* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

10・29 長岡ゲーム会参加報告その1
2006年10月30日 10:34:14 [ゲーム会記録]
長岡で行われたゲーム会に参加してきました。今回遊んだゲームは以下のとおりです。

海賊組合
通路
ルーンバウンド第2版日本語版
七人の賢者
オルトマーレ

詳細は明日以降の日記にて。


Comment(19)

セブン〜セブン〜セブン〜セブン〜(徐々に音程を高く)
2006年10月30日 10:30:56 [ミニチュアゲーム]
すすめ〜ぎんがのは〜てまでも〜

ウォーハンマー7版入手しました。ミニチュアがいっぺ(魚沼語で沢山の意)入っております。組み立ても楽で助かります。でもルールはまだ詳しく読んでません。

今後の目標は、アーミーブック片手に各種ポイントの編成をして、冬内に必要なだけのオーク&ゴブリンのミニチュアを塗装。雪解けと同時に関東各地のゲーム会に参加できるよう努力します。

Comment(0)

ゲーム限定で魚沼ゲーム会というのは
2006年10月26日 21:14:21 [日々の雑記]
なじだろうと考えているやつであります。日曜日にタイミングよく仕事や色んな予定が入ってきて、12月の第3日曜日くらいしかゲーム会をする暇がないのですが、どうしたものか。

南魚沼のとある玩具屋が閉店セールをする時、カタン・スタンダードカタン・ロックマン仕様の2つが¥2000で売り出されていて、買おうかどうか迷っているうちに売れてしまったのですが、南魚沼人が買っていったのだろうか? もしそうなら、魚沼にもまだ見ぬゲーマー達がいるのかもしれない。あるいは「簡単そうなゲーム」と勘違いした親が子供に買っていったのかもしれない。

で、どうせゲーム会をするなら、カタンモノポリーといった「比較的メジャーなゲーム」限定でゲーム会をするというのはなじだろうと妄想しています。最近はどちらのゲームも遊んでないので、遊んでみたいというのも理由ですが。

どちらもルールがちと込み合っていて、初心者向きとは言いがたいですが、カタンは「産物を集めて街道や開拓地を作れば勝ち」モノポリーは「土地を買い集めて家を建てて、そこに停まった人から金を巻き上げて破産させれば勝ち」という目的が分かれば、とりあえず何とかなるんじゃないでしょうか。こういったゲームの面白さを分かってもらうには「何をすべきかより、何ができるか」を明確にして、後はひたすら遊んでみるのがいいのではないかと。

限定ゲーム会が実現するかどうかは、まだ妄想の域を出ませんが、魚沼でゲームを楽しむ人たちを増やす(魚沼ゲーム会での面子を増やす)ためには何が良いのかという事は常々考えています。

Comment(0)

冬が来る前に
2006年10月25日 21:37:09 [ミニチュアゲーム]
ゲームズワークショップジャパンで、ウォーハンマーのオーク&ゴブリン第7版仕様のアーミーブックがダウンロードできるようになりました。早速ダウンロードして、各ミニチュアの必要経費(ポイント)を計算、500〜1500ポイントの各アーミーを構想中です。

第7版仕様のアーミーブックが手に入ったので、思い切ってウォーハンマー第7版のセットである「どくろ峠の戦い」を注文しました。あと1ヶ月もすれば、魚沼地方は降雪ターンに入ってしまい、外でのサフ吹き作業などができなくなってしまうので、今のうちに購入を決めた次第です。

画像は前に東京で買ったオークシャーマンのミニチュアです。あれだけ買って、着色が完了したのはこれだけ。残りは中途半端に放置中…。

なおオークのミニチュアのいくつかは新しい造形になりました。ウォーボスやオークシャーマンなどは旧デザインのものを持っていますが、新しいウォーボスやシャーマンもなかなか格好いい造形なので、財布に余裕ができたら、いつか入手したいですね。

Comment(0)

ドラキュラのミニチュア総天然色化完了
2006年10月21日 18:38:46 [日々の雑記]
フューリーオブドラキュラのミニチュア5体の着色が完了しました。ただのベタ塗りですが、無着色の石像の様な灰色よりは見栄えが良いかと思います。ルールの日本誤訳もあと1/4くらい。長岡ゲーム会に間に合わせるように努力あるのみ。

ルーンバウンド2nd日本語版とかDOOMボードゲームの駒も着色しすれば見栄えが良くなるのでしょうけれども、放置中のオーク&ゴブリンのミニチュアも、そろそろ塗り塗りしなければと思う今日この頃です。

Comment(0)

柵で囲んだ土地は俺のもの 隣の土地も俺のもの「レーベンヘルツ(新版)」
2006年10月20日 10:13:16 [所有ゲーム雑感]
遠い昔、はるか彼方の国で…
この国を治める王は遠く離れた地へ旅していた。王が不在の間、勢力拡大を目論む領主達は、自らの領土を確保するために、城の周りに次々と柵で囲んでいき、境界線を広げていった。領土をめぐる争いによって、境界線ではお互いが抱える騎士たちのにらみ合いが続いていた。王の帰還を前に、他の領主たちを抑え勢力を拡大できた者には、次期国王への道が開かれるであろう…

レーベンヘルツ新版では、プレイヤーは勢力拡大を目論む領主となって、勝利得点を稼いでいきます。自分の城を柵で囲むと領土が完成し、得点を得ることができます。領土が確定したら、それを拡張していくこともできます。他人の領土にも拡張できますが、その場合は相手の領土にある騎士駒よりも多くの騎士駒が自分の領土に無くてはなりません。

各手番では、自分の領土内にある鉱山から収入を得ます。鉱山1種類につき、お金を1もらえます。このゲームは何をするにもお金が必要なので、収入源となる鉱山の確保は重要です。また同じ種類の鉱山を一定数領土に含めると、勝利得点がもらえます。

その後、手札のカードを1枚売却するか、効果を適用するか決めます。カードには売却した場合に得られる金額と、カードを使用したときの効果と、効果を適用する際に支払う金額が書いてあります。

売却する場合、ボード上の決められた場所にカードを置いて、カードに書かれた金額分のお金を得ます。効果を適用する場合、カードに書かれた金額を支払って、効果を適用させた後、捨て札にします。その後、山札から1枚引くか、既に表にして置かれている(売却された)カードを1枚引きます。

カードの効果はいくつかあります。主な効果としては、柵を1〜3個ボード上に配置したり、自分の城か騎士に隣接するように新たな騎士を置いたり、確定した領土を1マスか2マス広げたりします。この他にも隣接する他の領土の騎士を自分の騎士に寝返らせたり、隣接する領土がお互いに拡張しないように同盟を結ばせたりします。

柵で土地を囲って、領土が完成すれば得点を得られます。拡張を行った場合、拡張したマスの分得点を得ます。もし他のプレイヤーの領土に拡張した場合、相手のプレイヤーは拡張された分だけ得点を失います。ただし、相手の領土に拡張する場合は、相手の領土にある騎士駒よりも多くの騎士駒が自分の領土に無くてはなりません。

あるプレイヤーが、一定の勝利得点を得るとサドンデスで勝利します。そうでない場合、最後の山札が引かれた後、全てのプレイヤーが最後のカードを使用した時にゲームが終了します。手持ちのお金を数え、多く持っているプレイヤーにボーナスで得点が与えられます。その後、最も多くの得点を得ていたプレイヤーが勝利します。

レーベンヘルツ新版とか新レーベンヘルツといわれていますが(個人的には真レーベンヘルツとよんでいます)、若干ルールやシステムの異なるレーベンヘルツ旧版も存在します。私は旧版も所有していますが、それの紹介はまた後の機会にします。

Comment(20)

ひっそりと2周年
2006年10月17日 07:55:21 [日々の雑記]
     ______        ______
   /  __ ___ \     /  __ ___ \
  /  /_/    |  \   ./  /_/    |  \
  |   _/   \/    |   |   _/   \/    |
  |   / ___ /\    |   |   / ___ /\    |
  |   _____.     |   |    _____.    |
  \   / | \    /  \   / | \    /
   \______/     \______/
     \||||||||||||||||/        \||||||||||||||||/
       ̄ | |  ̄2周年ワッショイ!. ̄! !  ̄
 \\    │ |   2周年ワッショイ! │ |     //
   \\  │ |  2周年ワッショイ!  | |   //
.      +  | ∧__∧  ∧__∧ ∧_∧ |  +
         |( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`) O
   + ((  O (    ノ(つ  丿(つ   | |  ))  +
        | ヽ ( ノ ( ヽノ  ) ) )│
        |__|(_)し し(_) (_)_)_.|

何かの本で読んだ憶えがあるのですが、習い事には3年と3ヶ月と3日の法則があるらしいです。いわく、

3日でやめる人
3ヶ月でやめる人
3年もてば続けていける人

魚沼ボードゲーム振興会は2年もちました。相変わらず開催数の少ない過疎ゲーム会ですけど、3年もつようにがんばります。

Comment(0)

スペインを舞台に繰り広げられる陣取り合戦「エル・グランデ」
2006年10月15日 18:48:33 [所有ゲーム雑感]
スペインの各地に騎士駒を派遣し、最も多くの騎士駒を置いているプレイヤーから得点を獲得していく陣取りゲームがこのエル・グランデです。

各プレイヤーは30個の騎士駒と、各ラウンドごとの優先順位を決めるために使用するパワーカードを持ちます。パワーカードには数字と騎士の数が書いてあります。数字の高いカードを出したプレイヤーが優先的にアクションカード(後述)を選べます。また騎士の数は、アクションカードを使うことでボード上の各領地に配置できる騎士駒を(ストックと呼ばれる騎士駒置き場から)手元に持ってこれる数をあらわしています。数字が大きいほど、手元に持ってこれる騎士駒の数は少なく、逆に数字が小さければ、手元に持ってこれる騎士駒の数は多くなります。

各ラウンド、4枚のアクションカードが公開されます。それに毎ラウンド使用するカードを含めた計5枚がこのラウンドで使用されます。各アクションカードには、使用したときにゲーム展開に変化をもたらす特殊効果と、手元にある騎士駒をボード上に配置できる数が書いてあります。

ラウンドの始めにアクションカードが公開された後、各プレイヤーは順にパワーカードを提示して、どのアクションカードを選ぶかの優先順位を決めます。最も高い数字のパワーカードを出したプレイヤーが最初にアクションカードを選択できます。アクションカードを選んだプレイヤーは、手元の騎士駒をボード上に配置したり、画像右側のタワーと呼ばれる所に騎士駒を投入したり、アクションカードの特殊効果を適用します。これを全てのプレイヤーが行います。

ゲームは全部で9ラウンド(短縮ゲームは6ラウンド)行います。そのうち3、6、9ラウンドの後には得点計算を行います。まず各プレイヤーは秘密裏に、タワーの中にある騎士駒をボード上のどの領土に送るかを決めます。そしてタワーを持ち上げて中の騎士駒を明らかにして、タワーの得点計算を行います。騎士駒の多いプレイヤーから1〜3位までの順位を決め、順位に応じた得点(各領地によって異なる点数が設定されている)を獲得します。その後、先ほど秘密裏に決めた領土へ騎士駒を移します。このタワーはただの塔に見えて実はテレポーターだったのですね(嘘)。その後、各領土にある騎士駒の数を調べて同じように得点計算を行います。

最後の得点計算が終わった後、最も得点の高いプレイヤーが偉大なる大公としてゲームの勝利者になります。

Comment(1)

最近中古屋で当たりが無い
2006年10月11日 21:34:54 [日々の雑記]
世の中そんなに良い品が中古屋の片隅に転がっているわけではありませんが、中古屋めぐりを欠かすことができないリサイクルジャンキーのやつであります。

一時は中古屋で昔のゲームをよく見かけたものですが、最近はなかなかめぐり合わせが悪いです。まさかこんな過疎ブログの記事を見て中越一帯を探し屋が漁っていったとは思えませんけども。

行きつけの中古屋に、中古だがそこそこきれいなモノポリーが¥480で売っていたのが気になりますが、通常版にスターウォーズ版に携帯版まで持っている立場からして微妙なところ。魚沼モノポリー振興会でも立ち上げるならいくつ持っていてもいいのでしょうが、そういう志はいまのところありませんので。リクエストがあれば魚沼ゲーム会の時に遊べます。

そういえばオフハウス某店に売ったゲームのいくつかが売れていました。地元の人が買ったのか、探し屋が見つけて買っていったのかは分かりませんが、世のゲーマーの役に立てばよいと思います…にもかかわらず売れ残っているゲームがあるのだが、やはり不良在庫なのだろうか?

だいぶ前に販売されていた週刊スターウォーズ・ファクトファイルがブクオフに1冊¥100でたくさんありました。¥100なら買ってもいいかと思いましたが(ちなみに定価は¥500)、なんせ量が多いので、全部買うと結構な額になりそう。気に入った記事の号だけ厳選して買っておこうと思います。特にスターウォーズ小説の設定に関する資料などが小説を読む際のイメージに繋がるのでよい感じです。

Comment(0)

フューリーオブドラキュラ日本誤訳進行中
2006年10月10日 23:16:52 [日々の雑記]
日本語訳なしで買ったフューリーオブドラキュラのカードで、日本語訳の必要があるもの全てに日本語訳シールを貼りました。どうとでも解釈できるような説明の足りない文章があって、fantasyflight社のFAQを見たけどもやっぱり分からなかったり。まあ大体合っているからゲームする分には支障がないと思います。今度はルールを日本語の文章に編集します。頑張れば10月末の長岡ゲーム会に間に合うんじゃないかと。

画像は、よせばいいのに色塗りを始めてしまったドラキュラのミニチュア。あと4体のキャラクター(人間)も塗らなきゃならない。オーク&ゴブリンのミニチュア塗装がほったらかしになっています。

Comment(0)

過酷な環境変化、熾烈な生存闘争、君の恐竜は生き残ることができるか「エボ」
2006年10月05日 22:51:19 [所有ゲーム雑感]
様々な環境が存在する島に生きる恐竜達の繁栄と生存競争をテーマにした陣取りタイプのゲームがこのエボ(エヴォとも)です。3人〜5人で遊べます。

各プレイヤーは自分の恐竜コマを、島が書かれたゲームボードに配置します。ゲーム中、恐竜コマは異なる気候(寒いところから暖かいところがある)のエリアを移動し、他の恐竜と戦闘したり、繁殖します。また恐竜は様々な進化をします。戦闘に強くなったり、移動距離が増えたり、繁殖頭数が増えたりします。これで1ラウンドになります。

ボード上に残っている恐竜コマの数が得点になります。このラウンドの流れをゲーム終了(隕石が落ちてきて恐竜が絶滅)まで行います。

島には4種類のエリアがあり、寒いところから暑いところまであります。各ラウンドでは、島の気候がサイコロによって暑くなったり寒くなったり変動します。これにより、恐竜の移動すべきエリアが定まってきます。例えば、気候が暑くなった時は寒いエリアにいれば生き残ることができますが、もともと暑いエリアにいる恐竜は、あまりの過酷な暑さに死んでしまう(取り除かれる)のです。生き残ることができるエリアの数は限られていますので、全ての恐竜が生き残ることはできないでしょう。そこで、生き残りをかけた戦いが始まるのです。

戦闘は相手の恐竜コマがあるエリアに自分のコマを進めたときに発生します。攻撃を試みるプレイヤーがサイコロを振って判定します。負けた方のコマは取り除かれてしまいます。

生存をかけた戦いが終わると、新たな生命の誕生です。盤上に存在する自分の恐竜コマに隣接するエリアに、新しく恐竜コマを配置します。

そして厳しい自然環境が襲ってきます。ラウンドの始めに決めた気候によって、あるエリアにいる恐竜は生き残り、それ以外の恐竜は過酷な環境によって死にます(取り除かれます)。この時、恐竜の進化(後述)によっては、本来生き残ることができないエリアに居ても生き残ることができます。生き残った恐竜コマの数が得点になります。

恐竜は様々な能力を獲得し、進化していくことができます。暑さや寒さに耐えることができる能力や、戦闘時の判定で有利になる能力、移動力の増える能力、繁殖時に盤上に置く恐竜コマの数が増える能力などがあります。これらは毎ラウンド、勝利得点を元にした競りを行って獲得します。高い競り値をつければ、それだけ勝利得点が減ってしまいます。

これらをゲーム終了(隕石が落ちてきて恐竜が絶滅)まで行います。ゲーム終了時に最も得点の高いプレイヤーが勝利します。

Comment(0)

12月まで魚沼ゲーム会無理かも
2006年10月05日 22:09:31 [日々の雑記]
しれないというくらい、最近は日曜日に予定が入っておりますやつです。

10月は第5日曜に長岡ゲーム会に参加することにしました。で、魚沼ゲーム会開催を検討していた11月の第2日曜は、いっそのこと個人宅開催で仲間内だけで集まって遊ぼうかとも考えております。その時にフューリーオブドラキュラの翻訳が間に合えば、ぜひ遊びたいですね。

忙しい日々ですが、暇を見つけてはウォーハンマーのミニチュアの塗装に精を出しております。12月の誕生日にウォーハンマー第7版を買おうかと検討中です。しかし1年の四分の一が雪に埋もれる魚沼だと、12月〜3月くらいは外でサフ吹きが不可能な時期になるので、早く買ったほうがいいのかも。

あと、今月はできるだけ所有ゲームの紹介をしていこうとおもいます。

Comment(0)

もうすぐ2周年
2006年10月03日 14:54:24 [日々の雑記]
になろうとしている(南北統一)魚沼ボードゲーム振興会です。なんとか細々と続いていますけれども、相変わらず開催数が少ないですね。今年は3回、うち1回は身内限定の開催という過疎っぷり。で、10月の末に魚沼ゲーム会開催を予定していましたが、会場が空いていないので11月に延期しましたところ、11月の予定日にも会場が使えないということに。残念ながら次の開催日は未定です。魚沼市での開催も考えていますが、まだ決めかねております。できるだけ早く決めて、告知するようにします。

今更ですが、ブクオフで入手した「スターウォーズ:クローン大戦」を観ました。イラストで見た時はカッコよく思えなかったキャラクターも、実際に動いているのを観るとなかなかよくできていて、とても楽しめました。ネタバレですけど、アナキンはゲテ物食いだったのと、メイス・ウィンドゥが素手でスーパーバトルドロイドをボコボコと殴り倒していくのが笑えましたね。

最近買ったゲームは海賊組合フューリーオブドラキュラの2つです。ドラキュラは日本語訳無しなので、ルールからカードに至るまで翻訳中です。戦闘のあるスコットランドヤードのゴシックホラー調といえば、分かる人には分かるかも。翻訳が終わり次第、長岡ゲーム会で遊びたいですね。

更新の著しく遅いゲーム紹介カテゴリにも、そろそろ何か書かなければと思うのですが。

Comment(0)

2006年10月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp