケに進行された撮影によりイ・シオンは数ヶ月を彼らと共に同苦同楽した。 演技に対する助言を聞いて,情操的にたくさん同じ思いをして人生のパートナーらを得た。

イ・シオンはインタビューずっと共に出演した俳優らに対する賞賛を惜しまなかった。

“同年齢ヒョンビンを見て‘わけもなくあの位置にいるのではない。 あの席にいてもかまわないほどの友人だ’と思いました。 俳優に対する愛着が多いようです。

僕たちと一緒にいると人間ヒョンビンの姿ですが,撮影会場に行けばドンスに完璧に変わるんですよ。 新人時期体験する困難に対しても助言をして,話さなくても何の悩みがあるのか見抜きました。”

“(ソ)ドヨンヒョンは本当に変わり者です。 初めて見た時は髪が長かったが本当にハンサムでびっくりしました。‘あの人に近づくのは難しいだろう’と思いました。 ところが常に僕を助けてくださってどこへ行っても連れて行って下さって。 今は本当に実兄のようです。”

特に映画‘サラン’時から俳優で憧れたキム・ミンジュンに対する話は終わりもなく続いた。



“ミンジュ二ヒョンは怖いと思ってたが会ってみると本当に痛快な人です。 演技だけでなく細かくよく面倒みて下さって感動受けたことが何度かあります。 撮影の前日,新人がカメラ前に立てば難しいだろうと,台本の練習を一緒にしてくれたり母方のお祖父さんの葬儀場にもきて,とても慰労して,多くの力を得たりもしました。”

それと共にイ・シオンはインタビューの時着ていた服を示して“ミンジュ二ヒョンが誕生日プレゼントして下さった服です。本当に細心な方です”と自慢するのに余念がなかった。

イ・シオンは“‘チング’をやりながら大切な人と本当にたくさん会った。 人福があるようだ”としてパッと笑った。

イ・シオンインタビュー
‘チング’イ・シオン“1千対1競争率突き抜けてキャスティングされた幸運児”(インタビュー)
ヒョンビンとキム・ミンジュン,ソ・ドヨンなどそうそうたる俳優らの前で臆しない新人がいる。

個性のあるマスクとコミック演技を前面に出してMBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’(以下チング)をよりもっとおいしくさせる新人イ・シオンがまさに彼だ。

イ・シオンは‘チング’で友人4人衆中の1人チュンホ役を担った。

想像の中で喫茶店のDJに扮したり,女子高生とのミーティングで主導者に出たりもする。

ふざけて滑稽だが義理ある姿のイ・シオンは誰のそばでも一人はいそうな馴染むキャラクターだ。

初めてのデビュー作で自身の魅力を精一杯発散して視聴者たちに目で存在を知らせているイ・シオンに会った。


◆“1000対1競争率突き抜けてキャスティング...チュンホ役に命を賭けた”

ドラマ‘チング’は800万観客を動員した同名の映画を原作にしたうえにクァク・ギョンテク監督がメガホンを取って,製作前から話題を集めた作品. ‘友人’の有名税にオーディション競争率も途方もなかった。

イ・シヨンは何と1千対1の競争率を突き抜けてチュンホ役にキャスティングされた。

イ・シヨンは“釜山,慶南(キョンナム)の人がみな書類を受け付けたと思った”と冗談を言った後“映画‘チング’という作品にとても愛着を持っていた。 この役を死んでもしなければならないと思って,本当に頑張って準備した”と話した。

釜山生まれの彼は方言演技にだけは自信があった。 ソウル芸大放送演芸課在学中演劇舞台に立って,演技基礎を作ったことも役に立った。

イ・シヨンは“ヒョンビン氏とキム・ミンジュン氏に迷惑をかけてはいけないと思い‘本当に命をかけてやらなければならない’とそういう覚悟でドラマ撮影に臨んだ”と話した。

実は‘チング’のチュンホは映画でチョン・ウンテクが引き受けて,深い印象を植え付けたキャラクター. 自身の色に合うチュンホを作り出すことが宿題だった。

“チョン・ウンテク氏がチュンホ役をやったけれど絶対同じキャラクターが出てきはしないと思いました。 映画でチュンホが活発ながらも,マッチョ的な性格が強かったとすればドラマ‘チング’は愛というソースがより増したのでもう少し留まられました。 エロスという女を思慕して,結婚まで成功,おもしろいお話をたくさんお見せしそうです。"


◆“友人,新しい人生を開いてくれた有難い作品”

イ・シオンは‘チング’を撮影して,色々な面で多くのことを得た。 クァク・ギョンテク監督との作業も,ヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨンなど俳優らとの作業も楽しかった。 イ・シオンは“撮影する終始楽しかった。 一度はミンジュンイヒョンが‘友人’のように良いスタッフと良い環境がすべて取りそろったこういうドラマはなく,これから覚悟しなければならないと言われたこともある”と話した。



イ・シオンはクァク・ギョンテク監督に対する有り難みも忘れなかった。

“クァク・ギョンテク監督様は俳優の能力を最高に引き上げることのできる力があるようです。 自信が100を持っていれば200に押し上げてくれるといいましょうか。 コミュニケーションがうまくできなかった時は助言も聞いて時々昏倒出たが最後には上手くやったという言葉は忘れないです。 クァク・ギョンテク監督が呼べばいつでも走って行く準備はできています。”

新人としてカメラの前に立つ負担感より楽しく撮影に臨むことができるようにさせた‘チング’はイ・シオンに忘れることはできないデビュー作になった。

イ・シオンは“ドラマ‘チング’という作品は僕の人生で新しい出発をさせてくれて新しい人生を生きるようにしてくれたターニングポイントだ。 とても有難い作品だ。 どんな作品をしても忘れることはできない作品になった”とドラマに対する格別な愛情を見せた。

“‘チング’をしながら演技に対する欲がたくさんできました。 他の色の服を着てもう一度カメラの前に立ってみたいです。 千の顔ではないが個性あるキャラクターを演技するパク・ヘイル先輩のようになることが僕の夢です。"

‘チング’から始まったイ・シオンの演技人生は今まさに幕が上がった。

‘チング’コミックライン本格稼動


ドラマ‘チング’チュンホ-ソンエ本格コミックライン稼動期待満開
MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’(脚本:クァク・ギョンテク,ハン・スンウン,キム・ウォンソク,演出:クァク・ギョンテク,キム・ウォンソク)のチュンホ-ソンエコミック ラインが本格稼動する。

劇中チュンホ役のイ・シオンとソンエ役のペ・グリンは明るくて闊達な雰囲気を吹き込む主役で本格的な成人期が展開して,急浮上する予定.

18日と19日に放映される7〜8回でチュンホは専門大学に進学した後短期士官で軍服務をすることになって女子高生グループ‘レインボー’のベース走者で活動したソンエは衣料品店で仕事をすることになって,愛情関係を継続する。

チュンホは軍隊ではなく町役場で勤める別名‘防衛’で生活して,社会と軍大義の間の妙な位置にいる短期士官らの生活をコミカルに描き出す。

また勤務中にさぼり,ソンエが仕事する衣料品店に立ち寄り‘さじ曲げ’超能力を言い訳に‘泥棒キス’をするなど笑いを誘発する状況らを見せる予定だ。

このような時代と状況に合うコミカルな設定は高校卒業後麻薬に陥ることになるジュンソク(キム・ミンジュン)の状況と社会の暗い面と戦うドンス(ヒョンビン),都市庶民の家庭の痛みを入れたジンスク(ワン・ジヘ)のストーリーと交わって,劇の雰囲気を適切に維持させてくれる展望だ。

製作会社側は“映画‘チング’がジュンソクとドンスの悲劇的な結末に向かって進行されるストーリーが中心ならドラマは多様な世相を反映するコメディなどの多様なストーリーに展開する”“特にチュンホとソンエの役割が大きくなって,明るい雰囲気を主導する”と明らかにした。

一方,‘チング,私たちの伝説’は去る11日放送された5回でドンスとジュンソク,サンテク,チュンホなど男主人公らがビッグバンの挿入曲‘チング’に合わせて,lip syncと軽いコミカルなダンスをお目見えして,大きい関心を引いたことがある。

ソ・ドヨン,エリートから脱出したいです
‘チング’ソ・ドヨン,“もうエリートではない荒い男性で”
“エリートイメージを脱皮したいです.”

俳優ソ・ドヨンが今まで引き受けた配役のイメージから脱したいという力強い意志を表わした。

ソ・ドヨンはドラマ‘海神’からチョンファ(スエ)の護衛武士で顔を知らせた後‘春のワルツ’を通じて一躍主演俳優に生まれかわった。

特に‘春のワルツ’の次世代クラシックピアニストユンジェハ,シチュエイション・コメディー‘あきれる結婚’の成形外科専門医ワン・ギベク,‘チング,俺たちの伝説’で大学を卒業して留学に行く学究派チョン・サンテクなど主にエリートなキャラクターを演技した。

“その間主にエリート的な役目を引き受けたが,普段運動が好きな方なのでアクション演技がしてみたいです。

男性性の強いノワールジャンルを通じて濃い悪口を吐き出すそんなキャラクターならもっと良いし.最近のドラマ‘チング’で運動で鍛えられた筋肉を公開することもできたがドンス(ヒョンビン)とジュンソク(キム・ミンジュン)の牽制を受けて残念でした(笑)

そうするには僕がちょっと優しく見えると?信じられないかも知れないが以前軍隊時代身柄教育大助教に服務しながら身柄が選ぶ‘ワースト 3’に数えられるほどに恐ろしい印象だったんです。”

去る6ヶ月間ドラマ撮影をするうちにヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,イ・シオンなど友人4人方の役目が自然に分けられた。ソ・ドヨンが主動して一緒に集まる席を作って,集まりの雰囲気はキム・ミンジュンとイ・シオンが任された。ヒョンビンは主にお金を預かった。

こんな事が頻繁ですべての俳優たちと仲良くいい関係を結んだがソ・ドヨンは特にキム・ミンジュンとは‘チョルチン’だ。インタビューの途中キム・ミンジュンに電話があるとしばらく了解を求めて通話する姿に近い仲だということが伺うこともできた。

“ (キム)ミンジュンヒョンとはモデル時代から知って過ごしたからお互いに通じる点が多いです。ミンジュニヒョンは本当に頼りになる人です。今も実は悩みのため電話したのだが。ヒョンは小知識が多くて博学多識でもあって,ばか正直ながらも慇懃ギャグ欲も持っています。すぐに触れなくても家に帰って思い出だすと笑えてくる,そんなギャグを駆使します。”



ドラマ‘春のワルツ’を通じて日本で高い人気をあつめているソ・ドヨンは25日日本でファンミーティングが予定されている。

“過去のドラマ‘春のワルツ’が日本で放映された後今までのファンの方々が多いです。もちろん国内ファンも好きで常に感謝するがその方々(日本ファン)のために毎年欠かすことなくファンミーティングを持っています。ファンにもっと好きな作品で報いたかったが今回‘チング,俺たちの伝説’が既存とは違う楽しさとキャラクターを見せられることができるようで満足です。また映画‘チング’を見た観客たちには隠された話を見せてくれるという憲政の意味もあるほどもっと誇らしく思っています.”

ソ・ドヨンはまだ映画出演の経験がない。しかしクァク・ギョンテク監督を含めて‘チング,俺たちの伝説’製作陣のほとんどが映画スタッフなので既存とは差別化された作業を通じて映画に魅力を感じたりした。しかし今すぐ映画に挑戦する計画はない。代わりにドラマを通じて自分の演技内攻をもっと積んだ後に必ず映画に挑戦するという意欲を現わした。

≪ 前の30件| 次の30件
TOPSUK2

2019 - November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.