* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

クトゥルフウォーとか黄☆衣☆王とかCrawling Chaos TCGとか
2009年09月29日 23:17:42 [ゲームの雑記]
ちと遅くなりましたが、クトゥルフ神話カードゲームの概要と感想を書きます。

クトゥルフ神話をテーマにしたゲームだけあって、カードに登場するものには有名なものが多いです。一例を挙げると、クトゥルフ、ハスター(黄衣の王ver)、シュブ=ニグラス、ヨグ=ソトース、イゴーロナク、ダゴン、リチャード・アプトン・ピックマン、ナサニエル・ピースリー教授、アルハザードのランプ、セラエノ断章etc…といっても分かる人にしか分かりませんが。まあ原作ありきのゲームだからしょうがないんですけど、原作をある程度知っていないと、カードの内容の面白さがさっぱり理解できないものです。特にクトゥルフ神話物というやつは、分かる人には分かるんでしょうが、分からない人はさっぱり分からない分野だったりします。

ゲームの概要は、お互いのプレイヤーが神話生物やら邪神やら人間たちやらを手札から場に出して、場にある3枚のストーリーカード(クトゥルフの呼び声とか超時間の影とか)を獲得するために争うといったもの。

各ストーリーカード争奪合戦に投入されたキャラクターが、それぞれを発狂させたり、負傷させたりした後に能力値比べを行います。手番プレイヤーの数値が勝ったら、そのストーリーカードのアドバンテージを1点獲得します。先に5点獲得したプレイヤーがそのストーリーカードを手に入れることができます。先に3枚のストーリーカードを手に入れたプレイヤーが勝利。あと、途中で山札が尽きたら敗北。

大雑把ではありますが、こんな感じのゲームです。

さて、遊んでみた感想はというと、能力値比べのやり取りの計算がちと面倒な印象を受けました。最大で3箇所で能力値比べを行うので、どこにどのキャラクターを割り振れば勝ち目があるか、勝てないまでも相手の損害を大きく(または自分の損害を少なく)するためにはどうすればいいかを考えて計算しだすときりが無い感じがしますが、世間でこのゲームを遊んだことのある人はいかがなものでしょう?

これ1つあれば対戦ができます…というのが売りではありますが、プレイヤーがデッキを構築するためのカードは、それぞれ1枚ずつしか入っていないので、引き運にかなり左右されます。

山札を構築する場合のルールには「同じ名前のカードは3枚まで入れられます」とありますが…ちょ、てことは基本セットをあと2個買えとな?

あと、一部のカードの中には「名状しがたき日本語文章」のものがあり、どうにも解釈に戸惑うところがあります。カードの効果について、なんというか明確な書き方がされていないものがあると思うんですね。すでにこのゲームを遊んだことがある世間の皆様はいかが思われたでしょうか。

文章の疑問点やカードセットの追加購入の必要があるといった問題はありますが、ゲームとしてはなかなか面白いですし、クトゥルフ物が好きなら楽しめる内容だと思います。ただ、このゲームは2人対戦仕様なので、魚沼ゲーム会では遊ぶ機会が無いかも? そうなると対戦する相手の確保が必要になりますね。 

「クトゥルフ神話をある程度知っており、即興でデッキ構築ができる」という人がいましたら、彼方よりの挑戦をお待ちしてます。

Comment(24)

クトゥルフとノミ
2009年09月26日 22:01:09 [日々の雑記]
ゲーム会が終わると何故か新しいゲームが欲しくなってしまうやつですが、皆様はいかが遊びまくっているでしょうか。

そんなわけで、今回はクトゥルフ神話カードゲーム日本語版ノミのサーカスの2点を購入しました。あー、最近は日本語化されたゲームばかり買っていますね。

クトゥルフスキーなゲーマーならば、新版アーカムホラーを押さえておくべきでしょうけど、日本語訳付きとはいえ流石に¥10500のボードゲームを買うほどのガッツは無かったりします。正直言うとすごく欲しいんですけどね。ただ、例によって遊ぶ機会があるかどうかが問題。もっとも、クトゥルフ神話カードゲームだってやる機会があるかどうか微妙なところ。

話がちとそれましたが、このゲームには8種類のカードセットの計165枚が入っている他、マーカーチットと、クトゥルフの神像が6体入っています。ちなみに内容物に比べて箱がでかく、上げ底率がえらい高い作りになっています。

各プレイヤーはカードセットの7種類の中から2種類のセットを選び、プラス何枚かのカードを加えて山札を構築します。山札を構築したら、対戦準備完了です。

ゲームの流れを解説しますと、土地カードをタップして手札から神話生物を召喚(ちなみにクトゥルーは3青青、ニャルラトテップは5黒黒黒)、それらで相手を攻撃してライフ(正気度)を20点削れば勝利するというもの。

すいません大嘘です。ゲームの流れとテスト(ソロ)プレイしてみた感想は後日あらためて書きますので、もう一つのノミのサーカスについても二言三言。

このゲームはクニツィアのデザインしたカードゲームです。同じ名前のボードゲームがあって混乱しますが(ボードゲームのほうに関してはこちらを参照)、昔はフロカティ・サーカスという名前で流通してました。

山札から何枚でもカードを引いてよいというシステムで、引いたカードの中で気に入ったものがあればそれを獲得して手番を終えます。しかし、引いたカードの中に同じ色のカードがあると、カードを獲得することなく手番を終えなければいけません。

カードは全部で10色あり、それぞれに0〜7の数値が書いてあります。山札が尽きるか、手札に10色のカードがあるときに
終了宣言をすれば、そこでゲーム終了。獲得したカードの点数を計算して、最も得点の高いプレイヤーが勝利します。

ルールが簡単で軽く遊べる感じですが、世間ではなかなか評判が良いゲームのようです。今度の魚沼ゲーム会ではぜひ遊んでみたいと思います。


Comment(18)

9/20 第27回(南)魚沼ゲーム会例会報告
2009年09月20日 18:12:46 [ゲーム会記録]
本日、南魚沼市民会館にて「魚沼ボードゲームを楽しむ会」が開催されました。

今回の参加者は、タカハシさん、アダチさん、池田さん(初参加)、アサイさん、アキロヲさん、U原さん。参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

今回、遊んだゲームは以下の品々です。

コロレット
スモールワールド
百科審議官
オリゴ
パンデミック
ドミニオン拡張:陰謀含む)
世界の英雄たち
サンファン
ケルト

各ゲームの詳細はこちらにて解説していきます。

Comment(2)

ねんがんのスペースハルクをてにいれたぞ(大嘘)
2009年09月03日 21:25:11 [ミニチュアゲーム]






















            〃´⌒ヽ
.     , -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
.  /  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l   . ヽノ .V l
  l ,=!  l  ///    ///l l   ねんがんのSHをてにいれたぞ!
  l ヾ! ', l    ヽ_フ   l l
  |  ヽヽヽ        //
  l    ヾ≧ , __ , イ〃
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |_"____
  li   /l, l└ タl」/l´        `l
  リヽ/ l l__ ./  |_________|
   ,/  L__[]っ /      /

DOOM:ザ・ボードゲームの通路タイルに、ウォーハンマー4万のターミネーターとジーンスティーラーを並べてみたもので、実際のスペースハルクとはまったく関係ありません(本物のスペースハルクの内容はこちらを参照)。

スペースハルクが限定復刻するという情報を知った時はちょっと興味がありましたが、価格を見て諦めました。いや流石に¥13000のゲームはおいそれと購入できないです。普通のボードゲームが2個3個買える金額だし。

それはそうと、9月1日からゲームズワークショップ製品がまた値上げしました。価格が改定されるという告知を見た時に嫌な予感がしましたが、案の定、大半の品が値上がりしてます。

まあ値上げせざるを得ない事情がいろいろあるのでしょうけど、やはり残念な話。こんなんだったら、値上げ前にさっさとハイブタイラント買っとけばよかったなー。ゆっくりした結果が(ry

しょうがないから、40Kのスタートセットもう1個買ってスペースマリーンを1500、オルクを1000ポイント集めるのを目標にして、その後はしばらく様子見するかもしれませぬ。

Comment(0)

新ゲーム付き雑誌とサークル名
2009年09月01日 17:16:48 [日々の雑記]
魚沼でボードゲームを遊ぶ機会をつくるために、HPを開設したのが2004年の10月。「遊ぶ機会と面子が欲しい…魚沼にもボードゲームを嗜む人種が存在するということを知らしめるにはどうすれば良いか」という発想だけで深く考えずに始めたゲームサークルですが、今年の10月で5周年になろうかとしています。何事も飽きっぽい自分なのによく続いたモンです。

こないさ、新しいボードゲーム情報誌「Game Link」創刊の案内メールが来て、その内容にサークルの情報について情報提供してほしいとのことが書いてありました。

で、サークルについての項目に「サークル(イベント)名」とあり、一応考えた末に魚沼ボードゲーム振興会という名前にしておきました。

HP開設当初の名前が「魚沼ボードゲーム振興会」で、2006年の5月に北魚沼から南魚沼に引っ越した際に「(南北統一)魚沼ボードゲーム振興会」に改名。で、この度看板から「(南北統一)」を外して、「魚沼ボードゲーム振興会」に戻すことにしました。

南魚沼に引っ越した当初は、南北の魚沼でゲーム会を開催しようと考えていましたが、今のところ開催は南魚沼においてのみ。北で開催しないのは、「交通の便の良さ&会場費無料の条件を満たす優良物件が無いから」という理由がありまして。

あと、一度だけ北で開催した時に、私とアキロヲ氏だけの2人会だった時があって、そのトラウマのせいで北での開催が躊躇われていたりw もっとも南でも2人会になりそうな時がありましたが(その時は3人会になった)。色々と調べてみて、良い条件の場所があれば、北で開催することも可と考えてはいます。

新しいゲーム雑誌に関する情報はこちらを参照していただければ分かると思います。毎号オリジナルのゲームが付くということで、なかなか興味深いものがあります。今まではコマンドマガジンやゲームジャーナルといったシミュレーションゲーム系のゲーム付き雑誌がありましたが、普通の?ボードゲームでも出てくるようになったというのはゲーム好きな自分から見ると良いことだと思います。

そんなわけで10月に出るという創刊号は購入予定。今のところ価格は未定ですが、お手頃な価格設定だとありがたいですね。

Comment(0)

2009年9月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp