軍人で一番よく似合う芸能人1位
ヒョンビン - ハジウォン’軍人で一番よく似合う芸能人’1位”シークレットガーデン主人公”
俳優ヒョンビンとハジウォンが軍人でよく似合う芸能人1位に上がった.

教育の専門企業エデュウィルが会員633人を対象に, 軍人で最もよく似合う芸能人という主題でアンケート調査を実施した結果, ヒョンビンとハジウォンが1位に選ばれた.

ヒョンビンは, 回答者のうち40.3%, 255人の選択を受けて1位を占め, 続いて22.7%の選択を受けたソジソブとピ, チョインソンはそれぞれ15.2%, 12.8%の順で続き..キムスヒョンは9.0%(57人)を占めた..

1位を占めたヒョンビンは, 昨年12月に海兵隊軍服務を終えネットユーザーに最も大きく作用しており, 先月予備軍1年目の訓練を受ける姿が話題になった.

一方, ”軍人によく似合う女性芸能人はハジウォンが321人50.7%の過半数を超える圧倒的な支持を受け, 続いてイシヨン21.8%(138人), ソンジヒョが15.6%(99人)で続き, ペドゥナは8.1%(51人), イヒョリは3.8%(24人)だった..

ハジウォンは, ほぼすべての映画やドラマで帯域なアクション演技を広げ’アクションの女王’と呼ばれる中, 頻繁に怪我までする, アクション演技が良いと言われるなど、体を惜しまない俳優として有名である.

特に, ハジウォンはSBS週末ドラマ”シークレットガーデン”で, ヒョンビンと呼吸を合わせ, 当時のハジウォンは保身を図らず最善を尽くすスタントウーマン役を務め, 華麗なアクション演技を広げている.

一方, 俳優ヒョンビンは映画”逆麟”の正祖役を引き受け, 既存の作品と差別化される正祖の姿を見せる予定. ハジウォンは今年の下半期放送予定のドラマ”花札(花鬪)(仮題)”のヒロイン高麗, 元末の奇皇后役を引き受けた.

”入隊してみたい軍隊”を問う質問には”空軍”という回答が49.3%(312人)で最も多かった..”海兵隊"は24.2%(153人), ”海軍”14.7%(93人), ”陸軍”11.8%(75人)となった..

”適切であると考えて軍服務期間”は,’21ヶ月から24ヶ月未満’が30.8%(195人),’18ヶ月から21ヶ月未満’と’24ヶ月以上’はそれぞれ19.9%(126人)と19.0 %(120人)となった..

‘晩秋’撮影スチール初公開
‘アジアの恋人’ヒョンビン-タンウェイ‘晩秋’撮影スチール初公開
韓国と米国が手を握って世界舞台を狙って,製作するグローバルプロジェクト‘晩秋’(仮題)が初めてその姿を現わした.ヒョンビンとタンウェイのキャスティング消息後ベールに包まれていた‘晩秋’(仮題)のシアトル撮影スチールが最初に公開された。

去る1月12日アメリカシアトルでクランクインした‘晩秋’(仮題)は現在撮影中盤部に入り込んだ状態.高度の集中を要するキム・テヨン監督の演出スタイルと配役に沒入したヒョンビン,タンウェイの熱情が交わって順調に撮影後半部に向かって走っている。

製作スタッフは“国内だけでなく海外映画界,映画祭から大いなる関心を受けている作品だけに出演陣と製作スタッフすべて良い作品を作るために最善をつくしている”とシアトルで現場の雰囲気を伝えた。

‘晩秋’(仮題)は偶然米国シアトルで向き合うようになった秘密的男女の3日間の短いが強烈な出逢いを描いた作品。‘家族の誕生’で大宗賞最優秀作品賞,青竜映画祭監督賞,テサルロニキ国際映画祭最優秀作品賞など国内外有数の映画祭で受賞して演出力を認められたキム・テヨン監督とブラウン管とスクリーンで縦横無尽活躍して韓国だけではなくアジアに多くのファンを確保しているヒョンビン,そして“色,桂”で中国を越えて世界的な女優に浮び上がったタンウェイの出逢いで国,内外映画ファンらの注目を一身に受けている。

最初に公開された撮影スチールでヒョンビンは長い髪とヒゲが黒く出て身違えるほど男らしくなった姿とより深くなった目つきを見せている。長いウエーブヘアをねじりあげてトレンチコートを着たタンウェイも寂しい目つきとか細い容貌で女性美を充満しながら‘アジアの恋人’に生まれかわる二人の呼吸に対する期待感を倍加させた。

見慣れない異国的な空間で韓国男と中国女が出会いながら文化と国境,言語を飛び越える21世紀的感受性を盛り出す‘晩秋’(仮題)は1月12日クランクイン後現在17回の撮影まで順調に仕上げ,今年下半期封切りする予定。


‘花美男’俳優ホスト役熱演





























‘花美男’ ヒョンビン-キム・ボム,ホスト演技変身はまた別の出発
花美男俳優キムボムとヒョンビンがそれぞれ違った作品でホストで熱演を繰り広げる。

キム・ボムは前の年の12月10日封切った映画‘非常’で純粋な高校生でセクシーなホストで姿を見せている。映画でホスト界の1人者になるために水準級の踊りと歌の実力を見せながら,観客らの視線をひきつけた。

キム・ボムはヘアスタイルでも男性的魅力を発揮するために破格的なヘアスタイルまで演出した。キムボムは2009年KBS 2TV‘花より男子’で金持ちの坊っちゃんソ・イジョン役を通じてダンディーガイの代名詞と呼ばれて来たが初スクリーン主演作‘非常’で演技変身をはかったのだ。

キム・ボムの他に俳優ヒョンビンがホストで演技変身をする。ヒョンビンは映画‘晩秋’でアメリカ式ホストを見せる予定だ。

ヒョンビンが引き受けたアメリカ式ホストは一名富力ある女性らに金を受け取ってデート相手になる職業をいう。ヒョンビンが引き受けたアメリカ式ホストの場合これまでヒョンビンが引き受けた役割とかけ離れる配役だけに世間の注目を集めている。

\\\\'晩秋\\\\'は中国女俳優タンウェイが女主人公を引き受け映画‘家族の誕生’のキム・テヨン監督が演出を引き受けた。‘晩秋’は5月開かれるカンヌ国際映画祭出品を目標に撮影が進行中のことと知られた。

ヒョンビンシアトルで新年のあいさつ
ヒョンビンシアトルで新年のあいさつ‘晩秋’撮影準備,8日東京行
俳優ヒョンビンがアメリカで新年に迎えてファンにあいさつを伝えた。ヒョンビンは現在映画‘晩秋’の撮影準備のためにアメリカシアトルに滞在している.

ヒョンビンは去年12月30日自分のファンクラブ‘ザスペース’に近況とともに新年のあいさつを伝えた.

ヒョンビンは“みんな楽しいクリスマス送りましたか?ソウルはホワイトクリスマスだったという消息を聞いた”と話を切り出した。引き続き“シアトルは普段と違いとても綺麗なクリスマスだった”“休む暇もなく駆け抜けた2009年のように2010年も僕には忙しい一年になる”と話した。

ヒョンビンは“いつも健康を心配してくださって愛してくださるスペース家族の方々に感謝する”“今準備している映画‘晩秋’は詰めのプロダクション段階で2010年1月クランクインする予定だ”と付け加えた。

引き続きヒョンビンは“‘晩秋’は無事終えて素敵な作品でみなさんにお伺いする”“みんな元気で明けましておめでとうございます.シアトルからビニより”と伝えた。

ヒョンビンタンウェイ主演‘晩秋’は1960年代を風靡したイ・マンヒ監督の‘晩秋’リメーク作だ。‘晩秋’は特別休暇を取って監獄から出た女と誰かに追われる若い男の偶然な出会いと3日間の愛の物語を描いた作品だ。‘晩秋’の脚本と演出は‘家族の誕生’キム・テヨン監督が引き受けた.

ヒョンビンは今まで持ったシャープで堅いイメージではなくふてぶてしく浮気者気質を持ったエスコートサービスの仕事をする男役を引き受けた。エスコートサービスというのは米国でホストの意味を持った職業。財力ある女性らに金を受け取ってデート相手となる。去る秋開封されていた‘私は幸せです’に続くヒョンビンのまた別の変身が期待を集めている。

今年5月開かれるカンヌ国際映画祭出品を目標にするから遅くとも3月初めまでには撮影を終える展望だ。

一方ヒョンビンは来る1月8日シアトルから日本東京に飛ぶ.日本フジTVが彼を公式招待したこと.フジTVはドラマ‘私の名前はキムサムスン’の初放送に合わせて来る1月8日東京オダイバでヒョンビンを招待した記念イベントを開催する予定だ。

放送記念行事を終えた後すぐに‘晩秋’撮影地の米国,シアトルに戻る予定だ。

ヒョンビンフジTV招待日本訪問
ヒョンビン,フジTV招待で 日訪問‘キムサムスン’
‘チング’放映

韓流スターヒョンビンがフジTV招待で日本を訪問する.

産経スポーツなど日本言論はヒョンビンが来る8日ドラマ‘私の名前はキムサムスン’初放送に合わせて東京オダイバで開かれる記念イベントに出演するために日本を訪問すると報道した.

今回の訪日はフジTVがドラマ放映日程に合わせてヒョンビンを特別に招待して成り立ったことでヒョンビンとしては4回目の訪問だ.

フジTVは‘天国の階段’‘悲しい恋歌’などを地上波で放送した事がある.最近韓流ドラマを扱う‘韓流α’という編成を新たに始めて‘私の名前はキムサムスン’でその手始めを知らせる.

ヒョンビン,キムソナ主演の‘私の名前はキムサムスン’は来る11日から毎日放送される.

一方来る17日からBSフジでヒョンビン,キム・ミンジュン主演の ‘チング,俺たちの伝説’も放送される.

현빈은 미국에서 영화 ‘만추’를 촬영 중이다.
ヒョンビンはアメリカで映画 ‘晩秋’を撮影の中だ.

ヒョンビン誤ったキャスティング報道
ヒョンビン-イ・ジュンギ中映画キャスティング“誤って伝わった”
韓国と中国の合作映画‘ランジェリー魔法師’(仮題) 製作社側が最近一部媒体が報道したものと違ってヒョンビンやイ・ジュンギのキャスティングを既定事実化してはいないと明らかにした.

21日国内某媒体は中国北京青年報を引用したある日本媒体が12日“ヒョンビンとイ・ジュンギなどが出演する韓中合作映画に出演する女主人公が決まった”と報道したがこれとは別に二人の俳優側は出演提議を受けた事はないと伝えた。

ここに韓国側製作社ポプルケッツフィルム関係者は“該当の記事で韓流スター利用した詐欺だと言及しているがこれは主体に対する事前調査なく中国の誤報を引用した日本言論を才人用しながら事実が誤って伝わってくるみされたもの”と釈明した。

この関係者はまた“北京青年報の関連記事でさえ‘ヒョンビン,イ・ジュンギを同じ一流スターをキャスティングし希望する’と書いているだけで彼らのキャスティングを既定事実化した内容ではないことを明らかにする”と強調した。

製作社関係者に従えばポプルケッツフィルムは去る6月末中国北京精神ジェジ文化専売有限公社(以下北京有限公社)から映画‘ランジェリー魔法師’(仮題)の合作提議を受けて8月28日合作意向書を締結した。

ここにこの映画の事前プロモーションのためにスポンサー企業の傘下ブランド名を別の大々的全国オーディションが8月25日中国,広東省火産を起点に無限,青島,西岸,ソンド,沈陽,傷害,沈川など全国8ケ主要都市でトーナメント方式で進行された。

また去る12日北京でスポンサー企業のモデル及びこの映画の俳優に出演する最終勝者を分ける最終審があった。

製作社関係者は“この過程で韓国と中国両国で愛されるアクターを取り上げる中ヒョンビン,イ・ジュンギなどが話されて韓国製作社代表は最終審がある前11月27日ヒョンビン側と初めてのミーティングを持った”と“当時シナリオのチェ・ジョンゴが出ない状態だからヒョンビンの日程と出演可能性に対する意思を打診してシナリオチェ・ジョンゴが出た後また協議する事にした”と明らかにした。

この関係者は最後に“キャスティングに関する案件に対して中国製作社は対外的言論広報でただの一度もヒョンビンとイ・ジュンギのキャスティングを既定事実化した事はないことを明らかにする”と伝えた。

==================================

むちゃむちゃですね...

スター・ザ・シークレットヒョンビン編
ヒョンビン,HOT より人気多かった学生時代
27日放送されるケーブルチャンネルMBCエブリーワン‘スター・ザ・シークレット’では芸能人に劣らない人気を享受したヒョンビンの学生時代が公開される。

2003年ドラマ‘ボディーガード’で芸能界にデビューしたヒョンビンはドラマ‘私の名前はキムサムスン’(2005)‘雪の女王’(2006)‘彼らが生きる世の中’(2008) などを通じて人気スターに生まれかわった。

しかし彼の人気はデビュー前の平凡だった高等学生時代から始まったものと知られて人目を引く。

ヒョンビンは学生時代明確な目鼻立ちと大きな身長で女子学生らの間で高い人気を享受した。中学生時代‘蚕室のオルチァン’と呼ばれ高校時代にはファンクラブができたほど。

製作スタッフが会ったヒョンビンの高等学校同窓らは“中学生の時は学校でオルチァン,高校生の時は松坡区と江南区をひっくるめて ‘ヒョンビン’を知らない人がいなかった位だった”

“近く女子高であった人気投票で3位がHOT2位がヒョンビン1位がOPPAだった”と明らかにして彼の高い人気を見積るようにした。

彼らはヒョンビンが容貌のために注目されることにあまり気を使わなかったしボーイフレンドたちや先輩たちと会うことももっと楽しんだという説明もまた付け加えた。

デビュー前から目立つ容貌で蚕室一帯を活躍したヒョンビンの学生時代は26日夜12時15分に放送されるMBCエブリーワン‘スターザシークレット’で確認できる。

==================================

さすがさすが^^
そうでしょそうでしょ^^↑この顔ですから♬

‘ナヘン’で帰って来たヒョンビン
ヒョンビン "撮影終わってもしばらく目の焦点失って困りきりました"

あえて分類しようとするならヒョンビンは‘王子様科’だ。綺麗でスマートな身長に高貴漂う容貌がそんなイメージを固めた。広く知られた役も主に財閥級家の高貴な自制だ。

彼をスター級に乗せた TVドラマ‘私の名前はキムサムスン’でヒョンビンはホテル業をする富裕な家出身の20代レストラン社長役を演じた。映画‘百万長者の初恋’は題名からまったく彼を触れることから難しい方に想定した。

しかし最近彼はカメラの前でしきりに低い所に向かっている。まるで“僕は平民”と宣言でもしそうだ。高等学校を中退したしがないボクサー(ドラマ‘雪の女王’)で釜山の裏路地をさらに暗くする組織暴力団(ドラマ‘友人:俺たちの伝説’)に急転直下した。ドラマ ‘彼らが生きる世の中’では少しこぎれいになったとしても,お金が窮した放送PD役だ。

ヒョンビンはあげくの果てに新作‘私は幸せです’で深刻な生活苦に苦しみ自らが途方もない富力を持ったことで勘違いする誇大妄想症患者チョ・マンスに変身する。兄の賭博借金に疲れてやつれた彼の姿で貴公子の名残を捜すことは難しい。焦点を失った目つきに唾まで流せば一部の女性ファンには‘ヒョンビンの離反\\'と見られるほどでもある。

ヒョンビンは“シナリオを見ては先にすると気経に出た"と言った。ユン・ジョンチァン監督は“そのようにとてもモダンな俳優が... 信じられなかった”と話した。“所属社が演技の練習をさせようとするのでは”と疑いまで抱いた。

ヒョンビンは“シナリオを読んで息苦しく憂鬱な心を持って,にやりと笑った。最近では感じる事のできなかった感情だから絶対にやらなければならない思いで決めた”と話した。彼の切実な一言がユン監督の心を動かした。“上手くできる自信はないですが頑張る自信はあります。”ヒョンビンのキャスティングが決まりながら理髪師だったチョ・マンスの職業は自動車整備工に変わった。

彼は‘頑張る’という約束を守るために誇大妄想症患者に会いながら,配役を探求した。‘金になった山を所有した’というその患者の不真面目な真剣さで彼は“狂った振りだけをしていてはマンスを演じることはできないし本気を見せなければならない”と悟った。配役に対し過度に沒入したせいだろう。彼は“撮影終了後姿を抜け出しにくかった役だ”と言った。“以後広告撮影する時無意識の中で目の焦点を失って大変でもあった”と言う。

ヒョンビンの次期作は‘晩秋’だ。‘家族の誕生’のキム・テヨン監督が指揮を上げたこの映画で彼は‘色,戒’(監督リアン)のヒロイン中国俳優タンウェイと向い合う。今はプリントも残らないイ・マンヒ(1931〜1975) 監督の伝説的な同名名作(1966年)を新たに作るこの映画で彼は特別休暇に出た女模範囚エナ(タン・ウェイ)と短い愛を分ける。

アメリカシアトルでのオールロケに台詞は 100%英語だ。ヒョンビンは“(英語の勉強)する時はなくて... 両親の話をよく聞かなければならなかったが”と言いながらも期待を隠すことはできなかった。“‘晩秋’はすでに大きな挑戦と感じられます。どんな結果が出ても僕の演技人生に大きな影響を及ぼすと思います。”

彼の近況と関連,最近ソン・ヘギョと愛に陷った事を漏らすことができない.彼は“二人の間の関係が外に出ないように最大限気を付けている”と話した。“大衆が僕の演技を見て‘あの人’だと顔を思い浮かんで,その人の顔を見て僕を思い浮かぶようになれば確かに問題がある”という考えのため。演技欲が誰にも遅れをとらないこの俳優の夢は“一番上には上がる事ができなくてももう少し広く演技すること”だ。“コメディーもするつもりです。僕を限定して作りたくありません。ある垣根の中にさえいればその中でよく遊ぶ人はできるでしょう。僕はその垣根の中を狭くさせたくはありません。”

ヒョンビン‘ナヘン’広報のため一時帰国
ヒョンビン,11月韓米行き来しながら映画作業
“忙しい忙しい”


俳優ヒョンビンが韓国と米国を行き来しながら息ぜわしい日程を消化している.

ヒョンビンは来る11日アメリカシアトルで映画‘私は幸せです’の広報のために帰国する予定だ。彼はその間タンウェイと呼吸を合わせる映画‘晩秋’の撮影準備のためにアメリカに滞留中だった。

ヒョンビン所属社関係者は“ヒョンビンが11日一時帰国して言論試写会参加及びインタビューなどの日程を消化した後来週頃出国する予定だ”と“アメリカで‘晩秋’撮影のために準備中だ”と言った.

‘晩秋’は1966年作同名原作をリメークした作品だ。‘晩秋’は特別休暇を取って監獄から出た女と誰かに追い回される若い男の偶然な出会いと3日間の愛の話を描いた作品で映画‘家族の誕生’のキム・テヨン監督が演出する.

アメリカと韓国が共同製作する‘晩秋’はアメリカを舞台に二人の男女の出会いを通じて21世紀的感受性を反映する。11月末クランクインする予定だ。

ヒョンビン写真,中国香港町竝み壁貼り






























ヒョンビン,中国香港全域に風変わりな広告!‘韓流スター実感’
韓流スターヒョンビンの写真が中国全域と香港に壁貼りされた.

ヒョンビンは中華圏全域に販売されるメンズウノ特別号の独占インタビューと一緒に表紙モデルでされた。さらにヒョンビンの今回のメンズウノ表紙は雑誌広告では異色的にバスと地下鉄など中華圏全域で大々的広告をしている。

バス全体にラッピング広告とともに地下鉄であちこちヒョンビンの表紙写真が露出しながら中国,香港など中華圏あちこちでヒョンビンの姿が見えている.

これに対してメンズウノ側は“ヒョンビンのプロジェクトのためにかなり以前から企画して準備してきた。名実共に韓流スターであるヒョンビンの成熟して変わった姿に感嘆した”と明らかにした.

ヒョンビンは最近誕生日を迎え日本横浜で5,000余名の日本及びアジア各国のファンとファンミーティングを開き,ドラマ‘彼らが生きる世の中’のプロモーションまで進行して日本ファンと取材陣の熱い関心を受けた。
日本だけではなく中国,香港での大大的な広告まで日本と中華圏を共にする韓流スターを立証した。

ヒョンビンインタビュー実際の生活は?
[スターシークレット]ヒョンビン“ガールフレンド,家に連れてこなくて”
MCモン-チュ・アミン. キム・ヨンジュン-ファン・ジョンウムカップルから‘韓流カップル’ソン・ヘギョ-ヒョンビンまで若い芸能人らが公開交際をしながら芸能界活動を活発に継続しています。

もちろんこれまで決別を宣言した芸能人らも多いのですが。 彼らは交際事実を堂々と明らかにしただけ放送でも初めての出会いはどうだったのか。デートはどのようにするのかなどに対して比較的自由に話をしています。

突然交際事実が公開された理由に彼らの一挙手一投足を監視(?)する人々も多くなって私生活に不便さを体験していたりもするんですが。 だから外では堂々とした公開演芸を楽しむが。 むしろ中では徹底した私生活管理をしているといいます。

‘韓流スター’であり‘ソン・ヘギョの恋人’でニックネームをもう一つ追加したヒョンビンもやはりこのような状況は同じことです。 2003年デビュー以後今まで独りで生活しているというヒョンビンの自炊生活上手な秘法を聞いてみました。

ヒョンビンは両親がいらっしゃった家といくらか離れていないところで独りで生活をしていますが。ヒョンビンはご両親と落ちて生活する理由に対して“活動する時は不規則な生活のために家に遅く入ったら(ご両親が)心配されることが多くなって。むしろ独りで生活するほうが気楽なようだ”と話しました。

代わりにご両親家と近いところに家を求めて。食べ物などはお母さんが自ら作られるといいますが。 別に離れて生活するが,よく立ち寄るからむしろ生活するのには気楽だといいます。

ガールフレンドの問題も省けないんですが。 ヒョンビンは直接ソン・ヘギョを指定して話さずに。“普段からガールフレンドがいる時も家には連れてはこない。一人だけの空間だから休息を取ったり静かに思索に浸る時が多い”として公認で徹底した私生活管理をしているということを迂回的に表現しました。

自炊生活序盤ヒョンビンは‘解放される’という感じのために友人らもたびたび招いたというんですが。だんだん時間が過ぎて一人だけの時間をたくさん楽しんでいるといいます。 恐らく辛い撮影日程で疲れる心身をなだめるためだったと思いますが。彼は“なかなか孤独だということを感じる時間もあまりない”と打ち明けて独りで家にいる時何をしているのか,よりもっと気になるようになりました。

ヒョンビンが家で休息を取る時主にするのは他でもないDVD視聴だといいますね。ここにリラックスする気分ををもう少し感じようとするならワイン一杯が特効だといいます。 代わりに家では絶対焼酎を飲まないそうです。 “焼酎を一人で飲むのはなぜか見苦しいように合うため”という説明です。

その他にも時々は一人で焼き飯やキムチチゲなどを作るのに一人で料理を食べ物を作って食べれば健康も取りまとめることができて余裕あるように,さらに感じることができるといいます。家の中での規則的な生活をよく守って自らのストレス解消法も知っているから演芸活動と恋愛を全部誠実にやり遂げることができるようです。

新型インフルエンザ予防策苦悩中
ヒョンビン,25日日行事予定通りに出席“予防策の悩み”
SS501のリーダーキム・ヒョンジュンが新型インフルエンザ判定を受けて衝撃を与える中で,来る25日日本で行事を持つヒョンビンもこれに対して苦悩中だと知らされた。

9日午前ヒョンビン所属会社関係者はマネートゥデイスターニュースと電話通話で“ヒョンビンが日本で25日と26日二日間開かれる行事に予定通りに参加する予定だ”として“状況が深刻化するのを見て製作会社と話する”と話した。

引き続き“日程通り進行するなら予防策を調べてみなければならない”として“先ずは製作会社と日程協議が先のようだ”と付け加えた。

ヒョンビンは25-26日二日間日本パシフィコ横浜展示ホールで開かれるドラマ‘彼らが生きる世の中’プロモーションに参加する予定だ。

すでに今回のプロモーション入場券は去る8月初め5000席全部売り切れたしヒョンビンは誕生日パーティーとともにピアノ演奏,歌実力をリリースすると発表されて話題になった。

ヒョンビン日本ファンミ5000席売切
ヒョンビン,5,000人ファンと大規模誕生日パーティー
25日日本,横浜パシフィコ国立ホール5,000席売り切れ
韓流スターヒョンビンが来る25日日本,横浜パシフィコ国立ホールで5,000席規模の大規模ファンミーティングを持つ。

ヒョンビンのファンミーティング入場券は去る8月初めに5,000席全席が売り切れて日本国内ヒョンビンの人気をもう一度立証させた。

今回の日本ファンミーティングは28回目誕生日を迎えたヒョンビンが韓国,日本,中国,台湾,香港などアジアファンたちと共に誕生日パーティーとともに一年ぶりにファンたちと送る行事だ。

今回のファンミーティングでヒョンビンは直接ピアノを演奏して歌を歌う予定だ。 このために先月からピアノと歌練習にまい進していると所属会社関係者は伝えた。

ヒョンビンは“ドラマ‘私の名前はキム・サムスン’でピアノ演奏をした以後久しぶりにピアノの前に座ることになった。 特にファンたちの前で直接ピアノを演奏するのは初めてでどきどきして震えたりもする”として所感を明らかにした。だけでなく今回のファンミーティングではこれまで公開されなかったヒョンビンの特別なイベント映像も公開される予定だ。

ヒョンビンの海外ファンたちの間でも今回の日本誕生日ファンミーティングに対する期待感が高まっている。 ファンミーティングに対する問い合わせが降り注いでいて特に,ヒョンビンの日本訪問に対する関心が熱い。

ヒョンビン日本ファンミーティング開催
ヒョンビン,日で5000席大規模ファンミーティング開く
タレント ヒョンビンが来る25日日本,横浜パシフィコ国立ホールで5,000席規模の大規模ファンミーティングを開く。

今回のファンミーティングはヒョンビンの28回目誕生日を迎えて日本,台湾,香港などアジア ファンたちが見えた中で誕生日パーティーとともに進行される。

行事のためにピアノ演奏と歌を準備したヒョンビンはドラマ‘私の名前はキム・サムスン’以後久しぶりにピアノと歌練習にまい進中だ。

所属会社側は“これまで公開されなかったヒョンビンの特別なイベント映像もファンミーティングで初めてリリースする”と伝えた。

一方,最近放映終了したヒョンビン主演のMBCドラマ‘チング,俺たちの伝説’は日本放送日程を置いて協議中だ。

ヒョンビン-ソンへギョ日公式遠征'霧散'
ヒョンビン,ソン・ヘギョ日一緒に外出不発
熱愛認定後最初の公式遠征で注目された俳優ヒョンビン(27)とソンへギョ(27)カップルの日本へ一緒の訪問が失敗に終わった。

日本演芸企画会社エイベックスは来る26日パシフィコ横浜展示ホールで開かれるドラマ‘彼らが生きる世の中’のDVDおよびレコード発売記念イベントで当初出席予定だったソンへギョが参加しないと公式発表した。

突然の不参加理由では“韓国ドラマ製作社側の諸般事情”と聞いた。

一方23日日本を尋ねるヒョンビンは25日パシフィコ横浜国立大ホールで自身の28回目の誕生日を迎えて,タイ,香港,日本,中国,シンガポールなど2千余人のファンらと誕生日パーティーを兼ねたファンミーティング,26日‘彼らが生きる世の中’のイベント参加などの日程を消化する予定だ。

熱愛に韓流には大きな影響がない?
タレント ヒョンビン-ソン・ヘギョ2ヶ月目熱愛中...
日本などアジア報道機関大きな関心

タレント ヒョンビンとソン・ヘギョ(27)が2ヶ月目熱愛中である事実が表れて,話題になっている。

このような中で二人のスターの熱愛説に関連して,日本と中華圏にも大きな話題にされていて,二人の熱愛事実に対して祝いのメッセージが伝えられている。

ヒョンビン所属会社は5日“昨年12月終わったKBS 2TVドラマ‘彼らが生きる世の中’に共に出てきて,お互いが近づいて,友人で過ごし2ヶ月前から恋人関係に発展した”と某報道機関インタビューを通じて伝えた。

このような中でヒョンビンとソン・ヘギョに熱愛事実が日本と中華圏にも大きな話題になって,彼らの熱愛事実と関連して,報道するなど大きな関心を見せている。

また,海外ファンたちから祝いのメッセージを受けるなど恋愛事実に対して各国の芸能媒体らが熱い関心を見せている。

一方ヒョンビンとソン・ヘギョに熱愛事実に対して韓流に影響があるのではないかという憂慮に話も出てきているが,海外言論らは ファンたちが彼らの交際と関連して否定した視線で見ずに祝う雰囲気なので韓流には大きな影響がないものと見られると中国にあるマネージメント社は伝えてきた。

彼らは国内ではもちろんで日本と中華圏アジア国家で演技力とスター性を認められて,韓流スターで位置づけをするなど来月26日日本,横浜でヒョンビンとソン・ヘギョが一緒に出演した作品‘彼らが生きる世の中’プロモーション行事に二人は共に参加する予定だ。

ヒョンビン-ソン・ヘギョカップル誕生
ヒョンビン-ソン・ヘギョ,大型韓流スターカップル誕生
KBS 2TV‘彼らが生きる世の中’撮影後間発展

大型韓流スターカップルが誕生した。おない年タレントソン・ヘギョ(27)とヒョンビン(27)がその主人公。

二人の所属社エイエムエンターテイメントとイドゥンナイン側は 5日 “ソン・ヘギョとヒョンビンが 2ヶ月目良い出会いを引き続いている”と明らかにした。

去年10月ドラマ‘彼らが生きる世の中’で会って最近恋人に発展した。会って10ヶ月目。本格的に付き合い始めたのは去る6月以後2ヶ月だ。

公式的な韓流カップルが誕生し,アジア全域にかけて愛されている韓流スターが熱愛の中心に立ったことは今回が初めて。主人公は俳優ソン・ヘギョとヒョンビン。二人は忙しい日程を割って出会いを引き続き,お互いに対する信頼を積んで自然に恋人に発展した。

ソンへギョの最側近は“ヒョンビンが釜山で‘チング’の撮影をして長く離れていた。この時感じた切ないものが愛であることを知るようになった”と話した。

ヒョンビンの側近も長い間の懐かしさが愛につながったと耳打ちした。彼は“ヒョンビンがドラマ撮影のため約6ヶ月釜山に留まった。会わなければ遠くなるものが原則だ。しかしヒョンビンは会えないから会いたいと言っていた”と“短い出会いと長い間の会えないお互いに対する大切さを悟らせた契機になったようだ”と分析した。

デートは主に清淡洞一帯カフェで成り立った。ただ二人の時間を持つより友達と交わって出会いを持った。二人の側近は“ヒョンビンが撮影の中で暇を作ってしばらくソウルに来た”“その間会えない友達と一緒に交わって,いつもその席にソン・ヘギョを連れて行った”と耳打ちした。

車デートも楽しんだ。週末夕方暇を作ってドライブして,取材チームが確認した先月26日のデートもそうだった。夕方8時頃会った二人は江南一帯を回ってドライブした。10時頃漢江水辺に向け,車を駐車場に止めた後DMBをつけてドラマ‘チング’を見たりした。



ヒョンビンのある側近は“ソン・ヘギョがいつもドラマを取りまとめてみて几帳面にモニターしてくれる。演技に対する指摘もかなり鋭いと聞いた”と“二人とも俳優なので演技に対する意見をよくやりとりする。ある場面では‘素敵だ’と誉めて,またある場面では‘ぎこちない’と小言も言うようだ”と伝えた。

去年KBS 2TV ドラマ‘彼らが生きる世の中’(以下‘クサセ’)に出演した二人はドラマで恋人で演技呼吸を合わせたのが実際の恋人間で発展したケース。

特に‘クサセ’終映後ヒョンビンが 6ヶ月間釜山でドラマ‘チング,俺たちの伝説’撮影をしたことがお互いに対する感情を確認するようになった決定的きっかけになった。

ヒョンビン所属社関係者は“二人が今お互いに対する感情が分かって始める段階だ。暖かく見てくれたらいい”と認めた。

ソン・ヘギョ所属社関係者もやっぱり“おない年と同時に先後輩演技者である二人が良い結実を結ぶことができるように見守ってくれ”と頼んだ。

会社高位関係者は“一作品で演技し,自然に親しくなった。仲間や友達以上の関係につながったことも最近だ”“一緒に演技に対する話もして,また芸能界の悩みも分けて見ると近くなったようだ”と話した。

二人の熱愛が既定事実化されるによって韓流にどんな影響を及ぼすか関心を集めている。ソン・ヘギョはドラマ‘秋の童話’で韓国を代表する韓流スターで落ち着いたしヒョンビンもドラマ‘私はキムサムスン’の興行でアジア圏で幅広い認知度を積んでいる。

二人が一緒に出演したドラマ‘クサセ’は日本エイベックスに30億ウォンに販売された事がありヒョンビンが現在出演中のドラマ ‘チング’もやはりエイベックスに約50億ウォンで先販売された。

============================================

やっぱりそうでしたね..両事務所公認発表されました...
二人を見守っていきましょう..^^

友情と愛どちらかなら愛を選ぶヒョンビン
ヒョン・ビン“孤独だが恋愛はまだ...センスある女性がいい”(インタビュー)
俳優ヒョンビンがドラマ‘チング,俺たちの伝説’を通じて,最高の純真なひまわり愛をお目見えしている。

ヒョンビンは劇中ハン・ドンス役を担って,高校時期から片思いしてきたチェ・ジンスク(ワン・ジヘ)と切ないメローラインを形成している。

ドラマ‘チング,俺たちの伝説’は映画‘チング’からより主人公のあいだのさらに深くて繊細な心理描写を表現して豊富なエピソードを伝える。

劇中ドンスはジンスクに一言もまともに表現できない少し苦しい男だ。好きだいう言葉さえ手紙に“他の恋人を作らずに待ってくれ”とやっと表現する。だが実際ヒョンビンの愛は少し違う。書いても好きな思いを努めて,押したり隠しはしない。

“もちろん誰かが胸中に入ってくるならドンスのように悩んで迷いそうだ。だが違う点があるならドンスの話はよくできないが僕は表現するということだ。

ドンスがそばにいる友人ジュンソク(キム・ミンジュン)を考え,話せない点もあるだろうが僕がもし好きな女を勝ち取りたくて僕の前にいたら良いと判断すれば言葉で心をまさに表現するようだ。 少なくともドンスのように話せなかったり手紙では伝えないでしょう”

ドンスのように友人の前の恋人を愛することになるならどうだろうか? 友情と愛二つのうち一つを選択しなければならない苦しい状況ということもあるがヒョンビンは果敢に愛を選ぶという意外な返事をした。

“女を選ぶ。もちろん友人とつきあっている途中ならあえて奪い取りたくはない。だがすでに友人と終わった間なら問題はない。好きな女に堂々と思いを明らかにして連れてくる。もちろんまだそうしたことはない”

仕事にだけ追われて駆け付けたヒョンビンはやはり孤独だ。いくら仕事にすがって忙しく生きる芸能人であっても孤独なのは皆同じだ。だがまだ恋愛する時期ではないとここは彼だ。

“孤独だ。 仕事をする時は働きさえするスタイルだ。まだ仕事が先であるようだ。恋愛は時期になればするだろう。ガールフレンドもいつか現れるだろうと思う。僕はセンスある女が良い。どんな状況が与えられた時でも,その状況に合うように服を着て行動と話をして適切に対処できるセンスを持った女が理想だ。賢明ながらも,センスを発揮できたら良い。また僕ができない部分を代わりに用意できる女性なら良いだろう”

ヒョン・ビンに実際の友人と友情とは? (インタビュー)

俳優ヒョンビンに友人というのはどんな意味だろうか?

“出てきて友人ら関係もやはり別の見方をすればドラマの中の人物らの状況と少し似ているようだ。ドラマのように一時毎日付いて回った友人らが各自の仕事をして自らの仕事ができて,ちょっと粗雑にされることはあった。 家庭事情などをはじめとして,すべての部分で秘密がなかったしお互いに対して皆知っていた友人らだったのに年を取って各自の仕事をしては以前のように連絡して会ったりという時間らが減ることになった”

ヒョン・ビンは竹馬の友であった友人らと関係が少しずつ遠ざかって疎遠になることになった一番大きな原因がもしかしたら自身にあるかも知れないと打ち明けた。習う他の人と少し違った職業,環境そして越えなければならない制約が多いためだ。ヒョンビンは今回のドラマを撮影する間の友人に対してさらに深く考えることになった。ドラマ‘チング’が彼に本当に‘チング’の意味を振り返ってみることができる機会を与えた。



“ドラマを撮影しながら,僕の友人らとの関係を顧みながら惜しいと考えた。僕は今間違っているのではないのか。その友人らの立場では僕が一番忙しくて状況が楽ではないから。また共有できる話の素材らも違うので少し遠ざかるのではないだろうかという気がした。僕があらかじめそのような点を取りまとめていなければならない部分なのに惜しい。仕事だから,ただ友人らが理解してあげたかった”

だがヒョンビンは友人らの友情が決して軽薄ではない,いつでもまた回復できる関係という強い信念を持っていた。ヒョンビンは今回のドラマが終われば永く会えなかった竹馬の友らとまた会う計画だ。ドラマ‘チング,俺たちの伝説’で友人らがついに悲劇的な結末を迎えるものと違ってヒョンビンは友人らをまた取り戻すつもりだ。

“本当の友人なら,以前のようにまた戻れると見る。ドラマ補充撮影まですべて終えて出ればまた出して,私生活に中心を置くだろう。それと共に友人らもまた会って,話もしてもしかしたらその間遠ざかった時間の中で誤解があったとすれば解きたい。 男たちの間で何か空しい点があっても何度として打ち込んですればすぐ解けるようだ”


‘チング’ヒョンビン出演悔いなく満足
‘チング’出演悔いなく満足挑戦精神があったから僕の演技は60点
‘チング’ヒョンビン“ヒットはないがもっと重要なものを得ました”
MBC週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’三人の演技変身ヒョンビン

インタビューをするヒョンビンはなんだか気楽に見えた。MBC 週末企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’の低い視聴率に対するあせりは見えなかった。派手な青春スターの姿を脱ぎ捨てた代わりにじわじわ俳優としての内面を満たしているようだった。

彼は“前作の‘彼らが生きる世の中’もそうで低い視聴率を何度も体験してるから大丈夫だ”と“視聴率より今回の作品を通じて人々を得たことが最大の収獲だった”と淡淡と話した。

そうみればヒョンビンはトップスターという位置に比べて視聴率伏隠あまりなかった。去る2005年ドラマ‘私の名前はキムサムスン’でスター級に上がった後‘雪の女王’‘彼らが生きる世の中’,そして現在の‘チング,俺たちの伝説’までその人気は高くなかった。

“人生で険しい傾斜は僕が思う時はなかったようだがたくさんの人が‘私の名前はキムサムスン’の後だと思います。その後ヒット作がなかったからです。しかし僕はもっと重要なものを得ています。いつかは商業的な作品もなって多くの方々の口にも上り下りします。”

実際にヒョンビンは毎作品ごとに新しい姿を引き出しながら,スターではなく俳優として着実に成長してきた。今回の作品でも暗い生活を送る釜山の男ドンスを引き受けて変身をはかった。原作映画でチャン・ドンゴンがした役で上手にしてこそ本殿としと言いながら皆が引き止めたが意に介さなかった。

“単純にイメージを180度変えると選択した作品ではありません。学ぶことが多いと思いました。実際に多くを学びました。ソン・ヘギョ,あの人はモニターをしながら‘ドラマが面白くて完成度もある’と僕を見て‘格好よく出てきた’と言ってくれたんですよ”(笑)

それでもチャン・ドンゴンとの演技比較は避けられないことだった。これに対してヒョンビンは“主観的に自評しようとするなら映画の中のドンスはドンゴンヒョンだけができる部分ならドラマの中のドンスは僕だけができる部分”と話した。




ところでヒョンビンは俳優の歩みでもチャン・ドンゴンと似ていた。彼は“そういえば似ているようだ。ドンゴンヒョンも僕の年の時‘友達’を撮った。僕が好きで尊敬するヒョン”と付け加えた。

そんな彼に今回のドラマは体力的に特に大変な作品だった。撮影中すねに一生抱いて行かなければならない大きい傷あとも得た。彼は“初めはアクションが面白かったが後で大変だった”と“特にリングの上でするアクションはもう絶対しないと決心した”と言いながら笑った。

その上‘雪の女王’‘彼らが生きる世の中’‘チング,俺たちの伝説’三つの作品を休みなく相次いでやりながら体力もすっかりなくなった。ここでしばらく作品を休みながら再充電する予定だ。そんな彼に現在の悩みを聞いたら次のような返事が帰って来た。

“上手くしているのかわからないです。20代の時は他の見方をすればたくさんいろんなことができる年なのに私的な部分でたくさんあきらめました。腹いっぱいな苦情があることで僕も人ですから...。それでも僕が幸せな奴だということも分かっています。やりたいことをしているので。”



“作品に対して特別に酷評が零れ落ちるわけでもないので現在は満足する。僕の演技に点数を付けろといえば100点満点に60点だ。挑戦精神が60点に残った40点は僕が演技でもっと満たして行かなければならない部分だと思う”

もちろん負担感は少なくなかった。ドラマ‘チング’だけの色を見せなければならなかったしそうするためには演技にあっても差別化を与えなければならなかった。映画より纎細な心理描写はもちろんドンスというキャラクターの内的な面をもっと見せなければならなかったので単純に方言や外貌だけがない纎細な他の何かが必要だった。

“目つきに神経をたくさん使った。ドンスはうるさいキャラクターではないからその他の部分で台詞のない時は目つきでドンスを表現しようとした。ドンスは高等学校の時格闘技選手生活をした人物だから鋭利で鋭い目つきを考えた。その目つきと状況でのドンスを作るために6ヶ月間運動もした”

釜山で撮影する当時朝から夕方まで釜山の方言を教わるためのヒーリングは一日中続いた。リーディング後には監督と一対一の方言課外も受けた。もしかして表情や感情処理に気を遣うために台詞をまともに表現することができない時はクァク・ギョンテク監督の無線機でヒョンビンの台詞が香ばしい釜山なまりも伝達された。そのように6ヶ月の撮影が続いた。

“監督ニムには本当にありがたい。僕の方言を点検してくださる姿を見ながらこんな方もいらっしゃると。作品に対するすごい熱情が感じられた。撮影場でまともに表現することができなかった方言は録音をした。ドラマ‘チング’は事前製作なので編集手本を見て不足している部分をまた満たすことができた。補充撮影をしている今はむしろもっと容易に釜山なまりで演技をしている。方言演技がこれからは楽で習得する過程も早くなった”




監督との作業はヒョンビンに俳優としてもっと成長できて学ぶ機会を与えた。それまで分からなかった演技ポイントを監督を通じて新たに悟り仮に今回だけでなく,これからヒョンビンの演技に心強い営養分になるに値し学びを受けた。特に方言以外の演技において監督は徹底的にヒョンビンを信じてくれた。監督が考えるドンスのみを固執せず,ヒョンビン自ら表現し出すことのできる余地を残してくれた。

このような貴い過程があったからヒョンビンは決して視聴率にこだわらなかった。映画‘チング’位大きな興行を収めることはできずに10%内外に留まって低調な視聴率を記録しているがスターではなく俳優を切望するヒョンビンに今すぐ高い視聴率をあまり大きな意味になることはできなかった。

“数字は別に意味がない。作品自体が悪く言われたり,僕の演技に対する反応が良くなければ気になって大変ですが,そうではなくてある程度良い評価を聞いて必ず高い視聴率だけで評価を受けたくはない。高い視聴率を記録した出演作‘私の名前はキムサムスン’ 時のヒョンビンと今のヒョンビンは違う。あの時は僕の顔を知らせて多くの愛を受けることが最高だったが今は人気より演技で認められたい”

ヒョンビンはドラマ‘チング’以後しばらく休息期に入る。これまで1年以上休まず駆けて来たので再充電をしてもっと大きな跳躍のために内実を固める計画だ。あわせて去年釜山国際映画祭でお目見えした事のある映画‘私は幸せです’の封切りが年末に予定されることによって映画広報で活動を再開する予定だ。

ヒョンビンしばらく再充電します..
‘チング’ヒョンビン“チャン・ドンゴンは解かなければならない宿題...視聴率には神経使わない”
俳優ヒョン・ビンが変わった。 デビュー初めから時々突っついたのだがこんなに優しくて無邪気な姿だけ見てきたが赤色肌にほっそりした腰,筋肉質スタイルで強靭な印象が感じられた。

ところがその姿でする演技がキャラクターに最大に交わる。MBC週末特別企画ドラマ‘チング,俺たちの伝説’に会ってヒョンビンに訪れた変化だ。

最近ソウル,汝矣島のある飲食店で昼食を一緒にしてヒョンビンに投げた最初の一言は“なぜこういうキャラクターを今や引き受けたのか”だった。

既存ロマンチックコメディ,メロージャンルの作品で見せてくれたものとは違うがヒョンビンが‘チング,俺たちの伝説’で演技しているドンスの凄然ながらも経たキャラクターをよく溶かして出しているという感じのためだった。

“僕がこういう役をしないのではありません。‘私の名前はキム・サムスン’が人気を呼んだ後,ロマンチック コメディ,メロージャンルだけで出演提案がきたことでしょう。”

多様なキャラクターに挑戦したがる欲が伝えられた。‘チング,俺たちの伝説’はヒョンビンにそのような怨念解消ができる初めての機会だった。

‘チング,俺たちの伝説’は2001年封切りして,800万人を越える観客を劇場に呼び入れた映画‘チング’を原作にしたドラマだ。ヒョンビンが受け持っているドンスは原作映画でチャン・ドンゴンが演技した。

映画ではドンスの悪漢面が主に浮び上がったがドラマでは違う。 ‘チング,俺たちの伝説’でドンスは寂しくて可哀想な感じまで与える。このドラマが映画とは違いドンスがなぜ過激になるほかなかったのかに焦点を合わせているからだ。

そのためにヒョンビンに懇意な先輩のチャン・ドンゴンは‘チング,俺たちの伝説’で解かなければならない課題のように近づくほかはなかった。 自身も映画を印象深く見ただけ同じ状況で他の演技をしようとしてもチャン・ドンゴンの演技が模範答案のように頭の中に残っていたためだ。

“出演を決めた後,映画をまた見ました。度々(チャン)ドンゴンヒョンのように演技をしなければならない気がして映画を見なければならないと決心しましたよ。 だが演出者のクァク・ギョンテク監督ニムと話してキャラクターを作っていってまた映画を見ることにしました。

映画と同じ人物なのに同じ状況で100%他の演技をするのは答ではないようでメローとか,高校時代ボクシング選手であり船も乗るなど他の設定を忠実に消化するだけでも他のドンスに見えるという考えでした。”

このためにヒョンビンは‘チング,俺たちの伝説’を撮影する6ヶ月ずっと運動を併行して,身体を作った。ボクシング選手出身という点で鋭い感じを視聴者たちに伝えたいからだ。それだけでもチャン・ドンゴンからある程度抜け出すことができた。

そのように悩んで努力して作ったキャラクターなのに‘チング’の視聴率は多少残念ではないだろうか?‘チング,俺たちの伝説’は放送時間が30分余り重なったSBS週末特別企画ドラマ‘きらびやかな遺産’が40%を上回る視聴率で人気を呼んでいることで押さえられたからなのか一桁数視聴率で留まっている。

だがヒョンビンの返事は意外に簡単に出てきた。




“僕は視聴率は1%も神経を使いません。これまで(視聴率不振は)たくさん体験したではないですか。 最近はインターネットだ,ケーブルTVだ,あるドラマに接することのできる通路があまりにも多いから見る人はどうにか見るものと考えます。またそのような媒体らは視聴率集計から除外されるから視聴率に気を遣う必要もないです。”

ヒョンビンは俳優と監督,スタッフの役割は完成度あるように撮影をすることで視聴するのか決める選択は視聴者の役割だと線を引いた。 事実このドラマがインターネットダウンロードサービスなどで‘大当たりドラマ’と釣り合う数値を記録しているというクァク・ギョンテク監督の話を勘案すればヒョンビンの説明が合うという考えになった。

むしろヒョンビンは視聴率より自身が持ったこのドラマに対する期待を強調した。

“クァク・ギョンテク監督ニムが僕の分からなかった表情,僕が分からなかった僕を探して引き出して下さいました。したことのなかったキャラクターを演技してみるのも楽しかったし釜山の方言演技もそうしましたよ。またドラマを数えて,シーズンで分けて,14〜20回を先に写してその次に7〜13回,1〜6回順で逆に撮影して行きました。 映画のように現場編執刀しましたし。撮影会場で編集したもの等見ましたが,早くまともに付けて,ドラマで見たかったんですよ。”

ヒョンビンは自らも‘チング,俺たちの伝説’を楽しく見ていて作品の完成度面では視聴者たちの評価と同じように自身も満足だといった。また“今はよく分からないが,後で考えれば演技の幅は増えているでしょう”という言葉も付け加えた。




ヒョンビンは28日から‘チング,俺たちの伝説’補充撮影に入った。ドラマの完成度を一層高めるための作業だ。

そして補充撮影を終えた後には当分休息を取るといった。ドラマ‘彼らが生きる世の中’に続き‘チング,俺たちの伝説’映画‘私は幸せです’まで3編に引き続き出演して心身が疲れたためだ。
“すぐに新しい作品に入れば100%失敗しそうです。無条件休んで,再充電をします。”

ヒョンビン私生活は公開する気はない
ヒョンビン“恋人?家族?公開する気はない”
俳優ヒョンビンが恋人や家族など私生活を公開するつもりがないときっぱりと明らかにした。

ヒョンビンは28日ソウル汝矣島のあるカフェで進行されたインタビューで私生活を公開することに対して拒否感があると正直な本音を打ち明けた。

ヒョンビンはこの席で“私生活を表したくない。家,両親,ガールフレンド何でも”と話した。

引き継いで“僕の私生活を見てファンの方々が僕を好きでいなくなるのではないか”と言いながら“僕のあれこれを引き出して後で何を見せてあげられるのか”と懐疑的な反応を見せた。

‘しかし過去にガールフレンドが公開された事はないのか’と問うと,ヒョンビンは“良く会う友達だったが僕が会うということに対して周りがいろいろな言葉が多かった”と度が過ぎた関心が別れた理由の中の一つだったことを迂迴的に表現した。

引き続き彼は“結局僕が敢えてものを言わなければならない必要がなかったのに (ファンカフェに) 文を載せた。実は僕がガールフレンドに会おうが男友達に会おうがそこに対してそんな必要性が感じる事ができない”と付け加えた。

彼は“しかし私生活に制限を受けることは別の見方をすればスターとして得た当然の業報だと思う”と言う言葉も引き繋いだ。

彼は“日常生活が不便なのは事実だが食堂二度,三度行くことを一度に減らし気楽に通えない事と僕の仕事を交換しただけではないか”と話しながらげらげら笑った。

しかし彼は俳優として演技を認められたいだけだと話した。“俳優は演技で勝負をかけることだと思う。僕はゴシップ事を提供するスターよりキャラクターで呼ばれる演技者になりたい。”

一方ヒョンビンは去る2006年知人の紹介を通じて知り合った俳優ファン・ジヒョンと熱愛を始めて1年余付き合ったが2007年3月熱愛事実が公開された後すぐ別れた。


=============================================================

今までのヒョンビンにしてはかなりの爆弾発言でしたね...
でもそうだと思います...
そろそろ,いい恋愛をして欲しいですね...

ヒョンビンインタビュー[韓国日報]
20代から夢見て来た‘ドンス’...皆が止めさせてもやっていた
[クローズアップ] ドラマ‘チング’ヒョンビン
刃物で刺される最後のシーンは大変だったが一番気に入ってる

実際でもドンスのように‘馬草’...“働く時の勝負欲は止められません”

ドンスと言う名前で半年以上生きていっている。学生時代以後一番短く切った髪がこれからはぎこちない。撮影は終わったが製作関係者たちと会えば相変らず釜山なまりが自然に飛び出す。

MBC 週末企画ドラマ‘チング-俺たちの伝説’(脚本・演出クァク・ギョンテク) 出演以後ドンスと言う人物の余韻でま抜け出すことも出来ない俳優ヒョンビンと会った。

▲‘チング-俺たちの伝説’に出演した以後一番多く聞く言葉は何。

=(笑いながら)チャン・ドンゴン先輩の名前だ。チャン・ドンゴン先輩がどんな助言を伝えたのかを含めチャン・ドンゴン先輩が映画‘チング’で見せてくれた演技と比べる質問を一番多く受けた。

▲クァク・ギョンテク監督をお手洗いまで追いかけて,出演させてくれとせがんだと言うけど。

=監督ニムとチャン・ドンゴン先輩と三人で酒の席を持った。当時シノプシスとシナリオも見ていない状態だった。お手洗いへ行かれるのでついて行って“必ず出演したい”と言った。

▲出演決定に対して周りの反対が激しかったと聞いた。

=チャン・ドンゴン先輩と現場マネージャー以外は皆反対した。比較の対象になるだけだという言葉と上手でこそ本殿という心配が多かった。皆が止めさせてもしただろう。この配役は 20代初盤に映画‘友達’を見ながら夢見て来た役だった.

▲視聴率が予想より低調だ。

=初放送を皆と一緒に見ながら雰囲気が良かった。翌日視聴率結果が出て監督ニムの表情が良くなかった。6ヶ月死に物狂いで苦労したけどたくさんの人が見ていなくて気にされたようだった。

▲本人の気持ちはどうだったのか。

=(笑いながら)僕は(低い視聴率に)鍛練されている。慣れています。視聴率は自分の役割ではなく。見たいと思うように演技することまでが自分の役割事だ。決定は視聴者たちの役割です。

▲‘チング-俺たちの伝説’‘彼らが生きる世の中’‘私は幸せです’すべてちょっと重くて暗いキャラクターだ。意図したものなのか。

=MBCドラマ‘私の名前はキムサムスン’のようなロマンチックコメディーのためイメージがたくさん固まった。敢えてイメージ変身のために一連の作品を選択することはなかった。ただキャラクターに惹かれただけだ。

▲方言演技が良かった。もう方言は完全に捨てたのか。

=元々横言は使わなかった。(笑)相変らず‘チング-俺たちの伝説’の製作陣に会うと使うようになる。また方言のある作品が入ればもう少したくさん準備時間がほしい。

▲今度作品に出演してタバコをまたくわえたと聞いた。もう切ったのか。

=まだ切ることはできない。時期になればやめるでしょう。どうにかきっかけを作ろうとする。‘チング-俺たちの伝説’を撮影しながらはいつもよりタバコを吸う量が増えた。



▲撮影しながら一番大変だった場面を選んでくれ。

=刃物で刺される最後のシーンだった。一番大変だったけれど,一番好きな場面です。四日間撮った。雨が降るシーンだったのでとても寒かった。背景が暗くなければならなかったから夜明けから日がのぼる前までに撮った。

▲映画の中のドンスのように現実のヒョンビンも馬草みたいな面があるのか。

=うーん...僕もそんな面があるようだ。特異働く時の勝負欲はすごい。ドンスのように負けないために最善を尽くすほうだ。

▲映画の中のドンスとジュンソクのように一人の女性を置いて友達と争った事があるか。

=実際にそんなことはない。もしそんな事が起こったらどうするかと?‘あの女でなければならない’と思えば女を選択するでしょう。だが不明瞭に愛してしまうなら始めもしないでしょう。

▲チャン・ドンゴンのドンスとヒョンビンのドンスの差異点を教えてくれ。

=チャン・ドンゴン先輩の描いたドンスはもっと世苦荒い。これはドラマと映画の車でもある。短い映画ではドンスをもっと極端的に描くしかなかったはずだ。ドラマの中のドンスはメローと家庭事など映画では見えない部分まで見せてくれた。

▲‘チング-俺たちの伝説’に出演したことを後悔していないか。

=勿論です。今もいい選択だと思う。またやれと言われてもまったく同じ選択をするでしょう。

ヒョンビンインタビュー[マイデイリ]
ヒョンビン,真剣な目つきで変わった彼を見た
(インタビュー)

“チャン・ドンゴンヒョンが上手だったそうだ”“方言,限りなく努力した”

‘ドンス’といえばまだチャン・ドンゴンが浮び上がるのか?2009年にはヒョンビン(27)を思い出せば正解だ。彼から相変らず‘サムシギ’を見たら誤算。

2001年映画‘チング’をドラマ化したMBC‘チング,俺たちの伝説’でヒョンビンはさらに深くなった眼差しとヒョンビンだけのノワール的感性をお目見えしながら人目を引いている。

カメラの前ではカリスマあふれるヒョンビンだが実際に記者が会ってみたヒョンビンは真剣に話しながらよく笑うそんなやわらかい印象を持っていた。

相次いで続いたインタビューにも疲れたそぶりを見せなかったヒョンビンは“今度は何を飲みましょうか?”と言いながら話し始めた。

“常に惜しいです”

ヒョンビンは‘チング,俺たちの伝説’でハン・ドンス役を引き受けてジュンソク(キム・ミンジュン)との友情を重要視しながらもジンスク(ワン・ジへ)に対する一途な心で愛を捨てることができず心配をかけるひまわりのような男で,ごろつき組織の中では男性的な魅力を遺憾なく発揮している。

感情に充ちた眼差し,滑めらかな筋肉スタイルを誇示してドンスをヒョンビンスタイルで新しくさせている。

-10部まで出た(放送された)が心情はどうですか?

“惜しいです。ドンスのキャラクターを演じながら楽しかったが惜しい思いもたくさんしました。撮影に入る前に‘こんな演技をしなくては’とアイディアを2〜3ほど出してその中の一つを使ってOKサインをもらうが,終わってからまた別のアイディアが思い出されるのです。”

-ジンスクにひた向きなドンスだが実際のヒョンビン氏は?

“一人の女性に一途なところは似ています。共感にもなりますね。しかしドンスはジンスギに直接告白をすることができず手紙で思いを伝えますが僕なら隠さず話をします。それがちょっと違いますね。”

“ドラマ‘ドンス’を違うように見てくれる方々,ありがとう”

ヒョンビンは放送の前から映画‘チング’でドンスを演じたチャン・ドンゴンとの比較を当然のように受け入れなければならなかった.彼はそれは当たり前のことだと言いながら比較に超脱した姿だ。

-目つきの演技が一品だという意見が多いけど?

“ドンスを演じようと決心時次第準備した部分でもあります。僕が考えて準備したものが演技で表現されて視聴者方々が良く見てくれたらありがたいですね。”

-印象深い視聴者意見があるなら?

“個人的にありがたいのはドラマ‘ドンス’を違うように見てくれる方々。

-アクションシーン撮影が大変だったようだけど?

”そうです.刀,棒みたいな道具も使って相手と息が合わなければならないでしょう。神経がどうしても逆立ちます。後半部撮影の時は大変だったんですよ(笑)。でもアクションシーン撮影,楽しいです。“



“一番神経を多く使った部分は方言”

ソウル出身ヒョンビンに釜山方言の駆使には正直用意ではなかった。クァク・ギョンテク監督の予行方言講習,撮影中間に続く方言校正がヒョンビンのドンス演技を可能にした。

-初放が終わってヒョンビンの方言論議が一番多かったでしょう?

“それが意見がみんな違うんですよ。‘釜山の方言ではないね’と言う話が多いが,甚だしきは釜山出身(キム)ミンジュニヒョンにも何とおっしゃる方々もおられるんですよ。知ってみれば釜山内でも方言が違います。(まちまちな意見)見ながらこれ以上気を使わないと決心しました.”

-クァク監督ニムいわく,ヒョンビンさんが撮影の時方言ノイローゼにかかったそうですね?

“あ,それが実は撮影の前から方言積むのに時間を一番多く裂きました。シナリオリーディングが終わって監督ニムと1:1で別に方言授業を受けたりもしました。ところがそのまま方言を練習する時と撮影の時は違うのではないか。方言の台詞のみならず感情線も積まなければならない,撮影中に方言を違うように使うと監督ニムが無線機で台詞を読んでくださいますね。

その時確認してまた撮影入って行くのです。もしも監督ニムがディテールに神経使う事ができない時はフシ録音もして,とにかく方言を上手く使おうと 100%努力しました。他の人達は(チャン・ドンゴンとの)比較に気を使うけど僕は方言に一番神経をたくさん使いました。“

“僕の始めての作品ではシオンほどできなかったです”

‘チング,俺たちの伝説’は100%事前製作ドラマにまた‘チング’タイトルらしく演技者たち,スタッフたち,製作陣間でもっと親睦を図る機会が多かった。ヒョンビンは今回の作品で一番大きく得たことで‘人’を選んだ。

-演技の悩みを誰と一番多く分けたか?

“(イ)シオンです(笑)。宿所で休もうと思うと電話があります。僕は現場に行ってからするスタイルですが,シオニが翌日に撮影があればあらかじめ合わせて見ようと言うんですよ。それでは僕は台詞も覚えていないので,何を合わせてみるのかと(笑)。

シオニは今回が初作品ですが,本当に熱心にする友人です。僕の始めての作品を思い出して見たらシオニほどできなかったです。クァク監督ニムとも話をたくさんしました。ただ申し訳ないのが監督ニムがお酒が好きなのに僕が運動中で酒の席にあまり行けませんでした。行ったらあらゆる話をもっとできたのにそれが残念惜です。申し訳ないです。”



“ドラマがもっと良い”

‘チング,俺たちの伝説’は映画‘チング’をドラマ化しただけに原作との比較はもちろん俳優たちの演技力比較もまた避けられない課題だった。ここにヒョンビンは“映画よりドラマがもっと良い”と断言する。

-クァク監督ニムいわく,チャン・ドンゴンの演技よりヒョンビンの演技がもっと難しいはずだったと?

“初放送が終わって方言論議(?)がある時‘憂慮した仕事が起こって’ほしかったです。一作品で丸ごとすべて使う方言は初めてでナレーションもあるのに僕の分量はA44枚分ほどです。ドンゴンヒョンの描いたドンスが僕のドンスより強く見えて強い要素が多いです。ドラマはどうしても話を解きほくさなければならないから...ところで僕はドラマがもっと好きです。”

-今回の作品でイメージ変身になったと見る?

“イメージを変えなければと作品選択したことはただの一度もなかったです。もちろん見る方々は僕に対して刻印されたイメージがあるが,僕はロマンチックコメディー‘サムシギ’や富裕な家の青年のように僕がした役で少しずつ広げて行っている中です。”

-チャン・ドンゴン氏がどんな話をしてくれる?

“ドンゴニヒョンとは話をたくさんします。‘上手だった’と言ってくださいました。ヒョンも気になられたんでしょう。ヒョンがこの作品が僕にとって助けになることは明らかだといいましたが何のことなのかわかりそうです。”

ドンスを演技しながら変わった点を彼から直接聞きたかった。“顔の筋肉の使い方が変わりました。顔で表現する方式が変わったのです。監督ニムも今まで表現した表情を願いませんでした。例えば‘ボクスンア氏’がいるじゃないですか。前はしない行動だったんです。表現方法が増えたんです。”

ヒョンビンインタビュー
柔らかい男に荒い男で演技変身したヒョンビン
‘チング’ヒョンビン,“ロ−ルモデルはチャン・ドンゴン,しかし他の姿見せてくれるはず”

ドラマ‘チング,俺たちの伝説’でドンス役を引き受けた俳優ヒョンビンと正直ながらも虚心坦懐な対話を交わした。

彼は懇意な先輩と同時に同じ所属社家族であるチャン・ドンゴンとの似ている点を認めながらも差別化を強調した。

弱い隅がありそうだったヒョンビンに対する先入観は見栄えよく壊れて,ドラマの中のキャラクターのように男性らしい雰囲気が一杯だった。

▲‘ロ−ルモデルはチャン・ドンゴン’

ヒョンビンとチャン・ドンゴンの歩みを見れば類似性が多い.ハンサムな外貌,より増した男性美はもちろんで作品の歩みもそうだ。二人はトレンディ物で顔を知らせた。

引き続きチャン・ドンゴンは1999年映画‘情け容赦なし’で,ヒョンビンは去年釜山国際映画祭に招かれた‘私は幸せです’を通じて俳優としての可能性を認められた。

チャン・ドンゴンが映画 ‘チング’を通じて本格的な演技派俳優隊列に合流すれば,ヒョンビンは映画‘チング’を原作にしたドラマ‘チング,俺たちの伝説’を通じて盛りの演技力を誇示している。

“(チャン)ドンゴンヒョンが僕のロ−ルモデルではあります。しかしすべてのものがドンゴンヒョンのように行きたくないです。

あいにくにも演技を始めてから似ている時期で‘チング’に会ったという共通点があったりするが全然意図したことではないです。

初めドラマ‘チング’に出演提議を受けた時ドンゴンヒョンだけは除いて周りで皆‘上手くしても本殿’と言いながら引き止めました。ドンゴンヒョンはクァク・ギョンテク監督とともにしながら多くのことを学べると助言してくださいました。”

▲‘一つのためにオールインするくそ力’

容貌だけおいてみればヒョンビンは細心ながらも女性らしい性格があるようだ。しかしいざヒョンビンは男の中で残ろうというほどばか正直ながらも,自らの固執が強い俳優だった。

また最近ヒョンビンが演技したキャラクターと作品を思い出せば徐徐に実際の姿を取り戻しているようだった。
もしかしたらドラマ‘チング’の中でドンスが今まで演技したキャラクターの中でヒョンビンの実際の姿と一番似ているかも知れないという気がした。

“100% 辞書製作なのでそうか前作よりはいっそう気楽です.不足な部分を補うことができるという長所があったり.その間男性美にあふれるキャラクターをして見るとたくさん楽になったことも事実です。

特に‘友達’を撮影する間には少し余裕も出て,僕なりに演技の幅を広げて行っているようです。一つをすると心を食べればひたすらそれのみを眺めて,作品に有害なすべてのものなどをしないようにします.そのためか撮影の時監督ニムが寺で‘石頭’と呼んだりもしたんです。”



▲‘私は幸せだった’

インタビューをするうちにヒョンビンは映画 ‘私は幸せです’を数えきれなく言及した.この作品は精神病棟で会った患者と看護婦の切ない疎通を描いた作品。ヒョンビンは自分が処した状況にたまらなくて誇大妄想証という病気を得るようになったマンス役を引き受けた。

しかしこの映画は去年釜山映画祭で公開されて人目を引いたが惜しくもまだ封切りができない。それにもかかわらずヒョンビンは‘私は幸せです’を通じて自分がいっそうもっと成熟したことを打ち明けた.

“映画 ‘私は幸せです’に対する愛着が本当に大きいです。その作品を通じて自ら演技をたくさん学んだし,何より一番ありがたいことはあのひとり思うことができる時間がたくさんありました。自分を返り見られるし,演技に係わることでも自分自身のためでもすべての部分に対して考える時間が多くてその作品の影響も,愛着も大きいしかないです.”


▲‘挑戦は続く.チュ〜ウ’

 ヒョンビンの演技欲は誰と比較しても遅れをとらない程すごかった。自分もまだ分からなかった内面の姿を見つける楽しさを感じていた。ドラマ‘チング’に対する負担感を比較的簡単にふるい落とせた理由も‘これから作品一つだけすることは決してない’という思が強いからだ。海外進出に対しても控え目に口を割った。

“後悔したくない性格のためか一敵な部分では準備が徹底しなければならないという完ぺき主義であるようです。作品のために私的な部分も果敢にあきらめます.今までもそうだったが今後もしたことのないものなどに挑戦するでしょう。海外進出も機会があったら拒む必要はありません。ただ準備ができているならもっと良さそうだという気がします。”

ヒョンビンインタビュー


‘チング’ヒョンビン“今回の作品が終わればガールフレンドと会えるでしょうか?”(インタビュー)
ヒョンビンはKBS2ドラマ‘彼らが生きる世の中’を撮影する当時“今回の作品が終わったら絶対にガールフレンドに会いたい”と話した。しかしすぐにMBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’の撮影に入って行って望むものを成すことができなかった。

だから‘チング’を終わらせたらまた絶対にガールフレンドに会いたいです。しかしどうなるかわからないでしょう。”(笑) ぞくぞく三つの作品をするためにヒョンビンは肌もたくさん抜けた。“正直体力がちょっとなくなりました。こんなに作品をぞくぞくやったことがないのに今年はそのようになりましたね。‘チング’撮影を終わらせれ今度は絶対に休むことです。”(笑)‘チング’を終わらせた後次期作を準備しているかとの記者の質問にヒョンビンがこのように答えた。

それならヒョンビンは休む時何をするだろうか。“運動が好きです。冬にはスノーボードを熱心に乗って。普段時は野球もたくさんします。昨日(26日)も野球したんです。”

ヒョンビンはチャン・ドンゴン,チョン・ウソン,チョ・インソン,カン・ドンウォン,ファン・ジョンミン,キム・スンウなどトップスターたちが大挙布陣している芸能人野球団‘プレイボーイズ’で投手を引き受けている。

“ゴルフも習っています。誰かがするんです。大人たちと一緒にできる唯一の運動がまさにゴルフだそうです。後で両親と一緒にゴルフをすれば良いでしょう。”

時間がたくさん出れば旅に出たりする。“国内でもたくさん行ったが最近は調べる方々のため海外に出る方です.一度出れば十日の間は携帯電話も切って過ごします。”

一番記憶に残る旅行先は南地中海にあるマルタ共和国だそうだ。“ここはCF撮影のために行った場所ですが,中世時代の感じでした。時間がもっとあったらもっと見回したかったが残念でした。”


ヒョンビンインタビュー


‘チング’のドンス,ヒョンビンVSチャン・ドンゴン“お前が行けハワイ”(インタビュー)
ヒョンビンとチャン・ドンゴンは今回のMBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’(脚本クァク・ギョンテク,ハン・スンウン,キム・ウォンソク・演出クァク・ギョンテク,キム・ウォンソク・以下チング)を通じてまた一度の縁を悟った。

2001年映画‘チング’が封切りした時からチャン・ドンゴンが演技したドンスはヒョンビンが絶対にやってみたい役だった。“あの映画を見た時からそう考えました。あんな監督ニム,あんな作品,あんなキャラクターをやってみたいと考えたんです。あの時は本格的に演技をする時ではなくこの事をちょうど準備している時でした。”

ところが実際‘チング’をドラマ化するという話が聞こえてヒョンビンにシノブが伝えられた。“別に悩むことなく決めました。正直映画‘私は幸せです’(年末封切り予定)とKBS2ドラマ‘彼らが生きる世の中’を相次いで撮影することで大変でしたが。それでもドンス役を逃すことはできませんでした。”

同じ所属社チャン・ドンゴンも彼の出演消息を喜んだ。“初めてキャスティングになった時は(チャン)ドンゴンヒョンが‘お前にとって役に立つ’と言ってくれました。元々あの方はああしろこうしろと言うスタイルではありませんね。それほどであれば大きな助言をしてくれましたよ。(笑)”




‘チング’で一番有名なシーンはまさにドンスがジュンソク(キム・ミンジュン)に“お前が行けハワイ”と言うシーンだ。このシーンを撮影する時ヒョンビンの額に負けるしわも映画の中のチャン・ドンゴンと似ている。“絶対に似ているようにしていたわけではないのに監督ニムが感情演技で顔の表情をたくさん使って演技することが好きです。今回も監督ニムの注文でした。”

チャン・ドンゴンも今回のドラマに対する関心が高い。一度はドラマ撮影場も直接尋ねてきた。“当時ヒョンが映画を釜山で撮影されました。突然撮影場に立ち寄られましたよ。映画スタッフたちもそのままだったためか映画撮影時の記憶が次次と出てきました。本当に喜ばれましたよ。”しかし演技ではヒョンビンだけのスタイルを守ろうとする。”ドラマの中のドンスをヒョンビンの物だけで作りますよ。”

ヒョンビンインタビュー


‘チング’ヒョンビン,トプナムで帰って来る(インタビュー)
映画‘チング’がドラマで出ると言った時多くの人が期待組憂慮組の声を表した。しかし実際にふたを開いてみたらMBC週末ドラマ‘チング,俺たちの伝説’は映画で見られなかった楽しさと深みでファンにウェルメイドドラマで評価を受けている。そしてその中心に立っている俳優がまさにヒョンビンだ。

ヒョンビンは今回の作品で破格的な演技変身を試みた。‘雪の女王’‘私の名前はキムサムスン’‘彼らが生きる世の中’などで都市的ながらも暖かいイメージを構築して来たヒョンビンは今度のドラマでは下まで落るごろつき演技を消化している。

“アクション演技,初めてではないです”

“演技変身をしなければならないと念頭に置いて仕事をするのではありません。‘変身しなくてはならない’と選択した作品はないです。ただ演じた作品の中にキャラクター差があったことで作品が良ければするからです。たぶん‘私の名前はキムサムスン’の時のイメージがそう見えるようです。”

引き継いで“アクション演技は初めてなのか”と言う記者の質問にヒョンビンは笑って首を横に振った。“デビューにアクション演技をしました。” 実際にヒョンビンは映画‘まわし蹴り’で演技申告式を払った。‘まわし蹴り’でヒョンビンはテコンドー選手役を引き受けた。

そして‘チング’では前職ボクサー出身のごろつきだ。“運動する人は目つきが違いますね。その鋭い目つきをお見せしなければならないと思いました。それで異種格闘技コーチニムを追い立てました。撮影する時横でずっと僕のアクションや目つきを教えてくれました。”目つき演技一つも軽くはしないヒョンビンの姿だ。


“方言の悩みが一番多かったです”

‘チング’を始めたら除くことのできないものはまさに方言だ。“僕もやはり一番悩んだ部分が方言でした。映画であれば一時間半,二時間だけお見せすれば良いがドラマは3ヶ月間ずっと見るでしょう。もし方言がまともにできなければ自分自身にも被害だが作品全体にも影響を及ぼす恐れがあるからです。”

それでもっと方言演習に励みました。“初めてキャスティングされた時クァク・ギョンテク監督ニムにカセットテープ一つ頂きました。方言になった‘チング’の台詞が含まれていました。それをずっと聞いて通いました。シナリオリーディングをしてからは監督ニムと1対1演習をしたんです。僕たちドラマには釜山出身俳優たちが多いけど,その俳優たちより方言漁色してはいけないでしょう。

盛んに撮影が進行される時も同じだった。“撮影をして僕の方言がぎこちなければ監督ニムが無線機でその方言を読んでください。そうして方言演技をしていきました。それでも監督ニムが満足できない部分は録音して後ででスタジオでまたしました。方言にあまりにもあきれて僕が監督ニムに‘次回ソウルで作品なされば僕がソウルの言葉録音して差し上げます’と言いました.”(笑)




“‘チング’は映画のようなドラマ”

ドラマ‘チング’は映画の時のスタッフたちがそのまま投入されて見たら映画みたいなドラマになった。“他のドラマより照明をもっとたくさん使います。なので画面ももっと良く出ます。一度は照明を準備するとずっと3時間を待ったこともありました。”

撮影場所も映画の時ととても似たように行われている。“それで言葉も多かったが僕や監督ニムは後悔しないです。それだけ監督ニムは‘チング’に対する愛情があふれています。台詞も似ているものが本当に多いですね。“監督の愛情はあちこちで感じることができた。”"撮影場が忙しくて演技ディテールに神経が使えない状況ではいつも後にでもチェックして伝えてくださいます。”

だから‘チング’はヒョンビンの演技人生にも大きいターニングポイントになるドラマだ.そのためかヒョンビンの顔に‘チング’に対する満ちたりさが歴然と見える。

チョ・インソンの空席,スターが守る


チョ・インソンの空席,イ・ミンホ・キム・ボム・ヒョンビン引き継ぐ
軍隊間CFトップスターチョ・インソンの最大‘受恵株’はやはりドラマ‘花より男子’の主役たちだった。

チャン・ドンゴン・ピなどと一緒に最高のCFモデルで脚光を浴びたチョ・インソンが軍入隊で空いた‘花より男子\\\\\\'のイ・ミンホとキム・ボムがその場の代わりをした。
そして静かにCF活動の領域を広げたヒョンビンが躍進した。

イ・ミンホはチョ・インソンがした衣類分野を待ったかのように受け継いで,ジーンズブランドリーバイスシグネイチャーとスーツ トルジェンのモデルになった。

身長186僂紡僚70堝盂阿了た体形で仮縫い(?)も必要なかったようだ。イ・ミノは現在チョ・インソンに譲り受けた2ケ製品以外にもLGテレコム・化粧品・ビール・飲み物・ドーナツなど何と7〜8個のCFで活躍している。

キム・ボムはチョ・インソンといえば浮び上がる東西食品マキシムコーヒーCFの主人公になった。
軟らかい黒縁眼鏡に優しい微笑でコーヒーの香りを噛み分けたチョ・インソンの代りに恋人とのコーヒーデートで気をもむキム・ボムが登場した。

‘花より男子’のメンバーではないが‘美男’容貌で人気を呼んだヒョンビンはチョ・インソンのまた他のCF代表作の化粧品ミジャンセンとラネジオムムのバトンを受け継いだ。

ミジャンセンはチョ・インソンとパク・シヨンの演技呼吸が引き立った作品だ。 チョ・インソンの多様なヘアースタイル変身が面白かった。 今回ヒョンビンはシン・ミナと手足を合わせた。

広告界のある関係者は“チョ・インソンの軍入隊以後CFモデル再編に対して業界関係者や該当モデルらが皆神経を尖らせたことが事実”としながら“やはり‘花より男子’の人気に力づけられて,イ・ミノ・キム・ボム・キム・ヒョンジュンなどが頭角を現わして既存モデルの中ではヒョンビンやソ・ジソプなどが活動領域をよりもっと広げた”と説明した。

ヒョンビン.ピンクマラソン舞台あいさつ
乳癌予防‘ピンクマラソン’釜山で大長征
‘2009 ピンクリボン愛のマラソン’に参加した俳優ヒョンビンとユン・ウネ
ヒョンビン.ユン・ウネピンクリボンマラソン大会舞台あいさつ
“ピンクリボン愛マラソン大会, 今日釜山で盛況裏開催”

海雲台で乳房癌予防‘ピンクリボン愛マラソン’開催
乳がん予防キャンペーン‘ピンクムルギョル’
乳癌予防キャンペーン‘ピンクリボンサランマラソン’が19日午前釜山,海雲台オリンピック動産で5千余名が参加した中で開かれた。

参加者らが5km10km区間に分けて,道路を走っている。
今年9回目のこの大会は女性癌発病率1位の乳癌早期検診の重要性を知らせるためにアモーレパシフィックが用意した行事で釜山大会を始め全国5ケ都市でリレイに進行される。

乳房癌に対する認識拡散と早期検診の大切さを知らせるための2009 ピンクリボン愛マラソン大会19日午前釜山海雲台区オリンピック公園で5000余名の市民が参加した中に開かれた。

この日大会にはアモーレパシフィック‘ラネズオムム.ミジャンセン’ブランドの専属モデルの俳優ヒョンビンと‘リョ.ビービプログラム’のモデルユン・ウネが参加して, 歌手イム・チャンジョンの祝賀公演とビーボーイダンス公演も用意された。

また大会長には乳房疾患無料相談所と乳房癌無料検診バスの‘マムモバス’を運営して乳房癌無料検診機会科乳房自家検診教育も進行された。

釜山大会を始まりに今年の10月までソウル, 大田, 光州, 大邱など全国5ヶ都市を回って進行されて, 参加費全額は韓国乳房健康財団に寄付され乳房癌予防と底所得層治療費支援などに使われる予定。











ピンクリボン愛のマラソン,釜山スタート
“大切な女性の健康のためにピンクリボンしてください!”
-(株)アモーレパシフィック2009ピンクリボンキャンペーン釜山で初出発
-4月19日釜山を始まりに,全国5ヶ都市“ピンクリボン愛のマラソン大会”継走式開催

女性が健康な社会を作るための(株)アモーレパシフィック(代表取締役ソ・ギョンベ)の‘ピンクリボンキャンペーン’が今年も続く。

(株)アモーレパシフィックは来る4月19日(日)釜山海雲台オリンピック公園で開催される‘ピンクリボン愛のマラソン釜山大会’を始まりに,10月まで全国でピンクリボンキャンペーンを展開する。


↑ “大事な女性の健康のためにピンクリボンしてください!”

2001年に始まって今年で9回目のピンクリボン愛のマラソン大会は女性癌発病率1位の乳房癌に対する予防意識向上と早期検診の重要性を知らせるためのアモーレパシフィックの対国民ピンクリボンキャンペーンの一番代表的な行事で,韓国乳房健康財団が主催して(株)アモーレパシフィックが主管しながら,保健福祉家族部, 女性省,韓国乳癌学会などが後援する。

毎年全国5ヶ都市からリレイ式で開催されながら,今年も4月釜山を始め5月大田,6月光州,9月大邱,10月ソウルで開催されて,乳房癌予防の重要性を知らせる予定だ。

特に大会参加費全額が韓国乳房健康財団に寄付されて乳房癌予防と治療法開発に使われて,今まで総12万人が参加,参加費11億ウォンが韓国乳房健康財団に伝えられるなど健康な文化拡散に寄与している。

今回の釜山大会にはアモーレパシフィック‘ラネジオムム,ミジャンセン’ブランド専属モデルヒョンビン,‘リョ,ビービープログラム’モデルユン・ウネ氏が参加して席を輝かす予定であり,人気歌手イム・チャンジョン氏の祝い公演及びミッピーボーイダンス公演などふんだんな大会前後行事を用意,一家が一緒に楽しむことができる祭りの場になることと期待される。

この外にも乳房疾患無料相談所及び乳房癌無料検診バス‘マムモバス’を運営して乳房癌検診機械を提供して,乳房自家検診教育も運営する予定だ。今年には約5千名余の参加者がピンクの帽子とティーシャツを着て海雲台一帯をピンクで染めるようになる。

(株)アモーレパシフィックは女性顧客の愛に報いて女性が健康な社会を作るためにピンクリボンリボンキャンペーンを展開している。

2000年設立基金を全額出資して国内最初の乳房癌関連非営利公益財団の韓国乳房健康財団を設立して,乳房癌無料検診,無料健康講座,底所得層手術費支援などの財団事業を積極支援している。また2001年からは毎年ピンクリボン愛のマラソン大会を主観してきている。

≪ 前の30件| 次の30件
TOPSUK2

2019 - November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
|| Article New ||
  • ”逆麟”キャスティング集中
  • 軍人で一番よく似合う芸能人1位
  • トップスタースクリーン対決
  • 超大型史劇 '逆鱗'キャスティング確定
  • ものすごくお久しぶりです。
  • || Article Category ||
  • Palam Report.lgp.info.etc...(25)
  • MBC 私の名前はキムサムスン ’05(42)
  • HyunBin(88)
  • HyunBin関連記事等(146)
  • 映画・ドラマ・公式(17)
  • HyunBin記事(174)
  • 映画 百万長者の初恋 2006(79)
  • CYON idea 2005-2006(53)
  • HyunBin空間(85)
  • HyunBin雑誌・CF・etc..(90)
  • 共演関連俳優総合(412)
  • PLAY BOYS 2006(26)
  • PARIS BAGUETTE ’06-07(56)
  • CASPI CONUS ’05-06(4)
  • KBS2 雪の女王 2006(353)
  • 大賞 映画祭 etc..(56)
  • BEAUTY CREDIT ’05-07(37)
  • NURIAN 2007-2008(25)
  • Urban Traditional CONUS ’06-07(59)
  • ハヌルボリ茶 ’06-07(11)
  • LG CYON ’05-’06(11)
  • HyunBin訪日 ’06-(22)
  • HyunBin Official ’07-(41)
  • Korea about News(21)
  • dimchae ’07(17)
  • uri bank card ’07(19)
  • OUTBACK ’07-09(38)
  • 映画 私は幸せです ’08(39)
  • KBS2 彼らが生きる世の中 ’08(235)
  • LG XNOTE.. ’08(51)
  • BON style..2008-2009(13)
  • MBC チング,僕たちの伝説 ’09(103)
  • BASIC HOUSE ’09-10(7)
  • ARITAUM 2009(2)
  • 映画 晩秋 ’10(14)
  • SBS シークレットガーデン’10(11)
  • 映画 逆麟 ’13(3)
  • || Article Back ||
  • 2013year 08
  • 2013year 07
  • 2013year 04
  • 2012year 10
  • 2011year 03
    全件表示 >>
  • || HyunBin Official ||
  • Daum hb fan cafe ヒョンビン空間
  • HB Official Site 'The Space' kr.
  • HB Official Fan Club 'The Space' jp.
  • Worlds within...KBS公式ホームページ
  • チング,俺たちの伝説 MBC公式ホーム
  • シークレットガーデン SBS公式ホームページ
  • ‖HB Palam site direct.. ‖
    ▒ HyunBin-Palam*Home
    ▒ HyunBin-Palam*article Top
    ▒ HyunBin-Palam*article mobile
    ▒ Daum HBspace Registration

    **リンクについて**
    HyunBin-Palamをリンク頂いている
    サイト,ブログ管理様へ
    リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

    http://hyunbin.quu.cc

    尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



             border=
        


     

    **観覧時でのお願い**

    Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

    特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
    *こちらでの観覧でお願いします
    -------------------------------
    **Consent when seeing**

    All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

    Is not possible to see by leading the server down.
    *Please see only with HyunBin-Palam.

    -------------------------------



     Up '10.11.07

    ::: シークレットガーデン MV :::






    ---------------------------------






    :: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


    :: グッドダウンロードCF 10/12 ::

    ---------------------------------

    HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
    HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
    HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

    size1024×768
    HB-Palam..Open 2005.11.21
    HB Japan..site management..hyoji








    Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.