ユン・ジョンチァン監督GV試写会
[現場]‘私は幸せです’現場ユン・ジョンチァン監督GV試写会
ヒョンビン,イ・ボヨン主演の映画‘私は幸せです’の試写会が11月24日火曜日ブロードウェーシネマで開かれた。今回の試写会は‘鳥肌’,‘青燕’のユンジョンチァン監督と観客が一緒にある特別な試写会で,マックスムービー会員200人が招待された.

映画上映後にキム・ヒョンソク記者の進行で始まった監督との対話は上映館前面に移動した観客たちと共に物静かで緊密な話が行き交った。

今回の行事には唯一‘幸せ’に関する質問が多かった。ユンジョンチァン監督は“映画の中での主人公たちは決して幸せではない。しかし個人的に彼らが幸せになるように願ってこれから彼らにどんな事が近づくかは分からないが現実の中で幸せを捜してほしい。”と映画題目が与える力説に対して説明した。

引き継いで “このごろ世代はとても易しく生をあきらめてしまうようだ.OECD 国家の中で自殺率 2位の国が我が国だ.誰も自尊心があって当面した問題があって,ささいなことでも自分には深刻な問題であることができる.しかし生はそんなに易しく捨てるのではない.‘私は幸せです’という題目も現在型ではないが,私たち映画の中主人公たちのようによくかきわけて行ったらと思う. ” と言いながら激励の言葉を惜しまなかった。

俳優たちの演技も話題になった。監督は“運が良く良い俳優をキャスティングしたがヒョンビンとイ・ボヨン皆こんなに難しい境遇のキャラクターを演技した経験がなかったし,実際にもたいへんな苦労もなく育った友人らだった。しかし直接経験に根拠して演技する人もいるが,誰も両親が亡くなる悲しみを経験して,ある家族や共通された痛みを経験する。ヒョンビンとイ・ボヨンという俳優が生に対して謙遜に考え人物を理解しようとすればうまくできると思った。”と伝えて“準備期間からキャラクターのために俳優たちとたくさんの話を交わした”と言った。

映画内的な質問もあった。“音楽使用がずいぶん節制されたようだ。”と言う質問に“音楽テーマを大きく3箇所だけに使ったが一般映画と比べて不足なのは事実だ。音楽を現わさないで使うことによって人為的に感情を押したくなかった。俳優の演技と監督の演出に真正性があったら音楽がなくても感じられると思ったしはじめからそんな戦略があった。” と言いながら彼の隠された意図を明らかにした。

映画を通じて伝えたいメッセージが何かと言う最後の質問で“映画の中の主人公を見て‘私の状況が彼らよりましだ’という慰労を得るよりどうしてもかきわけて出て現実に戻る姿に慰安を得てほしい。”と頼むユン・ジョンチァン監督。映画‘私は幸せです’を通じて監督の真正性が観客に伝えられるように期待してみる。


映画を見た会員らは次のような後期を残した。筆名‘ビワビョル’会員は“監督ニムのお話のようにこのごろのように易しくあきらめる世の中でこの映画を見て最後まで放棄なくて暮し出す彼らを見て多くの慰労を得て帰って来た”と後期を残したし筆名’タルルト’ 会員は “映画を見る前には私は本当に不幸な人だと思ったが映画の中主人公よりは本当に私は幸せな人だな思うようになった.”と後期を残した.

悽絶な現実がたまらず過大妄想証になった患者マンス(ヒョンビン)と生に疲れて息をすることさえ手に余る看護婦スギョン(イ・ボヨン)がお互いの痛みを共感して徐徐に頼りだすが自分が処した現実のためすぐに手を差し出すことの出来ない心冷える話‘私は幸せです’は11月26日封切りした。

ヒョンビンと悩み相談室?



























話せない悩み?“今ヒョンビンと相談してください”
‘私は幸せです’(監督ユン・ジョンチァンで最高のスターヒョンビンが映画公式ホームページを通じてネチズンの悩みを直接相談してくれていて話題だ.

映画‘私は幸せです’で誇大妄想証患者に扮して演技変身が話題になっているヒョンビンが映画の公式ホームページを通じて直接悩みの相談をしてネチズンたちに人気を集めている.

今回のイベントは誰もが参加可能で自分のちょっとした悩みから真摯な話までホームページにあげればヒョンビンが直接ティッグルをつけてくれる形式で進行される。すべての文等は秘密文としてただヒョンビンだけが見られ,ティッグルをつけてくれることができる。

現在忙しい日程の中でも悩みカウンセラーになるために乗り出したヒョンビンがファンの多様な悩みをどのように相談するのか期待される中で‘ヒョンビンの悩みの相談’イベントは‘私は幸せです’公式ホームページ(http://www.iamhappy2009.co.kr)で11月30日まで進行される予定だ。

映画‘私は幸せです’は悽絶な現実がたまらずに過大妄想症になった患者マンス(ヒョンビン)と人生に疲れて息することさえ手に余る看護婦スギョン(イ・ボヨン)がお互いの痛みを共感して順次頼って行くが自身の処した現実のために手を差し出すことができない胸冷えた話で来る11月26日封切りする。

=====================================

ヒョンビンには珍しいイベントですね...^^

MovieLoveナヘン映像Capture


韓国放送番組の映画が好き(Movie Love)でナヘンの映像が4分と少し上がっていました...
ほとんどダイジェスト版のようでしたね...以前の画報や映像よりもっと多く映像で上がっていました...
結構きつかったりする場面も登場します...一年が遠かったようですが蘇ってきます..

私は幸せです.言論試写会







ナヘン言論試写会模様
13日午後2時ソウル往十里 CGVで映画‘私は幸せです’の言論試写会が開かれた.

この日言論試写会に参加したヒョンビンは懇談会で封切りが遅くなりながらどんな考えが聞いたかと言う質問に“時間がどれだけ過ぎて封切りをしても重要ではなかった”と“正直期間が遅れて吸われることに対する心配や負担感はなかった.”と言った.

ヒョンビンは映画‘私は幸せです’のように個人的に幸せだった記憶があるかと問うとヒョンビンは“撮影をする時より準備する時間がもっと好きでそれに幸せだと感じる”と返事をした.

ある俳優もいつも自分が引き受けた役に集中するとその役の余韻が残って本来の自分に帰ることが大変だ.

その点においてヒョンビンは“頭の中で早く覚める人だと思った”と“しかし考えと違うように目つきや行動が延長して映画の中でのマンスが目に焦点がなく他人を見る時焦点がなかったり事物が曇ったように見えて他の撮影の時には大変だった.” と言った.



















‘私は幸せです’予告篇公開
ヒョンビン·イ・ボヨン主演映画‘私は幸せです’予告篇公開
傷を受けた男女がお互いに寄り添おうと思うが... 絶望的状況を熱演‘涙腺刺激’
ヒョンビン,イ・ボヨン主演の映画‘私は幸せです’(監督·ユン・ジョンチァン)の予告篇がいきなり公開された.

予告篇の背景音楽は訴える力濃い声の主人公であるイム・ジェボクの新曲‘愛だから’が挿入された。

映画‘私は幸せです’は自分が処した絶望的な状況に耐えることができず誇大妄想証という病気を得るようになったマンス(ヒョンビン)と,恋人に捨てられて直膓癌末期のお父さんを看病して大変な毎日を送っている看護士スギョン(イ・ボヨン)の話だ.

傷を受けた主人公たちはお互いにすがろうと思うが一方では気経に近寄ることができなくて見る人たちを切なくする.

映画予告篇では徐徐にクライマックスに至りながら見えるマンスとスギョンの絶望的な状況は劇中主人公たちの完璧な演技と連れて見る人々の涙腺を刺激する。しかしここでもヒョンビンの魅力は相変らずだ。

予告篇初盤にマンスがスギョンに初めて声を掛ける場面からずっとスギョンに目を離さず白くて清いほほ笑みをして見せる姿は愛するしかないヒョンビンの魅力を精一杯発散させて映画ファンたちの関心を精一杯催す.

‘私は幸せです’は来る26日封切りする予定だ。

‘私は幸せです’2番目ポスター公開

































‘私は幸せです’感性刺激するヒョンビン,イ・ポヨンキャラクターポスター公開
‘鳥肌’,‘青燕’のユン・ジョンチァン監督,ヒョンビン,イ・ボヨン主演の映画‘私は幸せです’が来る11月26日封切りを控えて映画の中で胸が痛むストーリーで悲しみをおさめて観客たちの感性を刺激するヒョンビン,イ・ボヨンのキャラクターポスターを最初に公開した。

ヒョンビン,イ・ボヨン主演の映画‘私は幸せです’は自分が処した絶望的な状況に耐えられず誇大妄想証という病気を得るようになったマンス(ヒョンビン)と恋人に捨てられ,直膓癌末期のお父さんを看病して大変な毎日を送っている看護士スギョン(イ・ボヨン)の話で,傷を受けた主人公たちがお互いにすがろうと思うが気経に近寄ることができなくてもっと切なさを伝える映画だ。

ここにふさわしく今回公開したヒョンビンとイ・ボヨンのキャラクターポスターはお互いに伝えたい言葉を胸に抱いたまま映画の中で悲しみをおさめた主人公たちの姿をそっくりそのまま見せてくれて切なさを伝える。

特に,ヒョンビンのキャラクターポスター中‘一番幸せな毎日だけど...あなたの悲しい目が気になります.’というコピーは精神病棟で過去のすべての悲しみを忘れたまま誇大妄想証患者になったこの世の中で一番幸せなマンスだが,あまりにも悲しく見えるスギョンが気になってにせのお金千万ウォンの小切手を気経に握って彼女を少しでも幸せにさせようとするマンスの暖かい心が込められている。

それだけではなく,彼が見せてくれる傷傷しい目つきは女性ファンたちの母性本能を起こすにも十分なほど.イ・ボヨンのキャラクターポスターもやはり‘私の生涯最も耐えにくい時間でも...あなたと一緒にいる時間だけは幸せです.’というコピーで映画の中であまりにも耐えにくい現実の中でもマンスによっての上で受けて幸せを感じる看護婦水硬の心を李報営特有の優秀に濡れた目つきとともによく表現し出した.

それでも,あなたがいて…私は幸せです.

悽絶な現実がたまらずに過大妄想証にかかった患者マンス(ヒョンビン)と人生に疲れて息することさえ手に余る看護婦スギョン(イ・ボヨン)がお互いの痛みを共感して徐徐に頼りはじめるが自身の処した現実のためにすぐに手を差し出せない胸冷えた話だ。

映画私は幸せです,ポスター初公開
‘私は幸せです’ヒョンビン,イ・ボヨンのポスター公開
‘鳥肌’,‘青燕’のユン・ジョンチァン監督,ヒョンビン,イ・ボヨン主演の映画‘私は幸せです’(監督: ユン・ジョンチァン主演: ヒョンビン,イ・ボヨン 製作: ブルーストーム(株)提供: Sobic創業投資(株),ディーシージプロス 配給: (株)映画社チンジン)が来る11月26日封切りを控えて本ポスターを最初に公開した.

大韓民国最高のエッジナムヒョンビン,清らかさと知的な魅力の結晶体イ・ボヨン!二人の俳優の暖かい感性にじみ出る‘私は幸せです’本ポスター初公開!

ヒョンビン,イ・ボヨン主演の映画‘私は幸せです’は自身が処した絶望的な状況を耐えることができずに誇大妄想証という病気になったマンス(ヒョンビン)と恋人に捨てられて,直膓癌末期のお父さんを看病し,大変な毎日を送っている看護士スギョン(イ・ボヨン)の話で,傷を受けた主人公たちがお互いに頼ろうと思うが気経に近寄ることができず,もっと切なさを伝える映画だ.

しかし今回公開された映画‘私は幸せです’の本ポスターには映画の中の彼らが経験した生の苦痛と切なさをしばらく後にしたまま,暖かい秋の日ざしの下,悲しい現実にもかかわらずお互いによって幸せを捜そうとする二人の主人公の姿を盛った.二人の俳優の暖かい感性が付け出すポスターのビジュアルとともに“狂ったように手に負えない毎日...

それでもあなたがいて...私は幸せです”というコピーと題目はお互いに生きる悽絶な苦痛を感じているが,映画の中でのマンスとスギョンはそれでもお互いに頼ってその中で幸せを捜し,観客たちにも幸せに対する意味をもう一度振り返ることができるようにする.‘私は幸せです’は11月26日,硬いストーリーと一緒にウェルメイド映画として観客たちの胸を濡らす予定だ.

それでも,あなたがいて…私は幸せです.

悽絶な現実がたまらなくて過大妄想証にかかった患者マンス(ヒョンビン)と生に疲れて息することさえ手に余る看護婦スギョン(イ・ボヨン)がお互いの痛みを共感し,徐徐に頼って行くが自身の処した現実のために手を差し出すことができない胸冷えた話,‘私は幸せです’は来る11月26日封切り予定だ.

'ナヘン'ポスター撮影インタビュー

































ヒョンビン,イ・ボヨンと演技呼吸“患者と看護婦に”

[アンカーコメント]
ヒョンビンが久しぶりにスクリーンに帰って来ました.
映画‘私は幸せです’を通じてまた他の変身を見せてくれるヒョンビン.そして彼と一緒に演技呼吸を合わせ綺麗な彼女,イ・ボヨン!二人と一緒にポスター撮影現場をY-STARカメラが入れて来ました.


[レポート]

昨年夏,ドラマで結んだ縁でソンへギョとの交際を宣言して話題にのぼったヒョンビンが3年ぶりにスクリーンに復帰しました.

[インタビュー:イ・ボヨン,ヒョンビン]
“Y-STAR視聴者の皆さんこんにちはヒョンビンです.こんにちは,イ・ボヨンです.”

14日午後,ソウル江南区論硯洞のローヤルTOTOで映画‘私は幸せです’の主人公ヒョンビンとイ・ボヨンに直接会いました.

[インタビュー:イ・ボヨン]
Q)‘私は幸せです’はどんな映画...?
A)“私達の映画は精神病院で起こる話ですが誇大妄想証という病気を持って病院に入り,傷ついた人と,お互いに似た傷を持った看護婦がお互いに痛みを共感しながらお互いの傷を治癒していくそんな内容です.お互いに慰労を受けながら.”

映画の中で二人は,患者と看護婦という関係で会ったそうです.




[インタビュー:ヒョンビン]
Q)引き受けた役目は...?
A)“僕の引き受けた役はチョ・マンスという役で,後で被害妄想と誇大妄想という病気にかかって精神病院に入って行くことになり.その中でスギョンという看護婦に会いながら心の片隅の治癒を受けてそこで少し幸福感を感じるそんなキャラクターです.”

[インタビュー:イ・ボヨン]
Q)引き受けた役目に対して...?
A)“私は映画の中でスギョンというキャラクターを引き受けました.お父さんの癌のために借金まで背負ってお金でとても悩まされ四方ですべてに追い込まれる,そんな役目です.マンスに慰労を受けるようになるそんなキャラクターです.”

精神病にかかった青年役を引き受けながらヒョンビンは,実際精神病院を訪問して,演技を研究したそうです.

[インタビュー:ヒョンビン]
Q)精神病患者の役を引き受けながら準備したものは...?
A)“精神病のようなことは経験した事がなくて,実際に精神病院に行ってそこいらっしゃる誇大妄想証患者の方に会って話もして見たんです,精神病やこんなものなどに係わる映画みたいなことも見ながら話もたくさん交わしてそれとともに準備しました.”

今回の作品で初めて演技の呼吸を合わせることになったヒョンビンとイ・ボヨン.しかし初出会いから二人は,お互いに好感を感じたと言います.




[インタビュー:イ・ボヨン]
Q)初めてヒョンビンを見た時は...?
A)“私は本当にきれいで爽やかなハンサムだと.思ったより背もとても高く大きくて,ハンサムだと思いました.弟になるのですがとても大人のようです.すごく考えも深くて行動も陣中して.そしてたまに可愛かったりもします.”

[インタビュー:ヒョンビン]
A)“僕も一度実際にお目にかかりたかって演技も一緒にやって見たかったがリーディングする時初めて会った時予想通りとても綺麗で,何より話しながらもっとイ・ボヨンさんに対する魅力をたくさん感じました.”

‘私は幸せです’はすでに去る2008年,釜山国際映画祭閉幕作で上映されてから1年ぶりに封切りをするようになりました. これまでの間苦労をしていたヒョンビンとイ・ボヨン.しかし撮影の中にはそれより多くの苦労が後に繋がったと言います.




[インタビュー:イ・ボヨン]
Q)苦労が多かったと言うが...?
A)“お互いに本当に...ヒョンビンさんも本当に死に物狂いで撮りました.こんなにまで人が苦しいことがあるのかと経験を初めてしました.”

[インタビュー:ヒョンビン]
Q)苦労が多かったと言うが...?
A)“はい,大変でした.経験をしたものであればもっと楽で容易だったでしょうに経験が全然なかったので監督ニムがカメラの前に立った時直接頭を 触りなさいと注文をしました.それで鏡のない状態で自分の頭をたくさんむしり取りました.”

[インタビュー:イ・ボヨン]
“監督様が来られて,このようにつかんで行かれました.それでここがちょっと...”

[インタビュー:ヒョンビン]
“髪がたくさん抜けました.”

[インタビュー:イ・ボヨン]
“このようにつかんで行って...”

1年ぶりに光を見るようになったヒョンビンとイ・ボヨン主演の映画‘私は幸せです’は来る11月,映画ファンたちを尋ねる予定です.


[インタビュー:イ・ボヨン]
“私達の映画‘私は幸せです’が11月26日封切りします.”

[インタビュー:ヒョンビン]
“たくさん来て見てくれたら嬉しく.幸せという単語に対してみなさんも少しでも考えることができれば良いです.ありがとうございます.”

‘私は幸せです’封切が遅れた理由

























ヒョンビン・イ・ポヨン主演‘私は幸せです’遅れた封切りなぜ?
ヒョンビン・イ・ポヨン主演映画‘私は幸せです’(ブルーストーム,ユン・ジョンチャン監督)が昨年釜山映画祭閉幕作で上映された後1年ぶりに遅れて封切る。

昨年末封切りが予想されたがこのように遅れたのは観覧等級のためだった。
製作社は‘15才観覧可’を予想したが‘青少年観覧不可’判定が出てきながら,支障が醸し出した。製作社は映像物等級委員会に再審議を要請したが去る1月やはり\\\\'‘青少年観覧不可’判定を受けた。製作社はその後再審議のために数カ月すがったが結局‘原案のとおり’11月封切ることになった。

映像物等級委員会側は6日“私債業者の暴力と悪口,非倫理的場面など主題および内容の利害も側面を考慮する時,青少年観覧不可が適切だ”と明らかにした。

‘私は幸せです’は誇大妄想症で精神病棟に入院したマンス(ヒョンビン)と彼を担当する看護士スギョン(イ・ポヨン)の愛の話だ。イチョンジュの短編小説‘チョ・マンドク氏’を脚色した作品だ。

イ・ポヨンの所属社側は“昨年釜山映画祭で好評を受けたが永らく封切りができずに,製作社はもちろん俳優らも気苦労を体験した。遅れたが光を見るようになり幸運”と話した。

キムソンミン,ヒョンビンと戦いました..
キムソンミン“イボヨンの頬は本当に辛かった”[インタビュー]
ユンジョンチャン監督の新作‘私は幸せです’にはヒョンビン,イボヨンそしてキムソンミンが登場する。

キムソンミン(34)は本来実名であるキムソンテクで活動して4年前に今の名前で芸名を作って活動するようになった。

彼は‘人魚お嬢さん’‘'超花善女様’‘幻想のカップル’などのドラマを通して,印象的な演技を繰り広げた。

実はキムソンミンは映画‘時間’‘上司部一体父-二支部一体3’等の作品で忠武路(チュンムロ)にますます近づいていた。

そして今年釜山国際映画祭の閉幕作に選ばれて,釜山で上映された映画‘私は幸せです’でヒョンビン,イボヨンと共に精神病棟で死闘を繰り広げた。

ヒョンビンを治療する精神科医師で,そして看護士のイボヨンの過去のボーイフレンドで現在は職場の上司だけの男でクールに変身した。

キムソンミンとイボヨンそしてヒョンビンが共に地方で同苦同楽をしながら撮影した映画‘私は幸せです’.キムソンミンを通して,彼らの苦労談を聞いてみた。

‘私は幸せです’の比重に関係なくユンジョンチャン監督と作業したかったです。

キムソンミンは“本を読んでみてとても良かった”と“僕がやると言うとユンジョンチャン監督ニムが‘本当にこれをやると?この役割は主人公が違う。それでもこれをやる?'と言われた。

僕は役の比重を離れてしてみたかった。そしてユンジョンチャン監督のように巨星との作業がどうかとても好奇心が大きかった。‘やっぱり!’という感嘆の声で作品を撮影した”と伝えた。

“ユンジョンチャン監督は本当に呪われた人物らを描き出すために俳優らをとてももたくさん困らせた”“イボヨン,ヒョンビンを毎瞬激怒に追い込むようにしたようだ。当時は監督の注文に‘手を抜きなさい’と思ったが今はそんな妥当性が理解できる。人生の重さが表現されるように俳優たちの中で引き出して下さった”と打ち明けた。

ユンジョンチャン監督,ヒョンビンを疲れきるほどまでさせました。

イポヨンとヒョンビンにあんなに厳しくしたユンジョンチャン監督はキムソンミンとは多くの言葉を交わしながら,あのように大変にはしなかったと。キムソンミンはユンジョンチャン監督に対して“俳優が演技をした時,その感情線に到達するように席を作ってくださって,毎回モニターをしながらまた撮る”と打ち明けた。

“一場面で28回撮ったこともある”“ヒョンビンは後から自ら悟るようになるが‘あの人には本当に良い時間だった’と思う。ユンジョンチャン監督ニムの下で教わったとのことが妬けるほどだった。

ヒョンビンが後で本当にマンスのように見えた。
ヒョンビンが劇中で歌を歌ってラップをすることに,本当に疲れきるほどまでさせた。その時私は‘監督ニムが本当に悪魔だった(笑)’と思える。だが俳優だけでなく時間が過ぎるほど俳優と一緒に枯れていく監督ニムを見ながら,彼も人間だ大変だなと感じた。本当に皆映画のために情熱と努力を吐き出した”と明らかにした。



イボヨンが頬を殴るシーン,耳が鳴るほどでした。

キムソンミンが劇中で引き受けた役は人間味が少しもない医師だ。精神病者のマンス(ヒョンビン)を電気衝撃療法を使いながら,統制して,過去の恋人だったスギョン(イボヨン)にはとても冷酷でこの上ない。キムソンミンは“監督ニムと話した医師役は悪い奴ではない”と“悪い奴ではなくてむしろ一番人間的な奴だといった。精神科医師というものにすばらしい自負心がある人だ。

劇中で精神病があるヒョンビンに向かって‘私が君を治して戻す’‘君を正常に戻す’という使命感を持っている”と話した。“劇中でイボヨンに頬を打たれるシーンがある”“リハーサルといったが,イボヨンがその言葉を聞かなくて本当に殴ってしまった。イボヨンの手は本当に辛かった(笑).よく見たら,顔が赤くその状態が見えるでしょう。その状態で実際撮影に入って,さらに合った。耳鳴りまでした(笑)”とエピソードを打ち明けた。

ヒョンビンと取り調べ室シーン,演技しながら鳥肌が立って戦慄が感じられました。

劇中で患者マンスと精神科医師の取り調べ室場面が印象的だ。
マンスは辛い過去を思い出させたくなくて精神科医師は彼の記憶を生き返らせようとする。マンスが医師の話を聞かなければマンスはまた電気衝撃室に行かなければならない。みなぎる緊張感.キムソンミンとヒョンビンの対立が印象的だった。

キムソンミンは“ヒョンビンと目合戦をした”“カメラが2台あった。互いに負けたくないながら,本当に感情的に最後まで対立した。その時本当にカタルシスを感じた。演技をしながら鳥肌が立って戦慄が感じられる時があることをまさに取り調べ室シーンがそうだった。

演技をしながら互いに一番正常の感情で合った”と打ち明けた。
“取り調べ室で首せがむ場面があるのに,ヒョンビンが‘兄を殺すかも知れません’そうだ。本当にせがんだ。私は実際それを望んだ。取り調べ室は考えただけでも暗鬱だ。空気も通じないで本当にそこに入るのは地獄だ。取り調べ室場面で互いに少しずつ擦過傷を受けることもあった”と付け加えた。

一つのイメージで生きていくのではなくいつも‘僕の可能性’に挑戦したいです。

ドラマの中でキムソンミンのイメージは正確で,映画の中での彼はクールで悪漢の姿を出している。実際会ったキムソンミンは愉快で才覚あふれる俳優だった。これから映画でさらに多い姿を見せてあげたいという情熱を持っていた。“一つのイメージで生きていくよりは‘僕が果たしてどれだけできるだろうか’という可能性に挑戦したい”

“例えば,軟らかい一等サウィッカムという修飾よりは毎作品ごとに新しい姿をお見せして‘あの子はあれもできるだろうか?’という観客らに期待感を持つようにしたい。‘セブン’でキャビンスパイシーがやったそんな悪魔的な感じの演技もやってみたい”と伝えた。

パク・ヒョジュ‘私は幸せです’で復帰
‘追撃者’パク・ヒョジュ‘私は幸せです’で復帰
[インタビュー]

今年初めの映画‘追撃者’でケミスーパーの前をうろうろして入らず観客たちに悪口を言われた女刑事.‘追撃者’で印象的な演技を広げたパク・ヒョジュ (26)が映画‘私は幸せです’で戻った。

‘私は幸せです’は現実がたまらなくて狂ってしまった患者の面倒を見なければならない看護婦がむしろ患者から慰安を得る皮肉としか言いようがない人間の生に対する話を盛り込む.

第13回釜山国際映画祭閉幕作に選定されて関心が集められた.

パク・ヒョジュは‘私は幸せです’で精神病棟の看護士役を担った。劇中ヒョンビンが誇大妄想症にかかって,病院に入院をするようになってパク・ヒョジュは彼を看護する。

劇中看護士で出演するイ・ボヨンとも共に呼吸を合わせる。
パク・ヒョジュは“映画全体的に見た時,最も現実的な人物だ”として“男主人公の治療過程を助ける人物だ”と紹介した。

“比重が大きい役割でもなくキャラクター敵でも大きい魅力がある人物ではなかったために欲が出ることはなかった”として“だがユン・ジョンチャン監督の‘鳥肌’を非常に印象深く見た。

監督ニムは女性の独特の魅力をよく引き出す能力がある方だ。それで監督ニムと共同作業してみたいという思いが大きくてそれで決定するようになった”と明らかにした。

‘私は幸せです’とは‘鳥肌’‘青燕’のユン・ジョンチャン監督がメガホンをつかんだ。“シナリオの全体的な感じがとても良かったということも小さい比重だが,選択をするようになった要因であるようだ”として“私が悩んでいた人生に対する視線と非常に似ていていた。作品はとても良くて私のキャラクターは地味だった。だがシナリオに強く引かれた”と打ち明けた。

パク・ヒョジュは‘私は幸せです’の撮影を短く終わらせた後,去る9月小劇場で演劇も一方上げた。演劇‘チョンサン裏から光化門まで’で2005年演劇‘おでん八が青年’以後イ・ウチョン演出との縁で出演を快く受諾したのだ。

パク・ヒョジュは“演劇は現場感があって良いです”として“観客らと近くにいて,観客に直接会った方が良い。妙な気持ちだ。まだベテランではないから演劇舞台上に立つのが蜜の味のようという訳には行かないがとてもときめいて緊張して楽しいのは明らかだ”と伝えた。

また“映画と共にカットの概念でなく一時間半の間ずっと続いて行かなければならないことなので難しいけれども多くの部分役に立つ”として“演技の呼吸も長くなって編集の助けなしで出ると見られられることなので演技スペクトラムを広げるのにも良い機会があっている”と話した。

最後に“映画でも演劇でも私ができる役割を度々捜し出さなければならないと思う”として“休みたくなくて絶えず舞台や映画の中で私の演技と私の人生を共に育てていきたい。絶えずその話の中で生きたい。

年を取っても療養をして休むのでなく演技に対して苦悩して冷めない情熱で演技したい”と伝えた。

ヒョンビン“コインの両面と同じ”
‘私は幸せです’ヒョンビン“俳優の心得見せるはず”
“今回の映画は100%新しい挑戦でした。”

貴公子のようなイメージが強かった俳優ヒョンビンが変わった。 第13回釜山国際映画祭閉幕作に選ばれた新しい映画‘私は幸せです’からだ。

さっぱりしていたスーツ姿がよく似合ったヒョンビンは‘私は幸せです’でもじゃもじゃなトボンモリにみずぼらしい身なり,その上人生の重さに勝つことができなくて結局は狂ってしまった精神病者マンスになった。

ヒョンビンは去る9日釜山映画祭閉幕作時事直後持ったインタビューで“100%挑戦だった”として“既存キャラクター中重なる部分がただの一つもなくて新しく何かを作り出さなければならなかったがそれ自体が宿題だった”と話し始めた。

だが観客らはもちろん本人にもなじみがうすい役割を選択した理由はよく思うようにイメージ変身のためとは違った。
ヒョンビンは“作品が良くてやりたいという気がしただけで演技変身のためとは違う。

シナリオを読みながら軽い内容ではないが笑いながら見るようになって妙な気がした。

周囲は僕に合わないから大変だと思うと,反対する声がとても多かったが魅力を感じて挑戦してみたかった”と話した。

それなら賞欲が出たのか。 ヒョンビンはこの質問にも“商業興行は考えたことはない。 ただ‘ヒョンビンがあんな作品もするんだ’という言葉を聞きたいという思いはある”として“僕の演技の幅を広げようとする,スターではない俳優の心がけがあるというものを見せたかった”と答えた。


▲映画‘私は幸せです’のヒョンビン


“率直にマンスのような経験はなかった”とする程マンスは底辺人生. ヒョンビンはこのために精神病関連映画と資料を見ながら参考にするものを探して精神病院に行って直接患者らに会って,特徴らを取ってくることもした。

このように新しい人生を暮らしてみる過程でヒョンビンは自身の人生に対しても深いと思ってみるようになったという。 ヒョンビンは“マンスよりできないだけであって悩みや心配のない人がどこにいるか。

今回の映画を撮影しながら,幸福と不幸に対してたくさん考えるようになった”として“一人でいる時のむなしさを思いながらもマンスのような人生を見れば私は幸せだという考えになった。 それに対しては正解がないようだ”と内心を打ち明けた。

突然のキャラクター変化にファンらは見慣れながることもできる。 ヒョンビンは“コインの両面と同じだ。 演技は私が好きですることだが,人々が無関心になればやりたいことをすることはできないのではないか”としながらも

“ファンらが願うのをある程度は共に合わせて見せなければならない部分があると思うが100%すべて合わせたい考えはない。 そのうち一つが今回の映画だ。 今回は私僕の意志だけで決めたことでこれから仕事をしながら二つの部分をよく調和させていくのが宿題”と所信を明らかにした。

===================================================

やりたいようにそのまま..意のままに進んでください..
それがヒョンビンらしくて〜^^

マンスの演技変身はとても素晴らしかったです..^^

PIFF閉幕作品“ナヘン”観客らに感動
































国際映画祭閉幕作品“私は幸せです”観客ら感動
去る10月10日釜山,海雲台ヨット競技場で閉幕作“私は幸せです”が,5000余映画関係者と観客らの熱い拍手喝采を受けながら釜山映画祭の大美を派手に飾った。

すでに‘青燕’‘鳥肌’でその演出力を認められたユン・ジョンチャン監督の3回目映画‘私は幸せです’はイ・チョンジュンの短編小説‘チョ・マンドク氏’を映画化した。

ヒョンビンは以前の青春スターのイメージを脱皮,演技派俳優への変身という評価で上映前から話題を集めた。2年の間の沈黙を破ってスクリーンに姿を現したヒョンビンは‘私は幸せです’で現実の重さを勝ち抜くこともできない感情を吠え叫ぶように吐き出しながら,やや限度を超えてしまいやすい狂人演技を完璧に消化して美男俳優から演技派俳優に成長したことを証明したようにみえた。

‘ビヨルハンゴリ’‘ワンスアポンアタイム’など以前の作品でナムソンドゥルの心を捕らえる清純な女性の姿を見せたイ・ボヨンは今回の映画で傷ついた看護士‘スギョン’で変身を試みた。

特に普段はつらつなハイトーンな彼女の音色がかろうじて生き延びている‘スギョン’役の消化のために低く静かなトーンへの変身した姿を見せる。このように彼女は表情ひとつひとつ,音色ひとつひとつまで逃さない完璧なキャラクターの理解で‘スギョン’で新たに出た。




‘私は幸せです’は多少重い素材にもかかわらず中間中間観客を笑わせる素材が隠れていて寒い夜,野外上映であるのに始めから最後まで観客らは没入しないわけにはいかなくする底力を見せた。

映画を見た観客らは硬いシナリオ,卓超した演出力,傑出な演技三拍子がすべて揃うウェルメイド映画と絶賛しながら,大変な人生の中でも幸せを求める彼らの姿に疲労を受けたと映画に対する感動を伝えた。

このような観客らの爆発的反応はすでに閉幕式前日から予想された。

9日釜山ヨット競技場シネマテークで開かれた記者会見以後インターネットポータルサイトダウムで‘ヒョンビン閉幕作’が検索語順位1位を占めるなど映画に対する熱い関心を受けながら低迷した韓国映画市場にまた一度韓国映画の力をみせることと占われている。

===================================================

閉幕へ行ってきましたが,マンスは本当に演技変身でした...
壮絶なシーンの数々...可哀想なマンス...

難しい役をどのように見せてくれるのか,マンスはマンスで...
狂うその姿に彼の幸せはそこにしかないと感じました...

PIFF記者会見,狂ったことが幸せだ


















▲ 9日午後シネマテーク釜山で開かれた閉幕作映画‘私は幸せです’(製作-ブルーストーム監督-ユン・ジョンチャン)の記者会見でユン・ジョンチャン監督(左側)が俳優らとのエピソードを話している。

[釜山]ヒョンビン・イ・ボヨン‘狂ったがむしろそれが幸せだ’
第13回釜山国際映画祭(PIFF)閉幕作‘私は幸せです’

映画‘私は幸せです’は精神病棟で会った患者と看護士の切ない疎通を描いた映画第13回釜山国際映画祭閉幕作だ。

タレントヒョンビン(26)が映画で幸せに狂った。
第13回釜山国際映画祭(PIFF)閉幕作‘私は幸せです’で辛い現実に耐えられず,結局狂ってしまった‘マンス’を演じた。

9日ヒョンビンは“演技者が経験をしなかった部分を演じようとすれば大変だ。僕が精神病者ではないから精神病者が出てきた映画,本などをたくさん探して読んだ。

撮影前日精神病院を直接訪ねて行くこともした。誇大妄想症患者などに会った。彼らと一発であって感じた部分を演技しながら,たくさん試みてみた”
と打ち明けた。

映画でヒョンビンは痴呆症の母,賭けに狂った兄などとぶつかりながら苦しんで結局自身も狂って,精神病院に閉じ込められる。空の紙に署名だけすればお金になると信じる誇大妄想症を見せる。

TVドラマ‘私の名前はキムサムスン’等で貴公子だったヒョンビンとしては多大なイメージ変身だ。




ヒョンビンは“突然キャラクターを変えるという考えはなかった。シナリオを良く見たので選択して作品をしながら最善を尽くした”と強調した。

“良くない結果が出てきてもまたすれば良い。まだ若い”としながら堂々としていた。“映画をおしながらとても荷が重かったが今考えれば本当に大切な時間だった。一生忘れない瞬間だった”と追憶した。




女主人公イ・ボヨン(29)も既存の大衆的印象とは違った演技をお目見えした。直膓癌末期で苦痛がるお父さんを数発する‘スギョン’役だ。綺麗な容貌のイ・ボヨンが人生にやつれた看護士で内面演技を表わした。

イ・ボヨンは“他作で娯楽映画をした。常に役が不足だと考えていた。変化したくて新しい姿を見せたいという思いで演技した。私が上手になり得るか怖くなるキャラクターだったがあえて試みた”として変身に対する負担を吐露した。“これからずっと演技できる自信を得た”と意味を付与することもした。




ユン・ジョンチャン(45)監督は“二人の俳優は家も金持ちと以前に苦労をしたことがない人たちだ。話をしてみれば何の考えもなかった”と直接的に表現,男女主人公を堪え難くさせることもした。

引き続きユン監督は“この頃若い俳優らの特徴だ。映画の中キャラクターと合わなかった。それで監督が悪魔のようにいじめまくらないわけにはいかなかった”として撮影現場の力に余ることを伝えた。

‘私は幸せです’は題名は逆説的だ。ユン監督は“主人公が現実の苦痛を勝ち抜くことができなくて狂ったがむしろそれが幸せだ。この頃人々は困難に近づけば簡単に人生をあきらめるなどたくさん弱くなった。

映画の中で暗いことはそれでも人生をあきらめないで生き残る。その時幸せだと見える”
と説明した。
“映画を見る人々に最小限の慰安を与えられるならば道理をみなした。興行を思っておした映画ではない”ともした。

ヒョンビンは“初めて釜山国際映画祭にきたが閉幕作の栄誉も得て,二重の慶事だ。初めにとても良い機会を得てより多い人たちが映画を見たら良いと思う”と期待した。

‘私は幸せです!’釜山を熱狂させた!
‘私は幸せです!’釜山を熱狂させた!
イベント現場,観客らの爆発的反応!

去る10月3日から5日まで釜山国際映画祭期間の間進行された‘私は幸せです!’のイベントが盛況裡に進行された。

今回のイベントは主演俳優であるヒョンビンとイ・ボヨンに対する関心だけでなく釜山国際映画祭の閉幕作に選ばれたウェルメイド映画という期待感がより増して,より一層爆発的に繋いだことで見なされる。

第13回釜山国際映画祭は今年作品数歴代最大で招請作60ケ国,315編“歴代最多ワールド+インターナショナルプレミア133編”が紹介されて派手に開幕した。

釜山国際映画祭が末に至りながら,閉幕作に選ばれた‘私は幸せです’に対して関心が熱くならなければならない状況.
イベントでハガキが配布されて1時間ぶりに品切れになるなど釜山市民らだけでなく釜山国際映画祭の観客をひきつけて,映画に対する観客らの高い期待が証明された。

また,一般的なサイズの2倍の大きさのハガキ裏面には英文で映画情報を説明して,外国映画ファンらも列をつくって受け取るなど行事進行期間中ずっと人だかりを成し遂げた。

‘私は幸せです’は賭けに抜けて残して死んだ兄と痴呆症になって,家を出て行ったお母さんによって傷を受けて,誇大妄想症患者になってしまったマンス(ヒョンビン)とマンスが入院した病院の看護士で恋人に捨てられ直膓癌末期患者であるお父さんのために傷でいっぱいでな生活を送っているスギョン(イ・ボヨン)が彼らだけの幸福を求めていく話だ。

釜山国際映画祭有終の美を飾るヒョンビン,イ・ボヨン主演の‘私は幸せです’は残酷で疲れる世の中から抜け出そうとする人々間の教頭を卓越するように表現したユン・ジョンチャン監督の三番目の作品で封切り前から映画ファンらと映画館口座らの支持を得ながら,日に大きくなっていく関心を受けている。

PIFF‘私は幸せです’ストーリー
釜山国際映画祭閉幕作‘私は幸せです’映画ストーリー
釜山国際映画祭が今年閉幕作で選択した‘私は幸せです’という人生の大変さ疲れてることに関する映画だ。

映画の背景は精神病棟.

ここにちょうど到着したトボンモリチョンガーマンス(ヒョンビン)と看護士スギョン(イ・ボヨン)が中心人物だ。映画は二人の過去と現在を交差に見せながら,彼らがなぜ今の状況まできたのか落ち着いて見せる。

押し出しがすごいチョンガーマンスは誇大妄想症患者だ。メモ用紙を白紙の小切手と信じている原因でお金が必要ならただ金額を書いて署名すれば小切手になると思っている。お母さんはスイスに住む金持ちと信じている。

バイクに乗って時速200kmで走って,お母さんの邸宅に到着すればそこにはよく抜けた美女らが彼を待っているという妄想に陥る。病状が誇大妄想症だけに彼の現実は思いとは正反対だ。

痴呆症の母は度々家を出て行って人が良かった兄は今は賭けに抜けて,ともすると訪ねてきて“お金出せ”と腕力だ。誠実で優しいこの青年に人生はあまりにも大変で疲れていたのだ。

外形で見ればこの精神病棟の主看護士であるスギョンや精神病者のマンスでも格別差はないように見える。少なくとも何日は出ていなかったような頭に睡眠もまともに寝られなかったように唇にはかさぶたがある。

知ればスギョンもやはり苦しい人生でもがいている。以前ボーイフレンドだった医師は今は他の女とこれ見よがしに恋愛中だ。その上お父さんは病院で死ぬ日だけえを待っている。

病院費が増えながら,借金督促にも苦しめられている。患者と看護士で精神病棟で会うことになる二人は時々お互いに慰安をもあたえるがそれぞれの人生はむしろ悪くなるばかりだ。

マンスはますます強力な治療を受けるようになるが状態が良くならない。お母さんが訪ねてきても調べることができなくて兄の写真を見せても災いだけが出るだけだ。

スギョンもやはり月給が差押さえに当たりと他の病棟に追い出される危機に処したうえにお父さんの状態がますます悪くなりながら苦しむ。二人の苦しさを掘り起こした映画は結局観客らに質問を投げる。

精神病院のマンスは外でより不幸だったであろうか。こんなに人生に手にあまる人々に結局幸福というものがあるのだろうか。映画の題名‘私は幸せです’という結局反語的な意味なので映画は暗くならざるをえないが後半部彼らが辛さを越える可能性があることを見せる理由に一方ではおぼろげにある希望も持っている。

この映画の希望と絶望が説得力があったとすればこれはヒョンビンとイ・ボヨン二人の俳優の熱演に力づけられたことが大きい。ヒョンビンは全身でぶつかって悲しみの中に目に浮かぶ希望を見せながら‘インターネット魂最高のスター’で発展する演技者に新たに出て,イ・ボヨンもやはり多様な感情を描き出しながら,多作らを圧倒する演技を繰り広げた。

ずば抜けたデビュー作で話題になった‘鳥肌’(2001年)で登場した後‘青燕’(2005年)で韓国最初の女流飛行士パク・ギョンウォンの人生を描いたユン・ジョンチャン監督の3番目の映画で,最近亡くなったイ・チョンジュンの短編‘チョ・マンドク氏’が原作だ。

第13回釜山国際映画祭(PIFF)閉幕式
[釜山国際映画祭閉幕式]イ・ボヨン-ヒョンビン,閉幕作主演俳優レッドカーペット
第13回釜山国際映画祭(PIFF)閉幕式が10日午後7時釜山,海雲台区スヨンマンヨット競技場野外舞台で進行された中で映画俳優イ・ボヨンとヒョンビンが入場している。

2日から10日まで開かれた第13回釜山映画祭は6ケ劇場37開館で60ケ国の315編が827回上映された。

去る2日開幕式を始め9日間の大長征を終えた第13回釜山国際映画祭は歴代最大規模である60ケ国315編の映画が上映されて19万8千818人の観客が上映館を尋ねた。

閉幕式司会を引き受けたチョ・ジェヒョンは特有の滑稽な話で共に司会をした女優イェ・ジウォンと閉幕作‘私は幸せです’の主演俳優イ・ボヨンをうろたえているようにしながら,観客らの爆笑を引き出した。

チョ・ジェヒョンはイェ・ジウォンに“私と一緒に釜山国際映画祭閉幕式司会を引き受けてくれという提案を受けてどんな思いをしたのか”と尋ねてイェ・ジウォンが“チョ・ジェヒョン氏がどのように面白くするのかと期待した”と答え“私は‘釜山映画祭がこれから閉幕式にさらに比重をおいて,一大勝負するんだな’と思えた”と言って,多くの拍手を受けた。

チョジェヒョンはまたイェ・ジウォンに閉幕式司会をした所感を尋ねて,イェ・ジウォンが“今年三回目に釜山映画祭に参加したが昨年には釜山英平賞主演女優賞を受賞した”と“所感がどうかといったところで,誰が自分の自慢をしろと聞いたのか”と面朴を与えて,イェ・ジウォンと観客らの爆笑をかもし出した。





ヒョンビン,初めて参加した釜山映画祭に閉幕作なので光栄です..

チョ・ジェヒョンのしゃれはここで終わらなかった。

閉幕作の主演女優イ・ボヨンに“主役を演じた映画が釜山映画祭の閉幕作に選ばれた時,私のように‘釜山映画祭が閉幕作にとても比重をおくんだ’と考えたか”と尋ねて,観客らが腹を抱えた。

イ・ボヨンも笑うのにしばらく答えることができない“釜山映画祭が有終の美をおさめるあの映画を選択して感謝して,私もうれしい”という機転の利く答を出した。



=慣行破ってスター級俳優大挙出席=

‘閉幕式にはスター俳優がほとんど参加しない’という通常的な認識とは違って今年の映画祭閉幕式にはスター級俳優らが大挙参加して,観客らにびっくりな贈り物になった。

司会を引き受けたチョ・ジェヒョンとイェ・ジウォン,閉幕作主役を演じたヒョンビンとイ・ボヨンはもちろんPIFFの副執行委員長であるアン・ソンギとカン・スヨン,パク・ジュンギュ,パク・サンミョン,チョン・ノミンなど20人に達する有名俳優らが参加して,イム・グウォンテク監督とチョン・イルソン撮影監督をはじめとする著名な映画関係者らが相次いでレッド カーペットを踏んだ。

ロッテルダム映画祭をはじめとする世界優秀の映画祭関係者らも大挙閉幕式に参加して,席を輝かせた。おかげでレッド カーペット周辺に1千余名も追い込まれて,席争いが激しかった開幕式の時とは違って比較的余裕でレッドカーペット近くで寄りついた100人余りの若い映画ファンらは拍手と歓呼を送りながら,連邦カメラ フラッシュを放った。



入場券を買ってこそ座れる一般席は閉幕式が始まる前に観客らでぎっしり埋まって,特にレッドカーペットに近い前面五行は口場が開始されるやいなやファンらで皆占領された。

また閉幕式に先立ち釜山銀行が行事場所入口に用意した‘フォト組’には記念撮影のために長く列をなして立っている観客らの姿も目についた。

釜山映画祭閉幕作選定,光栄です
[PIFF 13th]ヒョンビン,“精神病者の役割大変な挑戦だった”
“誇大妄想症演技のために精神病棟患者と対面”
“また撮るかと言えば撮らない作品”
“大変に撮影したが自分を振り返ってみる作品だった”

ヒョンビン・イ・ボヨン,第13回釜山国際映画祭の閉幕作である映画‘私は幸せです’(監督ユン・ジョンチャン)を持って9日間の映画祭りのフィナーレを飾る[2008 PIFF]

俳優ヒョンビンが第13回釜山国際映画祭閉幕作‘私は幸せです’の演技のために精神病棟に行ってきた経験を公開した。

イ・ボヨン-ヒョンビン,‘閉幕作たくさん愛して下さい’

第13回釜山国際映画祭閉幕作に選ばれた‘私は幸せです’が9日午後ベールを脱いだ。

二人の俳優が釜山国際映画祭に公式に参加するようになったのはデビュー後初めて。

さらに‘私は幸せです’が映画祭閉幕作で選定されて,10日釜山,海雲台スヨンマンヨット競技場野外上映観で開かれる閉幕式行事を通して,全世界映画関係者らを相手に初めて初お目見えする。

すべて両漢ジャンルと作品を開幕,閉幕作でお目見えしてきた釜山が今年選択した‘私は幸せです’とは‘鳥肌’と‘青燕’のユン・ジョンチャン監督が演出を引き受けた。

これまで製作一切に対して知らされてこなかった‘私は幸せです’は映画祭を通して,初めて公開された。
ヒョンビンは“釜山映画祭を初めて尋ねたが,その終わりを飾るようになって,光栄だ”と初めての所感を明らかにした。

ヒョンビンは“初めて釜山を訪問したが,閉幕作に選ばれてたのでこんな二重の慶事を享受するようになるとは思わなかった。運が良かった。”として“まだ多くの方々には見せてはいないが映画祭を通して,この作品をたくさん知らされたら嬉しい”と伝えた。

ヒョンビンが‘私は幸せです’撮影のためにCF撮影も取り消した事実が一歩遅れて知らされた。ヒョンビンは皮膚病治療のため病院に一度行ってきたことを除いて,6週間中ずっと撮影現場を守った”と伝えた。


“イ・ボヨン氏と精神病者の映画をたくさん見ました”

今回映画でヒョンビンは疲れた生活の重さにやつれて,精神を病んでしまった男‘マンス’役を担って,怒りと狂気,あどけなさを行き来する演技をお目見えした。




ヒョンビン“精神病者役は始めから表現するのが大変だった”

劇中精神病者の役割を演技したことに対してヒョンビンは自ら悩んで準備をよくしたという。

“演技者が経験をしない部分を演技することはいつも難しく本当に大変なことです。今回の精神病者役は間接的な経験だけでわからない役なので悩みが大きかった。自らが精神病者ではなかったために,精神病に関連した映画をたくさん探して見ました。精神病に関わる本もいろいろ読んで撮影前は精神病院を訪ねて行って,誇大妄想,被害妄想症患者と会ったりもしました。二人で一度インタビューをしながら感じた感情をキャラクターに反映して,少しずつ試みました。”

“精神病役をしながら,実際僕が精神病者ではないので最大限多くの資料を探してみてイ・ボヨン氏と似た映画をたくさん見ることもした”
と映画に対する期待感も同時に表わした。

以前作品では見ることのなかったぼさぼさな髪で破格的なイメージ変身をすることになった理由に対しては“今まで突然自分のキャラクターを変えることはしなかったが,今回の作品のシナリオがとても良くて,内容をよく見て,自然に変化を与えていった。本当に最善を尽くしたと思う”“役が未熟楷書ということもあるが生半可な変身は嫌いです”と話した。

“‘私は幸せです’をしながらとても荷が重かったです。また撮ろうかと言われたらしません(笑).それほど大変でした。地方で3ケ月撮影した期間をおそらく一生忘れないです。今回の作品をしながら最善を尽くして,結果は皆さんが判断して下さるでしょう。”

“僕は幸せなのか反問した時,事実はまだよく分かりません。これは僕が選択したけど,皆さんが尋ねてくださらなかったら僕は真の不幸な人になります。あの医師とは違って不幸になりえるからです。一生生きていきながら悩まなければならない宿題になるようです。”

“俳優を始めるようになったのは僕を見に来た観客らのためであったしその観客らが自分の前にいなかったら本当に寂しい事になる”
として“観客らがいなくて,俳優として認められることができないならよりもっと最善を尽くします。僕はまだ若いので”

この日記者会見はイ・サンヨンプログラマーの司会でキム・ドンホ執行委員長,ユン・ジョンチャン監督,ヒョンビン,イ・ボヨンが参加した中で進行された。




ユン・ジョンチャン“イ・ボヨンはミコ(ミスコリア)出身,
ヒョンビンは金持ちの息子辛い役割で合わなかったが”


ユン・ジョンチャン監督が俳優ヒョンビンとイ・ポヨンが既存イメージと合わずに経た生活を送るキャラクターを引き受けるようになった時の憂慮を公開した。

“この映画は幸せな人たちの話ではないが‘私は幸せです’という逆説的な題名を作ったのは‘チョ・マンドク氏’という小説を読んだ時,主人公が現実に苦痛と困難に勝つことができず狂ってしまうが幸せになるためだった”と説明した。

ユン・ジョンチャン監督は記者会見で“映画の中での主人公たちが生きながらも避けることのできない問題,お金の問題,老人問題,老人問題,不治の病に対する問題などすべて良くわかるものなどないので敢えて映画で力を入れて強調した”

ユン監督が題目に‘私は幸せです’に変えたことに対して“小説を読んだ後人物が自ら‘幸せだ’と主張しているように感じた”“映画の中の人物が結局最後はそれぞれ苦痛が大きく波は過ぎたからこれからは幸せに行く夢を見ることもできないかと考えて,そんな逆説的な題目をつけた”と話した。

“ヒョンビンが出演するといった時は信じられなかった”“所属社が演技トレーニングさせようとこの作品を薦めたのではないかと聞いたら俳優がシナリオを読んで直接選択したといった”
と話し始めた。

ユン監督は引き続き“ヒョンビンはこれまで金持ちの息子役をたくさん演技してきて実際に家も江南にあってとてもよく暮らしている”“苦労したことがなくて,ヒョンビンがマンス役をよくやり遂げられるか心配したこともある”と明らかにした。

ユン監督はイ・ボヨンに対しては“イ・ボヨンもやはり苦労をしたことのない人だ。お母さんがミスコリアに出てみろと言われ出てみれば良くて演技も路上で一度してみろと提案受けて,すぐに主演をするようになった”“二人の俳優がキャラクターと合わなかった”と打ち明けた。

ユン監督はまた“二人とも話をしてみれば何の考えもない”“この頃の若い俳優らの特徴中一つはクールに暮らすという点”“それで監督がいじめなくてはいけない役割なので俳優らと現場で話をよくした”と説明した。

ユン監督は最後に“本人らが主人公らの人生をますます理解するようだった。すべての演技に熱心に臨んだ”“ヒョンビンはこの作品の撮影のために海外に行ってCF撮影することも取り消した”とほめた。




イ・ボヨン,“釜山国際映画祭初めてです”
イ・ボヨン,“閉幕作に選ばれてとても嬉しいです”“私は役が常に不足だと思う”[2008 PIFF]

映画俳優イ・ボヨンが第13回釜山国際映画祭(PIFF)の最後のお客に釜山を尋ねて,久しぶりに映画ファンらに会った。

イ・ボヨンが釜山国際映画祭を尋ねたのはデビュー後今回が初めてだ。
イ・ボヨンは9日午後2時釜山,海雲台シネマテークで開かれた‘私は幸せです’試写会後記者会見に参加して“私は常に役が不足だという考えをよくしている”として“そのために俳優として変身が必要だという思いで常に新しい姿を見せたかった。初めてこのシナリオを見たときはキャラクターがとても怖くてとても心配も多くてよくできるのかわからなかった。悩みもあったが監督ニムを信じて,助言と激励のおかげで熱心によく撮影できて楽しくすることができた”と映画を終えた所感を伝えた。

だが撮影は容易ではなかった。イ・ボヨンは“今回の映画はとても大変に撮った。ヒョンビン氏も私もこのように大変に作業したことは初めてだった”としながら“新しい感情線とキャラクターを表現するのが容易ではなかった”と説明した。

引き続き“ですが,その結果が映画祭閉幕作選定という結果と現れてうれしい。今回の映画を通して,新しいことをたくさん教わって演技に対してこれからずっとできる自信がもっと得られた”としながら今回の映画が自身を一段階跳躍させた契機になったことを表明しながら,パッと笑った。

イ・ボヨンは映画で精神病院医師と実演を体験して身体を収拾している渦中に精神病院に入ってきたヒョンビン(マンス)と出会う精神病棟の看護士‘スギョン’役を演技した。

愛する人との実演とお父さんから受けた傷を抑えがたく収拾する人物だ。イ・ボヨンは引き続き“劇中と同じようにストレスをたくさん受けた方ではない”としながら“ストレスを解く方法は家にいながら寝て食べて遊ぶ。それと共にスクレスを解く”と説明した。




この映画試写会後映画関係者らも“精神病院を舞台に広げる精神疾患症状を抱えているヒョンビンと人生の重さ感を深く抱いているイ・ボヨンの演技アンサンブルが良かった”として映画をほめた。

二人が注目される理由はチャン・ドンゴン,イ・ビョンホン,チョン・ウソンなど映画祭開幕式と以後2〜3日間瞬間的に映画祭の興味をかきたてたトップスターらが大挙ソウルに上がった後,観客モールができるイベントがなかったという点で最後の興行カードで台頭していること。

映画祭側関係者も“ヒョンビンとイ・ボヨンの終盤の活躍に期待感を持っている”として“現在までは例年水準の観客占有率を記録したが二人がどんな役割をしてくれるかにより至難に見えて良い結果を引き出すこともできる”と話した。

ヒョンビンとイ・ボヨンの新鮮な姿と深みのある演技力に会うことだけでも意味を持つ映画‘私は幸せです’は故イ・チョンジュン作家の短編‘チョ・マンドク氏’を映画化した作品。10日午後7時閉幕式以後上映して,公開を終える閉幕のフィナーレを飾る。

PIFF‘私は幸せです’言論試写会見
第13回釜山国際映画祭(PIFF)閉幕作‘ナヘン’言論試写会見

10月9日第13回釜山国際映画祭閉幕作‘私は幸せです’シネマテーク釜山で試写会終了後演出を引き受けたユン・ジョンチャン監督と二人の主演俳優ヒョンビン,イ・ボヨンの記者会見が開かれた。






















FILM2.0‘私は幸せです’閉幕作公開
釜山,閉幕作‘私は幸せです’公開
13回釜山国際映画祭の閉幕作‘私は幸せです’が公開された。

9日シネマテーク釜山では‘私は幸せです’の試写会が終わった後演出を引き受けたユン・ジョンチャン監督と二人の主演俳優ヒョンビン,イ・ボヨンの記者会見があった。

故 イ・チョンジュンの短編‘チョ・マンドク氏’を脚色した映画は兄の賭け借金で,お父さんの癌闘病で経済的,精神的困難に陥った若い男女を主人公にする。

クレジットカード延滞通知と時をわきまえず泣かせるカード会社の督促電話,身体放棄覚書など見慣れなくない風景が続く。

6週間にかけて,経済的,精神的に極度の困難に出会った人物らを演技した二人の主演演技生活をすべて一番難しい作業だったと口をそろえた。

ユン・ジョンチャン監督は“ヒョンビンやイ・ボヨンは裕福な家で生まれて,苦労を知らずに育った。悪い意味で話すのではなく容貌で見ても困難とは何かを知らない人たちだ。この映画を完成するためには悪役を自任しなければならなかった。”と話した。

付け加えて“世の中がたくさん難しくなったがこの頃若い世代らはとても簡単にあきらめるようだ。たとえ暗い内容を含んでいるがすべての苦痛を勝ち抜いた後には平安(ピョンアン)を訊ねるというものを見せてあげたかった。”として演出意図を明らかにした。

10月10日‘私は幸せです’を閉幕作で上映する釜山映画祭は8日間の祭りを終える。

写真ソク・ジウク

ヒョンビン,それでも演技を続ける
ヒョンビン“視聴率,興行心配しない。若いので!”
“まだ若いのでもう視聴率や興行心配をする必要はないでしょう。”

俳優ヒョンビンがドラマ視聴率や映画興行に対する所信を明らかにした。

ヒョンビンは去る9日13回釜山国際映画祭閉幕作‘私は幸せです’時事直後持ったインタビューで“監督ニムとも話したが興行に対しては全く考えていない”と話した。

‘私は幸せです’は故・イ・チョンジュン作家の短編‘チョ・マンドク氏’を脚色したことで精神病棟を中心に傷ついた人物らの人生を入れた映画だ。 難解な作品ではないが,商業的に興行が保障されるほどの映画ではない。

ヒョンビンはこれに対して“興行よりはこの映画を見る準備ができる方々が来て見てくださればいい。 それでヒョンビン,イ・ボヨンという大衆スターが出てくる映画と知らせたくもなかった”と説明した。

ヒョンビンが視聴率,観客数に神経を使わないようになったのは最終回視聴率が50%を越えながら人気を呼んだMBCドラマ‘私の名前はキムサムスン’の影響もある。

ヒョンビンは“とてもはやく,一生また享受できないかもしれない視聴率を享受してみたというきがする。 10%,20%高めていく面白味もあるのに一方ではとても早くきたという思いになる”として“人が高いところにいて後で降りてくれば空しさがないことはない。 それでもカメラの前で私の役割をがんばって残りはまかせようと思う”と話した。

ヒョンビンは引き続き“それでも今までしてきた作品らすべて私がしたくてしたことで結果に対して後悔したこともない”として“まだ若いので。今少し視聴率が出てこなくて観客が聞かなければどうなのか. それでも演技をしたくないわけでもなくて,まだできることは多い”と付け加えた。


‘ナヘン’PIFF興行ジンクス破るか..

























映画‘私は幸せです’のヒョンビンとイ・ポヨン(c)

PIFF閉幕作‘ナヘン(私は幸せです)’ジンクス破るだろうか?
第13回釜山国際映画祭(PIFF)の閉幕作‘私は幸せです’がPIFFのジンクスを破れるか関心が追い込まれている。 釜山国際映画祭の閉幕作に選ばれた作品はこれまで‘釜山の呪い’という話があるほど大きい興行に成功できなかった。

2004年故イ・ウンジュとハン・ソッキュが出演して,話題を集めた‘緋文字’,農村チョンガーのソロ脱出記をコミカルに描き出した‘私の結婚遠征期’という期待感にもかかわらず,良い成績をおさめることができなかった。

第12回PIFF閉幕作‘エヴァンゲリオン:序’は今年1月16開館で封切った。 もちろん総7万3千人の観客を動員して,20ケ未満のスクリーンを確保した封切り作の中良い成績をおさめた。

だがマニアらだけ見られる程度のスクリーン数だったという点でジンクスを破ったというには不足する。 映画は日本で昨年9月に封切って,20億円の収入を上げた。

今年閉幕作‘私は幸せです’とは‘青燕’のユン・ジョンチャン監督がメガホンをとらえて俳優ヒョンビンとイ・ボヨンが主役を演じた。

映画は去る7月他界したイ・チョンジュンの短編集‘うわさの壁’中‘チョ・マンドク氏’を原作に精神病棟に入院して,医者に紙で作った小切手を差し出しながら,金持ちと誇示することが好きな青年と看護士の話を扱った。

ヒョンビンは感情起伏が激しい誇大妄想症患者役を完璧に消化したという後の話だ。 このような期待を反映するようにアジアンフィルムマーケット(AFM)で‘私は幸せです’に対する関心は熱かった。

‘私は幸せです’の輸出を担当しているファインカットキム・ユンジョンチーム長は“‘私は幸せです’に対してバイヤーらが高い関心を見せた。 韓流スターヒョンビンが登場して,PIFF閉幕作という点が期待感を高めた。 ただし映画を見ることができなくて購買を決めたところはない”と話した。

一方‘私は幸せです’はPIFF一般上映作前売りがオープンするやいなや7分6秒で売り切れる記録をたてた。



ナヘンもファイティン〜!!!^^*

ヒョンビン,閉会式でお会いします..
イ・ボヨン-ヒョンビン‘閉幕作主演俳優です’閉幕作主演俳優入場



第13回釜山国際映画祭開幕式(PIFF)が2日午後釜山ヨット競技場で開かれた。
イ・ボヨンとヒョンビンがレッドカーペットを踏みながら入場している。

ヒョンビン-イ・ボヨン,‘ブラック&ホワイトで魅力誇って’





この日イ・ボヨン,ヒョンビンが午後5時30分から進行されたレッドカーペット行事に参加して,席を輝かせた。

私達似合いますか?




今回の釜山国際映画祭は歴代最多である60ヵ国315便招請作を釜山映画祭に盛り込まれスヨンマンヨット競技場野外上映観で映画俳優キム・ジョンウン,チョン・ジニョンの司会で開かれる開幕式に100人余りに達する国内外スター級俳優らが大挙参加して,レッドカーペット行事をより一層輝かせるようにした。

イ・ボヨン・ヒョンビン“‘私は幸せです’でごあいさつします”



開幕式レッドカーペット行事で俳優ヒョンビン,イ・ボヨン,ユン・ジョンチャン監督(左側から)がポーズを取っている。








釜山国際映画祭(PIFF)レッドカーペット


ヒョンビン-イ・ボヨン,美男美女カップル
ヒョンビンとイ・ボヨンが2日午後6時釜山,海雲台区スヨンマンヨット競技場野外上映場で開かれる第13回釜山国際映画祭(PIFF)開幕式に参加して,レッドカーペットに続きフォトワールでポーズを取った。

今年釜山映画祭は60ケ国315編の映画を招請して,歴代最多作品数をお目見えする。歴代最大規模で開かれる今回の映画祭は315編招請作の中世界最初に公開されるワールドプレミアも歴代最多編数である85便に達する。

‘ガラプレゼンテーション’‘フラッシュフォワード’など11ケ部門に進行されながら‘韓国映画回顧展’‘アニーアジア!’など特別展も開かれる。

開幕作にはカザフスタンのルステムアプトラセプ監督‘スターリンの贈り物’(The Gift to Stalin),閉幕作にはユン・ジョンチャン監督,ヒョンビン,イ・ボヨン主演‘私は幸せです’がそれぞれ上映される。

国内最大規模の映画祭でアジアを代表する国際映画祭に位置した釜山映画祭は10月2日開幕式から10日閉幕式まで9日間釜山,海雲台,南浦洞で開催される。



◇開幕式出席国内俳優(カナダ順)

カン・スヨン,カン・ヘジョン,コン・ヒョジン,キム・ガンウ,キム・ナムギル,キム・ソヨン,キム・スミ,キム・ジョンウン,キム・ジョンハク,キム・ジュンソン,キム・ヤンギ,キム・ヘス,キム・ヘソン,ミョン・スンフン,モン・チェウォン,ミン・ジヘ,パク・サンミョン,パク・ヨンウ,パク・ウネ,パク・ジュンヒョン,パク・ヘイル,ペク・ソンヒョン,ボン・テギュ,ソ・ドンウォル,ソン・ウソン,ソン・チャンイ,シン・ミナ,シニ,シン・ヒョンジュン,シム・ジホ,アン・ネサン,アン・ソンギ,アン・ソヒ,オム・ジウォン,イェ・ジウォン,オ・ジョンセ,オ・ジホ,ユ・アイン,ユ・ジュンサン,ユジン,ユン・ヨジョン,ユン・ジミン,ユン・ジンソ,イ・ギウ,イ・ダヒ,イ・ミンギ,イ・ビョンホン,イ・ボヨンイ・ソンギュン,イ・ヨンヒ,イ・ジョンジン,イジン,イ・ハンウィ,イ・ファソン,イファン,イム・ハリョン,イム・ヒョンジュン,チャン・ヨンナム,チョン・ギョンホ,チョン・リョウォン,チョン・ユミ,チョン・ジニョン,チョ・ミンギ,チョ・ウンジ,チョ・ジンウン,チェ・ガンヒ,チェ・ジョンユン,チュ・ジャヒョン,ハン・イェスル,ハン・ウンジョン,ホン・ソクチョン

◇開幕式出席海外俳優(カナダ順)

カウィリュンメイ(Kawi Lun Mei),リ シャオル(Li Xiaolu),メルセデス カブロル(Mercedes Cabral)モンブラッドグッド(Moom Bloodgood),ボムジウィ(Fan Wing(Chi Wei),ソ・チョヌ(Chui Tien Yu),アロン ユー(Aaron Yoo),アピーニャサクル チァロエンソク(Apinya Sakul Jaroensuk),上野ジュリ(Ueno Juri),イムヒリ(Kelly Lin),ジェームズ ケーソン リー(James KysonLee)

========================================================

いよいよ開幕です〜〜〜^^
タキシードが素敵で〜〜〜〜!!!ヾ(≧▽≦)ノ
まさに美男美女で登場です!^^*

記事がごった返していて...まとまりません^^;

釜山映画祭,開幕作歴代最短完売
1分30秒!開幕作‘スターリンの贈り物’歴代最短時間売り切れ記録
第13回釜山国際映画祭(PIFF)開幕作‘スターリンの贈り物(写真)’が22日午後6時開・閉幕作前売りを始めて1分30秒で売り切れた。 歴代最短時間の売り切れだ。

今まで売り切れ記録は7回開幕作‘海岸線’が2分4秒,6回開幕作‘フクスソン’が2分28秒,11回開幕作‘秋に’が2分45秒の順だった。

チャン・ドンゴン,イ・ジョンジェ,ユ・ジテなどスターらが出てくる韓国映画らだった。

PIFF史上初のカザフスタン映画開幕作でスター1人出てない‘スターリンの贈り物’の売り切れ新記録に対してPIFF組織委側は“人種と年令を超越した愛と信頼を感動的に解いていった作品”という点を理由に上げた。

また昨年インターネット前売りを導入しながら,接続が一時的に麻痺するなど怨声が高かったのに比べて,今年はサーバー強化で安定した前売りが形成された点も新記録の背景に選ばれた。

一方閉幕作であるユン・ジョンチャン監督,ヒョンビン,イ・ボヨン主演の韓国映画‘私は幸せです’も7分6秒で売り切れた。

一般上映作前売りは24日午前9時30分から。 ネットマーブルのPIFF特集ページ(piff.netmarble.net),携帯電話前売りサービス‘モバイルPIFF’(SKTは3010+NATE,KTFは3010+Magic N,LGTは3010+Ez-iで接続),釜山銀行全国地点と全国コンビニエンスストアーGS25売り場で現金支給期でできる。

開・閉幕作は各300枚,一般上映作は全体チケットの30%を当日現場でも販売する。

================================================

分刻みとわ!すんごいですっㆀ

PIFF閉幕式主演俳優レッドカーペット






10日午後釜山スヨンマンヨット競技場で開かれた‘第13回釜山国際映画祭閉幕式’で閉幕作‘私は幸せです’の主演俳優イ・ボヨンとヒョンビンがレッドカーペットを踏んでいる。

ヒョンビン-イ・ボヨン,‘微笑似た閉幕作カップル’













閉幕式で一番の歓呼を浴びた閉幕作‘私は幸せです’の主演ヒョンビンだった。観客たちはヒョンビンの手真似ひとつに大きい歓呼の声を送った。ここにヒョンビンは“これからもっと熱心にします。見守って欲しい”と言って大きい拍手を浴びた。









俳優チョ・ジェヒョン,イェ・ジウォンの司会で10日午後7時30分から海雲台スヨンマンヨット競技場野外上映場で開かれた閉幕式は利用観共同執行委員長の映画祭経過報告を始め各種部門別授賞式が進行された。

KNN観客賞受賞作である‘100’紹介を始めソンジェ賞,メッセナ賞,ニューカレンツ受賞者紹介,組織委員長である政務部釜山市長の閉幕あいさつ,パクドリナのオルフ,解禁演奏で祝い行事が繰り広げられた。




キム・ドンホ執行委員長の閉幕作‘私は幸せです’紹介と一緒に作品を演出したユン・ジョンチャン監督と主演俳優ヒョンビン,イ・ボヨンの短いインタビューを最後に釜山映画祭が幕を下ろした。

司会者チョ・ジェヒョン,イェ・ジウォンをはじめとして,チョン・ノミン,イム・グォンテク監督,カン・スヨン,チョン・イルソン撮影監督,アンナ・カリーナ,イファシ,アン・ソンギ,イム・ハリョン,キム・ジン,ノ・ヨンシム,パク・ジュンギュ,ユン・ソクファ,イ・ヨンハ,‘東京ガール’の二人の主演俳優カホ,カズマサモなどが参加した。




チョ・ジェヒョン-イェ・ジウォンが10日午後釜山,海雲台区スヨンマンヨット競技場野外上映場で開かれた第13回釜山国際映画祭(PIFF)閉幕式に参加した。

今年の釜山映画祭は60ケ国315編の映画を招請して,歴代最多作品数をお目見えした。
歴代最大規模で開かれた今回映画祭は315編招請作の中世界最初に公開されるワールドプレミアも歴代最多編数である85編に達した。

閉幕作を知らせる花火と共に‘私は幸せです’の上映画公開された。

YTN NEWS “ナヘン”1scene Capture.


YTN NEWS 釜山国際映画祭60カ国315編選定
“私は幸せです”1シーン

PIFFヒョンビン・ソンへギョ作品注目























釜山国際映画祭,ヒョンビン・ソンへギョ‘目につくね’
来月2日から開かれる第13回釜山国際映画祭でヒョンビン,ソンへギョが出演した映画が初めてお目見えして目を引く。

KBS2ドラマ‘彼らが生きる世の中’で呼吸を合わせる彼らは‘私は幸せです(I Am Happy)’‘詩集(Make Yourself at home)’で釜山国際映画祭でも共に注目されるようになった。

先に閉幕作でお目見えする‘私は幸せです’でヒョンビンは精神病院に入院した傷ついた男マンスを演技する。

‘鳥肌’で2001年デビューして注目されたユン・ジョンチャン監督の3回目の映画で最近亡くなったイ・チョンジュンの短編‘チョ・マンドク氏’が原作だ。

マンスは賭けに抜けた兄と無気力な家族による傷を心深く持っている。
マンスは医者に紙で作ったにせ物小切手を渡しながら,自身が金持ちと誇示したり患者らを扇動して,病室で騒動を起こしたりもする。医師とつきあって実演してお父さんの受けた傷を持った看護士スギョン役はイ・ボヨンが引き受けた。

ガラプレゼンテーション部門に現れるソンへギョの‘詩集’は米国と韓国資本が結びついた作品で当初の題名が‘ペティス’と知らされたが変更された。

短編‘ロボットストーリー’で釜山国際映画祭とカンヌ映画祭監督主幹に招待されたソン・スボム監督の長編デビュー作だ。映画は韓国系アメリカであるピーター(ロプヤン)がスクフィを妻で迎えながら始まる。世襲巫女の血筋を持ったスクフィは美しいがどこか顔線気勢が立ちこめている人物.

巫女の気勢を抜け出そうと異国の土を選択したがこれは相変らずスクフィの運命を捕まえる。ソンへギョは映画で英語演技を消化した。

====================================================

マンスの表情がすごいです...
ヒョンビンのこんな表情初めて見ました.作品に期待かかります...

“ナヘン”釜山映画祭公式閉幕作品
私は幸せです/ I Am Happy Korea 2008 113min 35mm COLOR
Yoon Jong-Chan:ユン・ジョンチャン
World Premiere

イ・チョンジュンの短編[チョ・マンドク氏]を脚色した。

精神病棟を素材にした原作の設定で少しは変わったが精神病棟を中心に傷ついた人物らの人生を投影するという点で互いに通じる。

映画の開始はトボク頭チョンガーマンスが精神病棟に入院をしながらだ。

マンスは賭けに抜けた兄と無気力な家族により傷が深い。

兄は毎度彼を訪ねてきて,カードを出せとウクパクを怒鳴った。精神病院でマンスが楽しむ行為は医者に紙で作った小切手を渡しながら,自身が金持ちと誇示するのだ。

また患者らを扇動して,病室で騒動を起こしたりもする。

彼をながめる看護士スギョンもやはり幸せな人物ではない。
彼女はビョンドン医師と実演を体験しているところで,お父さんから受けた傷をかろうじて収拾している。

彼らが会う空間は傷が留まる場所だ。

[鳥肌]というずば抜けたデビュー作で傷ついた人物らの心理を恐怖映画で解きほぐして,[青燕]で女流飛行士パク・ギョンウォンの失敗するほかはない成長期を描き出したユン・ジョンチャン監督は間違いなく傷ついた霊魂を探して,カメラを突きつける。

トボン頭のヒョンビンの破格的な演技変身とイ・ボヨンの綺麗なイメージは限定された空間で十分な響きを与える。
この映画の題名は逆説的ながらも,誰でも願っている幸福に対する人間の希望を表明するのだ。












釜山映画祭公式サイト



PIFF閉幕作ユン・ジョンチャン監督
ユン・ジョンチャン監督,‘PIFF閉幕作選定光栄です’
第13回釜山国際映画祭(PIFF)記者会見が9日午後ソウルプレスセンターで進行された。

この日今回の映画祭閉幕作に選ばれた‘私は幸せです’のユン・ジョンチャン監督が閉幕作選定所感と主役を演じたヒョンビンとイ・ボヨンに対する話をしている。

PIFF閉幕作ユン・ジョンチャン監督
“イ・ボヨン-ヒョンビン,演技欲大変”


今年釜山国際映画祭閉幕作に選ばれた‘私は幸せです’を演出したユン・ジョンチャン監督が二人の主演俳優に対する無限の信頼を現わした。

9日午後ソウル,光化門プレスセンターで開かれた第13回釜山国際映画祭記者会見でユン・ジョンチャン監督は“ヒョンビンとイ・ボヨンの目新しい姿を見られること”と話した。

今年釜山国際映画祭は60ケ国,315便の映画を招請,歴代最多規模を誇る。

開幕作はカザフスタンルステムアプトゥラセプ監督の映画‘スターリンの贈り物(The Gift to Stalin)’が,閉幕作はユン・ジョンチャン監督の‘私は幸せです’が選ばれた。

特に不況の韓国映画のために‘韓国映画頑張れ’というセクションを用意して,多様な方面で韓国映画に力を与える計画だ。

故・イ・チョンジュン作家の短編‘チョ・マンドク氏’を脚色した‘私は幸せです’は精神病棟を素材に傷ついた人物群像を描いた作品. 映画‘鳥肌’と‘青燕’を演出したユン・ジョンチャン監督は“ヒョンビンとイ・ボヨンとは初めての作業だ。

二人の俳優が先に出演するという意向を伝えてきて二人が演技を深くしてみたいという欲があって,共に作業するようになった”と明らかにした。

“ヒョンビンとイ・ボヨン皆下手な点もあったが演技に対する欲があって良くしてくれました。 役が難しい作品で大変だったが十分力量を発揮したと思います。 二人皆見るより気さくで作品欲がある俳優と可能性が大きいと思います。”






この他にも歴代最多である315便の作品が招請された今回の映画祭は全世界最初に公開されるワールドプレミア作品もやはり歴代最多である85便に達する。 この他にも自国他全世界最初公開であるインターナショナルプレミアが48便,アジアで初めて公開されるアジアプレミアは95便で各集計された。

世界的な巨匠の新作や話題作,ワールドプレミアなどを紹介する‘ガラ,プレゼンテーション’,若くて有望な映画作家らを紹介する‘フラッシュフォワード’など11ケ部門に進行されながら,‘ルーマニアニューウェーブ’‘アニーアジア!’‘韓国映画回顧展’など特別展も開催される。

今年で13回目を迎える釜山国際映画祭は10月2日開幕式を始め10日まで釜山,海雲台,南浦洞一帯で繰り広げられる。

================================================

“ナヘン”PIFF閉幕作選定!おめでとうございます∼^^**

≪ 前の30件| 次の30件
TOPSUK2

2019 - November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.