* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

yさん宅にて日独激突
2008年02月11日 17:03:08 [ゲーム会記録]
昨日、長岡のyさん宅にお邪魔いたしまして、シミュレーションゲーム対戦をしました。今回、対戦したゲームは「第2次大戦で枢軸国側が勝利を収めた世界で、日独が世界の覇権をかけて激突する第3次世界大戦」のなかで、北米での攻勢を扱ったミシシッピ・バンザイです。

このゲームは、われわれの世界のスターリングラード戦が元になっています。

スターリングラードではなくセント・ルイスに立てこもるドイツ第6軍を、日本軍がソビエト軍よろしく包囲して、さらにフォートマディソンとバーリントンを占領すべく進撃していきます。

対するドイツ軍は、序盤にはロクな戦力が無く、押し寄せる日本軍のスチームローラーにあっというまに押しつぶされていきます。日本軍に対抗するには、毎ターン送られてくる増援部隊を頼りにしなければなりませんが、どの増援部隊が送られてくるかはランダムに決められくるというので、最弱部隊から最強の部隊まで何が送られてくるか分かりません。

ドイツ軍をyさん、日本軍を私が担当して、いざ勝負。画像は第1ターン開始時のものです。

画像下側の赤いユニットが日本軍です。中央の敵の弱小戦力ユニットを戦車で蹂躙、砲撃で穴を開け、歩兵をなだれ込ませる作戦で布陣してます。また、セントルイス東岸にも砲撃用ユニットを配置してます。

ドイツ軍は固定セットアップです。ボード上左側と右側のセント・ルイスに配置してある灰色のユニットがドイツ陸軍、中央部に展開しているのがアメリカSS騎兵連隊(黒いけど弱い)、藍色?のユニットがヴィシーフランス軍(これも弱い)、水色のユニットがドイツ空軍です。

第1ターン、日本軍は強力な突進力に物を言わせ、弱小ユニットを次々撃破していきます。対するドイツ軍に送られてきた増援は第1空挺軍の歩兵ユニットが5個。これでは防衛線は張れないということで、総統にさらなる増援を懇願したところ、マントフェイル元帥率いる第5装甲軍がやってくることに。yさんはすぐさま増援を配置せず、現有戦力でなんとか赤い津波を抑えようとしますが…続きはこちらへ。

対戦は5時間に及びましたが、とても面白い展開でした。シミュレーションゲームはルールがけっこう多いし、時間もかかるのでなかなか遊ぶ機会がありませんけど、しばらくすると何故かまた遊びたくなるのが不思議ですね。

次はバルジ大作戦に挑戦してみようと思います。

Comment(4)

2008年2月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp