* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

次回の魚沼ゲーム会は
2008年05月11日 21:07:59 [日々の雑記]
6月15日(第3日曜日)に開催することにしました、主催者のやつであります。この前、長岡ゲーム会で遊んだキューバがなかなか面白かったので、サンファンプエルトリコを続けて遊んでみる企画なども考えていますが、いつものゲーム会ということで開催します。色々ゲームを用意して、皆様のお越しをお待ちしています。

以前購入したマーベルヒーローズボードゲームのカード類の日本誤訳が90%完成しました。翻訳作業に当たっては、Wikipediaとかファンサイトを参考にして、できるだけ原作に忠実に訳したつもりですが、のこり10%はどうしても訳せないフレーバーテキスト部分だったりします。まあ、ゲーム的文章は全部翻訳したので、遊ぶ分には問題ないかと思いますが、キャラゲーに重要な原作の雰囲気を伝えるフレーバーテキストだけはどうにも訳しようがない。変に意訳するのも性に合わないので、訳せなかった部分は日本語ラベルシートを貼らずに、そのままにしてあります。あとは遊ぶ機会さえあれば問題ないのですけどね。とにかく遊んでみないことにはゲームの感想が思いつかないので。

そういえば、アマンゾにアーカムホラーの再注文をしてからそろそろ一ヶ月になりますが、どうも今回も入荷しそうにない予感が。今回もダメともなれば、さすがに諦めるしかないのかも。そりゃアマンゾ以外なら日本語訳付が¥10500で売ってたり、日本語訳無しでも¥6300で売ってたりしますけど、誰が買うもんか。僕が買う場所はアマンゾだけなんだ(送料込みで¥5000未満の金額はスゲエ魅力的)。

今月号のホラーMを読んだのですが、サタニスター本当に最終回でした。なんとかうまくまとめた終わらせ方だったのですが、個人的感想では残念な終わり方。というか話の流れが後半から投げやりになってしまい、登場人物の扱いが雑な展開になっていったあたりから、作品の面白さが損なわれたのがもったいなかった気がします。夏に出るらしい単行本は…買うべきか否か。次回作に期待すると共に、しばらくはミスミソウの今後の展開に注目してます。

Comment(3)

GWは5月4日に長岡で
2008年05月06日 12:44:21 [ゲーム会記録]
遊んで来たやつでありますが、長岡ゲーム会に参加するのは7ヶ月ぶりでした。今回は新潟方面からもお越しの方々がいて、大盛況のゲーム会になりました。

今回、私が遊んで来たゲームは以下の品々です。

魔法にかかったみたい参照先
最初は何をしていいのかよく分かりませんでしたが、慣れてくると、いかに自分のやりたいことを、他人と被らずに通すか、そのタイミングを計るのが悩ましくも楽しい展開になりました。欲を書いて大きな効果を狙うか、安全に小さな効果で済ますか、考え出すときりがありません。ゲームの結果はビリでしたが、これは楽しいゲームでした。何回か遊んでシステムに慣れると、よりうまく立ち回れそうな気がします。

お先に失礼します参照先
相手に仕事を押し付けあうゲームですが、うまく沢山のタイルを他人に乗た時は快感です。しかしながら私のポンコツ脳では、うまく計算したつもりでも、結局自分のところへ大量のタイルが戻ってきたりします。ルールは簡単で短時間で終わり、頭をひねる要素も十分あるという、良いゲームだと思います。2回遊んで2回とも2位でした。

サメ警報参照先
SSさんが言うには「なんだかよく分からない」ゲームとのことで、実際に遊んでみたら、やはりよく分からないゲームでした。
ゲーム展開は淡々としていて、何をどうすれば有利な展開にできるのかが見えてきませんでした。


ごきぶりポーカー参照先
毎度おなじみ、「嘘つきはゲーマーの嗜み」ゲームです。虚実うまく織り交ぜて立ち回り、脱落しませんでした。

キューバ参照先
一見するとプエルトリコのようですが、様々な効果のある建物を建てたり、資源や産物を獲得したり、産物や製品を売買してお金のやり取りをしたりなどと、細かい味付けがされています。ゲームは6ラウンドで終了するので、あれこれしようとせず、その時点で的確と思われる行動を見出して進めていくのがいいかもしれません。

自分は建物の効果が良く分からなかったので、中盤からはひたすら産物をどんどん出荷して勝利得点を稼ぐ方針に切り替えました。これがうまくいき、なんとか6ラウンド終了まで逃げ切って1位。2位とは1点差でしたが勝つことができました。このゲームもある程度経験を積んで、システムを理解して立ち回ることができれば、より面白さが分かってくると思います。

久しぶりに沢山のゲームを遊ぶことができてとても楽しい1日でした。

さて、自分のほうでも6月の魚沼ゲーム会の日取りを決めないと…。

Comment(0)

マーベルの英雄たち
2008年05月01日 23:22:45 [日々の雑記]
最近はドイツ製よりも、アメリカ製ゲームばかり買っている気がするやつでありますが、このたび購入したFFG社のマーベルヒーローズボードゲームもやはりアメリカ製です。

以前、見かけたときは¥8000くらいだった記憶がありますが、¥6300まで値が下がったので、思い切って購入。ちなみにアマンゾでは取り扱ってなかったです。アーカムホラーが届かなかったら買おうと考えていましたが、届くかどうか分からないうちに、先に手を出してしまいましたw

ルールを一通り読み、テスト(ソロ)プレイもしてみて、なかなか面白そうな印象を受けました。いまは他人と遊ぶために、カード類の日本誤訳シール作成作業をしているところです。「大いなるゲームには大いなる翻訳作業が伴う」ってやつでしょうか。

ゲームのルール自体はそれほど難しくなく訳せたのですが、カードのタイトルとかフレーバーテキストに、コミックのタイトルとか設定とか、原作が分かる人じゃないと分からんような単語が多かったりして、翻訳に手間取ります。でも、こういうところも訳したほうが、無味乾燥なゲーム的処理ではなく、原作の雰囲気を少しでも理解できるような気がしますので、できるところはできるだけ訳していきたいですね。

このゲームにはマーベル社のアメコミの有名どころであるXメンやらスパイダーマンやらファンタスティック4などが登場しますが、実は自分は原作を読んだことがありません。せいぜい映画で見た程度の知識しかなかったりします。ちなみに個人的に好きな映画&キャラクターはスパイダーマンです。

Xメンやらマーベルコミックは、昔に日本語訳版が出ていましたが、自分が初めて読んだアメコミは、スポーンの日本語版でした。フィギュア集めが先行して、そこから原作に興味を持ったのですけれども。これからは、ブクオフでマーベルなどのアメコミの日本語版を見かけたら、ぜひ入手して読んでみようと思います。

Comment(5)

2008年5月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp