ここもスタジオウェブネットBLOG
 こんにちは! ここはわたくしここもが管理する、『ここもスタジオウェブネットBLOG』です。主に私の創作の日々と日常など、綴っていきたいと思います。  ホームページでは、カードワースと小説をやっていく予定です(まだまだ工事中ですが)趣味はボードゲームやカードゲームなどなど。  現在『小説家になろう』というサイトで小説をUPしています。  こちらもぜひ、のぞいてみて下さい!
[TOP] [すくすくBLOG]








11/23、ソードワールドRPGレポート
 11月23日の日曜日は、いつものメンツが集まって、ソードワールドRPGのキャンペーンをやりました。

 この日のシナリオは前、後編、2つに分かれたシナリオの後編。そのうえキャンペーン第一部完結編のシナリオでもありました。
 前編では、冒険者のホームタウンでもあるサンブライトツイン島を狙う、蛮族たちの陰謀を阻止すべく、冒険者たちは島をはなれてとある2つの遺跡へと、二手に分かれて向かいました。

 ところがその遺跡を探索すると、最後の部屋にはテレポーターのシステムが。テレポーターは古代文明であるアルメナス文明の遺産だと分かります。蛮族を操っている親玉(2人)は、テレポーターを使ってどこかへ消えてしまいます。冒険者はそれを追ってテレポーターに飛び込みますが、その先はなんとサンブライトツイン島。そして帰ってきた冒険者を待ち受けていたのは、島にあふれるドゥーム(機械型モンスター)と、ファイナルファンタジーに出てくるような、機械の円塔がいくつもつき出す姿。冒険者はそれを見て唖然とし・・・
 と、ここで前編のシナリオは終わっていました。

 後編のはじめに、冒険者たちはいったん冒険者の宿である桃の実亭に全員集合します。ここで桃の実亭の主人である女ドワーフのヨナタンに、サンブライトツインの領主じきじきに依頼が来ていることを告げられます。

 実はテレポーターは島の中に何個も存在し、蛮族はこのテレポーターを使って島を乗っ取るのではないか? というのです。領主の依頼はこのテレポーターを作動不能にし、蛮族の侵攻を阻止して欲しいというものでした。
 そこで冒険者たちは二手に分かれて、まずは前編で見つけたテレポーターを潰しに行くことにします。

 冒険者たちが現場に向かうと、実はその場所はテレポートステーションになっており、テレポーターが集合している場所だったことが分かります。
 一方のダンジョンはエレベーター式のダンジョンで、階層ごとにテレポーターの部屋があるというもの。
 もう一方のダンジョンはエスカレーター式のダンジョンで、エアポートのような場所からモンスターがランダムに沸いてくるというものでした。
 冒険者たちはいくつもあるテレポーターを片っ端から作動不能にし、そしてこの依頼を難なくクリア。

 冒険者たちが桃の実亭に戻ると、次なる2つの依頼が待っています。
 1つ目の依頼はサンブライトツインのシンボルでもある双塔の巨大な教会に、親玉の一人であるドレイクが向かっているとの証言が。そこでそのドレイクのたくらみを阻止して欲しいというもの。
 もう一つの依頼は、サンブライトツイン島の対岸にあたる大陸部に蛮族たちが大群で待機しており、海にはサンブライトツインを目指す巨大な人型の歩く物体と、空からは翼をつけた怪物の姿があるとのこと。脅威にそなえて、海側の砦で警備をして欲しいというのです。

 冒険者たちは再び二手に分かれ、それぞれの冒険へと向かいます。

 そしてこの2つの依頼もクリアします。

 ところがその結果、サンブライトツインの巨大な教会に、アルメナス文明のものと思われる巨大な大砲があらわれ、海からは巨人がやってくるクライマックスが待っていました。
 巨人を倒すには、巨大砲を撃つ以外に方法はありません。
 が、そのチャンスはたったの一発。
 マギテックシューターであるシモーヌの手に、サンブライトツインの未来がゆだねられます。
 そして一発。
 炎の一撃は見事巨人を貫きます。しかし巨人はぼろぼろになりながらも、サンブライトツインを目指す歩みを止めることはありません。

 冒険者たちは海の砦に集結。最後の決戦に臨みます。
 なんと巨人の正体はミスリルゴーレム。ソードワールド最強の敵。巨大砲の一撃があったとはいえ、手強い敵です。
 冒険者たちは全力で戦い、そして見事にミスリルゴーレムを倒します。

 こうしてサンブライトツインに再び平和が戻ります。街はいったん中断したお祭のやりなおしをはじめ、冒険者たちも領主の館に招かれて・・・

 長く続いた(10回)ソードワールドキャンペーンの幕は、第一部完としていったん大団円で幕を閉じます。
 2人のマスターさん、おつかれさまでした。
 2人のマスターで、毎回連動シナリオをキャンペーンでやるという試み・・・とても大変だったと思いますが、普段とは違う(力の入れようも凄かったし)RPGを体験することができて、参加することができてとても幸せでした。こんな機会はもう滅多にないかもしれませんね。

 追記となりますが、このキャンペーンでマスターをやっていたウチのダンナさんとは、毎回『今日の』シナリオについて話をしながら帰るのですが、今回ウチのダンナさんは、こんなことを漏らしていました。
「あの大砲を撃つシーンで、もしもシモーヌが失敗したら・・・。ゲーム中は直前まで『もしそうなったら?』ってことばかり考えていたよ」と。
 私はそれに対して言います。
「あ、でも、『もしも』失敗していたらっていうバージョンのシナリオをやってみるのも、面白そうだね」
 するとウチのダンナさんはすかさずこう言います。
「それはないよ。RPGだから、『もしも』なんてシナリオはないんだよ。RPGは一期一会だからね」と。

2009/11/23 AM 11:16:05 | [TRPG]

冒険ごっこ
 子供の頃の遊び、覚えていますか?



 私はTRPGのプレイヤーをやると、戦闘嫌いな後ろ向き冒険者でマスターに嫌われるタイプだけれど、今思うと子供の頃から冒険者ごっこは好きだった・・・ような気がする。

 例えば、いつの頃のことだったかは忘れたけれど(小学校中学年くらいか)旅行に出かけた先で、妹と2人、山の上の湖まで行こうと決めた。
 駄菓子屋で食糧と称して飲み物と菓子を買って出発。そしてひたすら歩く。車は巨大モンスターで、これは避けていかねばならないという規則をつくる。
 車を避けたり建物の影に隠れたりしながら、冒険者気分で目的地を目指して歩いたり走ったりした。それだけのことを、子供の頃は楽しんでやっていた。そんなことをふと思い出す。

 秘密の隠れ家とかアジトとかツリーハウスとか、そういうものにも憧れてはいたけれど、結局これは作れずじまい。
 近所に森や林があったり空き地があったりして、作り方など教えてくれる人などにめぐまれていたなら、そんなことも実行できただろうけど・・・。私が子供時代を暮していたのは都心近郊のベッドタウン。町から森がなくなりつつあるそんな時代の最中のこと。

 同世代で東京に住んでいたという人の話を聞いたことがあるけれど、高層アパートの上の方に住んでいた彼女は、外に出ちゃいけないと言われて家ネコみたいな少女時代を暮したと言っていた。
 それに比べると、私はちょっと幸せだったかも・・・。
 でも、アジト、作ってみたかったなぁ。

 そういえばアジトは作らなかったけれど、家から少し離れたところに巨大な公園があって、その公園内に登りやすい木を一本見つけ、それを自分の木と称して秘密基地にしたことはあったにはあった。・・・今思い出した。
 自転車に乗って公園まで行き、自分の木に会いに行く。そこを拠点にまた冒険。自転車を乗り回し公園内で1日中遊んで過ごしたのだった。公園には池あり川あり木々があり・・・冒険には絶好の場所だった。
 ああ、なーんだ。私って、昔っから冒険者だったのね、と今ふと思った。遊び場にも実は恵まれていたかもしれない。

 やっぱりTRPGをいまだにしている人って、子供の頃にも冒険者みたいな遊び、してたのかなぁ・・・。それとも突然大人になって目覚めたとか?
 TRPGをしている人に、子供の頃の遊びのことを聞くと面白そう。
 そんなことをなんとなく思う、今日このごろのことでした。



2009/08/13 PM 04:09:55 | Comment(1) | [TRPG]

マイダイスを買った。
 マイダイスを買った。

 自分のサイコロを買うなんて、何年かぶりのことだ。新宿の某店に行った時に気に入ったものがあって、前々から目をつけていた。高い買い物じゃないから、すぐに買おうと思えば買えたけど、なんとなく今まで買わずにいたのだ。それで今日こそ買う時だ、と思って買った。

 D&Dをやって、20面ダイスや4面ダイスなど、不思議な形のダイスの数々に驚いたのはいつの頃だったろう。その当時は自分の為に、自分のダイスを買うなんて、なんだか特別の事のような気がしてとても嬉しかった。自分の気に入ったダイスを選ぶことが、とても新鮮で面白かった。

 それからは店に行くたびに、変わった模様や変わった色のダイスを見つけては「おお! 新しいダイスだ!」とついつい買ってしまい、気付くと筆箱の中は一杯のダイスの山。だけど私の場合、ダイスによって運がめちゃくちゃいいとか悪いとかそんなものはなく、『これは特別なダイス』というものはなかった。ダイスはセットで気に入っているから『マイダイス』にしている・・・と、単純にそんな感じだった。

 今にして思えば、マイダイスなんて2セット3セット持っていれば、それ以上はいらないものだと思う。だけど、自分のダイスを持っていたいと思う心理はとても不思議だ。
 うっかりダイスを忘れて人のを借りることはあるけれど、ただの遊びなのにマイダイスでなければなぜか心は落ち着かない。なぜだろう?
 もしかすると自分のものには、自分の為だけにチャージされた力があるのだろうか? それともマイダイスは主人に忠実で、私の為だけに力を与えてくれるものなのか?

 いちばん最後に自分の為にダイスを買ったのは、知り合いが秋葉原で身内を集めてコンベンションのようなものをやった時のこと。TRPGをやるというのに、迂闊にもダイスを忘れ、店で買うこととなってしまった。その時のダイスは偶然ではあったけれど、今でも私のお気に入りのダイスだ。しばらくはずっとコレを使っていた。

 そして今日買ったのは、青いフロストダイス。今なぜマイダイスを買いたくなったかは、自分でもよく分からない。
 もしかするとゲームを続けるにあたって、何か新しい風のようなものを感じたかったからかもしれない。初心に戻る・・・といったって、そんなに簡単に出来ることじゃない。だけどきっかけは欲しかったのかもしれないなと思う。

 マイダイスは小さな風だと思う。
 自分の為の『新品』を買うって行為・・・それはちょっとした幸せかもしれない。

 ダイスは今、ダイス入れ用の革の袋に入っている。
 ソードワールド2.0の為に6面も買い足したので、全部で9個。
 今度のキャンペーンでさっそく使ってみようと思う。ただしこのソードワールドのキャンペーンは、次回で第一部完結。キャンペーンの終わりにダイスを買うなんて、なんだか間が悪いとしかいいようがないんだけど、もしかしたら最後の最後でどんでん返しを引き起こすかも?

 結果は使ってからのおたのしみ。
 もしかしたら、とてつもなくヒドい目のダイスかもしれないし。


2009/08/13 PM 08:25:09 | Comment(0) | [TRPG]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫


(C)2004 copyright suk2.tok2.com. All rights reserved.