* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

エイプリルフールだけど本当の話です
2008年04月01日 19:53:03 [日々の雑記]
4月だというのに、魚沼地方は相変わらずばかさぶい日々が続いております。ちょっとだけ雪が降ってみたりみぞれが降ってみたりと春の訪れがなかなか無いのですけれども。

アマンゾに頼んだアーカムホラーが7日までには届く筈なんですが、そろそろ届いてもいいんじゃないか? 散々待たせて結局来ませんでしたなんて落ちは日記に書きたくないですぞ。

そういえば、タイドオブアイアンの拡張セットがアマンゾで今現在売ってます。しかしながら、今回の戦場はアフリカ戦線だし、本体自体まるで遊んでないので購入は見送ります。でも東部戦線の拡張セットが出たら買うかもしれないなあ。

それにしてもアマンゾで売っている拡張セットは日本語訳が無いとはいえ、送料無料で¥4700と日本語訳付で流通しているものが¥8000だからかなり安い。日本語訳する手間隙を差っ引いても、この価格は魅力的です。

アマンゾには時々こういった掘り出し物があるから侮れません。願わくば、FFG社の他のボードゲームも沢山取り扱って欲しいものです(ウィングオブウォーミニチュアとか)。まあFFG社に限らず色んなメーカーのゲームが欲しいわけですが。

当ブログは、日本語訳が無い代わりにお買い得価格で海外ゲームを提供してくれるAmanzo.co.jpを応援してます。でも1ヶ月以上待たせた挙句、「入荷せず」の一言でガッカリさせるのは勘弁してね。

自分も今年で三十路になるのですが、若い人には「若いうちにうちに英語を勉強しておけば、少なくともゲームを遊ぶ時に必ず良いことがあるよ」と言っておきたいです。若いうちは頭も柔軟だし、中学&高校で勉強する機会や環境があるのだから、勉強するに越したことは無いと思います。英語が読めるメリットがあるとしたら、

○日本語訳なしのゲームでも、とりあえず買ってあそんでみようという気になる。輸入したり、アマンゾで買ったりする気になる。
○メーカーが付けた日本語訳だと意味が良く分からない事があっても、原文を読めば意外と分かることがある
○英語で書かれたカードを、いちいち対訳表片手に読まなくても済む(でも日本語化したほうがスピーディなんだな)

もっとも英語が読めるからといって、手当たり次第に海外産ゲームに手を出して、あとで激しく後悔することもありますが(^^;)

与太話が長くなったのでこの辺で止めときますが、4月の魚沼ゲーム会の日程が決まりました。当初の予定通り4月20日に開催します。ただし今回は会場の都合で畳の部屋なんですねー。本当は机と椅子のある部屋が良かったのですが。今回はU原さんのリクエストでTRPG会になります。遊ぶゲームは前回に同じくソードワールドRPG。マスターはU原さんが務めます。

Comment(1)

2008年4月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp