すくすくBLOG TOP RSS
黒き月、白き闇
メンヘルなことばかり・・・

2020 - August
SunMon TueWed ThuFri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Latest Report
2008/09/24  色々なこと
2008/05/28  明日の朝とか
2008/05/26  できることならば
2008/05/18  チョコラテ
2008/05/14  やりづらい

Category
日記(1001)
今週のジャンプ(8)
F1(37)
アニメ(18)
魔法先生ネギま!(38)
BLACK CAT(20)
愚かなる戯言(19)
Key&雪の降る街…(15)
時事問題(5)

Past Report
2008年09月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月

Profile
名前ZERO
性別
血液型O型


F1日本GP決勝
























なんていったらいいんだろう。



うん、悔しい。


最後の鈴鹿。

あのまま普通に走っていれば手にしていたはずの優勝の二文字。


今まで出なかったエンジントラブル。



なにもここにきてこの大事なレースで、





ミハエルがリタイアした後は本当にアロンソのリタイアを祈ってた。

確かにアロンソは速い。

でも去年チャンピオンになった時もそうだ。

表彰台には乗っているが優勝回数は一番多いというわけじゃない。

今年だってこれでミハエルと同じ回数。

そして何より嫌いなのは品格がない。



嬉しいのはわかる。

けどアロンソの表現の仕方はやっぱり嫌い。




これでチャンピオン争いは一気にまたアロンソ有利になった。

というか次の最終戦ブラジルGPでアロンソがノーポイントが前提となる。

その上でミハエルが優勝しなければならない。



不可能に極めて近い。



最後の鈴鹿でのF1レース。

個人的には本当に悔しいという気持ちしか残らなかったなぁ。

本当に悔しいです。

2006/10/08 PM 09:32:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1日本GP予選
























鈴鹿での最後のGP。

予選では最終的にチームごとにまとまっての順位。

1.マッサ
2.ミハエル
3.ラルフ
4.トゥルーリ
5.アロンソ
6.フィジケラ
7.バトン
8.バリチェロ


琢磨と左近はやはり第1ラウンドで落ちる。

左近はしかもミスってすぐにマシンを止めてしまったし。

琢磨は惜しかった・・・。

もう少しで第2ラウンドいけたんだけどね。



そしてなによりすごいのが第2ラウンドでのミハエル。

1分28秒台という物凄いタイム。

今のF1は2.4Lエンジン。

昔の3.0Lエンジンならわからなくもないけれど。

本当にすごいタイムでした。


第3ラウンドはミハエルがトップタイムでPPかと思いきやそこへマッサ。

個人的には最後の鈴鹿、ミハエルにPPをとって欲しかった。


今回はトヨタの2台が3−4という好順位。

ブリジストンタイヤがいいのか、1−4までは全部ブリジストン勢で占めてる。



気になるチャンピオン争いのアロンソは5番手と3列目スタートとなる。

前にフェラーリの2台、トヨタの2台はアロンソも少々厳しいか。

ホンダ勢もかなり頑張ってるようなので本当に明日の決勝が楽しみです。



今回でしばらくは最後となる鈴鹿。

そして最後の鈴鹿を走るミハエル。

舞台は整った・・・。

2006/10/07 PM 09:32:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1中国GP決勝
本当にドラマティックな展開だった。

なんとミハエルが優勝し、アロンソが2位入賞という結果。

その結果でミハエルとアロンソのポイントが並ぶ。

同点で2人が1位。

カナダGP終了時点ではまだ20pt差以上あったというのに。

まだまだ引退するとは思えない走りを見せてくれる。

残り2戦。

次は鈴鹿での日本GP。

そして当分は鈴鹿で行われない最後の鈴鹿でのGP。

なんとかしてチケットを入手しておくべきだったと今も思っている。

2006/10/01 AM 01:38:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1イタリアGP決勝
マスコミのあおり方やそれに対するフェラーリの身の振り方から予想はできていた。

ついに今シーズン限りでミハエルは現役を引退することが発表された。



なんとなくそれがわかっていたからかもしれない。

なぜかレース中盤でミハエルの走りを見ていたら涙が出てきた。

ちなみに優勝後も涙が。

レースを見て泣けたのは多分、初めて。

当たり前のことなんだろう。

時代が流れていったというだけのことなのだ。

ミハエルも37歳。

残り3戦、鈴鹿には行けないけれど本当に応援しよう。




レースは序盤から1位争いと3位争いが白熱。

ライコネンがPPからそのまま1位を守る。

しかしミハエルも一歩も引かず、両者ともに驚異的なペースでレースを引っ張っていく。


アロンソは妨害行為があったとされてグリッド降格して10番手からスタート。

しかしすぐに順位を上げていくアロンソ。


トップ争いは1回目のピットインで動きが出た。

先にライコネンがピットイン。

2周ほど後にミハエルが入り、ライコネンの前に出ることに成功。

その後もミハエルがトップを守り続ける。

3位争いは変則2ストップのチームや1ストップのチームがあったりでなかなか順位が決まらず。

入れ替わり立ち代り順位が変わっていくが中盤を過ぎたあたりで安定。

クビカ、マッサ、アロンソ、バトン、ハイドフェルドが付かず離れずの争い。



ピットストップでアロンソがなんとクビカ、マッサを抜くことに成功。

これで一気に表彰台圏内に入る。

がしかし、その後にアロンソのマシンから煙が。

このエンジントラブルでアロンソはリタイア。

オイルを踏んだマッサが緊急の3回目ピットイン。

結局ポイントは取れずに9位で終わる。



ミハエルとライコネンの争いも最後のピットイン後は差が開く。

最後はミハエル、そしてライコネンもマシンを抑え気味でチェッカーを受ける。


これでミハエルは通算90勝。

そしてアロンソとのチャンピオン争いではなんと2pt差まで詰め寄った。

コンストラクターズではフェラーリが逆転。

ルノーに3pt差をつけている。



ミハエルの引退。

F1界においては大きな出来事。

あと残りの中国、日本、ブラジルGPの3戦。

これで皇帝の走りは本当に見納めだ。

それを忘れずに見ていこう。

2006/09/11 AM 08:05:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1トルコGP決勝
























アロンソとミハエルの対決も気になってくるF1GP第14戦。

予選ではフェラーリの1−2でルノーの3−4というまさに赤VS青という布陣。

しかし前回のハンガリーGPで初優勝のバトン、スピードはピカイチのライコネンもいる。



そんな中でスタート直後に多重クラッシュ。

ルノーのフィジケラが巻き込まれてすぐにピットに戻る。

ライコネンも後続に追突され、左リヤタイヤがバースト。

ピットに戻ってタイヤを換えるがすぐにクラッシュ。

早くもライコネンが消えた。




途中、SCが入ったことでなんとフェラーリは2台が同時にピットに入ってしまい、前を走ってたマッサが先に給油。

そしてミハエルはそれを待つという態勢になってしまう。

ミハエルが作業している間に3番手のアロンソがピット作業を終え2番手に。


その後もミハエルとアロンソの戦いが続く。

結局、最後のピットインでも抜くことができずにミハエルは3位。

アロンソは2位という結果。

マッサが初のポールトゥーウイン。

ミハエルは最後の最後までアロンソを追いかけるが最後はコンマ1秒程の差で追いつかず。

しかし、最後の最後まですごい戦いだった。

アロンソを最高でコンマ4秒ほどまで追い詰めるミハエル。

非常に激しいバトルのGPであった。



これでアロンソとミハエルのポイント差は12ptに広がった。

逆にコンストラクターズはマッサの優勝でルノーとフェラーリは2pt差まで縮まった。


次戦のイタリアGPでミハエルの去就が発表される。

引退か現役続行か。

イタリアGP決勝は来月9月10日に行われる。

2006/08/27 AM 01:41:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1ハンガリーGP決勝
























ハンガリーGP決勝。


いやぁ、すごいレースでしたね。

波乱の後にまた波乱の連続。



まずは天気が悪いせいでコースはウェット状態。

それがスタート時では水が凄かったもののレース中盤くらいはもう乾き始めてくる。

終盤は完全にドライタイヤでいかないとダメな状況でした。



まずはスタートはライコネンがトップ。

フェラーリ、ルノーの2台も良い位置まで上がってくる。

しかし、フェラーリの2台はイマイチ速度が上がらず。

逆にルノーの2台はこのウェット状態でもグリップが良い様子。

まずはアロンソがミハエルをかわし、バトンにもかわされるミハエル。


フィジケラを抑えつつも一度、接触してフロントウイングを失うミハエルだが、フィジケラもすぐにリタイアとなる。


ライコネンとバトンのピットストップで15番手スタートのアロンソがなんとトップに躍り出る。

そしてライコネンが周回遅れのマシンを避けられず追突。

クラッシュを喫し、ライコネンもリタイア。


走行ラインが乾き始めるとブリジストンタイヤを履いているマシンが調子を取り戻してくる。


終盤に入り、アロンソがドライタイヤへ履き替えてピットを出る。

しかし、右リアタイヤの装着トラブルでアロンソはスピンしレースをリタイヤしてしまうことに。

これでトップがバトンになり、ミハエルも表彰台を狙える順位へ。

しかし多くのマシンがドライに履き替えているが、ミハエルは2位に浮上していることもあり、ドライに履き替えずに走行を続ける。


デラロサの追撃になんとか数周は抑えるミハエルだが、ドライタイヤの方が既にタイムは2秒ほど早い状況。

デラロサ、そしてハイドフェルドにも抜かれ、4位へ後退。

それでもこのままチェッカーを受ければアロンソとの差は一気に縮まる。


しかし、残り3周で悪夢が。

ついにミハエルのマシンがスローダウン。

そのままあともう少しのところで無念のリタイア。

そして、バトンがそのまま優勝。

2位にデラロサ、3位ハイドフェルドと波乱のレースになった。



スーパーアグリの左近はまたオープニングラップでレースを終える。

琢磨は14位で完走。


今回のバトンの優勝はHONDA参戦7年目にして初優勝。

HONDAにとっては非常に記念すべき日となった。



ドライバーズポイントはアロンソ、ミハエルともにリタイアのため、変化なしの11pt差。

コンストラクターズではマッサが8位に入賞したために1pt縮まり9pt差。

ルノーとフェラーリの差もかなり縮まってきた。


本当に波乱だらけのハンガリーGPだった。


次戦は3週間後のトルコGP。


このレースでスーパーアグリは本当の意味で、ニューマシンが完成する。

テストを行わずにニューマシンを持ってきただけに左近にはトラブルも多い。

琢磨もまだタイムは上がりそうな予感。

トルコGPも非常に楽しみだ。



そしてトルコの次のイタリアGPでミハエルの去就が発表されるそうだ。

引退か、それともまだレースを続けるか。

個人的には絶対に引退はして欲しくない。

今シーズンでワールドチャンピオンに輝いても引退を囁かれる。

しかし負けてもそれはそれで引退か?といわれる。

どっちなんだって感じもするが、やはりまだこれだけの速さを持っているミハエル。

引退するには少し早すぎる。

2006/08/07 PM 09:32:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1ハンガリーGP予選
今回はアロンソとミハエルともに2秒加算のペナルティという状況で迎えた予選。

なんとか2台とも第2ピリオドまでは残るが第3ピリオドまでは進めず。



バトンがエンジン交換のため、4番タイムを記録したが結局10番グリッド降格。

そのためミハエルが11番手スタート、アロンソが15番手。


そして予選1位のタイムはライコネン。

マッサが2番手と続く。

フィジケラは7番手。


ここにきてライコネンは2戦連続PP獲得。

マッサも2番手は悪くない位置です。

十分、レースのペースを握れるでしょう。

問題はフィジケラ。

さすがにこのポジションじゃアロンソにも何もしてやれないでしょうね。

ゲームで多少コースを知っていてもやはり抜きづらいハンガロリンク。

前回のドイツ、ホッケンハイムに比べればやはりやりづらいでしょう。

ここでマッサがいい順位でチェッカーを受けてコンストラクターズポイントを縮めるのか。

それともフィジケラとアロンソがなんとか巻き返すのか。




今までは完全にミハエルとアロンソの戦いのGPでしたがここで少々変わった展開です。

ライコネンが久々の1位で優勝することができるでしょうか。

明日のレース、どうなるのかちょっとわからないですね。

2006/08/06 AM 12:31:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1ドイツGP決勝
























予選はライコネンの燃料が軽かったために1番手からのフロントロースタート。

ミハエルも2番手スタート。

アロンソは振るわず7番手スタート。



しばらくはライコネンがいい感じで走っていたがかなり早めにピットイン。

しかし、ピット作業にミスがあり一気に後退する。

そこでトップにたったのがミハエルとマッサのフェラーリコンビ。

この2台がどんどん後続を引き離してほぼ1−2体制。


3位以下はライコネンがピットでのミスのせいでバトンが3位。

中盤で琢磨は油圧系のトラブルでリタイア。

その後、ウェーバーが変則2ストップで3番手争いへ。

バトンが3位を守っていたが3回目のピットストップの後のライコネンがペースを上げる。

しかし結局ウェーバーは残り10周もないところでスローダウンしリタイア。

そしてライコネンがバトンを比較的あっさりオーバーテイクしてそのままフィニッシュ。



フェラーリ1−2にライコネンといった久々な表彰台。

ルノーはアロンソが5位、フィジケラが6位とイマイチ。




ワールドチャンピオン争いが一気にここへきて加熱してきた。

アロンソが今はトップだが2位のミハエルとの差はわずか11pt。

そしてここへきてミハエルは3連勝という快調ぶりを見せている。

一方、アロンソはイマイチといった感じか。

残りのGPはまだ結構ある。

ミハエルがまた王座奪還する可能性は十分出てきた。




スーパーアグリはSA06になって確かにパフォーマンスは良くなった。

が、やはりまだまともにテストも出来ていないから今回のリタイアは仕方がない。

左近は予選前のフリー走行でマシンを壊してしまった影響もあるだろう。

どちらにせよ、まだもう少しパフォーマンスが安定するまでは時間がかかるだろう。



それにしてもミハエルのここまでの堂々たる走りぶりは久しぶりに見る。

つまらないくらいに強すぎた数年前までの走りと言えるくらいに今回のフェラーリは速かった。

しかし、対するルノーはどうにも調子が上がらず。

その代わりチャンピオン争いが面白くなってきたからこれはこれでいいだろう。

今年はアロンソがまた王者に輝くのかそれともミハエルが王座奪還するのか。

非常に面白くなってきた。

2006/07/31 AM 05:24:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | [F1]
F1フランスGP
























フランスGP決勝。

予選はフェラーリが1、2だったので結果的には良かったでしょう。

ミハエルがアメリカのインディアナポリスから連勝。

そして今回の走りを見ていてもさすがと思う走りだった。

まさにマーベラスなパフォーマンスだったと思う。



アロンソはよくマッサを抜いたなぁ。

そういう意味でも本当に安定性のあるドライバーだ。


マッサはルノーの作戦にやられてしまった感があるから仕方ない。

とにかく今回はミハエルの速さが目立ったレースでした。

2006/07/17 PM 11:17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
26時間テレビで放送がありませんが
ミハエルがPPを前回に引き続きゲット。

フリー走行の結果だけを見てたらまたアロンソ復活かなと思ったが。


マッサも予選2位でフェラーリがフロントローを独占。

しかしさすがアロンソ。

3位にちゃんと入ってる。

フィジケラは7位とイマイチか。


そしてここ最近調子がよく見えるのがトゥルーリ。

4位を獲得してラルフも5位。

ライコネンが6位とイマイチ振るわないがどうだろうか。


明日の決勝でミハエルが優勝してアロンソが前回のように表彰台に上れなかったらチャンピオン争いが一気にわからなくなってくる。

ここにきてようやく今シーズンのF1が面白くなってきたか。


個人的には次戦のドイツGPから投入されるスーパーアグリの新マシンが気になる。

どの程度の飛躍が可能なのか。

まずは明日に期待。





そして明日のフランスGP決勝を前に自分もサーキット・ド・マニ-クールをPS2のゲームで走ってみた。

さすがにリアルと同じ周回を回るのは疲れるので21周ほど。

ドライバーはライコネンで走ってみた。

easyモードだとあまりにも楽すぎるw

結構オーバーテイクできる場所もあるから面白いけどね。



ある意味で明日の決勝の予習でした。

2006/07/16 AM 01:34:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1アメリカGP決勝
























遅くなりましたがアメリカGPの決勝です。

結果だけでいきましょうか。

ミハエルが余裕の走りで1位。

マッサも同じく2位。

そして3位にフィジケラ。

4位にトゥルーリ。



今回はフェラーリとブリジストンがいい感じでしたね。

アロンソはどうもイマイチの走りだった様子。

まあたまにはこうでなくては面白くない。

というか少々アロンソの勝ちすぎで面白くなくなってたところだし。

なにより一番最初の大混乱でマクラーレン2台が姿を消したのは…。

琢磨もSC明けにすぐに突っ込んでるし。

まあ今回はミハエルの嬉しそうな姿を見られて良かったです。



次回はフランスGP。

ミハエルがこのまま1位を取ってアロンソがたまに失敗すると面白いことになりますよね。

2006/07/05 AM 12:28:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1カナダGP決勝
























F1カナダGP決勝。

予選もアロンソがポールを獲得していたので結果、4連続のポールトゥーウイン。

今回の注目はとりあえずアロンソとミハエルとライコネンでしょう。



アロンソは相変わらずの速さ。

前半ライコネンがピット作業でトラブルを起こすまではなかなかアロンソと競っていたが…。

スリップに入って抜くか?というシーンもあって見ごたえはあったね。

ライコネンはここにきてようやく調子を取り戻しつつあるようで。

ただ同じマクラーレンのモントーヤは今回ちょっと強引な走り。

ロズベルグ相手に無理に入ったり、その結果レース早々で姿を消す。

マクラーレンが回復の兆しを見せてはいるんでしょう。

ライコネンがアロンソとミハエルの戦いに割って入ってくれれば今シーズンはまだ面白くなる。



さて、ミハエルはというと予選は5番手。

スタートも失敗で今回はイマイチって感じ。

けどなかなかピット入りせず、相当な周回を重ねる。

予選の第3ピリオドで相当燃料が入ってたってことでしょう。

一番面白かったのは残り2周。

2位だったライコネンのミスにすかさずミハエルが追い抜くというシーン。

残り2周での出来事というのがまたすごい。

とりあえずなんとかタイトル争いには望みは繋がってるだろうか。

一回でもアロンソがリタイアしたりしたら状況は一変するだろうし。


ただ今年のアロンソの走りを見ていたらまずリタイアという文字に繋がらない。

安定性がここまであるとミハエルのタイトルというのは現実的に厳しいか。



まあ何が起こるかわからないのがレースなわけで。

今回の残り2周のところでも起こったようなことがあるかもしれない。

今シーズンのF1レースも折り返し。

久々のトゥルーリの6位入賞以外はイマイチ日本に関わる結果はなし。

ただトゥルーリも今までが不運の連続だったからここにきてようやく結果が出て良かった。



次戦はアメリカGP。

昨年のミシュランタイヤの安全性云々で6台しか走らなかったあの地アメリカ。

今年はどうなるだろうか。

そろそろアロンソをミハエルが、ライコネンが追い抜いて欲しいものだ。

2006/06/26 AM 03:03:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1イギリスGP決勝
























F1イギリスGP。


アロンソの3連勝という幕引きに終わりました。

というかアロンソの速さは少々、異常な感じがしました。

チームメイトのフィジケラが特別遅いわけではないのに。

アロンソのペースが全然落ちないのは不思議。


ミハエルも予選で3位だったけれどピットインでうまくライコネンをかわせた。

それでもアロンソには届かず。



ミハエルの速さは多分、戻ってきてる。

しかしアロンソがとにかく異常なんでしょう。

今回は予選からライコネンが頑張ってはいたんですがね。

どうにも決勝では少々伸び悩んでる感じがした。

モントーヤの走りを見てもやはりマクラーレンは去年ほどの速さはない。

マシンのパフォーマンスがもう少しよければアロンソとミハエルに食いついていけるかもしれないけど。



今回のレースを見てやはり思ったこと。

アロンソの速さに磨きがかかってきている。

去年までのアロンソの速さならミハエルにこんなにも勝てるということもなかったかもしれない。

が、今年のアロンソは何かが違う気がする。

最年少でワールドチャンピオンに輝いたからか?

そのおかげで自信を持ったドライビングができるようになったのかもしれない。

今年は今のところドライバーズポイントでアロンソが74ptでトップ。

2位のミハエルが51ptと結構な差ができてる。

ライコネンも33ptだしポイント争いはおそらくアロンソとミハエルの二人となるだろう。



今年のF1も次戦で折り返し。

そろそろスーパーアグリもニューマシンで挑んでくれないだろうか。

とにかくアロンソの今後とミハエルの走り、マクラーレンのパフォーマンスなどに注目したい。

2006/06/12 AM 03:18:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | [F1]
F1モナコGP決勝
























F1モナコGP。


いやぁ、さすがに最後尾スタートとモナコの市街地レースということもあってミハエルは今回は無理かと思ったんですが…まさに流石です。

表彰台には届きませんでしたが5位入賞とは天晴れ。

特に後半、残り周回数がもう2周とかでも諦めない熱い走り。


惚れ惚れする走りでした。



一方、自身初のモナコ優勝のアロンソ。

今年のアロンソの速さと予選での結果からまあ予想できる展開でしたね。

悔やまれるのがライコネン。

本当にどうしてまあマクラーレン、特にライコネンの方に影響が出てしまうのか。

途中まではアロンソにプレッシャーをかける勢いだった。

しかしモントーヤは2位と結果は良好。

ここモナコでマクラーレンは復活なるか。




やっぱりモナコGPは見ていて面白い。

他のレースももちろん面白いんだけど市街地をF1カーが走ってるというのは実に面白い。

そしてなにより今回のGPを面白くしてくれたのは他でもないミハエル。

最後尾スタートからの17台抜き。



モナコのモンテカルロは市街地だけあってコース幅が狭い。

ここで抜くのは非常に困難だが、そこはさすがの腕前。

今回は予選PP剥奪というペナルティで結果、優勝争いまでは食い込めなかった。

でもミハエルの走りはまだまだ熱い。

次戦イギリスGPを期待したい。

またアロンソVSミハエルの戦いが見られそうだ。

そして軌道にようやく乗ってきたかもしれないマクラーレンのライコネン&モントーヤにも注目したい。

2006/05/30 AM 01:40:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
ポール剥奪
ミハエルのPP剥奪ですか。

うーん、仕方ない…のかねぇ。

最後尾スタートでは結果は期待できませんね。

入賞圏内に入れれば良い方でしょうか。

とりあえずアロンソが強すぎると面白くないのはなんでなんだろう。

ライコネンが今年はそれほどアロンソと競ってないからかもしれん…。

2006/05/28 PM 11:32:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1スペインGP決勝
























F1第6戦スペインGP。

今回はアロンソの母国GPでしたね。

前回がミハエルの母国GPでミハエルの優勝。

そして今回はアロンソが優勝を飾る。


というかレースもトップの4台はほぼルノーとフェラーリが支配。

なんとかライコネンも食らいついてはいたけどやはりこの4台には追いつけず。

どうにもマクラーレンはイマイチマシンがよくないみたいで。



ミハエルが2位ということで結果は悪くないけどやはり2戦連続で優勝してたのもあって満足はしていない様子。

今年はルノーのマシン自体が確かに速いのかそれともアロンソが速いのか。

とりあえず去年ほどの速さはマクラーレンにはない。

そして去年が酷かったフェラーリが復活したようで。

今年はフェラーリVSルノーといった図式が成立しそう。

そしてチャンピオン争いは今のところアロンソとミハエルの二人で行われそうな。


いやあ、ミハエルには頑張って欲しいね。

アロンソには今年は負けて欲しくないです。

そして来年はライコネンに優勝してもらうってことでよろしく。

2006/05/15 AM 01:34:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | [F1]
ヨーロッパGP決勝
























素晴らしいっ!!!

やっぱりレースってのはこうでなくちゃね。

とにかくミハエルが二回目のピットストップでアロンソをかわせたのが流石。

そして予選を見てても思ったけどミハエルの走りが復活してきつつある。

フェラーリのマシン自体のポテンシャルもかなり良さそうだし。

おかげでマッサは初の表彰台。

アロンソは次回のGPのために途中から完全にエンジンを労わりながら走ってたみたい。



さて2連勝のミハエル。

そしてこちらも連続の2位のアロンソ。

ルノーのマシンポテンシャルは今年は特に結構高そう。

フィジケラは正直、ドライバーとして…ってのがあるのかもね。

予選での怒り方とか見ててちょっと…って思った。


そして3位のマッサ。

残り数週になってからはもう本当に冷や冷やもんだった。

後ろからはライコネンがジワジワきてて、何度かオーバーテイクされそうだったし。

でも実はマッサもアロンソとの差を2秒程度まで縮めてたのも事実。

マッサはよく逃げ切ったと思う。



そして去年は全マシンの中で最速のポテンシャルを持ってただろうマクラーレン。

しかし、今年はどうやらうまくいっていないみたい。

確かにライコネンは速い。

あれは残り数週あったら多分、マッサをオーバーテイクしてただろうし。

マッサをかわせばきっとアロンソにも食らいついたくらいの勢いはあった。

ただそれは実際に去年のライコネンが毎回見せてたんだよね。

今年はモントーヤを見ていてもわかるようにどうにもマシンが他より優れているとは見えない。

これからライコネン、マクラーレンがどう出てくるのか楽しみではあるけどね。


さあ今年のレースはどうやら本当に新旧王者対決のシーズンになりそうな予感がしてきた。

前回のサンマリノGPの時も鳥肌が立ちながら見てたんだけど、今回も随所で鳥肌立った。

いやあ、F1が好きなんだなあって実感したよ。

ミハエルがこの先どうするのかはわからない。

でも私はミハエルのファンとして今年も一年応援するぞ。

ライコネンも頑張って!

2006/05/08 AM 01:44:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
ヨーロッパGP予選
























06年F1GP第5戦ヨーロッパGP予選。

今回からAGURIは井出を降格。

まあ当然といえば当然かな。

そんなことはまあどうでもいいですが。


さて、今回のPPはアロンソが獲得。

2番手はミハエル。

ずっとミハエルの走りに注目して見ていたんだけどだいぶ調子が戻ってきてるかな?

マッサの走りも冴えているのでマシン自体のパフォーマンスも向上してきてるかも。

あとブリジストンタイヤがかなりはまってるみたいだね。


結果はミハエルは2位マッサ3位だけどニュルブルクリンクは抜けるコース。

是非とも明日の決勝では再びミハエルに表彰台の一番上に立ってほしい。

ただアロンソの今年の走りは相当なものがある。

去年ももちろんなんだけど今年になって更に洗練されてる感じ。

そして5番手スタートのライコネン。

彼はPPとかよりこの辺りの位置からスタートする方が強いイメージがある。

そしてかなり鋭い走りを見せてくれるから楽しみ。

彼の怒涛の追い上げを見たいですね。

2006/05/07 AM 01:36:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
サンマリノGP
























いやぁ〜天晴れ!

まさに久々の晴れやかな気持ちで見られたGPでした。

ついにミハエルが予選でPP獲得。

そして決勝でも後ろからのアロンソの猛追を抑え切っての優勝。



二年前まではミハエルとバリチェロの1,2が当たり前だった時代。

その頃にF1を見ていた私には去年のフェラーリの没落は耐えられなかった。

気持ち的にもマクラーレンに向いて、ミハエルはもうダメかと思わずにはいられなかった。

でもやはり彼は”皇帝”なのです。

今回のGPを見てやはりミハエルの全盛期は過ぎてしまったんでしょう。

それよりもアロンソやライコネンといった新星が活躍するようになった。

ミハエルが遅くなったのではなくてやはり時代は移り変わるのだ、と。


12年前、F1の神であるアイルトン・セナが果てたサンマリノGP。

そのニュースはまだ小学生ながらショックを受けた記憶がある。

そしてその時の勝者もまたミハエルだった。


それから12年。

その間にワールドチャンピオンに輝いた回数は7回。

これは偉大なことだ。

そして今回のサンマリノGPの予選でミハエルのPP獲得回数は66回。

セナを超えた。

神を超えた落日の皇帝。

今回で私は目が覚めた。

やはり私はずっとフェラーリの、そしてミハエルのファンなんだな、と。


再来週のヨーロッパGP。

そこでミハエルがどんな結果を残してくれるのか。

もし彼が今回と同じ高みに立てなかったとしても、私は応援し続けます。

2006/04/23 AM 01:33:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
オーストラリアGP 決勝
























いやあ、すごいレースだった。

ホントに色んなことがありすぎたレース。


まずPPだったバトンが最後の最後で白煙を上げたのちに炎を吹いてというシーン。

あとほんの150mだったのに…。

後ろにいたフィジケラも焦ったでしょうね。



またミハエルも途中からなんだか走りに違和感が。

どこのマシンもそうだったみたいだけどグリップがとにかくね。

中盤はペースも上がっていい走りだったのにその後の最終コーナーでクラッシュ。

ミハエルのこんなシーンを見たことはほとんどない・・・っていうかない。



そして今回も優勝のアロンソ。

速いね、確かに速い。

ライコネンも速いんだけど今回は間違いなくアロンソの方が上手だった。

一昨年まではこれをミハエルがやっていたんだけど・・・。


今回はラルフが3位表彰台ということでトヨタもほっとしたんじゃないでしょうか。

佐藤琢磨と井出有治もちゃんと完走できたので良かった。



それにしても4度に渡るSCの登場。

今までに見たことがなかったです。

天気も悪かったし気温も低くて大変だったみたいですね。

タイヤが温まらないからグリップがきかない。

だからミスしやすい。

そしてクラッシュ続出、といった今回のレース。

波乱のレースでした・・・。

2006/04/02 AM 05:03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
マレーシアGP
























今回はルノーの二台が1,2でしたね。

ライコネンは非常に悔しいというかなんというか…。

今年もついてないですね。


で、画像はミハエルの2回目のピット。

マッサが1回でいったのでミハエルの前に出る。

結局3位にホンダのバトン、4位モントーヤ、5位マッサ、6位ミハエル。

佐藤琢磨はマシンパフォーマンスがアレにも関わらずなかなか走りましたね。

ちゃんと完走もしましたし、良かったんじゃないかと思います。

井出は…まあまだまだ勉強が必要ですね。



次はオーストラリアGP。

再来週ですね。

そろそろライコネンかミハエルに優勝してもらいたいような。

というか今年は予選から面白いのでオーストラリアGPも予選から見ます。

その頃は新居に引越し済みか・・・。

2006/03/20 AM 01:47:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
バーレーンGP決勝
























さあ開幕戦です。

結果からまず見てみると昨年の王者アロンソ。

さすがといった走りを見せてましたね。

そしてミハエル・シューマッハ。

後半でアロンソにかなり迫るも惜しくも2位。

しかし、今日のGPの走りを見てフェラーリは復活したのではないかと。

昨年があれだけの不振でしたから、ミハエルの走りを見ていて何か昨年の不安のようなものがなかったです。

そしてなんと最後尾スタートのライコネンが3位!!

本当に彼は速いですね、全く。

信じられないくらいの結果を昨年もそうですけど魅せてくれます。

1ストップ作戦が功を奏したのでしょうか。

個人的には頑張って欲しいドライバーの一人でもあるので嬉しいです。


4位以下ですが4位にホンダのバトン。

いい走りはしていましたが、上位3人の走りが冴えてましたからね。

惜しい結果だったですね。


さて、今年から参戦したスーパーアグリF1です。

井出はピットでトラブルやらペナルティやらでグダグダでしたね。

メカニックもなんかあまりにも手際が悪くて見ていてなんだか・・・。

琢磨もそのせいもあってか何度もピットへいったりただピットを通るだけの周回もありましたね。

ただそんな中でもちゃんと琢磨は完走。

昨年までBARホンダのマシンに乗っていた頃の速さはないですが、早くマシンが他のチームレベルまで向上することを祈るばかりです。


そんなこんなで久々のF1GP。

ええ、最高です。

F1がないとやっぱり私はダメみたいですね。

ミハエルの走りとライコネンの速さを見られただけでも満足です。

来週はマレーシアGP。

合宿中で見られないんですが、録画予約して行きますw

次こそはまたミハエルにPPを取ってもらって久々の優勝をしてもらいたいです。

ライコネンも予選でなにも起こらないことを祈って・・・。

2006/03/13 AM 07:22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
バーレーンGP予選
























ミハエルがやったね!!

あのアイルトン・セナに並ぶ65回目のPPを獲得!!

タイムが出た時にちょっと鳥肌が立ちました。


そして個人的にはマッサの走りも気になります。

途中まではマッサのタイムがトップだったのがすごい。

しかし、まあそこで負けないのがミハエルだっ!!

今年のフェラーリは復活しそうですね。


そしてライコネン。

今年もマクラーレンにはなにか不幸が付いて回るのでしょうか。

実力のあるドライバーがこういったことで日の目を見ないのは非常に惜しいです。



気になるのは今年の新ルール、ノックアウト方式の予選。

予選をずっと見ていたんですが、これは面白いルールですね。

まるで決勝レースを見ているかのように見入ってましたw

今年は予選からも目が離せないようです。

明日、2006年バーレーンGP決勝です。

今年は果たしてミハエルがいくかバトンがいくかアロンソがいくか、はたまたマッサがいくか。

非常に楽しみになってきました。

やはりF1は楽しいですね!!

2006/03/12 AM 03:46:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
ついに今シーズンが近づいてまいりました
F1のシーズンがもう少しでやってきます。

まさしく待ってました!!と言わんばかりの期間。

初戦はバーレーンGPにて開幕です。


間違いなくその日は絶対に見ます!!

見ないわけにはいかないでしょう。

次の週のマレーシアGPは合宿中なので見れないのですが…。

録画しておこうかなぁ。

F1ってコースにもよるけど大体60週くらいじゃないですか。

F1が好きになる前はそんなには見てなかったわけですよ。

でも今はその全周回を見てても飽きないくらいで。


今年は鈴木亜久里さんが新チームを立ち上げました。

おそらく数年はまともな成果を上げるのは難しいでしょう。

でもF1というモータースポーツの最高峰で日本のチームが一緒に戦える。

それは非常に大きな意義があると私は思います。


そしてなんといっても私の注目はキミ・ライコネン。

昨シーズンでは物凄い走りを見せてくれました。

今年もその走りが出来るのか?

その走りが出来て、マクラーレンのマシントラブルが無ければ…

間違いなく今年も表彰台の常連は間違いないでしょう。


そしてどうしても個人的に頑張って欲しいのはもちろんあの人!

皇帝ミハエル・シューマッハ

私の中で彼がトップに立てないとどうにも…。

今年こそはぜひまたワールドチャンピオンの座に返り咲いて欲しいです。

特にキミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソなどと熱いレースを繰り広げてくれることを期待します。



さあ朝の5時過ぎました。

キッチン周りを掃除していたらこんな時間。

ちょっとローゼンメイデントロイメントを見ようと思っていましたが、今はやめますww

明日からは本格的にダンボールに梱包を始める予定です。

要らない服とか本とか実家に送り返すものとかの整理を考えると結構かかるでしょう。

あ゛ーーーーー合宿用に専門書読破しないと…orz

や、やれる、俺ならやれる…っていうかやらないと大変ですww

しかし、合宿先に現地集合って…。

そんなゼミ初めて聞いたぞ、オイ・・・。

2006/03/06 AM 12:31:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
東京モーターショー
あんまりF1とは関係ないけどw
それでもF1カーもルノーとTOYOTAとHONDAは置いてあった。
もちろん激写w




で、この写真は幕張メッセの会場の様子。
平日の昼間なのにこの盛り上がりよう。
俺は休みだったからいいいけどさ、みんな暇なのかねw


個人的にはメルセデスのSLRマクラーレンとNISSANのGTR−PROTOが良かった。
GTRのところなんてもう混んでてなかなか写真も撮れなかったしなぁ。
後で確認してみてもGTRの写真はイマイチアングルが悪くてショックw
そもそもデジカメ自体が古いからなぁ。
せめてもうちょい薄型でバッテリーのもちが良いの欲しいなあ。



まあそんなこんなで楽しめました。
また来年も行こうかな。

2005/11/04 AM 01:53:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
ファイナル 中国GP
それにしても波乱の展開だった。
セーフティーカーが二回も入るなんて珍しいしね。

そのお陰で佐藤琢磨は一時は8番手まで順位を上げたのに…。
またもやマシントラブルなんてもう今年はどうしようもないでしょう。
琢磨のスキルもまだまだかもしれないけど、今年は運もなさすぎた。


来年のF1。
またレギュレーションも変わってどうなるのか。
フェラーリの復活なるか。
そして今年物凄い走りを見せてくれたアロンソとライコネン。
来年もこの若きドライバーたちがどういった活躍を見せてくれるのか。
琢磨はなんとかしてF1にドライバーとして残留することができるのか。


非常に気になること、楽しみなことがたくさん。
来年のシーズンもF1からは目が離せないだろう。

2005/10/16 AM 01:46:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
日本GP予選結果
さすが鈴鹿に強い琢磨。
主力陣は雨のせいで全く走れてなかったというのもあるが、結果は結果。

PPはR.シューマッハ。
琢磨は5番手スタート。

明日は波乱の予感。
今から物凄く楽しみだ。

2005/10/08 AM 01:44:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
さあ明日だ!!
F1日本GP明日開幕です!!
いやぁ〜初の生中継ですよ!!!
いよいよ鈴鹿ですよ!!!!
でも…TVで観戦する私だ…orz


だが、応援する心は負けてはいないぞ!!
琢磨よ、自分の走りを好き放題にやるがいい。
残り二戦の今年のF1のシーズン。
しかと見届けようではないか。


どうやらHONDAが一社、独自にF1に参戦するようだしな。
来年の琢磨はそこに移籍する可能性が高いだろう。
前からHONDAの発言にはどこか不思議な点があったからな。
こういうことだったとは予想はしていなかったが…。


そんなことよりまずは目の前のレースだ。
明日の鈴鹿サーキットでの日本GP。
期待しながら観戦させてもらうよ。

2005/10/08 PM 09:32:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
おめでとう、アロンソ
昨日のブラジルGP決勝で遂にアロンソのワールドチャンピオンが決まりました。
本当はもう少しギリギリまでライコネンと争って欲しかったけど、素直におめでとうと言いたいね。

なによりアロンソは安定感のあるドライバーというかマシン自体もそういう印象がある。
マクラーレンもマシントラブルがなければはっきりいってアロンソよりも上である可能性は高かった。
優勝回数がライコネンやモントーヤとほぼ同じなのにも関わらずワールドチャンピオン。
それはつまり優勝でなくとも表彰台に多くのっているからなんだろうなあ。

さあ再来週は遂に来ました日本GP!
鈴鹿サーキットからの生中継放送とのこと。
本当はチケット買って鈴鹿まで見に行けたらよかったんだけど、まあ一介の大学生ですから・・・。
私はTV中継で楽しもうと思っておりますです。
琢磨よ、BARで走るのは残り二戦しかないが、是非琢磨らしい走りを見せてくれ!
それがファンの願いであろうよ。

2005/09/26 AM 03:03:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]
F1の予選見れなかった・・・
なんとアロンソがポールを取ったとは。
毎回のレース後のコメントからはどうにも守りの様なコメントが聞かれる。
その割にはなかなか攻めていったみたいだね。
やっぱりチャンピオンになるんならそれくらいの気迫は見せて欲しい。
しかし、ライコネン、どうした!?
今までの怒涛の走りも流石にそろそろ限界か?
でもどんな状況でも諦めずに素晴らしい走りをしてくれるのがライコネン。
まだ王者はアロンソと決まった訳じゃないので、最後まで応援します。


そんなこんなで今日はブラジルGP
本当は全部見たいけど、明日朝早いからなぁ。
多分、録画するかってところかなぁ。
次の日は少しF1談義になるでしょう。

2005/09/25 AM 02:10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | [F1]

≪ 前の30件| 次の30件

Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp