* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

英雄なんて酒場に行けばいくらでも居る。その反対に、
2007年07月27日 13:42:02 [日々の雑記]
歯医者の治療台には一人も居ないとかいう話でしたっけ? ヤツ・ウェンリーであります。最近、過去に治療した歯に穴が開き始めたので、酷くならんうちに思い切って(先週から)歯医者に通ってます。

調べてもらったら、やはりというか虫歯がいくつか発見されました。治療費が想定の範囲外の出費になりそうで、来月あたりのゲームやらミニチュア購入に影響がでそうな気がしますて。

歯の治療で最も嫌なのが、ドリルで削る時の痛み&穴を開けられたところにプシューと水流を吹き付けられる瞬間の痛み。ところが現在の歯の治療中は、昔と違って痛くないんですね。まあ最初に麻酔をぶたれますが、シャレにならんほど痛かった麻酔注射が、現在は殆ど痛くない(ちなみに自分は注射がかなり苦手で、注射されると過呼吸に陥る場合があるという、難儀な体質なのです)。で、麻酔が効いてるから、ドリルで歯を削っている時も痛くは無い。だから平気です。医学の勝利と言うやつですか。もっとも、しばらくして麻酔が切れてくるとじわじわ痛くなるという罠。

歯を削る時に痛くは無い。しかしながら、治療中に止め処なく溢れてくる唾液が喉に詰まるのがきつい。これは昔と変わってません。陸の上にいながらにして溺れそうになる気分です。鼻が詰まっている時には、とても歯医者に行けそうにありません。仰向けに寝て口をあけながらつばを飲み込んでみるのを試してみれば、その難しさが体験できるでしょう。

あと、ドリルが口に突っ込まれていると、へら(魚沼語で‘舌’の事)の置き場に困ります。うっかりへらを動かしてドリルの先に触れてしまえば、舌ピアスのための穴でも開きそうで、要らぬ心配をしてしまいがちです。だからといって、へらを下あごに固定すると、ますますつばが飲み込みづらくて涙が出ます。

で、本日は穴をあけたところに金属を埋め込んできましたけど、これが歯にしみて痛いのなんのって。やっぱり歯の治療は痛みをともなうんだなあ。あと2本は治療予定。ハァ…(ノД`)

Comment(0)

服の模様塗りなんて嫌いだ
2007年07月26日 23:19:08 [ミニチュアゲーム]
LOTRMGのエレンディルとイシルドゥアをやっとこさ塗り終わりました。厄介だったのは服の模様。ただでさえちっこいミニチュアだがんに、えれー細かい点々模様を描き込まなければなんねえで、こって苦労しました。特にイシルドゥアの模様が上手く塗れず、ルールブックの作例を再現しきれなかったので、ちと省略した模様にしました。この模様を完璧に描き切った人は達人だと思いますね。

で、前の日記のコメントにも書きましたけど、最後の同盟の戦いを再現するのにミニチュアがいくつ必要になるか調べてみた結果、

〇善の勢力 43体(計796)
・イシルドゥア(100)
・エレンディル(165)
・エルロンド (170)
・ヌメノールの戦士×20(167)
       盾×7
       弓×6 
      盾槍×7
・エルフの戦士×20(193)
      剣鎧×7
     剣弓鎧×7
     槍盾鎧×6

〇悪の勢力 59体(計798)
・サウロン(450) ※1つの指輪を装備
・オークの戦士×58 (348)
    盾×19
      弓×19
      槍×20

これで双方約800ポイントの同規模な軍勢になります。必要なミニチュアを集めるだけでも相当な出費になりそうです。ハイエルフ槍持ちやヌメノールの戦士の槍持ち&弓持ちはメタル製なので、余計コストがかかります。まあ、いつかそのうちに覚悟を決めて買い揃えるかも?

映画版を観てふと思ったこと。サウロンの指を切り落として指輪をゲットしたイシルドゥアとエルロンドが、指輪を捨てにいきますよね。で、イシルドゥアは間際になって捨てずに自分の物としたんですが、その時一緒にいたエルロンドは「指輪捨てんのヤダー」と言ったイシルドゥアをぶん殴ってでも(場合によっては首をはねてでも)指輪を奪って捨ててれていれば、後々で災いが起こらずに済んだのに。あ、でもそうしたらエルロンドの方が指輪の魔力に負けてしまってたかも。どのみちロクなことにならないか。

Comment(0)

7・22 長岡ゲーム会参加報告その2
2007年07月24日 07:17:49 [ゲーム会記録]
今回、自分が参加したゲームの結果や感想などを書きます。

頭脳絶好調
こないさ購入したゲームです。タイルを配置していって得点を稼いでいきます。得点は全部で6色6種類あり、そのなかで最も低い色の得点が、ゲーム終了時にそのプレイヤーの最終的な得点になります。全ての色の得点をまんべんなく集めていくのが重要なゲームです。自分は後半に緑の得点が不足してしまい、なんとか緑のタイルをボード上に配置しようとしますが、ことごとく妨害にあい点が伸びず。最下位でしたorz。
SS  13点
丸山  10点
みつけ  9点
やつ   8点

冷たい料理の熱い戦い
サイコロを振って駒を進める双六タイプのゲーム。最初は1個のサイコロを振りますが、2個目のサイコロを振ることもできます。その場合、1個目と2個目の数字×2が進めるマスの数になります。さらに3個目のサイコロを振ることもできます。その場合はサイコロの合計×3マスも進めることができます。ただし、サイコロの合計が7を越えてしまうと、スタート地点に戻されてしまいます。ボード上を1周するたびに得点チップをもらいます。ゲーム終了時に最も多くの得点を集めたプレイヤーが勝利します。詳細はこちらを参照。今回はサイコロの出目がよく、高得点の得点チップを次々もらうことができました。ゲーム終了時の得点はみつけさんと同じでしたが、自分の獲得チップ数が多かったので勝利。
やつ  19点
みつけ 19点
丸山  16点
アサイ 14点
SS  11点

魚河岸物語(画像のゲーム)
反射神経の要求される魚介類競りゲームです。面白いシステムなのは、競りにかける魚介類のカードを山札からめくっていき、ここぞという時に中央に置いてあるベルを叩いて落札するという点です。めくられたカードの価値を見極め、他のプレイヤーよりも早くベルを叩く反射神経が重要なゲームです。お金は獲得した魚介類を売るともらえますが、同じ種類の品を多く売らないと、元が取れずに赤字になってしまいます。ゲーム終了時にもっとも多くのお金を持っていた人が勝ちます。詳細はこちらを参照。序盤はなかなかベルを叩くことができずゲームに参加できませんでしたが、中盤からは落札に成功していきました。序盤からバシバシベルを叩いていた人は、収支のバランスが上手くいかなくて、落札資金不足に見舞われてしまいます。今回は後半からの追い上げが上手くいき、2位になりました。これはなかなか楽しいゲームでした。
丸山  58点
やつ  50点
SS  26点
アサイ 13点
みつけ −5点

スターウォーズ・エピックデュエル
スターウォーズ世界のキャラクターでバトルロイヤルを行うゲームです。各キャラクターには専用の山札があり、そこからカードを引いて手札にします。カードを使用することによって、攻撃や防御、特殊効果を適用することができます。各キャラクターごとに個性的な能力が設定されています。アメリカ産ゲームなので、バランスはちと豪快なのですが、派手な殴り合いのノリを楽しめる人なら問題ないでしょう。詳細はこちらを参照。
今回は3人1チームの善悪に分かれての対戦。善のチームは、ハン・ソロ&チュ−バッカ(みつけ)、メイス・ウィンドウ(アサイ)、ヨーダ(やつ)。悪のチームはボバ・フェット(SS)、ドゥークー伯爵(オシミ)、パルパティーン皇帝(丸山)。

で、結果は善側全滅。手札に防御できるカードが無いところを袋叩きにされました。特に皇帝の特殊カード「相手の手札を全部捨てさせる」が痛かったですて(自分が被害者)。悪の側はドゥークー伯爵の手札が良くて強力な攻撃を繰り出し、メイスとハン・ソロを切り倒すという戦果をあげました。え、ヨーダはどうなったかって? 我らのジェダイマスターは手札が尽きて逃げ回っていたところをスーパーバトルドロイドに撃たれてフォースに還元されましたorz。

いやー、やっぱりゲームは面白いですね。1ヶ月に1回はゲームをしないと欲求不満が溜まってくるので、できるだけゲーム会に参加(&開催)をしようと思います。

Comment(3)

7・22 長岡ゲーム会参加報告その1
2007年07月22日 22:59:24 [ゲーム会記録]
長岡ボードゲーム愛好会の主催するゲーム例会に参加してきました。

今回遊んだゲームは以下の品々です。
頭脳絶好調(画像のゲーム)
冷たい料理の熱い戦い
魚河岸物語
スターウォーズ・エピックデュエル

今回遊んだ中で一番面白いと思ったのは魚河岸物語でしたね。私は夜に仕事があったので途中退席しましたが、とても楽しくゲームを遊んできました。

各ゲームの詳細は明日以降の日記にて解説します。

Comment(0)

ゴブリン500ポイントアーミー
2007年07月20日 08:24:59 [ミニチュアゲーム]
塗りかけのミニチュアが多かったウォーハンマーのどくろ峠のナイトゴブリンを一気に塗り進め、手持ちのミニチュアだけで500ポイント規模の編成をしてみました。

〇ナイトゴブリン・ビッグボス×1
(ライトアーマー&シールド装備)
〇ナイトゴブリン×29
(スピア、シールド、フェナティック×2)
〇ナイトゴブリン×20
(ショートボウ、フェナティック×1)
〇フォレストゴブリン・スパイダーライダー×5
(スピア、ショートボウ、シールド)
〇ゴブリン・スピアチャッカ×1
※各ユニットはスタンダードベアラー、ミュージシャン、ボスを含む

これで編成コストは461点、あとはマジックアイテムを何点か加えれば500ポイントになります。マジックアイテムの選択次第では500ポイントをちょっと上回りますが、その時はフォレストゴブリン・スパイダーライダーのミュージシャンを一般兵に取り替えるとかして調整します。

どくろ峠のゴブリンのミニチュアがあれば、残りは以下の品を購入すれば揃います。
〇ナイトゴブリン・フェナティック(3体入り)
〇ゴブリン・スピアチャッカ(1体入り)

オーク&ゴブリンは、手持ちのミニチュアを総動員し、さらに総コスト300点になるくらいのミニチュアを増員すれば、2000ポイントまでいけそうです。例によって、いつ頃に完成するかは未定ですが。

Comment(3)

頭脳絶不調
2007年07月14日 20:39:27 [日々の雑記]
学校を卒業してシャバに出てから1×年経過したやつでありますが、年月が過ぎるにつれて情熱が衰えるだけでなく頭の回転も鈍くなってきているような気がします。

ルールブック読んでもいまいち記憶に残らなくて何回も読み直したり、情報量の多いゲームは思考が付いていかなくて駄目だったり、もともと少なかった英語の読み書き技能が5%から2%に落ちたくらい英文ルールブック読むのが億劫になってきたり、漫画を読む時間は増えたのに活字を読む時間が減ったり…

自分の脳内年齢を調べれば、いますぐ年金がもらえるお年頃になっちゃうのではないかと思えるのですよ。

それはさておき、久しぶりにボードゲームを買いましたて。頭脳絶好調、またの名を天才一直線というやつです。内容の詳細に関してはここを参照していただくとして、このゲーム、現在の店頭価格がえらく高いのですよ(¥6000)。コンポーネントから考えてこの値段では、いくら興味があっても手を出せなかったのですが、このたび某所にて半額で売っているのを発見し、購入することができました\(^o^)/

ボード上にタイルを置いていって得点を得ていく、パズルチックなアブストラクトなゲームですが、ルールはシンプルで分かりやすく、よほど突き詰めて考え出さなければ、それほど重くは無いゲームだと思います。とりあえず22日の長岡に持っていく予定です。あと来月の魚沼ゲーム会にも。

となりの本は、加齢における脳の劣化に対するささやかな抵抗のために(ブクオフで)購入した品です。簡単な+−×を可及的速やかに解いていくことで脳を鍛えるというものです。ゲームする上では素早い計算処理能力が重要かなんて思ってやってますが、もっともゲームする上で必要なのは、現在の相場を読む能力とか先を読む戦略眼かもしれませぬ。

Comment(0)

長岡のELLE-COMへ初参加してきましたて
2007年07月08日 22:39:02 [ゲーム会記録]
今年の2月の日記に「今年の目標はTRPGに挑戦する」と書いたのですが、5ヵ月越しに公約実現しました。

本日、長岡で月1回開催されているTRPGのゲーム会に初参加してきました。ELLE-COMは、以前に長岡のボードゲーム会の方へ参加されていたオシミさんから教えていただいたTRPGを遊ばれている会で、自分も機会さえあれば、いつかは参加してみようと思っていたところです。

自分は10時に会場へ入ったのですが、プレイヤーの方々が続々と来て、10:30頃には18人くらいになっていたでしょうか。すごく人の集まりが良くて、ボードゲーム会で人数集めするのに四苦八苦している自分からみれば羨ましくなりましたね。

で、10:30過ぎにGM(進行役をする人)達が集まって会議?をした後、各GMの自己紹介と遊ぶゲームの解説が行われました。色々なゲームがあったのですが、自分は「なんとなくルールに多少の馴染みがある」ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版D&D3.5)の卓に参加しました。馴染みがあるといっても、電撃文庫から出ていた旧版D&Dくらいの知識しか知りませんけれども。

今回のプレイヤーの参加者は私を含めて5人。マスターの方が言うには「非情にシビアなシナリオ。キャラクターは全員レベル1の新兵。戦闘したらまず死亡確定」とのことで、若干の心配はありましたがやるだけやってみようとキャラクター製作。ルールに不慣れな自分(他数名)に解説をして頂いたマスターの方の、豊富な知識と献身的な解説には頭が下がる思いでした。

今回のパーティー編成は以下の感じです。なお、全員が人間の男です。
・ノーマン(ファイター):今回のパーティーの隊長。
・アウグスト(ソーサラー):今回の戦闘では魔法が大活躍した魔法使い。
・コウ(レンジャー):「自分の命が大事」と、ちょっと逃げ腰気味な人。
・ウタエルド(バード):歌って場を盛り上げるエアギター?吟遊詩人。
・クレイスト(クレリック):私。ローフルグッドのいいひと。

シナリオの詳細に関してはネタバレになるとよくないので、ここでは書きませんが、結果としてシナリオ終了時には全員が無事?生還することが出来ました。もっとも中盤の戦闘で、隊長とともに前衛に出た私が死にかける場面もありましたが、なんとかHPを回復して助かりました…ていうか、HPを回復する魔法を自分だけにしか使わなかったような気がするのですが。他の皆さんは、殆ど無傷だったんですね。

最後の戦闘では、アウグストが敵にチャーム(魅了)の魔法をかけフレンドリーな関係になったところを皆で取り押さえて捕虜にするという機転の効いた?行動があったりしました。

今思い返してみると(初めてのTRPGだったり、ルールに不慣れだったこともあるのですが)的確なロールプレイ(演技)ができてなかった点が反省点です。でもプレイ中はとても楽しく会話に加わることが出来ました。色々なプレイヤーの行動のやり取り、マスターの進行方法や解決処理を、ゲームに参加して実際に体験できたことがとても勉強になりましたね。

次回の機会があれば、自分の所有しているウォーハンマーRPGクトゥルフ神話TRPGに参加してみたいですし、いつかはマスター役を担当してみたい…のですが、果たして自分にあれほどの大役が務まるのだろうか?

残る今年の目標は「ミニチュアゲーム会に参加する」ですけど、8月中に関東方面へ出向く機会を作って、公約を実現しようと思います。

Comment(3)

お前の父はわしだ
2007年07月01日 20:47:30 [ミニチュアゲーム]
本日用事にて都会方面へ行ってきたやつでありますが、その時に寄ってきたイエローサブマリン某店にて、前から欲しかったLOTRMBGのエレンディルを入手しました。値札が¥1280のところ割引で¥780。これしか買ってこなかったんですが、この買い物だけで十分満足です(本当はリザードマンのスランも割引価格で売ってたので興味があったのですが、ロード枠で編入できるほどリザードマンのミニチュアを集めるかどうか考えてなかったので止めときました)。

これでイシルドゥアとエレンディルの親子が揃ったわけで、これにエージェント・スミスもといエルロンドを加えれば、最後の同盟ヒーロートリオの結成です。さらにマンオブゴンドール(現在は「ヌメノールの戦士」になっている)をたくさんたくさん集めれば、最後の同盟軍団が編成できるわけですよ。

…となると、サウロン1体とオークもたくさんたくさんたくさん集めて、滅びの山での決戦を再現するのが漢ってものでしょうか?
(オークは昔はメタル製しかなかったが、今では安価なプラ製がでてるから、大量に集めるのは簡単、と言っても結構な出費ではある)

あーそれにしても早くイシルドゥアの塗りを完成させないと。LOTRMBGの駒は映画版原作を元にして造形されているから、できるだけ忠実な色指定での塗りを考え込むうちに、ついつい製作が停滞してしまうのですよ。

Comment(4)

2007年7月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp