* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

元旦ゲーム会その2
2006年01月07日 12:20:15 [ゲーム会記録]
ササ氏、アキロヲ氏、私の3人で王と枢機卿を遊びました。

12世紀ごろのヨーロッパの各国に、修道院や枢機卿を配置していき、影響力を高めていきます。各国への駒の配置は、各プレイヤーの持つ3枚の手札で指定します。駒を置くためにカードを使用したり、不要なカードを交換した後に、山札からカードを引いて手札に加えていきます。山札が無くなればゲームは一旦中断し、得点計算に入ります。1回目は修道院の得点計算、2回目は修道院と枢機卿の得点計算、それに街道で連続して置かれた修道院のボーナスを加えます。もっとも得点を多く得たプレイヤーが勝利します。詳しくは後日ゲーム紹介カテゴリにて解説する予定ということで。

3〜5人用ですが、3人ゲームがベストということで遊んでみました。私は青の駒ですが、ササ氏の緑の駒が多く置いてあるところにうまく寄生するように配置して得点を稼ぎます。最初の得点計算で私が大きくリード、2回目の得点計算で枢機卿を多く置いたササ氏が追い上げますが、何とか逃げ切って勝利しました。得点計算のルールが少々説明しにくく(インスト下手)1回目のプレイでは展開が見えにくかったのですが、このゲームはもう1回やってみたいですね。ルールに慣れた2回目からは、より面白いゲーム展開になりそうです。

その後、ササ氏の弟を加え、私の強い希望によりスカッドセブンを遊びました。ワイワイ走ったり、銃を撃ったり、にぎやかなゲームでした。宝やテントを見れば、ヘビがいようが見張りがいようが、夜昼が違っていても手を出すササ氏が勝利。しかし、彼の探検隊はゲーム中最も死亡率が高かったのでした。

Comment(0)

2006年1月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp