すくすくBLOG TOP RSS
黒き月、白き闇
メンヘルなことばかり・・・

2006 - April
SunMon TueWed ThuFri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

Latest Report
2008/09/24  色々なこと
2008/05/28  明日の朝とか
2008/05/26  できることならば
2008/05/18  チョコラテ
2008/05/14  やりづらい

Category
日記(1001)
今週のジャンプ(8)
F1(37)
アニメ(18)
魔法先生ネギま!(38)
BLACK CAT(20)
愚かなる戯言(19)
Key&雪の降る街…(15)
時事問題(5)

Past Report
2008年09月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月

Profile
名前ZERO
性別
血液型O型


今週のネギま!
132時間目「春は出会いと別れの季節ネ」


明日菜の一件が先週で一段落したので今週はようやく超の話。

麻帆良祭二日目の武道会後、高畑たちから逃げた超。

カシオペアの試作2号機で超はなんと未来へ逃げていた。

ただ、やはり魔力の関係で半日程度の跳躍しかできず。

それでも誰も未来へ時間跳躍したとは誰も思わないだろうとの考え。

そして、古にだけは別れを告げに行く。

その台詞からは超には珍しい感情が見えていた。



一方、その頃のネギはようやくいいんちょたちに追いつく。

追うと言うネギにそれはやめておいた方がいいと止めるいいんちょ。

明日菜はどうやらエヴァの別荘にいる模様。

代わりに木乃香が向かうことに。

それならタカミチのところへ行くと言うネギだが、刹那にも止められる。

しかし、意外にも楓の口から出た言葉(いいんちょが言おうとしていたみたいだが…)


「恋愛というのは人と人との関係…各々の心の問題でござるからな。上手くいかぬコト…どうしようもないこともあるでござるよ」


そしてその言葉にいいんちょも刹那も同感であったようで、ネギを諭す。

またまた舞台は変わってタカミチとアルビレオのところへ。

アルビレオは10年もの間、この麻帆良学園にいた様子。

おそらく図書館島だと思われるが…。

そしてアルビレオは世界樹の魔力が満ちる学祭のときにしか出てこれないとのこと。

これはなにか裏があるのだろうか。

そしてやはりナギが生きているだけは確かだと言えるという事はアルビレオの契約相手はやはりナギなのだろうかと。

しかし、やはり身動きの取れないアルビレオにもナギの行方はわからない…。




またネギたちの方へ場面は戻る。

そこには寂しそうに肉まんを食べる古が。

超が学校を辞めるということをやっぱり言ってしまう古。

そして超から預かった退学届を古から渡されるネギ。

超は学園祭が終わったらすぐに学園を発つとのこと。


「今までありがとネ、古。みんなに別れは告げないからよろしく言といて欲しいネ。『楽しかた』ト」


超から出た意外な台詞。

超にとっては古はちょっと特別な存在だったのだろう。

少し超の人間らしさが垣間見えたような気がした部分でもある。

そしてタカミチも呼び出された電話がネギにも。

どうやら超の退学のことで会議がある模様。

慌ててネギは会議へ向かい、刹那も「急用が…」と後を追う。



そして大学部の研究会やお料理研究会などに一通り別れをしに回る。

葉加瀬は留まる訳にはいかないかと申し出るが、明日を逃すと22年後まで帰郷できなくなるという。

超にある何かの目的のためにここを去る様子。

その意思はとても強いようだ。

超は帰郷するとの名目で学校を辞めるのだが、そこには茶々丸が必要な様子。

そこへエヴァンジェリンが箒に乗ってやってくる。

どうやらある程度エヴァはどういうことなのか知っている様子。

そしてネギと敵対するかもしれないとの言葉にも「どんどん困らせてやれ」とさすがエヴァ。

茶々丸も貸してやるとのことから何かエヴァも理解できる目的が超にはあるようだ。

そして超の携帯にはネギからメールが。

超と一対一で会いたい、と。

戦闘にはならないにしてもネギVS超の構図はもう揺るがない…。



ようやく超の一件に話が進む。

そして突然の退学。

超の堅い目的への執着。

それがなんなのか。

おそらく魔法界にも関わることなのだろう。

エヴァンジェリンが知っていてそれを黙認することからそれほど血生臭いことではないだろうが…。

まだまだ超に関しては謎だらけだがそれが判明するのは物語の後半ではないかと。

詳しくはわからず有耶無耶なまま次の話へ進むような気がする。

超の天才的な頭脳、カシオペアを作れるほどの水準はもはや普通ではない。

そしてこの世界樹の魔力の満ちる最終日にしか帰郷のチャンスがないという。

もしかしたら超は本当に未来人かなにかかもしれない。

それならばネギの血縁者という言葉とも辻褄が合う。

こればかりはまだまだわからないだろうが…。



来週は超のことでドタバタしそうです。

もしかしてここでネギと超が軽い戦闘をするかもしれないけれども。

本格的な魔法合戦にはならないだろう。

しかし、なんらかの謎を残して去って行きそうな気はする。

今週のネギま!はこの辺で。

2006/04/12 AM 12:21:57 | Comment(0) | TrackBack(4) | [魔法先生ネギま!]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp