* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

箪笥に潜むもの
2005年09月27日 21:09:26 [ミニチュアゲーム]
ミニチュアゲームのプレイヤーにとって最大の問題は、収納空間の確保です。現在、タンスの一番下の段はミニチュアによって占拠されています。

ウォーハンマーウォーハンマー40000モードハイムゴスフリに…


Comment(5) | TrackBack(0)

ケイオス艦隊750ポイント完成
2005年09月23日 09:52:39 [ミニチュアゲーム]
こちらはケイオス艦隊がの750ポイント分が完成したものです。

製作工程は、タミヤ製の白サフ吹き→全体をケイオスブラック一色塗り→ブラッドレッドでドライブラシ→細かなところをボルトガンメタル、サンバーストイエロー、シャイニングゴールドで塗る→完成!

艦隊編成の内訳は
○デバステーション級巡洋艦(190)
○カーネイジ級巡洋艦(180)
○スローター級級巡洋艦(165)
○インフィデル級強襲艦×3(120)
○ケイオス・ウォーマスター&マーク・オブ・ナーグル(85)

艦隊をさらに増やしていきたいのはやまやまですが、海外通販で手に入れるのはちと高くつくし、東京のイエローサブマリン新宿地下店には在庫が少しあったような…まだあるのかな? しばらくはこの艦隊編成でゲームをすることになりそうです。あとはゲームに付き合ってくれそうな友人を捕まえることですが…。

Comment(0) | TrackBack(0)

インペリアル艦隊750ポイント完成
2005年09月23日 09:22:19 [ミニチュアゲーム]
入手からちょっとずつ塗っていったゴスフリのインペリアル艦隊が750ポイント分完成したので、日記に載せておきます。

製作工程は、タミヤ製の白サフ吹き→全体をケイオスブラック一色塗り→スノットグリーンでドライブラシ→艦首にスカルホワイトとシャイニングゴールド→細かなところをボルトガンメタル、サンバーストイエロー、ブラッドレッドで塗る→完成!

艦隊編成の内訳は
○ディックテーター級巡洋艦(220)
○ドミネイター級巡洋艦(190)
○ゴシック級巡洋艦(180)
○ソード級護衛艦×3(105)
○フリートアドミナル(50)

ゴスフリことバトルフリートゴシックに関しては、以下のHPが詳しく解説しています。実は自分がゴスフリに手を出そうと思ったきっかけはこのHPを見たからなのです。
http://www.kkda.com/kurimami/BFG/etc.html

Comment(1) | TrackBack(0)

1930年代におけるギャングの抗争を描く問題作「カポネ」
2005年09月19日 22:26:55 [所有ゲーム雑感]
1930年代、禁酒法(酒を飲んだら逮捕だア!と言うトンデモ法律)の存在したアメリカにおいて暗躍したのがギャングです。このカポネはそんなギャング・ファミリーの殺伐とした抗争と非合法商売をテーマにしたゲームです。

ゲームを開始するにあたり、プレイヤーはギャング・ファミリーの構成員駒とボディ・ガード駒を受け取ります。構成員やボディーガードには、それぞれ非合法活動に関わった時の収益金額がされています。またこの金額の高さが、駒の持つ強さにでもあります。

各プレイヤーはゲーム中にカードを何枚か受け取ります。カードには大きく分けて非合法活動(紙幣偽造、銀行強盗、密造酒製作などの犯罪的活動)、合法活動(パスタ屋などの真っ当な商売)、特殊アクションの3種類があります。

ゲーム中、最も頻繁に行われるのが非合法活動です。非合法活動のカードを使用するにあたっては、カードに描かれているマークに対応するゲームボード上の地点に駒を置く必要があります。カードには最低金額が書いてあり、置く駒の収益金額がカードに書いてある額より大きくなくてはいけません。またゲームボード上には1種類の非合法活動につき2つの地点しかありません。他のプレイヤーの駒が置いてある場合、諦めてパスするか、抗争を仕掛けるかしなければなりません。置いてある駒の収益金額を上回る価値の駒を置くことにすれば、相手の駒を取り除くことができます。構成員は港に沈められ、ボディーガードは公園に埋められます。ゲーム上の処理は単純ですが、被害プレイヤーを加害プレイヤーの間にはただならぬ遺恨と確執が生まれることでしょう

合法活動は真っ当な商売です。ボディーガード駒1個で足ります。このゲームに勝つには、合法活動に一定額を投資しなければなりません。その投資した額に応じて、収益額が決まります。合法活動は他のプレイヤーから抗争を仕掛けられないため、安全に収入を得られます。

特殊アクションは様々な効果をもたらします。非合法活動を行っている相手の駒1つを、収入が0のパーティ、床屋、食事会へご案内する「おつきあい」。非合法活動を行っている相手の駒1つをムショに放り込み、一定期間登場させないことができる「FBI」。合法活動を行っているプレイヤーから金を巻き上げる「ショバ代」。すでに駒がある非合法活動の地点にある駒を押しのけて、同価値の自分の駒を置ける「商売の引継ぎ」。盤上に置かれている一箇所の駒全てを取り除く「断ることのできない申し入れ」。効果的に使えば、かなり有利にゲームを進められると同時に、他のプレイヤーの恨みをたくさん買うことでしょう。

ゲームに勝つためには、各ターンの最後に、合法活動に一定額を納めなければなりません。最初に規定金額を達成したプレイヤーが勝利します。

個人攻撃が狙って行える、殺伐としたゲームです。以前紹介したヴェンデッタはあくまでも事故によって相手プレイヤーの駒が取り除かれるのですが、このゲームはカードと十分な駒があれば簡単に相手にケンカを売ることができます。下手に序盤に狙われて袋叩きされると、ゲームに勝つことはほぼ無理でしょう。プレイヤー同士の殴り合いでバランスが危うくなるという意味では、なかなか難しいゲームであると言えます。

Comment(1) | TrackBack(0)

クラウト、その後
2005年09月18日 21:37:09 [ゲームの雑記]
クラウトのブースターをいくつか購入しました。で、4色あるスタック(15枚の構成されたチップの山)に使えそうなものを加えテスト‘ソロ’プレイしてみました。以下はゲームの感想です。私自身が感じた感想ですので、意見のある方はコメント欄にてご意見をお聞かせください。

このゲームは、なんというか…ブースターを加えたわりにゲームに変化が無いような…スターターだけで遊んだときと大して変わらないんですよ。チップを投げる→チップを取り除く→たまに失敗して場外へ→くりかえしといった感じ。要するに、投げ込みの要素が大きすぎて、チップの持つ能力の効果的な使い方が限られてしまっている気がします。

クラウトポイントの高いチップの能力は強力ですが、ゲームに勝つための得点を得るためには、終盤に出した方が良いようです。中盤に出すと、クラウトポイントの低いチップでも、除去能力(デストロイとか)が強いチップが近くに投げ込まれれば、簡単に取り除かれてしまいます。また、相手のチップを攻撃する処理は、大抵が同時解決ですので、相打ちが多くなるようです。攻撃力を上げる能力(ブーストやチーム)は多くあるのですが、防御力を上げる能力(プロテクト)を持つチップが無いことも関係しているかもしれません。今回購入したブースターには緑のチップで1枚でただけでした。

せっかくチップに様々な能力を持たせたのに、それが生かしきれていない気がします。ただの投げ込み式チップを使った単調なアクションゲームといった印象を受けました。面白いゲームにするための何かが足りないというか、惜しいゲームであると思います。

Comment(1) | TrackBack(0)

9・11 魚沼ゲーム会例会報告その3
2005年09月16日 09:23:22 [ゲーム会記録]
その他んだゲームについて。

ゴキブリポーカー:ゲーム会開始の時に6人で。全部で8種類ある蟲や動物が描かれたカードを他のプレイヤーに回すブラフ系ゲームです。SSさんが手札0になったが何とか粘りきり、いつのまにか私の手札が0になってしまい、最後は負けました。ありゃりゃ。
http://ejf.cside.ne.jp/review/kakerlakenpoker.html

ファブフィブ:3枚の数字が書かれたカードを見て、大きい順から3桁の数字を宣言するゲーム。宣言する人は前のプレイヤーの宣言した数字より大きな数を宣言しなければならない。途中でカードを1〜3枚交換できるが、必ず最後は嘘の数字を宣言しなければならなくなる。前の人の宣言が嘘か本当か、見極められるかが悩ましくも面白いゲームです。今回は1人残るまで続けました(誰が残ったか記録してなかったのが失敗)。
http://ejf.cside.ne.jp/review/fabfib.html

ザーガランド:y先生、アキロヲ氏、長岡からきた新人さん(また名前失念)、私の4人で遊びました。記憶力が要求されるスゴロクゲームです。この手のゲームは自分の記憶力の無さを嫌と言うほど思い知らされるのが楽しいですね。アキロヲ氏が規定枚数の3枚を正解し、勝利しました。他の人が2枚や1枚当てているのに対し、自分は1枚も当てられませんでした。自分の記憶力の悪さが軽くヤバイと思う今日この頃です。
http://ejf.cside.ne.jp/review/sagaland.html

ビール職人:今回の画像はこのゲームのプレイ風景です。SSさん、ササ氏、長岡から(以下略)さんの3人で遊ばれていました。私も昔長岡で遊んだことがあるのですが、たしかカードを集めてビールを作っていくゲームだったような。ゲーム展開を見ていなかったので、ゲームがどうなったはわかりませんが。
http://ejf.cside.ne.jp/review/brewmaster.html


Comment(0) | TrackBack(0)

9・11 魚沼ゲーム会例会報告その2
2005年09月12日 23:34:04 [ゲーム会記録]
五虎三国志2の最中に遊んだゲームの感想を書きます。

シンペイ:先攻後攻を入れ替えて2回対戦。やはり後手がやや有利か? ゲーム自体はかなりアッサリしている。ちょっと淡白すぎるかもしれない。うーむ、

ジェンガ:3人でジェンガ。シンプルだが、バランス系ゲームのスリリングな展開が楽しい。私ともう一人のプレイヤーが三国志のゲームマップに注目しているうちに、アキロヲ氏が見事に崩しました。

Comment(0) | TrackBack(0)

9・11 魚沼ゲーム会例会報告その1
2005年09月12日 23:08:37 [ゲーム会記録]
9月11日に魚沼市某所にて魚沼ゲーム会を開催しました。

魚沼からは私、ササ氏、アキロヲ氏の3人。長岡からはSSさん、y先生、○山さん、KANE内さん(あるいはKA内さん?)の4名に参加していただきました。総勢7人という、過去最大の人数のゲーム会になりました。参加者の皆様、どうもありがとうございました。

さて、長岡勢からのリクエストで行われたゲームが五虎三国志2です。三国志の時代をテーマにしたマルチゲームです。ゲームに関する詳細は以下を参照ください。
http://www.gamejournal.net/bknmbr/gj06/gj06.html
http://ejf.cside.ne.jp/review/gokosangokushi2.html

えー、実は私、三国志に関する知識がサッパリございません。この手のゲームは歴史や人物に関する知識がないと駄目なんでしょうかね? 

ゲームに関する感想ですが、このゲームを遊ぶのは2度目でして、さっぱり要領がつかめなかった1回目よりは奮闘できたと思います。今回は2時間の時間制限を設けて遊びましたが、インスト込みで3時間くらい掛かりました。ゲームに掛かる時間がやや長いわりに展開が硬直しやすい印象は変わりませんでしたが。うーむ、やはり自分はこのゲームは苦手なようであります。ゲームに参加した他の皆様の感想をコメント欄にて聞いてみたいですね。

あとゲームの途中で滅亡したプレイヤー(名前失念)とシンペイを遊びました。シンペイの後はアキロヲ氏を交えてジェンガを遊びました。

Comment(0) | TrackBack(0)

あの名作がリメイクされた…今度は近未来だ「Q−JET」
2005年09月06日 00:03:28 [所有ゲーム雑感]
本日紹介するのは、日本のゲームショップであるメビウスから発売されたQ‐JETです。このゲームは、名作といわれるアベカエサルというゲームをリメイクしたものです。

アベ・カエサルは古代ローマの戦車レースをモチーフにしたレースゲームです。シンプルなルールでレースの駆け引きが楽しめるゲームですが、長らく絶版が続いていました。私も話を聞いたことがあるだけで、プレイしたことはありません。アベ・カエサルに関しては例によって皆様から調べていただくとして…。今回リメイクされたQ‐JETはSF風のカーレースにアレンジされています。

ゲームの進行は、3枚の手札から1枚を選び、カードを使って駒を進めて、1枚補充するという簡単なものです。自分の駒をいち早く3周させれば勝ちです。ただし、ゲーム中に必ず1回ピットに入らなくてはいけません。また、ゲーム中に使うカード枚数は決まっているので、大回りばかりしているとカードが足りなくてリタイヤということにもなります。1つのマスには1つの駒しか置けないので、前が渋滞していると先に出られないこともあります。他に細かいルールがありますがそれほど難しくありません。

このゲームは¥3800と、他のゲームに比べ低価格で買えます。ルールは簡単で2人から6人まで遊べますので、初心者の方、友達や家族で遊ぶにもお勧めできますね。

Comment(0)

メイドさんとボードゲーム
2005年09月04日 08:20:43 [日々の雑記]
間ゲーム情報誌のゲームぎゃざを立ち読みしたところ、なんとメイドさんとボードゲームを遊ぶカフェがあるそうです

いわゆるメイドカフェってやつですけれども、メイドカフェを知らない人に簡単に説明しますと、ウェイトレスがメイド風なコスプレをした喫茶店のことを言います。実際に行ったわけではないので詳しくは知りませんが、大抵の店では、来店したお客は全て「ご主人様」呼ばわりされるそうです。最近は雨後の筍のごとくメイドと名が付く店(喫茶店とか居酒屋)ができており、ちと過剰供給じゃないかなとも思います。興味のある方は各自で調べてみてはいかがでしょう。

で、ボードゲームができるメイドカフェの話ですが、ネットで調べてみましたら、ちゃんと存在していました。HPの画像を見る限りメイドカフェではありますが、対戦してくれる女の子は「堕天使」だそうです…あれ、メイドさんじゃないの? 遊べるゲームはモノポリーとかジェンガなどの他、オリジナルのゲーム(アキバ向けのアップルトゥアップルみたいなワードゲームとか)があり、一定時間につきいくらかの料金でコスプレした女の子と対戦ができます。しかし、遊ぶゲームはこちらが指定するのではなく、サイコロによって決められると言うのです。えー、これでいいのかな? で、堕天使の女の子に勝つとポイントがたまり、一定のポイントがたまれば、堕天使との2ショット写真を撮ることができます。詳細については下記を参照してください。
http://littlepsx.com/maid_game_cafe/qanda.shtml



Comment(0) | TrackBack(0)

2005年9月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp