すくすくBLOG TOP RSS
黒き月、白き闇
メンヘルなことばかり・・・

2020 - August
SunMon TueWed ThuFri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Latest Report
2008/09/24  色々なこと
2008/05/28  明日の朝とか
2008/05/26  できることならば
2008/05/18  チョコラテ
2008/05/14  やりづらい

Category
日記(1001)
今週のジャンプ(8)
F1(37)
アニメ(18)
魔法先生ネギま!(38)
BLACK CAT(20)
愚かなる戯言(19)
Key&雪の降る街…(15)
時事問題(5)

Past Report
2008年09月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月

Profile
名前ZERO
性別
血液型O型


所詮この世は弱肉強食
時間がなんとなーくあるのでたまには真面目に語ってみようかと。
まあ完全に自分勝手な語りなので。



いわゆる「自殺問題」
1年の時には授業の論文テーマに選んだ問題でもある。
2年前の時点では既に自殺問題にはかなり関心を示してたのが俺。
きっかけはやはり自身の衝動。
正直、今もその心は変わってないし、「死ぬ気」で「生きて」るワケだ。



平成10年の時点で自殺者は年間3万人を超えてる。
つまり、もう8年も自殺者3万人突破するという事態。
単純な掛け算
8×3万人=24万人。
その前の2年でも3万近いことを考えれば30万人弱の人がこの10年で自殺。

これは異常な数値。
まあそれまで全く対策を考えもしなかった政府は問題ありだとは思いますが。
ただ確かに多くは自身の心の問題であったり経済苦であったり。
他にも病気が苦でなどと把握はしにくい。
でもやはりこの人数は異常。
そして自殺対策基本法なんてものを作った。



で、この法でなにができるのか?
・国・自治体に対しては、効果的な予防策のために自殺の実態調査や
職場や学校、地域における心の健康を保つ体制の整備の要求を。
また、政府に対しては、自殺対策大綱の策定と、国会の年次報告を求めている。


で?っていう感じがしません?
調査は必要。
情報がなければ対策の立てようがない。
でもそれがこの法の基本的施策だというのはおかしいんじゃない?
これを前提として作るのが対策法じゃないの?
だってこの法では誰も救えないよね?





まあここまでは簡単な法的な話でした。
で、なんでこんなに自殺者がここ最近で増えているか、ですよ。








ここで罠を仕掛けました。





最近で急激に自殺者が増えたと思ってる人。


マスコミに踊らされてます。
もう少し情報は取捨選択していかないと何が真実かわからなくなりますよ。

ただこの件に関してはこれが逆にいいきっかけにはなったかもしれません。
今までそれほど大きく自殺問題が取り上げられていなかった。
今、こうしてマスコミが取り上げている事実。
これは過去10年ずっと同じようなことが起こってきた。
でもマスコミが取り上げないから大半の人々は年に3万人も自殺者がいることを知らない。
今も知らない人だって多いかもしれないけれど。
しかしこうしてマスコミが毎日のように自殺のニュースを挙げるようになった。
まあその裏には数字が取れるからというところがあるんだろうけど。
そうであったとしても結果としてこうして世の中に知らしめていっている。
きっかけとしては無駄ではないでしょう。





そして取り上げられるのは主に「いじめ」を苦に自殺する小中学生が多い。
これはやはり視聴者がそういう年齢の子を持つところにも起因するだろうが。
いじめの対策だったりなくしていくようにと本気で考えているのだろうか?


石原都知事の言ってることはどう考えても強者の意見。
むしろいじめる側の意見であっていじめられる側を知らない。
だからああいう無神経な発言ができるんだろう。
まあ他の発言をみても無能な発言も多いので仕方ないか。

問題はそれより本当にいじめをなくそうと、なくなると信じている人たち。

はっきり言うといじめはなくなりません。

タイトルに書いた通り生物の掟。
弱肉強食。
人間だって所詮は生物の一部。
目の前に腹をすかせたライオンがいたら食われますよ、そりゃ。
でもこっちが銃でも持っていれば逆に自分の命が助かる。

人間も多種多様。
特に自由な風潮の時代になって人の性質はさらに多様化した。
だから格差社会だの「格差、格差」と頻繁に言われるようになった。
日本が競争主義的な社会を目指していく以上、格差はなくならない。
それがあることが理想とされる社会なわけだし。


生物が進化する過程はいつも弱肉強食の世界にあった。
それは人間も例外ではない。
特にこのような社会、世界においては。
いじめもそういう意味では強者が弱者を虐げているだけ。
だから世の中から「競争」や「強弱」という概念が消えないといじめは消えない。
でもこの概念が消えることはまず考えられない。
それを考えるくらいなら日本が消える可能性の方が高いだろう。


しかしいじめが問題ないということではない。
実際、今のいじめは陰湿で限度を知らない。
今の子供はいい年になっても精神年齢が異様に低い。
これは社会の問題と親の問題の両方。
昔に比べ、いじめの内容・程度が変わってるんだろう。
たぶん、いじめられる側はほとんど変わってない。
これからどういった対応をとっていくのか。
いじめ・自殺の問題ともに注目はしてる。
期待はしてないけれどね。
今の日本の政策は現実を直視していないから。



さあ、どうなる?

2006/11/15 AM 01:34:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [時事問題]
ちょっと真面目な記事を
まずは母親毒殺未遂事件

まず最初に私が感じたのはあまりにも用意周到だなということ。
そもそも劇物を手に入れること自体がかなり難しいのに。
この子はその辺も考えてうまくこなしていた。


あまりのその手際に正直、唖然とした…というのが私の第一印象かな。
いくら完璧に準備をしたとしても、普通は必ずどこかでボロが出る。
もちろんだから捕まるに至ったのだろうけど…。


今の時代、高校生や中学生だからといって甘く見てはいけないと思う。
そのうち書こうと思うけど、町田女子高生殺害事件も犯人は高校生。
今の高校生は甘く見てはいけないと思う。
少年法とか、まだ未成年だからとかで済まされるような時代じゃないかもしれない。


これは賛否両論あると思うけど、個人的には少年法などという甘い制度は早期撤廃すべき。
犯罪は犯罪なんだし、誰がやろうと精神的に発展途上だったとしても罪は罪。
受けるべき罰にせめて不平等な世の中においては平等であって欲しい。
今の時代は少年を法で守るよりもむしろ罪を厳しく罰する必要があるんじゃないか。

2005/11/13 AM 02:50:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | [時事問題]
疑問…
経済産業省は景気は上向いていると言うけれどな。


私個人の見解としては今の景気の一時的な上昇はちょうど設備投資の交換時期だろう。
短期的には確かに上向いているかもしれない。
政府もそれを安易に楽観視しているみたいだがな…。


経済学の授業で、教授が「私は長期的にはほとんど変わっていないと思う」という言葉にほぼ私も賛成だ。

設備投資は一つの企業で言えばだいたい10年周期くらいが一般的。
それがおそらく前年から今年くらいにちょうど当たってるんだ。


私は今の政府見解はあまりにも楽観視しすぎだと思うぞ。
ここで定率減税の廃止や税金の値上げをしたならば、高確率で景気はまた下向くだろうな。
年金問題、税金問題、国債問題、外交政策、医療費、公団の民営化。
まだまだ様々な問題が山積みなのだ。
全てにおいて最高の結果を出せとまでは言わないが、せめて年金対策、税金、医療費、なんかは優先すべきだろう。

まあ私一人の力では何も出来ないがな。
今後の議員を信用はあまり出来はしないが、小泉の自民党を壊してでも改革を進めるという言葉を信じてみるか。

ダメだ、眠い。
もう寝よう。
ったく、はぁ、できることなら私も女に生まれたかったものだな。
どうにも男は色々と不便だな。
もちろん女もまた大変なんだろうが。

最近はほとんど文章を書いてもいないし、久しぶりに書いておこう。
たまには書かないと腕が鈍るからな。
さて、そろそろ本当に寝るぞ。
時間があれば明日もGT4で鈴鹿を30周前後くらい走ろう。

2005/10/04 AM 01:53:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | [時事問題]
衆院選
今回は住民票のあるところにいたので選挙行きました。
非常に若者にも興味があったみたいでいいことだとは思います。
ただその有権者の判断基準が「小泉さんカッコいいから」とかはやめて欲しい。
でも彼の郵政民営化にはまだ内容は不十分だから反対。
でも民主のほぼ自爆的な選挙活動には呆れた。
特別自民党を信頼はしてないけど、消去法から言うと自民しかなかったんじゃない?
ちょっと岡田代表では役不足だったんじゃないかなぁ。


でも過半数以上が自民となると、油断すると恐ろしい国家になりそう。
でも今の日本だから、変なことしようとしたら誰も大臣には追随しないだろうね。
個人的には早く民営化して他の年金や税政策、社会保障にも取り組んで欲しいな。
もちろん外交にもできるだけ力を入れて欲しいと思う。
今はなにより国際社会の時代なんだから。

2005/09/17 AM 04:23:30 | Comment(0) | TrackBack(493) | [時事問題]
再びロンドンでテロですか?
ロンドンでまた同時爆発

今度は本格的にイギリスを狙い始めたのでしょうか。
つまり、イラク戦争に協力的だった国を標的にしてる…と。

ならば日本ももちろん例外じゃないはず。
というかそもそも例外なんて考えていてはダメだ。
間違いなく狙いの標的に入っていることは明白だろう。

しかし、それにしてもどうして彼らは血を流すことばかりを行うのだろう。
彼らの思想とかそういう理由はわかるけれど、それでもこういう形で報復することに意味はないだろう。
報復をすればその報復が、そしてまたその報復が…。
螺旋のように延々と繰り返される悪夢。

いつか終わりは来るのだろうか。
それとも先に終わるのは人類の方なのか…。

2005/07/22 AM 12:27:11 | Comment(0) | TrackBack(522) | [時事問題]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫

Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp