* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

今年の総括
2005年12月31日 21:50:48 [日々の雑記]
なんだか雪掘りに追われて、全然年末という感じがしませんでしたね。テレビをつけて、年末のテレビ特番を見て、ああ年が明けるんだなと思い出します。

今年は魚沼ゲーム会を3回開催できました。年4回の四季ごと開催どころか4ヶ月に1回開催というかなりスローペース。うーむ、来年こそはもっと開催数を増やしたいですね。

実は最近、ゲームに対する情熱が以前に比べて冷めているというか、衰えているというか…。昔のゲームを始めた頃のときめきが、今では感じられなくなっているような気がするのですが、ひょっとしてこれが倦怠期というやつでしょうか? 

まあ、なかなかゲームを楽しむ機会がなくて不満が溜まる事もあるのですが、だからといって、日々、ゲームばかりに執着していても駄目なんじゃないかと思えてくる時があります。阿佐田哲也の「ギャンブル人生論」(角川文庫)のなかにこんな話があるんです。

「自分の不充足な部分を簡単に充足させうると思わないこと。誰にも不充足な部分があり、不良少年は、その不充足な部分に関する感受性が人一倍強かったり、理想への執着、または絶望が強く、そのため、じたばたしてバランスを崩す。(中略)しかし一点だけ弁解できないあさはかな部分がある。それは、じたばたすればことが解決すると思っている甘さである。酒を呑み、博打を打ち、それで発散させえたと思っても、どこかの面で自分が代償を払っている。あるいは近い他人がその代償を肩代わりして払っている。代償を払わずに充足に達することはこの世には無いと思わなければならない。(中略)しかしどんなに破目をはずしても、或いは気のままに生きても、それで自分の不充足は何一つ解決しやしないのだという認識をもつこと、これがポイントである」


いろいろとダラダラと(ちと愚痴っぽく)書き連ねましたが、魚沼ボードゲーム振興会は決して放置→消滅ということにはならないように 頑張りますので、来年からの活躍にご期待ください。

Comment(0)

25日は個人宅でゲーム
2005年12月26日 08:57:26 [ゲーム会記録]
25日はやっと雪が止み、自分も余裕があったので、友人を呼んで個人宅ゲーム会を開催しました。呼びかけに応じたのは、以前の魚沼会にも参加したササ氏。男2人でできるゲームは限られていましたが、こんなゲームを遊んでました。

ベルニーニミステリー
ルーンバウンド第2版(日本語版)
シンペイ

ベルニーニ:初プレイ。やはり勝ち筋が見えにくい。相手のミスでゲームの勝敗が決まりやすいから、地雷踏み型ゲームみたいな感じ。

ルンバ2日:お試しのつもりが最後までやってしまった。ササ氏は野人ローナン、私は狂人カルソスで冒険を開始。序盤からササ氏は戦闘時のダイスの目に恵まれて勝利を重ねていき、序盤から中盤にかけて物凄い金額(30ゴールドぐらい?)を溜め込みます。このゲームはアイテムや仲間を購入して能力を強化するのが重要なのですが…(本人曰く「欲しいアイテムが出て無い」確かに、このゲームシステムではそういう事態になることはある)。私は戦闘で受けるダメージの治療にお金が掛かり、序盤はやや出遅れ。中盤からは強力な仲間を雇い、なんとか追いついていきます。後半、二人とも赤のアドベンチャーに挑戦、ドラゴンルーン2枚を手に入れリーチ状態に。しかし3つ目の赤のアドベンチャーに一歩先にたどり着いたササ氏が3枚目のドラゴンルーンを手に入れ勝利。2時間半くらいの長丁場でしたが楽しめました。

シンペイ:先攻後攻を入れ替えて何回か遊びました。勝敗はどちらも勝ったり負けたり。

ルンバ2日が最後まで遊べたのが良かったですね。さて、1月の魚沼ゲーム会はどうしようかな

Comment(0)

8日ぶりに日記を書く
2005年12月25日 10:49:34 [日々の雑記]
だいぶ書き込みをサボっていました。これもみんな雪のせいにしておきます。ニュースやリアルタイムで今回の大雪を体験した皆様にはお分かりかと思いますが、雪深い魚沼は見事に雪に埋まり、こちとら仕事もままならねえ状態でありました。

ウインタースポーツなんて雪ダルマ製作ぐらいしかしないという、冬季はインドア志向の私ですから、雪と触れ合いたければ新幹線で湯沢あたりに来てスキーしていないで、魚沼で除雪のひとつもやらっしゃい(やりなさい)と言いたくなるほど、雪片付けにくたびれました。まだ12月だというのに、この積雪は異常ですよね。

そんな中、1月の魚沼ゲーム会の開催を(自分のHPだけで)告知していますが、会場&時間はまだ決めかねております。1月が大雪となれば開催が危ぶまれるところです。鉄道が止まれば長岡から遠征するかもしれない皆様は参加が出来ないだろうし、魚沼からの参加者もまるで見込みがない現状ですし…。さてどうしたものか。

あと新規購入ゲーム予定。エラズンドが面白そう。買うかも。スターウォーズミニチュアゲームも新しいセットが出ていて、また興味がわいてきたので、ちょっと集めてみようかな。

Comment(0)

ティラニッド解体ショー
2005年12月12日 09:44:17 [ミニチュアゲーム]
完成したカーニフィックスとティラニッドウォリア―をばらしてみました。といっても製作に失敗して、自棄になったわけではありません。

ウォーハンマー40000では、各モデルに様々な武装を施すことが出来ます。一度接着剤で固定すると、武装変更が出来なくなってしまいます。大量動員するタマゴンなどは武装を固定しても良いのですが、1体あたりの単価が高いモデルは、一つの武装形式だけではなく、色々な武装のバリエーションを楽しみたいものです。

そんなわけでカーニとウォリャの武装変更が出来るパーツを壊さないよう(しかし無理矢理に)外しました。捨てようと思っていた他のパーツを取っておいて良かったなー(´∀` )

さて、ここからの工程予定。1:本体とパーツにピンバイスで穴を開ける 2:パーツに真鍮線を挿して接着固定 3:パーツを本体に取り付ける(接着はしない)

Comment(0)

ドイツゲームにおける開拓&発展ゲームの名作「カタンの開拓者」
2005年12月09日 11:12:04 [所有ゲーム雑感]
私がドイツ製ゲームを集め始めるきっかけのとなった最初のゲームが、カタンの開拓者です。このゲームは95年ドイツ年間ゲーム大賞およびドイツゲーム賞で1位を獲得した名作で、ドイツゲームを知っている人には説明不要と言うくらい有名なゲームです。

このゲームでは、カタン島という架空の島を開拓していくことが目的です。この島はいくつかの六角形のタイルを並べて構成されています。タイルの並びはゲームごとに無作為に決めますので、毎回違った形の島でゲームを楽しむことができます。

プレイヤーはこの島に開拓地と街道を建設します。開拓地がある土地からは、産物を得る事ができます。また、ゲームに勝利するための得点源でもあります。開拓地同士は隣接して接地できないので、離れたところに開拓地を作るために街道を延ばす必要があります。プレイヤーは手に入れた産物を使って、新しい開拓地や街道を作ったり、開拓地を都市に発展させていきます。

プレイヤーは手番の最初にサイコロを2個振ります。この時出た目と同じ数の数字チップが置かれている土地から産物が産出されます。その土地に開拓地を置いてあるプレイヤーが産物を得ます。産物は「丘陵、牧草地、耕作地、山脈、森林」の土地からそれぞれ「粘土、羊毛、穀物、鉱石、木材」が産出されます。

次にプレイヤーは、他のプレイヤーと交渉して、手持ちの産物を交換することができます。この時の交換レートは、他のプレイヤーとの交渉次第です。他に、同じ産物を何枚か捨てることで、好きな産物1枚と交換することも出来ます。

必要な産物が揃えば、手持ちの産物を組み合わせて、新しい開拓地や街道を建設したり、開拓地を都市に発展させたり、特殊な効果をもたらすカードを引くことができます。これによりプレイヤーの開拓地の数が増え、より産物を得られるようになります。このようにカタン島は開発され発展していくのです。

こうしてゲームが続き、開拓地や都市、特殊カードによる勝利得点を一定の点まで集めたプレイヤーが勝利します。

Comment(0)

中古屋にみるゲーム事情
2005年12月09日 09:47:12 [日々の雑記]
リサイクルショップには、意外な掘り出し物がごくまれにですが存在します。中古とはいえ、掘り出し物を発見して入手したときはとても嬉しくなるものです。そんなわけで、私は中古屋を見つければ、できるだけ立ち寄るようにしています。しかし、これに味を占めるようになると、3日に一度はショップを覗かないと気が済まなくなってしまいます。皆様気をつけましょう。

自分が探し物によく行く所は、南魚沼市(六日町)、十日町市、小千谷市、長岡市にあるブックオフです。ここにはまれにですが、古いゲーム関連の書籍やテーブルトークRPGの書籍が売っています。ブックオフはプレミア価値などつけず、安価で売っているのが嬉しいですね。

南魚沼市と長岡市にはオフハウスもあります。そこには中古のおもちゃコーナーがあり、ごくまれにですが、ドイツ製ボードゲームや古いウォーゲーム等が売っている場合があるので侮れません。

また長岡市にはホビーオフという中古おもちゃ&ホビー関連を扱うお店があり、ここには古いシミュレーションゲームが売っていました。最近ではあまり商品に更新が無いようですが、いつかまた多くのゲームが入荷するかもしれないので、目が離せませんね。

新潟県各地のブックオフオフハウスホビーオフの所在地は下記を参照して下さい。
http://www.hardoff.co.jp/block/list3.htm

先ほども言いましたが、良い品があるのはごくまれなので空振りも多いです。最近は、これらの店でゲーム(あるいは書籍)を手に入れていません。ある時はあるし、無い時は無いというのが、中古屋探しにはつきものですね。

あとゲームの箱に直接値札を貼るのは、剥がす時に苦労するからやめた方が良いと思います。以前は、「オレはこのゲームをこんな安い中古価格で買ったんだぜ」というある種の偏屈な自慢になったのですが、やはり値札を貼りっぱなしというのは美観を損ねるのでよくありません。

Comment(0)

蔦谷でゲームが買える?
2005年12月05日 09:22:11 [日々の雑記]
と言っても、PS2のソフトではありません。最近、店舗にもよりますが、蔦谷でカードゲームやボードゲームが置いてあるんです。

私が確認した近所の蔦谷では、学研の「頭のよくなる○○」シリーズが結構置いてあります。以下に品物を挙げると…

アルゴ
マティックス
スピードカルタ
ドミノ
ハッピードッグ
ベルニーニ
ジュモク

(他にもあったかも知れないけど忘れました)

あと、ボードゲームでは何故か人生ゲームM&A(たしか最新作)、マスターマインド、グラパックジャパンのサッカーチェスが置いてあります。

マスターマインドは持っていないから、ちょっと欲しい。まあ、(限られた品ではあるが)ゲームが蔦谷で手軽に買えるというのは良いとして、問題は誰かが買ったとか、売れているようには見えないんですね…。見切り在庫処分で安くなったら、何か買ってもいいかもしれないけど。

Comment(0)

ホーマゴーント製作中&プラは安価の代名詞jじゃないの?
2005年12月03日 08:24:56 [ミニチュアゲーム]
ウォーハンマー40000のミニチュアである、ティラニッドのホーマゴーントを製作中です。射撃能力はありませんが、素早い移動で敵に突撃し、数の暴力で圧倒します。あと8体は増員する予定です。

それにしても、最近のGW社のプラ製品はメタルじゃないのにえらい高い気がします。昔からウォーハンマーに手を出していた私の中には、メタルは高価でプラは安価という図式があり、最近の価格設定には疑問を感じます。一例をあげれば、プラ製スペースマリーン3体が¥1580で、「1体あたり¥500もするのか?プラなのに?」と思います。

ウォーハンマーウォーハンマー40000は大規模集団戦闘のゲームなので、ミニチュアを数多くそろえる必要があります。小規模な戦闘のゲームシステムも提案されていますが、それを遊ぶにもある程度の数量のミニチュアを購入しなければなりません(知人はその時点で無理と言いミニチュアゲームを始めてくれない)。個々のミニチュアの単価をなんとか押さえてもらえれば、懐の寒い低所得ゲーマーにはありがたいのですが…。

Comment(0)

11/27 長岡ゲーム会例会報告その3
2005年12月01日 08:01:32 [ゲーム会記録]
その他、遊んだゲームは以下の2つです。

ブクブク:手札から数字の書かれた天候カードを一斉に出し、最も数字の大きい人から、場に出ている灯台カードを引き取ります。灯台カードには、灯台の沈み具合を示す数値が設定されており、毎回最も高い数値の灯台カードを持っているプレイヤーは、手持ちの浮き輪カードを裏返さなければなりません。浮き輪が全て裏返され、さらに裏返さなければら無くなったプレイヤーは脱落します。灯台カードが全て配られたらゲームは一旦終了します。残った浮き輪の数が得点になります。

写真撮り忘れました。前述の5人で遊んでSSさんが勝利。ルールは手軽ですが読みが深く、なかなか楽しめる良いゲームです。今度買おうかな。


ワイン商:ワインカードを集め、ピラミッド上に並べて得点を稼ぎます。ワインはオークションで手に入りますが、競りに使うのはワインカードそのもの。カードには得点の他、競りでの価値が設定されています。得点の高いカードは競りでも強いのです。同じ色のカード3枚や、同じ色でボトルの種類が同じカードを3枚集めて並べるとボーナスがもらえます。うまくカードを手に入れて、効率よく得点をもらえるよう並べていきます。

画像のゲームです。前述の5人でプレイ。集めたものが同じ色のカード3枚で無いとボーナスがもらえない点を私が勘違いしていて出遅れ(言い訳)。ゲーム展開の方針を絞り込めず、欲しいカードがあと1枚手に入らなかったたりでいまいち勝てませんでした。sanoさんがたくさんワインを集めて勝利。

競りの数値が加算式でちょっと覚えにくかったです。競りに使われたカードが、他のプレイヤーの手札に回るので、どのプレイヤーのカードが回ってくるのか展開が読みきれなかったですね。反省せねば。


夜に仕事があったので、私はここで退席しました。ゲームを遊んだ皆様どうもお疲れ様でした。あと、SSさんが言うには、1月1日に個人宅でゲーム会をする予定。元旦ゲーム会というのも悪くないですな。参加するかどうか検討中です。

Comment(0)

2005年12月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp