* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

よくやった 完成した
2007年05月24日 19:05:37 [ミニチュアゲーム]
27日の魚沼ゲーム会で対戦予定のウォハンマー4万で使用する情景モデル一式が、やっとこさ完成しました。ゲーム会に間に合うように突貫工事で作った品なので、出来はそれなりですが、ゲームに使用するには十分でしょう。

出来上がった情景はというと、
・廃墟2つ
・丘4つ
・森林4つ
・池2つ
・クレーター2つ

あと、水槽用品の岩模型を3つ購入。買って済ませられる情景モデルは楽で良いですね。これらにマクラーグの攻防セットに付いてきた残骸とか、昔買ったウォーハンマー4万3版のセットに付いてきた廃墟とか、モードハイムの廃墟なんかを加えて戦場を設定すれば…まずい、タウを使うのに射線が通りにくくなってしまうではないですか。もっともティラニド使うぶんには障害物は多いほうが良いんですけど。

一応、各情景モデルの製作技法(というほど大げさなことはしてないのですが)を書いておきます。

〇丘
厚めの発泡スチロールをカッターで削って丘の形に整形。欠けた部分には紙粘土を盛って穴埋め。その後、シーナリープラスター(情景模型作りに使用する石膏)をドロドロに溶いて流して刷毛でならす。硬化後、緑の塗料で塗装。塗料が乾燥したら水で薄めた木工ボンドを刷毛で塗り、緑のカラーパウダー(情景模型作りに使用する色のついた細かい粉)を振りかける。以上で完成。

〇廃墟
やや薄めの発泡スチロールを、建物の残骸っぽくなるように切断、整形。木工ボンドで接着組み立てしたら、シーナリープラスターを溶いたものを塗る。床部分には細かい破片を混ぜたシーナリープラスターを塗る。硬化後、グレーの塗料で塗装し、完成。

〇森林(ベース部分)
ダンボールを適当な形に切り出し、側面の隙間を紙粘土で埋める。緑の塗料で塗装。塗料が乾燥したら水で薄めた木工ボンドを刷毛で塗り、緑のカラーパウダーを振りかける。これで完成。

〇森林(樹木部分)
針金をよじって木の幹の部分を作り、紙粘土でコーティング。その後、茶色で塗装。枝の部分に接着剤を塗り、緑色のライケン(情景模型作りに使用する色のついたミズゴケ)を貼り付けて、木らしく見える様に剪定して完成。

〇池
ダンボールを適当な形に切り出し、側面に紙粘土を盛り上げるようにして造形。地面は緑の塗料で塗装し、水面は青の塗料で塗装。地面の部分に水で薄めた木工ボンドを刷毛で塗り、緑のカラーパウダーを振りかける。で、完成。

〇クレーター
ダンボールを切り出したものをベースに、植木鉢用の受け皿を接着。周辺を新聞紙で肉付けしてテープで固定した後、紙粘土を盛り盛りして整形。紙粘土が乾燥したら、シーナリープラスターを溶いたもの塗り塗り。硬化後に茶や黒で塗装して完成。

Comment(0)

2007年5月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp