* 魚沼発ボードゲーム情報発信局24時 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
ゲームサークルを主催する作者が、趣味のゲーム等に関して書き連ねる‘分かる人には分かる’日記でしたけど、現在更新停止中。続きは別ブログにて。※スクロールバーが表示されませんが「ドラッグしながらスクロール」すれば、下部の記事を見ることができます。

目指せ!高校生ロボットコンテスト(謎)「ロボラリー」
2005年06月17日 12:42:44 [所有ゲーム雑感]
ロボラリーは、ロボットにプログラムを与えて、工場内の決められたチェックポイントをいち早く回るレースゲームです。

レースの舞台となる工場は全部で6種類あり、それらを組み合わせてレース場?を作ります。工場内には、ロボットを運ぶベルトコンベア、ダメージを与えるレーザー砲、落ちたら即破壊される落とし穴、ダメージを回復させる修理マス、勝利条件になるチェックポイントマスなどがあります。これらをうまく利用したり、回避していくことがゲームを進めるうえで重要です。

このゲームでは、ロボットは思い通りには動かすことができません。各プレイヤーには、直進、後退、方向転換が描かれたカードが配られます。プレイヤーは配られたカードの中から5枚を選んで、順番に伏せておきます。ロボットに行動計画をプログラムするわけですね。全員がカードを出し終えたら、一枚目のカードから表にします。カードには行動の順番を決める数値が書いてあり、数字の大きいカードを出したプレイヤーのロボットから移動します。移動を終えたら、ベルトコンベアなどの工場施設が動き出します。それらを解決したら、プログラムのカードを全て破棄し、新しいカードをもらいます。

新しいカードは毎回配られますが、いつも都合のよいカードが来るとは限りません。「あと一回直進したいのに、方向転換のカードしかない」とか「ここで方向転換しないといけないのに直進しか残っていない」という困った事態は良く起こります。さらに、先に動いた他のロボットによって、自分のロボットが押し出されることもあります。押し出されて1マスずれたとしても、ロボットは最初に決めたプログラムどおりに移動します…たとえ目の前に落とし穴が空いていたとしても

ロボットが工場内のビーム砲や、ロボット自身が装備しているレーザー砲によってダメージを受けると、プログラム機能に障害が生じます。ダメージを受けると、毎回もらえるカードが減ったり、前回のプログラムが破棄されずに残ってしまう(同じ行動を繰り返す)ことになります。もちろんダメージを一定量受ければ、ロボットは破壊されます。破壊されたロボットは一定回数、復活できます。

パズル的な要素に、思い通りに行かないロボットの操縦の難しさを加えた、悩ましくも楽しいゲームです。移動するマスを勘違いして、ロボットが思いがけず活躍した(あるいはとんでもない所へ行ってしまった)などのハプニングが面白く笑えます。

Comment(0) | TrackBack(0)

2005年6月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp