* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

少年時代の夢は中年時代以降に実現する
2007年10月12日 12:41:48 [日々の雑記]
魚沼ボードゲーム振興会(のHP)を始めてまもなく3年目になるところの主催者やつです。

今年の2月から3月にかけてNHKで放送されていた「NHK趣味悠々 ようこそ!鉄道模型の世界へ」を見ていた方はいますか? 自分はその当時1回だけ見た事があります。

自分は中学生時代、学校の図書館にあった鉄道模型の本を読んで、この趣味の存在を知りました。例によって「興味が出たことにはとりあえず手を出さないときがすまない」という悪い癖が当時からあって、なけなしの小遣いをはたいて、Nゲージ(レール幅が9ミリの縮尺で作られており、手ごろな価格と小スペースでもたくさん線路を敷くことができることから、日本で最も普及している?鉄道模型)のセットを購入したことがあります。で、当時は今ほど様々な情報を手に入れる手段が無く、今ほど自由に使えるお金も無い為にさらなる投資もできず、鉄道模型の雑誌を読んでは妄想ばかり増えていき、結局はお蔵入りしてしまいました。あの当時の品を探してみましたが、見つからないってことは処分したんでしょう。

この「ゼロから創る鉄道模型レイアウト」上下巻には、NHKで放送されたいた全8話がDVDで収録されています。これを見たとたん、私も再び鉄道模型に興味が出てきました(またまたまた悪い癖)。この放送はちと説明不足な点もありますが(テキストの方にはもう少し詳しく書いたあります。)鉄道模型に興味をもってもらうには良い内容だと思います。

とはいえ、直ぐに始められるだけの経済的自由はないので、まずは本を買ったり、ネットで情報を集めたりから始めています。「鉄道模型」で検索してみれば、山のように色んな情報が出てきます。

色々調べたなかで面白そうなのがこれとかこれ。蒸気機関車と客車or貨車のラジコンセット。レール幅がなんと6センチで、レール幅4.5センチのGゲージ模型並みの大きさでしょうか? 蒸気機関車の模型としての精度をどうこう見るより、走る機関車の大きさからくる迫力と様々なギミックを楽しむにはいいんじゃないかと。

Comment(4)

2007年10月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp