* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

そろそろ身辺の整理を
2005年10月24日 22:43:05 [日々の雑記]
そろそろ身辺の整理をつけようかと考える今日この頃です。え、っもちろんゲームのことですよ。日の目を見ることが多分無い殿堂入りゲームが、あまりにも多くなりすぎて、置き場に困ってきたので、思いきって手放そうかと考えております。数えてみたところ、売ってもいいゲームは大小で30以上あります。

これらを捨ててしまうのは簡単ですが、それでは、せっかくのゲームが無駄になってしまうので、世のゲーマーのため、どこぞのゲームショップの中古買取に出そうと考えています。

買ったきり遊んでいないゲームとか、1度遊んだらイマイチだったゲームをすっきり売却します。使用済みの中古品ですから1個あたりの単価は安いでしょうが、数多く売れれば少しは足しになるってもんです。新たなゲームを買うか、それとも最近手を出し始めたスロットカーの1/32スケールの物を買うか、まあ売上を見てから考えますか。

しかし、買ったきり遊んでいないゲームの大半がシミュレーションゲームなのですが、なんとなく売らずに取っておきたい気もするんですよね。そりゃプレイに必要な時間は長いし、ルールも複雑なゲームばかりですけれども、将来もしかしたら遊ぶ機会があるかもしれません。さてどうしたものか。

Comment(5)

周到な長期計画が都市開発の決め手「サンクトペテルブルグ」
2005年10月21日 08:03:17 [所有ゲーム雑感]
購入してからなかなか手がつかなかったサンクトペテルブルグをテスト(ソロ)プレイできたので紹介します。

プレイヤーは3種類のカードを、お金を払って集めていきます。職人(画像緑のカード)は主に収入をもたらし、建築物(青のカード)は主に得点をもたらします。貴族(赤のカード)は収入と得点の両方をもたらすものが多いです。始終足りなくなるお金をうまくやりくりしつつ、収入を得て、勝利得点を稼くことが重要なゲームです。

ゲームは4つの流れに分かれています。順番に職人ラウンド、建築物ラウンド、貴族ラウンド、交換ラウンドの4つがあり、各ラウンドに対応するカードの山から、新たなカードを既に盤上にあるカードと合わせて、8枚になるように並べます。例えば貴族ラウンドなら貴族のカードが山札から新たに並べられます。

盤上に並べてあるカードは、どの種類のカードでも、カードに書いてあるコストを現金で払えば購入できます。購入したカードは自分の前に並べておきます。欲しいけれどお金がない時は、3枚まで手札にとっておくことも出来ます。手札のカードはお金があって支払える時ならばいつでも支払って、自分の前に並べることができます。しかしゲーム終了時に手札が残っていたら勝利得点から減点されるので注意が必要です。

購入あるいは手札に加えることを望まない場合はパスします。パスした場合でも、次の手番が回ってくれば、購入や手札に加えることを行っても構いません。プレイヤー全員が連続してパスしたら、得点や収入を計算します。全プレイヤーがカードに書かれた得点や収入を獲得しますが、計算の対象になるのはそのラウンドのカードのみです。例えば、職人ラウンドの場合は、職人のカードに書かれている得点や収入のみを得ることが出来ます。

交換ラウンドの場合、最後に得点や収入の計算はありません。交換ラウンドで並べられるカードには、得点や収入が多かったり、特殊効果をもたらすものがあります。交換カードは、既に自分の前に置いてあるカードと取り替える形でのみ配置することが出来ます。その際、交換カードのコストと、既に自分の前に置いてあるカードのコストとの差額を支払えば購入できます。青と赤の交換カードは、それぞれ任意の建築物と貴族のカードと交換できます。緑の交換カードは、対応する職人のカード(マークが描いてある)とのみ交換できます。

どれかの山札が無くなれば、交換ラウンドまで行ってゲーム終了になります。所有している貴族とお金に対して、最終得点計算を行います。最も得点の多かったプレイヤーが勝利します。

説明では省略したルールもありますが、基本はシンプルなゲームです。ただし、カードを購入する際の相場観や長期計画性が要求されるシビアなゲームだと感じました。最初のテスト‘ソロ’プレイでは何をすればいいのか良くわかりませんでした。なるほど、初心者と経験者では「ゲームにならない」ゲームだと思います。経験を積むためにも、まずは実際に対戦してみなければならないですね。

Comment(0)

1/43スロットカー(チェリコ)
2005年10月20日 11:07:31 [日々の雑記]
チェリコ社製の1/43スロットカー「ビッグレーシング」はトイザラスで買うと安いです。メーカー希望価格より¥2000以上は安く買えます。ただし、トイザラス長岡にあったイニシャルDセット(¥3999)は私が買ったのでもう売っていませんが。車の出来がイマイチなのはもう妥協して割り切ることにしました(自作できないから)。これはこれで味わいのある車両なのだと思えば気になりません。走っていれば立派な車です…やはり無理があるこじつけだな。

他にもドイツの1/43スロットカーとして、カレラ社製のコースが売っています。商品名は「カレラGO!」だったかな。車の出来はチェリコに比べて、よく出来ています。値段もちと高めです。ジェットコースター世のよなループのあるコースセットです。買う時にどちらがいいか迷ったのですが、パーツの入手が容易なチェリコ社製を買いました。カレラ社のHPは以下を参照くだされ。注:英語です
http://www.carrera-toys.com/index.html?L=0

本当は2人で熱いレースを展開するのが楽しいんでしょうが、私も知人も都合が会わないので、1人でタイムアタックに挑戦してます。ジャスコの在庫品特売セールで見つけたTOMY社製のビットレーサー用ラップカウンター(¥500!)を使って計測しています。画像やや右下の機械がそうです。10周走って総合タイムと1周あたりのべストタイムが表示される優れものです。ただし、1台で走行するレースのみ計測できます。遊ぶ分にはこれで十分ですね。

ただ走らせるだけよりも、最速タイムを狙って走る方がずっと楽しいですね。少しでも時間を縮めようと加速しすぎれば、途端に車はコースの外へ。「あと1周で完走だったのに!」と悔しくて、再びタイムアタックに挑戦しています。

Comment(0)

HP開設1周年記念
2005年10月17日 10:22:46 [日々の雑記]
おかげさまで、HP開設から1年が経ちました。HPはひっそりと継続中です

反省点はゲーム会開催がなかなかできなかったことが挙げられます。数えてみたら、3回しか開催していません。しかも長岡の皆様から遊びに来て頂いてなんとか人数を揃えると言う過疎地っぷり。魚沼人の参加者を増やすことに努力しなくてはいけません。

最近はスロットカーなる趣味に手を出し始めて、ゲームのほうから遠ざかっているような気もしますが、これもみな日曜に仕事が重なるのでゲームする暇がないからであります。ゲームする機会がないとなんとなく興味も薄れてしまいがちです。早いうちに復帰(他のゲーム会参加&自主興業)したいですが、年内は無理だろうなー(TT)。

ともあれ、1周年続くことができたことに自分でも驚いていますが、これからのセカンドシーズンは、より良いゲーム環境になるように前向きに努力していきます。



     ______        ______
   /  __ ___ \     /  __ ___ \
  /  /_/    |  \   ./  /_/    |  \
  |   _/   \/    |   |   _/   \/    |
  |   / ___ /\    |   |   / ___ /\    |
  |   _____.     |   |    _____.    |
  \   / | \    /  \   / | \    /
   \______/     \______/
     \||||||||||||||||/        \||||||||||||||||/
       ̄ | |  ̄1周年ワッショイ!. ̄! !  ̄
 \\    │ |   1周年ワッショイ! │ |     //
   \\  │ |  1周年ワッショイ!  | |   //
.      +  | ∧__∧  ∧__∧ ∧_∧ |  +
         |( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`) O
   + ((  O (    ノ(つ  丿(つ   | |  ))  +
        | ヽ ( ノ ( ヽノ  ) ) )│
        |__|(_)し し(_) (_)_)_.|

Comment(0)

最近ハマリ始めたのがスロットカー
2005年10月16日 07:53:02 [日々の雑記]
またしても日記の書き込みをサボってしまいましたが、今回は最近面白くてハマリ始めているスロットカーについて書きます。

スロットカーは、溝が掘られたコース上を走る車です。車の下部には集電ブラシがついていて、コース上の金属レールから流れる電流を受けてモーターが回る仕組みです。操縦者はコントローラーを使ってスピードを増減させます。カーブでスピードを上げすぎていればコースアウトしてしまいますから、うまくスピードをコントロールする必要があるでしょう。

敷かれたレールの上を走る鉄道模型に近いですが、スロットカーは2人のレースを楽しんだり、タイムアタックに挑戦したり、車の改造を楽しむことができる奥深い趣味です。自由に走るラジコンカーに比べてコース上しか走れない制限はありますが、右に左に曲がるための難しい操作を抜きにして、アクセルワーク(スピードの増減)を純粋に楽しむことができるわけです。

世間一般では1/32スケールのスロットカーが人気ですが、このサイズの物は、値段が高い&場所をとりすぎるので手が出せません。また大抵のコースは輸入品なので、確実に手に入るわけではありません(調べたらほとんどの通販店は在庫切れ)。そんなわけで、ちょっと小さいサイズの1/43のコースを購入しました。

画像はチェリコ製コースです。商品名はビッグレーシングといってトイザラスやおもちゃ屋の片隅に置いてあります。このメーカーのコースは通販でも手に入るので選びました。2つのコースセットを購入し、つないであります。お値段は1/32に比べ随分お安くなっています。面積も畳2畳くらい。直線が少ないので、操縦がちと難しいテクニカルコースです。あとは直線を増やして、メーカーが公開している鈴鹿コースを作りたいですね。

難点は車がいかにも玩具っぽいこと。耐久性やコストを考えてのことでしょうが、ちょっとチャちいですね。1/43のリアルなミニカーをスロットカーに改造して走らせることができるそうなので、挑戦してみようと思います。

Comment(0)

タンカー!
2005年10月11日 23:04:25 [ミニチュアゲーム]
ティラニッドのバトルフォースに入っているミニチュアを製作中です。それにしてもデカイやつが入っていますね。

画像が暗くてボケていますが、ミニチュアの大きさの違いは理解いただけましたでしょうか。こんなのに襲われたらひとたまりもないですね。

それにしてもっ! ウォーハンマー関係のプラ製ミニチュアの値段はボッタクリもいいところだ! プラ使用量をgあたりで換算すれば、タミヤの1/35タイガー戦車に比べて
はるかに少ないくせにエライ高いではないか! メタルならしょうがないと納得できるけど、プラは安価なはずじゃないの?

特にカーニフィックス(画面左奥の一番でかいやつ)は確かにパーツ数も多いけど、¥5000以上にはとても見えないぞ! 

Comment(0)

2005年10月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp