* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

4/20 第13回(南)魚沼ゲーム会例会報告
2008年04月20日 19:58:18 [ゲーム会記録]
本日、南魚沼市民会館にて「魚沼ゲーム会」が開催されました。今回は魚沼TRPGを遊ぶ会として開催しました。

今回の参加者は、U原さん、アサイさん、ササさん、オシミさんの計4名。参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

遊んだゲームは前回に同じくソードワールドRPG。U原さんがマスターを担当で、キャラクターは前回と同じ。今回は都合で来られなかったアキロヲさんのマーガレット(男)がいない4人パーティー編成。


各プレイヤーのキャラクターは以下の通りです。

〇シバード(アサイ):人間。シーフ・バード・セージ。
〇カルヴィ(オシミ):ハーフエルフ。シャーマン・セージ。
〇オレガノス(ササ):人間。ファイター。
〇ガタリ(やつ):ドワーフ。ファイター・プリ―スト。

今回も市販のシナリオを使用していたので(キャンペーンシナリオです)、ネタバレにならぬよう詳細は書きませんが、「ちょっとホラー展開」なシナリオでした。前回手に入れたあるアイテムの秘密を知った一行は、他にもいくつかあるアイテムの行方を捜しに出ます。

途中で寄った村で重要な情報をつかんだ一行は、NPCからの情報で知ったある場所へ行きます。そして満月の晩になった時、あたりに深い霧が漂い、やがて何か大きなものが地面を引きずるような音が聞こえてきます。一行が目にしたのは…。

ラストバトルでは、アサイさんを除く全員が必ず1回は1ゾロを出してしまうという荒れた展開に。私は3回も1ゾロ出しました(経験点を30点得たw)。ともあれ死者が出ることも無く事件は無事解決し、一向はもうひとつの重要アイテムを手に入れることができました。

謎のアイテムの使い道も分かり、いよいよ物語も中盤に進んできた…のかな? 次にTRPG会を開催する機会があった時に、さらなる展開が待っているかと思います。

今回遊んでみて、マスター役も大変そうだが、面白そうだとも思いました。TRPGやるなら、1度はマスターを担当してみるのが今後の目標ですね。

さて次回の魚沼ゲーム会は、主催者の都合と会場の都合により、5月はお休みで、6月開催になります。 5月になったら、詳細な日程を決め次第、告知します。

Comment(18)

タリスマン日本誤訳化完了
2008年04月19日 22:36:37 [日々の雑記]
前にアマンゾで購入したタリスマン第4版の日本誤訳化が完了しました。カードに日本語シールを貼り、一目で内容が理解できるようにしてあります。ゲームボードにはシールを貼らず、別紙にて和訳を用意しました。それと、カウンターの数字が見やすくなるように白で色を塗ってあります。

4版のことをネットで調べてみたら、4版のカード&ゲームボードの日本語訳が公開されていたので、そちらを参考にすることでスピーディーに作業が進みました。あと、Black Industries社のFAQも参考にしてあります。

あとは遊ぶ機会さえあれば、いつでもOKです。面子さえ揃えばね。「多人数ソロプレイで運の要素満載な双六を、だらだらと終わりまで続けるのが平気な人」なら問題無いかと思います。個人的にはルーンバウンドよりタリスマンの方が好みです。

以前に入手した第3版は、だいぶ前に在庫処分で売り出しました。3版を処分した当時は、双六的なゲームに対して個人的評価が低かったのですが(あと購入価格¥12000という出費にもゲンナリしていたような)、今考えてみると、とりあえず取っておけばよかったかも。

今の自分なら、こういう双六チックなゲームをのんびりやるのも悪くないかなと思いますが、時と共にゲームの好みもころころ変わってきますね(移り気なだけか)。

3版と4版のどっちが面白いかというと、どちらにも独自の面白さがあると思います。大きな違いがあるとすれば、

・3版は移動時に右回りでも左回りでも移動できるが、4版は一度決めた方向のまま移動する(エリアが変われば方向を変えてもよい)
・敵を倒した場合、3版だと経験点をもらい、一定の点を集めると、ストレングスかクラフトかライフか金貨のどれかが上昇するが、4版では倒した敵の種類に応じて上昇する(倒した敵がクラフト値を持っていれば、キャラクターのクラフトが上昇するとか)
・ボード上の内容が3版と4版では若干の変更がある
・3版はラスボスのドラゴンキングを倒したプレイヤーが勝利するが、4版では誰かが支配の王冠マスに到達してから、最後まで生き残っているプレイヤーが勝利する。

私の記憶ではこんなところだったような。違っていたらスミマセン。

Black Industries社には、追加エキスパンションの第4版仕様を出してもらいたいですね。出たら買ってもいいです。できればアマンゾで、お手ごろ価格にて取り扱ってもらえれば、言うこと無しです(「発送は3〜5週間後」というのは勘弁してほしいところ)。

Comment(0)

タリスマン・リターンズ
2008年04月10日 16:50:34 [日々の雑記]
注文していたタリスマン第4版が届きました。第3版のルールを知っているので、大体同じでしょと思ってルールを読んでみたら、結構変更点がありました。といっても、ネットで調べた情報によると、この第4版は第2版を元にしたゲームとのこと。

第3版ではラスボスのドラゴンキングを誰かが倒せば終了するのですが、第4(2)版では、誰かがゲームボード中央の「支配の冠」に到達したら、全てのプレイヤーが生き残りをかけて戦い、プレイヤーが1人だけ生き残れば終了します。

これからルールの日本誤訳、カード&ゲームボードの日本語化、数字マーカーの着色(数字が彫られたマーカーがいっぱいあるのですが、そのままだと数字が見えにくい)をしようと思います。

ルール自体は簡単ですけど、テスト(ソロ)プレイをしてみた感じでは、終わるまでには結構時間が掛かるゲームです。日本語化の暁には、なんとか面子を集めて遊んでみたいところです。

Comment(1)

「まさか」と思いつつ「やはり」とも思う
2008年04月08日 22:23:51 [日々の雑記]
ことが2つあったので、せっかくだから日記に書いてみる。

3月にアマンゾへ注文していたアーカムホラーは配送予定日に届くことはなく、今月末〜5月中ごろまでに予定日が延期されました。まあ想定の範囲内でしたけど、やはり残念無念な話です。

その代わりといってはなんですが、アマンゾで舶来ボードゲームを探していた時に「タリスマン(第4版)」を見つけました。こちらはアーカムホラーと違って在庫ありでした。

国内のゲーム店だと安いところでも¥6300(日本語訳なし)ですが、アマンゾでは送料無料で¥5000くらいとなかなかお買い得。あとはいつもと同じように、ついカッとなって買(ry

今週中に届くと思いますので、届いたら紹介します。

もうひとつの話は、コンビニでサタニスターとミスミソウ目当てにホラーM5月号を立ち読みしたら、
(以下ネタバレ含むので反転表記)サタニスターが次号で終了になるとのこと。どうも1月号のあたりから話の展開が投げやりになってきた(登場人物が大して活躍しないまま次々と死亡したり、今までの設定をぶち壊すような展開になったりとか)ので、ひょっとして打ち切りになるのかと心配していたら、そのとおりになってしまいました。

正直、今月号のサタニスターには絶望した! 主役?のサタニスターは前々から死亡フラグが確定していた感じでしたけど、まさかなんら活躍も無く宿敵との戦闘も無しに行き倒れ→そのまま死亡することになろうとは…。ひょっとしたら、次の最終回?であっと驚くような展開があるのかもしれませんけどこんな展開で最終回を迎えようとするサタニスターに絶望した!
単行本1〜3巻を読んでいた頃はとても面白かったのですが、このような終わり方をしてしまうのならば4巻以降は購入すべきかどうか迷ってしまいます。ともかく残念です。こうなったからには、次回作に期待するしかありません。


さて、久しぶりにI−OGMを覗いてみたら、FFG社のゲームのいくつかが以前より安くなっているような気が。ひょっとして円高の影響か? Xメンやファンタスティックフォーが活躍するらしいマーベルヒーローズボードゲームとか、ウィングオブウォーのシステムを使って、WW2に登場する戦闘機の空戦をゲームにしたドーンオブウォーなんかが欲しくなってきました。

Comment(0)

エイプリルフールだけど本当の話です
2008年04月01日 19:53:03 [日々の雑記]
4月だというのに、魚沼地方は相変わらずばかさぶい日々が続いております。ちょっとだけ雪が降ってみたりみぞれが降ってみたりと春の訪れがなかなか無いのですけれども。

アマンゾに頼んだアーカムホラーが7日までには届く筈なんですが、そろそろ届いてもいいんじゃないか? 散々待たせて結局来ませんでしたなんて落ちは日記に書きたくないですぞ。

そういえば、タイドオブアイアンの拡張セットがアマンゾで今現在売ってます。しかしながら、今回の戦場はアフリカ戦線だし、本体自体まるで遊んでないので購入は見送ります。でも東部戦線の拡張セットが出たら買うかもしれないなあ。

それにしてもアマンゾで売っている拡張セットは日本語訳が無いとはいえ、送料無料で¥4700と日本語訳付で流通しているものが¥8000だからかなり安い。日本語訳する手間隙を差っ引いても、この価格は魅力的です。

アマンゾには時々こういった掘り出し物があるから侮れません。願わくば、FFG社の他のボードゲームも沢山取り扱って欲しいものです(ウィングオブウォーミニチュアとか)。まあFFG社に限らず色んなメーカーのゲームが欲しいわけですが。

当ブログは、日本語訳が無い代わりにお買い得価格で海外ゲームを提供してくれるAmanzo.co.jpを応援してます。でも1ヶ月以上待たせた挙句、「入荷せず」の一言でガッカリさせるのは勘弁してね。

自分も今年で三十路になるのですが、若い人には「若いうちにうちに英語を勉強しておけば、少なくともゲームを遊ぶ時に必ず良いことがあるよ」と言っておきたいです。若いうちは頭も柔軟だし、中学&高校で勉強する機会や環境があるのだから、勉強するに越したことは無いと思います。英語が読めるメリットがあるとしたら、

○日本語訳なしのゲームでも、とりあえず買ってあそんでみようという気になる。輸入したり、アマンゾで買ったりする気になる。
○メーカーが付けた日本語訳だと意味が良く分からない事があっても、原文を読めば意外と分かることがある
○英語で書かれたカードを、いちいち対訳表片手に読まなくても済む(でも日本語化したほうがスピーディなんだな)

もっとも英語が読めるからといって、手当たり次第に海外産ゲームに手を出して、あとで激しく後悔することもありますが(^^;)

与太話が長くなったのでこの辺で止めときますが、4月の魚沼ゲーム会の日程が決まりました。当初の予定通り4月20日に開催します。ただし今回は会場の都合で畳の部屋なんですねー。本当は机と椅子のある部屋が良かったのですが。今回はU原さんのリクエストでTRPG会になります。遊ぶゲームは前回に同じくソードワールドRPG。マスターはU原さんが務めます。

Comment(1)

2008年4月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp