“M”試写会m.netインタビュー


10/18M.netカン・ドンウォン,イ・ヨンヒ,主演
“M”試写会ヒョンビンインタビュー

来日イベント前...この頃のビンは...






























運動運動,野球野球...一塁守ってます..

何事も体力なければ行動もできず...
構える姿も,手持ちぶたさに立つ姿も∼どんな姿もサマになって∼^^
やはりかっちょい∼です♡




귀중한 자료소식감사해요∼^^*

K-1 WGP INソウル


K-1観戦芸能人多数総動員
29日K-1観戦に行った時模様のキャプチャです^^

最近ディムチェ広告でお付き合いも多くジニ氏と仲良く共に観戦していますね。
やっぱりジニ氏もハヌルを飲んでるんです^^*
時折カメラを意識しつつ^^

前列ひときわ目立つイ・ドンゴンニム,真剣な眼差必死に観戦しますね^^
一方ウリヒョンビン常に静止状態で観戦中 ふふ。

マツモトキヨシ協賛なんです^^

良いチュソク過ごしてください


今年の旧盆もウンヂンお土産セットで
よく過ごしてください

현빈님 26번째 생일 축하드립니다...^^*

映画“愛”試写会にヒョンビン登場


































“愛”試写会、ヒョンビン-コン・ヒョンジン-パク・ゴンヒョン芸能人総出動した理由

今秋期待作で注目されている映画“愛”(監督クァク・ギョンテク/製作太原エンターテイメント,チニン社フィルム)の記者試写会に演芸関係者らが総出動した。

11日午後2時ソウル鍾路(チョンノ)ソウル劇場で進行された“愛”記者試写会にはコン・ヒョンジン、ヒョンビン、ユ・イニョン,パク・ゴンヒョン,パク・シャロンなどの芸能人および演芸関係者らが参加して,盛況を成し遂げた。

特に主震牡瓦懇意なコン・ヒョンジンは舞台要人の時おいしそうなユーモアと才覚で試写会場を笑い海で作った。

旧盆をむかえて,コメデイ映画らが並んでいた中で唯一の感性アクション映画で注目をあびた‘愛’は主震牡瓦クァク・ギョンテク監督の出逢いで封切り前から話題をばらまいている。

記者試写会を通して,ベールを脱いだ“愛”は主震謀議強烈なアクション演技と香ばしいなまり,1人の女性に向かった盲目的で熱情的な愛などがクァク・ギョンテク監督特有の演出力と絶妙の調和を作り出した。

映画が終わってエンディング クレディットが上がって,観客席では雷のような拍手の音が出てきた。

初恋のために人生を掲げる荒いが純粋な男チェ・インホを演技した主震謀議演技変身が目を引いた。

チュ・ジンモ,チュ・ヒョン,パク・シヨン,キム・ミンジュンなどが出演した“愛”は捨てることも持つこともできない愛のために人生を掲げる男の話を入れた映画で20日観客を訪ねて行く。

久しぶりに姿出るヒョンビン
久しぶりに顔見せたワンナムヒョンビン
4日夕方ロッテシネマ建国大店で開かれた映画“マイファーザー”(製作-シネライン,監督-ファン・ドンヒョク)特別試写会を尋ねたヒョンビンが明るく笑いながら,劇場に向かっている。

映画“マイファーザー”は実話を土台に海外で養子縁組された一人の男子が実父を探す過程を描いたヒューマン家族映画で9月初め封切った。



  



ヒョンビン,リョウォン共に試写会登場


















































ヒョンビン-チョン・リョウォン“ダニエルヘニー映画見に来ました”
ヒョンビン(左側)とチョン・リョウォンが4日夕方ソウル,紫陽洞(チャヤンドン)ロッテシネマ建大入口(コンデイプク)で開かれた映画“マイファーザー”特別試写会に共に参加して映画を見た。 この二人は映画主役を演じたダニエルヘニーはドラマ“私の名前はキムサムスン”で一緒に熱演をしていた。

この日特別試写会には映画の実際主人公と知らされた“エラン,ベイツ”が参加して目を引いた。

エラン,ベイツは自身の役を演技した映画の中主人公ダニエルヘニーと初めての出会いを持った。

映画“マイファーザー”は両親を探して,22年ぶりに故国に来たジェームズが死刑囚であるお父さんに会いながら体験するようになる残念な出逢いと隠された理由を描いた感動実話映画で来る9月6日封切る。











-------------------------------------------------------

追記でガンガン上がってきてます..


=====================================================

出ました出ました^^**きゃっきゃっ

二つの顔の彼女VIP試写スター大挙
二つの顔の彼女VIP試写会にスターら大挙出席
ボンテギュ・チョン・リョウォンの愉快溌刺コミック ロマンス映画二つの顔の彼女VIP試写会にスターらが大挙参加して目を引いた。

23日夕方ソウル三成洞(サムソンドン)コエックスメガボックスで開かれたVIP試写会にはヒョンビンとダニエルヘニー,オム・テウン,ホン・チンギョン,エピックハイ,パクタミ,イ・ユンジ,カン・ヘジョン,キム・ジウなど多くのスターらが参加して,封切りを前にして二つの顔の彼女の興行成功を祈った。

二つの顔の彼女は純粋な男クジャン(ボンテギュ)が多重人格を持ったアニ(チョン・リョウォン)と紆余曲折の末愛に陥るようになるという内容のコミックロマンスで来月13日開封されている予定。




ヤン・ジュニョク2000安打祝!映像













































































ヤン・ジュニョク2000安打席祝い映像
チャンドンゴンはじめ芸能人が祝うヤン・ジュニョクインサ7月上旬映像

祝い映像芸能人
チャン・ドンゴン, オム・ジウォン, アン・ジェウク, チ・ジンヒ, チュ・ジャヒョン, ヒョンビン, オム・ジョンファ,
キム・ジョンミン, ハン・ジェソク, キム・ヒョジン, イ・ジョンヒョク, ファン・ジョンミン, コン・ヒョンジン.





ヤン・ジュニョク
出生:1969年生 5/26 身長:188cm 体重:95kg
出身:大邱広域市 学歴:嶺南(ヨンナム)大学高 

韓国野球選手 ポジション:外野手
所属:サムソンライオンズ

デビュー:1993年“サムソンライオンズ”入団
経歴:2006年個人通算300号ホームラン 2006年プロ野球オールスター戦ドングン代表

受賞:2006年プロ野球指名打者部門ゴールデングローブ
   2004年ゴールデングローブ1塁手部門

---------------------------------------------------------------------
 
ヤン・ジュニョク個人通算2000安打 記事:ヤン・ジュニョク2000安打 (8月上旬記事)
リオス3打者9ヶ コン・サムジン
チェ・ヒソプ国内復帰前...そして初めてのホームラン

野球の歴史は土曜日になる

大記録達成の場面を目で直接見るのなら土曜日を積極的に推薦する。今シーズン10台ニュースに選ばれるほどの大変なことらが土曜日に起きた。

代表的なのがヤン・ジュニョクの個人通算2000安打 
ヤン・ジュニョクは土曜日だった先月9日チャムシル,ドサン前で9回表ドサンイ・スンハクを相手にセンター前ヒットを炸裂させて大記録を立てた。

韓国プロ野球打撃部門では独歩的のように新しい歴史を連日書き降りているサムソンライオンズのヤン・ジュニョク(38)を見ていると“果たして彼を今日にあるようにした8割はなんだろうか”

7日まで1998安打を打ったヤン・ジュニョクは8日にはノーヒットに終ったが9日3回二回目打席2塁打で1999安打を記録!9回の表最後の打席で打つことができなければ大記録の日が日曜日に押されるようだったがヤン・ジュニョクは土曜日を“その日”で掴んだ

ロッテのイ・テホのサジク球場最初の場外ホームランも去る4月21日土曜日だった。1回裏にヒョンデ選抜ジョン・ミンデの球を繰り上げて打ち球を場外に送ってしまった。

ハンファ ソン・ジンウは今シーズン初めての登板が投手最高齢登板新記録だったがその日の土曜日ひじの痛みで2軍でリハビリをしている。去る5月25日に1軍に上がって来たソン・ジンウは26日テジョン トサン戦で9回表マウンドに満41歳3ヶ月10日でKIキム・ジョンスコーチが持っていた41歳2ヶ月8日を取り替えた。

トサンの外国人投手ダニエルリオスはプロ最初の珍記録を土曜日に起こした。自身の今シーズン二回目1対0完封勝ちを勝ち取った去る6月16日インチョンSK戦で8回裏“三打者3球三振”という初めて持つ記録を樹立した。SKのイ・ジニョン,パク・ギョンワン,チェ・ジョンを皆三振で取り,最小投球であるただ9個だけの球を投げた。メジャーリーグでも33回しかない珍記録だった。

KIAのチェ・ヒソプも土曜日と縁が深い。国内舞台復帰前だった去る5月19日チャムシル ドサン戦がまさに土曜日だった,初めてのホームランを打った7月21日も土曜日だった。



ヒョンビンが母校への想い
































中央大学 演劇映画学科 キム・テピョン
ドラマ“雪の女王”で私たちに近づいたヒョンビン(演劇学科 3学年)が伝える,母校に対する想い..



“愛しています.CAU”

“私の名前はキム・サムスン”を憶えているだろうか..最終回が 50%を超え 2005年最高の視聴率を記録したわが家のお茶の間ドラマのことだ..

秀麗な容姿としっかりした演技力で私の名前はキム・サムスンのいわゆる“大ヒット”神話を成し遂げた主役は即ち誇らしき我ら中央人,ヒョンビン(演劇映画学科 本名;キム・テピョン)だ..
キャンパスの四季の中で最も美しいというある秋の日,一段と成熟した姿で私たちを訪ねてきたヒョンビンに会った..

私の名前はキム・サムスン以後,“雪の女王”でおおよそ1年ぶりに濃く深い内面の演技でブラウン管に再び現れたヒョンビン..

ボクシング選手“ハン・テウン”役を任された彼の姿..ヒゲと長い髪の間から,インタビューの間,温かく情感ある彼の微笑みが見える..千の顔を持っているヒョンビン氏の大学生活はどうだろうか..




“自然とひとつになった美しいアンソンキャンパスは僕の専攻を活かすのにもってこいでした”

うっそうとした森の中の美しい建物たちと一緒にキャンパスの所々にある小さな空間たちに自然との調和を配慮した建築家の温かい心が感じられる...そのためヒョンビン氏は中央大学に対する初印象が“平安さと和やかさ”だと伝えた...

印象深かった各キャンパスの名所を選ぶとすればソウルキャンパスならチョンリョン湖,アンソンキャンパスなら美しい蓮の池だと言う...

厳しい演劇練習のためとても辛かった1学年の頃,学校で多くの時間を過ごす度にキャンパスの和やかさに慰労され,また再充電して演技に没頭することが出来た...また外で活動しながら出会ったコン・ヒョンジン先輩,イ・ボムス先輩等,中央大学の先輩達から伝え聞いた母校愛と自負心は中央大に対する自身の愛着を一段より高めることが出来た。

こんな先輩たちの母校愛,後輩に対する愛を通して自分も学校に対する愛が育ち,後輩を温かく世話する先輩になりたいと言う...



CAU,いつも僕と苦楽を共に
“厳しい演劇練習がとても辛かったけれどその時ごとに一緒だった同期と大変だった僕たちを慰労してくれる小さな道“ネリ”そのネリという場所が即ち,僕の思い出の場所と言えるのではと思います”


中央大学の学生ならば誰でも思い出の場所が一ヵ所ぐらいはあるはずだ...

ヒョンビン氏が持っている思い出の場所はどこなのか尋ねてみよう..気分の良い思い出を思い浮かべるかのように“ネリ”という場所を言う..

夜遅くまで連日続く演劇の練習に身体も心も疲れるだけ疲れたけれど同期たちと共に飲む酒一杯と談笑が生活の大きな動力となり,今の自分があると言う.. 酒量はどの程度なのかとの筆者の気になり症の問いに“焼酎半ビン”ぐらいという言葉と共に笑顔で答える..




“キャンパスのロマンスを夢見ました(笑)”
大学入試に向けて辛くだるい中/高等学校時代に,誰でも一度ぐらいはその辛い自分の時間をおくった成果として迎える..キャンパスのロマンスを夢見るだろう...

愛する人と CC(Campus Couple)になり青空の下に広がる芝生に座り本を読みおいしい弁当を食べるという甘い想像をしたと言うヒョンビンは,華やかなスポットライトを浴びる有名スターではない純粋な20代の青年の姿を窺うことが出来る...

しかし大学入学と同時に始まった演劇練習と舞台照明の設置,及び管理等の様々な活動.. 現実は想像と違う姿だったと絵のようなキャンパスで繰り広げられるロマンスの代わりに舞台装置の設置と釘打ちでほとんどが過ぎ,CCになり分かち合うはずのカクテルは練習後に同期たちと分かつ冷たい焼酎一杯に代わってしまった...

それでも今になって思えば,本当に良き思い出であり人生で一番辛い時間だったが同時に最も印象深い時だったと伝えた...自炊までしながら一生懸命学校生活に忠実だった1,2学年の頃を振り返りその思い出に浸るかのように温かい微笑みを返す..だからこそ今の自分があるのではないかと思うと言う...




CAU,中央大学校の学友皆さんにひと言

“もちろん勉強も重要です..しかし学業以外にも人生を豊かにしてくれる何かが皆さんを待っています...さまざまな経験と多様な活動を楽しんでください!”


本当に心を開いて,自分をこの世の中にゆだねる時に人生に対する多くのことを得て経験し悟れることが大学生活の最も大きな長点ではないかと思う...ヒョンビン学友は自分の視角を学業にだけに置かず,学業以外でも人生を豊かにしてくれる多くの何かに向かって踏み出し,進んで行かれることを願うと伝えた...

誇らしき義血の男児ヒョンビン氏の力強い羽ばたきを見守ろう...

-----------------------------------------------------------

中央大学校誌 2006.12.12
翻訳:kumijaさん

コツコツと“枠”から歩み出る彼..






























▲写真参照:ブラックシャツはMue ブラックワイドパンツはMM サスペンダージャケットはZ Zegna
メガネはCutler And Gross by Holics


百万長者の初恋広報時 撮影記事 2006.2 part.

礼儀があってもなくてもお金持ちでも貧乏でもヒョンビン氏が選択したキャラクターたちは内面に大きな“傷”を持っていたと思います..でもヒョンビン氏は 健やかに成長したタイプなので何か傷というようなものは知らないのではと思えますが...

よく知りません..たぶんそうだと思います..ハルモ二が亡くなったことが僕の人生において最も大きな傷だったのでたぶんよく知らないはずです..

私の名前はキム・サムスンの時の演技と今回の作品の演技を比べてみて違うものがありますか?

キム・ソナ先輩からたくさん学びました..初め僕は前日までに台本を熟知できず覚えていなかったら眠れませんでした..ところがソナヌナの場合はただ現場に来てリハーサルをする間全部覚えてしまうんです..その状況に合わせて...

お〜それじゃ不安でどうするんだと思ったのに自分も知らないうちに(考えが) 変わっていました..僕も あんな風に一度してみなければと思って今回の映画にそれを適用しました..今回 百万長者の初恋ではひたすらその時その時の状況に合わせてやりました..セリフのみ熟知させておいてです..



本当に、思いっきりなさったのですか?
やりたいようにやった,その通りです..
中間中間に監督と議論していきながら自由にやれたのはその通りなのですが全て表現できたのかは分かりません..

自分の思いのままにどんな現場よりも楽でした..監督とよく合い楽にしてくださってその上撮影現場にはコンテが無いのです.. 描かれたコンテを一つも持っていらっしゃらないのです..大変に粘られる方なのにです..

コンテがあればそれにのみきちっと合わせて撮るようになると状況に合わせてほぐしておいて行くのだと言われました..それで余計にそうなりました..だからある満足感はありますが大変なこともとても多いです..決められていないのでこれで合っているのか全く分からないのです


キム・テギュン監督の 狼の誘惑を観れば男性俳優に女性たちが夢見るファンタジーを強烈に引き出す能力があります..サムシク以後 百万長者の初恋でまた再びそういう人物になることに負担はないですか?

ファンタジーというのは壊れるものであって俳優にとっては型にはまり易くもなると思います.. ファンタジーを与えられるのなら幸いでしょう.. 持ち得ていない時が問題だと思いますし,そこに対して万一結果が良ければ良いし良くなければ変えればいいでしょう..演技をもう今回の作品でだけするのではないのですから..




彼がこんなに楽天的でいられる理由は彼が“枠”というものの中からコツコツと歩み出ることの出来る人間だからだ...どのようにして? 良くなければ変えれば良いのだから..

彼はそう出来るから楽天的であり楽天的だからそう出来るのだ..初めから囲まれたのではなく願って入って行ったのだからこれは違うと思えば歩いて出てくればいい..反抗することもぶち壊すこともなくただそっと.

だからといってこう考えたり ああ考えたりすることの無いひたすら楽天的な人物かといえばそれも違う..実は楽天的というのは、状況を把握できずただ楽観して生きる者たちに付けられるラベルではない...あれこれ状況を全て考えてから自身が十分に出来る部分を楽観する人々を置いて我々は楽観的だという形容詞を付けるのである

ふと 私の名前はキム・サムスンの一場面が思い浮かぶ..
サムスンのオンマに思いっきり叩かれたサムシクがオ支配人が現れ向かい合うや“この時だ”とばかりに逃げだす直前 ほんのわずかにチラッと状況を見通すその 0.5秒の瞬間..

ありふれた 喜劇的シーンとありふれたロマンスの瞬間とありふれた葛藤の状況がその典型性の中で流れて行く直前に力を抜いてそっと引ったくり 引き寄せ 締める 彼の数多くの0.5秒たち..その0.5秒たちによってつくられたのが即ちヒョンビンだ..

サムシクはヒョンビンによって作られ ヒョンビンはサムシクによって作られた..それで初めて私は特に 私の名前はキム・サムスンの熱狂的なファンだった私として既に標本となったサムシクと生きているヒョンビンの間の乖離感に対する怖さを 一握りもなく振り落として愉快に彼と別れることが出来た..

彼は サムシクとヒョンビン そのどちら側とも乖離した標本にはなる筈のない 決してどこにも捕獲できない者だったのだから

----------------------------------------------------------

百万長者の初恋広報時 撮影記事 2006.2 part.
翻訳:kumijaさん

==========================================================

楽観的..私もその部類に入る方ですが..ん〜少し違って..
ヒョンビンのコメントでかなり勉強になりました...
忘れていたことを思い出したようです
何事も“焦るな”ということでしょう..

それにしても 感心するほどとても前向きな発想です..
できなくて当たり前という心を持っていてもいいようです^^*

常に正しく肯定的な彼..






























▲写真参照:レッドカラーのウールジャケットはGeneral Idea by Bumsuk ワイトトップとホワイトワイドパンツは Lone costume ゴールドネックレスは In the Woods


百万長者の初恋広報時 撮影記事 2006.2 part.
ヒョンビンインタビュー

一旦,写真撮影をとても楽しく出来た.そのことに対してお話したいです..
ヒョンビン氏の顔を不思議な顔だと表現した人がいました..
ところが私は,ヒョンビン氏が写真撮影をするにはちょっとのっぺりした顔ではないかと思っていたのですが角度によって感じが完全に違うので大変に驚きました..頭が良いように感じるし,感性が優れているようでもあるし,これって何でしょう?

そういうのではなく,ただ今日の撮影自体が面白かったのです..
リラックスできたと? 
はい,リラックスできました..

実は、トップスターたちがもつ特有のオーラがなく,リラックスした姿に驚きました..
サムシクの演技もそうだったでしょう.. 礼儀知らずの演技をしながらも,オーバーでなくどこかリラックスしていてゆったりしたところがありました..大きな長所ですが,どのように思われますか?

賛美にしばらく恥ずかしがっていた彼は “ありがとうございます”と言うとすぐに“さあ,次の質問!”と叫んだ..“質問ではない賛美などされたら言葉に詰まります!” と笑顔がはじける..即ちこれだ..

意地悪な悪童のようであるが,それでも彼はどこか正しく肯定的であり,結果的に皆を愉快にしてくれる... だからなのか彼にはそのよくあるアンチというものがない..


ヒョンビン氏のように女性たちの憧れとなれば本意でなくとも男性たちから憎まれたりもし易いが,以外にも男性たちからも好かれています..

(男性)とのつき合いがないのでは?(笑)
僕の周辺の男性たちもそうだし,皆さん好意的ですよ.. “ヒョンビン?こいつ良いよ!” こんな感じ(笑)

こんな感じのようだ..まだ若い年齢で,トップ中のトップになった友人が無謀に振舞うこともあり得るだろうに全くそんなことがない...

浮かれたり,そういうことは全くありません..
どうしてそんなことが出来ますか?


教育者の家庭で育ったせいでしょうか?
僕の家庭の影響と言われればそれもあるにはあるでしょうね.. でもそれよりもまず僕が別に変わったことがないのです..僕の周辺の状況は変わりましたが..... 僕自身が別に変わったことがないんです..




今回,演技大賞の受賞所感でも人気というものは一瞬にして消えてしまうものだと分かっているが,今日だけは思う存分喜びたいと言われましたね..浮かれないように自らを厳しくコントロールしているように感じますが..

コントロールもする方です.. 押し流されたくないのです.. 周辺からもまた,たくさん助言して下さいます.. 父も母もたくさん心配する人なので,もちろん今は支援をしてくれますがまだずいぶん心配します.. 何しろこちら側の仕事自体が険しくて大変なことを知っていますから..

会社の人たちもそうですし,僕が忘れそうになると思い起こさせながらすぐに話して下さいます..


“アイルランド”の時もそんなことを言われていましたね..
いくら良いイメージでも有効期間があると思う..それをずっと持って行く考えはないと..

欲が少しあったようです..
ひとつのキャラクターのみにこだわりたくないという欲が.. もちろん僕とは反対の考えの人もいるようです..

でも僕はむしろ若い時に悪く言われようというスタイルです..あれこれぶち当たるままにやってみてだめなら仕方がないし,少なくとも経験として残るでしょう?そして年をとればより自分に合ったものを経験してみて,よりもっと表現できるキャラクターを探そうと思っています..





▲写真参照:ブラックカラーのシルクリボンブラウス ブラックのジャケット ゴールドネックレスは全て Christan Dior Homme ブラックのジャケットはLone Costume


そうなら,今回の作品“百万長者の初恋”はサムシクのアップグレードバージョン...延長線として見られる側面もありますが...

サムスンが終わってこの映画は3ヵ月後にクランクインしたのですが,まずキム・テギュン監督とやりたいという動機が一番大きかったのです..

もちろんある程度はサムシクの延長線のようでもありますが,少し違って表現しました.. 一旦,この役は高校生です..高校生に見えれば良いですね..


キム・テギュン監督と無条件,一緒に作品をやりたいと思った理由は何ですか?

最初の出会いの印象があまりにも良かったのです..
僕も“狼の誘惑”のオーディションを受けたのですが結果は良くありませんでした..しかし監督は僕をただ過ぎていく新人として見るのではなく,未来に対する話しまで詳しくして下さり,演技的な部分や態度のような事までも教えて下さいました..

もちろん監督キム・テギュンという人も好きですが,まず人間キム・テギュンという方が本当に好きなのです...男キム・テギュンという人も好きですよ...その最初の出会いの時に必ず次の作品を一緒にやりたいという話しをしました..ただ僕が思っていた時期より早く(その時が)来たのですが..


義理堅いという評価が合っているようですが. 一方“アイルランド”の時もこんな評が出ましたよね.. ヒョンビンはカン・グクを知らない.知らないのにとてもよく表現した.その時はどうだったのですか?

グクは演じることがとても大変でした. 僕が,いえグクというこの青年が自分を出すスタイルでもなく全部耐えて,ひとり胸の中に留めます..それで表現がものすごく大変だったキャラクターで,当時キム・ジンマン監督とたくさん話しました..

実は僕だけがそうなのか分からないのですが僕はキャラクターを太い線だけ掴んでおいてやって行きます..じっと見てみれば人は毎瞬間同じではいられないようです..

万一僕が本当に礼儀のないキャラクターだったとしてもこの状況になればこうしてあの状況ではああしてと,人というのはこのようにも変わるし,ああにも変わるのです...だから状況ごとに違うようにやりました..



それは即ちディティールを表現する支点まで行ったということではないですか?

ディティールまでは分かりませんが,ある人を表現するにおいて僕の習慣がひとつあります..高校の時演劇をしていたのです..その時にちょっとやってみたことなのですが習慣になりました.

それが何かというと,人々を観察することです..注意深くこうして道を行く人々や周辺の人々を観察するんです.. あ,あの年齢の頃に服はあんな風に着るんだな,こういう時はこう言うんだな,歩き方はああなんだな...自分も知らずに見ています..

高校の演劇部時代に,おじいさん,おばあさんの演技もしなければなりませんでした... 見ればその方たちの特徴があります.ゆっくりと歩かれるし,話すのもゆっくりと,そういう小さな習慣そういうものを観察して表現しろと言われたのです..その癖が今も演技するのに役に立っています..





今回演技賞を取るには取りましたが,ジャンルがドラマでロマンティックコメディーでした..演技者として認められたというよりはただトップスタートして知られたという側面もあります.. その点について不満というかそういうのは無いですか..

不満は無いです..
パク・チュンフン先輩が言われたことなんですが20代の時に上手くやろうとするなということです.. お前がいくらジタバタしてもダメなことはダメなんだ..ただ 20代の時はかっこよく見えて綺麗に見える,そのようにだけしろということです..

そして30代になってから演技が上手いと言われろ,そんな風に言われました.. 初めはそれはどういうことかせっかく始めたことなら早く上手いと言われれば良いのではないかと思っていたのですが今やっと少し分かるような気もします...

経験という問題それはジタバタしたから解決できるものではないですからね..


それでですか.映画“まわし蹴り”の時に早く30代になればいいと既に仰っていますね。

はい 早く30歳になりたいです..
今もあの時(まわし蹴りの時)も同じです..もちろん経験をたくさん積みたくてそう思いますし 今の自分が少しでも早く歳をとってもっと多くのことを表現したいのです..


封切られなかったとてもとても憂鬱な低予算映画“シャワー”でデビューしたじゃないですか..その時はどういう気持ちでこの映画に出演したのですか?

大学1年の時だったと思います. あの時シナリオを見た後ぜひ出演したくて学校で公演を終えた後舞台メイクを落とさないままオーディションに駆けつけました..貧しいゆえ自分の目を売る話であの時はとても悲しかったです...

----------------------------------------------------------

百万長者の初恋広報時 撮影記事 2006.2 part.
翻訳:kumijaさん

=============================================================

本当に読み応えのある内容です..
演技の真髄というのでしょうか,演技の基本を
ヒョンビンの口からはっきりインタビューで答えていますね..

まだまだ続きます..

撮影開始イメージが一変した彼..






























▲参照写真:ホワイトカラーのシルクシャツとブルーカラーのパンツはLouis Vuittonブラックトレンチコートは Z Zegna 先の部分がエナメルになっているホワイトエンクルスニーカーはLone Costume

百万長者の初恋広報時 撮影記事 2006.2 part.

Guess, Who am I
Photographed by Lee Nan


カン・グクでもあり,サムシクでもあり,またそのふたりのどちらでもなさそうな男ヒョンビンがその枠の中からコツコツと“太平”に歩み出た..タバコをふかし,ガムを噛みながら...。
ⓒbazaar エディター/キム・ギョン(バザー)


“Pieris(Artogeia) rapae”という学名をもつ蝶を韓国に住む全ての人々は“モンシロチョウ”と呼ぶがそれはヒョンビン,彼も同じだ..キム・テピョンという本名があり,ヒョンビンという芸名があるが人々は彼を“サムシギ”と呼ぶ..

いや日本と中国に分布する“私の名前はキム・サムスン”のファンたちもやはり彼を“サムシク”または“samsigi”と呼んでいるのだからこれは十分に汎アジア的現象だ...

我々やはり“サムシギ”という広く知られた標本からこの観察記を始めてみよう..


たとえ“私の名前はキム・サムスン”が,その他のドラマとは差別化されたキャラクターとジャンルの慣習を自らひねて遊ぶ抜群の才知でその価値を方々に知らせたとは言うが,サムスンの男サムシクのキャラクターだけ置いて見れば,大きく他と違うものも無い..

生意気かと思えば痛みもあり,礼儀知らずのようだが目上を敬うことを知っている..行き過ぎるほど悪くも無く,ものすごく立派な男でもない..ある意味ただのキム・ソナの相手役として適当にうけて,適当に通り過ぎてしまいがちなありふれた役だ..


“大長今”のミン・ジョン士官がいくら見てもチャングムの男,それ以上でもそれ以下でもなかったようにだ..もちろんこれは全的にどのように活用するかの問題だ..

ミン・ジョン士官チ・ジニが負担なくサッと香港へ飛び,チン・ガシン監督の映画に出演したように,名前は確実に知らしめ行動は自由に,行く道をそのまま行きながらもより早くより広く..




ある意味ヒョンビンのような若い俳優には,その方がより良いとも言える..しかしヒョンビンはあまりにも光り輝いてしまい,人々の胸一杯に居座ってしまった..だからともすれば窮屈になり得るという贅沢な憂慮も聞いた..

次期作である映画が“狼の誘惑”の監督とドラマ“パリの恋人”の作家が手を組んだ“百万長者の初恋”だと聞いてからはより無限なる可能性を持った,まだ棲息地を十分に広めなければならないこの若い俳優は“アイルランド”の“グク”として残っていた方がもしかしたらもっと良かったのではないか? その水に閉じ込められないまま新天地に飛んで,彷徨い歩きちょうど何かよく似合ったそんな姿で華やかに変身するように。


しかし今や,全国民の恋人となってしまった彼は,あのサムシクというすぐに固くなってしまう標本をどのように投げて飛んで来るのだろうか?

予想とは違っていた..彼は飛んで来るのではなく,歩いて入ってきた..脱ごうと身悶えしなくとも,少しだけきらめきながらこっそりと..


ジャンバーを着た彼はサムシクでもなくヒョンビンでもない,キム・テピョンのように見えた。 スタジオに彼が初めて入って来た時,本当に私は近所のクリーニング屋か雑貨屋のアジョシ(おじさん)の末息子の青年かと思った..

もちろんすらりとしたハンサムな青年なのだが..
後からついて入って来たマネージャーとスタッフたちが賑やかに“アンニョンハセヨ!” と叫ぶ間,彼は黙礼だけして次にしばらくの間他のことをやり,メイクをしてもらいサバル麺を食べた..

遅れて(本人だと)気がついた,だからより強烈だったこの初印象は持っていたイメージで一杯だった私の頭の中を綺麗に空けてしまった..

俳優という“種”のみが持つ,その特有のエスパー的な変身術を,ヒョンビンもやはり遺憾なく発揮していったのはもちろんだ..野暮ったくはおっていたカジュアルジャンバーとカーキ色のパンツの代わりに強烈なレッドジャケットとホワイトパンツに着替えた彼は,どんな被写体よりも輝いていた..スタイリストも興に入り,フォトグラファーの口からは“いいよ! いい! アイゴ!”という感嘆詞まで出てくる..

撮影過程を見守りながら,やっと私はともすれば典型的な人物ともいえたサムシギ,サムシク,または“Samsigi”のそのきらめいていた生命力が果たしてどこから滲み出てきたのか悟ることができた..

彼はフレームの中に閉じ込めたり他人の視線に捕獲される俳優ではない..
自らフレームの中に歩み入り,退屈すればスーッと抜け出ることの出来る柔軟さがあった..

---------------------------------------------------

百万長者の初恋広報時 撮影記事 2006.2 part.
翻訳:kumijaさん

ヒョンビン,グクからジンホンへ...
この男...あまりに魅力あり HYUN BIN
取材:チョン・ジョンイム記者 2005.09.

我らのグクがより素敵な姿で帰ってきたな
誰も彼をスターの列に上げた“アイルランド”のグクを惜しみはしない。グクはグクとして...ジノンはジノンとして...スター,それ以上のタイトルを載せてくれる転換点となったジノンのキャラクターが拒まれることなく愛されている。

可能性を持った新人スターとして認めさせた健気さと見ているだけでも胸震えるサムシクの出現がただうれしい限りなのは,はっきりした彼の成長を証明している。

変わったが,変わらなかった
“彼の魅力を知る前は彼は単なるスターを夢見る新人にしか過ぎなかった”芸能人たちにインタビューする記者たちが絶対に避けられない習性がある。即ち,今はもう精一杯企画しても現場インタビューさえ難しいスターの新人の頃を繰り返し語ることだ。

“まわし蹴り”と“ノンストップ4”のヒョンビンを思い起こすと何か2%の不足感があった。すっきりした容姿ではあるが目を見張るほどではないようでもあり,スタイルも良いのだがモムチャンではないようだし,演技もなかなか出来るようだがキャラクターがグッと胸に入ってこないし...

果たしてその足りない2%の正体は何なのか。彼をインタビューした後輩記者と,そのあやふやな2%について盛んに話し合ったことも憶えている。


“誰もがそうであるように初めてなのでぎこちなく,キャラクターを作り上げていくにおいて僕という主体が無かったように思います。自然に僕がキャラクターに溶け込もうとすれば僕自身とキャラクターを一緒に合わせて行かなければならないのにあの頃はそういう概念がありませんでした。無条件,与えられたキャラクターに合わせようとしていたのですから。

僕も感じるようになったのです。それは自分でもないし,作品の中の人物でもないということを。でもせっかちになったり,不安ではありませんでした。誰もが経験する過程だと思い“アイルランド”を通して多くを学びながら,あ!こういうことなんだな!と演技に対する感覚を掴み始める頃,視聴者たちも反応して下さるようになったのです。ともすれば,あまりにも早く過分な愛を貰ったのではと思います。”


彼が果たしてスターになれるのかなれないかについて,あやふやな要らぬ心配をしていた頃,彼は本当に確実な魅力を携えて近づいて来た。“アイルランド”のグクを,あれほどまで自然に消化してくれるとは,期待もしていなかったのだが彼に再び会ってみるとこの間“なぜ彼が目に入らなかったのか”と思うほどだ。人々はこうしてヒョンビンを認め始めた。


“一緒に演技した演技者たちとスタッフたちから,本当に多くを学びました。
一日一日が真剣さの連続だったように思います。現場の雰囲気も“アイルランド”の雰囲気と似ていました。あの時はカツト!のサインが出てもグクの話し方と感情をそのまま持っていたので少し重い気分になったりもしました。

今“私の名前はキム・サムスン”の撮影現場の雰囲気はものすごく明るいです。
役とドラマの雰囲気によって自分の変わっていく姿を見ると不思議でもあり新鮮でもあります。”


今は大韓民国の多くの女性たちにサムシク!と叫ばせるほどのスター級演技者になったけれど,彼には変わらないものがある。即ち,初めも今も,遠くを眺められる余裕があるということだ。彼は急ぐこともないし浮かれたりもしない。

それは生意気さから出る余裕ではなく,演技者として自分の立つ位置を固めていく過程であることを認知した,欲のない余裕なのだ。その余裕は彼を本物の演技者として作り上げるだろう。彼の溢れる魅力と情熱と共に。




サムシクの中にヒョンビンがいる
サムシクがかっこいい理由? 表面的には(ドラマの中で)あまりに多く接してきた礼儀知らずの財閥二世だ。
堂々と自分中心でその上心に傷を持っており女性に優しくできない。しかしこの男が素敵なのだ。

“パリの恋人”での素敵な王子ギジュのように愛する人のためピアノも弾くことができ,たまに“ミジ王”をこっそり検索するかわいい姿も見せる。このキャラクターにヒョンビンの長い指,魅力的な声,洗練されたスタイルが調和されたのだからより素敵でないはずがない。


“ともすれば固くなるキャラクターでしたがサムスンのキャラクターとうまく調和できて拒まれなかったのだと思います。キム・ソナ氏のアドリブと瞬発力,集中力等を見ながらたくさん学んでいます。

僕は相手役の福が多いようです。初めてオファーを受けた時,キャラクターに惹かれはしましたが,相手役がキム・ソナ氏だということがとても気に入ったのです。”


サムシクが素敵な理由,もうひとつ。ヒョンビンが血のにじむ努力の末披露するピアノの実力を見て感嘆しない女性はいないのではないか。長い指で愛する女性のためピアノを弾くサムシクの姿は繊細な性格のヒョンビンと重なり合う。


“ここまで弾けるようになるまで大変でした。僕は几帳面で繊細な部分があるんです。あることに集中したらそれが終わるまで何もしないでそれをやり続けるのです。整理魔のようなところも少しあって服の整理などものすごく几帳面にしたり...でも万一こんな性格がなかったら最後までピアノの前にくっついていられなかったと思います。”


最近は二人の女性を揺らし過ぎだと良からぬ視線を受けたりもするがヒョンビンの作り上げるサムシクが愛すべき存在であることははっきりしている。



---------------------------------------------------------

2005.9 ヒョンビン記事インタビュー
翻訳:kumijaさん

=========================================================

ふんふん...几帳面で繊細...整理魔...
中途半端は嫌で,終るまでし続ける...
コツコツ型の典型部分ですね^^

少しは私も見習わなければ...ㆀ

浅知恵満載幼いヒョンビン
幼いヒョンビンのありったけの浅い知恵 2004.11
新世代タレントヒョンビン 彼はいつの間にかはじけ始め最近では盛んに寵愛を受けている..

彼が出演したドラマと映画が“ノンストップ”“回し蹴り”“アイルランド”にしか過ぎない点から考えると驚かされることだ..

上半期ムン・グニョン,カン・ドンウォンと同じく彼は下半期最高の新世代アイコンとしての位置を掴んだ感じがする..

マスメディアは彼の一挙手一投足をチェックしており発した一言が話題となる..しかし彼の小学校,中学校の学生時代は他の学生たちとさして違いはなかった..
今日は彼の口を通して学生時代のビハインドを公開しようと思う..


1. ヒョンビン,バスと反対方向に走った訳は
僕は10年間水泳をやりました.しかしそれは僕の意志というより両親の意志が強かったのです..遊びたいという僕の思いと運動させようとする母の思いがぶつかって互いの頭脳戦争は手強いものでした..

幼かった僕が一番初めに考えたことがバスは後ろに進めない(自転車やオートバイと同じだと考えて)という点だったのでプール行きのバスに乗るべき瞬間,乗らずに後ろに逃げたのです..

ところがどうしたことか,バスはバックしただけでなく乗っていた母がさっと飛び降りたではないですか..もちろん僕は2〜3歩も走れないまま捕まってしまいました..


2. 食べ物を食べ過ぎた理由は

僕は母の集中的な管理の対象になりましたが,僕の立てた仮病戦略熱は冷めることを知りませんでした. 代表的なものは嘔吐事件.プールに行く前,僕はものすごい量の食べ物を食べました.. もどしそうな位にです..僕はもう一匙とすくって食べ,プールまで力いっぱい走りました.. 結局,到着とともに嘔吐し僕の身体を心配したコーチの配慮で,皆が泳いでいる間リラックスして休めました..

3. 頭の後ろ側に水をつけず,ひっかかった事件

もう一つは,プールに行きたくない友達と意気投合した日でした.. プール前で友達と会ったのですが,その友達もまたプールに行くことをとても嫌がっていたのです.. 結局二人して公園で思いっきり遊びました.. しかしプールに行かなかったという事実が僕の心に引っかかりました..

そうするうちに友達がアイデアをくれました.水道水で頭を濡らせばプールに行って来たように見えるはずだと言うのです. 良いアイデアだと判断し一緒に水で濡らしました. しかしそれは我が家にて引っかかることとなりました.. 引っかかっただけでなく,後頭部をいっぱつ叩かれまでしました.. どうしてですって? 水で頭の前だけを濡らして,後ろはそのままだったのです.. 浅知恵をはたらかせてむしろ損したケースです...

4. 問題集“省略”事件

浅知恵事件はこれで終わりませんでした.. あの頃は問題集の問題を解かなければ遊ばせてもらえませんでした.. でも普通に問題集を解いていては遊ぶ時間がないのです.. おおよそ 4〜5時間はかかるからです.

それである日一日中考えて思いついたことが,解答用紙を探すことでした.結局僕の努力は光を放ち,解答用紙を探し出しました.そして(その答えを)一生懸命書き写しました.. 1時間後,買い物から帰った母が採点を始めました.全て合っていたのですから母が驚いたのは当然ですが,採点を済ませると静かに僕を呼ぶのです..そして手を出せと言いました(お仕置きのため).. 後で知ってみると,記述式問題の答えを,解答用紙と同じように “省略”と書いていたのです. 以後僕はわざと4〜5問は間違え,記述式問題だけは必ず僕の力で解くようにしました..

-------------------------------------------------------------

翻訳:kumijaさん

=============================================================


きゃはは!ここまで来ると見事な..まさに頭脳戦争ㆀ
よっぽど遊びたかったんですね〜ヾ(≧▽≦)ノ

本当に悪知恵満開な幼少時期でしたね..お母様も大変で^^ㆀ
私も昔よく悪知恵つけたものです..ㆀ

30歳を待つ23歳の俳優
映画は花美男が好き
2004年 ヒョンビンインタビュー

“回し蹴り”ヒョンビン - 30歳を待つ23歳の俳優

“回し蹴り”のエリートテコンドー部主将が、長い準備期間の末スクリーンに飛び出した。

その間シットコムを通して大衆に認知度を広めたがヒョンビンは依然として人気を実感できていない。 それでもヒョンビンの周囲を取り巻くカメラが彼が俳優だという事実を確認させてくれる

ライバル宣言!
撮影が終わって5ヶ月が過ぎたが “回し蹴り”という言葉にヒョンビンの目が鋭く光った

“同じ年頃の多様な男達たちが集まるというので初めはあれこれと心配が多かったです。でも結果的に、チームワークは最高でした。撮影の3ヶ月前から訓練を名目に僕たちは一つの場所に集まったのですが、男同士だからか まとまり易かったです”

しかしテコンドーが初めてだったヒョンビンは訓練過程がとても大変だった。

“チェヨンを除いて僕たちの中でテコンドーの経験者がいませんでした。技を駆使しなければならないのでチームワークは良くても、互いにとても競争しました。 僕は特にドンワンヒョンと競いました(笑)。 ドンワンヒョンがボクシングで拳を使う時かっこいいんです。

それで“(このままでは)だめだ。足蹴りだけはあの人に勝たなければならない”と思い、ドンワンヒョンが練習に行かない時も隠れて練習をたくさんしました.”

そしてキム・ドンワンがヒョンビンの足蹴り特訓に気づいた時は既に撮影が終了した後だった。そのようにしてヒョンビンは足蹴りだけは人を羨まないほど駆使できるようになった。

道着の思い出
ヒョンビンは足蹴りと同じ位、道着の事を思い出す。

“僕は道着を、本当に脱ぎたかったのです(笑)。今“ノンストップ 4”でも道着を着ています。 アクションは面白いですが当分の間道着は着たくないです”

事実ヒョンビンは映画を撮りながら道着に対する恨(ハン)が生じたのだ。 シットコムを撮りながら一番良いのは普通の服を着られるという事だと躊躇なく言う。 しかし彼がそう言うのはもっと理由があるようだ。

“映画を撮る時その数多い衣装の中で道着、制服、トレーニング服、この3着が僕の衣装の全てでした。 決勝戦の時、新しい服を受け取ったのですがそれも道着でした”

今もヒョンビンの家にはたくさんの道着が片隅に掛けられている。

“全部同じだ”
“回し蹴り” 以後、ヒョンビンは “ノンストップ 4”に出演中だ。 “(“ノンストップ 4”の)ヒョンビンとは無口なところが似ています。運動が好きなところもです。でも僕は“国家信用度”こんな話しはしませんよ。 もちろん曖昧なのは嫌いですが “こういう事は正しくない”こんな話し方はしませんよ(笑)”

ヒョンビンはシットコムの中のセリフが照れくさい時が多いと言う。 でも、映画初出演の時より 一段良くなった感じだ。

“まだ演技は下手です(笑)。 段々、やりながら学んでいるのだと思います。” 実は“回し蹴り”を撮る時演劇と映画の演技の差というのがとても気になってキム・ガプス氏に勇気を出して尋ねた。 “先生に“学校で学んだ演劇と映画の演技に混乱が生じます。とうすればいいですか?”と尋ねるとたった一言、言われました。

“全部同じた” 映画も演劇もとてもたくさんなされた方がひと言で済まされたのですから、僕はただ “あっ、はい”と言うしかありませんでした” その時の言葉を繰り返し思いながらヒョンビンはひたすらどんな事でも一生懸命する考えだ。彼は今、たゆまず努力しながら、自身の演技力を磨いている最中だ。

7年後 僕の姿
“僕は本当に早く30歳になりたいのです。 パク・チュンフン先輩の言われるように俳優はある程度の年齢があってこそ演技者という表現が出来るのではないかと思います。僕が今23歳ですからまだ7年ありますね”

若くして社会に出たのでヒョンビンはどこに行っても年の若い類に属する。演技者として認められる事以外にもこの23歳の青年は先輩達から早く同僚としての認定を受けたい様子だった。どういう考えでその数多い少女ファン達を置いて早く年を取りたいのか気になった。

ヒョンビンはかすかにずうずうしさを帯びた微笑で答えた。
“ファンたちも一緒に育つのではないですか?(笑)”
いつの間に彼は、未来のファンたちまで念頭に置いていたようだ。

---------------------------------------------------------

2004年ヒョンビンインタビュー
翻訳:kumijaさん

=========================================================

“ファンたちも一緒に育つのではないですか?(笑)”
ふふふ..わかってらっしゃる^^*

今日はサムスンが2周年です^^



スター★ダイアリー・ヒョンビン
スター★ダイアリー・ヒョンビン(3)
      “模範生?とんでもない” 2004.11


演技者になる事を反対した両親と2年間戦争(?)
中学時代は家出も

大部分の演技者がそうだったように初めて演技をしたいと言えば親は皆強く反対する。僕の両親も違いはなかった。

高等学校1学年の時、先輩たちに誘われて何気なく入った演劇部。そこで演劇をしながら我知らず演ずる事を楽しむ自分を発見し、演技者になろうと決心した。

しかし両親は反対反対、また反対だった。
両親の意志を折るため2年間闘争した。

両親が演劇練習のある日にわざと学校に来て僕を家に連れ帰ったり先生を訪ね、演劇を出来ないようにすると脅したりもした。 だがそれ以上のアクションを起こさなかったところを見ると、当時両親は僕の意志を試したのではないかとも思える。

今両親はいつも笑っている。 僕が良くやっている事を意味しているようでとても気分が良い。

学生時代は模範生だったのではと時々言われるがちょっと引っかかる。

中、高等学校時代、僕はやることは全部やりながらも先生にバレない単に運の良い学生だった。

昼に具合が悪いので病院に行くと先生に嘘をついて学校を出、ゲームをしたりビリヤードをして遊び、下校時間ごろに帰ることもした。それでも僕は保守的な方だからかクラブで踊ったり、酒を飲んだりする事はなかった。


ある程度は遊びながらも脱線する事はなかったと自負している。
演劇をし良く遊びもしたが、テストの成績は決して下位圏ではなかったと自信を持って言える。テスト期間は一生懸命勉強した。 たとえ一夜漬けであったとしてもそれなりに中間程度の成績は出せていたと思う。その時の暗記力が今台本を憶える力になっているのではないか。

よく思い返してみると家出したこともあった。 中学の夏休み両親に何も言わず、友達の家で数日過ごした事があった。親に対する反抗ではなくただ友人達と遊ぶのが面白くてそうしたのだと思う。友達の告げ口によって僕の家出事件は格好悪く終わりとなった。 どれだけ怒られたかは読者皆さんのご想像にお任せする。




スター★ダイアリー・ヒョンビン(4) “初恋”高等学校の時に経験
1年付き合い4ヶ月前に別れる。誠心誠意尽くしたが...胸えぐられる痛み残し

“自分に残された日がたった1日だけだとしたら、その1日を一緒に過ごしたい男性は?”というインターネットのアンケート調査で僕が他のそうそうたるスターを跳ね除けて1位になったという噂を聞いた。 少し面食らったが気分はとても良かった。僕を選んでくれたファンたち全て、幸せであることを...

話しが出たついでに恋人について話してみよう。正直に言うと、現在彼女はいない。別れてから4ヶ月ぐらいになるだろうか? 誰が悪いと言うよりは互いの生活が忙しくなり、自然に遠ざかったように思う。

だからといって辛くなかったとは言えない。 別れはいつだって胸のひとところがえぐられる。

今思うとあれが愛だったのかは分からないが僕の初恋は高等学校の時だった。友達と遊ぶ時たまに他の学校の女学生達とも一緒になる事があったがそこに彼女もいた。気立ての良さそうな容姿に惹かれたのだと思う。

友人達が仲を取り持つ役目をしてくれた。ある日友人達が二人はお似合いだから付き合ってみろと積極的に勧めてきた。そして僕も彼女も従順にその言葉に従った。 僕も彼女も、心の中でお互いを思っていたのだと思う。

電話をしデートもして、そんな風に1年ぐらい付き合った。皆さんは僕をどのように思われるか分からないが僕は僕なりに尽くすスタイルだ。

彼女が話す事も聞き流したりはしない。 欲しいと言っていた物を後でプレゼントとして買ってあげたり食べたいと言えばデートの後であったとしても、それを買って彼女の家に行きあげたりもした。

その時の彼女の喜ぶ姿ほど僕を幸せにしてくれることはなかった。大それたイベント等はあまりした事はなかったが細やかに彼女のためにして上げたように思う。 彼女が今は何をしているのかは分からないが元気に過ごしていることと思う。

いくら以前のことだと言っても彼女たちのプライバシーがあるので、詳しくあからさまにするのは気が引ける。僕にとっては美しい思い出と言えるが、その人にとっては痛みのある思い出となっているとも限らないではないか。 申し訳ないが読者皆さんの了解をお願いしたい。




スター★ダイアリー・ヒョンビン(5) “アイルランド”の撮影をしながら余暇が出来ず (最終回)
プラモデルの組み立てが趣味...集中力の手助け

演技者となる前芸能人たちが忙しくて個人の生活がまともに出来ないという記事を読みながら果たして本当かという疑問を持った。 しかし今は彼らの話しに100%うなずく。 アイルランドを撮影する間本当に自分の生活は無かった。

3〜4ヶ月の間、趣味生活というものを楽しむ事は無かった。 時間があれば眠る事に忙しかったのだから。 運動する事が好きだがジムはもちろん、芸能人サッカーチーム“スシロ”の集まりにも参加出来なかった。 体重が少し落ちたように思うが体重計のある銭湯にも行けずどれ位減ったかも分からない。

今は少し休めるようになったので思い切り楽しみながら身体作りもし次の作品のため準備する予定だ。

僕の趣味の中の一つがプラモデルの組み立てである事を知ればファン達は少し驚かないだろうか。

集中力のための助けになると言われ演技に役立つならばと始めたのだがかなり面白い。 大人のおもちゃを作っていると言われるかもしれないが全くそうではない。 マニア達は色付けに何日も費やすと言うが、僕はそれ程ではないにしてもステッカーまできちんと付けるところまで7〜8時間の間じっと座ってプラモデル作りをする。 集中力に本当に役立っていると思う。

今部屋には僕が乗ってみたいフェラーリ等の有名な自動車7台とオートバイ2台がある。 装飾用としてもかなり良いと思う。 これからRCカーと飛行機、ヘリコプターにも挑戦してみるつもりだ。
何年か後には漢江の川辺でヘリコプターを飛ばすヒョンビンを見られるはずだ。

まだ次の作品を決めてはいない。 先ずCFと友情出演した映画 “足長おじさん”を通してお会い出来ると思う。“足長おじさん”ではパク・ウネヌナが一目惚れする魅力的な男性として出ている。

もう終えるべき時になった。 始めに個人的な秘密を打ち明けるコーナーだと言われ何の話をしようかとても悩んだ。自分が思っても特別な秘密が無いからだ。 平凡に生きて来たように思う。 これから多くの経験をし、次またこんな機会が来れば読者皆さんに面白い話の風呂敷を開きます。

その時まで皆さんがお元気でいらっしゃる事を.... ― ヒョンビン編 終

------------------------------------------------------------------

スター★ダイアリー・ヒョンビン編 2004.11
翻訳:kumijaさん

==================================================================

2004年の記事です。貴重なヒョンビン直々のコーナーでしたね。^^
真直ぐで正直な文面はヒョンビンらしい
とても照れたような面持ちでペンを執ったように感じます^^

アイル撮影では一週間に10時間眠ることができない。T_T。
時間があれば眠ることに忙しい...う〜ん。この部分ちょっとわかる気がします 笑。

そして真面目ですね。この一言に尽きます^^*

スター★ダイアリー・ヒョンビン
スター達の日記帳公開します 2004.11
“誰にでも秘密はある”スター達の隠された告白を聞く“スター★ダイアリー”を1日からを新たに連載します。

ファンたちの愛をたっぷり受けている人気最絶頂のスターが月〜金曜日まで5回にわたり自身の日課、愛、悩みなどいつも共にいるマネージャーさえ知らない彼等だけの秘密を読者達に直接公開します。

スター★ダイアリー・ヒョンビン(1)
       “本当に僕が売れたのか”

スターになったら会おうと記者と約束
9ヶ月振りに再会...本当に僕が売れたのか?

去る2月のインタビュー以後9ヶ月ぶりにスポーツ朝鮮を訪ねた。その時に僕の写真を撮ってくれたスポーツ朝鮮の写真記者が僕を見るなり“売れたらまた会おうと言ったけど本当に売れて来てくれたね”と言いながら嬉しそうに迎えて下さった。

「ノンストップ4」と「アイルランド」をやりながら本当にヒョンビンという名前が多くの方たちに知られた。 「ノンストップ4」の時は10代と20代前半の学生たちが多く知ってくれたがアイルランド以降は20〜30代のファンたちも多くなった。

僕を良く思って下さり頑張れと勇気を下さるファンたちに本当に感謝したい。しかしまだスターと呼ばれるには不足なのに... “スター★ダイアリー”を書けと言われびっくりした。それも最初の回を僕にやるようにと言われ正直プレッシャーを感じる。 読者の方たちが僕の話を面白く読んで下さればと願う。

MBC ミニシリーズ アイルランドが終わってもう10日が過ぎた。 本当に3ヶ月間がサッと過ぎて行った。1週間に10時間も寝られず撮影に出かけた時が昨日のようなのに.. その後も映画 「足長おじさん」への友情出演、CF、雑誌の写真撮影などでずっと忙しかったがそれでも寝ることが出来て良かった。

僕のドラマ初体験。 本当に多くの事を感じ経験した。 話すことから表情,視線処理,感情を掴む方法などなど。シットコムの演技とはまた違う演技が出来て良かった。

イ・ナヨンヌナ,キム・ミンジュンヒョン,キム・ミンジョン氏,皆が一生懸命やって キム・ジンマン監督と イン・ジョンオク作家を始め多くのスタッフたちが苦労された。なのに視聴率は僕たちの努力したほどの成果は得られなかった。 多くの方たちが見て下さればと思うゆえに残念だった。

しかし、僕の周辺の方たちは皆アイルランドを見られたと言うのだ。だから視聴率調査対象の方たちだけアイルランドを見られていないのだと信じて撮影にのみ没頭した。




スター★ダイアリーヒョンビン(2)“水道蛇口”のような先輩たちを見ながら演技授業
“アイルランド”で本物の涙をたくさん流す“水道蛇口”のような先輩たちを見ながら演技授業

“アイルランド”では泣くシーンが多かった。僕もやはり涙を数多く流したがアイルランドで出演者たちが流した涙は全て本物だという事実を読者皆さんにお知らせしたい。 偽物の涙はキム・ジンマン監督が受け入れてはくれなかった。大人たちはもちろん、子供たちも自分の涙を出さねばならなかった。

まだ初歩演技者である僕には涙の演技が普通に難しいどころではなかった。 それに比べ、ナヨンヌナとミンジョン氏は “アクション” の声と同時に水道蛇口をひねった如く涙を流した。 一度ナヨンヌナにどうすればよく涙を流せるのか尋ねてみた。

するとナヨンヌナは何でもないように “ただそのシーンを思えばいいのよ”と言った。 それほど役に入り込んでいるという事だった。 僕もそれ以降は役により入り込もうと努力したし最初の頃よりは涙を流しやすくもなった。

それでもいつも涙が直ぐ直ぐ出はしなかった。特にコンディションが良くない時はいくら感情を掴もうとしても上手くいかない。 そんな時は本当にスタッフたちに申し訳ない。 カメラは涙を流せば直ぐに撮れるよう常に回っていて、全てのスタッフたちが息を凝らして静かに待っている。

入り込みきれていなければキム・ジンマン監督がそっと来て感情を掴めるようそのシーンについて詳しく説明をして下さりもする。一度は涙を流すのに20分以上掛かった事もあった。その時監督が何回行ったり来たりされたことか...ぐっと我慢し待って下さった当時のスタッフたちにもう一度感謝を申し上げたい。

a soft guy HyunBin
エコール10月号-a soft guy HyunBin
一瞬にしてNEVER検索語1位に急浮上したこの男.
突然私たちの心を襲撃したヒョンビン..

彼に嵌っていく速度ほどに彼に対する気になる事も無限大に増幅される.

ドラマ“アイルランド”中のキャラクターにすっかり入り込んでいる演技者ヒョンビンに近づく彼についてのデータ.


Q. 今回任されたカン・グクのキャラクターと実際の
  自分と比較した時共通点と違う点は?

A 道を歩いていて重い荷を持つおばあさんに会ったり周辺で難しい状況の人を見たらそのまま通り過ぎることが出来ない性格.
そして運動が好きな事.こういう点を見た時僕と似た点が多いキャラクターです.

違う点があるとすればカン・グクは愛する女性が浮気しても我慢し理解しますが実際の僕はこんな状況を絶対に我慢出来ないという事です!
愛する人が同時に他の人を見るなどという事は理解できない心理です..


Q. 相手役のイ・ナヨンとの呼吸はどうか?
A 一緒に演技する者をリラックスさせてくれる先輩だと思う。
感情に入り込みやすいようとても助けてくれる方。
撮影に入る前は天上の女性のようなのに演じる時には女性であるにもかかわらず迫力があってかっこいい
本当にかっこいい..


Q. 第2のチョ・インソンとの周りの評価..
  気に入っているのか?

A シットコムでの役柄や次のドラマでのキャラクターが似ているのでそういう話が出るようです.
そう話を聞くのは気分は悪くないです.

現在最も売れている有名な演技者ではないか..僕もそうなれるという可能性を認定してくれたのだと思います.

一つ願いがあるとすれば僕の次を継ぐシットコムの出演者の中で
“あ、あの子は第2のヒョンビンだな”という言葉が出ればと思う..


Q. これからどんな演技者として俳優として呼ばれるようになる事を願うのか?
A 一番願うことは僕に“俳優”という修飾語が長い間付く事.
普通芸能人○○演技者○○と多く呼ばれても俳優○○と呼ばれるのは簡単ではないようです..
チェ・ミンシク先輩やソン・ガンホ先輩位になってこそ “俳優”という修飾語が付くのではないでしょうか..
今はどんな演技どんな分野そういう事を計算せず一生懸命やるべき時だと思う..

後になっての願いとしてはヒョンビンマニア層が出来ればという事です..
作品内容や分野を問わず“ヒョンビンが出るなら一度見ようか..
ヒョンビンが出るなら期待できる”と思って映画館に訪ねたり
ブラウン管の前に座る人が多くなれば成功した感じを受けるのかもしれない..

エディター イ・テギョン

-----------------------------------------------------------

エコール10月号-a soft guy HyunBin 
2004/10
翻訳:kumijaさん

===========================================================

インタビューから2年と少しですがアイドルから俳優へ
ヒョンビンが願う“俳優ヒョンビン”と呼ばれる時期でしょうか ふふ^^

引き続き2004年記事ですがカングクになりきっていた頃のインタビュー
困った人を見ると通り過ぎることができないタイプ..
こんなところでも素の姿ヒョンビンがあって人間性を見ます^^*
演技者あるべき姿勢も理想的で尊敬します

ヒョンビンアルファベットインタビュー































アルファベットで見るヒョンビンインタビュー
寝て起きてみたら有名になっていた..

英国の詩人バイロンの言葉のように新世代スターヒョンビンも瞬く間にスターダムに駆け上った。昨年7月演技者になろうと決心してこの道に入ってわずか1年で新世代アイコンとしてすっくと立った。

出演作といえばMBCシットコム“ノンストップ4”とミニシリーズ “アイルランド” そして映画“回し蹴り”この3つが全てだ。誰よりも早く効果的にスターの道に入ったという訳だ。 いや“にわかスター”として浮かび上がったといっても過言ではない。

それ位ベールに包まれた神秘さとまた違う魅力が作用しているヒョンビンに対するいくつかの気になる事をアルファベット順に解いた。

Actor(俳優)

高等学校1学年演劇部の頃初公演を終えて観客たちの喝采を受けた瞬間に感じた戦慄ゆえに俳優の夢を見始めた。 図書館に行くと嘘をついて演劇部の活動に没頭した。とうとうバレて禁止令が下された。

しかし、子供に勝てる父母はいない。中央大学演劇科に入学する事を条件に許しを受けた。もちろん無事に合格した。

Bodyguard(ボディーガード)

代表作“アイルランド”でのカン・グクの職業。しかし僕の演技の事実上の出発点であるKBS2TV 週末ドラマ“ボディーガード”のタイトルでもある。 端役にすぎなかったが、僕にとって大切な経験だった。

当時ボディーガードに関する事を一生懸命習ったお陰で“アイルランド”での演技を成し遂げる事が出来た。

Character(性格)

人見知りが強い方だ。 また少し内向的だ。 演技者としてはあまり良くない性格のように思えるが、密かに光る芸術家的気質は、俳優になるための立派な資質だ。

Digital Camera(デジカメ)

デジカメ族たちのインターネット写真が僕をスターにつくりあげたそうだ。そういえば最近歩き回ると携帯カメラやデジカメを突き出してくる人が多い。まだそんな有名税に慣れないからか、そういう時はいつも肩をすくめてしまう。ファンたちのためにかっこいいポーズをとらねば成らないけれど.....

E-mail(Eメール)

文を書くことがとても好きだ。友人たちとは電話よりEメールで対話を多く交わす方だ。 デビューした後にはファンたちが送ってくれたメールのファンレターにひとつひとつ返事も書いた。最近は(それも)不可能だ。一日に数千通が来る。“アイルランド”撮影中は確認もできなかった。 ファンたちに申し訳ない。

Football(サッカー)

一番好きなスポーツだ。実際にキム・スロ先輩が率いる芸能人サッカーチームFCスシロの一員として暇があれば走る。ポジションこそ末っ子なので最終守備手だ。ところが最近は認知度が高くなったからと最前方攻撃手をしろと言われる。やっと人気を実感する瞬間だった。

Girl Friend(恋人)

演技者になった後別れ今はいない。僕は彼女ができたら精誠の全てを捧げるタイプ? しかし今は仕事で忙しくて到底不可能だ。当分はいない方が楽なようだ。

Home(家)

ソウル蚕室で育ったが両親が京畿道ブンダンに引っ越した後今はマネージャーたちとヨクサム洞のマンションで暮らしている。マネージャーと同室だがベッドは各々違うものを使っている。誤解なさらないよう。

IQ(知能指数)

正確な指数はよく分からないが相当高かったと記憶している。台詞の暗記や雰囲気適応力等を見る時頭は良いようだ。だからといってなんだろういくらも記憶できていないのに。

K-1(異種格闘技)

映画“回し蹴り”に出演した後異種格闘技のファンになった。当時テコンドーの練習をとてもビシビシやったお陰か、異種格闘技を見るとより実際に自分が競技しているように感じる。特に回し蹴りの場面が出れば、 “あれは僕が使った技だ”と何気にうれしくなる

Money(お金)

まだそれほどたくさん儲けてはいない。最近になってCF要請も多く入ってきており少しは儲けているようにも感じる。収入の全ては母が管理している。ひと月35万ウォン位を小遣いとして貰い使う。あまりに少ないと? 使う時間がなくてそれさえも余る。
余ったお金を集めるのも案外良い。



Name(本名)

金泰平(キム・テピョン)だ。 少し垢抜けない感じに聞こえるかもしれないが本当に良い名前だ。性急でない僕の性格を、そのまま表している。“絃彬”は“輝きまた輝く”という意味でスターの中のスターに成るという欲心が込められている。

Oscar Award(アカデミー賞)

未来の目標だ。あまりに大きな夢ともいえるが不可能だとは思っていない。その前の目標は僕の名前の前に“俳優”という修飾語が付くことだ。アン・ソンギ チェ・ミンシク先輩のように。

Police(警察)

幼い頃の夢は警察官になることだった。正義のために自身を犠牲とする人になりたかった。演技者は何にでも成れるという長所がある。いつか警察官の役もぜひやってみたい。

Skin(肌)

最も自信のある部分だ。女性よりきれいな肌だと言われる事もある。 ところが徹夜の撮影でずいぶん痛んだ。 やはり美人は寝ぼすけのようだ。生まれて初めて皮膚科に行き肌トラブル管理もしてもらった。

Tutor(師)

高等学校 2〜3学年担任の先生が人生の最も重要な師だ。勉強より(善き) 人間となる事を強調された。演技者としての師は全ての先輩演技者たちだ。チョン・ウソン先輩の眼光とカリスマ。パク・チュンフン先輩の独特なキャラクター分析、ソン・ガンホ先輩の卓越したコミック演技等全てが僕にとって価値ある事だ。

-----------------------------------------------------------

2005.8
アルファベットから見るヒョンビンインタビュー
翻訳:kumijaさん

===========================================================

“寝て起きたら有名になっていた”
本人にしてみればすごいことですね“何事?”世界が一変した感覚でしょう

アルファベットとは面白いです^^
一言インタビューのようでとてもよくわかる内容でした^^
なんだか内容に重みを感じます。

いつでもまじめなヒョンビンで〜性格が出ます^^*
はぢまん..最も自信のある部分“皮膚”...^^;(T_T.)

PUMA COLLECTION
































































제목:일본진출 화보-현빈
題名:日本進出画報 ヒョンビン

------------------------------------------------------

また...ちんちゃちんちゃ!
ちょ〜!かっちょいんですけれども〜T_T。
(何回泣かすんでしょ。)
ん?日本進出(?)気のせいでしょうか...?

よくPUMAの靴を使用してますよね^^
使用すれば番宣活動間違いなし?日本はそうですよね^^
モデル抜擢でしょうか^^*

連日ちょあな画報が良く出ます〜(*^m^*)
きゃぁきゃぁ

SuperStarDiary翻訳
SuperStarDiaryヒョンビン編日本訳
2007年2月韓国で放送したSuperStarDiary
ヒョンビンの所感を綴った各業界インタビューの翻訳をkumijaさんから届けて頂けました^^
以下抜粋してお送りします。

チャン・グァンヒョウ(ファッションデザイナー)
私が偶然に私の工場の前で歩いて来る学生を見たのです。
その時高3だったヒョンビンに初めて会いました。
とても整ったイメージで良く成長した青年という感じを受けました。

背も程よく高くそれで私はデザイナーだが一度ショーに出演する意志はないかと。
そして私のショーでデビューして3〜4年後にドラマで大変なヒットを打ったのです。

年齢的にも成長して体も逞しくなり72〜3kgになるので大変セクシーで男性的な感じが出てきました。

もちろんプロのモデルたちのようにウォーキングやステージのマナーは不足かもしれませんが、
ヒョンビン君の顔の雰囲気だとか清潔なイメージから出る姿は、他のモデルたちと比べても、全く遜色なかったと思います。





パク・ジヒョク(プロデューサー)
彼が持っている魅力自体が大変暖かいものを持っていて
それで(ヒョンビンを)好きな年齢層も幅広いということを知っています。そういう部分がとても好かれているようです。



イ・サンソク(ヨンセジン成形外科院長)
ヒョンビン氏の場合今までの彫刻のような俳優とは少し違うイメージを持っています。
全体的に見たとき一般的な彫刻のような俳優に比べて、頭上が少し広い方です。

そして彫りの深い顔です。きれいな雰囲気をかもし出しているのは、全体的にあごの線が女性のあごの線のように少し卵型を帯びているからです。全体的なあごのラインからきれいなイメージを感じるのだと思います。

目も二重の線が太くなく、奥二重のようになっているのでそれによって善良な目元のイメージです。
鼻は既存の他の俳優よりも高さやサイズの面では小さいほうです。その代わり彫りが深く、全体的にきれいなイメージで現代女性が好きな柔かいイメージを持っています。

全体的な体格を見た時、筋肉質すぎることもなくスリムでありながら、例えば胸の筋肉だとか腕の筋肉が程よく鍛えられているので…



イ・ヒョンミン(ドラマ“雪の女王”プロデューサー)
ヒョンビン氏の場合は、色を塗ろうとすればあらゆる色を塗れるそんな感じがしました。
少し平凡なように見えても、その役に集中すれば違う感じを出せる俳優だと思います





キム・グァンソン(ヒョンビンのボクシングトレーナー元オリンピックボクシング金メダリスト)
色々な芸能人の人たちに指導してきましたが、その中でもヒョンビン氏は瞬発力も良く運動神経がありました。
事実、大変な過程もたくさんありましたが嫌な顔ひとつせずしっかりした基本技から訓練したので代役を使う必要はひとつもないでしょう。
選手にひけおとらない姿勢が出せたのではと思います。

キム・ソンイル(スタイリスト)
ヒョンビン氏の顔は多様なイメージを帯びています。
とても純粋な少年のようなイメージもあり、大変にカリスマを感じるウォール街に勤務する人のような冷徹な感じも見えたり
‘雪の女王’で見られたようにタフでワイルドな感じも持っていらっしゃいます。
ヘアメイクアーティストやスタイリストの立場から見ると体格の条件も良いので多様な表現が可能な俳優だと思います。
何人もいない、多様なイメージを持った俳優だと。

背が高くスリムなのでモデルとしての基本的なボディー条件が整っています。
服を着せた時のフィット感が良かったと思います。



キム・テギュン(映画“百万長者の初恋”監督)
ビニとは3年前から映画をやりたかったのです。
初めて会った時から…
ビニが無名だった頃オーディションを受けたのですがその時本当に魅力のある青年だ、演技に対する関心も大変にあり…いつか機会が生じればぜひ一度一緒にやりたいと……

善良な心と清い魂を持った青年だなと、そう感じました。
ともすればあの年齢では発揮出来ない事なのにビニがいる事によって映画の中心が掴める、そんな役割を十分に良くやってくれました。





イ・ヨニ(映画“百万長者の初恋”ウナン役)
テレビで多くの(ヒョンビンの)作品を面白く見てきたので、いざ映画を一緒にやるという話を聞いて撮影に入る前からとても震えてドキドキしました。
それで撮影初日はとても緊張して難しかったのですが、ビニオッパーが先に楽に接してくださいました。大変お世話もしてくださって…

チン・ヒムン(ポラム映画社 PD)
イ・ヨニさんもプレッシャーが...初めての映画で主人公なのでプレッシャーがあったし
(ヒョンビンの方が)年齢もずいぶん上で(責任の)比重から見てもずっと重かったのではじめはとてもプレッシャーを感じているようでした。
ですから互いに親しくなるまで少し時間がかかったようです。

不平を言わないのです。
(撮影現場は)宿泊所の無い場所もありました。
本当にとても劣悪な場所で寝るしかなかったのです。

少し離れた場所に行けば良い宿泊施設もありました。
でもそうすれば翌日の撮影に少し支障をきたしかねませんでした。(撮影が)早朝から始まるので…
すると、自分はそういう所で寝ても関係ないと



パク・チヒョク(フォトグラファー)
大変にプロフェッショナルです。
自分も体が大変で(CF)撮影前にも既に大変忙しいスケジュールがありその中から来ているのにスタッフたちへの配慮もたくさんしてくれて、そしていざ撮影に臨む時はとても一生懸命なのです。

そんな部分から、彼はプロフェッショナルだと…
そしてその印象が最初だけそうだったというのではなくて
ずーっと何回も年を重ねて会い、また(一緒に仕事を)しても変らないのです。

ソン・ファン(Megabass CF監督)
芸能人の中で、最もプロブレム(?)の無い人。
どんなことでもさせればやると…
マネージャーが止めに入る程だったのですから。笑

私が見るにヒョンビンはどんな役も消化できる(演技者だ)と思います。
演技者が備えるべき資質を多く...良い点を多く持っていると思います。

人々に対して親切に対する姿やどんなことにでも一度やってみようとする挑戦意識も多い人だと思うし、年も若いのでその挑戦意識も多く表現できるのでは...



イ・チョンドク(ソマン化粧品 CFプロデューサー/メスメスエイジ企画室長)
ひとまずハンサムじゃないですか。(笑) 
ハンサムで好感度があって多くの人に好かれる。
特に若い女性層に信頼をアピールできる...
少し時間がかかって何度も撮り直して見ると段々ともっと良いものが出るのです。
そうすると最後に、OK以上のものが出せるモデルです。

キム・ナミョン(東亜TVファッション制作チームPD)
平素、演技してきたイメージや御自身がかもし出すイメージが大変ジェントルで落ち着いていて
正統的な感じがするのでルーズにフィットするものよりも、タイトにフィットするスタイルがお似合いだと思います。

-----------------------------------------------------------

2月韓国放送東亜TV
“SuperStarDiaryヒョンビン編”
インタビュー部分抜粋日本訳

翻訳:kumijaさん

=============================================

本当に評判が良いです^^*
なんにしてもこと一生懸命取り組む姿がノムノムチョアヨ^^*
さすがウリヒョンビニ〜
今後も大活躍して欲しいです!

kumijaさんいつもいつも〜これだけの翻訳は大変です..
ちんちゃ..ノムノムカムサハグヨ〜T_T。FONT>

ヒョンビン熱愛報道記事について
ヒョンビン-ファン・ジヒョン熱愛説に所属社“確認していない”
ヒョンビン側“ヒョンビン-ファンジヒョンに好感持ったのは事実だが恋人だと断定する段階ではない”

トップスターヒョンビン(25)とモデル出身のタレント ファン・ジヒョン(24)が昨年始めから交際中だとスターニュースが22日報道した。

二人をよく分かる限り側近は22日スターニュースとインタビューで“ヒョンビンとファン・ジヒョンがお互いに好感を持って出逢いを継続している”としながら“二人皆新世代であるだけに明るくて健全に会っているとわかっている。 良い見解で見てくれ”と話した。

二人が会い始めたことはヒョンビンをスター級に上がるようにしたMBCドラマネイルムキムサムスンが終わった直後.ドラマを終わらせて休息中だったヒョンビンと次期作を選んでいたファンジヒョンはお互いに演技という共通点で近くなったと。つきあって1年ほどなるようだ。 二人が時間があく時ごとに時々会っている。 若い人々の純粋な出逢いだ。平凡な出会いを持っていながらまだ二人の結婚に対する計画は全然ないと二人の交際を綺麗に見てほしい”

また他の側近も“ヒョンビンとファン・ジヒョンがいつから会ったかは正確に分からないが1年以上交際をしてきたと理解している”として“一度は他の恋人たちのように別れてヒョンビンがまた会おうと言ってまた再会して会うようになった”と伝えた。

これと関連して女性中央誌3月号で二人が去る1月江原道(カンウォンド)のあるスキー場でスキーを楽しむ姿を現わした写真を報道した。

ファン・ジヒョンが SBS帰って来ますスネさんに出演して引き続きヒョンビンがKBS雪の女王の主人公を引き受けながら忙しくなったが撮影片手間に出会いを続けて来た

-----------------------------------------------------------

ヒョンビンの所属社スタエムがヒョンビンとファンジヒョン熱愛説に対して留保的な立場を現わし,俳優ヒョンビンとファン・ジヒョンの熱愛説に対してヒョンビンの所属社は「確認していない」と明らかにしている。

スタエム側は引き続き“誰でも出会いを持つことができる懇意な人は多くないか”と“ファンジヒョンもヒョンビンと親しく過ごす人の中の一人であるようだが正式な付き合いだと言うことは大変だ”と言った.

彼らの熱愛説は22日あるインターネット演芸ニュースを通して報道された以後ポータル サイト検索語順位1,2位を一人占めするなど関心を得ている。

報道されたことによれば彼らをよく分かる限り側近は「ヒョンビンとファン・ジヒョンがお互いに好感を持って出逢いを継続している」と明らかにした。

これと関連して,ヒョンビン所属社スターMエンターテイメントのある関係者は「熱愛説と関連して確認されていない」 彼は「現在ヒョンビンのマネジャーが海外出張中」としながら「正確な内容は確認が難しいが所属社状況では確認されていない」と話した。

現在ヒョンビンは雪の女王終映後次期作の検討をしながら東南アジアへ旅行中だ。
近い将来新しい姿をお見せするため準備をしている。

-----------------------------------------------------------

1983年生であるファン・ジヒョンは身長172僂離好沺璽箸淵好織ぅ襪鮖ち,同徳女子大バン・ソンヨン予科に在学中だ。 さらに特技はスキーで,ヒョンビンとスキー場デートを楽しむなどはつらつで明るい性格のスポーツ マニアだ。

放送されたMBCノンストップ3を通じて,芸能界にデビューした後,昨年SBS戻りますスネ氏で活躍し,シャンプーと飲み物,化粧品など各種CFで株価を上げた。 現在KBS2TVグランプリショー皆さんのMCで活動して,来月放送予定であるSBSドラマ魔女遊戯にも出演する。


=====================================================

ヒョンビン熱愛報道詳細記事全表示です。
これ以後の記事は上がっておりません。

*事務所のコメントは上記に上げているもので記事共に確実性のものかどうかわかりません

でも良い交際と記されていますね。
今後の経過を見守りましょう。

スターMヒョンビン次期作公示





























ヒョンビン試写会capture
























































































































2/7M.net 試写会登場ヒョンビン

YTN STAR 追加^^*


追跡追跡^^

=====================================

楽しそう♪ ふふ まだ太ってません^^

ETN "あいつの声"試写会capture























































































































ETN 芸能ステーション
“あいつの声特別試写会現場”

=======================================

涙で出てきたヒョンビン日焼けしてません(?)
すっぴんです。当たり前ですが^^

アイルランドDVDチラシ































ヒョンビンが薦める"あしながおじさん"
“彼女ができたら一番先にプレゼントしたい本はあしながおじさん”
ドラマ作家によく知られたイェランが最近“あしながおじさん”を出刊した.

イェラン作家は現在 MBC 週末ドラマ“結婚しましょう”を執筆筆している中で“あしながおじさん”を出刊し一週間ぶりに Kyobo文庫 総合ベスト9位に上がる突風を起こしている.

出刊される前から若い層の間に期待を集めてオンオフラインである大型書店で相次いでベストセラーに進入したのだ.

特に多い芸能人たちがイェラン作家の“あしながおじさん”を見て感動に濡れたメッセージを残して話題になっている.

ヒョンビンは“彼女ができれば一番先にプレゼントしたい本. ふと私も誰かにあしながおじさんになりたいという気にさせるようにする”と本に対する評価を残した.

スエも“愛が人生の全てではないが, 少なくとも愛は一時私たちの全てになってしまう. 一気に胸がおぼろげで詰ったようにさせてしまう本だ”と言って本が盛られた意味を何度もじっくり考えた.

ファン・シネは“イェランと友達のように姉妹のようになってかれこれ10年になる.

大変な時も幸せな時も私達はいつも隣にいた”と“この本が愛に痛く苦しむ人々に私たちのようにかけがえのない友達になってくれると信じる”と作家との親しみを誇示した.

今度出刊されたイェラン作家の本は小説もエッセイでもない全然新しいジャンルであるエッセイ小説で読者たちを捕らえたと見られる.

もうマニア層を確保している作家イェランの感性的な文“あしながおじさん”は読者たちの多くの好評の中に必ず読まなければならない小説に思われている.

KBS日本初進出ヒョンビン

















































































































































KBS2 演芸街中継11/25放送分
“日本初進出した魅力的な男ヒョンビン”

大韓流展 中部地区開催

































愛知県瀬戸市にて開催中。

前の30件次の30件
TOPSUK2

2019 - December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
|| Article New ||
|| Article Category ||
|| Article Back ||
|| HyunBin Official ||
‖HB Palam site direct.. ‖
▒ HyunBin-Palam*Home
▒ HyunBin-Palam*article Top
▒ HyunBin-Palam*article mobile
▒ Daum HBspace Registration

**リンクについて**
HyunBin-Palamをリンク頂いている
サイト,ブログ管理様へ
リンクのURLはトップURL下アドレスにてお願いいたします。

http://hyunbin.quu.cc

尚,リンク掲示の際ご連絡ください。



         border=
    


 

**観覧時でのお願い**

Palamサイト内で掲載している画像,映像等他サイト等への直リンク 転載 再配布等を禁止いたしております

特に直リンクはサーバーダウンの原因になってすべての表示が困難になります
*こちらでの観覧でお願いします
-------------------------------
**Consent when seeing**

All direct file links of the Palam photo and the image, etc. are prohibited..

Is not possible to see by leading the server down.
*Please see only with HyunBin-Palam.

-------------------------------



 Up '10.11.07

::: シークレットガーデン MV :::






---------------------------------






:: ミジャンセンレッドCF 10/12 ::


:: グッドダウンロードCF 10/12 ::

---------------------------------

HyunBin 1st visit to Japan... 2006.11.21
HyunBin 2nd visit to Japan... 2007.5.9
HyunBin 3rd visit to Japan... 2007.10.19

size1024×768
HB-Palam..Open 2005.11.21
HB Japan..site management..hyoji








Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.