* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

クトゥルフと私
2008年02月28日 23:13:21 [日々の雑記]
アナログゲームSHOPを見たら、いつの間にかタイドオブアイアン追加セットが発売しているのを発見。今回はアフリカ戦線がテーマになっています。となると、次こそ東部戦線のセットが出るのかな?

買うかどうかは別として(TOI本体自体、まだまだ遊んでないし)アマンゾで取り扱っているかどうか確認してみたら、拡張セットは無かったものの、新版アーカムホラーが売りに出ているのを発見。どんなゲームなのかというのはこちらを参照。

気になるお値段が¥4,792と大変お買い得。国内で和訳つきで流通しているものが大体1万円くらいなので、約¥5000もお得。これは抗いがたい誘惑の一品です。

遊ぶ機会があるかどうか、それよりも膨大な量のテキストを日本誤訳するガッツがあるのかどうか…さんざん迷いましたけど、とりあえず注文しました。問題はお届けが3〜5週間後ということ。以前TOIを最初に注文した時は、待たせた挙句、入荷しなかったんですね。その後、入荷したので注文して入手できましたけど、今回もひょっとしたら入荷しないかもしれません。来月の今頃、日記にどんな記事を書いていることやら。

自分がクトゥルフ神話作品に初めて触れたのは、小学校の時に図書館で借りて読んだ「悪魔の落とし子」でした。これは「ダンウィッチの怪」を子供向けに分かりやすくしたものです。挿絵に描かれた、ウィルバー・ウェイトリーが番犬にかみ殺された場面や、ウィルバーの双子の弟の化け物じみた外見(ちょっとガラモンっぽい)には子供心にも恐怖を感じて、SAN値が1d6減少したのを覚えています。

その後は、中学生の頃に、兄が持っていたクトゥルフ・ハンドブック(山本弘著)を読んで「クトゥルフの呼び声※」というTRPGの存在を知り、当時箱入りだったルールのセットや旧版アーカムホラーを購入したりしました。現在はどちらも手元に無いんですが、とっておけばよかったですね。

新版アーカムホラーを入手できたなら、気合で日本誤訳して、いつか遊んで見ようと思います(面子を集めるほうが難しい気が)。あと、クトゥルフ神話TRPGのほうにも(できればプレイヤーで)挑戦してみたいです。

そういえば、こないさクトゥルフ神話のモンスターガイドとも言うべき「マレウス・モンストロルム」が発売されました。例によって悪い癖で欲しくなった一品なのですが、値段が高くてさすがに手を出せない…。



※ホビージャップ社から販売していた当時の名称。現在はエンターブレイン社から「クトゥルフ神話TRPG」の名称で販売されている。

Comment(2)

雪国モノポリー
2008年02月27日 19:26:58 [日々の雑記]
最近、日記に広告の表示が出てくるようになり、今までのレイアウトだと記事が見づらいので、記事を左側に並べて表示するように変更しました。

3月の魚沼ゲーム会は16日(第3日曜日)に開催しますので、魚沼(ならびに他地域)の皆様は、ご都合よければお越しくださいませ。

こないさ、知り合いの方から、南魚沼市坂戸のホテル坂戸城で「モノポリーとかいうゲームを遊ぶ会」なるものを見かけたと言われ、調べてみたら2月23日に「モノポリー雪国杯」という大会が行われていることを知りました。あー、その日は仕事だったっけ。

ちなみに知り合いの方は、モノポリーがどんなゲームなのか知らなかったので、ホテルの従業員さんに聞いてみたら、従業員さんも何をやっているのかよく分からないようでしたw ここは何回も会場になっているんですけどね。田舎ではモノポリーの知名度って低いのか? 魚沼ではモノポリーを売っている玩具屋が何軒かあったとは思いますが。

参加には事前の連絡が必要な大会みたいなので、自分のようなヘタレゲーマーが出られるような場所じゃないと思いますけど、ゲームを遊べる機会があるなら、どんなところにも出てみたい願望だけはあります。

そういえば、この大会に魚沼から参加した人っているのかな? 居たとしたら、今度魚沼ゲーム会にも遊びにきてほしいところですね。

そんなわけで3月の魚沼ゲーム会にはモノポリー(スターウォーズ旧三部作版)を持っていきますので、リクエストがあれば遊びましょう。

Comment(0)

まずは1体目
2008年02月23日 18:29:15 [ミニチュアゲーム]
今回購入したラスキャノンのパーツを、タクティカルスカッドのミサイルランチャー持ちに付け替え、色を塗り上げました。このミニチュアはコマンドスカッドで役に立ってもらう予定です。

あと、スペースマリーンコマンダーが持っていたパワーウェポンをパワーフィストに取り替えました。個人的にはパワーウェポンを持っている姿がカッコいいと思うのですが、性能で選んでみました。

次はターミネイター5体を塗り塗りしていきます。

Comment(2)

スペースマリーン増強開始
2008年02月21日 17:24:17 [ミニチュアゲーム]
ティラニドとオークとドワーフのアーミーが1000ポイント編成で完成したので、1月頃からスケイブンを塗りだしたやつです。しかしながら、ネズミ軍団の制作意欲がなかなか湧いてこないで、今では製作を放棄しています。

こんな時は思い切って新しいミニチュアを買おう、ということでウォーハンマー四万のスペースマリーンを増強するためミニチュアをいくつか購入しました。去年に買ったタウは相変わらず放置中。いつかは増強していこうと思いますが。

今回、計算機片手に編成コストとリアルコストを計算した結果、購入したのが以下の品々。

○ターミネイタースカッド
○スカウトスカッド(ボルトガン装備)
○ラスキャノンのパーツ

手持ちのミニチュアと合わせると、850ポイントくらいの規模になりました。ターミネイターの編成コストがデカイです。

組み立てが済んだので、後は天候次第で、外でサフ吹きします。

Comment(10)

yさん宅にて日独激突
2008年02月11日 17:03:08 [ゲーム会記録]
昨日、長岡のyさん宅にお邪魔いたしまして、シミュレーションゲーム対戦をしました。今回、対戦したゲームは「第2次大戦で枢軸国側が勝利を収めた世界で、日独が世界の覇権をかけて激突する第3次世界大戦」のなかで、北米での攻勢を扱ったミシシッピ・バンザイです。

このゲームは、われわれの世界のスターリングラード戦が元になっています。

スターリングラードではなくセント・ルイスに立てこもるドイツ第6軍を、日本軍がソビエト軍よろしく包囲して、さらにフォートマディソンとバーリントンを占領すべく進撃していきます。

対するドイツ軍は、序盤にはロクな戦力が無く、押し寄せる日本軍のスチームローラーにあっというまに押しつぶされていきます。日本軍に対抗するには、毎ターン送られてくる増援部隊を頼りにしなければなりませんが、どの増援部隊が送られてくるかはランダムに決められくるというので、最弱部隊から最強の部隊まで何が送られてくるか分かりません。

ドイツ軍をyさん、日本軍を私が担当して、いざ勝負。画像は第1ターン開始時のものです。

画像下側の赤いユニットが日本軍です。中央の敵の弱小戦力ユニットを戦車で蹂躙、砲撃で穴を開け、歩兵をなだれ込ませる作戦で布陣してます。また、セントルイス東岸にも砲撃用ユニットを配置してます。

ドイツ軍は固定セットアップです。ボード上左側と右側のセント・ルイスに配置してある灰色のユニットがドイツ陸軍、中央部に展開しているのがアメリカSS騎兵連隊(黒いけど弱い)、藍色?のユニットがヴィシーフランス軍(これも弱い)、水色のユニットがドイツ空軍です。

第1ターン、日本軍は強力な突進力に物を言わせ、弱小ユニットを次々撃破していきます。対するドイツ軍に送られてきた増援は第1空挺軍の歩兵ユニットが5個。これでは防衛線は張れないということで、総統にさらなる増援を懇願したところ、マントフェイル元帥率いる第5装甲軍がやってくることに。yさんはすぐさま増援を配置せず、現有戦力でなんとか赤い津波を抑えようとしますが…続きはこちらへ。

対戦は5時間に及びましたが、とても面白い展開でした。シミュレーションゲームはルールがけっこう多いし、時間もかかるのでなかなか遊ぶ機会がありませんけど、しばらくすると何故かまた遊びたくなるのが不思議ですね。

次はバルジ大作戦に挑戦してみようと思います。

Comment(4)

2008年2月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp