* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

新春初ゲーム
2008年01月06日 19:12:36 [ゲーム会記録]
本日、長岡よりお越しのyさんと日露戦争の再戦をしました。今度はyさんが日本軍担当で攻め、私が露軍で守ります。

yさんに戦線の張り方について10回くらいアドヴァイスを頂き、なんとか遼陽周辺で守りを固めていましたが(助言がなければ四平まで取られていたかもw)東側の山地を突破した日本軍に撫順を取られ、圧力を受けていきます。やむを得ず遼陽防衛を放棄して露軍は奉天に退却。史実と同じく奉天会戦にて勝敗を争う展開に。日本軍は奉天を占領できれば、ゲームに勝利するだけの点数を獲得することができるのです。

残り2ターン、奉天は10−6の強力な2ユニットにて守られ、周辺にも戦線が構築されますが、露軍は守るだけで手一杯。日本軍の進撃を遅らせるような兵力が残されていないのです。しかし日本軍も露軍の堅い戦線を突き破るだけの時間が残されていません。そこでyさんは「源太郎ズ・ラストギャンブル」にうって出ます。奉天前面の3へクスに9−8ユニットと4−8ユニットを集結させ、さらに10−2のサンチ砲の支援も加えた100戦力以上で攻め込みます。地形効果によって戦闘比3:1となり、1/2の確率で奉天のユニットを追い出して占領できるはずでしたが、サイコロを振った結果はEX! 双方に損害が出ますが、奉天のユニットは動きませんでした。

最終ターン、再び戦力をかき集めた日本軍は「源太郎ズ・ラストギャンブル2」にでます。ところが結果はまたしてもEX! 最後の最後でサイコロに裏切られてしまった日本軍は投了。ギリギリのところで露軍が勝利しました。

最後の最後で日本軍にサイコロ運が無かったことが勝因でしたけど、もし奉天を取られていたら、今度は露軍が全力で奉天奪回を目指していたと思います。奉天を取れるかどうかで勝敗が決まるというギリギリの攻防戦でした。yさんにアドヴァイスをもらいながら(いざ戦線を張ってみたら穴だらけで、包囲→殲滅になるような展開が何回もあった)の勝負でしたので、ガチの勝負なら私の負けでしたでしょう。

日露戦争の後は指輪物語・対決ティラノEXを途中まで遊び、新年初のゲームを楽しむことができました。

次は2008年最初の魚沼ゲーム会に向けて準備を始めます。

Comment(1)

2008年1月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp