* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

鉄道敷設と株で大儲け「ユニオンパシフィック」
2006年03月16日 09:02:59 [所有ゲーム雑感]
ユニオンパシフィックは、アメリカの各地に鉄道網を敷きつつ、株を効率よく取得して、お金を稼いでいくゲームです。鉄道ゲームにある線引きの要素はあまりありません。ゲームの流れとしては、路線を拡張することで配当金額を増やし、株式を公開することで配当金を多く獲得していきます。また、収益の決算が無作為に発生するので、「路線を拡張して配当金を増やしたいけど、株式を公開しないと配当金の取り分が少なくなるかもしれないし、どうしよう」と言ったジレンマを楽しむことができるでしょう。

プレイヤーは手番時の始めに線路カードを引きます。その後、次のどちらかを選択して行います。
〇2つの都市間に列車駒を置いて路線拡張する
〇手札の株式を場に出して公開する

路線拡張する場合、拡張したいところの線路の種類(3種類ある)と同じ線路カードを出します。そこへ列車駒を1つ配置することで路線拡張します。列車駒は全部で10色あり、それぞれ駒の個数、株カードの総数、駒を置くことができる線路の種類が決まっています。よって、駒を配置するには下記の制限があります。
・その駒を置くことができる種類の線路にのみ配置できます
・少なくとも1マス空きがなくてはいけません
・既に配置してある同色の列車駒につながっている事が必要です
ボード上に置かれている列車駒の数が、決算時の配当金を決めます。駒が多ければ多いほど、その色の鉄道会社からは高配当が発生するわけです。

その後、公開されている4枚の株カードから1枚選んで取るか、山札から1枚引きます。またはユニオンパシフィック株を取ることもできます。株カードには10色の鉄道会社があり、決算時にどのプレイヤーが配当金を得られるかを決めます。ユニオンパシフィック株はボード上に駒が存在しませんが、公開していれば、決算時に配当を得ることができます。これらは全て手札に加えます。手札にあるうちは、株式を公開しているとはみなされません。

手札の株式を公開する場合、1つの鉄道会社の株カードを1枚以上場に出すか、2つの会社の株カードを1枚ずつ場に出すことができます。公開された株カードが多いプレイヤーが、決算の際に配当金を多くもらうことができます。その後、線路カードを1枚捨て札にします

株カードの山札の中には配当カードが4枚含まれています。配当カードを引いたら、決算を行い、配当金の分配を行います。1つの鉄道会社から得られる配当金は、ボード上に存在する列車駒+100万$です。その色の鉄道会社の株式を1番多く持っているプレイヤーは、配当金の全額がもらえます。2番目に多く持っているプレイヤーは配当金の半分(切捨て)をもらえます。ユニオンパシフィック社の株は決算ごとに変化します。1回目の決算ではどのプレイヤーも配当金を得られませんが、2回目以降からは、一定の配当金が発生します。これも、ユニオンパシフィック社の株を多く持つプレイヤーから多く配当金をもらうことができます。

決算を4回行ったらゲーム終了です。最も多くのお金を持つプレイヤーが勝利します。

Comment(0)

2006年3月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp