* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

ここ最近の日常話その22 ふたりは同キャラ
2010年09月28日 17:01:20 [日々の雑記]















































まずはこちらのキュアパッションをご覧いただきたい。一見、普通のプリキュアと変わらないように見えるが、実は彼女、以前はラビリンス幹部のイースだった人物なのである。

今夜はイースがどのようにしてキュアパッションへ変わったのかを、アメリカのTV番組『HOW DID THIS HAPPEN(どうしてこうなった)』からご覧いただこう。


                          (長いので省略)


……数分後、そこには4人目のプリキュアとして元気に立っているイースの姿が! 

お分かりいただけただろうか。この間、わずか数分の早業である。

と、ここでネタばらし。実は4人目のプリキュアはせつな(イース)に決まっていたが、彼女がプリキュアになるのを悪い力が邪魔していたという。そこでアカルンは、イースの寿命が尽きた瞬間にキュアパッションに生まれ変わらせようと試みたのだ。

アカルン:彼女は心肺停止状態にあり危険な状態でした。すぐに処置する必要があったのです。

そして、この試みは見事に成功。イースはキュアパッションに生まれ変わることで、奇跡的にも死の淵から生還したのだ。凄い、凄すぎるぞアカルン!

これにはミユキさんが4人目のプリキュアだと考えていた子供たちも思わず苦笑い。

パッション:あの時、シフォンとアカルンの的確な応急処置がなければ、私が助かる事はなかったでしょう。本当に二人には感謝しています。


分かる人にしか分からない与太話を長々と書きましたが、ここからはフィギュアーツのキュアパッションについてあれこれ書きます。毎度のことながら、可動個所や内容物などに関しては他所様のほうがよほど詳しく紹介してますから、そちらの方が参考になります。ここでは入手を思い立った経緯と感想くらいしか書いていませんので。

イース様を購入した時から、パッションが出たら購入しようと考えていましたが、ボリュームのある髪型や複雑な形状のコスチュームをどうやって形作るのかといった不安がありました。

発表された最初のサンプル画像を見る限り、衣装の造型は結構良いかんじに思えたので、とりあえずは安心。しかし、顔が似てないとか評判が悪く、正直自分も似てるとは思いませんでした。

次に公開された完成版のサンプル画像は、写真写りが悪かったのか、似ていないどころか作画崩壊気味な印象の顔付きになっていて、この画像(特に4枚目)を見た時「本当にこの出来なら私、堪忍袋の緒が切(ry 」と思ったくらいヽ(`Д´)ノ

で、実際に届いた品を見たら、肝心の顔は似ているかといえば微妙なところですが、作画崩壊というほどひどい出来ではありませんでした。

他の3人とは異なるパッション独特の複雑な衣装は上手く作ってあり、そこそこの可動域が確保されています。ただし、スカートの関係で足を大きく上げたりはできません。また、頭部はボリュームのある髪のせいでやや上向きになってしまうのと、あまり左右へ向けられない作りになっています。この点がちと残念ですね。

完成版のサンプル画像を見た時は予約したことを激しく後悔していましたけど、実際の品はなかなか良いもので、全体の完成度は個人的に満足できる品でした。

それにしても、バンダイは何故あのような酷いサンプル画像を使ったんでしょう?

あえて印象の悪い画像を使用することで、実物の製品版パッションの印象を「(サンプル画像と比べて)意外とマシじゃね?」と購入者に思い込ませようとするバンダイの陰謀だったんだよ!

(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !! (`・д´・ (`・д´・ ;)

さて、前回のイース様にはナキサケーべ・カードを自作して持たせたので、今回のパッションにはファッションセンターしまむらのチラシを自作して持たせてみました。分かる人にしか分からないネタですが、雰囲気は出ているんじゃないかと(分からない人は「東せつな しまむら」で検索すると分かります)。

今年の12月末にキュアエンジェルピーチが限定販売される予定ですけど、エンジェルパッションは出るのでしょうか? 出たとしても¥4725だとさすがに高い気が。あと、chibi-artsのイース様は買うべきかとか、chibi-artsでもパッションは出るのだろうかとか色々考えてたり。

……それにしても、ここは本当に‘ボードゲーム関連’のブログか?(;´Д`)

Comment(0)

ここ最近の日常話その21 情熱と受難の赤
2010年09月25日 20:19:10 [日々の雑記]
今年の3月後半に初めてS.H.Figuartsに手を出しましたが、このたび2体目のフィギュアーツ「S.H.Figuarts キュアパッション」を入手しました。

キュアパッションとは、日曜の朝に放映していた「フレッシュプリキュア!」に登場するキャラクター。寿命が尽きたイース様が4人目のプリキュアとして生まれ変わったもので、放送時には「誰が4人目になるか?」でちょっとした議論が沸き起こっていたのは有名な話。

自分、それまでは原作に関心が無かったのに、いつの間にか増えていた赤いプリキュア(パッションね)を見て「これ何者?」と調べ始めたのがきっかけで、大きなお友達の仲間入りをすることに(;´Д`)

正直、パッションの存在を知らなかったら、イース様の存在も知ることは無かったんじゃないかと。どうしてこうなった?

フィギュアーツの「フレッシュプリキュア!」シリーズでは、イース様が真っ先に発売し、その後にピーチ、パイン、ベリーが順次発売、今月に最後のパッションが発売しました。

4人の中ではパッションを入手するつもりだったので(他の3人はスルー)、予約開始から某所にて予約して発売と同時に入手。今回は「発売後のレビューを見てから購入を考える」なんて野暮は言いませんぜ。

感想などは明日以降の記事でいろいろと書く予定です。


9/19 第36回(南)魚沼ゲーム会例会報告
2010年09月19日 17:54:09 [ゲーム会記録]
本日、南魚沼市民会館にて魚沼ボードゲームを楽しむ会が開催されました。

今回の参加者は、池田さん、アダチさん、タカハシさん、U原さん、アサイさん。遠方よりお越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。

今回、遊んだゲームは以下の品々です。

フリンケピンケ
ゴキブリポーカー
リンク
アッシリア
フォーセール
ブラス
操り人形
クク


今回も各地から皆様に集まっていただき、大人数で遊んだり2卓に分かれて遊ぶことが出来ました。多謝。

いや、本当はもっと地元のゲーマーを発掘したり、新人を育成すべきなんですけれども…なかなか人集めというのは難しいです。

各ゲームの詳細と結果はこちらにて解説します。


秋の在庫塗りその1
2010年09月11日 19:43:34 [ミニチュアゲーム]
2008年末に入手したウォーマシンのミニチュアの最後の一体が今頃完成しました。完成したのはべインロード・タルタロス。

このミニチュアは色指定がえらく難しく、製作を後回しにしているうちにウォーマシンへの関心が無くなったため、だいぶ放置していました。

とりあえず黒で塗ってみたものの地味な感じがしたので、さらに緑を塗って、上から薄く溶いた黒でべチャ塗りしてみました。全体の配色が決まれば、後は細かいところを塗るだけなので、その後は簡単でした。

それにしても貴重なグリーンインクが残りわずかになってしまった。これが無くなったら、代わりに使える塗料を探さないといけません。シタデルウォッシュのthraka greenだとグリーンインクのようなツヤテカ感がだせないんですよね。なにかクリアー系塗料で良いのがあればいいのですが。

世間一般ではWHFB8版の話題で盛り上がってますが、8版に向けた増強計画を考えているうちに、なんとなく関心が薄れてきてしまい、どうも手を出しかねてます。先立つものが無いというのもありますが(^^;)。

そんなわけで、今のところは在庫のミニチュアを塗り塗りしています。どちらかといえばWH40Kの方とか、ウォーマシンとかモンスタポカリプスの方に関心が向いていたり。まあ、また気が変わってファンタジー方面に手を出すかもしれません。

Comment(0)

各種ゲームの研究・戦略論いろいろ
2010年09月02日 20:07:54 [参考記事]
戦略性の高いゲームとか、様々な研究がなされているゲームを遊ぶ場合、ある程度の知識が有るのと無いのとでは大きな差が出ます。何も考えずにその場の感性で一手一手を打つのも悪くは無いのですが、「勝利するための努力」をする楽しみのためには、ある程度の知識があったほうがよいと思われるゲームも多くあります。

そんなわけで、各種ゲームについて研究・戦略論を載せている所をいくつか集めてみました。

ドミニオン<王の手>備忘録
ttp://www.hcn.zaq.ne.jp/cacqu000/dominion/index.htm
ドミニオンについて考察しています。

Board Game Freak (ボードゲームフリーク)
ttp://www4.plala.or.jp/hammer/index.html
カタンの開拓者フィレンツェの匠操り人形などについて解説文があります。

プエルトリコ考察室
ttp://www015.upp.so-net.ne.jp/niss/
その名のとおり、プエルトリコについて解説しています。

非電源系ゲームサークル 袋小路
ttp://gorakudo.hp.infoseek.co.jp/index.html
プエルトリコカタンの開拓者アクワイアについて。

プエルトリコ学問所
ttp://www.hcn.zaq.ne.jp/cacqu000/index_PuertoRico.htm
プエルトリコサンファン

Let\\'s Play Boardgame!
ttp://www16.ocn.ne.jp/~sirou/index.html
サンファンサンクトペテルブルグについて。

隔月刊ボードゲーム通信1号
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/4569/gekkan1.html
エルグランデ(基本セット)の考察。

隔月刊ボードゲーム通信4号
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/4569/gekkan4.html
エルグランデの必勝法。

ポリバケツブルー−番外編−
ttp://d.hatena.ne.jp/rerasiu/searchdiary?word=%2A%5B%CB%C5%CE%AC%B5%E9%BB%B0%B9%F1%BB%D6%5D
謀略級三国志の考察、リプレイ。

地下書庫X階
ttp://d.hatena.ne.jp/re_ne/20100208/1265592893
ドミニオンで勝利するための心構え?について。その他に大会レポートなどもあり。

タケルンバ卿日記
ttp://d.hatena.ne.jp/takerunba/20091028/p1
ドミニオンで勝利するためのデッキ戦略と対策について。

おひとりさまなめんな!
ttp://d.hatena.ne.jp/maname/20091115
ドミニオンの考察、カード評価など。


ゲームの名前の後に「研究」「戦略」「戦術」「攻略」「考察」などと付けて検索してみると、結構見つかります(ゲームによっては見つからない場合もありますが)。研究論や戦略論を記事に書いてあるブログは数多くあります。

今後も気になるゲームの研究・戦略がありましたら、不定期に追加していきます。


2010年9月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp