* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

お〜れ〜はジャイアント〜
2009年04月29日 19:32:20 [ミニチュアゲーム]
ジャイアントの本体が完成しました。あとは牛を塗って取り付けます。

前にも書きましたけど、ウォーハンマー第5版日本語版のころからオーク&ゴブリンのアーミーを作る時、ぜひとも使ってみたいものがジャイアントでした。

その魅力は多彩な攻撃方法にあります。大型モデルの迫力ある外見も魅力ですが、大声でわめき散らすとか、敵ユニットの上でジャンプし続ける攻撃とか、珍兵器好きの自分にはたまらないものがあります。

またジャイアントには、転倒判定という楽しくも怖い特別ルールが用意されています。ジャイアントが移動の際に障害物をまたいで移動したり、戦闘で敗者になったり、逃走中だったりすると6分の1の確立でランダムな方向にズッコケます。ジャイアントがコケた場合の専用テンプレートがあり、その下敷きになるとダメージを受ける危険性があります。これも私好みの珍ルールですね。

次は、ドワーフのスレイヤーの塗り塗りに取り掛かります。

Comment(0)

次の引越し先が決まりました
2009年04月27日 22:20:08 [日々の雑記]
といってもリアルの話ではなくてブログの話。

例会報告やリプレイ、所有ゲームに関する記事を書いていた「魚沼ボードゲーム振興会倉庫」を、Doblogのサービス終了に伴いウェブリブログに引っ越すことにしました。タイトルは以前に同じく「魚沼ボードゲーム振興会倉庫」です。

新しいブログの使い方をまだ把握しきれていませんが、まずは過去のゲーム会記録を移し変えていこうと思います。

Comment(1)

紅い黒オークが完成
2009年04月26日 15:28:25 [ミニチュアゲーム]
ウォーハンマーのミニチュア各種を組み立てたものの、魚沼地方の天候がいまいち良くなかったため、なかなかサフが吹けずにいました。一時天気が良いうちを見計らってサフを吹き、塗装作業にとりかかることができるようになり、ブラックオーク1体完成しました。

鎧を黒・銀・赤のどれで塗るか迷いましたが、赤で塗ることにしました。赤を塗っただけでは単調なので、鎧の各所に銀でハゲチョロ塗り(ぶつかったり擦れたりして、鎧の塗装が剥がれて地金がむき出しになる感じを表現する塗装法)をしたところ、何だかわざとらしい感じの仕上がりになってしまいました(塗装技術の進歩の無さを痛感orz)。その後、例によって薄く溶いた黒をべチャ塗りして色合いを暗く落ち着かせてます。

肌はゴブリングリーンを塗った後、シタデルウォッシュと薄く溶いた黒で黒っぽい肌に整えました。たぶんブラックオークっぽく見えるはず。

内輪もめチェック時、ブラックオークのキャラクターが合流していれば、1を振った場合にそのユニットに功5の自動的ヒットをD6回与えることで、判定のダイスを2〜5の結果に置き換えることが出来ます。とはいっても功5のヒットを受ければ無事では済まないでしょうから、そんな事態に陥らないほうが良いでしょうけど。

次はジャイアントを塗り塗りします。


Comment(0)

低額給付金の行方
2009年04月20日 21:44:10 [ミニチュアゲーム]
皆様はもう定額給付金を手にしましたでしょうか?

ミニチュアの通販でお世話になっているアイコさんで「¥12000以上お買い上げで総量&代引き手数料無料」というキャンペーンを行っていましたので、この機会に給付金¥12000で必要なミニチュアを入手しようと、計算機片手に編成コストとリアルコストをあれこれ計算しながら注文。

本日、注文した品々が到着しました。選んだ品々は以下のとおりです。

○ジャイアント
○ブラックオーク・ビッグボス
○スレイヤー・コマンドグループセット
○ばら売りプラ製スレイヤー5体

ジャイアントはウォーハンマー日本語版第5版の頃にオーク&ゴブリンを集めだした頃から欲しかったミニチュアです。当時はたしかオーク&ゴブリン専用の人型決戦兵器だったと思うのですけど、時代の流れとともに他の一部勢力でも使用できるようになりました。多彩な攻撃方法をもつ珍兵器っぷりと、迫力ある外見が実に私好みのミニチュアです。

オーク&ゴブリン2000ポイント編成のキャラクターを増やしておこうとブラックオークのミニチュアを購入。次はブラックオークのユニットが欲しいところですけど、プラ製にしてはリアルコストがちと高めなのが難点? フルメタルユニットだったころよりは断然安くなったんですけどね。

ドワーフのプラ製スレイヤー(どくろ峠の戦いに入っているミニチュア)が10体集まったので、コマンドグループを購入して15体で編成されたユニットを作ることにしました。予算的都合により、コマンドグループの後ろに並ぶミニチュアは全部同じ形の物になっています。これではさすがに見栄えがよろしくないので、あと5体はメタル製のミニチュアを購入して並べようかと検討中。

明日から楽しいミニチュア製作とサフ吹きと塗り塗り作業の開始です。

Comment(0)

日本語版から遊び始めるドミニオン
2009年04月12日 21:37:40 [日々の雑記]
3月下旬発売予定が延期になったドミニオン日本語版が昨日到着しました。予約特典の追加カードもあります。

このゲームの海外版が出た頃は、話には聞いてたものの、その面白さがいまいちピンと来なかったので特に注目してなかったんですね。それが、魚沼ゲーム会で持ち込まれた時に遊んでみて「これはなかなか面白いゲームだ」と考え直し、日本語版が出るこの機会に入手することにしました。やはり話題のゲームは一度は遊んでみないと、その面白さを理解できないものですね。

世間一般は、戦略がかなり研究されている感じで、今頃に手を出した自分はすっかり出遅れているわけですけど、これからじっくりと遊んでいきたいと思います。

とりあえず5月の魚沼ゲーム会には持っていきますので乞うご期待(たぶん十日町の皆様も購入したかも)。

Comment(0)

この構図を使う時はだいたいネタ切れの傾向にある
2009年04月08日 12:49:13 [日々の雑記]
最近は例会報告くらいしか書くことが思いつかないやつなんでありますが、次の開催を5月10日(第2日曜日)に決めてきました。

画像手前は90%完成したウォーハンマーのミニチュア、アイアンブレイカー5体。初めて現物を見た時は「塗りわけが面倒そうだな」と思いましたが、まず黒を塗って銀でドライブラシしたらそこそこの出来になりました。これは塗りが楽な良いミニチュアです。多分、ドワーフのミニチュアの中で塗りが一番楽なんじゃないでしょうかね。あとは盾を塗って接着すれば完成です。

実戦運用するなら、少なくともあと10体は欲しいところなんですが、フルメタルユニットゆえのリアルコスト高に泣けてきます。

画像奥はこないさ発売されたでろでろの最新刊。今回も面白かったです。作者のブログによると、でろでろの連載はそろそろ終わるとのこと。ミスミソウも次で終わるし、プピポーもそろそろ終わりそうな気配。うーむ、日々の楽しみが減ってしまいますね。

そろそろといえば、日本語版ドミニオンが到着するはず。3月のゲーム会には間に合わなかったけど、5月以降のゲーム会ではガシガシ遊んでみたいところです。

Comment(0)

2009年4月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp