* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

英雄なんて酒場に行けばいくらでも居る。その反対に、
2007年07月27日 13:42:02 [日々の雑記]
歯医者の治療台には一人も居ないとかいう話でしたっけ? ヤツ・ウェンリーであります。最近、過去に治療した歯に穴が開き始めたので、酷くならんうちに思い切って(先週から)歯医者に通ってます。

調べてもらったら、やはりというか虫歯がいくつか発見されました。治療費が想定の範囲外の出費になりそうで、来月あたりのゲームやらミニチュア購入に影響がでそうな気がしますて。

歯の治療で最も嫌なのが、ドリルで削る時の痛み&穴を開けられたところにプシューと水流を吹き付けられる瞬間の痛み。ところが現在の歯の治療中は、昔と違って痛くないんですね。まあ最初に麻酔をぶたれますが、シャレにならんほど痛かった麻酔注射が、現在は殆ど痛くない(ちなみに自分は注射がかなり苦手で、注射されると過呼吸に陥る場合があるという、難儀な体質なのです)。で、麻酔が効いてるから、ドリルで歯を削っている時も痛くは無い。だから平気です。医学の勝利と言うやつですか。もっとも、しばらくして麻酔が切れてくるとじわじわ痛くなるという罠。

歯を削る時に痛くは無い。しかしながら、治療中に止め処なく溢れてくる唾液が喉に詰まるのがきつい。これは昔と変わってません。陸の上にいながらにして溺れそうになる気分です。鼻が詰まっている時には、とても歯医者に行けそうにありません。仰向けに寝て口をあけながらつばを飲み込んでみるのを試してみれば、その難しさが体験できるでしょう。

あと、ドリルが口に突っ込まれていると、へら(魚沼語で‘舌’の事)の置き場に困ります。うっかりへらを動かしてドリルの先に触れてしまえば、舌ピアスのための穴でも開きそうで、要らぬ心配をしてしまいがちです。だからといって、へらを下あごに固定すると、ますますつばが飲み込みづらくて涙が出ます。

で、本日は穴をあけたところに金属を埋め込んできましたけど、これが歯にしみて痛いのなんのって。やっぱり歯の治療は痛みをともなうんだなあ。あと2本は治療予定。ハァ…(ノД`)

Comment(0)

2007年7月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp