* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

数年越しの決着
2007年09月30日 19:53:35 [ゲーム会記録]
本日の魚沼は秋にしては寒すぎる一日でしたが皆様いかがお過ごしでしょうか。今日の午後、アキロヲ氏と独ソ電撃戦を対戦してきました。

以前の日記に書いたのですが、このゲームは旧版の頃にセットアップはしたもののボードが吹っ飛んで戦場が崩壊、両者モラル崩壊にて終了したという苦いおもひでがありますw 今回数年越しに再戦を果たせたという。

ルールを説明し(長くは無いけど、ウォーゲームを説明するのは難しい…)、戦線の張り方や包囲の仕方などを教えて、いざ対戦。昔に同じく、アキロヲ氏がドイツ軍、私がソビエト軍を担当。

序盤の攻勢で何故かEX(攻撃側も防御側も損害を受ける)が連発し、ソビエトに勝利得点が入ります。後半、バラノウィチの手前の湿地帯に布陣するソビエトの戦車ユニットに攻撃をしたドイツ第3装甲集団の戦車ユニットがEXの結果で取り除かれるのをみて、アキロヲ氏投了。残りターンではミンスクへの到達や東方への突破はまず不可能であり、勝利得点で逆転するのは無理との判断でした。

まずはアキロヲ氏にコマンドマガジン57号の記事を読んでもらってから(或いは説明してから)ドイツ軍を動かしてもらうのが良かったのかもしれません。アキロヲ氏すまぬorz 

今度は陣営を変えて対戦するべ、と約束。いつになるかは未定ですが。

その後は、11月の魚沼会で遊ぶ予定のソードワールドRPGのルール解説(キャラクター作りとか戦闘ルール)をしました。10月の魚沼会はお休みですが、11月は魚沼で初のTRPG会(ボードゲームも用意します)を開催します。

Comment(4)

タイドオブアイアン:テスト(ソロ)プレイにてルール確認
2007年09月29日 22:42:22 [ゲームの雑記]
公式HPでダウンロードしたシナリオでテスト(ソロ)プレイ中にて、各種ルールの確認を行っています。このシナリオでは、アメリカ軍はシャーマン戦車1台を盤外へ突破させつつ、建造物4つを占拠すれば勝利します。迎え撃つドイツ軍には1台だけですが強力な4号戦車がいます。突破を目指して全軍で進攻するアメリカ軍、数の上では少ないが地の利を得ているドイツ軍(さらにドイツ軍には増援部隊が続々と登場し、盤上へ配置されていくのです)両軍は陸と橋をはさんで向かい合いました。次のターンには砲火が交えられるでしょう…。

タイドオブアイアンのメインとなる行動フェイズ(The Action Phase)で、各ユニットはどのような方法で移動を行ったり、攻撃を解決していくか、大まかな点ではありますが説明します。例によって。使われている用語は、私個人が適当な日本語を当てはめたものですのでご了承ください。

移動では、各ユニットは移動ポイントを消費することで、へクスからへクスへ移動していきます。移動する地形によっては、移動ポイントをより多く消費する必要があります。なお、移動中に射撃待機中の敵ユニットから攻撃される場合があります。

攻撃では、黒の6面ダイスをいくつか振ることで判定します。攻撃を行うプレイヤーは、ダイスを振る前にその攻撃が「通常攻撃」か「制圧攻撃」かを決めます。

各ミニチュアには火力値と射程距離が決められています。火力値とは、そのミニチュアが攻撃する際に振るダイスの個数を表します。射程距離はそのミニチュアの攻撃が届くヘクス数を表します。

なお、火力値は対人と対車輌の2つがあり、目標の種類によって使い分けます。

例えば、一般兵のミニチュアの火力値は1で、一般兵4のミニチュア4つで構成されているユニットが対人で攻撃する時、火力値は合計で4になります。

攻撃が有効な命中になったかどうかは、目標までの距離で決まります。隣接するヘクスの敵には456の目が出たダイスの数だけヒットがあります。射程距離内の敵には56の目、有効射程距離の2倍までの敵には6の目が出たダイスの数だけヒットがあります。

通常攻撃を行った場合、目標のユニットはヒットの数だけミニチュアを取り除きます。目標が車輌だった場合、ヒット数に応じて軽損害か重損害になります。軽損害または重損害のユニットがさらにヒットを受けると、破壊されて取り除かれます。

制圧攻撃を行った場合、目標はヒットの数に応じて釘付け状態または混乱状態になります。釘付けまたは混乱状態のユニットがさらにヒットを受けると、取り除かれます。釘付けまたは混乱状態のユニットは、その行動フェイズ中に一切行動できません。なお、車輌には制圧射撃を行えません(効果が無いからです)。

目標となったユニットは、ユニットがいる地形によって、あるいは何らかの効果(車輌ならば装甲の厚さ、戦術カードによる効果など)によって、カバー値が与えられます。カバー値があるユニットを目標とした攻撃では、カバー値の分だけ赤いダイスが攻撃の黒いダイスと共に振ります。赤いダイスで56の目が出た数だけ、ヒットを与えることができた黒のダイスを無効にできます。

以上で大雑把ではありますが、移動と攻撃に関する主なルールを解説しました。もちろん、もっと細かいルールは沢山ありますが、その説明はまたの機会に。


歩兵のミニチュアはベースに差し込んで使うのですが、ミニチュアの作りによっては、差し込みにくい&引き抜きにくいものがあります。数が多くて面倒ですが、カッターナイフなどでミニチュア下部の差し込むところを少し削ってやると、差込や引き抜きがしやすくなります。しかし削りすぎると、こんどは差込が緩くなりすぎて直ぐ抜けてしまうようになるので注意が必要です。

Comment(0)

戦槌黙示録 ざわ… ざわ…
2007年09月27日 13:10:15 [ミニチュアゲーム]
最近はタイドオブアイアンの日本誤訳化に取り組んでいてドワーフの塗装を放置しているくせに「ケイオススペースマリーンっていいよなーほしいよなー」とか浮気心が芽生えつつあるやつですけれども。

GWJの10月新製品情報を見てみましたが、注目はウォーハンマー4万のバトルキャンペーン「アポカリプス」。ただでさえミニチュアを大量に必要とするゲームに、さらに大量のミニチュアを動員して遊ぶというゲーム設定。

それにしても、¥15300の戦車ってなにこれ。インペリアルガード使いのA氏なら、たぶん買うのかな? 正直、自分は一点物のミニチュアにここまで投資はできそうにないっす。そんだけの予算があるなら他のミニチュアを複数買うとか、他のボードゲームを複数買うとか。

一度に大量のミニチュアを揃えるのにお買い得でっせ、なミニチュアセットも販売されますが、¥66000もするスペースマリーン戦闘中隊なんて、本当に買う人はいるのでしょうか? これほどのミニチュアが必要なゲーム設定というのは、まさに「戦争は莫大な金が掛かる」なんでしょうけど、もはや庶民が手を出せるレベルを超えているのでは? 

個人的にはタウ・エンパイア機甲セットが欲しいところです。金額的にハンマーヘッド2台買えばスカイレイ1台がおまけにつくといったセット内容は興味があります。あーそういえばタウの増強も再開しなくちゃね。

なにはともあれ、扱う戦闘の規模もでかいが、必要な投資額もでかいバトルキャンペーン「アポカリプス」に今後も注目していきたいところです。

Comment(3)

タイドオブアイアン:日本誤訳進行中
2007年09月22日 13:25:20 [ゲームの雑記]
タイドオブアイアンの日本誤訳化を進めています、トランスフォーマーじゃなかったトランスレイターのやつです。

i-OGMを覗いたところ、今まで日本語訳が無かった(ような記憶がある)タイドオブアイアンに、ルール部分のみながらも、日本語訳ルールがつくとのこと。タイドオブアイアンが遊びたいが英語が読めないという方は、翻訳代に¥5000くらい払ったと思って購入するのも手ではあります。

私は日本語訳なしのものをアマンゾで購入したので、マーカーペンと辞書を片手に日本誤訳を進めてました。ルールはあらかた理解できたので、現在は日本語化を進めています。このゲームはカードを使用するので、全てのカードを日本誤訳して、ラベルシートに印刷したものを貼りました。手間がかかりましたが、遊びやすくなるでしょう。

で、ゲームの流れを大まかに書くと、こんな感じで進行していきます。なお、ここで使われている用語は、私個人が適当な日本語を当てはめたものです。他の方が訳されたものとは若干異なる点があるかと思いますのでご了承ください。

各ラウンドは「1.行動フェイズ」「2.コマンドフェイズ」「3.編成フェイズ」の3つで構成されています。各フェイズでは主導権を得ているプレイヤーから先に、交互に行動を解決していきます。編成フェイズが終わったら、新たなラウンドが開始されます。

1.行動フェイズでは、各ミニチュア(歩兵とか戦車)を移動させたり攻撃させたりと様々なアクションを行います。また、行動フェイズの時に使用できる戦術カードを使用しますが、そのためにはカードに書かれている分のコマンドポイントを支払う必要があります。

2.コマンドフェイズでは、ボード上の目標拠点を支配することにより、勝利得点やコマンドポイントを獲得します。獲得したコマンドポイントは、戦術カードを使用するために必要な他、どちらの陣営が主導権を得ているかを決めるのに使います。ここでは、コマンドフェイズの時に使用できる戦術カードを使用します。

3.編成フェイズでは、それぞれの陣営が使用している戦術カードの山札から1枚引いて、場に表向きで並べます。場に並べられたカードが、行動フェイズやコマンドフェイズで使用することができるカードです。次に、ミニチュアに置かれたマーカー(行動済みを表したり、混乱状態を表すものです)を取り除きます。その後、同じへクスにいる歩兵を、別のベースに移し変えたりします(歩兵は穴の空いたベースに差し込んで、ボード上に配置されます)。最後に、シナリオに指定されたイベントの処理や増援の配置を行います。

おおまかにいうとこんな感じです。進行自体はそれほどややこしくありませんが、細かいルールが結構あります。

英文が読める方なら、それほど難しい文章はないし、図や例で説明されているところが多いので問題なく理解できると思います。

さて、このゲームのタイトル「TIDE OF IRON」を邦題に変換するならば、「鋼鉄の潮流」とか訳してみると、なんだか格好いいかも?

Comment(7)

デカァァァイ! 送料不要!
2007年09月15日 16:42:37 [日々の雑記]
諸君 私は
ヒーロースケープが好きだ 
ウォーオブザリングが好きだ
メモワール’44が好きだ 
ゾンビーズ!が好きだ
ファンタジーフライト社のゲームが好きだ
デイズオブワンダー社のゲームが好きだ  
アバロンヒル/ハズブロー社のゲームが好きだ
ミルトンブラッドレー社のゲームが好きだ
ファンタジーで 
SFで 
WW2で 
この地上で行われるありとあらゆるミニチュアボードゲームが大好きだ

えーと、変わりやすいのは女心と秋の空とかいいますけど、結局気が変わってTIDE OF IRONをアマンゾで買ってしまったやつであります。頼んだら2日で届きました。早すぎ。

ついカッとなって買った。英文で40ページ以上のルールブックを眺めてみて、今は反省しているorz 

現物を手にした印象は「デカくて重い」うっかり足元に落としたら怪我しそうな代物です。

まあルールのほうはボチボチ訳していきます。「ルールは読めても戦局が読めないヘタレ指揮官」な自分ではありますが(;´Д`)何とか遊べるようにはなりたいと。

Comment(4)

物欲の矛先
2007年09月11日 10:52:48 [日々の雑記]
←こんな風に散らかったテーブルの上で、日々暇を見てはドワーフを塗り塗りしているやつです。

以前の日記にも書いたTIDE OF IRONがアマンゾに在庫ありとのこと。一昔前の自分なら即注文確定クリックしていたと思いますが、とりあえず今回は見送る方針で(ひょっとしたら気が変わるかもしれませんが)。

というのも、ゲームする機会がなかなか無いのに、ただでさえ文章量の多いゲーム(しかも日本誤訳なし)に手を出しても、やる機会は無いんじゃないかと。今の自分にはルールの多いゲームを辞書片手に日本誤訳する手間暇がもう駄目で(歳のせいか?)、それで何とか訳せたとしても、今度は複雑に絡み合う結構な量のルールをインストするのが難しくて、結局は遊ぶ機会が殆ど無いまま埃を被ってしまうというというパターンになりそうです。いっそのこと「このゲーム貸すからソロプレイしてルール覚えてこらっしゃい」とか言って手渡したいくらいです。機会があれば、重いゲーム限定のゲーム会でも開催すればよいのでしょうが。

自分のゲーム置き場にはまだ未プレイのゲームが結構ありますし、そんなんで新規にボードゲーム買う予定が無いのですな。

こないさ本屋でGAMEJAPAN(ホビージャップ社の総合?ゲーム情報誌)10月号を立ち読みしたら、スターウォーズのペーパークラフト?みたいなゲームを取り扱うと言う話が載っていました。ゲームの雰囲気はこちらを参照。なんだかすごいゲームですね。
遠い昔、遥か彼方の銀河で…で始まるゲームは結構好きなんですけど、私の嫌いなトレーディング系ゲームというのがなんとも嫌な感じ。ホビージャップ社は過去にもスターウォーズミニチュアゲームに手を出したものの、その後はたいした展開も無く消滅したという前科がありますゆえ(ていうか私も最近は全然ミニチュアをいじってませんが)、今回もその轍を踏まないとよいのですが。まあ、これも様子見で。

なんだかんだ言って今欲しいものはウォーハンマーとかウォーハンマー4万のミニチュアなんですけどね。

Comment(0)

ドワーフアーミー:ドワーフ戦士6体完成
2007年09月10日 00:43:13 [ミニチュアゲーム]
ドワーフのウォリアー6体が完成。残るはロングベアード18体とクウォーレラー16体。まあ気長に塗り塗りしていきます。

色は以前塗ったどくろ峠のドワーフミニチュアと同じ配色です。ちなみに画像一番左のミニチュアがどくろ峠のミニチュアです。並べてみたら、それほど大きさに違いは無いみたいです。

次回の魚沼ゲーム会ではTRPGを遊ぶ案が出ていますが、自分はファンタジーTRPGで人間以外のキャラクターを作るなら、ドワーフを選択しますね。一般的?なドワーフの特徴として「頑固・頑丈・(金属加工などの)技術が優れる・渋い」という点が性に合っているような。

でも一般的なドワーフは酒好きだとか酒に強いといわれてますけど、自分は酒飲みではない(というかアルコール類全般が苦手)から、その辺の気持はちょっと分からないかも。

Comment(1)

9/2 第8回(南)魚沼ゲーム会例会報告
2007年09月02日 22:37:11 [ゲーム会記録]
本日、南魚沼市民会館にて「魚沼ゲーム会」が開催されました。

今回の参加者は、アキロヲさん、U原さん、アサイさんの計3名。参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

うっかりカメラを忘れてしまったので、今回は文章のみで例会報告します。この日遊ばれたゲームは以下のゲームです。

指輪物語:対決参照先
指輪物語の軍人将棋?みたいなゲームです。善側(旅の仲間)と悪の側に分かれて勝利を目指します。アサイさんVSやつで陣営を入れ替えて2回勝負。どちらもアサイが勝利しました。

サムライ参照先
怪しい日本観の陣取りゲーム。アサイVSやつで2回勝負。これまた2回ともアサイさん勝利。
・1回目 アサイ6点 やつ0点orz
・2回目 アサイ5点 やつ4点

利益・廃液参照先
企業経営者として、自分の工場を運営していくゲームです。お金の出入りを見極めて運営していかないと、即、自転車操業→多額の負債を抱えての経営に陥ります(経営破たんは起きませんけど)。
人件費の支払いで手持ちの金がどんどん減ります。利益を上げると廃棄物が大量に出て処理に困ります。廃棄物が大量に溜まった状態で汚染が発生すると、賠償金を支払わなければならない上に企業の成長が後退します。

U原さんとアキロヲさんが加わっての4人プレイ。今回、汚染による影響を一番受けたのがアサイさん。実にタイミング悪く汚染が発生してしまい、3回くらい引っかかっていたかな?結果はリストラを断行して人件費を最小に押さえたU原さんの勝利。
U原:74点
やつ:53点
アキロヲ:47点
アサイ:36点

6ニムト参照先
数字と牛のマークが描いてあるカードを一斉に出して、場に並べてあるカードの列につなげていきます。6枚目につながるカードを出したプレイヤーは、それまで並べてある5枚のカードを引き取らなければなりません。ゲーム終了時に引き取ったカードの牛のマークを数えて、最も少ない人が勝利します。2回行い、結果は以下のとおり。
・1回目 アキロヲ:4 アサイ:7 やつ:15 U原:21
・2回目 アサイ:7 U原:12 やつ:15 アキロヲ:16

カタンの開拓者参照先
カタン島を開拓する有名な独逸ゲームです。今回はU原さん設計の「初心者にもやさしいバランスのとれたカタン島」にて開拓を行いました。土地の配置、数字チップの配置はバランスがよかったのですが、なぜかサイコロの出目が妙に偏っていて、なかなか開拓が進みません。それでも終盤は接戦となりましたが、一足早くアキロヲさんが勝利得点を10点獲得して勝利しました。あと、今回のゲームでは発展カードがたった1枚しか引かれませんでした。カタンは結構遊んだことがありますが、こんな展開もあるものですね。
アキロヲ:10
アサイ、やつ:9
U原:8

ボーナンザ参照先
今回最後に遊んだのは、交渉系カードゲームのボーナンザです。同じ種類のマメを多く集めて売却して利益を上げます。独特のシステムが最初はとっつきにくいですが、慣れてくると交渉のやり取りが面白くなってきます。
やつ:12
U原、アサイ、アキロヲ:10

Comment(0)

ドワーフアーミー:こいつの前に立つことは死を意味する
2007年09月01日 00:05:21 [ミニチュアゲーム]
オルガンキャノンがやっとこさ完成したがだ。

キャノン本体は黒ベタ塗り→金や銀ドライブラシの方法で難なく完成。しかしクルーの塗りがなかなかはかどらずに完成が遅くなってしまいました。

当方のドワーフ軍団では、ウォーマシンを操るクルーの制服はスノットグリーンと決めております。別に深い意味は無くて、どくろ峠のクルーを塗った時に使ったのがスノットグリーンだからというだけですが。

射程は48センチと短めですが、攻5の弾が最高で10発飛び出てくる※というから、珍兵器好きの自分にはたまらないウォーマシンです。

※アーティラリーダイスを振って、出た目の数だけ目標に自動的ヒットします。最初に振った時にミスファイア以外の数が出た場合、結果が気に入らなければ振りなおしてもよいという、安心設計?のウォーマシンなんですね。自分は2と4が出た時は絶対振り直しますて。

Comment(1)

2007年9月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp