ソン・ヘギョ・ヒョンビン日本訪問


























KBSドラマ‘彼らが生きる世の中’
ヒョンビン,ソン・ヘギョ主演KBS2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’/提供KBS

俳優ソン・ヘギョとヒョンビンがドラマ‘彼らが生きる世の中’(ピョ・ミンス演出,ノ・ヒギョン脚本)の広報のために来る9月日本を訪問する。

今回の訪問は‘彼らが生きる世の中’のDVDとOSTレコードを9月18日現地発売するエイベックス(avex)の招待に従ったことで,ドラマ主人公のソン・ヘギョとヒョンビンは同じ月26日パシフィコ横浜展示ホールで開かれるDVDおよびレコード発売記念イベントに参加する予定だ。

ヒョンビンはこのイベント行事一日前にパシフィコ横浜国立ホールで別でファン ミーティング行事も進行する。

一方,去る4月‘彼らが生きる世の中’を無削除高画質で日本に初めて紹介した衛星放送チャンネルの衛星劇場は来る20日からこのドラマをまた放送する予定だ。

‘クサセ’未払出演料皆と一緒に受ける.
‘クサセ’ヒョンビン,“未支給出演料先に受けない”宣言
俳優ヒョンビンとソン・へギョなどKBSドラマ‘彼らが生きる世の中’出演陣がドラマの一部未支給出演料をすべての製作スタッフと共に受けると宣言して,話題だ。

8日‘クサセ’KBSドラマ局関係者は“まだ‘彼らが生きる世の中’製作社のYEGエンターテイメントで俳優ら出演料とスタッフら製作費一部だけ未支給した。出演料と製作費の全部ではなく一部なので問題になる状況ではないがすでにドラマが終映しただけに未支給分に対する対応が関心を集める。

主演俳優だったソン・へギョ, ヒョンビンが未支給出演料を先に取りまとめて受けることを拒否してすべての製作スタッフと共に受けて,分配することに合意した”と伝えた。

ソン・へギョ所属関係者に確認した結果“最近皆そのように‘クサセ’製作社も経済的事情で支給日を遅らせた。出演料が分けて入ってきているのにヒョンビン側と話して,製作費が入ってくるにつれすべての製作スタッフと共に受けることにした”と伝えた。

これに対してヒョンビン側関係者は“出演料などの未支給の方は一方的に支給が遅れているのではなく皆協議になった事項なので問題になることがない”として“出演陣と製作スタッフが‘皆同じように動きたい’と同意を集めて,未支給出演料と製作費は一括的に支給を受けることにした”と明らかにした。

当然の話のようだが芸能関係者らは“多くはないこと”と皆が話す。大部分の出演陣は未支給出演料に対して個別的に対応する。
製作スタッフが出演料を受けられないでも個人の出演料を皆支給されれば他の俳優らや製作スタッフの未支給分に対しては気を遣わない。

関係者は“この頃経済事情が難しくて,一般会社らも月給支給が遅れる所がないのか。ドラマ側状況も難しいのは同じだ。‘彼らが生きる世の中’も経済的事情により一部が遅れているけれど言葉どうり一部だけのことだ”と話した。

引き続き“誰一人先に受けずに皆同じように受けようといったのでさらに遅れた傾向もある。一部出演者が先に受けようといわれればすでに受けた場合もある状況だが,それでは残った製作費などに対する支給はさらに遅れることもあるのではないか。ただ私たちは皆一緒に支給を受けることにすべて話になった”と付け加えた。

‘彼らが生きる世の中’はヒョンビン, ソン・へギョ主演とピョミンスPD,ノ・ヒギョン作家の出逢いで熱い問題を産んだ作品で2008年12月16日終映した。以後ヒョンビン, ソン・へギョなど若い演技者らからキムガプス,ペ・ジョンオクなど中堅演技者らまで最近皆同意を集めて,製作スタッフの製作費支給と共に出演料を受けることにしたことが知らされた。

クサセ’が発見した俳優オム・キジュン
オム・キジュン“僕は雷スターではないですね”
2008年はタレントオム・キジュン(32)には特別な年だ。

年初めMBCシーズンドラマ‘ライフ特別調査チーム’のパク・チャンホ役で‘ずうずうしい演技がうまいコミック俳優’として名前を知らせると年末にはKBS 2TV‘彼らが生きる世の中’でKBS演技大賞助演賞を握りながら,大先輩キム・ヨンゴンと肩を並べた。

2007年‘キムチチーズスマイル’までせいぜい三編の作品に出演した彼としては相当な成果に違いない。

その上最近のようにドラマ市場が凍りついた時,次期作まで続々決定されたというから‘雷スターではないか’という混ざった冗談が退屈せず聞こえてくる。

“僕は‘雷スター’ではありません。
放送関係者に足を入れようといくらか努めました。映画はオーディション見るに従ってすべて脱落しましたし。

ドラマも‘キムチチーズスマイル’をやる時まで全部落ちました。

‘雪の女王’,‘達者の春’,‘妻が結婚した’,‘トラック’等など...あまりに多くて,数え切れないですね。(笑)”

実は放送界に入門する前にも彼は上手なミュージカルスターだった。ヘビーメタルとロックに関心を持った高校時期,イム・チャンジョン,ウォン・ミヨン主演ミュージカル‘東崇洞(トンスンドン)恋歌’を観覧した後人生の目標をミュージカルで旋回した。

明智大学校社会教育院演劇映画学科に入学して以来‘ギリシャ’,‘愛は雨に乗って’,‘ヘドゥウォク’,‘若きウェルテルの悩み’等に出演しながら,オ・マンソク,チ・ヒョヌなどと共にミュージカル界を導いていく若い俳優と位置を占めた。

それでもあえて放送関係者に足を入れた理由は何だろうか?

“特別な理由というよりは...どうせ始めたこと,何でもすべて挑戦したかったです。そしてどうせ始めたこと,上手にやっていきたいたいという欲がありました。”

そんな意味で最近終映した‘彼らが生きる世の中’はオム・キジュンには特別な作品だ。
ピョミンス-ノ・ヒギョンという放送関係者の岳父らと共同作業したうえに主人公ジオ役を演じた韓流スターヒョンビンに次ぐ愛まで受けたという話だ。

オム・キジュンが演技したギュホは別名‘視聴率製造機’と呼ばれるスターPD.目標にしたもののためなら,周りの事は眼中にもない。はなはだしきは寝やすいという新人俳優ヘジン(ソ・ヒョリム)には“一夜寝ただけだ勘違いするな”と脅迫的だ。

“ギュホという人物が愛された理由は悪い男に対する代理満足ではないかと思います。なぜ,実際業務現場で上司の顔色を見てできない言葉らが多いのにギュホは‘切るべきことは切りなさい’と言って勝手にするでしょう。ハハ,実はギュホは利己的でありません。特に愛に対してはです。時々利己的に見える面は誰にでもある普遍的習性ではないでしょうか。”

休みもなく駆け付けた2008年を後にして新年を迎えた彼にはMBC ‘あなたを愛しています’が待っている。漫画家カンブルの原作漫画をドラマ化したこの作品は2007年‘ありがとうございます’で視聴者らの胸を泣かせたイ・ジェドンPDがメガホンをつかんだ。

あまりに猛スピードするのではないかという質問に彼は頭を勢いよく横に振る。

“自分の目標はずっと良い演技をしていきたいというだけです。
大層な夢のようなものはなくて年を取ればその年齢に合う演技をお見せしていきたいです。
実は年齢が上がることがとても期待されそうです。演技がさらに深くなりそうですよ。”

===============================================

お?ヌワンのオーディションも受けてたんですね...
クサセ助演賞ちゅっかでるみだ!^^

オムキジュン,ペジョンオク助演賞受賞

[助演賞を受賞したキム・ヨンゴン-オムキジュン-ぺジョンオク(左側から).写真]

オム・キジュン-ぺ・ジョンオク,助演賞共同受賞(KBS 演技大賞)
キム・ヨンゴン, オム・キジュン,ぺ・ジョンオクが‘2008 KBS演技大賞’助演賞を共同受賞した。

彼らは31日午後9時50分からソウル汝矣島KBS新館公開ホールでイ・ドクファ,チェ・ジョンウォン,キム・ギョンランアナウンサーの司会で進行された‘2008 KBS演技大賞’授賞式で助演賞を占める栄誉に授かった。

キム・ヨンゴンは放送始終人気高空行進を継続した‘オンマが角が生えた’で俗物妻を可愛がりながら暮すマナーの良いご主人と同時に善良なしゅうとキム・ジンギュ役を引き受けて安定した演技を見せてくれた。

‘彼らが生きる世の中’でドラマPDに扮したオムキジュンは利己的で目的のためには手段と方法を選り分けない俗物的な姿と,愛する人のため胸をいためて涙を流す愛に陷った男性の姿を同時によく描き出して好評を受けた。

ぺ・ジョンオクは‘彼らが生きる世の中’で第2の全盛期を享受している往年のトップスター俳優ユニョン役を引き受けて視聴者たちに会った。女優のアウラがたっぷり感じられる華麗な姿と,人気と名声後に隠された物悲しい有名人の生を同時によく表現し出した。

クサセカップルKBS演技大賞不参加
ソン・ヘギョ-ヒョンビン‘クサセ’カップル
KBS‘演技大賞’不参加

‘クサセ’カップルソン・ヘギョと俳優ヒョンビンが12月31日開かれた‘2008KBS演技大賞’授賞式に参加しなかった。

二人はそれぞれ個人事情にで参加しないと伝えられた。

ソン・ヘギョとヒョンビンはKBS‘演技大賞’でネチズン賞とベストカップル賞で有力な候補に浮かび上がるほど多くの愛を受けたカップルだ。

しかし,二人はそれぞれ年末日程のためにこの日の授賞式に参加しなかった。

しかしソン・ヘギョは‘彼らが生きる世の中’終映後日本など海外でCF撮影をするなど日程を消化し29日帰国してから31日また中国に発った。 ソン・ヘギョは中国で新年に迎えるようになる。

ヒョンビンもやはりドラマ撮影のために滞っていた各種CFと画報撮影で海外に留まって消化中の中だ。

‘彼らが生きる世の中’はたとえ視聴率面では不振を免れなくともウェルメイドドラマで視聴者たちから愛された。二人がこの日授賞式に参加しなくて一部ファンの惜しみさを催した。

クサセ,2008KBS最強カップル1位


ヒョンビン・ソン・へギョ,視聴者選定2008KBS最強カップル
KBS 2TV‘彼らが生きる世の中’チュ・ジュニョン-チョン・ジオ,ヒョンビンとソン・へギョが2008KBS最強カップルに選ばれた。

29日放送された‘2008KBSプログラムその感動名場面’は2008年KBSドラマ総決算の意味で路上で市民らを対象に‘KBSドラマ最強カップルを探せ’という質問を進行した。この質問結果によれば視聴者は2008年放送されたKBSドラマ最強カップルで‘彼らが生きる世の中’に出演したヒョンビンとソン・へギョを選んだ。

‘快刀ホンギルドン’のホンギルドン-ホ・イノク,カンジファン-ソンユリカップルが2位でその後に続いて,人気の下に放送中である‘あなたは私の運命’のカン・ホセ-チャン・セビョク,パク・ジェジョン-ユナカップルが3位に上がった。

視聴者はヒョンビンとソン・へギョカップルに対して“一番現実に近いカップルのようだ”,“とてもすばらしい”として支持意思を明らかにした。

カンジファン-ソンユリカップルに対しては“なぜか似合わなそうな姿なのに似合う”,“とても笑わせておもしろい”として選定理由を明らかにした。パク・ジェジョン-ユナカップルに対しては“二人がとてもよく似合う”,“鳥肌らしいカップル”と話した。

一方この日放送は最強カップル選定はもちろん作品別ハイライトと最高感動の名場面放送等を通して,2008年KBS放送プログラムを振り返る時間を用意した。

‘2008KBSあの感動名場面ベスト5’では北京オリンピックが1位に選ばれて‘ママが角が生えた’で反対する結婚をしなければならなかったヨンス(シン・ウンギョン)とママ(キム・ヘジャ)が共に涙を流した場面が2位に上がった。

3位にはセビョク(ユナ)のすべての過去を理解して本当に受け入れながら,セビョクとヨンスク(チョン・エリ)が抱きしめて泣いた場面が選ばれた。4位には感情を入れた演技を殺伐に繰り広げた‘太陽の女’が5位にはペクド山に上がった感動の瞬間を伝えた‘ハッピーサンデー’の‘1泊2日’コーナーが名前を上げた。

ヒョンビン,クリスマスの恋人に選定
本紙アンケート‘クリスマスの恋人’で選定
今年のクリスマスにソン・へギョ・ヒョンビンと一緒にできるなら...
へギョの成長筒,ヒョンビンの成長

堂々としていて自信のある‘クサセ’チュ・ジュニョンに魅力
ソン・へギョ“恋人がいるならたくさん話がしたい”

ヒョンビン“クリスマスツリーがある明洞で歩いてみたら...”


ソン・へギョとヒョンビンがヘラルド経済編集局記者らのアンケート調査結果,“クリスマスを共に送りたい男女スター”に選ばれた。

まさに二人はクリスマスをロマンティックに送ったことが殆どないと言う。

ソン・へギョは“クリスマス時は国内であろうが海外であろうが常に仕事をしていた”と言い,ヒョンビンも“クリスマスにファンらからもらった贈り物を受けたことはあっても仕事をした記憶しかない”と明らかにした。

それで今回のクリスマスイブには何をしたいのか各自に尋ねてみた。二人とも似ていた。

ソン・へギョは“愛する人と多くの話を交わしたい。男でも女でも関係ない”として,ヒョンビンは“クリスマスツリーがある明洞通りを誰かと歩きたい”と話した。極めて素朴な希望事項だった。

▶クリスマスを共に送りたいソン・へギョ,ヒョンビンの魅力

ヒョンビンとソン・へギョは最近終わったKBS2月火劇‘彼らが生きる世の中’で放送局PDチョン・ジオとチュ・ジュニョンンに扮して綺麗な善男善女カップルを形成しながら,良い反応を引き出した。

社内カップルで付き合い一度別れた後,また付き合って,愛を再確認する過程で彼らは時には愛の感情を分けながら,時にはけんかする姿が愛らしくて可愛かったという評価だ。

ヒョンビンはジュニョンキャラクターに対する魅力をこのように説明した。彼は“堂々としていて自信あるように仕事をするジュニョンは男が見ても魅力がある。だが恋人と見ると迷うようになる部分がある。かき回す女は好きではない”と話した。

“そんな性格の女をソン・へギョも拒むのか”という記者の質問に“それなら一度考えてみる”と言ったが基本的に女性らしい女が好きだという点を明確にした。むしろ劇中前の恋人にセットデザイナーで出てくるイ・ヨンヒ(チャスヨン)のように女性らしいながらも結んで切ることは明らかな女性をより好きだという。

私たちの年齢で27才同年齢の二人は今回のドラマを通して,はるかに親しくなった。

以前はあいさつ程度だけをする間だったが今は互いにくみしやすい関係になった。キスシーンも多くて海外撮影の機会もあって自然に親しくなったということだ。

本来ドラマは視聴率が振るわなければ俳優やスタッフの雰囲気が沈むはずだ。
だが‘彼らが生きる世の中’は終始ひと桁数視聴率に留まったのに撮影場の雰囲気は常に活気にあふれた。俳優らもこのように良いドラマ,人生をきる話が溶かされているドラマをいつ撮っていくのかと積極的な姿勢を見せた。

ソン・へギョは“演技はするほど難しい”ながらも“得ることが多いドラマだった。撮影場の雰囲気は一言で幸せだったという表現が合う”と伝えた。

ヒョンビンも“良い先生と学友らに会って,また聞くことのないいい授業を受けた思いだ。大学生になった感じだった”と所感を打ち明けた。




▶‘クサセ’を通したソン・へギョの成長筒

二人は‘クサセ’を通じて,一層成長した姿を見せた。
特にソン・へギョには授業料を正確に払ったドラマだった。ソン・へギョは序盤不正確な発音で演技力論議に巻き込まれた。トップスターなのでこの論議の波紋は即座に広まった。だがソン・へギョは“受け入れるほどの指摘もある。努力する”という成熟した姿勢で対処と良くなる演技を見せて,演技力論議を寝かした。

実はソン・へギョには序盤台詞の分量が過度に多かったことがノ・ヒギョンドラマに適応するのに困難として作用されて,結果的に発音論議の言葉尻を提供した。ノ・ヒギョン作家も“へギョに台詞をとても多く渡して申し訳ない”という点を発して,強調した。

台詞が減った中盤に入り込んで,彼女の発音と演技はもっと自然になり安定した演技を見せた。中放時ソン・へギョに“台詞の量がとても多いのではないのか”という質問を投げると“こういうもの(台詞が多い作品)もやってああしたこともやってみなければならないでしょう”と答えた。

ソン・へギョは“10年以上演技生活をしながら,初めて私自身を顧みられるようにした作品だった”と‘クサセ’出演の意味を自評することもした。

ソン・へギョは以前出演したドラマとCFでは毎回可愛く子供のような感じを与えた。それで成熟した演技変身のために映画に行くように見えた。しかし‘青注意報’と‘黄真伊’等出演した映画がすべて不振で抜けた。‘黄真伊’では演技は無難だったがキャラクターが地味だった。ドラマ‘黄真伊’の主人公ハ・ジウォンに比べて強烈さも躍動性のなく落ちた。

だからまた戻ったドラマで彼女の演技はソン・へギョの演技歴史にあってかなり重要な位置を占めるほかはなかった。ソン・へギョは序盤演技に適応できないようだったが回を繰り返しながら,少しずつ克服していきながらCFスターではないことを証明した。

ソン・へギョは年末開かれるKBS演技大賞には参加しない。
ドラマ撮影で押し退けた中国の携帯電話の広告とシャンプーの広告撮影の日程が決まっているためだ。これにソン・へギョは“ファンらに申し訳ない”という言葉を伝えた。



▶毎回成長する俳優ヒョンビン

ヒョンビンは雷スターではない。毎回演技力が良くなる俳優だ。
だが2005年MBC‘私の名前はキムサムスン’がとてもヒットしたせいで常に劇中の愛称である‘サムシギ’と記憶された。

以後映画‘百万長者の初恋’とドラマ‘雪の女王’に出演してより良くなった姿を見せたが観客数と視聴率で注目をあびることができなかった。

だが‘クサセ’で一段階成長した演技力を認められた。
劇中ヒョンビンが引き受けたジオは人々が羨望するドラマPDという職業を持ったが貧しい家中の長男で,恋愛や仕事で内面的な葛藤を起こして緑内障という病気も彼の人生を左右するようになる複合的なキャラクターだ。演技者を誤って選べば本当に味気なくて地味な人物と表現される状況だった。

だがヒョンビンは誇張しないながらも成熟した演技で自然に配役を消化した。序盤ソン・へギョが発音論議により演技が弾む時もヒョンビンは安定した演技で二人はさっとよく似合ったという評価を受けた。

ヒョンビンは一つの行動,一つの台詞にも多様な感情を溶かさなければならないノ・ヒギョン作家のドラマがやさしいはずがなかっただろう。通俗と新派を論じながらも,人生の真正性を描き出す‘クサセ’にヒョンビンは期待以上の役割をやりこなした。

ヒョンビンの次の作品はクァク・ギョンテク監督のビッグヒット映画‘チング’をドラマ化した‘チング,その尽きない話’だ。来年上半期中放送されるこのドラマにヒョンビンはチャン・ドンゴンが演技したドンス役を担った。彼のまた一度の変身が期待される。

===================================================

毎回演技が良くなる俳優〜^^いい結果が出てきて嬉しいです...

SBSテルア,クサセのドラマ演出に感謝


SBS‘テルア’チーム“KBS‘クサセ’チームにありがとう”
‘テルア’‘クサセ’に視聴率30%‘テアル’で登場話題

SBS月火ドラマ‘テルア’が先週終映したKBS月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’に感謝を伝えた。
‘テルア’が同時間帯放送された競争作KBS‘彼らが生きる世の中’(以下クサセ)に有り難みを表わしたのはまさに‘クサセ’劇中‘テルア’をパロディにしたドラマ名が露出したためだ。

放送中巧妙に放送会社名とドラマ名を変えた視聴率調査が露出したことに対して,該当ドラマチームが感謝の気持ちを伝えて目を引いた。

クサセ最終回の16回放送中ジュニョン(ソン・へギョ)とジオ(ヒョンビン)が作った放送プログラム‘愛に対して’は視聴率27.1%を見せながら,ソウル首都圏3位をしたという設定を見せた。



その画面で2位にしたものは他でもない劇中UBSの‘テアル’は‘愛に対し’より高い位置に視聴率は何と30%に肉迫する29.7%.これに‘テルア’チームは放送を見て“知人らが‘彼らが生きる世の中’に‘テルア’に関する話が出てきたと聞いた。初めはびっくりしたが,放送内容を見てとても面白かった,また感謝した思いだった”と伝えながら“私たちの未来を予想したのではないか。現実で成し遂げられるように努力する”と伝えた。

‘テルア’公式ブログ(http://blog.naver.com/wineterroir)に放送画面をキャプチャーして感謝の気持ちを表わすなどお互いに対する愛情を誇示した。

KBSミニシリーズ‘クサセ’は放送関係者のPDらの話を生き生きと解いていきながら,視聴者らがいつも気になった放送の製作過程および裏話を見せて,多くの愛と関心を受けた。

一方‘テルア’は22日放送からソムリエに新たに出たウジュの変身が描かれながら,チソン(ユソン)とカン会長の過去と秘密が明らかになりながら,一層さらに緊張感ある話が繰り広げられるようになる。


SBS‘떼루아(テルア)’公式ブログより

おもしろい演出です...^^

ソン・へギョ演技大賞不参加海外遠征
ソン・へギョ年末授賞式登場できなくてごめんね
‘中国広告撮影先送りできない!‘演技大賞ごめんなさい!“授賞式も良いが海外仕事がとても多くて!”

ソン・へギョ不参加の便りがオンライン上で多くのネチズンらに大いなる関心を受けている。

KBSドラマ‘彼らが生きる世の中’(以下クサセ)で多くの愛を受けている俳優ソン・へギョがKBS演技大賞に参加しないと伝えられた。不参加理由は海外日程のためだと明らかにした。

韓流スターソン・へギョが‘KBS演技大賞’授賞式には延ばされた中国の携帯電話広告とシャンプー広告撮影のために出国しなければならず,やむをえず参加することができないと明らかにして,多くのファンらが惜しんでいる。

ソン・へギョは16日終映したKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’の撮影が終えるやいなやすぐに中国に発つと発表された。

クサセでイメージ変身に成功したという好評を得ているソン・ヘギョはドラマ序盤,発音演技力論議などが起きたが着実に努力する姿を見せて,むしろより大きい愛を受ける契機になった。

だから今回の演技大賞不参加にファンらが惜しみを表わしている。

ある演芸媒体の17日報道によればソン・へギョのある側近は“ソン・へギョがこれまでドラマ撮影のためにできなかった海外日程のためにすぐに出国しなければならない”“とうてい抜けられない日程だから演技大賞にはやむをえず参加できなくなった”と明らかにした。また年末まで海外で送ると発表された。

たとえ‘クサセ’視聴率は高くなくても‘マニア’ドラマとしての可能性を高く見せたドラマであり劇中でソン・へギョは視聴率に執着しない熱演で視聴者らに感動を与えた。

ソン・へギョは‘彼らが生きる世の中’の視聴率不振に対して“‘クサセ’を選択したことに後悔はない。人に対する愛情が充満するこのドラマに自分がご一緒できたことだけでも幸運だった”として愛情を表わすこともした。
多くのファンらは年末ソン・へギョ姿を見られなくて惜しいという反応と同時に海外ファンらの約束も重要視するソン・へギョの姿に拍手を送っている。

ソン・へギョは‘クサセ’打ち上げパーティを最後に国内活動をたたんで海外日程を消化する予定だ。

一方,ソン・へギョ側は‘クサセ’を通じて,演技の楽しみを悟っただけでなく出演が予定されたオ・ウサム監督の映画‘1949’の撮影が来年夏に進行されるから良い作品があるならすぐに次期作に姿を現わすこともできるという立場を伝えることもした。KBS演技大賞授賞式は来る31日進行される予定だ。

オム・キジュンクサセ終映に名残惜しく
‘クサセ’オム・キジュン“ほっとする反面名残惜しいです”終映所感明らかにして
KBS月火劇‘彼らが生きる世の中’で‘カチル魅力男’で目を引いたオム・キジュンがほっとする一方名残惜しいというドラマ終映所感を明らかにした。

オム・キジュンは自身の公式ホームページ(http://umkijoon.sidushq.com)を通じて‘クサセ’終映の惜しみとこれまであったエピソードを伝えた。

オム・キジュンは‘常にそれほどまで撮影が終ればほっとする一方名残惜しいが,今回の‘クサセ’は寂しい部分がもっと多い。

地方撮影が多くて,製作スタッフらと一緒にいる時間が長かったのでよりもっとなじんだ。そのためか撮影場の雰囲気もいつも楽しくて明るかったが,このように話をするともう懐かしくなる’と惜しんだ。

彼はまた‘本当に思うこともできなかったが,多くの方らがギュホを愛して下さってとても感謝しています。非難される覚悟でがんばって憎らしく演技しましたが,むしろそのことを魅力として見て下さって初めは演技をまともにできないのか?と心配で聞いた。今回のドラマを通して,悪役も愛されるんだという部分を感じた’とした。

引き続き‘周りの人が私とギュホが似ているという。はなはだしきは‘演技することが合うか’‘実際の姿と同じだ’という話もする。事実艶がない面があるがコミカルなキャラクターをお目見えした多作の時も同じ言葉を聞いたので,私にはコミカルな面も艶がない面も,真剣な面もあるようだ。演技者としては感謝した’だとした。

それと共に‘(ソ)ヒョリムと(チェ)ダニエルが一番会いたい。
どうしてもギュホと一番多くあたる部分が多くてそう思うようだ。特にダニエルとは劇中で敵同士だったのに,実際にはとても親しい。一緒にご飯も食べて酒も飲むほど親しくなった。打ち合いながら上げた征夷だからそうなのかさらに気楽で実の弟のような感じ’と同僚の愛を誇示した。

オム・キジュンは最後に‘あまりにも良い作品に出演したことも光栄なのに監督ニム,作家ニム,そして多くのスタッフの皆さんがとてもよくして下さってもっと幸せだった。新しい作品でも失望させない姿お見せするように努力する’と付け加えた。

一方オム・キジュンは劇中艶がないPDソン・ギュホ役を担ってPD本来の姿である時は熱情的に急変するが愛する人の前では純正派に変身する拒否できない魅力で人気を呼んだ。

オム・キジュンは来年3月放送されるMBCドラマ‘あなたを愛します’(演出イ・ジェドン脚本イ・スクチン)に出演,廃止を拾いながら生きていく無依託おばあさんソンイプン役を担ったナ・ムンヒのならず者息子で熱演する予定だ。


クサセ,登場人物ハッピーエンドで終映


‘クサセ’登場人物ハッピーエンドで大詰幕を下ろして
KBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(クサセ)が16日終映された。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'ファンらも幸せだった\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\'

‘クサセ’が登場人物らのハッピーエンドを描きながら,大詰の幕を下ろした。
16日最後の放送では主人公らの苦痛が終わりを結んでまた他の希望が泉がわいた。作品が到着した終着駅の名前は‘ハッピーエンド’だった。

‘クサセ’ではチョン・ジオ(ヒョンビン)がミニシリーズの撮影をしながら,緑内障により目が全く見えず撮影監督が事故に遭う場面とこれによって苦しむジュニョンの姿,その後の登場人物らの1年後の姿が描かれた。



チオはキューサインが相応時に成り立たず撮影監督が車にひかれる事故が起きて,心的に苦しむ。キム・ミンチョル(キムガプス)は自分の身も取りまとめられない人がどうやって演出を引き受けられるのかとジュニョン(ソン・へギョ)にミニシリーズの撮影を任せる。

チオは苦しい思い故郷へ戻って,ジュニョンは彼を訪ねて行く。ジュニョンは自分に目の病気を隠したジオに“どうして私にまで隠してたの”と怒る。迂余曲折の末にまた和解するようになった彼らは放送局に戻る。結局ジュニョンが共同演出をする条件でジオはミニシリーズの最後の撮影を終えるようになる。

1年後ジオはジュニョンのお母さんとも近づいて,ジュニョンとも変らずあれこれ愛を大きくする。



そして1年後,ギュホ(オムキジュン)のお父さんの反対によって離別を味わって,しばらく別れたヘジン(ソヒョリム)とギュホはこれ以上家族によって振り回されたくないと独立することに決心したギュホが自身の席を探したこと。

また一つになった二人はドラマで会った縁で結婚まで発表しながら,愛の結実を結んだ。特にこの日放送では別れた後,初めてヘジンを訪ねたギュホが彼女に信頼を植え付けるために吐きだした発言が印象深かった。“お父さんに行く道だったよ。俺の人生にそれほどちょっとタックルかけろと言って。行ってくる。”

株価操作疑惑で言論の猛攻格を受けて,また女性スキャンダル疑惑で検察で厳しい調査を受けた後,ユニョン(ペジョンオク)は悲しみと辛さを忘れるために結局酒に身を任せて,アルコール中毒にかかってしまった。

高いビルの上を自身の写真で飾った派手だったその時を思いながら,国民女優で愛されたその時を思いながら,ユニョンは恥辱感に陥って,自身を忘れた。だがユニョンのそばには最高の純真なキム・ミンチョル(キムガプス)がいた。帰れる彼と娘がいることにユニョンは頑張れる。

ユニョンは“少しの間米国に娘に会いに行く”として“娘を大きくすることがこんなに楽しいのか?その子見るのが男よりももっとときめく”とトップスター女優ユニョンでない平凡なママユニョンの姿を見せた。引き続きユニョンはイ・ウンミの‘恋人います’を大きくつけて口ずさんだ。

キム・ミンチョル(キムガプス)もユニョンと絶対別れないと念を押して,1年後ユニョンはそのように捨てたくなかったトップスターとしての自尊心を捨てて市場通りで悪口を言いながら,頭を握りしめて戦うポグモリおばさんの演技をしながら,今一度大衆前に立った。本来の席を取り戻して以前と同じ名声を取り戻しながら,俳優としてまた立った。

盲目的に彼女を守ってくれるキム・ミンチョルも変わらない姿.すでに2度,大きい山を勝ち抜いた二人はより一層硬くなった信頼関係でユニョンと永い歳月に戻り,結局お互いを心より惜しむ姿を見せながら,視聴者らを微笑ましくした。



ヤン・スギョン(チェダニエル)もジュニョンに対する思いを整理して撮影場ではつらつな助監督の姿に戻る。最後の場面は妊娠の可否においてあれこれいうジオとジュニョンの幸せな姿が描かれて,見る人々を楽しくした。

視聴者らは該当プログラム掲示板に“‘クサセ’シーズン2を製作してくれ”“ヒョンビン-ソンへギョカップルのためにとても楽しく視聴した”“もう最終回だなんてとても惜しい”“愛を知っている人らが見るドラマだった”“得意になって泣いて笑いながら寝る前夫との恋愛時節を回想しながら送った毎日だった”として終映に対する惜しみを表わした。掲示板にあふれた多くの所感らは一言でこのプログラムに対する視聴者らの愛情深い献詞だった。

ある放送会社ドラマ製作局を背景にした‘クサセ’は現実感ある劇の展開とリアルな心理描写とドラマの中で主人公らの優れた独白で‘名品ドラマ’という評価を受けた。だが放送内で低調な視聴率を記録,周囲の惜しみを買うこともした。



この日の放送でドラマ‘彼らが生きる世の中’が7.7%の視聴率で終映した。視聴率調査会社TNSメディアコリア調査結果,16日放送された。これは15日放送された15回6.9%に比べて,0.8%P上昇した数値.だが結局‘彼らが生きる世の中’は放映中ずっとただの一度も一桁数視聴率から抜け出すことができず残念な思いをした。

一方MBC月火ドラマ‘エデンの東方’は視聴率30%台に進入,32.3%という自らの最高視聴率を更新する気炎を吐いた。またSBS‘テルア’も8.4%を記録しながら,自らの最高視聴率を記録した。

ユニョン,ミンチョル苦悩の行路15回.


‘クサセ’ペジョンオク-キムガプス順調ではない行路
15日放送されたKBS2‘彼らが生きる世の中’を通じて,ユニョン(ペジョンオク)の受難が繰り広げられた。株価操作疑惑で召還された後マスコミの攻撃によって,人生がすべて木っ端微塵に破綻になってしまったこと。

それによってミンチョル(キムガプス)のプロポーズが不発される状況が行われながら残念さをより増した。共に離れたバカンス地でデートを約束した二人は手にあまった姿だった。

特に早目に約束場所に到着したミンチョルは彼女のために準備した指輪を取り出しながら,期待する姿。しかし一通の電話がミンチョルの楽しい計画を亡ぼした。演芸企画会社代表であるユニョンが株価操作疑惑を受けた。



ミンチョルに向かう車の中でユニョンが受けた電話は彼女の疑惑をつく弁護士の通知であった。“行って話して。車回して。車回せといってるのが聞こえない?ソウル行くんじゃないの!”

電話を切った後,マネジャーに向かって,ひとしきり吐き出したユニョンはミンチョルと会うために装った装身具もはずしてしまった。独り残されたミンチョルには“ミン代表様急な仕事があって,ソウルへ行きます”という内容の紙切れだけが残されただけだった。

ソウルに到着した後,ユニョンの報せに接したミンチョルは約束場所に現れない彼女に対する誤解は解けたがより大きい山があった。ミンチョルの前妻が再婚することになりながら,娘を引き受けて育てることになったこと。疲れたユニョンを抱いてあげることもできない痛ましい状況に直面した。



現在‘クサセ’は終映まで1話を残している。
別れたジオ(ヒョンビン)とジュニョン(ソン・へギョ)の再会が描かれながら終わっている。こういう状況の中で突然のユニョンとミンチョルの危機は当惑する。果たして二人が描き出すドラマがハッピーエンドを迎えられるか,視聴者らの帰趨が注目される。

一方この日放送された‘彼らが生きる世の中’では独り残された二人の男ギュホ(オムキジュン)とスギョン(チェダニエル)が激しい体当たりをした。他人によって,恋人と離別した男と愛の心を疑心された男の争いが画面を痛々しく描かれた。

クサセ,ジオ,ジュニョン涙の再会15回
‘クサセ’ジオ-ジュニョン切ない涙の再会
“たくさん愛して,申し訳なくて...そして俺たちもう二度と絶対別れないようにしよう”

‘クサセ’終映控えてジオ-ジュニョン切ない愛の再会...ハッピーエンドになるだろうか?

チオの一方的な言葉によって,離別の痛みを味わった二人が劇的にまた会った。

愛は通俗的だ。

別れた恋人たちも懐かしいという言葉,別れるのはやめようという誓いがなくても暖かい抱擁だけで,また閉じられた心をするっと開くようになったりする。

だが愛は新派的で,誘致きらびやかでそれ自体だけでも美しい。

15日放送されたKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(クサセ) 15回でチョン・ジオ(ヒョンビン)とチュ・ジュニョン(ソン・へギョ)は残念な離別の後によりもっとお互いに向かった切ない愛を確認した。

チュニョンはことごとくスギョン(チェダニエル)と関わり合いながら,ジオの嫉妬心を誘発して,ジオはそんなジュニョンを見ながら,痛み胸を握りしめた。

チュニョンはジオに“そのまま見てたら口だけで行動がが伴なわなかった。ドラマが人生だって?苦ではなく?”“自分より良く過ごして,賢くて,純粋で,愛に真剣な女の手にあまって恥ずかしくなって逃げたいでしょう?”と鋭く言い放って,ジオは何も言うことができなかった。

チオは“いつまでそんなことを?俺を見れば横目で睨んでちくちくと...”とジュニョンに言うが“私が言った?もう止めると!私が先輩に言ったのはいじめて,がつんと当てたのでなく忠告だ”“言葉もほどほどにうるさくて”と問い詰めるジュニョンの前で再び首をうな垂れた。

皆生きてるから....

自分がしょげて,よく生きるジュニョンが負担になって,離別を選んだチオだった。

チュニョンの涙がジオの心を動かした。理由もわからないまま,ジオと別れなければならなかったジュニョン.離別後遺症で苦痛受けたジュニョンがついにジオに向かって,胸の内を打ち明けた。突然の別れとジオの態度によって疲れた姿が歴然だった。



新しい作品を準備しようとするジオに“新しいドラマは真の愛物語だって?自分のガールフレンドが自分の気を殺すように暮らそうとする瞬間恥ずかしくなることにも勝てないで,前の日まで抱き合って一日でそれ位で終わろうと言ったあなたが?言葉もほどほどに頻繁にして.”と皮肉を言った。

飛行機内で目の事故を起こし,ジオが緑内障のために手術をしながら,ジオとジュニョンの間にはドラマのような愛の反戦ができた。手術をしたが目がかすんで見にくいジオは何か大きな決心をしたかのように数日後,深夜にジュニョンを訪ねて,言葉なくジュニョンの手を握り,拒否する彼女を抱きしめながらキスをした。





ジュニョンは“どうして.数ヶ月ぶりに訪ねてきて”“私がおもしろい?勝手に行っておいて”と言いながら愛するジオのキスはこれまで大変だった彼女の心を溶かしていった。

一緒にいようと,申し訳ないという,色々な意味が込められたキスだった。恋人でまた会った二人は共に夜を明かしながら,その間の痛みを解いた。

チオはたとえ視力が失っても胸の中で埋めていた愛を探すようになった.
BR>再び一つになったジオと俊ジュニョンは以前の活気を取り戻した。離別を体験したのに索漠さなくお互いに対して共にする姿は以前のままだった。次の日ジュニョンと一緒に川岸家に行ったジオはその帰り道車の中で,胸中に閉じ込めていたジュニョンに向かった感情を告白した。



“愛してる。とても愛して,とても会いたくて,申し訳なくて...そして俺たちもう絶対別れるのはやめよう”と突然愛の告白をした。

終映まで1話.

劇的に再会した二人だが幸せな結末を結ぶかは未知数だ。
“それじゃ今回のドラマは私たちの話なの?ハッピーエンドなの?サッドエンディング?”と尋ねるジュニョンにジオはノーコメントで一貫しながら,即答を避けた。



また最後の16回予告篇でジュニョンはジオの左目が見えないという事実を知るようになって,“私にどうして,いつまで私をだまそうと思ってた?”と大声を張り上げて怒鳴るジュニョンの姿が公開されてジオの目がこれからどうなるのか気になる事を集めた。二人が描いていく最後の話が期待される。

ホームページにはやり直した恋人の‘ハッピーエンド’を願う視聴者らの願いが続いた。

一方この日放送された‘彼らが生きる世の中’ではユニョンに向かったミンチョルのプロポーズが不発なって残念さをかもし出した。

===============================================================================

ぁう...ジオ...T_T。
ぅ〜んこの雰囲気..どことなく日本ドラマの演出に似た匂いを感じます...
自分の危機に面して,はたと気づき..申し訳なさそうにジュニョンを尋ねるジオ...(気づいてくれてよかった…)
そのあとにも…ジオ本当に特別でない普通の男性の雰囲気漂ってます...
二度目のベッドシーンはやさしくジオの切なさを感じた愛情シーンでした...

ジオの目から血が流れたときはどうしようかと思ったんですっ〜!!本当にびっくりしたんですって〜...T_T。
機内ではあの後どうなってたんでしょう...

そして予告編では毎度お騒がせヤンオンニ..スギョンが号泣してますね...
面白いほどにわが道向かっていたヤンオンニ..気づくの遅すぎなんですって〜〜!!!
..可哀想だけれど...

いよいよ本日最終日です...

クサセ,パンユゴル演技がしたかった
パンユゴル“演技しようと名前変えようとしました”
KBS 2TV‘彼らが生きる世の中’でドラマデビュー

1998年あるTV娯楽プログラム,特異な名前を持ったある男の子が学校の屋上で独特の動作で自身の名前を叫んで高校生スターとなる。

SBS‘うれしい私たちの土曜日’の‘ヤンパワー胸を開け’コーナーで“我が国にパン氏もいます。パン-ユー-ゴル-”と声を限りに張り上げながら,パン氏の存在を全国に知らせたパンユゴルだ。

その後10年ぶりにKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン,演出ピョミンス キムギュテ)を通じて,彼が演技者に戻った。

世宗大映画芸術学出身のパンユゴルはSBSシチュエーションコメディ‘行進’と映画‘イ・テグン,イ・テグン’の出演経験があるがドラマは今回が初めてだ。

“本来演技をしようとしました。中学校の時から演劇部活動をしました。心があったが運良く放送に出ることになって放送をするようになった。何もわからずに準備ができない状態で突然活動しながら気が動転しました。そうするうちに人気が落ちて演技勉強をしなければならないと思いました。”

一気に有名になるようになり各種娯楽プログラムに出演したが自ら望んだ演技者になるには力不足だった。独特の浮気心で有名になったがそのイメージ演技者変身には障害物として作用した。屋上の上のコミカルな少年のイメージが強く残って真剣な映画にはオーディション参加さえ拒絶されて,彼は改名を深刻に悩むこともした。

“どこへ行けば10年が過ぎた今でも‘パン-ユ-ゴル’動作をさせます。(笑)常にコミカルで軽く見るから変化を与えようと名前を変えてみるか悩みましたよ。突然有名になって,人生が変わってそのおかげをこうむったのも多いがそのイメージのためにしたい道と違った方向に行くようになったのもあるからです。”

こういう悩みを体験しながら,活動がまばらになって彼は大学で黙黙と実力を積んだ。軍隊でも教生活をしている間MCも抜擢されて,各種行事の進行を引き受けた。イメージ変身のために悩んだ彼に担当教授だった演技者イ・スンジェの“積み重ねたイメージを捨てずに長所で生かせ。その分野で最高になれ”という助言は大きい力になった。

10年ぶりに訪ねてきた機会の‘彼らが生きる世の中’で彼は劇中ジオ(ヒョンビン)の助演出事故固まりキャラクターチョリ役に出演中だ。自身のイメージによく合う負担なくおもしろい役であるわけだ。その中で彼は少しずつ違う姿を見せようと努力中だ。

“一番やりたいことをするのでとても期待をたくさんして負担も大きかったです。初めはすべてをよくわからなかったが少しずつ調べてみました。演技がめちゃくちゃだという声は聞かずに,幸運でしょう。比重が大きいわけではない役割だが,今自分の位置で最もよく消化できる役ではないかと思って,満足しています。”

もう演技者で本格的に始めて足を踏み入れた彼は着実に前に進むことを目標としてパンユゴルという名前に合う演技者になることを念を押している。“今は特異な名前をありがたく考えます。名前のためか10年前パンユゴルを記憶して応援して下さる方らがいます。スターで注目されたい思いよりはパンユゴルだけができることを探して,ソン・ヒョンジュ先輩のようにいつも着実に注目されながら,自分だけのキャラクターを持った俳優になりたいです。”

======================================

がんばってください〜^^

クサセ,キムチャンワンショープロ初出演






























‘こだま’キムチャンワン,デビュー31年ぶりに芸能初めての出演
韓国ロックの伝説‘こだま’の一番上の兄キムチャンワンがデビュー31年ぶりに初めてTVバラエティーショーに出演した。

キムチャンワンは最近進行されたKBS‘ハッピーサンデー-不朽の名曲’に出演,演技者ではない歌手キムチャンワンの真価を見せた。キムチャンワンは三兄弟(キムチャンワン,キムチャンフン,キムチャンイク)で構成されたロックバンド‘こだま’で1977年1集‘いやすでに’でデビューして,当時50万枚という奇跡に近い販売高を記録した。

これまで‘山おじいさん’,‘お母さんとサバ’,‘君の意味’,‘回想’などの名曲を残した。キムチャンワンは続いた製作スタッフの出演を考査して去る30余年音楽社を整理して‘キムチャンワンバンド’というタイトルで新しいメンバーを構成,歌手としての活動を準備しながら‘不朽の名曲’出演を受諾した。

キムチャンワンは‘こだま’アルバム表示に直接描いた絵と7集に収録された‘青春’の誕生飛火を紹介したが,アルバム表示は直接クレパスでかいたものの反応が良くて,以後毎アルバムごとにシリーズで構成したという。

また‘青春’に対しては“息子満1才の誕生日パーティの日知り合い年寄りたちと,友人らがたくさん来ていた時,一人で小部屋に座って,夢中になって考えたが私の青春がこんなふうに行って,作曲した歌”と説明した。それと共に"今考えてみればうちの子に申し訳ないね”といった。

キムチャンワンは歌手でデビューする前に銀行員を準備していた理由も公開した。彼は“本来銀行員を準備していた。弟らと1集アルバムの録音をしていたが,銀行入社試験とレコード録音日が重なった”“入社試験をあきらめて録音しに行った”と話した。

この日録画には映画俳優コン・ヒョンジンとチョアン,イ・ソンジンなどが出演した。放送は来る14日午後5時30分KBS 2TVを通して放送される。

====================================================

わぁ〜ヒョンソプCPニム歌を歌われてたんですね〜ん^^*
いやいやいや...入社試験が大事でわ???

クサセ,ジュニョンが乗る車提供社
‘彼ら...世の中’でジュニョン(ソン・へギョ)が乗る車は...
車業界PPLマーケティング‘活発’

‘ミド’熱風乗ってジェネシス・サンタペ浮上
国内ドラマ・映画からも大挙登場注目

◇人気俳優ソン・へギョとヒョンビンが登場するKBS2月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’で姿を表わした現代(ヒョンデ)車ジェネシスクーペ.

“ドラマでソン・へギョが乗っている車は何?”

人気ドラマは高価品の車を広告で出すことに役立つ。
スターの背光に力づけられて,噂が早い。自動車企業等がTVドラマや映画に自社車両を支援するPPL(Product Placement)マーケティング技法に熱を上げる理由だ。

国内完成車企業等にもうPPLは国内外で主要な広告手段中一つで席を占めた。現代(ヒョンデ)車ジェネシスとサンタペが最近放映された米国の人気ドラマ

‘24リデムション’で姿を表わして目を引いた。‘24リデムション’はCSI,フリーズはブレーキなどと共に国内に‘ミド’(米国ドラマ)熱風を追い立てたドラマ.来年1月に放映される‘24シーズン7’に先立って製作された‘24リデムション’は去る11月23日(現地時間) 2時間米国全域に放映された。

このドラマでサンタペは序盤に姿を見せてジェネシスは車両外部と一緒に内部も詳しく出されながら,ステアリングホイールとディスプレーモニターの現代(ヒョンデ)車ロゴも鮮明に浮び上がった。ハリウッド映画やドラマに現代(ヒョンデ)車が登場したのが初めてではないが,過ぎ行く画面で少しずつ登場したものが大部分だった。


◇現代(ヒョンデ)車ジェネシスが最近放映された米国の人気ドラマ‘24リデムション’で姿を表わして,
米国人らの注目をひきつけた。


現代(ヒョンデ)車米国販売法人はマーケティング専門代行社のデービー・ブラウンエンターテイメント社を通して,映画やドラマでPPLマーケティングに積極的に進んでいる。現代(ヒョンデ)車は先立って米国の人気ドラマ‘トーユニット’にもジェネシスを登場させたことがある。私たちのドラマでPPLはより一層活発だ。

人気俳優ソン・へギョとヒョンビンが登場するKBS2月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’ではジェネシスクーペとジェネシス,アバンテ,グレンジャー,トサンを難しくなく見られる。

ニューフェースPD役に出るソン・へギョが最近新車ジェネシスクーペに乗って登場して,視聴者らの注目をひきつけることもした。KBS1一日連続ドラマ‘あなたは私の運命’にもジェネシスとi30等現代車が多数登場する。

人気の下に終映したKBS1一日連続ドラマ‘ミウナゴウナ’に出てきた主人公ハン・ジヘが乗ったi30はドラマが終わった後“ハン・ジヘが乗った車と同じ色の車が欲しい”という顧客らが少なくなかったという後日の噂だ。

映画では‘素敵な一日’の女主人公チョン・ドヨンが乗ったアバンテが関心を受けた。キア車は最近‘ガンマネマ症候群’を作り出したMBC水木ドラマ‘ベートーベンウイルス’にフォルトとロチェ,ソウルなどを大挙登場させた。特に女主人公鶴役を担ったイジアが乗った‘フォルト’は音楽用語と同じという点でクラシックを素材にしたドラマと相性がよく合った。

キアの新車ソウルはチョン・ジュナとイ・スグンなど人気コメディアンが出演するMBCドラマネットの芸能プロ‘食神遠征隊’で‘シクシンカ’というニックネームを得ることもした。

ルノー三星もPPLに精魂を込めている。2001年SBSドラマ双子のあなたを始め4件のPPLを始めて,今年まで53件のPPLをお目見えした。今年だけ見ればドラマ‘一族の光栄’にSM7が登場したのをはじめとして‘太陽の女’,‘金枝玉葉’,‘オンエア’等人気ドラマにルノー三星モデルらが行きかって出演した。

SMシリーズとSUVのQM5は映画‘空を歩く少年’と‘ドライビング ミスキムオクプン’,‘謝罪’,‘キッチン’等にお目見えして注目をあびた。サンヨン車は主力セダンのニュチェアマンを筆頭に空中波放送3社の主要ドラマを習得している。KBSの‘グッバイ ソロ’,‘愛もかわりになりますか’,‘その女の選択’等にニューチェアマンとレクストン,カイランなどが登場して,MBCの人気ドラマ‘宮’と‘おもいきりハイキック’等でも間違いなくニューチェアマンをお目見えした。

この外にSBS‘空よ’ではニューチェアマン,ニューコランド,エクティオン,カイラ二,‘マイガール’ではニューチェアマンとエクティオンが姿を表わして関心を引いた。

GMデウはMBC月火ドラマ‘エデンの東’にベリタスから全車種が,水木ドラマ‘総合病院2’に主人公イ・ジェリョンの車両でトスカをお目見えしている。GMデウは封切りを前にして映画‘遺憾な都市’にはウィンストムメックスを提供した。最近では韓国ドラマが東南アジア地域など海外に輸出されて,大人気を享受することによってPPLの効果はより一層大きくなっていく傾向だ。

業界関係者は“‘トランスフォーマー’のようなハリウッド映画での製品露出は一般広告より何倍以上の広告効果を持ってこれる”“本格的なPPLを通して高い広告効果と一緒にブランド認知度の上昇を持ってくることと期待している”と話した。

=========================================================

監督にはちょっと不向き?と感じた車だけれど...
気になっていた車です...これほすぃ〜...^^

チョンソクウォン-オヨンジュン,寄付参加
‘浮び上がる新人スター’チョンソクウォン-オヨンジュン,寄付参加!
去る8日開かれたムィシャジュエリー慈善バザー及び大韓民国ジュエリーアワードの二人の新人俳優が話題だ。

彼らはチョンソクウォンとオヨンジュンで大韓民国ジュエリーアワード行事のジュエリーショーにモデルとして耳目を集中させている。

180cmを越える背が高くスマートな身長と小さい顔のフンナム容貌で堂々とランウェーを歩いた。特にチョンソクウォンは最近ピと似た容貌でこの前シンガポールでピと誤解を受けるハプニングが行われることもした。

現在ドラマ‘彼らが生きる世の中’で人気主演俳優で新人には幸せな配役で演技中だ。

またオヨンジュンはこの日行事で2007ミスコリアジンイジソンとウェディングカップルでジュエリーショーのフィナーレを美しく飾った。

オヨンジュンもまたドラマ‘彼らが生きる世の中’でペジョンオクの相手俳優で演技している。ジュエリーショーでオヨンジュンは純正漫画から出たような優秀な目つきでジュエリーの美しさを適切に,表現しやり遂げたという評価だ。

この日フォトワールでチョンソクウォンとオヨンジュンは自身が所蔵していた指輪を即寄付して,慈善バザールで意味を共にした。彼らが出したジュエリーの収益金は江南区の一人暮しの老人を助けるために寄付される予定だ。

クサセ,ジオの離別後遺症...14回


‘クサセ’チョン・ジオ,その男が離別に対処する方法
あんなに愛してたチュ・ジュニョンと離別した。

実は別れて一ヶ月余過ぎた今は大変だった離別の理由さえ思い出せない。
ジュニョンの笑いを聞くたびに,ジュニョンの姿が見えるたびになぜか耳が,目が離せない。絶対に慣れていかない,
だからあまりに慣れない離別の瞬間をどう対処するべきなのかまったくわからない。



9日放送されたKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(クサセ) 14回でジオは離別の困難を実感した。
ジオは“一時とうてい出来ると思ってなかった世の中すべての恐れも繰り返すと慣れて甘くなると信じた”
“今は昔の恋人の背信,自分ではない他の男と笑うジュニョンの姿には慣れない”と話した。

別れたがジオはジュニョンの一挙手一投足が気になってたまらない。
タクシーに乗るジュニョンがどこへ行くのか気になって,他の男とデートしたジュニョンの服のそでがなぜぬれたのか気になり,一人で家に帰らせたが無事に帰ったのかも気になる。いったい他の人は愛した人とどんなふうに別れるのか,当惑する離別の前にジオはただ強いふりをしながら冷や汗が流れるだけ。



チオはまったく自分がわからない。
明らかにジュニョンの心を知りながらも知らないふりをしながら自分の姿がまったく理解できない。
ジオは自身を前に“1ケ月が過ぎた今も別れた理由がわからない”

“私がなぜあなたにつきまとうのかわからない?”と尋ねるジュニョンを見ながら,自ら‘抱きたいと,愛してると言いたいのに,なぜおかしな言葉だけ言うのか?’と問いかけるだけだ。

チオはまったく離別に慣れていない。
初恋ヨンヒと別れる時もジュニョンと別れる時もジオはただもっと残酷になって,仕事に狂って,必死で強い振りをしながら勝ち抜いていく。だが外で吐き出すことができずに,胸中に積もってゆく涙はいつかダムが崩れるように爆発するはずだ。

いつか洪水のように爆発させるようにあふれるジオの離別後遺症はいくらも残っていなかったのかもしれない。



ジュニョンとジオは離別の痛みを忘れようとそれぞれスギョンとヨンヒに会うがより一層懐かしさがより増して,
ジュニョンはジオがヨンヒと一緒にいる姿を見て再び傷を受ける。

============================================================================

ジオ...本当にめんどくさいナムジャです...ジュニョンも悪いけれど...
自尊心が何..自分の気持ちがそこにあるならそれが本心で...自分の気持ちに従うだけなのに...
受ける側は大変なんです...いっそそのまま冷徹さを継続してください...




キュホ-ヘジン,涙で離別する視聴者も泣いた!
すべての愛には終わりがある。だが愛の感情が冷めていない状態で無理に受け入れなければならない愛の終わりは胸が裂けるほど病的苦痛と持て余せない涙を伴ったりする。

冷血なソン・ギュホも愛の前では仕方ない男だった。
ギュホが離別の傷を前に涙を流した。

別れることが予告されて残念さを買ったギュホ(オムキジュン)-ヘジン(ソヒョリム)カップルが結局涙が切なく別れながら,視聴者らを胸を痛くさせた。9日放送された‘クサセ’14回でギュホは見ているだけで微笑を浮かべられる,触れるだけで震えさせる,それほどまでに愛していたチョン・ヘジンと離別した。



この日放送でヘジンはインタビュー中ギュホに対する心を隠すことができず所属社から別れることを強要される姿を演技した。また,このインタビューを知ったギュホの父は大統領選挙のためイメージが悪いとヘジンと別れろと叱責を受けた。

2人は結局別れることを決心して静かな山寺で最後の旅行へ出発した。ドラマ撮影を終えたギュホはヘジンの所属社社長のユニョン(ペジョンオク)に電話をかけて,ヘジンを5日だけ借してほしいとお願いする。

ギュホはユニョンの承諾を得るために“僕も子供ではない,わかってらっしゃるように僕の父もいらっしゃいます...こんな話をしなければならない?”と懐柔をしたりもして,“一度だけ見てください。姉さん”と愛嬌を見せることもした。

キュホが選んだ離別場所は他でもない静かな山寺.
ギュホはヘジンと5日間テンプルステイをしながら,黙言随行で二人だけの最後時間を送った。そして気持ちを整理した。だが平温を探すために尋ねた寺でギュホの頭と心はよりもっと複雑になっていった。

ギュホはヘジンを見つめながら,ひっそりとため息をついたり,参禅をしながらもなかなかヘジンから目を離すことができなかった。



そのように5日を過ごした最後の日ギュホはクールにヘジンに離別を伝えた。ギュホは“君は幼くて,よくわからないが生きていれば男と女と別れることぐらい何でもない”“いい俳優になれ。今でも綺麗な顔だから後でも顔は直さずに”と大人のように助言もはずさなかった。

その上“放送局で会えば互いに笑いながら,安否を尋ねる間になろう”と付け加えることまで。

ヘジンはギュホに“監督ニムも作品うまくいくように”という一言だけをかろうじて渡しただけだった。だが喧嘩して終わらせるわけではないが,背を向けることは止めようというギュホの言葉にヘジンは涙をぽろぽろ流しながら“自分がそうするように”と叱責する言葉を投げた。

髪の毛を触るギュホに“手を付けないで”ときっぱりというヘジンは結局わぁと涙腺を吐き出した。涙を流したのはギュホも同じ。ヘジンの前では必死で強いふりをしたが,ヘジンのマネジャーに“チョン・ヘジンはいい俳優だ。むやみに逃さないでほしい。でなければ君は死ぬ”とそう言って彼女に対する真心を伝えてじぃんとするようにさせた。



車を走らせる途中,ギュホはチョン・ジオに電話をして“俺,チョン・ヘジンと別れた。一緒に酒飲んでくれ”と結局同じように堪えながら大変で堪えていた涙を吐き出して,視聴者らの涙腺を刺激した。真の愛による離別の痛みは冷血一でも暖かい涙を流すようにさせた。

俳優オムキジュン離別の前の繊細で深い内面演技で視聴者に好評を得た。
“胸が痛い”“真心のように感じられた。あまりに真っ直ぐな演技”“じっと我慢していた涙が溢れて流れたギュホの姿に私も一緒に泣いた”“詰まった感じでよく聞こえなくなった胸をどうすればいいのか...必ずまた会うように”“このまま別れることにはならずに!再結合するようにして下さい!”等をドラマ掲示板に上げながら残念さを伝えている。

一方オムキジュンは来年3月放送予定のカンプル原作MBC‘あなたを愛しています’(脚本イ・スクチン/演出イ・ジェドン)で廃止を拾いながら生きていく無依託のおばあさんソンイプン(ナ・ムンヒ)のならず者息子で変身する。

==============================================================

可哀想でした...好きなのに別れなければならなくて...業界の世界を感じます...

ギュホもすでに次期作が決まっていますね^^..
とても演技が上手な方なので,また違う姿見せていただきたいです..

私もジオのような息子がいたら...

























私もヒョンビンみたいな息子がいたらいい TV自由部員
KBS‘彼らが生きる世の中’でジオ(ヒョンビン)が病院に入院中のママ(ナムンヒ)にお別れのポッポを一回しようと飛びかかるシーンを見ている途中“オオッ,ヒョンビンがうちの息子なら良いなぁ”欠点私たちの娘もそばで“私も,私も,ヒョンビンが私の弟ならどんなにいいか!”と大騒ぎだった。

ところが,瞬間後頭部に冷たい視線が感じられて背を向けたらちょうどお休みで出た息子が私たちを眺めているではないか。厳冬厳寒に自分は軍隊で生苦生なのに家ではこうしているからあきれたりもするだろう。しかしうちの家族は元々空虚な日をこうやって遊ぶからどうするか。

息子も前には MBC‘エデンの東’の小さいママ(チョンミソン)みたいな‘ママ’がいれば良いという話も。実は誰でも本気でも ‘家族の誰かが違う人だったらどうかな?’という考えはみんなして見るのではないか。笑おうと言ったが,歌手ユンジョンシンも KBS‘happy together’で幼い時迷子になった時自分をしばらく預かってくれた家庭の富裕な生活に家族が自分を捜さなければ良いという気がしたと言う。

特に私たち幼い時は生きにくい時代なのでそうだったのかマンガ ‘硝子の性’やドラマ‘愛と真実’のように金持ち生母が現われてシンデレラになるように夢見る子たちも多かった。

クサセ,ジュニョンの離別後遺症..13回


‘クサセ’‘ジュニョイこんなに悲しいけどジオは何を願うの?’
‘クサセ’ヒョンビン-ソン・へギョ,予想すらできない離別後遺症にふらふら

私たちは離別した。愛の思い出と離別の傷は離別する瞬間すべて終われば良いのに,なぜ幸せだった記憶はそのまま残ってしきりに困らせるか?朝かろうじて目を開くベッドの上,おいしいご飯を食べて皿洗いするシンク台の前,乗って通うエレベーターの中...愛の記憶があちこちに残ってしきりに手に負えなくなる。

別れを体験したジオとジュニョンの頻繁にでくわす姿が反映された。ジュニョンはずっとジオと一緒にいるような錯覚の中でつらく感じなければならなかった,ジオはナレーションを通して,ファン・ジウ詩人の‘痛恨の後悔’を?今心情を対面した.



8日放送されたKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(クサセ) 13回でチョン・ジオ(ヒョンビン)とチュ・ジュニョン(ソン・へギョ)はあちこちに乱舞する予想値できない離別後遺症に力に余るといった。

忘れられないジオの記憶に2人だけの思い出が立ちこめた家を訪ねて行ったジュニョンはその家が壊されていることも足りなくて,ジオが向こうで初恋ヨンヒ(チャスヨン)と一緒にいるのを見てまた傷を受けた。

よほどでなければそんなふうに自分の面倒をして,ぞっとするように嫌いだったヤン・スギョン(チェダニエル)と真剣に付き合ってみるつもりまでしたほどの話だ。

チュニョンは撮影場で偶然に会ったジオのお母さんとお父さんが自分を特別に気立てが優しく接してくれるのを見て胸が裂けた。ジュニョンは“二人が会って別れたらすべてがゼロに戻らなくてはならないのに実際はそうではない”“恋人と別れたことも胸が痛いがそれを知らずに私を見て子供のように好きなこの大人たちを見るのも充分でなく大変だ”と吐露した。



難しいことはジオも同じ。ジオはジュニョンを見つめるたびに胸が痛かった。価値観,性格対立,貧富格差を理由で決別したが実はまだ愛している。ジオの田舎の家に偶然ではなく訪ねて行ったジュニョンが“私たちの関係また後で戻りたくないでしょう?”という問いに“おまえはそこへ行ってもそんなこと言うのか?”とジオは大声を出した。貧しい家はジオが唯一恥ずかしがることだ。

ヨンヒと酒の席を持ったジオはそこで会ったジュニョンのママが,江南にビルを何軒か持っているジュニョンのママが自分が買った安もののスカーフをしているのを見て不思議な気持ちを感じた。

ジオは“俺の自尊心を守りながら俺はあの子を捨てたが,それじゃ守られた俺の自尊心は今いったいどこにあるのか?”と言って手が負えないといった。今はジオもいったいなぜ別れたことかこんがらかった。

この日放送を見た視聴者らはドラマ掲示板に“ジオが真の愛を悟るように願う”“ジュニョンとジオの電話を聞きながら,思わず過去の愛が思い浮かんで,涙を流した”“このように共感するドラマは初めてだ”“ジュニョンとジオがまた付き合うようにして下さい”という文を残して残念な心情を伝えた。



‘クサセ’カチルナムソン・ギュホ愛の前では限りなく弱い男“俺の人生はみっともない
KBS2‘彼らが生きる世の中’でとんでもない離別風が吹き荒れた。最近ではジオ-ジュニョンに続きギュホ-ヘジンカップルまで離別の兆しを見せたこと。あれこれ育てていく愛の楽しみを味わったオムキジュンが離別危機に処した。

8日放送されたKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(クサセ) 13回で離別を前にしてギュホの真剣な悩みが電波に乗った。ヘジンのインタビューが禍根になった。スターPDソン・ギュホ(オムキジュン)は新人女優チョン・ヘジン(ソヒョリム)と離別する危機に置かれた。

最近次世代俳優で急浮上したヘジンはある言論とのインタビューでギュホと腕を組んだまま“私は監督ニムが一番好きです”と話したことがある。これに対して次期大統領選挙を準備中のギュホの父親が別れることを督促して出た。政治家の父をおいたギュホの良い家と放送で公然と愛を告白する可愛い恋人が大問題になった。ヘジンを“浅はかだ”と卑下しながら,イメージ管理に役に立たないと事を決めた。

キュホはチョン・ジオ(ヒョンビン)の家を訳もなく訪ねて“今,俺の鼻が席子だ。父さんが上手く行って,心配で,俺の恋人はとても可愛いけどTVに顔が入って,心配だ”“ドラマの中の人生は常勝疾走だが俺の人生はみっともなくて,心配だ”と心境を吐露した。

キュホは“父さんは次期大統領選挙を準備することでイメージ管理のために努めているところだ”“俺の恋人が俺が好きだとTVで真心に充ちてかっこうを飛ばしたことが禍根になったよ。浅はかだと?別れろといわれて。それも直接ではなく弁護士から伝えられた”と淡々とこんな事を打ち明けたギュホはあきれたという表情で失笑した。。

そのまま無視してはいけないのかというジオは黙黙と聞いていたが“お父さんはお父さん,おまえはおまえ。だめか?”と尋ねてギュホはまた一度口を開いた。”ロイヤルファミリーの関係をよく知らないんだな。キング,クイーン,ジュニアが一組だ。カードのように。俺たちはいつも一緒に遊んで。一緒に遊ばなければ力がないから”

引き続きギュホは“離別の理由がどんな形で大統領選挙になるのか”とふざけて笑った。これまで盲目的なヘジンに比べて,多少軽い感じを与えたギュホの真心に充ちた心がくたばった大きい課題だった。“今度俺の父さんが大統領選挙に出てくれば必ずおせしてくれ。ディールは本当にうまくした”とこれもできない自分の境遇を打ち明けた。

引き続きギュホはチュ・ジュニョン(ソン・へギョ)と価値観,性格対立,貧富の格差で離別したというジオの告白に“何その別の出発で別れるのか俺のように大統領選挙程度は加わってくれれば”となげきながら,むなしい笑いだけを作った。

これまで艶がないだけのギュホも猪突的で純粋なヘジンを通して,真の愛に目を開いたのだ。果たしてジュニョン-ジオカップルに続き最も多い支持を受けているギュホ-ヘジンカップルの愛はどうなるのか視聴者が気になってより一層大きくなっている。

チオ-ジュニョンカップルに続く二人の離別の兆しに視聴者らは残念さを吐露した。掲示板を通して“ヘジンとギュホがそのままうまくいくようにしてあげられないか...”“離別理由が大統領選挙,今日二場面本当に良かった”という所感文が上がってきて,この日の反応を垣間見られた。

一方この日放送された‘彼らが生きる世の中’では魔女ユニョンの真の姿が遺憾なく繰り広げられた。




‘クサセ’暖かいご両親人の心,感動伝えて
“撮影に疲れたスタッフらに厚い人心.

最近ジオとジュニョンの離別談を描きながら,視聴者らの涙腺を刺激したKBS2‘彼らが生きる世の中’が少しの間息を継いだ。8日放送では息子の同僚のために心を込めて食事を準備する両親の姿が繰り広げられながら温かさをかもし出した。

キュホとジュニョンをはじめとする撮影チームの訪問にジオの両親が腕をまくりあげて出た。撮影車の村に到着した息子の同僚たちのために食卓を準備した。皮をむいた鶏を煮て前を送ってふんだんな善をを整えた。また撮影に疲れたスタッフらが厚い人心に笑いを作って,ジオの父親は“みな息子たちみたいだな...はやくと,はやく”と歓待した。

これだけではなかった。撮影チームと共に深夜までユンノリをしながら愉快な時間を送ったジオの父親がついでに家まで譲歩した。総監督のギュホは予約した旅館を取り消して父親の深い人心を気持ち良く受け入れた。ジオの両親と撮影チーム皆楽しい一日であった。

しかしただひとり,ジュニョンだけは心が不穏な姿だった。最近ジオと別れたため。たとえジュニョンには刺座布とも同じ席だったが引き続いたカップルらの離別で涙があふれた視聴者らには暖かいエピソードであった。




クサセ出演,新人俳優‘セフィ’
新人演技者セフィ“ドラマ‘クサセ’が発見した宝石”
新人演技者セフィがKBS-TV‘彼らが生きる世の中’(以下クサセ)でヒョンビンとソン・へギョ,オムキジュンの後に続いて,視聴者らの注目をひきつけた。

セフィはすでに大学路で演劇‘恵化洞派出所’,‘yesterday’,ミュージカル‘ギリシャ’などに出演しながら硬い演技力を積んだ。

援助美男系統を引継ぐ容貌でSKテレコム,New Balance,ドウルネット,ネイバーなど多様なCFでも活躍した。

ドラマ‘クサセ’を通じて,ドラマで初めての申告式を払ったセフィは“劇中でドラマ国内の緊迫した状況と主人公の心理的葛藤の媒介体役を担って重大な責任感を感じた”として“今後も映画とドラマで多様なキャラクターを消化するために演技の勉強に絶えずまい進する”と話した。

‘クサセ’劇中で残念さを見られながらまた戻ることで約束したカンホヨンPDが格好良くまた再起することができるか,トップ俳優‘ユニョン’が主演をするという約束を守れるか最後まで興味深く見守ってくれと言いながら,劇中とは他の援助美男らしい明るい笑いを見せた。

オムキジュン“演技を上手にしたい”
オム・キジュン“憎めない,ソン・ギュホもつらい奴だから”
KBS‘彼らが生きる世の中’のスタードラマ監督ソン・ギュホには友人がいない。

視聴率第一主義,無限な利己主義で武装したうえに自身の俗物根性を隠そうともしない彼は厚かましいが堂々としていて運が悪いが正直だ。

それで“国内では付いてくる人はいない感覚”の所有者だが“公式的には子犬”でしかない彼には友人の代わりにファンがいる。

表面では悪口を言うが背を向ければなぜか引かれる,この魅力あふれる‘悪い男’をあまりにもソン・ギュホらしく演技する俳優はオム・キジュンだ。

昨年からMBC‘キムチチーズスマイル’と‘ライフ特別調査チーム’で注目されたが実は彼は前から10余年を舞台で生きていたベテランミュージカル俳優でもある。

ただいくつかのシーンだけでも深い印象を残すソン・ギュホのキャラクターはやや低く,少し短く話すがそれでさらに耳を傾けるようになるオム・キジュンの語り口とどこか似ている。

今日も夕方から撮影があったというが,どんなシーンなのか。
オムキジュン:ギュホが酒に酔って,ジオ(ヒョンビン)を訪ねて,酒買ってくれとすがるシーンだ。なぜなら,ギュホはひとりぼっちなので。周囲に誰もないじゃない。ヘジン(ソヒョリム)のほかは。

“実はソン・ギュホは私の周囲にいても親しくなることは難しい”



ソン・ギュホは自分の口で‘一人ぼっち’と話す時,本当に堂々としていたのに,(笑)どんな人だと思うか
オムキジュン:かわいそうな奴だ。友人が一人もいなくて,家族は家族で関係が良くなくて。仕事だけ一生懸命するのにその方式がとても利己的に見えるから周りには人が誰もいなくて。だが成功はする。豊かさの中の貧困というか。

正直僕の周りにいても親しくなるのが難しいようだ。(笑)ところが昨日撮影したシーンの中にギュホがジオの家に行って“酒おごってくれ。酒をもっとたくさん!”といいながら二人が台本5ページ程の分量をずっと続けたものがある。

ここでギュホが初めて内心を表わす言葉をいう。家族史から始めて,ヘジ二との関係,弟との関係まで酒を飲みながら,ぶつぶつと話す。その場面を撮りながら,本当に良かった。

‘キムチチーズスマイルでも‘ライフ特別調査チーム’ではとても人間的で
弱点が多いキャラクターを演技したがこの作品では冷徹で個人主義的な役割だ。

オムキジュン:憎らしくはないか?(笑)ところが生きていればソン・ギュホのようにちょっと利己的になりたい時がある。ジオとギュホを比較してみても,ジオはあちこちですべて面倒を見て後始末だと差し出がましい代行従う先輩も多くて後輩も多い。

もちろん周囲に人が多いことは良いけど,そうすれば能力ある監督でもあり,情のために損をする場合もある。いや,それで二人をちょっとミックスしてある程度うまく,信じるほどの友人が何人でもいてそれでは良いことでしょう。僕もそれがうまくできない。

キュホの周りに人がいないとしても劇中でもそれとなく女らには人気がある。
‘悪い男’が魅力あるともするのに,ギュホの魅力は何だろうか。

オムキジュン:正直よくわからない。(笑)そのまま,だまされたところ弱いが強い振りをする感じはある。
この子も明らかに支える所が必要な人なのにとても利己的に生きてきたために支える場所がなくて,それで若干用意したい隈があるのに本人はそれを見つけられないと努力するキャラクター.ところでそういうものを魅力といえるか?

キュホはなかなか本音を表わさないキャラクターだが,
視聴者には‘表わさないながらも現れてくる’その微妙な感情を見せる必要があるのに,
そんなことをどのように表現するのか。

オムキジュン:作品序盤にソン・ギュホになるために努力をして,今はますますギュホが僕の中に入ってくるような感じがする。そうするうちに見えるからギュホが誰をいじめようかとふるまったりわざわざ関心のないふりをする時,わざわざその感情を見つけられないともっと早く言葉を吐きだしてしまうほうだ。

何か話を聞いた時,少しの間心が揺れることを見つけられないと“お,ところで,僕がなぜ?何!”といいながらオーバーラップで台詞を言ってしまう場合とか,そして振り返りながらしかめた感じのようなこと。

キュホは悪役のように見られるが悪役ではない。
なぜこの人を嫌うことができないのだろうか?

オムキジュン:この子もつらい奴だから。もしヘジ二をもて遊んだとすれば本当に悪い奴かもしれないが,今後の放映分でヘジ二と別れる時もそうではない。

“僕の20代は24時間コンビニだった,休んだことがないから”



仕事では利己的でありながらもヘジンといるときは見える武装解除された姿が
ソン・ギュホを憎むことができなくさせる。


TVに出演し始めたのは最近数年だが,演技経歴は10年を越える。出発が気になる。
オムキジュン:初めは単純にタレントになりたかった。ある日TVで見てからかなりかっこいいようで。それが高等学校2学年の時だ。

その前まではそのまま勉強も中間程度,いたずらが好きでこっそりと酒も飲む平凡な学生だった。

それでどのようにしたか。
オムキジュン:ない暮らしに両親にせがんで,演技学院に通った。だが大学はすべて落ちて,卒業すれば修了証が出てきた明智大社会教育院演劇映画科に入学した。3学期通った時,1995年国立劇団定期公演‘リチャード3世’に客員で出演しながら,初めて舞台に立って,1996年にミュージカル‘オリバー’に出演して,地方公演まで回った。

オペラも一作したが,僕がオペラ歌手のように歌をすることはできないから後に屏風のように立っている従業員役をした。(笑)そして軍隊に行って除隊してすぐにまたミュージカルをした。

本当に勇敢だったようだ。その幼い年齢に,誰もおす人なしで無条件自分が良いという理由で
ずっといる道を行くことが出来たことが。

オムキジュン:できることがそれしかないから。無知で単純だった。(笑)正直舞台底に足を上げて演技ということを始めて出る僕が演技を本当にできないということを骨に凍みるほど感じた。

ところが軍隊で休暇で出てきた時,俳優イ・インチョル先生が“ずっと演技をするなら10年だけ持ちこたえなさい”という話をされた。それが二十才の時だ。そして三十才の時まで舞台に立って,三十一歳になった時KBS‘ドラマシティ’に出演しながら,今の企画会社に入った。

その10年の間とうてい前が見えないという思いもあったはずなのに。
オムキジュン:コーラス,アンサンブルをして主演に上がってきて,初めて作品をしたがその次に呼んでくださるところがなかった。

それでまたアンサンブルをして,また主演になって行ったが練習だけ6ケ月した。中間に他の作品に出て行こうとしていた先輩が継続しながら,僕が立つ場所がなくなって,積金破りそうだった。(笑)

これまでミュージカル‘若きウェルテルの悩み’,ミュージカルをはじめとして,とても多くの演劇,ミュージカル舞台に立ったが特に‘ギリシャ’のテニ役が大衆的に大人気を呼んだ。その舞台をまた見られるだろうか?
オム・キジュン:今は老いているからに走れない。(笑)この頃知るようになった弟らが‘ギリシャ’を見たいからといって,公演に連れていったがプログラムに以前の写真があるのを見て“ヒョンが本当にあれをやったのか?どうやってあれをやった?”と言って信じなかったよ。

それではその数多くの公演らに送った20代を一言で表現したら何といえるだろうか。
オムキジュン:24時間コンビニエンスストア?(笑)休んで見たことがない。点滴もうって,毎日ビタミン取りまとめて食べながらつまらなかった。昨年にも演劇‘狂ったキス’と,ミュージカル‘実演男女’と‘キムチチーズスマイル’を一緒にして倒れるところだった。

35くらいには‘ジキルエンハイド’に出演したい



そこまで自らを追い込む理由は何か。
オムキジュン:ますます多い俳優だから。実は自分の演技に満足する人は誰もいない。それはいくら大俳優でも同じだ。ところが作品をしながら少しずつでも良くなる僕の姿を見ればうれしくて感心する。それでもっとしなければならない。休めば感が落ちる。本当だ。

視聴者,観客の立場ではどんな作品を主に見るほうか。
オムキジュン:アクションとアニメが好きだ。アニメが好きな理由は,生きている人が演技をするのではなく演技が‘描かれる’から他の見方をすれば演技の定石と見ることもできるからだ。子供から大人までみんなが見る作品でその感情を伝えるために登場するキャラクターや表情演技のようなものほとんど定石だ。

それでこのごろは‘モンスター株式会社’や‘月E’のような作品を熱心に見る。涙が多いほうだから憂鬱になることが嫌いだ。以前に知ってる姉家でお酒を飲んで一緒に行った友人が言い張って‘子供M泉’を振ったが30分後に思わずボロボロ泣きながら“見たからそうなったじゃない!”と大声を出したこともある。(笑)

今年の初めに話した希望の中でブロードウェーで公演を見るということもあったがどうなったか。
オムキジュン:忙しくて,結局行けなかった。公演をしに外国に行ったことはあるが見に行ったことはないのに,ブロードウェーに行けるなら‘チキル エン ハイド’を一番最初に見る。三十五ぐらいには直接出演したい作品でもある。

それならちょっと早いが来年の希望は何。
オムキジュン:2月に公演する演劇

どんな面にも今とちょっと他の人になることができるならどうなりたいか。
オム・キジュン:うん,演技をもっと上手くなることのほかは思ったことがない。仕事のほかはそれほど関心があるものがない。ところで年はもう少しはやく取れば良い。貴重で深みある役をしたいからだ。あ,以前に‘若きウェルテルの悩み’はもう一度したい。もっと年をとって,すれば老いたペルテルができるから,そうあるはずはないだろう。(笑)

ギャラリー12月イベント消息結集
‘ギャラリーいろいろ’12月第1週消息
今週のディーシーインサイドギャラリーではどんなことがあったのか?12月第1週,ギャラリーの消息を集めてみた。

▶‘彼らが生きる世の中’ギャラリー



(イメージ出処-ディーシーインサイド‘彼らが生きる世の中’ギャラリー)

ディーシーインサイド‘彼らが生きる世の中’ギャラリー(以下クサセゲル)利用者らは先月30日KBS 2TVドラマ‘クサセ’利川セット場を尋ねた。これはおやつイベントのためだが,同じ月4日初めてこのような提案が出てきた以後1ケ月もまだかからない準備期間の間少数精鋭のゲルらがみな固く団結して,おやつイベントを成功裏に終えた。

この日イベントチームはスタッフと出演陣らが簡単に腹ごしらえが出来るサンドイッチ,ビーフジャーキー,チョコレート,飲み物,みかんなど,ホットパック,書き込みブックを伝達した。寒い天気の中で撮影が進行される場所と伝達品の中で,ホットパックが最も人気があったという後門だ。

去る5日までギャラリー内イベント後期文が上がってくるなどクサセゲル利用者らの浮き立った心は相変らず沈まない雰囲気だ。

(関連掲示物-‘クサセゲルおやつイベント公示’ショートカット)


▶‘キム・ミョンミン’ギャラリー



ディーシーインサイド‘キムミョンミン’ギャラリー(以下ミョンミンゲル)では今や外国人ファンらを迎える準備が盛んだ。これは“‘Soompi’と一緒に活動してみるのはどうか?”という俳優キム・ミョンミンの異色的な提案から始まった。‘Soompi’はキム・ミョンミンの海外ファンサイトだ。

これにミョンミンゲル利用者‘シオッイウンチウッ’は“世界へ伸びていくミョンミンヂャとミョンミンゲルという気がする”と同意して“海外ファンらのための英語公示を作ろう”という文を載せた。英語公示の中にはキム・ミョンミンとミョンミンゲルに対する紹介,ギャラリー内文を載せる方法,ディーシーギャラリー特有の口調や用語などに対する内容を入れようという具体的な計画だ。

これと関連して,利用者‘シオッイウンチウッ’は英語能力者の助けを要請して,該当掲示文の下には能力者らの参加書き込みコメント文が続いている。

(関連掲示物-‘ゲルら,ミョンミンヂャが今〜!!’ショートカット)


▶‘キム・ヨナ’ギャラリー



(イメージ出処-ディーシーインサイド‘キム・ヨナ’ギャラリー)

京畿道,高陽市オウルリムヌリで開かれるようになるグランプリファイナルが一週間程先に迫った中で,ディーシーインサイド‘キム・ヨナ’ギャラリー(以下ヨナゲル)では外国人記者らに伝達する絵作品募集で忙しい。

これは‘ヨナはこのように芸術性を刺激するスケーターだ’ということを知らせたいヨナギャラたちの願いから始まって,現在国内報道機関らが外国に紹介するキム・ヨナ選手とファン文化に対して準備された資料が不十分だという知らせに接した後,下ろした結論でもある。

これに現在ヨナゲルでは絵,写真と動画などを募集している。
関連資料は商業的目的ではない報道資料とキム・ヨナ選手の広報に限って使う計画であることと知らされた。一方,参加方法など詳しい内容は該当ギャラリー公示文を通して確認できる。

▶‘風の国’ギャラリー



(イメージ出処-ディーシーインサイド‘風の国’ギャラリー)

ディーシーインサイド‘風の国’ギャラリー(以下パナゲル)利用者らは去る2日KBS 2TVドラマ‘風の国’スウォンセンターを訪問,おやつなどイベント物品を伝達した。

これは該当ドラマに向かったことでもゲルらの愛情を製作スタッフと出演陣らに伝えようと思った月間の準備の末実行したことで,イベントチームは前日スウォンセンター近くに宿舎までとらえて仕上げ作業に努めるなどパナゲル初めてのイベントに愛情をいっぱい注ぎ込んだ。

特に,この日ホットパック,軍用くつした,貴栓と子供マスク,ポチュンクッキーなどと共に伝えられたコメントブックは日本ファンらのコメント文まで翻訳して入れて目を引く。

また,俳優チャン・テソン(マロ役)で最も初めてイベント物品が伝えられたが,彼はまさに翌日‘マロ’というニックネームでイベント後期と子供マスクを着用した認証ショットを上げて,ゲルらを感動させた。彼はまた“パナゲルができた時から‘まだ時ではない’とすぐチャットだけしてきた”と告白することもした。

引き続き5日明け方該当ドラマの製作スタッフと出演陣が相次いでパナゲルを訪問した。イ・ピルホ音楽監督と俳優パク・サンウク(ケユ役)が彼らだ。先にイ・ピルホ音楽監督は“送ってくださった誠意と真心と幼い心に深い感動を受けた”と有り難みを伝えて,パク・サンウクは‘快刀ホンギルドン’当時加入した‘スグニ’というニックネームで二回目文を残しながら“皆さんが建ててくださったケガンジナ,チョンスンゲユはもうとても愛する愛称になった”と切なさを表わした。

一方,パナギャラたちの今回のイベントは写真と後期だけでなくメーキング映像を通しても生き生きと確認できる。

▶‘風の絵師’ギャラリー



(イメージ出処-ディーシーインサイド‘風の絵師’ギャラリー)

ディーシーインサイド‘風の花園’ギャラリー(以下パファゲル)利用者らは去る4日最終回団体観覧を通して,ドラマの感動を分けた。これはドラマ製作社のナムエクトスで後援したことで狎鴎亭CGV2館で無料で進行された。だが,意味あるものに使うための募金時間が用意されたりもしたが,この日‘寄付天使’ムングニョン‘クニョンエンジェルス’14余万ファンクラブ会員数の10倍に該当する金額の140万余ウォンを寄託したことが知らされて,周囲を温かくした。

(関連掲示物-‘風の絵師’膜方単冠行事日程ショートカット)

▶‘ペ・ヨンジュン’ギャラリー



(イメージ出処-ディーシーインサイド‘ペ・ヨンジュン’ギャラリー)

ディーシーインサイド‘ペ・ヨンジュン’ギャラリー(以下ヨンゲル)では2009年暦を製作する。これはペ・ヨンジュンをモデルにした卓上用大きさで製作される予定であり,最小70部程度を注文しなければならないからコメント文を通して,あらかじめ申請を受けている。

(関連掲示物-‘ヨンゲル2009暦申請受けます!’ショートカット)

▶‘ビッグバン’ギャラリー



(イメージ出処-ディーシーインサイド‘ビッグバン’ギャラリー)

ディーシーインサイド‘ビッグバン’ギャラリー(以下バンゲル)生成300日に合わせて,計画された朝貢イベントが400日をふわりと越えて,447日,兼ねて進行された。バンゲルらは‘ビッグバン’5人メンバーらにピンバック,チァルバンブック,首クッション,ティーシャツなどを伝達したが,利用者‘太股ギョーザ’が直接製作した人形とモククッションなどがうらやましいほど印象的だ。

また,‘ノルチョクタリマンドゥ’の描いた絵とその他チャルパン,コメント文ページ,レビューなどが入れられた‘トンネブック’という題名がついたチァルバンブックも目を引く。該当贈り物には使用説明書まで付け加えられていて笑いをかもし出す。

(関連掲示物- DCBB 1ST EVENT〓THE END〓ショートカット)


===============================================

韓国ペンの団結力は本当に素晴らしいですね...^^

クサセ,ソン・ヘギョに共感する日...
ソン・へギョに共感する
生きてソン・へギョに共感する日がくるとは思わなかった。
目二つ,鼻一つ,口一つ走った女という基本条件だけ抜けば私と共通点は一つもないと思ったそのお嬢さんに。

もちろんこれは韓国放送‘彼らが生きる世の中’でソン・へギョが演技するチュ・ジュニョンを見ながらする思いだ。

仕事も上手くして性格もよくて放送関係者で嘱望される新鋭ドラマ監督だが,ジュニョンの胸中には大きなブラックホールがある。仕事に対する情熱だけは誰にも遅れをとらないのに,恋人の心情を推し量ったり同僚の立場を理解するのは難しく,事実はなぜそうすべきなのかもよくわからない。

他人の気持ちは考えなくて自分がしたい話はすべてしながら,誰か少し不興を買う言葉をいえば怒って,他人がそんな自身を見ながら気が進まながっても“私はできないもう分かった?”とノコノコと受け返すチュ・ジュニョン.

ところがその姿を見る時ごとに胸の片隅がドキッとする。
仕事を始めた時,私は毎日夜不安で寝られなかった。起死するが亡ぼせば私の人生が終わりそうで,その日で私たちの会社が滅びそうだった。私が大変だったのが一番重要で私の仕事無事に終わらせるのが一番最初にあった。

それで家族でも同僚でもボーイフレンドでも,私と私の仕事間を遮る人は仮借なしでぶつかった。しかめっ面をしてタックタルをするたびに少し申し訳ないという気がしたがそんな‘ささいな’問題などは締め切り終わって考えてみるとして,熱心に胸中ブラックホールに押込んだ。

時折“あ,あのサガジ...”と舌を打つ人にはフフッと笑いながら受け返した。“私は本来こうすること知らなかった?”それで私は同僚でボーイフレンドのジオ(ヒョンビン)から“おまえはあまりに考えがない”という指摘を受けてくやしくてどうしていいか分からなくなる,手続きのようなもの無視したまま仕事を進行させてタックルがかかれば“しないならしない...でもしてはいけませんか?”とぶすっとぶつかるこのお嬢さんが男のようではない。

好きなことを失敗に終わらせたくなくて,上手くしたくて,トゲをたてるその心を理解できるためだ。私もやはり相変らず会社にお金がないということを明らかに知りながらも“イラスト使わないなら使わない...ところが使いたい!”と駄々をこねて,ずっと半日撮影の後にもおもしろい現場写真のあるカットをさらに取り出したくて,カメラマンに1時間だけさらに待とうと言いはる。

ところで‘彼らが生きる世の中’を見ながら変わったことが一つあるなら“私が今ジュニョイと同じことをしている。すばやく有難いと,申し訳ないと言わなくちゃ”という考えをするようになったということだ。

もしかしたら‘彼らが生きる世の中’の視聴率が高くないのはそうだからなのかも知れない。別の世の中の話のようなドラマ,とうてい何か考えて生きるのかわからない主人公らにげらげら笑ってあざ笑った後背を向ければそのまま忘れたいがこのドラマは私が過去にしたことを,私が今している仕事を度々のぞいて見るようにする。

私の身体一つ取りまとめて生き残ることさえきわどくて疲れるこの頃の世の中に,‘ドラマ主題に’思う隈がとてもたくさんこの作品は確かに‘実用的’でない。だが食欲がないと突っつきながら,雑穀ご飯を敬遠する私にお母さんはいつも忍耐力あるようにおっしゃられた。

“ぎゅうぎゅうにかんで食べてみるなら告訴して。”本当だ。‘彼らが生きる世の中’は注意深く開けてみるほど告訴しておもしろい。

クサセ,ユン・ジョンファ役のため減量
ユンヒョンジン弟ユンジョンファ“3週ぶりに5kg減量”
‘姉も弟も根性のダイエット’
ユンヒョンジンアナウンサーの弟と同時に本格的に演技者に出たユンジョンファが独特しいプロ根性を見せた。

ドラマキャラクターのためにダイエットに突入,素早い姿に変身した。

現在SBS週末劇‘ガラスの性’とKBSドラマ‘彼らが生きる世の中’に出演しているユンジョンファは最近3週間5kgを減量した。

ユンジョンファは徹底した食事療法と運動を併行するなどスパルタ式ダイエットを通して,このような結果を作り出した。3週の間ユンジョンファは午前に汝矣島公園を3回を周って往復午後に自転車に乗って汝矣島から江南駅まで往復して夕方にはヘルスクラブに立ち寄って,2時間30分有酸素と筋力運動を併行した。

運動しながらご飯と好きなお肉は一切口もつけず,卵5個とさつまいも3個,レタス1/4と韓国餅で食事を摂った。

彼は‘ガラスの性’でカメラウルロンジンを持った2%足りない演技者志望者テス役を担った。未亡人の母の中で育って世間知らずだったテスがヘヨンとの愛が大きくなりながらますます気をつけて新しい人生を設計するようになること。

そうかと思えば‘彼らが生きる世の中’では羨ましくはない家で育ったが,中学校の時擦れ違い始めた後組織暴力団とかかわることさえする,反抗心でみなが固く団結したキュミン役を担った。

彼のダイエットが話題になるのはジンヌナのユン・ヒョンジンアナウンサーも過去出血するダイエットで何と30Kg減量に成功して,大きい話題を集めたためだ。

ユン・ジョンファは“劇中キャラクターを100%表現するためには外的な変化も必要だと思った”“‘ガラスの性’では分別がない魂最高キャラクターで人生を知りながら悩んで苦悩する姿を現わすために,‘彼らが生きる世の中’では荒く経たイメージを表現するために歯をくいしばって減量した”と体重減量に突入することになった理由を説明した。

引き続き“率直にあまり荷が重くてあきらめようかと誘惑にも迷ったが,自らの目標を達成してやり遂げたという事が満たされる”として“今はむしろ身体をもう少し太らせなくちゃと考えている”と話した。

一方‘ガラスの性’は去る30日週末劇1位(AGBニルソンメディア集計)席を占めながら,財閥ナム・ジュンソン(イ・ジンウク)とアナウンサーチョン・ミンス(ユン・ソイ)が結婚した後の話が繰り広げられている。

クサセ,ウォンビン撮影場突然訪問.
ウォンビン‘クサセ’撮影場びっくり訪問..
ウォンビン,ソン・へギョ応援“ウォンビンの訪問で喜びが倍加されて関心集める。”

俳優ウォンビンがKBS 2TV‘彼らが生きる世の中’(脚本ノ・ヒギョン・演出ピョミンス,キムギュテ)撮影場をびっくり訪問した。

ウォンビンは最近ソウル江南区,胛鴎亭洞に位置したある喫茶店で進行されたこのドラマの撮影場を奇襲訪問,演出者キムギュテPDをはじめとする製作スタッフ,ソン・へギョなどを応援した。

ドラマ関係者によれば“ウォンビンの突然の訪問にソン・へギョがびっくりして非常に有り難く思った”と付け加えた。

ウォンビンはキムギュテPDと普段にも親密を積み重ねた仲だ.ソン・へギョもやはりKBS 2TV‘秋の童話’で演技呼吸を合わせた間であり,イドンナインエンターテイメントで同じ釜の飯を食べている。

関係者は“ウォンビンの応援訪問に撮影場が一層鼓舞された。突然の訪問だと喜びが倍加された”と話した。一方今月末終映を控えている‘彼らが生きる世の中’はある桁数の低調な視聴率を記録しているけれど高い作品性とヒョンビンの爛熟した演技力に好評を受けている。

オムキジュン&チェダニエルインタビュー


movieweek‘彼らが生きる世の中’オムキジュン&チェダニエルインタビュー
‘ドラマのように生きる彼らの本当の話’

‘彼らが生きる世の中’には本当にドラマがある。
泣いて笑ってつき合い,別れる世の中の話がそっくり溶けている。
そしてその世の中の中にはつき合えば困惑することに忙しい,ソン・ギュホと狂ったヤン・スギョンがいる。

ドラマの中でドラマを作って,打ち込んで戦って親しくなりながら,彼らが生きる世の中を一生懸命体験している二人の俳優オムキジュンとチェダニエルに会った。

●ドラマの中でドラマを作って

-現場の雰囲気が和気あいあいだと聞いた。

チェダニエル(以下チェ) 家族のように世話をして頂いて本当に嬉しい。

オムキジュン(以下オム) もちろん良いよ,視聴率が出ないからそうでしょ。(笑)‘2パーセントだけ落ちれば愛国歌視聴率だ’といっている。

-よく出るだろうと確信していたが,予想外の結果だ。(笑)

オムみんなそう思っていた。少なくとも20パーセントは出てくると思ったが,こんなことが!

-あるインタービューを見てソン・へギョ氏が初放視聴率で8パーセント出てくると予想したそうだ。

オム 何?悪い!(笑)それでも現場の雰囲気は良い。

-それでも見ている人の反応は熱いのではないか。

チェ キャラクターがそう見えるから“運が悪い”“前後の区分もできずになぜああするのか?”こういう反応ら.(笑)ヤン・スギョンに,そしてチェダニエルという俳優に関心を持ってくれることがありがたい。

誰でもそうでしょうがどうしてもモニターして見れば100パーセント満足できない。撮影前に探せないものが放送で見ることがあって。とにかく瞬間ごとに最善を尽くすことと放送を見る時はちょっと気楽に見ようとする。

-ドラマの中でドラマを撮影する現場を見せるのでおもしろいことも多いようだが。

オム 現場スタッフらがためらう事なく出演して実際使われる装備が小物で登場して,おもしろい。俳優らは自然に台本みんなが持っていて。(笑)

-ピョミンス監督ニムのスタイルはどうなのか.ドラマの中の監督の中では誰と一番似ているか。

チェ とても几帳面で,よく準備される。僕はどうしても新人なので気兼ねしますが監督ニムが俳優よりさらに低い席で“スギョア”このように呼びながら言ってくださることがありがたい。

オム どうしてもジオ(ヒョンビン)と一番非常に似ているようだ。だがジオよりはるかに明るい。(笑)

-二人とも少なくないキャラクターを引き受けた。
利己的で傲慢わがままな監督ニムに会う人ごとに葛藤を誘発する助監督だ。


オム おもしろい。初めは適応がうまくできなかった。ギュホは何を言っても運が悪いと思ったキャラクターだから。でもそのようだ。悪役というが結局仕方がない人間でそうなるほかはない状況で.人が生きることはみんな全く同じだ。変わるほかない現実.そういうことが分かれば演技することがいい。まだ身体に熟した感じではないが。ギュホのビハインドストーリーがもう少しあったらという願いもある。

チェ スギョンはまだ社会生活をよく知らない,他の見方をすれば純粋なキャラクターだ。そうしてしたい話もとことん行って,性質も働かせる。そうするうちに壊れながら,徐々にわかっていく。未成年で今しがた社会人になって,世の中に逆らいながら,傷も受けて。そんなキャラクターだと思う。スギョンを通して,社会新人のような未熟な姿を見せようとすることなのではないかと思う。監督ニムと作家ニムもスギョンが感情の水位調節が上手だったら良いという話をよくして下さった。

●打ち込んで戦って親しくなりながら

-劇の流れ上二人がものすごくぶつかる。
互いに第一印象はどうだったか。十才差をどのように克服したのか気になる。(笑)


オム 始めてのリーディングの時に会ったが,十才差とは知らなかった。(笑)

チェ 私も感じは違うが,十才差とは知らなかった。(笑)先輩が間なのでそれ程までとはわからなかった。リーディングする時,先輩がミュージカルのために日本へも行かなければならないし忙しくて話しかける機会がなかった。そうするうちにドラマが始まって,初めてぶつかるシーンを撮るのに,ポスがいたずらする。わー!本当に完全に別人だと.びっくりした。

オム 演技は初めてだというがセンスがあって上手にする。僕がその年齢の時にそれだけできれば今頃大いに変わったはずなのにという気がするほど。僕はこの子の年齢の時除隊したのだが。隔世の感だ,本当に。(笑)

-6話で本物として打ち込んでまともに喧嘩をしたが。

オム 誰もハプを合わせないで,僕達で組んだ。

チェ 君一台打って,それでは僕がこのように乱暴に広く散らかして。このように合わせた。(笑)

-一度まともに戦ったらもっと仲良くなった?(笑)

チェ スギョンとギュホが間違ったことを告げ口したがギュホがうまく行かせるPDなのでむしろスギョンが地方発令を行って出た設定だ。それで初め台本受けてギュホと親しくなってはいけないように見えた。劇中没入して邪魔になるかと思い心配にもなって。ところが基準先輩が変に人を引き寄せる魅力がある。みんな行きたそうにいる。それで親しくなった。今はエイ〜,わからないと“先輩〜”こうしていく。(笑)

オム うん,僕はそんな魅力は全くわからないのに?(笑)

-スギョンとミンスク(ユンヨジョン)カップルに対する関心が熱い。
俳優と演出チームのあつれき関係を正しく見せてくれる。


チェ 正直初めは本当に難しかった。どのようにするのかわからなくていらっしゃれば“こんにちは”と台本合わせて,OK出ればおおらかに“お疲れさまでした!”と。(笑)緊張しました,本当に。ところがもうたくさんお目にかかって話もしているので本当にいい。“ご飯は食べたの?”と世話してくださるから嬉しい。

-ソン・ギュホの話が本格的に展開しながら,これもまた興味深くなっている。

オム どうにか憎まれるように見えるようにと努力中だ。(笑)

-現場で自身と同じキャラクターの人に会えばどうか。

オム もしそんな監督ニムがいるなら絶対にしない。(笑)

チェ お,あとで先輩の作品よく見なければならない。(笑)

-スギョンが同じ助演出なら本当に殴ってほしいようだが。

チェ そんな人はいない。現場で。それでは大きなことが起こるだろう。

オム 実際スギョンのような人がいれば何日か行けずにすぐ切られるだろう。(笑)とにかくスギョンが現場でギュホにしばらくひどい目にあえばチュ・ジュニョンまでひどい目にあう。ますます痛ましくなってくる。

チェ 私は大丈夫だがスギョイが哀れだろう。スギョイは本当に皆とぶつかる。ギュホとジュニョイにひどい目にあうことを基本に,オ・ミンスク先生ニムにこわされて。ところで“どうしたんですか?”ちょうどこのように立ち向かって喧嘩して分別がつく,結局人が生きることを見せるようだ。

●彼らが生きる世の中,そしてドラマ





-スギョンが監督に上がればどんなドラマを撮影するのか気になる。

オム16部に必ず入れてくれと言う。

チェ 僕がこんなことでデビューできるだろうか?

オム チョリ(パン・ユゴル)は12部でドラマを撮るシーンが出てくる。

チェ 本当に僕はどうなるの?僕も気になる。こんなことでは放送局放り出してアルバイトするんじゃないか。

オム オ・ミンスク先生ニムのマネジャーに入って行け。(笑)

-もし自身が本当にドラマPDなら撮ってみたいものはありそう?

オム 本当にリアルなものが撮ってみたい。最近‘映画は映画だ’を見たが,あんなリアルさ。ちょっと違うがホンサンス監督ニムの‘生活の発見’のようなものを撮ってみたい。

-俳優としてそんなドラマに出演したいこともある?

オム もちろんです。出演したい。とてもディテールのある演技がしたい。ちょうど突き出す劇的な演技よりディテールある演技はもっと難しい。それで挑戦してみたくて。

-‘彼らが生きる世の中’の魅力は何?

オム それは,人においがすること。

-そうだ。このように人の匂いがするドラマに良い台詞が本当に多い。
記憶に残る台詞があるならどんなものがある?


オム 12回で出てくる“お金が多いと孤独ではない仕事も多ければ孤独にはならない。人間みなが孤独。”

チェ 僕は11回でジオのナレーション.正確に記憶は出てこないのに,“子供が大人になるということは,子供は裏切られることと大人は裏切るという差だ。大人になりながら,裏切っていくが幼い時のように目立たずますます難しくなるほどさらに手法が巧妙になる。”

-心に含まれる言葉だ,本当に。
二人が‘彼らが生きる世の中’を通して得たものがあるならどうだったであろうか。


チェ 僕を振り返ってみて,自ら僕自身に尋ねることが多くなった。自分が自身の短所と秘密を一番よく分かるものではないか。話せないそんなことらを思うようにする。自身で後ろを振り返る契機になった。

オム 何をしても世の中孤独だということ,そのようだ。ミュージカルする時も感じたものだが作品しながら親しく過ごす人がいるではないか。作品が終わって1年,2年ずっと連絡する人はどれくらいなるだろうか。それはミュージカルやドラマでも同じだ。自分食べて生きるために忙しいからたくさん取りまとめられないのが現実だ。そうでしょう,何をしても孤独だということ。特にこの作品でたくさん感じる。

-孤独なご両人に会って親しくなっていないのではないか。
さらに親しくなる?


オム すばやく酒を増やせ。

チェ それにしても利川セット場でヒョンに“いつでも連絡してかまいませんか?”とこういった事実まだちょっと難しい。“なぜ呼ぶ!”こう言われるかと思って。(笑)

オム 僕も事実小心だ。それで僕は突きつけられない。

-突きつければ受け入れるのではないか。

オム もちろんだ。

-それでは後輩が先に気立てが優しく突きつければ良い。

チェ 良いね。ところで聞いて見たらこれがどういう合コンの雰囲気?(笑)

★創刊7周年全面改編!“全てのものが新しくなった“ムービーウィーク”に会って下さい!”★

クサセ,ドラマ作家で暮らすのは大変だ


‘クサセ’ドラマ作家で暮らすということは“大変だ大変”
文で食べて生きるということは決して容易ではない。特に人生きる話を文で解かなければならないドラマ作家はより一層そうだ.文をいくら気力で書いてドラマで作られた時,めちゃくちゃになれば文は力を失ってしまう。

その事実をよく知っているのでドラマ作家は人間らしく生きる機会をあきらめたままひたすら文だけを思うかもしれない。

2日放送されたKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(クサセ) 12回でイ・ソウ(キムヨジン)はいくつかの日何日かをちやほや抱いてあらゆる情熱をみな吐き出したノートブックに水をかけてしまった。

文で根詰る中,チョン・ジオ(ヒョンビン)からの電話でいらいらしていたソウは水をかけたノートブックに書き込んだ原稿の半分を飛ばしてしまった。ソウがなくした原稿は何と28日間一日3時間も寝ずに,病院に入院したママの病気見舞いも後回しにして,行かなければ姑息だと思われるかもと思い必ず行こうとしていた過ぎ去った恋人の結婚式も行かずに,なくなく書いた原稿だった。

そのために虚脱感と剥奪感はより一層大きかった。慰労すると駆け付けたチョン・ジオ(ヒョンビン)は“お酒飲みに行く?行かない?”“原稿書かなければならないんだ。原稿書いたら私は行く。書いて詰まったら私を呼んでください”という言葉でソウ性質を注いだ。





イ・ソウは“二度とあんたと仕事しない”“帰る途中で足折れてしまえ!このばか!”と悪言葉を浴びせたがジオが追い立てようとしておいて行ったおやつか,差し入れかわからない果物に多少災いを和らげた。

かろうじて気持ちが解けたソウはまた原稿に集中した。原稿にだけ熱中したソウはベランダの植木鉢が曲げられたのが目につくたびに,窓が汚いと気づくごとに集中力を失ってしまった。結局植木鉢と窓を思いのまま変えてからまた原稿だけ聞きまくって見ることができた。はなはだしきはソウは刃物まで取り替えながら座るがソウは原稿だけを考えていた。

結局ユニョン(ペジョンオク)に会って“私が文を書く機械でもない精神病院に行く”と豪快にふるまったソウはユニョンに“姉さんも敵なの!私とつくのにトップスターみな打ち込んでおいて,私と契約しようという話もしないでそうして暮らすな”と悪言葉を浴びせる姿で笑いを与えた。

たとえ酒精半分,本当の話半分である悪い話だといっても,ソウを通して,ドラマ作家で暮らすということがそんなにやさしいだけではないということ一つは確かに分かることができた。決して容易ではないドラマ作家,だが彼らは夢をいって,夢を取るのに生きていけるのだ。




ぅゎん..気持ちが異様で..日常,よくわかるだけに...自分を見ているようで...なんだか..無....ㆀ




タマゴ洗礼を受けたペジョンオク幼い女子高生らからタマゴ洗礼
ユニョン(ペジョンオク)が厳しい経験をした。ユニョンは2日放送で幼い女子高生らからタマゴ洗礼にあった。

家に到着した後,車から降りたユニョンに突然のタマゴがあふれた。加害者は女子高生ムリ.これを主導するリーダーの学生は他でもないミンチョル(キムガプス)の娘だった。

ミンチョルとユニョンの間を感服できなく思った娘が友人らを扇動して,ユニョンにタマゴを投げたのだ。幸い車から降りたマネジャーによって,状況は一気に制圧された。しかしユニョンの顔はすでに傷で汚された後であった。

後に従ってきた先輩ミンスク(ユンヨジョン)とスジン(キムチャオク)はそんなユニョンの姿に悲痛さを隠すことができなかった。特にスジンは“いくら子供でも他人でもなくて,顔で食べて生きる俳優にこうして大騒ぎして”として気に障った心を表わした。

ミンスクは矢をミンチョルに返した。“キム・ミンチョルその人何してるの!”“娘があの一人じゃなく群れて追って来て,人なぐるのか...”と怒った。

理由なしで俳優を叱責する大衆の誤った認識を指摘した。“俳優がおもしろい?”と口を開いたミンスクが悔しさをさく烈させた。“人のうわさにのぼることほど汚い,これでもふんあんな状態でもふんあんだから今は幼い子供らまで人を軽く見て。私たちが自分たちにご飯をなだめ,服をなだめて。”

苛酷な受難を体験したのにユニョンは強かった。自身の車で娘を連れて行きながら,余裕ある姿を見せた。ユニョンのカリスマが引き立って見えた大きい課題だった。

クサセ,悪い男ヒョンビン演技絶賛溢れ


‘クサセ’ヒョンビン-ソン・へギョ嗚咽演技に視聴者も胸痛く
ヒョンビン・ソン・へギョの嗚咽に視聴率も上昇。チュニョンの涙,視聴者を泣かせる。ヒョンビン,‘フンナム’から‘悪い男(?)’に急変。ヒョンビンがフンナムから悪い男(?)に完璧に変身した。

‘クサセ’ヒョンビン-ソン・へギョ涙の離別,私たちはなぜ別れなければならないの?‘チュニョンの姿に私の姿が重なりながら多くも泣いた.ヒョンビンとソン・へギョが完全な他人になった。

ヒョンビンに一方的な離別通知受けたソン・へギョの嗚咽演技に視聴者らも詰まった感じでよく聞こえない胸を飲みこんで握った。

“そう。過ごしてみよう。でも,過ごしてみてもそれでも大丈夫じゃない...その時お前は死ぬ。”





2日放送されたKBS 2TV月火ドラマ‘彼らが生きる世の中’(クサセ) ヒョンビンとソン・へギョの胸しびれた悲しみに視聴率も一緒に上昇する効果を産んだ。

クサセ12回でチョン・ジオ(ヒョンビン)とチュ・ジュニョン(ソン・へギョ)は結局離別した。だが離別を宣告したチオも,離別を一方的に通知を受けたチュニョンもとうていわからない離別を前に流れる涙を押さえこめなかった。

チョン・ジオは一方的な別れの言葉が認められずに涙声で話すチュ・ジュニョンを冷たく無視しながら,視線さえ与えなかった。

特別な理由もなしにチオにチュニョンは理由を聞くためにチオの家に深夜尋ねた。“私,大丈夫じゃない”“たくさん辛くて,とても”と泣きながら訪ねてきたチュニョンを見ようともしない冷静さを見せた。だがむしろ悪言だけ聞かされてもう一度‘別れた’事実を確認しなければならなかった。

ジオと向かい合う途中ヤン・スギョン(チェダニエル)から電話が入り,雨の中撮影場に向かったジュニョンは車の小さい事故で雨に打たれ雨の中で号泣して一緒にいたヤン・スギョンを当惑するようにさせた。

それ以後風邪気味で苦しがりながらも,またジュニョンが泣きながら,ジオの家を訪ねてジオの前で泣きながらすがった。チュニョンは“私たちまた会おう”‘私,大げさな態度じゃない,度々熱が出て,先輩私を少し見てみて”としてすさまじいほどすがったがジオは“だだこねずにもう行け”とよりもっと冷静に背を向け全く関わらなかった。





“おろかにも彼にとても多くの役割を与えた。それが間違いだ”と後悔した。チュニョンはチオと別れるほかはない理由をいくつかの理由を思い出させながらも残忍に離れたチオを忘れることができなかった。

この前まではジュニョンにかっと大声を出していたがいつも暖かくてキメ細かい魅力的なフンナムのイメージだったヒョンビンが突然分からない離別を伝えた後,悪い男のイメージに急変した。

完全な離別後,チュニョンは熱で病んだ。少し離れた場所でチオの姿を眺めながら涙があふれた。撮影中ずっと憂鬱なそぶりを隠すことができなかった。結局唐突で強い女性だったチュニョンが同僚らが集まった席で号泣して泣いてしまった。幸せだった二人の男女の別れが弱弱しく画面を数を数えた。

チュニョンはユニョン(ペジョンオク),イ・ソウ(キムヨジン),キム・ミンフィ(イダイン)の前で嗚咽しながら,大変な心を取り出してみせた。この日放送ではチオがチュニョンにそんなに冷静でなければならなかった理由が明らかになった。





チオも同じ。チオは“チュニョンが離れて仕事がなかったらどうだったんだろうか”“考えただけでももぞっとする。こんなふうに没頭できるものがあるというのが本当に幸いだ”と自らを慰安した。だが自身の前で限りなく弱くなるチュニョンの声と涙にいきなり涙を流してしまった。

最近身体に異常を感じたヒョンビンは病院で緑内障という診断を受けながら,より一層希薄だった。よく管理すれば失明は免じられるが完治はない。それでも不治の病でもない。ストレスや過労を避けなければならないが仕事を始めれば一日20時間以上仕事をしなければならない彼には話にならない。ついにチオは冷たくチュニョンを無視しながら,孤独に涙をのまなければならなかった。

原因も,理由も分からない離別.ジュニョンとジオは仕方なく別れることを受け入れながらも,まだ愛しているのになぜ別れなければならないのか理解できない。彼らはなぜ別れなければならなくて,なぜ涙を流さなければならなかったのだろうか?





視聴者らのチオの一方的な態度の急変にその間失望した。一部視聴者らは自身の限界に至って,自ら離別を選択してチュニョンの哀願と涙にも怖い程冷静に急変したヒョンビンの態度に‘悪い男’として苦言を残した。反面チオが処した現実と状況の中での離別選択にとても同感して自身も同じ経験をしたことがあって,もっと辛いという反応が列をなした。

この日放送を見た視聴者らは“昨日とても悲しかった”,“チュニョンとジオの演技にものすごく泣きながら見た”,“演技本当に最高だった”

また“チオの突然の変化,理解できない”“チュニョンがとても痛ましい”“そんなに愛しながら,なぜ別れなければならないの?”“チ・ジュンカップルがこんなふうに終わるなんて,話にもならない!“女を泣かせる悪い男だ”“いっそヤンオンニ(チェダニエル)とチュニョンがうまくいったら良い”“チオは運が悪い”と否定的な反応を見せた。

また“チュ・ジュニョンの心が痛いように私の心も痛くて,チュ・ジュニョンがわあわあ泣く時,私もわあわあ泣いてしまった。”“ジュニョンが泣きながらまた会おうという時,思わず涙が溢れて出てしまった。”

だが別れた愛のため言もできなくて苦しがるチュニョンと,愛して,チュニョンを送り仕事に没頭するチオの姿を見ながら,共に胸が痛いといった。またノ・ヒギョンドラマ特有の憂鬱さがより増すことに対しても残念さを表わしながら,二人が再結合するように願うという意見を伝えた。





一方ヒョンビンは‘フンナム’から‘ナップンナムジャ’へ劇中キャラクター変化の間隔が大きいだけにその曖昧な境界線を維持しながら,繊細な感情演技でその劇間を微妙に完璧に行き来している。特に,12回最後の場面でヒョンビンの内面演技は最高潮に達した。

淡々とした台詞の中で光る百種類の表情と目の演技は絶頂という賞賛を惜しまないほど。特にドアを叩きながら泣くチュニョンをそっぽを向き無視したまま一人きりで涙をのみ流すヒョンビンの涙演技には完璧だったと“水分を吸い上げた絶頂の演技力”“今までのヒョンビンの演技の中で最高”という絶賛があふれている。そう絶賛しながら,ヒョンビンの盛る感情演技に拍手を送った文が掲載された。

二人の再結合はまだ未知数だ。二人がまた再会することができるか,お互いがお互いの痛みをかばって抱けるか,今後の動向に関心が集められる。

クサセ,ジュニョン4年前演出エピソード


‘クサセ’ソン・へギョの‘にわとりパレード’爆笑
普段徹底した自己管理と定評があったチュニョンの屈辱シーン...
1日KBS2‘彼らが生きる世の中’が助演出時期のチュニョン(ソン・へギョ)の明るいエピソードを演出した。

理由は前恋人チオ(ヒョンビン)の口を通して伝えられた。
監督デビューを前にして後輩チョリ(パンユゴル)を助けるために小物製作に乗り出したチオはそれに関連した逸話を聞かせてくれた。

#4年前.チオはニワトリの視線で世の中の人々を風刺するブラックコメディを企画した。ニワトリが主演であるだけに動物出演者の演技力が切実に要求される状況でむちゃくちゃだった。

しかし主演で交渉された鶏の演技力が思わしくなかった。あっちこっち撮影場を掻き回しながらもめ事を起こした。ついに“演技を上手にするニワトリに変えろ!”というチオの激しい叱責が落ちて,当時助演出だったチュニョンが担当を引き受けるようになった。

“世の中で怖いことは何もないチュ・ジュニョンがニワトリだけは恐れるというのが問題中の問題。”





これにニワトリとチュニョンの神経戦が行われた。
チュニョンは恐怖で真っ青になった表情でニワトリを捕まえるために奮闘した。しかし捕まえてくるニワトリごとに‘印象が険悪だ’‘目が気に入らない’という理由でひたすら拒絶された。

勝負根性の強いチュニョンがこのまま当てられてばかりいることはできない。結局チュニョンの復讐が続いた。チュニョンは寝ているチオを起こして,もう一度ニワトリを突き出した。

続いて睡眠があまりとれずに,当惑するチオのそばにたくさんのニワトリを追い込んだ。チオの周りを掻き回すニワトリと真っ青になったジオの表情がクローズアップされて,一度笑いをかもし出した。これを回想するチオの最後の一言が圧巻だった。
“俺がそれでゆばりまで洩らしたんじゃないか。”

また予告篇でチュニョンの身辺に異常が生じたようにある暗示を与えて,視聴者らの残念さをかもし出した。

===================================================

ふふ...面白い場面でした!^^

≪ 前の30件| 次の30件
TOPSUK2

2019 - November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.