* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

ここ最近の日常話その8 Great Race of Eas
2010年03月27日 21:11:30 [日々の雑記]
イース(Eas)と呼ばれる銀河の彼方から、数多くあるパラレルワールドの一つである管理国家ラビリンスに到来した、実体を持たない精神寄生体。時間の秘密を極めた唯一の種族であるため、畏敬の念を込めて、大いなる種族とかイース様などと呼ばれている。

別の生命体と精神を交換する能力をもち、種族の生命保存と知識の収集に活用している。精神を投影できる範囲は非常に広範で、時空を超えて別の銀河系や何億年もの未来や過去へ投影することもできる。

肉体の寿命が尽きかけた個体が、死を免れるために精神交換をおこなう場合もあるが、そういったことは非常にまれである。しかし、避けられない脅威が迫った場合は、他の場所や時代に棲む知的生命体の肉体へと移ることによって破滅を逃れる。

ラビリンスに所属していた女性幹部と精神を交換して四つ葉町に来訪した。やがてラビリンスから送られてきた手紙により、寿命が尽きることが近いことを知った彼(彼女?)は、そのときが訪れる直前、4人目のプリキュアになる「キュアパッション」の肉体に転移する。

以上、分かる人にしか分からないマイナーなネタを絡ませた与太話でした。

前回に引き続き、フィギュアーツのイース様についてあれこれ書いてます。

毎度のことながら、可動個所や内容物などに関しては、他所様のほうがよほど詳しく紹介してますので、ここでは入手に至った経緯と感想、それに少し手を加えた部分について解説をば。

ネットでこのフィギュアのサンプル画像を見て存在を知ったのですが、その時は即購入決定とは考えず、とりあえず発売後のレビューを見てから検討することにしました。

で、発売後のレビューを見てみたら、塗りが雑っぽいところがあったり、パーティングラインが目立つところに残っていたり(特に髪)、値段のわりに付属品が少ない点などが指摘されており、figmaより高い値段のわりにクオリティーが低いなあと思ったのですが……

あちこちのレビューサイトやブログから聞こえてくる「入手してよかった」とか「満足の出来」などといった喜びの声が……うらやましいと思った!ヽ(`Д´)ノ

という例によって悪い癖が出てきて購入を決意。ネット上では何件かの店で売り切れがありましたが、某所で注文することができ、こないさ届きました。

心配していた塗装の荒さは若干あるものの、幸いにも目立って酷い箇所はありませんでした。ただ、腕の部分にある「えぐった様なバリ切り取り跡」は、さすがにひどいと思いましたが(ノд`)

表情パーツを交換する時、頭部を引っこ抜いて、髪の部分を前後に外す構造になっていますが、これがえらく硬くて外れず苦労しました。ここは楽に交換できるようなつくりにして欲しかったです。

よく言われている「付属品が少ない」という点には同意です。せめて手にもう1パターンあれば、まだ納得ができたような。あと、バランスをうまく取れば支えが無くても自立できますが、やはり台座をつけて欲しかったです。台座に使えそうなものをいつか入手しなければと考えてます。

少し手を加えた点について。このフィギュアは元々は脚を閉じられない構造になっていますが、脚の付け根を削って脚を閉じられるようにした改造例があったので、それを参考に脚を閉じられるようにしました。

あと、付属品のナキサケーべ・カードがあまりにしょぼい作りだったので、ネットで見つけたカードの画像を加工してプリントし、厚紙に貼り付けて持たせてみました。こちらのほうが雰囲気が出ていると思います。カードのサイズが大きすぎる気もしますが、例の描写が問題になったw原作19話を見る限りでは、手のひらに収まるようなサイズではなかったので、こんなもんじゃないかと。

今回、初めてフィギュアーツに手を出してみたのですが、figmaと比較すると、塗装精度と内容物の少なさで惜しいと思えるところがありました。フィギュア自体の出来は良かったので、次はパッションに期待したいところです。

Comment(0)

2010年3月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp