すくすくBLOG TOP RSS
黒き月、白き闇
メンヘルなことばかり・・・

2006 - September
SunMon TueWed ThuFri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Latest Report
2008/09/24  色々なこと
2008/05/28  明日の朝とか
2008/05/26  できることならば
2008/05/18  チョコラテ
2008/05/14  やりづらい

Category
日記(1001)
今週のジャンプ(8)
F1(37)
アニメ(18)
魔法先生ネギま!(38)
BLACK CAT(20)
愚かなる戯言(19)
Key&雪の降る街…(15)
時事問題(5)

Past Report
2008年09月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月

Profile
名前ZERO
性別
血液型O型


F1イタリアGP決勝
マスコミのあおり方やそれに対するフェラーリの身の振り方から予想はできていた。

ついに今シーズン限りでミハエルは現役を引退することが発表された。



なんとなくそれがわかっていたからかもしれない。

なぜかレース中盤でミハエルの走りを見ていたら涙が出てきた。

ちなみに優勝後も涙が。

レースを見て泣けたのは多分、初めて。

当たり前のことなんだろう。

時代が流れていったというだけのことなのだ。

ミハエルも37歳。

残り3戦、鈴鹿には行けないけれど本当に応援しよう。




レースは序盤から1位争いと3位争いが白熱。

ライコネンがPPからそのまま1位を守る。

しかしミハエルも一歩も引かず、両者ともに驚異的なペースでレースを引っ張っていく。


アロンソは妨害行為があったとされてグリッド降格して10番手からスタート。

しかしすぐに順位を上げていくアロンソ。


トップ争いは1回目のピットインで動きが出た。

先にライコネンがピットイン。

2周ほど後にミハエルが入り、ライコネンの前に出ることに成功。

その後もミハエルがトップを守り続ける。

3位争いは変則2ストップのチームや1ストップのチームがあったりでなかなか順位が決まらず。

入れ替わり立ち代り順位が変わっていくが中盤を過ぎたあたりで安定。

クビカ、マッサ、アロンソ、バトン、ハイドフェルドが付かず離れずの争い。



ピットストップでアロンソがなんとクビカ、マッサを抜くことに成功。

これで一気に表彰台圏内に入る。

がしかし、その後にアロンソのマシンから煙が。

このエンジントラブルでアロンソはリタイア。

オイルを踏んだマッサが緊急の3回目ピットイン。

結局ポイントは取れずに9位で終わる。



ミハエルとライコネンの争いも最後のピットイン後は差が開く。

最後はミハエル、そしてライコネンもマシンを抑え気味でチェッカーを受ける。


これでミハエルは通算90勝。

そしてアロンソとのチャンピオン争いではなんと2pt差まで詰め寄った。

コンストラクターズではフェラーリが逆転。

ルノーに3pt差をつけている。



ミハエルの引退。

F1界においては大きな出来事。

あと残りの中国、日本、ブラジルGPの3戦。

これで皇帝の走りは本当に見納めだ。

それを忘れずに見ていこう。

2006/09/11 AM 12:50:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp