くまつま日記
ありふれた主婦のありふれた日記。 この日記をつけ始めて、自分がかなりの「親ばか」であることに気がついた。別名「親ばか日記」かも?

いらっしゃいませ♪

2006年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

プロフィール
名前くまつま
URLhttp://www.geocities.jp/kuma3ikka/
血液型A型
星座牡牛座
くまさん=一家の主
くまつま=主婦
メカゴジ=中1長男
みやりん=小3長女
この地は6年目に突入。最長記録更新中。


最新記事
2007年01月09日  スーパードンキーコング
2007年01月08日  祝! 成人
2007年01月07日  劇場版 どうぶつの森
2007年01月06日  小倉百人一首
2007年01月05日  テニス始め

カテゴリー
日記(672)
HPを作ってみたい(9)
小学校(101)
読み聞かせ(22)
家族(86)
みんGOL(27)
思い出話(4)
中学校(5)

過去記事
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月

2006年08月25日  猫の気持ち?
あるホラー作家が書いたエッセイのお話。

自分が飼っている猫が子供を生むと
その子供を自宅横の崖にポイポイ放り投げちゃうそうだ。
この作家に言わせると

獣の雌にとっての「生」とは、
盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。

そして
もし猫が言葉を話せるならば、
避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。

という考えかららしい。

猫の気持ちをそこまで汲むことができるのに
なぜそこで止まってしまうのかな。

その先の猫の気持ちを考えれば
苦労して生んだ子供をなめたいだろうし
おっぱいもあげたいだろうに・・・
おまけに猫が言葉を話せるなら
生んですぐ殺されるとわかっている子なら産みたくは無い!と
言うかも知れない。

エッセイでは
自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。
もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである

と結んでいる。
「生」って子供を生んで終わり?
この中途半端な状態で
「充実」という言葉を使っているのが腹立たしい。

何の話?と思った方は
「子猫殺し」で検索してみてください><


追記:
子猫を殺しちゃうくらいの人だから気づいてないかもだけど
避妊をする飼い主には痛みがないとでも?

PM 12:16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp