* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

とりあえず今あるものを色塗り
2006年02月28日 16:56:05 [ミニチュアゲーム]
製作休業中だったウォーハンマー関連のミニチュアを引っ張り出してきて、色塗りしています。なんかもう、ゲームする事を目的にするより、ただ色塗っているだけで楽しかったりする。下手だけど。現在、ジーンスティーラー6体を塗装中。

最近、都会方面で何かと人気らしいミニチュアゲームのWARMACHINEウォーマシン)に興味深々です。ミニチュアの雰囲気はココを参照。
http://www.boardgamegeek.com/browser.php?itemtype=image&sortby=recent&gameid=4741

そんなに色々手を出してどうすんの?と言われそうですが、実は昔、これのミニチュアセットとルールブックを買おうと思っていたことがあります。迷った末、これをやめてウォーハンマー40000日本語版を買ったのですが。

どんなゲームなのかを一言で言うと、ウォーキャスターと言われる魔法戦士チックなキャラクターが、ウォージャックと呼ばれるファンタジー的科学によって動くロボット兵器を操って対戦するゲームです。ミニチュアの造形もなかなか面白カッコよいですね。関係ない話ですが、やはりロボットは丸くてごつごつしていた方がいいです。ロボット兵器に羽を生やしたり足をハイヒールにするのは勘弁して欲しいと思います。

で、日本語で読めるウォーマシン情報を色々調べてみると、それほどミニチュアを多く必要としなくても楽しめるそうです。投資額が少なくても楽しめるゲームというのは良いことですね。

やたら複雑で、手間と時間の掛かる大規模ゲームより、短い時間でもしっかり楽しめる小〜中規模のゲームのほうが、自分の好みに合っているのかもしれません。これはボードゲームにも言えることですけど。

後は対戦相手がいれば問題ないのですけどね…。

Comment(0)

2・26長岡ゲーム会に参加
2006年02月27日 23:23:26 [ゲーム会記録]
昨日、長岡ボードゲーム愛好会主催のゲーム会に参加しました。今回はカードゲームばかり4つ遊んできました。

ルッカ・チッタ
午前中、私のリクエストでルッカチッタを5人で遊びました。どのカードセットを取るかが悩ましいゲームで、考え込むときりが無いかも。最後の城壁による得点計算で私が高得点を獲得し勝利。他の皆さんの評判も上々で、これは買ってよかったゲームです。

コロレット
午後の最初のゲーム。画像のゲームがこれ。7色あるカードを集めて得点を増やしていきます。1つの色を沢山集めると高得点ですが、3種類までの色しか得点になりません。4色目からはマイナス得点になってしまうので、闇雲に集めているだけでは勝てません。そう、勝てなかったのですよ(T_T)。これは面白いゲームなので、購入予定に加えておきます。

リミット
5つある色のカードを順に出していきますが、出せる色は枚数が限定されています。出したカードが限定枚数を越えたかどうかを見極めるゲームです。なんというか説明が難しいので、ここを参照。
http://ejf.cside.ne.jp/review/limits.html

今回は長岡式ルールで遊びました。いわく「ルールでは、出した手札は山にして、下は見えない様になっていますが、これを、下も見えるように出す。ただそれだけです。曖昧な記憶力と心理戦と称されるこのゲームが、笑える心理戦ゲームに変身。長岡では好評で、こちらのルールでしかプレイされていない状況です」これも勝てず。むぅ。

お邪魔者
ドワーフの金鉱堀になって、金を目指します。洞窟カードをうまくつなげて、金に到達すれば得点を得られます。プレイヤーの中には悪いドワーフがいて、他のプレイヤーが金に到達するのを妨害します。詳細は下記を参照。
http://ejf.cside.ne.jp/review/saboteur.html

少しでも怪しい行動を取れば即座に「敵だな」と言われ集中攻撃にあう。悪いドワーフは立ち振る舞いが難しいです。

次回はボードゲームも遊んでみたいですね。

Comment(0)

部屋に残すか、殿堂行きか
2006年02月27日 22:43:12 [日々の雑記]
「やつ」です。皆様ご機嫌なじでしょうか? ネタ切れが早くて更新が遅いブログですが、たまには日記らしいことを書いてみます。

部屋にあるゲームを更に厳選しています。部屋に置くのはプレイ時間60分前後の軽〜中量級のゲームと、120分前後の重量級のゲームだけど特に気に入っているゲームに絞るということで、現在40個が置いてあります(カードゲームを含めれば50個くらい)。繰り返し遊ぶ機会のありそうなゲームに絞ってみたわけですが、未プレイの重いゲームもいつかは殿堂から蔵出ししてゲームしてみたいですね。ヒマと面子があれば。

もし、ここからさらに10個にまで厳選したら何が残るか?を考えてみまたところ、こんな結論に至りました。

カタンの開拓者たち(拡張カタンの航海者たち含む)
モノポリー(スターウォーズ版)
プエルトリコ
サンファン
サムライ
バサリ
コズミックエンカウンター
レーベンヘルツ
(旧版)
ラー
スコットランドヤード


うーん、10個ではなく15個くらいならなんとか厳選できるかもしれない…。なんにせよ、今後ゲームを購入するなら、軽〜中量級のゲームを優先していきたいですね。面白そうだからと重量級ゲームを買っても遊ぶ機会が無ければ何にもなりませんし。

Comment(0)

ついカッとなって買った。今は反省している。
2006年02月19日 21:39:30 [日々の雑記]
といって反省したためしなど殆ど無いのですが(^^;)

買ったゲームがつまらなくて後悔した事はありますけどね最近、興味のあるゲームについてネットで調べていくほど、興味がなくなりがちでした。いわく「どこかで遊んだようなシステム」いわく「運の要素が高い」いわく「思ったより時間がかかる」この3つがあると、だいたい「じゃ要らない」という結論にたどり着きがちでした。

しかし、それではいかんのです。興味があったゲームは、考えに考えを重ね、厳選に厳選して、そこで自分で買って、ルールを読んで、テストソロプレイしてみないことには、ゲームの真価は理解できんのです。

まあ、自分の考えとしては長時間ゲームが苦手なので、1つのゲームを遊ぶ時間は短いほうが良いですが、ゲームにはある程度運の要素が無いと面白くない、というより、そうじゃないと勝てる見込みが無いと思っております。どこかで遊んだようなシステムと言われても、自分はそんなにゲームを遊んだわけじゃないから、それほど気にしません。最近はやたら「運ゲー」「似ゲー」といった評価が使われているようですが、あまりゲームに対する考え方の幅を狭めるような発想は(・A・)イクナイ!!んじゃないかと。世間の皆様のお考えはいかがなものでしょうか。

Comment(0)

バトルボールの実力
2006年02月12日 20:44:55 [ゲームの雑記]
というわけで、バトルボールの駒をヒーロースケープで使用するためのカードをダウンロードし、プリントしました。

バトルボールの選手である彼らには、大きな特徴の能力があります。全てのヒーローとスコードはBattle Assistという能力を持っています。これは、隣接するレンジ1の自軍キャラクターの攻撃値か防御値を1上昇させます。これは多分軟体隣接していても1上昇するだけだと思います。

画像左の赤い台座がRunninng Backsです。移動力が8もありますが、攻撃値は0、防御値は1と貧弱です。隣接しない敵からの攻撃には、防御ダイスで盾が1個でも出ればダメージ0にする能力があります。

隣の緑がSafetiesです。移動力7、攻撃値1、防御値2で、後はRunninng Backsと同じ能力を持っています。

隣の黒がLinemanです。彼らにはMighty Blowという能力を持っています。攻撃側が振った攻撃ダイスの骸骨と防御側が振った防御ダイスの盾が同数の場合でも1ダメージを与えます(普通はダメージ無し)。

一番右の青がLinebackersです。…Battle Assist以外は能力が有りません。他のキャラクターに比べてちょっと地味かも。

奥の中央の黄色2体がTackleです。Mighty Blowの能力を持っています。

奥の右と左のでかいキャラクターはヒーローです。赤い方がStalwartで、Mighty Blowの他に隣接する敵全てを攻撃するSweepという能力があります。青い方はCollosorで、移動力が2しかありませんが、Blitzという能力を持っています。移動の際、攻撃ダイスを5個振り、出た骸骨の数だけ移動力が増加します。こいつもMighty Blowを持っています。

Comment(1)

バトルボールからヒーロースケープへ
2006年02月12日 09:39:46 [ゲームの雑記]
バトルボールというゲームがあります。未来のSFチックなアメフトのゲームなんですけれども。

以前、東京のゲームショップに行った時に、ミニチュアにつられて購入しました。見た目はとても豪華ですが、ゲームの方はと言うと、ちょっと単純すぎて面白みが無くて、イマイチということで殿堂入りしていたのです。バトルボールに関しては以下を参照。
http://www.boardgamegeek.com/game/6795

この前、BoardGameGeekでヒーロースケープのヴァリアントルール等を調べてた所、ヒーロースケープのユニットとして使う案がありました。「これは面白そう&駒のリサイクルになる」といった理由から、彼らは晴れて新天地で活躍することになりました。相撲取りや芸能タレントが総合格闘技に転向するようなものですかね。このバリアントルールのある場所はここ。
http://files.boardgamegeek.com/viewfile.php3?fileid=13306


ゲーム的な性能やテストプレイに関しては、後日ゲームの雑記カテゴリにて紹介予定です。

Comment(0)

2006年2月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp