* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

スペインを舞台に繰り広げられる陣取り合戦「エル・グランデ」
2006年10月15日 18:48:33 [所有ゲーム雑感]
スペインの各地に騎士駒を派遣し、最も多くの騎士駒を置いているプレイヤーから得点を獲得していく陣取りゲームがこのエル・グランデです。

各プレイヤーは30個の騎士駒と、各ラウンドごとの優先順位を決めるために使用するパワーカードを持ちます。パワーカードには数字と騎士の数が書いてあります。数字の高いカードを出したプレイヤーが優先的にアクションカード(後述)を選べます。また騎士の数は、アクションカードを使うことでボード上の各領地に配置できる騎士駒を(ストックと呼ばれる騎士駒置き場から)手元に持ってこれる数をあらわしています。数字が大きいほど、手元に持ってこれる騎士駒の数は少なく、逆に数字が小さければ、手元に持ってこれる騎士駒の数は多くなります。

各ラウンド、4枚のアクションカードが公開されます。それに毎ラウンド使用するカードを含めた計5枚がこのラウンドで使用されます。各アクションカードには、使用したときにゲーム展開に変化をもたらす特殊効果と、手元にある騎士駒をボード上に配置できる数が書いてあります。

ラウンドの始めにアクションカードが公開された後、各プレイヤーは順にパワーカードを提示して、どのアクションカードを選ぶかの優先順位を決めます。最も高い数字のパワーカードを出したプレイヤーが最初にアクションカードを選択できます。アクションカードを選んだプレイヤーは、手元の騎士駒をボード上に配置したり、画像右側のタワーと呼ばれる所に騎士駒を投入したり、アクションカードの特殊効果を適用します。これを全てのプレイヤーが行います。

ゲームは全部で9ラウンド(短縮ゲームは6ラウンド)行います。そのうち3、6、9ラウンドの後には得点計算を行います。まず各プレイヤーは秘密裏に、タワーの中にある騎士駒をボード上のどの領土に送るかを決めます。そしてタワーを持ち上げて中の騎士駒を明らかにして、タワーの得点計算を行います。騎士駒の多いプレイヤーから1〜3位までの順位を決め、順位に応じた得点(各領地によって異なる点数が設定されている)を獲得します。その後、先ほど秘密裏に決めた領土へ騎士駒を移します。このタワーはただの塔に見えて実はテレポーターだったのですね(嘘)。その後、各領土にある騎士駒の数を調べて同じように得点計算を行います。

最後の得点計算が終わった後、最も得点の高いプレイヤーが偉大なる大公としてゲームの勝利者になります。

Comment(1)

2006年10月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp