* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

ここ最近の日常話その26 ここ最近の買い物話
2010年12月28日 19:45:59 [日々の雑記]
今年も残すところあとわずかになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。南魚沼のやつです。南魚沼地方は12月になってもなかなか雪が降らず、最近になってやっと降ったかと思えば、二日間くらいで終了。雪の量で言えば、南よりも北の魚沼の方がいっぺ降って積もっています。

で、今週はちったあ雪が降ると予報で言われていましたが、昨日も今日もばかいい天気でした。去年や一昨年みたいに大晦日から正月中にかけて雪がごーぎ降ってくるんじゃないかと思いますが、雪が商売のタネになっている人は、この小雪では大変でしょうね。降りすぎれば困るけど降らなすぎるのも困るというのが雪国の厄介な事情でして。

こないさのゲーム会でじゃんさんに「小さなサイズのスリーブ」の存在を教えてもらい、アーカムホラーのカードに使えるということでi-ogmに注文。ついでに中古のパンデミック英語版も買いました。

協力型ゲームでは有名なパンデミックですが、実は一度もプレイしたことがありません。中古で安かったので、この機会に遊んでみようと思い入手。テスト‘ソロ’プレイしてみましたがなかなか難しい。治療薬を3つまでは完成できても、あと少しというところでアウトブレイク発生→コマがなくなってゲームオーバーというパターンに陥ったり。なかなか面白いので、今後の魚沼ゲーム会に持って行きます。

最近は長岡方面や三条へ行った時にブクオフ探索をしても、いまいち当たりを引けなかったので「有るか無いか分からん掘り出し物を探しに行くなんざ博打や宝くじと変わりねえ」と考え方を改め、ブクオフオンライン等で探すことが多くなりました。昔は「マーケットプレイスで買ったら負けかなと思っている」とか言っていたものですけども。

そりゃ現地で掘り出し物を発見した時など心が躍るものですが(クトゥルー神話ものの小説の主人公が古本屋で偶然にも魔道書を見つけてしまった時のような気分)、「本そのものよりも、本を売っているのを発見するという行為に価値をおく」ようになるのはちょっと問題があるような気がしましてね。とにかく、わざわざ有るかどうか分からない本を探しに遠征するのはアレだなと考えるようになった次第です。財布の紐がきつくなったというのがありますが、ひょっとすると歳のせいで億劫になったか?
 
いざブクオフオンラインを利用してみると、なかなか便利なもので、どうしてもっと早く利用しなったのか悔やまれます。青心社のクトゥルーに創元推理文庫の黒の碑とラヴクラフトの遺産といったクトゥルー神話物、買いそびれたコンビニ本?のゾンビ関連本、蒼天航路などなどを入手。

また、ブクオフのリアル店舗では、新潮文庫のローマ人の物語:ハンニバル戦記とかDVD付き深海魚本を1冊¥105で入手。古代戦記物は好きなんですが、なぜか日本の戦国時代物には興味が湧かなかったりします。魚類恐怖症なのに怖いもの見たさで深海魚の本を買ったりしてます。オニキンメとかシンカイエソなんかは最恐(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


ブクオフで見かけた時に買わなかったことを激しく後悔している本が2つあります。六日町にブクオフができたばかりの頃、中世の怪物画ばかりを集めた画集が¥1000で売っていたんですが、大海蛇とか大ダコといった海洋型クリーチャーの絵が怖くて見れないといって買わなかったんです。あと、小千谷のブクオフで国書刊行会の真ク・リトル・リトル神話全集(絶版の箱入りのやつ)が1冊¥200で売っているのを見かけたのに、なんとなく気乗りがしなくて1冊も買いませんでした。星辰が正しくなかったとか旧神からの干渉でもあったんでしょうか? どちらも後日見に行ったら、やっぱりというか売れていましたorz この2つは今でも発掘できないかと探し回っていますけど、そうそう見つかるもんじゃありませんな。

古本の話ばかりしてきましたが、新品の本では月刊少年チャンピオンで連載中の「ハカイジュウ」1巻と2巻を買いました。突然現れた正体不明のクリーチャーが人々を襲い、町を壊滅させていくというもので、異形クリーチャー好きの自分にはたまらない作品です。今のところ人間サイドは逃げ回るだけでなすすべも無くやられていくという絶望的展開。個人的には「強大な力を持つ存在に対し、人間はあまりに無力」といった雰囲気の話が好きなので、人間サイドはささやかな抵抗の余地を残しつつ、翻弄されるがままの立場でいてほしいかと。グロ描写が結構あるので万人には勧められませんが、とても面白いので、今後の展開に注目したいところです。

だらだらと長文を書いてしまったのでこの辺で止めときますけど、これが今年最後の記事になりそうです。それでは皆様良いお年を。

Comment(0)

12/19 第39回(南)魚沼ゲーム会例会報告
2010年12月19日 17:33:50 [ゲーム会記録]
本日、南魚沼市民会館にて今年最後の魚沼ボードゲームを楽しむ会を開催しました。

今回の参加者は、じゃんさん、アサイさん。参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

今回遊んだゲームは以下の品々です。

頭脳絶好調
ラー
ギャングオブフォー
K2
メルカトル
チャイナタウン


各ゲームの詳細はこちらにて解説しています。


ここ最近の日常話その25 果報は寝て待て(投売り割引とかね)
2010年12月08日 00:36:49 [日々の雑記]
いやー、なんだかあっという間に12月ですよ12月。あと少しで2010年が終わってしまいますよね。2011年になれば「2012年人類滅亡説」で盛り上がるんだろうなあ。

さて、このたび7体目のfigmaとなる「figma 巡音ルカ」を入手しました。前の記事で欲しい欲しいといっていたのがこれです。購入元はいつものアマンゾにて。送料無料(代引き¥260)と高い割引率が魅力なので、最近はアマンゾでしか買い物していません。たまに買うゲームも「アマンゾで売っているか」が選択基準だったりしますし。

可動箇所とか気になる方はとっくに他所を覗いていると思いますから、今回も入手に至った経緯と感想のみ書きます。

巡音ルカはなかなかfigma化されなかったのですが、出たら買おうとは思っていました。最初は10月に出る予定が11月に延期され、アーカムホラー日本語版とだいたい同じ時期に発売することになったので、一緒に購入して「ルルイエ★ナイトフィーバーwww」などという与太記事を書こうとか企んだりしました(;´Д`)

しかし、予約時点での値引率がいまいちだったので、とりあえず様子見することに。アマンゾは在庫品の投売り割引が凄い場合があって、ひょっとしたらかなり下がるんじゃないかと考えてました。まあ下手すると売り切れになってしまって、様子を見るつもりが泣きを見ることになるんですけども。

案の定、発売からしばらくすると値が下がりはじめます。「どこまで値が下がったら手を出すか」「この辺で誰かが買ってしまうんじゃないか」という葛藤をしばらく続けた結果、¥1350割り引きの¥1450の時点で購入。物にもよりますが、アマンゾでの割引率を考えれば何がなんでも発売当初に買おうとは思わなくなりました。セコい?

他所様のレビューを見てみると、「首が長い」といったレビューが目立ちます。届いた品を見ると確かに長い気はしますが、頭部の角度次第ではそんなに気になりません。スカートのせいで開脚があまり出来ないのはしょうがないかな? 髪型はちょっと後ろに広がりすぎな感じがしますが、何か動きのあるポーズを取らせると髪がブワッと広がるような雰囲気があって格好良く見えます。ルカといいパッションといい、ロングヘアーをうまく再現しつつ可動域を確保するというのは難しいんでしょうけど、パッションと違って横からのアングルにも強いのがfigmaクオリティーですな。


2010年12月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp